本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年08月10日

田岡 東 (たおか あずま) 准教授 TAOKA Azuma

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域生命理工学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 生命理工学類 生命システムコース
【大学院前期課程】

所属研究室等

 TEL:076-264-6234 FAX:076-264-6230

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 自然科学研究科 生命科学専攻 2004/03 修了
【出身大学】
金沢大学 理学部 生物学科 1999/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)
修士(理学)

職歴

教務補佐員 理学部(2004/09/13-2007/08/31)
ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー博士研究員 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(2007/09/01-2008/03/31)

生年月

1976年02月

所属学会

日本生化学会 日本生化学会北陸支部事務幹事(平成23~25年)(2010-2013)
日本微生物生態学会
米国微生物学会
日本細菌学会
日本農芸化学会
日本ゲノム微生物学会

学内委員会委員等

○教務委員会 委員(2017-2018)
○FDリーダー 委員(2017-2018)
○若手育成WG(ナノ生命研究所) 委員(2018-2018)

受賞学術賞

○公益財団法人発酵研究所一般研究助成(2012/04/01)

専門分野

機能生物化学、応用微生物学

専門分野キーワード

原核生物のオルガネラ、細胞骨格、磁性細菌、マグネトソーム、

研究課題

磁性細菌の磁気オルガネラ「マグネトソーム」の形成機構の解明

磁性細菌の磁気オルガネラ「マグネトソーム」の形成機構の解明 磁性細菌は磁気コンパスの役割を果たす「マグネトソーム」とよばれる原核細胞オルガネラをもち、磁気を感知できるユニークなバクテリアである。磁性細菌は環境中から鉄を取り込み、細胞内の膜小胞の中で磁鉄鉱の結晶を合成する。マグネトソームは、この膜小胞を細胞骨格に沿って数珠状に配置した複雑な細胞内構造物である。私たちはマグネトソームがどのように形成され、機能しているのかを分子レベルで明らかにする為、生化学、分子生物学手法、様々な顕微鏡技術を用いて研究を行っている。本研究をとおして、原核生物のオルガネラ形成やバイオミネラリゼーションのメカニズムの解明を目指している。

著書

  • Biological Magnetic Materials and Applications Springer 2018/07 原著書 分担執筆 Azuma Taoka, Yoshihiro Fukumori 978-9811080685

