本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

前田 勝浩 (まえだ かつひろ) 教授 MAEDA Katsuhiro

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

高分子合成 TEL:076-234-4783 FAX:076-234-4783

学歴

【出身大学院】
名古屋大学 博士課程 工学研究科 応用化学専攻 1998/03 修了
【出身大学】
名古屋大学 工学部 応用化学専攻 1993/03 卒業
【取得学位】
博士(工学)

職歴

名古屋大学工学部 助手 工学部 助手(1998/04/01-2002/04/30)
名古屋大学工学部 講師 工学部 講師(2002/05/01-2007/01/31)
名古屋大学高等研究院 特任講師 高等研究院 特任講師(2007/02/01-2008/02/29)
金沢大学工学部 准教授 工学部(2008/03/01-)

生年月

1970年08月

所属学会

高分子学会 学会誌編集委員(2015-)
日本化学会
アメリカ化学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○平成27年度利用6大成果最優秀賞(2016/01/29)
○トムソン・ロイター リサーチフロントアワード2012(2012/02/21)
○第51回高分子研究発表会 ヤングサイエンティスト講演賞(2005/07)
○高分子研究奨励賞(2002/05/25)

専門分野

高分子化学

専門分野キーワード

高分子合成

研究課題

新規なキラルπ共役(高)分子システムの開発

π電子系共役高分子は、導電性や発光性など電気的、光学的にπ共役系特有の性質を示すため、有機エレクトロルミネッセンス(有機EL)素子などの表示素子や非線形光学材料、太陽電池などのデバイスとしての応用が期待されている興味深い導電性材料である。本研究では,対象物質のキラリティーに関する情報を吸収や発光、色調変化,電気的特性の変化により検知可能なキラルπ共役高分子システムの開発を目指している。

動的らせん高分子を利用した機能性材料の合成と応用

動的らせん高分子を利用した機能性材料の合成と応用 動的らせん高分子には,様々なキラルまたはアキラルな外部刺激(温度、溶媒、ゲスト化合物の添加など)に応答して,らせんのピッチや巻方向等のコンホメーションが協同的に変化することが期待できる。本研究では,この動的らせんポリマーの特性を活かし,様々な外部刺激を電気的・光学的に高感度に検出可能な機能性高分子の開発を目指している。

新規光エネルギー変換材料の創製

新規光エネルギー変換材料の創製 有機薄膜太陽電池の実用化に向けて、変換効率の一層の向上が最大の課題である。高効率化の鍵となるのは、有機薄膜太陽電池の有機発電層を構成する光エネルギー変換材料である。現在一般的に有機発電層に用いられている共役高分子は、太陽光の中で最も光子数の多い長波長領域の光を吸収できないので、変換効率の大幅な向上は見込めない。我々は、実用的な有機薄膜太陽電池の実現を目指し、太陽光を高効率的に利用可能な新規共役高分子を創製を行っている。本研究は、同専攻の高橋光信研究室との共同研究として行っている。

著書

  • 水溶性高分子の最新動向 (株)シーエムシー出版 2015/11 ①原著書 ⑧分担執筆 前田 勝浩, 井改 知幸
  • 有機薄膜太陽電池の研究最前線 シーエムシー出版 2012/07 ①原著書 ②共著 前田勝浩,井改知幸
  • Fullerene Polymers: Synthesis, Properties and Applications Wiley-VCH 2009/12 ②共著
  • 超分子サイエンス〜基礎から応用への展開〜 (株)エヌ・ティー・エス 2009/05 ②共著

