本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

瀬戸 章文 (せと たかふみ) 教授 SETO Takafumi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系
教授

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

学歴

職歴

生年月

1969年11月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

化学工学、エアロゾル、ナノ粒子、レーザー

研究課題

著書

論文

  • DMA-APM法によるディーゼル排気PMの質量濃度測定(第1報)-有効密度の測定- 斎藤敬三、篠崎修、矢部明、瀬戸章文、桜井博、榎原研正 自動車技術会論文集 38巻 6号  113-118頁 2007/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • DMA-APM法によるディーゼル排気PMの質量濃度測定(第2報)-フィルター法との比較- 斎藤敬三、篠崎修、矢部明、瀬戸章文、桜井博、榎原研正 自動車技術会論文集 39巻 4号  97-102頁 2008/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 静電霧化微粒子水における電荷数の解析 山内俊幸、前川哲也、瀬戸章文、権純博、奥山喜久夫 エアロゾル研究 23巻 2号  108-113頁 2008/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ゴムシートによるインパクタ衝突版表面での粒子の跳ね返り抑制 吉川文恵、李相権、柳田浩志、西村学、河村幸伸、新田晃平、瀬戸章文、大谷吉生 エアロゾル研究 23巻 1号  30-35頁 2008/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Unipolar charging of nanoparticles by the surface-discharge microplasma aerosol charger (SMAC) 9巻  621-630頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

○エアロゾル捕集装置(公開年月:2016/03/31)
○微粒子捕集装置(公開年月:2015/11/16)

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「シングルナノ粒子の高効率イオン化によるエアロゾル解析」(2008-) 代表者
○基盤研究(B)「エアロゾルプロセスによるシリコン量子ドット材料創製」(2011-2013) 代表者

学域・学類担当授業科目

○バイオプロセス設計(2017)
○インターンシップ実習(2017)
○自然システム序論A(2017)
○単位操作A(2017)
○プロセス設計(2017)
○化学工学量論1(2017)
○自然システム序論B(2017)
○化学工学量論2(2017)
○異文化体験~ベトナム短期留学プログラム(2017)
○異文化体験~アメリカ短期留学プログラム(2017)
○物質循環プロセス創成(2017)
○大学・社会生活論(2017)
○異文化体験~アメリカ短期留学プログラム(2017)
○異文化体験~アメリカ短期留学プログラム~(2016)
○バイオ・物質循環工学概論(2016)
○専門英語B(2016)
○バイオプロセス設計(2016)
○物理化学A(2016)
○インターンシップ実習(2016)
○物質循環プロセス創成(2016)
○単位操作A(2016)
○自然システム序論A(2016)
○自然システム序論B(2016)
○プロセス設計(2016)
○化学工学量論(2016)
○異文化体験~アメリカ短期留学プログラム~(2016)
○大学・社会生活論(2016)
○バイオ工学・物質循環工学課題研究(2)(2015)
○インターンシップ実習(2015)
○専門英語B(2015)
○物理化学A(2015)
○物質循環工学概論(2015)
○プロセス設計(2015)
○バイオプロセス設計(2015)
○単位操作A(2015)
○バイオ工学・物質循環工学課題研究(1)(2015)
○物質循環プロセス創成(2015)
○統計解析(2015)
○バイオ・物質循環工学概論(2015)
○大学・社会生活論(2015)
○大学・社会生活論(2014)
○大学・社会生活論(2014)
○統計解析(2014)
○物質循環プロセス創成(2014)
○物理化学A(2014)
○バイオプロセス設計(2014)
○プロセス設計(2014)
○インターンシップ実習(2014)
○単位操作A(2014)
○バイオ工学・物質循環工学課題研究(1)(2014)
○バイオ・物質循環工学概論(2014)
○自然システム序論(2014)

大学院担当授業科目

○環境工学総論B(2017)
○サイエンス&イノベーションセミナー(GS-イノ若)(2017)
○ナノマテリアル(2017)
○ナノマテリアル(2017)
○ナノマテリアル(2017)
○ナノマテリアル(2017)
○自然システムキャリア実習(2017)
○機械的分離工学特論A(2017)
○機械的分離工学特論B(2017)
○化学工学基礎B(2017)
○国際研究インターンシップ(2017)
○化学工学基礎A(2017)
○環境工学総論A(2017)
○環境工学総論/自然科学研究科(2016)
○環境工学総論(2016)
○機械的分離工学特論B(2016)
○化学工学課題研究平成28年10月入学者用(2016)
○機械的分離工学特論A(2016)
○リサーチスキルD化学工学コース(2016)
○自然システムキャリア実習(2016)
○国際研究インターンシップ(2016)
○ナノマテリアル(2016)
○サイエンス&イノベーションセミナー(2016)
○サイエンス&イノベーションセミナー(GS-イノ若)(2016)
○化学工学基礎B(2016)
○化学工学基礎A(2016)
○化学工学基礎(2015)
○機械的分離工学特論(2015)
○国際研究インターンシップ(2015)
○自然システムキャリア実習(2015)
○自然システムキャリア論(2015)
○化学工学課題研究平成27年10月入学者用(2015)
○化学工学課題研究平成27年度入学生用(2015)
○リサーチスキルD化学工学コース(2015)
○リサーチスキルC化学工学コース(2015)
○ナノマテリアル(2015)
○ナノマテリアル(2015)
○ナノマテリアル(2014)
○ナノマテリアルⅠ(2014)
○ナノマテリアルⅡ(2014)
○自然科学特別研究(2014)
○ナノマテリアルⅡ(2014)
○ナノマテリアル(2014)
○化学工学課題研究平成26年10月入学者用(2014)
○化学工学基礎(2014)
○化学工学課題研究平成26年度入学生用(2014)
○リサーチスキルD化学工学コース(2014)
○リサーチスキルC化学工学コース(2014)
○機械的分離工学特論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