本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年06月29日

安藤 利得 (あんどう りとく) 准教授 ANDO Ritoku

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 数物科学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 数物科学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻

所属研究室等

プラズマ研究室 TEL:076-264-5670 FAX:076-264-5739

学歴

【出身大学院】
名古屋大学 博士課程 理学研究科 物理学 1988 修了
【出身大学】
島根大学 理学部 物理 1983 卒業
【取得学位】
理学博士

職歴

生年月

1961年03月

所属学会

日本物理学会
プラズマ・核融合学会
応用物理学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

プラズマ科学、原子・分子・量子エレクトロニクス・プラズマ

専門分野キーワード

プラズマの基礎研究(主に波動現象)

研究課題

大電流電子ビームとプラズマの相互作用の実験的研究

大電力マイクロ波の発生と応用

多相交流放電の実験的研究

著書

論文

  • 2010年度宇宙関連プラズマ研究会講演集 安藤利得、遊津元希、谷川隆夫、佐藤杉弥、山際啓一郎 2010年度宇宙関連プラズマ研究会講演集 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Dependence of output power on cavity length in a gyrotron backward wave oscillator K. Kamada, 他8名 Int. J. Infrared and Millimeter Waves 21巻 1441-1448頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Energy enhancement in the two-stage autoacceleration scheme D. Hasegawa, 他4名 IEEE trans. Plasma Sci. 28巻 2275-2277頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Four-stage autoacceleration for a sub-nanosecond intense relativistic electron beam D. Hasegawa, 他4名 IEEE TRANSACTIONS ON PLASMA SCIENCE 28巻 1648-1652頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Generation of an Intense electron beam with a sub-nanosecond duration using multi-stage autoacceleration D. Hasegawa,他4名 Jpn. J. Appl. Phys. 40巻 944-948頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Instabilities Driven by an Intense Beam in a Plasma Filled Dielectric Lined Waveguide Immersed in a Finite Axial Magnetic Field H. Tsukuda, 他5名 Int. J. Infrared and Millimeter Waves 22巻 8号 1147-1162頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Electron beam probing of strong Langmuir fields in an intense beam-plasma system R. Ando, 他6名 IEEE TRANSACTIONS ON PLASMA SCIENCE 27巻 1545-1547頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「サイエンス・ラボ」ー 学生主体の演示実験開発組 大学の物理教育 13, 1巻  37-40頁 2007/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Gyrotron backward wave oscillator experiments with a relativistic electron beam using an X-band rectangular waveguid K. Kamada, 他8名 Int. J. Infrared and Millimeter Waves 19巻 10号 1317-1324頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Measurements of broad-band millimeter-wave radiation from an IREB-plasma interaction system H. Yoshida, 他4名 IEEE TRANSACTIONS ON PLASMA SCIENCE 27巻 682-687頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multistage automodulation using decreasing length cavities. M. Kamada, 他4名 IEEE TRANSACTIONS ON PLASMA SCIENCE 31巻 2号 297-299頁 2003/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The dependence of microwave radiation from a beam-driven turbulent plasma on the beam-to-plasma density ratio N. Toyosugi, 他4名 IEEE TRANSACTIONS ON PLASMA SCIENCE vol. 30巻 no. 3,pp号  1203-1210頁 2002/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ラングミュア乱流電場の空間分布の検証のための電子ビームシャドーグラフによる観測 安藤利得,藤井久司,増崎克,近藤知大,豊杉典生,大沢芙美子,和田智,森下浩成,鎌田啓一 電子学会研究会資料(パルスパワー研究会)PPT-01-65 19-24頁 2001 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 自動変調による短パルス大強度相対論的電子ビーム列の生成 鎌田正輝,森倫也,安藤利得,鎌田啓一 電子学会研究会資料(パルスパワー研究会)PPT-01-66 25-30頁 2001 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 超短パルス大強度電子ビームからの超放射実験 鎌田啓一,他5名 電子情報通信学会技術研究報告 (ED2000-205?218) 100巻 506号 63-70頁 2000 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 非磁化プラズマ中の相対論的電子ビーム伝搬 豊杉典生,李且烈,安藤利得,鎌田啓一,増崎克 電子学会研究会資料(パルスパワー研究会)PPT-01-76 37-42頁 2001 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 2.5-D analysis of intense relativistic electron beam propagation in an unmaginetized plasma N. Toyosugi, 他4名 Research Report NIFS-PROC-50 52-60頁 2001 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Two-stage autoacceleration using decreasing length cavities K. Kamada, 他5名 IEEE trans. Plasma Sci. 27巻 1609-1610頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Time evolution of beam energy distribution and perpendicular velocity scattering due to strong Langmuir turbulence H. Koguchi, 他3名 J. Phys. Soc. Jpn. 67巻 1273-1280頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Excitation of oscillations with a broad frequency spectrum in the interaction of a high-density relativistic electron beam with a plasma R. Ando, 他6名 PLASMA PHYSICS REPORTS 23巻 964-970頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Beam