本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年07月22日

渡邉 信嗣 (わたなべ しんじ) 准教授 WATANABE,Shinji

所属組織・役職等

ナノ生命科学研究所

教育分野

【学士課程】
理工学域 数物科学類 物理学コース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻

所属研究室等

学歴

職歴

独立行政法人科学技術振興機構 博士研究員(2006/04-2007/02)
独立行政法人科学技術振興機構 ERATO 平山核スピンエレクトロニクスプロジェクト 博士研究員(2009/04-2012/06)
東北大学 理学部理学研究科 助手(2007/03-2007/03)
金沢大学 新学術創成研究機構ナノ生命科学研究所 助教(2017/10-2020/06)
金沢大学 ナノ生命科学研究所 准教授(2020/07-)
東北大学 高等教育開発推進センター 助教(2007/04-2009/03)
金沢大学 理工研究域 バイオAFM先端研究センター 助教(2012/07-2017/09)

生年月

所属学会

電気化学会
日本物理学会
日本生物物理学会
応用物理学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○第6回東北大学全学教育貢献賞(2009/01)
○第8回ライフサイエンス研究交流セミナー, 最優秀ポスター賞(2017/12)

専門分野

イオン伝導顕微鏡、 生細胞計測

専門分野キーワード

生細胞イメージング,走査型プローブ顕微鏡,ナノピペット,走査型イオン伝導顕微鏡

研究課題

ナノサイエンス・ナノテクノロジーに資する走査型イオン伝導顕微鏡の開発

著書

  • M&BE分科会誌特集号(11月号) M&BE分科会誌特集号(11月号) 2020/11 分担執筆 渡辺信嗣
  • M&BE分科会誌 2018 分担執筆 渡辺信嗣