論文

  • Synthesis and Characterization of Thieno[3,4-b]thiophene-Based Copolymers Bearing 4-Substituted Phenyl Ester Pendants: Facile Fine-Tuning of HOMO Energy Levels MACROMOLECULES 44巻 17号 6659頁 2011/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of Polysaccharide Derivatives Bearing Pyridine N-Oxide Groups and Their Use as Asymmetric Organocatalysts REACTIVE & FUNCTIONAL POLYMERS 71巻 10号 1055頁 2011/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Amplification of Macromolecular Helicity of Dynamic Helical Poly(phenylacetylene)s Bearing Nonracemic Alanine Pendants in Dilute Solution, Liquid Crystal, and Two-Dimensional Crystal POLYMER JOURNAL 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stimuli-Responsive Helical Poly(phenylacetylene)s Bearing Cyclodextrin Pendants that Exhibit Enantioselective Gelation in Response to Chirality of a Chiral Amine and Hierarchical Super-Structured Helix Formation MACROMOLECULES 44巻 9号 3217頁 2011/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Enantioselective Adsorption of Chiral Amines on an Induced Helical Poly(bis(4-carboxyphenoxy)phosphazene): Chiral Filter Effect MACROMOLECULES 44巻 8号 2457頁 2011/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Hierarchical Amplification of Macromolecular Helicity of Dynamic Helical Poly(phenylacetylene)s Composed of Chiral and Achiral Phenylacetylenes in Dilute Solution, Liquid Crystal, and Two-Dimensional Crystal JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY 133巻 1号 108頁 2011/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Helical Polymers: Synthesis, Structures and Functions CHEMICAL REVIEWS 109巻 11号 6102頁 2009/12 査読有 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • Mechanism of Memory of Macromolecular Helicity of Poly(phenyl isocyanide)s and Their Helical Structures JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY 131巻 30号 10719-10732頁 2009/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chiral Self-aggregate Formation of an Optically Active Phosphonate Derivative CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL 11巻 28号 6794-6798頁 2009/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of Functional Poly(phenyl isocyanide)s with Macromolecular Helicity Memory and Their Use as Asymmetric Organocatalysts CHIRALITY 21巻 1号 44-50頁 2009/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Single- and Double-Stranded Helical Polymers: Synthesis, Structures and Functions ACCOUNTS OF CHEMICAL RESEARCH 41巻 9号 1166頁 2008/09 査読有 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • Chemical Modification of a Luminescent Amylose-Poly(phenylenevinylene) Composite MACROMOLECULES 41巻 13号 5065-5069頁 2008/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Helicity Induction and Memory of the Macromolecular Helicity in a Polyacetylene Bearing a Biphenyl Pendant Chemistry-An Asian Journal 3巻 3号 614-624頁 2008/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of Thieno[3,4-b]thiophene-Based Donor Molecules with Phenyl Ester Pendants for Organic Solar Cells: Control of Photovoltaic Properties via Single Substituent Replacement 1巻 703-709頁 2016/03/16 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chiral Recognition Ability of an Optically Active Poly(diphenylacetylene) as a Chiral Stationary Phase for HPLC 45巻 9号 1063-1065頁 2016/05/31 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chiral fluorescent sensors based on cellulose derivatives bearing terthienyl pendants 7巻 4793-4801頁 2016/06/25 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dual Memory of Enantiomeric Helices in Poly(phenylacetylene)s Induced by a Single Enantiomer through Helix Inversion and Dual Storage of the Enantiomeric Helicity Memories 48巻 13号 4281-4293頁 2015/06/29 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of 4-fluorophenyl pendants in thieno[3,4-b]thiophene-benzo[1,2-b:4,5-b′]dithiophene-based polymers on the performance of photovoltaics 53巻 1586-1593頁 2015/01/31 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Efficient and rapid direct transesterification reactions of cellulose with isopropenyl acetate in ionic liquids 5巻 88号 72071-72074頁 2015/08/20 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Macromolecular Helicity Induction and Memory in a Poly(biphenylylacetylene) Bearing an Ester Group and Its Application to a Chiral Stationary Phase for High-performance Liquid Chromatography 44巻 946-948頁 2015/04/17 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of polyisocyanides bearing oligothiophene pendants: higher-order structural control through pendant framework design 47巻 9号 625-630頁 2015/05/11 査読有 ①原著論文
  • Thieno[3,4-b]thiophene–benzo[1,2-b:4,5-b′]dithiophene-based polymers bearing optically pure 2-ethylhexyl pendants: Synthesis and application in polymer solar cells 56巻 171-177頁 2014/11/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chiral Amplification in Polymer Brushes Consisting of Dynamic Helical Polymer Chains through the Long-Range Communication of Stereochemical Information 47巻 19号 6540-6546頁 2014/09/25 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of polysaccharide derivatives bearing bromobenzoate pendants for use as chiral auxiliaries 82巻 52-57頁 2014/06/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Switchable enantioseparation based on macromolecular memory of a helical polyacetylene in the solid state 6巻 5号 429-434頁 2014/03/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fine Tuning of Frontier Orbital Energy Levels in Dithieno[3,2-b:2',3'-d]silole-Based Copolymers Based on the Substituent Effect of Phenyl Pendants 55巻 2139-2145頁 2014/03/13 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Amplification of macromolecular helicity of dynamic helical poly(phenylacetylene)s bearing non-racemic alanine pendants in dilute solution, liquid crystal and two-dimensional crystal Ohsawa, S. Sakurai, S. Nagai, K. Maeda, K. Kumaki, J. Yashima, E. Polymer Journal  44巻 42-50頁 2012/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of Seleno[3,4-c]pyrrole-4,6-dione-based Polymers for Polymer Solar Cells Ikai, T.; Azam, A. K. M. F.; Kuzuba, M.; Kuwabara, T.; Maeda, K.; Takahashi, K.; Kanoh, S. SYNTHETIC METALS 162巻 1707-1712頁 2012/07 査読有 ①原著論文
  • Helical Polymer Brushes with a Preferred-handed Helix-sense Triggered by a Terminal Optically Active Group in the Pendant Maeda, K.; Wakasone, S.; Shimomura, K.; Ikai, T.; Kanoh, S.  Chemical Communication 48巻 3342-3344頁 2012/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 溶出順序を自在に反転できるキラル固定相の開発(会議名:第14回ナノテクノロジー総合シンポジウム)(2016/01/27)
  • 動的らせん高分子を利用した溶出順序のスイッチングが可能なHPLC用キラル固定相の開発(会議名:分子・物質合成プラットフォーム 平成26年度シンポジウム)(2015/03/05)
  • らせん高分子の動的特性を利用した機能発現 (会議名:第15回リング・チューブ超分子研究会シンポジウム)(2014/10/27)
  • 合成らせん高分子のキラル識別材料への応用 (会議名:第4回CSJフェスタ2014)(2014/10)
  • Function of Chirality-Responsive Dynamic Helical Polymers(2014/12)