Modulation in a Strong Beam-Turbulent Plasma and its Effect on Broadband mm Radiatio H. Yoshida, 他5名 Research Report NIFS-PROC-42 73-80頁 1999 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Effect of beam modulation on a broadband mm radiation from a strong beam-turbulent plasma H. Yoshida, 他4名 Proc. 12th Int. Conf. High-Power Particles Beams 2巻 389-392頁 1999 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Four-Stage Autoacceleration of an Intense Relativistic Electron Beam D. Hasegawa, 他4名 Research Report NIFS-PROC-42 81-90頁 1999 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Generation of an Intense electron beam with a sub-nanosecond duration using multi-stage autoacceleration D. Hasegawa, 他4名 Proc. 13th Int. Conf. High-Power Particles Beams, (Nagaoka Japan, 2000) 291-294頁 2001 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Instabilities driven by an intense beam in a plasma-filled dielectric-lined waveguide immersed in a finite axial magnetic field H. Tsukuda, 他7名 Proc. 21st Int. Free Electron Laser conf. 2巻 39-40頁 2000 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Linear analysis of instabilities in a plasma-filled dielectric-lined circular waveguide immersed in a finite axial magnetic field M. Masuzaki, 他6名 Proc. 12th Int. Conf. High-Power Particles Beams 2巻 816-819頁 1999 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Measurement of IREB-driven strong Langmuir field using electron beam probing technique R. Ando, 他4名 Proc. 13th Int. Conf. High-Power Particles Beams 893-896頁 2001 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Measurement of polarization of atomic helium lines due to strong caviton fields caused by IREB-plasma interactions M. Yoshikawa, 他4名 3rd US-Japan Workshop on Plasma Polarization Spectroscopy -巻 -号 -頁 2001 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Measurement of spatial distribution of the nonlinear collapsing wave packets by an electron beam shadowgraph R. Ando, 他8名 Research Report NIFS-PROC-50 163-172頁 2001 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Measurement of strong Langmuir turbulence fields using an electron beam probe R. Ando, 他4名 Research Report NIFS-PROC-39 37-42頁 1998 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Microwave radiation from IREB-plasma interaction in a dielectric-lined waveguide immersed in a finite axial magnetic field H. Tsukuda, 他7名 Proc. 13th Int. Conf. High-Power Particles Beams, (Nagaoka Japan, 2000) 746-749頁 2001 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Broadband millimeter-wave radiation from a beam driven strong turbulence Y. Yoshida, 他4名 Research Report NIFS-PROC-36 140-149頁 1997 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Revisit to current multiplication due to intense relativistic beam-plasma interaction N. Toyosugi, 他4名 Proc. 13th Int. Conf. High-Power Particles Beams 865-868頁 2001 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Two-stage autoacceleration of an intense relativistic electron beam using doubled second stage D. Hasegawa, 他4名 Research Report NIFS-PROC-42 211-219頁 2000 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 空洞を用いた大強度電子ビームのエネルギー電流・波形制御 電気学会論文誌A 125巻 209-214頁 2005/03 査読有 原著論文
  • 5 GHz superradiance using intense electron beams with modified energy waveforms 平成1 7 年度核融合科学研究所共同研究「パルスパワーと粒子ビーム技術の最前線」報告書. NIFS-PROC-64巻  79-85頁 2006 査読無 原著論文
  • Electron beam shadowgraph for the study of the strong turbulent plasma. R. Ando, 他7名 Journal of 7巻 4号 182-186頁 2002 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Relation between beam modulation and millimeter-wave radiation from a strong beam-turbulent plasma H. Yoshida, 他5名 Research Report NIFS-PROC-39 43-52頁 1998 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Measurement of strong Langumuir turbulence fields using an electron beam probe R. Ando, 他4名 Proc. 12th Int. Conf. High-Power Particles Beams 1巻 361-364頁 1999 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Two-stage autoacceleration of an Intense relativistic electron beam D. Hasegawa, K. Kamada, K. Shimizu, M. Miyamoto, R. Ando and M. Masuzaki Research Report NIFS-PROC-39 53-62頁 1998 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「「ギガワット級・短パルス・マイクロ波」の輸送とプラズマ生成への応用」(2005-) 代表者
○基盤研究(C)「大強度電子ビーム・プラズマ相互作用後の残留強静電場の電子ビームプローブによる測定」(1999-) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「大強度相対論的電子ビームによって生じるラングミュア乱流の可視化」(1995-) 代表者