論文

  • Molecular Scale Structure and Kinetics of Layer-by-Layer Peptide Self-Organization at Atomically Flat Solid Surfaces Ayhan Yurtsever,Linhao Sun,Kaito Hirata,Takeshi Fukuma,Siddharth Rath,Hadi Zareie,Shinji Watanabe,Mehmet Sarikaya ACS Nano 17巻 8号 7311頁 2023/03/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Mapping Nanomechanical Properties of Basal Surfaces in Metastatic Intestinal 3D Living Organoids with High‐Speed Scanning Ion Conductance Microscopy Dong Wang,Han Gia Nguyen,Mizuho Nakayama,Hiroko Oshima,Linhao Sun,Masanobu Oshima,Shinji Watanabe Small 2206213頁 2022/12/11 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • In Situ Visualization of Dynamic Cellular Effects of Phospholipid Nanoparticles via High-Speed Scanning Ion Conductance Microscopy Kenry,Linhao Sun,Trifanny Yeo,Eshu Middha,Yuji Gao,Chwee Teck Lim,Shinji Watanabe,Bin Liu Small 2203285頁 2022/08/10 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Recent Advances in the Glass Pipet: from Fundament to Applications Yuanshu Zhou,Linhao Sun,Shinji Watanabe,Toshio Ando Analytical Chemistry 94巻 1号 324頁 2022/01/11 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Nano-scale physical properties characteristic to metastatic intestinal cancer cells identified by high-speed scanning ion conductance microscope Dong Wang,Linhao Sun,Satoru Okuda,Daisuke Yamamoto,Mizuho Nakayama,Hiroko Oshima,Hideyuki Saito,Yuta Kouyama,Koshi Mimori,Toshio Ando,Shinji Watanabe,Masanobu Oshima Biomaterials 280巻 121256頁 2022/01 査読有 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • An ultrafast piezoelectric Z-scanner with a resonance frequency above 1.1 MHz for high-speed atomic force microscopy Masahiro Shimizu,Chihiro Okamoto,Kenichi Umeda,Shinji Watanabe,Toshio Ando,Noriyuki Kodera Review of Scientific Instruments 93巻 1号 013701頁 2022/01/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Geometrical Characterization of Glass Nanopipettes with Sub-10 nm Pore Diameter by Transmission Electron Microscopy Analytical Chemistry 92巻 23号 15388頁 2020/12/01 研究論文(学術雑誌) 
  • Architecture of zero-latency ultrafast amplitude detector for high-speed atomic force microscopy Kenichi Umeda,Chihiro Okamoto,Masahiro Shimizu,Shinji Watanabe,Toshio Ando,Kodera,Noriyuki Applied Physics Letters 119巻 18号 181602頁 2021/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • An ultra-wide scanner for large-area high-speed atomic force microscopy with megapixel resolution Arin Marchesi,Kenichi Umeda,Takumi Komekawa,Takeru Matsubara,Holger Flechsig,Toshio Ando,Shinji Watanabe,Noriyuki Kodera,Clemens M. Franz Scientific Reports 11巻 1号 2021/06 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Development of high-speed ion conductance microscopy. The Review of scientific instruments 90巻 12号 123704頁 2019/12/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Thermally Driven Approach To Fill Sub-10-nm Pipettes with Batch Production Analytical Chemistry 91巻 21号 14080頁 2019/11/05 研究論文(学術雑誌) 
  • High-speed XYZ-nanopositioner for scanning ion conductance microscopy Applied Physics Letters 111巻 11号 113106頁 2017/09/11 研究論文(学術雑誌) 
  • Localized NMR Mediated by Electrical-Field-Induced Domain Wall Oscillation in Quantum-Hall-Ferromagnet Nanowire NANO LETTERS 16巻 3号 1596頁 2016/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Anisotropic nuclear-spin diffusion in double quantum wells PHYSICAL REVIEW B 91巻 11号 2015/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Nuclear magnetometry studies of spin dynamics in quantum Hall systems PHYSICAL REVIEW B 90巻 23号 2014/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Microscopic characteristics of dynamic nuclear polarization and selective nuclear depolarization at the nu=2/3 spin phase transition APPLIED PHYSICS LETTERS 101巻 16号 2012/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Spin phase transition studies to probe spin dynamics in quantum Hall system Journal of Physics: Conference Series 456巻 1号 2013 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • All electrical probe of nuclear spin polarization and relaxation by spin phase transition peaks of the filling fraction nu=2/3 quantum hall effect JOURNAL OF THE KOREAN PHYSICAL SOCIETY 60巻 10号 1676頁 2012/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Observation of strains caused by heterostructure interfaces PHYSICA STATUS SOLIDI C: CURRENT TOPICS IN SOLID STATE PHYSICS, VOL 8, NO 2 8巻 2号 2011 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • Nuclear spin polarization and relaxation probed by spin phase transition peak PHYSICA STATUS SOLIDI C: CURRENT TOPICS IN SOLID STATE PHYSICS, VOL 7, NO 10 7巻 10号 2010 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • Strains in heterostructures detected by standard NMR PHYSICA E-LOW-DIMENSIONAL SYSTEMS & NANOSTRUCTURES 42巻 4号 1007頁 2010/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Magnetic-field gradient in nanostructures detected by nuclear spins PHYSICA E-LOW-DIMENSIONAL SYSTEMS & NANOSTRUCTURES 42巻 4号 1004頁 2010/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Direct observation of local magnetic field generated by micromagnet APPLIED PHYSICS LETTERS 92巻 25号 2008/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Spectroscopic study of nuclear magnetic resonance induced by oscillating electron spin domain walls PHYSICA E-LOW-DIMENSIONAL SYSTEMS & NANOSTRUCTURES 42巻 4号 999頁 2010/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Direct observation of Si-29 nuclear-spin decoherence process Realizing Controllable Quantum States 1巻 1号 473頁 2005 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • Dynamical suppression of nuclear-spin decoherence time in Si and GaAs using inversion pulses JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS 310巻 2号 2167頁 2007/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Superconductivity driven by zigzag chain in Pr-based copper oxide evidenced by Cu-nuclear resonance JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS 310巻 2号 696頁 2007/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Evidence for antiferromagnetic order within the CuO2 planes in superconducting Pr2Ba4Cu7O14.5 LOW TEMPERATURE PHYSICS, PTS A AND B 850巻 1号 493頁 2006 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • Cu-spin dynamics at zigzag chain of superconducting and nonsuperconducting Pr247 compounds PHYSICA C-SUPERCONDUCTIVITY AND ITS APPLICATIONS 426巻 473頁 2005/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • (29)Si nuclear-spin decoherence process directly observed by multiple spin-echoes for pure and carrier-less silicon JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 2-LETTERS & EXPRESS LETTERS 42巻 11B号 L1350頁 2003/11 査読有 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • ナノスケールの生体分子の速い動きを直接観測できる革新的 ナノピペット顕微鏡の開発(会議名:第 5 回北陸銀行若手研究者助成金研究成果報告会)(2015/03/09)
  • 高速走査型イオン伝導顕微鏡の開発(会議名:日本顕微鏡学会走査プローブ顕微鏡分科会)(2015/12/06)
  • High-speed scanning ion conductance microscopy: a challenge to visualize structural dynamics on live cell / organelle membranes with sub-10 nm resolution(会議名:ゆらぎと構造の協奏 第3回領域研究会)(2016/06/18)
  • Functional extension of high-speed atomic force microscopy(会議名:International Scanning Probe Microscopy Conference (ISPM 2016))(2016/06/13)
  • 走査プローブ顕微鏡計測における機械学習によるノイズ処理の検討(会議名:NANOSPEC 2021)(2021/03/10)

