本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年04月01日

趙 菁 (ちよう せい) 准教授 CHO Sei

メール

所属組織・役職等

国際基幹教育院

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 国際学類 アジアコース

所属研究室等

 TEL:076-264-5851 FAX:076-264-5993

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 社会環境科学研究科 国際社会環境学 2002/02 単位取得満期退学
金沢大学 文学研究科 文学 1998/03 修了
【出身大学】
西安外国語大学 旅遊学部 日本語 1995/07 卒業
【取得学位】
修士(文学) ・博士(文学)

職歴

生年月

所属学会

ASLE-Japan/文学・環境学会
日本近世文学会
日本医学哲学・倫理学会
日本比較文学会
東方学会
鈴木朖学会
日本道教学会

学内委員会委員等

○H29年度派遣留学1次募集面接語学評価委員(2016-)
○共通教育委員会 委員(2014-2016)
○予算委員 委員(2012-2013)
○職場連絡員 委員(2012-2012)
○広報・社会貢献企画部 委員(2012-2013)

受賞学術賞

専門分野

日本文学、外国語教育、文学一般

専門分野キーワード

江戸時代の養生論

研究課題

鈴木朖の養生論における儒学の受容に関する研究と関連著作の注釈書の作成

江戸時代の養生論の現代的意義に関する研究ー国学者の養生論における養生と教養の関係

著書

  • (中国国家基金項目)『大中華文庫 西廂記 中日対照』 世界図書出版公司 2016 翻訳書 監修 趙菁
  • アカンサス初級中国語 金沢電子出版 2011/03 原著書 共著 杉村安幾子、矢淵孝良
  • アカンサス中国語 2006/04 原著書 共著 杉村安幾子、矢淵孝良

論文

  • 【書評】NUMBERS AND NERVES: Information, Emotion and Meaning in a World of Data Edited by Scott Slovic and Paul Slovic 趙菁 文学と環境 18号 2016/08 査読有
  • 汚染時代の保養―原発事故の対応を江戸の養生文化より考える 趙 菁 言語文化論叢 20 号 201-215頁 2016/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • -「欠食」時代の養生、「崩食」時代の保養―保養で子供を守るべしー 趙 菁 文学・環境学会  2015/06/30 査読有 その他
  • 「アクティブ・ラーニングの実践における反転的授業の試み-初級中国語会話授業の授業デザイン・授業報告-」  『外国語教育フォーラム』第9号  2015/03
  • 鈴木朖の養生論における人間形成   ―『養生要論』の「貧窮下賤の身のうへに倣(ならふ)にあり」の真意を追求して―  言語文化論叢 第17号号 2013/03 原著論文

全て表示

  • 中国の小学校における英語教育の実情 ―上海の小学校を例に―  外国語教育フォーラム 第5号号 2013/03 原著論文
  • 「鈴木朖の『続養生要論』(二)」 『言語文化論叢』 16号号 2012/03
  • 「江戸の健康観から学ぶもの―「不憂不懼」と「厠」―国学者の養生論」  『大地』 48号号 2011/12
  • 「鈴木朖の『続養生要論』(一)」 『言語文化論叢』15号 2011/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • シャドーイング法の初級中国語教育への応用―教室におけるシャドーイングの実践を中心に―  『外国語教育論集』第3号 2009/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 江戸時代の国学者の「心ノ声」―「テニヲハ」との関連において 『漢日理論語言学研究』 2009/06 査読有 原著論文
  • 中国語連携授業に関するアンケート結果報告 『外国語教育論集』第1号 2007/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 教室における第二言語学習-中国語によるミニスピーチの授業実践報告(中級クラス) 『言語文化論叢』第11号 2007/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 内なる他者との融合 ―鈴木朖の『離屋集初編』をめぐって― 趙菁 言語文化論叢 7号 2004/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 江戸時期的自他認識―以鈴木朖的“自然"“使然"為中心― 趙菁 日語研究 2号 2004/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 鈴木朖の国語学史上における評価の変遷について 趙菁 言語文化論叢 7号 174-191頁 2003/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 鈴木朖の『少女巻抄注』について 趙 菁 社会環境研究 6号 69-77頁 2001/03 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 鈴木朖の『少女巻抄注』における注釈の特性 趙 菁 金沢大学国語国文 26号 69-77頁 2001/02 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 鈴木朖の日本語認識―『言語四種論』『雅語音声考』の「心ノ声」「心アル音声」「心ナキ音声」を追求して 趙 菁 社会環境研究 5号 185-193頁 2000/03 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 鈴木朖の数詞研究と副詞―『言語四種論』の「体ノ詞」と「テニヲハ」をめぐって 趙 菁 文莫 22号 15-21頁 1998/06 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 鈴木朖の品詞分類における数詞―『言語四種論』の「体ノ詞」と「テニヲハ」から― 趙 菁 金沢大学国語国文 23号 59-66頁 1998/02 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 江戸時代の養生論についての研究(会議名:人間文化研究機構・広領域連携型基幹研究プロジェクト『アジアにおける「エコヘルス」研究の新展開』― アジア健康研究の過去・現在・未来 ―)(2017/01/30)
  • Searching for Therapeutic Landscapes in the Era of Health Endangerment(会議名:Symposium on S-F* and Planetary Healing)(2016/11/12)
  • Situating Healing in the Era of Nuclear Pollution: How wellbeing is sustained through PLACE(2016/11/04)
  • 養生論の雅俗融合過程に見る人体認識の変遷:「家」に喩えられた身体を中心に(会議名:人間文化研究機構・広領域連携型基幹研究プロジェクト『アジアにおける「エコヘルス」研究の新展開』)(2016/11/03)
  • Place,Word,and Health: Yojo/Yangsheng (養生) Culture in the Pollution Era(2016/04/01)

