本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

山田 圭輔 (やまだ けいすけ) 准教授 YAMADA Keisuke

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 がん医科学専攻

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 麻酔・蘇生学 1995
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学 1991
【取得学位】
博士(医学)

職歴

生年月

1967年01月

所属学会

日本麻酔科学会
日本ペインクリニック学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○平成15年度ホスピスケアに関する研究助成(笹川医学医療研究財団)
○北國がん基金啓発活動助成部門(2016/07/01)

専門分野

神経因性疼痛 疼痛評価 誘発電位、麻酔科学

専門分野キーワード

癌性疼痛、経皮的椎体形成術、PCAポンプ

研究課題

転移性椎体腫瘍に対する経皮的椎体形成術の効果の検討

著書

  • 麻酔のHow to:診断編 克誠堂出版 2001/11 原著書 編著 山田圭輔,田代勝己
  • 麻酔科診療プラクティス1:稀な疾患の麻酔 文光堂 2001/04 原著書 編著 山田圭輔,小林 勉
  • 転移性椎体腫瘍に対する経皮的椎体形成術 文光堂 2003/10 原著書 共著 山田圭輔,小林 健 4-8306-2818-9

論文

  • HELLP症候群に急性腎不全を合併した1例 山田圭輔,竹田 司,高橋麗子,浜谷和雄 臨床麻酔 24巻 5号 883-884頁 2000/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • S状結腸切除術後に右下肢の神経障害をきたした1例 山田圭輔,小室明子,吉山 毅,浜谷和雄 日臨麻会誌 19巻 7号 496-499頁 1999/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • フォーレイカテーテルを利用した永久気管瘻を有する患者における一側肺換気 山田圭輔,大村繁夫,高橋麗子,新田俊一,佐藤日出夫 臨床麻酔 25巻 8号 1299-1300頁 2001/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ラリンジアルマスクの挿入により換気困難が生じたHunter症候群の1例 山田圭輔,浜谷和雄 臨床麻酔 23巻 2号 247-248頁 1999/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 気管支内視鏡下での生検中に大量の気管支出血をきたし緊急に気管支動脈塞栓術を行った1例 山田圭輔,浜谷和雄,佐藤日出夫,太田敏一,吉山 毅 臨床麻酔 24巻 7号 1207-1208頁 2000/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • 巨大な子宮を持つ四胎妊婦の帝王切開術の周術期管理 山田圭輔,伊藤誠司,浜谷和雄 日臨麻会誌 18巻 3号 307-309頁 1998/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 巨大な前縦隔腫瘍のため麻酔導入時に気道閉塞をきたした小児の1例 山田圭輔,竹田 司,浜谷和雄,吉山 毅 北陸麻酔誌 34巻 1号 25-28頁 2000/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 口蓋形成術後に気道閉塞を生じたApert症候群の1例 山田圭輔,浜谷和雄,吉田昌弘 臨床麻酔 22巻 1号 97-98頁 1998/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 左心房に還流する遺残左上大静脈により人工心肺からの離脱後に著明な低酸素血症を来した心内膜床欠損症の1症例 山田圭輔,吉山 毅,浜谷和雄,久保 実,関 雅博 麻酔 48巻 4号 410-412頁 1999/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 持続硬膜外ブロックに硬膜外膿瘍を合併した1例 山田圭輔,大成美華,浜谷和雄 北陸麻酔誌 34巻 1号 29-32頁 2000/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 縦隔腫瘍により気管が著明に狭窄し緊急に腫瘍摘出術を行った1例 山田圭輔,大村繁夫,小林 勉 臨床麻酔 25巻 7号 1153-1154頁 2001/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 重症妊娠中毒症に重症急性膵炎を合併して帝王切開術を行った1症例 山田圭輔,浜谷和雄,西本秀明,吉田昌弘 臨床麻酔 22巻 6号 865-866頁 1998/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 術中の肺動脈造影で右心房より遊離した腫瘍による肺塞栓を診断した1例 山田圭輔,小室明子,吉山 毅,浜谷和雄 臨床麻酔 22巻 10号 865-866頁 1998/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 星状神経節ブロック後に頸部および縦隔血腫と血胸を合併した1症例 山田圭輔,早稲田祐子,高橋麗子,新田俊一,浜谷和雄 ペインクリニック 22巻 2号 223-226頁 2001/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 