全て表示

  • Development of nanoscale mapping of surface charge density of lipid membranes by high-speed ion conductance microscopy(会議名:第56回日本生物物理学会年会)(2018/09/16)
  • Observation of Morphological Changes in Nanostructures on Live Cell Surfaces by High Speed Ion Conductance Microscopy(会議名:第56回日本生物物理学会年会)(2018/09/16)
  • イオン伝導顕微鏡による生細胞表面の観察(会議名:日本生物物理学会中部支部講演会)(2018/03/05)
  • パッチクランプ機能付き高速AFMの開発(会議名:第59回日本生物物理学会年会)(2021/11/26)
  • 高速走査型イオン伝導顕微鏡の開発とその応用(会議名:日本顕微鏡学会バイオSPM研究会2022)(2023/02/19)
  • ナノピペットによる単一細胞解析技術(会議名:がん研究進展制御研究所セミナー)(2017/03/30)
  • 高速走査プローブ顕微鏡による生きた細菌表層の局所物性イメージング(会議名:第18回大腸菌研究会(2022))(2022/06/27)
  • Nanoscale visualization of cell membrane exposed to non-thermal atmospheric pressure plasma(会議名:第60回日本生物物理学会年会)(2022/09/30)
  • Elucidation of cell surface topography with plasma irradiation by scanning probe microscopy(会議名:2022年第69回応用物理学会春季学術講演会)(2022/03/25)
  • Probing and characterizing nano-bio interfaces by scanning ion conductance microscopy(会議名:4th NanoLSI Symposium)(2020/11/26)
  • 高速イオン伝導顕微鏡の開発(会議名:日本顕微鏡学会第41回関東支部講演会)(2017/02/25)
  • 高速イオン伝導顕微鏡の開発とその応用展開(会議名:第13回固体イオニクスセミナー)(2017/09/13)
  • ガラスナノピペットを用いた探針増強ラマン散乱(会議名:第67回応用物理学会春季学術講演会)(2020/03/15)
  • 高速イオン伝導顕微鏡の開発(会議名:(株)生体分子計測研究所セミナー)(2016/07/08)
  • Modulated 1/f^a Noise Behavior by Bias Voltage and Concentration Gradient in Conically Shaped Quartz Nanopipettes(会議名:2019年第66回応用物理学会春季学術講演会)(2019/03/10)
  • Nanoscale Mapping of Surface Charge Density of Lipid Membranes by Scanning Ion Conductance Microscopy(会議名:ACSIN-14 & ICSPM26)(2018/10/23)
  • A novel approach for making electrical contact of pipettes for high spatial resolution scanning ion conductance microscopy(会議名:International Symposium on Atomic Force Microscopy at Solid-Liquid Interfaces)(2017/11/09)
  • 高速イオン伝導顕微鏡による生細胞表層のナノスケール物性マッピング(会議名:2019年日本表面真空学会学術講演会)(2019/10/28)
  • Improvements in Fundamental Performance of Scanning Ion Conductance Microscope for Visualizing Morphological Changes in Biological Samples with Nanoscale(会議名:ICSPM25 (25th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy))(2017/12/07)
  • Development of High-Speed Ion Conductance Microscopy for Visualizing Morphological Changes in Biological Samples with Nanoscale Resolution(会議名:SFS2017 International Symposium on Fluctuation and Structure out of Equilibrium 2017)(2017/11/21)
  • 走査型イオン伝導顕微鏡探針のイオン電流検出感度の向上(会議名:第81回応用物理学会秋季学術講演会)(2020/09/10)
  • Fine Control of Tip Geometries by Asymmetric Wet Etching for Scanning Ion Conductance Microscopy(会議名:29th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy (ICSPM29))(2021/12/09)
  • 高速イオン伝導顕微鏡による脂質膜のナノ計測(会議名:2019年第66回応用物理学会春季学術講演会)(2019/03/11)
  • 走査型プローブ顕微鏡の時間分解能向上に向けた水平走査制御手法の開発(会議名:日本生物物理学会中部支部講演会)(2018/03/05)
  • High-speed ion conductance microscope to reveal the nanoscale physical properties of metastatic intestinal cancer cells(会議名:第81回日本癌学会学術総会)(2022/09/29)
  • Morphological Dynamics and Mechanics of Drug-Stimulated Living Cell Visualized by High Speed Scanning Ion Conductance Microscope (HS-SICM)(会議名:33rd International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2020))(2019/10/29)