論文

  • Measuring magnetosomal pH of the magnetotactic bacterium Magnetospirillum magneticum AMB-1 using pH-sensitive fluorescent proteins Yukako Eguchi, Yoshihiro Fukumori, Azuma Taoka Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 2018/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 細菌の磁気感応運動のためのオルガネラ「マグネトソーム」 田岡 東, 福森 義宏 生物工学 96巻 5号 248-252頁 2018/05 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 細菌のアクチン様細胞骨格による磁気オルガネラの配置とその役割 田岡 東, 福森 義宏 生物物理 58巻 2号 91-93頁 2018/04 査読有 解説 研究論文(学術雑誌)
  • Gradual Deformation of Bacterial Cell Morphology due to the Effect of Non-thermal Atmospheric Pressure Plasma jet-Treated Water (PTW) Begum, A., Chiba, R., Ishijima, T., Kakikawa, M., Taoka , A., Pervez, M. R., Innomata, T., Uesugi, Y., Tanaka Y., IEEE Transactions on Radiation and Plasma Medical Sciences 2巻 4号 360頁 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tethered magnets are the key to magnetotaxis: direct observations of Magnetospirillum magneticum AMB-1 show that MamK distributes magnetosome organelles equally to daughter cells. Taoka, A., Kiyokawa, A., Uesugi, C., Kikuchi, Y., Oestreicher, A., Morii, K., Eguchi, Y., Fukumori, Y. mBio 8巻 4号 e00679-17頁 2017/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • A protein-protein interaction in magnetosomes: TPR protein MamA interacts with an Mms6 protein Hoang Viet Nguyen, Emi Suzuki, Zachery Oestreicher, Hiroshi Minamide, Hiroshi Endoh, Yoshihiro Fukumori, Azuma Taoka Biochemistry and Biophysics Reports  7巻 39–44頁 2016/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • High-Speed Atomic Force Microscopy Reveals Loss of Nuclear Pore Resilience as a Dying Code in Colorectal Cancer Cells Mohamed MS, Kobayashi A, Taoka A, Watanabe-Nakayama T, Kikuchi Y, Hazawa M, Minamoto T, Fukumori Y, Kodera N, Uchihashi T, Ando T, Wong RW. ACS Nano 11巻 6号 5567-5578頁 2017/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 高速原子間力顕微鏡を用いたバクテリアの生細胞イメージング 田岡 東,福森義宏 化学と生物(日本農芸化学会会誌) 53巻 5号 293-298頁 2015/05 査読有 解説 研究論文(学術雑誌)
  • A comparison of the surface nanostructure from two different types of gram-negative cells: Escherichia coli and Rhodobacter sphaeroides Z.W. Oestreicher, A. Taoka, Y. Fukumori Micron 8-14巻 72号 2015/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 磁性細菌オルガネラ「マグネトソーム」の構造機能相関の解明 福森義宏,田岡 東 生物物理 54巻 1号 11-14頁 2014/01 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of uncultured giant rod-shaped magnetotactic Gammaproteobacteria from a fresh water pond in Kanazawa, Japan Azuma Taoka, Junya Kondo, Zachery Oestreicher, and Yoshihiro Fukumori Microbiology 160巻 10号 2226-2234頁 2014/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Purification, Characterization, and Crystallization of Crocodylus siamensis Hemoglobin  Jandaruang J., Siritapetawee J., Songsiriritthigul C., Preecharram S., Taoka A., Dhiravisit A., Fukumori Y., Thammasirirak S. The Protein Journal 33巻 4号 377-385頁 2014/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A magnetosome-associated cytochrome MamP is critical for magnetite crystal growth during the exponential growth phase Azuma Taoka, Yukako Eguchi, Shingo Mise, Zachery Oestreicher, Fumio Uno and Yoshihiro Fukumori FEMS Microbiology Letters 358巻 1号 21-29頁 2014/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Extranuclear dynamics of 111Ag(→111Cd) doped in AgI nanoparticles W. Sato, R. Mizuuchi, N. Irioka, S. Komatsuda, S. Kawata, A. Taoka, Y. Ohkubo Chemical Physics Letters 609巻 104-107頁 2014/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of magnetotactic behavior by swimming assay. Sakaguchi Sakaguchi, Taoka Azuma, Fukumori Yoshihiro. Biosci. Biotechnol. Biochem. 77巻 5号 940-947頁 2013/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Purification and Characterization of Coacervate-Forming Cuticular Proteins from Papilio xuthus Pupae Masahiro Yamanaka, Yumi Ishizaki, Taro Nakagawa, Azuma Taoka and Yoshihiro Fukumori ZOOLOGICAL SCIENCE 30巻 7号 534-542頁 2013/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Single-Molecule Imaging on Living Bacterial Cell Surface by High-Speed AFM Hayato Yamashita†, Azuma Taoka†(共同筆頭著者), Takayuki Uchihashi, Tomoya Asano, Toshio Ando, Yoshihiro Fukumori (†: H.Y. and A.T. contributed equally to this work.) Journal of Molecular Biology 422巻 2号 300-309頁 2012/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Visualization and structural analysis of the bacterial magnetic organelle magnetosome using atomic force microscopy Yamamoto, D.*, Taoka, A.*(共同筆頭著者), Uchihashi, T., Sasaki, H., Watanabe, H., Ando, T., and Fukumori, Y. Proc Natl Acad Sci USA 107巻 21号  9382-9387頁 2010/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spatial localizations of Mam22 and Mam12 in the magnetosomes of Magnetospirillum magnetotacticum Taoka, A., Asada, R., Sasaki, H., Anzawa, K., Wu, L-F., and Fukumori, Y. Journal of Bacteriology 188巻 11号  3805-3512頁 2006/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of iron transporters expressed in the magnetotactic bacterium Magnetospirillum magnetotacticum. Taoka A, Umeyama C, Fukumori Y. CURRENT MICROBIOLOGY 58巻 2 177-181頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Polymerization of the actin-like protein MamK, which is associated with magnetosomes. Taoka, A., Asada, R., Wu, L-F., and Fukumori, Y. Journal of Bacteriology 189巻 23号  8737-8740頁 2007/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 細菌の磁気オルガネラの構造と細胞内局在 福森 義宏、田岡 東 化学と生物(日本農芸化学会会誌) 45巻 3号 154-156頁 2007/03 査読無 総説 その他
  • Participation of nitric oxide reductase in survival of Pseudomonas aeruginosa in LPS-activated macrophages Kakishima, K., Shiratsuchi, A., Taoka, A., Nakanishi, Y., and Fukumori, Y. Biochemical and Biophysical Research Communications 2007/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 磁性細菌のマグネタイト微粒子の形成機構 福森 義宏、田岡 東 月刊バイオインダストリー 24巻 12号 5-13頁 2007/12 査読無 総説 その他
  • 磁性細菌のオルガネラ, マグネトソームの細胞内局在と細胞骨格 福森 義宏、田岡 東 蛋白質 核酸 酵素 53巻 13号 1746-1751頁 2008/12 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Nitrate reductase from the magnetotactic bacterium Magnetospirillum magnetotacticum MS-1: purification and sequence analyses Taoka, A., Yoshimatsu, K., Kanemori, M., and Fukumori, Y. Canadian Journal of Microbiology 49巻  197-206頁 2003/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • High-speed atomic force microscopic observations explore molecule mechanism of bacterial cell-cell communication using membrane vesicles(会議名:TGSW, Towards Microbial Control ver 3.0)(2018/09/21)
  • 原核細胞オルガネラの細胞内配置に関わる細胞骨格および新奇細胞骨格結合タンパク質の機能解析(会議名:第91回日本生化学会大会)(2018/09/24)
  • 高速原子間力顕微鏡を用いた磁性細菌の細胞骨格タンパク質MamKの重合特性解析(会議名:第91回日本生化学会大会)(2018/09/24)
  • pH感受性蛍光蛋白質を用いた原核細胞およびオルガネラ内のpH蛍光イメージング解析(会議名:第91回日本生化学会大会)(2018/09/24)
  • 磁性細菌の走磁性運動におけるべん毛回転運動の生細胞イメージング(会議名:第56回日本生物物理学会年会)(2018/09/15)