全て表示

  • 養生所・保養所の変遷から「養生」を考える(会議名:アジアにおける健康と環境研究会「東アジアにおける「健康」の歴史研究)(2015/10/26)
  • 近世の養生論における養生の目的の変遷 (会議名:「“健康”の歴史性:「健康」「衛生」概念の歴史的変遷」研究会、NIHU基幹研究プロジェクト予備研究(地球研)・「エコヘルス」                       )(2015/01/22)
  • ?2007中日理論言語学研究国際フォーラム「江戸時代の国学者の「心ノ声」−テニヲハとの関連において」(2007/8) ?第21回鈴屋学会大会「『離屋学訓』の「言語ノ学」について ―『初山踏』との比較検討―」(2004/6)(2008)
  • 「鈴木朖の養生観―「貧窮下賤の身のうへに倣(ならふ)にあり」の視角から―」(会議名:第29回鈴屋学会大会)(2012)
  • 江戸時代の養生論における君子賢人―鈴木朖の場合―(会議名:日本比較文学会2013年度関西大会)(2013/11/16)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)(一般)「鈴木朖の養生論における儒学の受容に関する研究と関連著作の注釈書の作成」(2014-2016)
○若手研究(B)「江戸時代の養生論の現代的意義に関する研究」(2009-) 代表者
○基盤研究(C)「鈴木朖の養生論における儒学の受容に関する研究と関連著作の注釈書の作成」(2014-2017) 代表者

学域・学類担当授業科目

○中国語A(充実クラスⅡ)(2016)
○中国語A(充実クラスⅡ)(2016)
○ビジネス中国語(2016)
○中国語C(2016)
○中国語A4(2016)
○中国語A4(2016)
○中国語B(2016)
○中国語A2(2016)
○中国語A(充実クラスⅡ)(2016)
○中国語C(2015)
○中国語B(2015)
○中国語A4(2015)
○中国語A2(2015)
○中国語A2(2015)
○中国語A(充実クラスⅡ)(2014)
○中国語A2(2014)
○中国語A4(2014)
○中国語A4(2014)
○中国語C(2014)
○中国語B(2014)
○中国語B(2014)
○中国語B(2014)
○中国語A2(2014)
○中国語A2(2014)
○中国語A4(2014)
○ビジネス中国語(2014)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

○アクティブ・ラーニングの実践における反転的授業の試み(2015)
○シャドーイング法の初級中国語教育への応用(2009)

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○江戸時代の健康観―養生論に見る人体認識
○江戸時代の養生論
○江戸時代の養生論
○江戸時代の養生論

その他公的社会活動

○国際ロータリ第2610地区米山記念奨学会学友会(2012-2013) 会長、学友会運営
○中部新華人華僑会(2005-) 理事

このページの先頭へ