全て表示

  • Chirality Control and Chiral Amplification in Polyacetylenes Bearing Dynamically Chiral Pendants (2015/07)
  • Function of a Polyacetylene Bearing 2,2’-Biphenol-Derived Pendants Based on Helicity Induction and Memory Effect(2015/09)
  • Function of Chirality-Responsive Polyacetylenes Possessing 2,2’-Biphenol-Derived Pendants(2016/01)
  • 動的特性を有するらせん高分子を利用した機能発現(会議名:2016年度サマーユニバーシティー)(2016/09/02)
  • らせん高分子の構造特性を活用したキラルマテリアルの開発(会議名:第65回高分子討論会)(2016/09/16)
  • 日本化学会 第89回 春季年会,",Development of chirality-responsive dynamic helical polymers",,2009年3月29日にて,本会期中に開かれたアジア国際シンポジウムの高分子ディビジョンにて若手招待講演者として英語による口頭発表を行った。(2008)
  • 軸性キラルな側鎖を有するポリフェニレンエチニレン誘導体 の合成とそのキラリティー識別への応用 (会議名:第59回高分子討論会)(2010)
  • Synthesis of Amphiphilic Block Copolymers Bearing an Optically Active Polythiophene Chain and Their Micelle Formation in Water(会議名:モレキュラー・キラリティー2010)(2010)
  • SYNTHESIS OF AMPHIPHILIC BLOCK COPOLYMERS BEARING AN POLYTHIOPHENE CHAIN AND CHIROPTICAL PROPERTIES OF THEIR MICELLES (会議名:22nd International Symposium on Chirality (Chirality 2010; ISCD-22))(2010)
  • Chirality Induction in Optically Inactive Polythiophene Derivatives by Acid-base Interaction(会議名:モレキュラー・キラリティー2011)(2011)
  • Synthesis of an amphiphilic block copolymer bearing an optically active π-conjugated polymer chain and the chiroptical properties of its micelle(会議名:The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010))(2010)

