本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

青木 真由美 (あおき まゆみ) 准教授 AOKI Mayumi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 数物科学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 数物科学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻 理論物理学講座
【大学院後期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻 物理学講座

所属研究室等

理論物理学研究室

学歴

職歴

生年月

所属学会

日本物理学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

専門分野キーワード

ニュートリノ、ヒッグスボソン、暗黒物質

研究課題

著書

論文

  • Implications of Two-component Dark Matter Induced by Forbidden Channels and Thermal Freeze-out M. Aoki and T. Toma JCAP1701, no.01, 042 (2017)
  • Testing neutrino mass generation mechanisms from the lepton flavor violating decay of the Higgs boson M. Aoki, S. Kanemura, K. Sakurai, H. Sugiyama  Phys.Lett. B763 (2016) 352-357
  • A model realizing inverse seesaw and resonant leptogenesis M. Aoki, N. Haba, R. Takahashi PTEP 2015 (2015) no.11, 113B03
  • Nambu-Goldstone Dark Matter in a Scale Invariant Bright Hidden Sector Y. Ametani, M. Aoki, H. Goto, J. Kubo  Phys.Rev. D91 (2015) no.11, 115007
  • Non-thermal Production of Minimal Dark Matter via Right-handed Neutrino Decay M. Aoki, T. Toma, A. Vicente JCAP1509 (2015) 063

全て表示

  • Multicomponent Dark Matter in Radiative Seesaw Model and Monochromatic Neutrino Flux M. Aoki, J. Kubo, H. Takano Phys. Rev. D90 (2014) 076011
  • Impact of Semi-annihilation of Z3 Symmetric Dark Matter with Radiative Neutrino Masses M.Aoki, T.Toma JCAP1409 (2014) 016
  • Reconstruction of Inert Doublet Scalars at the International Linear Collider  M.Aoki, S.Kanemura, H.Yokoya Phys.Lett. B725 (2013) 302-309
  • A two-loop radiative seesaw with multicomponent Dark Matter explaining the possible gamma excess in the Higgs decay and at the Fermi LAT  M.Aoki, J.Kubo, H.Takano Phys.Rev. D87 (2013) 116001
  • Radiative corrections to the Higgs boson couplings in the triplet model M.Aoki, S.Kanemura, M.Kikuchi, K.Yagyu  Phys.Rev. D87 (2013) 015012
  • Multi-Component Dark Matter Systems and Their Observation Prospects M.Aoki, M.Duerr, J.Kubo, H.Takano Phys.Rev. D86 (2012) 076015
  • Renormalization of the Higgs Sector in the Triplet Model M.Aoki, S.Kanemura, M.Kikuchi, K.Yagyu Phys.Lett. B714 (2012) 279-285
  • Impact of Inert Higgsino Dark Matter  M.Aoki, J.Kubo, T.Okawa, H.Takano Phys.Lett. B707 (2012) 107-115
  • Testing the Higgs triplet model with the mass difference at the LHC  M.Aoki, S.Kanemura, K.Yagyu Phys.Rev. D85 (2012) 055007
  • Decoupling property of the supersymmetric Higgs sector with four doublets  M.Aoki, S.Kanemura, T.Shindou, K.Yagyu JHEP 1111 (2011) 038
  • Doubly-charged scalar bosons from the doublet  M.Aoki, S.Kanemura, K.Yagyu Phys.Lett. B702 (2011) 355-358
  • Light Charged Higgs bosons at the LHC in 2HDMs  M.Aoki, R.Guedes, S.Kanemura, S.Moretti, R.Santos, K.Yagyu Phys.Rev. D84 (2011) 055028
  • Triviality and vacuum stability bounds in the three-loop neutrino mass model  M.Aoki, S.Kanemura, K.Yagyu Phys.Rev. D83 (2011) 075016
  • An R-parity conserving radiative neutrino mass model without right-handed neutrinos  M.Aoki, S.Kanemura, T.Shindou, K.Yagyu JHEP 1007 (2010) 084
  • Probing the Majorana nature of TeV-scale radiative seesaw models at collider experiments M.Aoki, S.Kanemura Phys.Lett. B689 (2010) 28-35
  • Multi-Higgs portal dark matter under the CDMS II results  M.Aoki, S.Kanemura, O.Seto Phys.Lett. B685 (2010) 313-317
  • A Model of TeV Scale Physics for Neutrino Mass, Dark Matter and Baryon Asymmetry and its Phenomenology  M.Aoki, S.Kanemura, O.Seto Phys.Rev. D80 (2009) 033007
  • Models of Yukawa interaction in the two Higgs doublet model, and their collider phenomenology  M.Aoki, S.Kanemura, K.Tsumura, K.Yagyu Phys.Rev. D80 (2009) 015017
  • Neutrino mass, Dark Matter and Baryon Asymmetry via TeV-Scale Physics without Fine-Tuning  M.Aoki, S.Kanemura, O.Seto Phys.Rev.Lett. 102 (2009) 051805