全て表示

  • Molecular imaging of dynamic process on bacterial cell surface by high speed AFM(会議名:第56回日本生物物理学会年会)(2018/09/15)
  • 高速AFM解析により明らかになったグラム陰性菌及びグラム陽性菌の産生するメンブランベシクルの物性多様性(会議名:第56回日本生物物理学会年会)(2018/09/15)
  • Functional analyses of MamJ which is cytoskeleton associating protein for magnetosome positioning(会議名:The 6th International Meeting on Magnetotactic Bacteria (MTB 2018 meeting))(2018/09/10)
  • Live-cell imaging of flagellar rotation during magnetotactic motility(会議名:The 6th International Meeting on Magnetotactic Bacteria (MTB 2018 meeting))(2018/09/10)
  • Subcellular localization of MamQ in Magnetospirillum magneticum AMB-1(会議名:The 6th International Meeting on Magnetotactic Bacteria (MTB 2018 meeting))(2018/09/10)
  • Characterization of MamK polymerization using high-speed atomic force microscopy(会議名:The 6th International Meeting on Magnetotactic Bacteria (MTB 2018 meeting))(2018/09/10)
  • Imaging of living bacterial cell surface structures using high-speed atomic force microscopy(会議名:The 6th International Meeting on Magnetotactic Bacteria (MTB 2018 meeting))(2018/09/10)
  • Measuring magnetosomal pH in living magnetotactic bacterial cell(会議名:The 6th International Meeting on Magnetotactic Bacteria (MTB 2018 meeting))(2018/09/10)
  • pH imaging in living prokaryotic cells and organelles using pH sensitive fluorescent proteins(会議名:The 6th International Meeting on Magnetotactic Bacteria (MTB 2018 meeting))(2018/09/10)
  • Structure and function of molecular machinery for magnetotaxis(会議名:The 6th International Meeting on Magnetotactic Bacteria (MTB 2018 meeting))(2018/09/10)
  • pH 感受性蛍光蛋白質を用いた磁性細菌の生細胞内pH測定(会議名:第36回日本生化学会北陸支部大会)(2018/06/02)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)(一般)「分子イメージングによる原核細胞のナノオルガネラ制御機構の解明」(2019-2021) 代表者
○国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)「磁性細菌細胞内で新規に合成された磁気オルガネラと細胞骨格の相互作用」(2018-2020) 代表者
○基盤研究(C)「原核細胞の細胞骨格による磁気感知オルガネラ配置の分子機構」(2016-2018) 代表者
○若手研究(B)「磁性細菌の磁気微粒子合成に関わる新奇ヘム蛋白質の機能解明」(2013-2015) 代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「「磁場」を感知するバクテリアの磁気オルガネラを支える細胞骨格」(2011-2012) 代表者
○若手研究(B)「原核細胞の磁気オルガネラの生細胞イメージングー形成・機能メカニズムの解明ー」(2010-2012) 代表者