学域・学類担当授業科目

○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○物理実験1(2017)
○物理実験2(2017)
○プラズマ物理学(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○物理学実験(2017)
○物理学Ⅱ(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○プラズマ物理学(2016)
○物理実験2(2016)
○物理実験1(2016)
○物理学実験(2016)
○物理学実験(2015)
○物理実験1(2015)
○物理実験2(2015)
○プラズマ物理学(2015)
○物理学実験(2014)
○物理実験1(2014)
○物理実験2(2014)
○プラズマ物理学(2014)

大学院担当授業科目

○課題研究B平成29年度入学生用(2017)
○プラズマ波動論(2017)
○プラズマ波動論(2017)
○プラズマ波動論(2017)
○プラズマ波動論(2017)
○ゼミナールB平成29年度入学生用(2017)
○プラズマ物理学a(2017)
○プラズマ物理学b(2017)
○宇宙・プラズマ物理学b(2017)
○演習B平成29年度入学生用(2017)
○宇宙・プラズマ物理学a(2017)
○プラズマ物理学a(2016)
○ゼミナールB平成28年度入学生用(2016)
○宇宙・プラズマ物理学b(2016)
○宇宙・プラズマ物理学a(2016)
○演習B平成28年度入学生用(2016)
○課題研究B平成28年度入学生用(2016)
○プラズマ物理学b(2016)
○プラズマ波動論(2016)
○ゼミナールB平成27年度入学生用(2015)
○宇宙・プラズマ物理学(2015)
○プラズマ波動論(2015)
○演習B平成27年度入学生用(2015)
○課題研究B平成27年度入学生用(2015)
○プラズマ物理学(2015)
○プラズマ波動論(2014)
○プラズマ波動論(2014)
○高エネルギー密度プラズマ物理学(2014)
○荷電粒子流応用(2014)
○宇宙・プラズマ物理学(2014)
○プラズマ物理学(2014)
○演習B平成26年度入学生用(2014)
○ゼミナールB平成26年度入学生用(2014)
○課題研究B平成26年度入学生用(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○金沢市弥生小学校(2013-) PTA役員、野町小・弥生小統合準備委員兼任
○金沢市弥生小学校(2011-2013) 学校関係者評価委員として学校の運営に参加する。
○弥生校下少年連盟(2010-) 副委員長として地域の子供会活動(小、中学生対象)に貢献する。子供提灯行列、立志の集い、ほか各種の年間行事を地域の小学校、中学校、金沢市子供会連合会などと連携して進める。
○金沢市弥生小学校(2010-2011) PTA委員として学校の運営に貢献する。弥生っ子パパ代表。
○金沢市弥生公民館(2009-) 運営委員として地域の連携活動に貢献する。
○弥生校下少年連盟(2007-2009) 組織のまとめ役の育成委員長として地域の子供会活動(小、中学生対象)に貢献する。子供提灯行列、立志の集い、ほか各種の年間行事を地域の小学校、中学校、金沢市子供会連合会などと連携して進める。

このページの先頭へ