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)(一般)「非標準的な消滅過程を伴う軽い暗黒物質による新物理探索」(2017-) 代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「スカラーセクターとフレーバー構造から探るニュートリノ質量起源」(2016-) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「多成分暗黒物質で探る新物理の研究」(2013-2016) 代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「輻射シーソー機構と宇宙の暗黒セクター」(2014-2015) 代表者
○基盤研究(B)「ヒッグス物理の理論研究と加速器実験での検証によるテラスケール新物理理論の決定 」(2012-2014) 分担者
○若手研究(B)「ニュートリノ質量と素粒子的宇宙論の諸問題を説明する標準模型の拡張理論」(2010-2012) 代表者

学域・学類担当授業科目

○力学演習2(2017)
○電磁気学演習1(2017)
○量子力学演習2(2017)
○力学演習2(2016)
○電磁気学演習1(2016)
○熱統計力学演習1(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○熱統計力学演習1(2015)
○力学演習2(2015)
○数物科学の世界(2015)
○数物科学最前線(2015)
○電磁気学演習1(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○初学者ゼミ(2014)
○熱統計力学演習1(2014)
○力学演習2(2014)

大学院担当授業科目

○課題研究B平成29年度入学生用(2017)
○ヒッグスの物理(2017)
○ヒッグスの物理(2017)
○ヒッグスの物理(2017)
○ヒッグスの物理(2017)
○理論物理学Ⅰb(2017)
○理論物理学基礎a(2017)
○ゼミナールB平成29年度入学生用(2017)
○理論物理学Ⅰa(2017)
○理論物理学Ⅱa(2017)
○理論物理学基礎b(2017)
○理論物理学Ⅱb(2017)
○演習B平成29年度入学生用(2017)
○物理学特別講義(ハドロンコライダー実験の最先端)(2016)
○理論物理学基礎a(2016)
○演習B平成28年度入学生用(2016)
○理論物理学Ⅰb(2016)
○理論物理学Ⅰa(2016)
○課題研究B平成28年度入学生用(2016)
○理論物理学Ⅱ(2016)
○理論物理学基礎b(2016)
○ゼミナールB平成28年度入学生用(2016)
○理論物理学基礎(2015)
○理論物理学Ⅱ(2015)
○理論物理学Ⅰ(2015)
○ゼミナールB平成27年度入学生用(2015)
○演習B平成27年10月入学者用(2015)
○課題研究B平成27年度入学生用(2015)
○ゼミナールB平成27年10月入学者用(2015)
○演習B平成27年度入学生用(2015)
○課題研究B平成27年10月入学者用(2015)
○理論物理学基礎(2014)
○理論物理学Ⅰ(2014)
○理論物理学Ⅱ(2014)
○ゼミナールB平成26年度入学生用(2014)
○演習B平成26年度入学生用(2014)
○課題研究B平成26年度入学生用(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