学域・学類担当授業科目

○細胞・分子生物学(2018)
○生化学演習B(2018)
○生化学演習A(2018)
○生物学課題研究(1)(2018)
○生物学課題演習(2)(2018)
○生物学課題演習(1)(2018)
○生化学実験(2018)
○生物学実験(2018)
○学域GS言語科目Ⅰ(理工系英語Ⅰ)(2018)
○学域GS言語科目Ⅱ(理工系英語Ⅱ)(2018)
○生物学グループ演習(2018)
○基礎生物学実験(2018)
○生物学実践実験(2018)
○生命科学技術論A(2018)
○生命理工学概論A(2018)
○生物学課題研究(2)(2018)
○生化学演習(2017)
○生化学実験(2017)
○生物学課題演習(1)(2017)
○学域GS言語科目Ⅰ(理工系英語Ⅰ)自然システム学類(2017)
○生命・地球学概論(2017)
○基礎生物学実験(2017)
○生物学課題演習(2)(2017)
○生物学課題研究(1)(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○生物学実験(2017)
○生物学実践実験(2017)
○生物学グループ演習(2017)
○生物学課題研究(2)(2017)
○学域GS言語科目Ⅱ(理工系英語Ⅱ)自然システム学類(2017)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○生物学実験(2016)
○生化学演習(2016)
○生化学実験(2016)
○生物学課題演習(2)(2016)
○生物学課題研究(2)(2016)
○生物学実験(2016)
○生物学課題演習(1)(2016)
○生物学課題研究(1)(2016)
○生化学実験(2015)
○遺伝子組換え実験(2015)
○生化学演習(2015)
○生物学課題演習(2)(2015)
○生物学課題研究(2)(2015)
○生物学課題演習(1)(2015)
○生物学課題研究(1)(2015)
○生物学実習2(2015)
○初学者ゼミ(2014)
○生物学実習2(2014)
○遺伝子組換え実験(2014)
○生化学演習(2014)
○生物学課題演習(1)(2014)

大学院担当授業科目

○リサーチスキルB(2018)
○リサーチスキルA(2018)
○生命システム課題研究(2018)
○生命システム基礎演習(2018)
○生命構造機能システム学B(2018)
○生命システム演習2B(2018)
○生命システム演習2A(2018)
○生命システム演習1B(2018)
○生命システム演習1A(2018)
○生命システム基礎B(2018)
○生命システム基礎A(2018)
○分子微生物学(2018)
○生命構造機能システム学B(2017)
○生命システム基礎演習(2017)
○生命システム演習1A(2017)
○生命システム演習1B(2017)
○生命システム演習2A(2017)
○生命システム演習2B(2017)
○リサーチスキルB生命システムコース(2017)
○リサーチスキルA生命システムコース(2017)
○生命構造機能システム学(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