先天性嚢胞性腺腫様奇形の周術期合併症 山田圭輔,高橋麗子,浜谷和雄 臨床麻酔 21巻 9号 1459-1460頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 長期間放置された気管支異物に対する内視鏡下除去術の周術期管理 山田圭輔,早稲田祐子,浜谷和雄 日臨麻会誌 20巻 5号 320-323頁 2000/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 腹腔鏡補助子宮全摘術中に導尿カテーテルから気腹ガスが流出した1例:麻酔科医が指摘した膀胱損傷 山田圭輔,新田俊一,浜谷和雄 日臨麻会誌 21巻 7号 399-402頁 2001/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pyogenic spondylitis and epidural abscess distant from the site of continuous epidural block in a patient with postherpetic neuralgia Keisuke Yamada, Mika Ohnari, Reiko Takahashi, Junro Taniguchi, Kazuo Hamatani J Anesth 15巻 3号 176-178頁 2001/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Long-term pain relief effects of four patients undergoing percutaneous vertebroplasty for metastatic vertebral tumor Keisuke Yamada,Y.Matsumoto,M.Kitaほか3名 Journal of anesthesia 18巻 3号 2004/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Respiratory failure caused by massive pleural effusion in a patient with deep neck abscess Keisuke Yamada,Kazumi Hashimotoほか5名 Journal of anesthesia 18巻 1号 48-50頁 2004/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hemorrhagic shock due to ruptured left common iliac artery aneurysm during pregnancy Keisuke Yamada,R.Takahashi,K.Hamatani Jornal of anesthesia 16巻 4号 342-344頁 2002/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pyogenic spondylitis and epidural abscess distant from the site of continuous epidural block in a patient with postherpetic neuralgia Keisuke Yamada,Mika Ohnariほか3名 Journal of anesthesia 15巻 3号 342-344頁 2001/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 日本ペインクリニック学会第41回大会,静脈内PCAとケタミン投与により動脈塞栓術中の体位を維持した腰椎滑膜肉腫の1例.2007/07(2007)
  • がん哲学外来とは何か(会議名:地域がん登録全国協議会 第25回学術集会)(2016/06/03)
  • 病状が進行し認知機能が低下している患者の実存的苦痛のアセスメントとケアの技:ロゴセラピーを基盤に考える (会議名:第21回日本緩和医療学会学術大会)(2016/06/18)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○生命・医療倫理(2017)
○生と死を見つめてー死生学入門ー(2017)
○生と死を見つめてー死生学入門ー(2017)
○麻酔•集中治療医学(2016)
○生命・医療倫理(2016)
○生と死を見つめて-死生学入門-(2015)
○生命・医療倫理(2015)
○生と死を見つめて-死生学入門-(2014)

大学院担当授業科目

○周術期管理学特論(2017)
○がん緩和医療学演習(2017)
○周術期管理学特論(2017)
○がん緩和医療学演習(2017)
○がん緩和医療学演習(2017)
○がん緩和医療学特論(2017)
○がん緩和医療学特論(2017)
○生命倫理学(2017)
○がん緩和医療学特論(2017)
○生命倫理学・研究倫理(2016)
○がん緩和医療学演習(2016)
○がん緩和医療学演習(2016)
○周術期管理学特論(2016)
○臨床系領域融合セミナー(2016)
○がん緩和医療学特論(2016)
○がん緩和医療学特論(2016)
○がん緩和医療学演習(2016)
○周術期管理学特論(2016)
○臨床系領域融合セミナー(2016)
○がん緩和医療学特論(2016)
○がん緩和医療学特論(2015)
○がん緩和医療学演習(2015)
○生命倫理学・研究倫理(2015)
○機能回復学特論(2015)
○生命倫理学・研究倫理(2014)
○機能回復学特論(2014)
○がん緩和医療学特論(2014)
○がん緩和医療学演習(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○癌性疼痛

その他公的社会活動

このページの先頭へ