芸術・フィールドワーク

特許

○多糖誘導体、及びその蛍光性キラルセンサーとしての用途
○比色検出型キラルセンサー
○固体状態で不斉選択性の切り替えが可能な光学異性体分離剤
○光学活性ポリ(ジフェニルアセチレン)化合物及びその製造方法,並びに光学異性体分離剤としての用途(出願国名:日本)
○新規ポリ(ジフェニルアセチレン)化合物及びその製造方法,並びにその光学異性体分離剤としての用途(出願国名:日本)
○不斉選択性の切り替えが可能なクロマトグラフィー用充填剤(公開年月:2016/01/07)(出願国名:日本)(特許番号:特登-05757602)

共同研究希望テーマ

科研費

○挑戦的萌芽研究「高キャリア輸送能を有するらせん状π共役高分子被覆型フラーレンの創製」(2014-2015) ①代表者
○基盤研究(B)「高分子材料創製を基軸とする高性能な逆型有機薄膜太陽電池構築のための基盤技術の確立」(2012-2014) ②分担者
○基盤研究(C)「主鎖に分子認識部位と動的軸性キラリティーを有するπ共役らせん高分子の創製と応用」(2011-2013) ①代表者
○基盤研究(B)「動的-静的特性を自在変換可能ならせん高分子の構造特性を活用した機能発現」(2016-2018) ①代表者
○若手研究(B)「コアにらせん高分子鎖を有する機能性ミセルの創成と応用              」(2009-2010) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○応用化学実験Ⅴ(2017)
○高分子有機化学(2017)
○物質化学序論A(2017)
○応用化学実験Ⅴ(2017)
○教職化学(2016)
○教職化学(2016)
○応用化学実験Ⅴ(2016)
○応用化学基礎実験(2016)
○専門英語(2016)
○高分子有機化学(2016)
○地域概論(2016)
○大学・社会生活論(2016)
○応用化学実験Ⅴ(2016)
○専門英語(2015)
○高分子有機化学(2015)
○応用化学実験Ⅴ(2015)
○応用化学実験Ⅴ(2015)
○応用化学基礎実験(2015)
○物質化学序論(2015)
○大学・社会生活論(2015)
○応用化学基礎実験(2014)
○専門英語(2014)
○高分子有機化学(2014)
○応用化学実験Ⅴ(2014)
○応用化学実験Ⅴ(2014)
○教職実践演習C(中・高)(2014)
○応用化学特別講義(2014)

大学院担当授業科目

○高分子材料合成化学(2017)
○高分子精密合成論(2017)
○高分子精密合成論(2017)
○太陽電池工学特論(2017)
○高分子精密合成論(2017)
○高分子精密合成論(2017)
○マテリアルプログラム序論(2017)
○精密高分子合成化学(2017)
○太陽電池工学特論(2016)
○精密高分子合成化学(2016)
○高分子材料合成化学(2016)
○マテリアルプログラム序論(2016)
○高分子精密合成論(2016)
○高分子精密合成論(2015)
○精密高分子合成化学(2015)
○マテリアルプログラム序論(2015)
○高分子材料合成化学(2015)
○太陽電池工学特論(2015)
○太陽電池工学特論(2014)
○機能性高分子材料設計化学(2014)
○機能性高分子材料設計化学(2014)
○高分子精密合成論(2014)
○高分子精密合成論(2014)
○高分子材料合成化学(2014)
○精密高分子合成化学(2014)
○マテリアルプログラム序論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