  • Nanoscale imaging of plasma-exposed cell membrane using scanning probe microscopy(会議名:The 83rd JSAP Autumn Meeting 2022)(2022/09/20)
  • 走査型プローブ顕微鏡への機械学習を用いた信号処理アルゴリズムの導入(会議名:第82回応用物理学会秋季学術講演会)(2021/09/22)
  • Nanoscale visualization of live cell surface by high-speed ion conductance microscopy(会議名:Joint USBI-NanoLSI workshop)(2019/11/20)
  • カーボンナノチューブを利用したSICMプローブの作成(会議名:第65回応用物理学会春季学術講演会)(2018/03/18)
  • Quantitative measurements of the spatial profile of elastic modulus of living cell surface and their dynamics(会議名:Phys2BioMed winter workshop)(2022/01/21)
  • 走査プローブ顕微鏡の性能向上を目指した機械学習によるノイズ処理の検討(会議名:第68回応用物理学会春季学術講演会)(2021/03/17)
  • 高速走査型イオン伝導顕微鏡による表面電荷イメージング(会議名:第80回応用物理学会秋季学術講演会)(2019/09/19)
  • Improvement in Dynamic Motion in a Hopping-Mode Scanning Ion Conductance Microscopy by a Feedforward- Multiple-Pulse Sequence(会議名:29th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy (ICSPM29))(2021/12/09)
  • 帯域増幅機構を用いた逆伝達補償法によるスキャナ応答の改善(会議名:2022年第83回応用物理学会秋季学術講演会)(2022/09/20)
  • Controlling Inner Diameter of Nanopipette Tip for High-Resolution Ion Conductance Microscope(会議名:International Symposium on Atomic Force Microscopy at Solid-Liquid Interfaces)(2017/11/09)
  • High-speed ion conductance microscopy for visualizing morphological changes in biological samples with nanoscale resolution(会議名:International Symposium on Atomic Force Microscopy at Solid-Liquid Interfaces)(2017/11/09)
  • パッチクランプ高速AFMの開発に向けて(会議名:生物物理学会中部支部会)(2020/03/05)
  • イオン伝導顕微鏡で出来ること及び技術的な課題に関する考察(会議名:バイオソフトマター夏の研究会)(2018/08/07)
  • 高速走査型イオン伝導顕微鏡による 生細胞表層ナノ力学動態の可視化(会議名:ナノ科学シンポジウム2022)(2022/11/18)
  • 複数遅延半波制御による高速スキャン制御の開発(会議名:第82回応用物理学会秋季学術講演会)(2021/09/22)
  • 走査型イオン伝導顕微鏡による脂質膜の表面電荷密度の高速検出(会議名:第79回応用物理学会秋季学術講演会)(2018/09/19)
  • Mapping of surface charge by high speed ion conductance microscopy(会議名:第57回日本生物物理学会年会)(2019/09/25)
  • 高速イオン伝導顕微鏡による細胞表層物性のナノスケールマッピング(会議名:第67回応用物理学会春季学術講演会)(2020/03/14)
  • Visualization and Characterization of Biological Mebrane Structures using High-Speed Ion Conductance Microscopy(会議名:The 2nd NanoLSI International Symposium)(2018/11/19)
  • 高速SICMのための超低雑音広帯域トランスインピーダンスアンプの開発(会議名:第70回応用物理学会春季学術講演会)(2023/03/16)
  • High-speed Ion Conductance Microscope(会議名:The 1st NanoLSI International Symposium)(2018/02/21)
  • Improvement of high-speed AFM scanner with manipulator(会議名:第57回日本生物物理学会年会)(2019/09/25)
  • バイオ物質をリアルタイムで観察する!(会議名:新潟大学振興会技術講演会)(2018/06/20)
  • Morphological Changes in Nanostructures on Living Cell Surface Captured by High-Speed Ion Conductance Microscopy(会議名:ACSIN-14 & ICSPM26)(2018/10/23)
  • 特徴空間フィルタによる走査型プローブ顕微鏡計測の信号雑音比の改善(会議名:2022年第83回応用物理学会秋季学術講演会)(2022/09/20)
  • Exploring 1/f noise behavior of ion current in a single channel of conically shaped pipette filled with electrolyte solution(会議名:第65回応用物理学会春季学術講演会)(2018/03/17)
  • Investigation of plasma effect on cell surface morphology using scanning probe microscopy(会議名:第70回応用物理学会春季学術講演会)(2023/03/16)
  • SICMを用いたがん細胞の評価(会議名:ナノプローブテクノロジー第167委員会、第104回研究会)(2022/11/11)
  • High-speed ion conductance microscope to reveal the nanoscale physical properties of metastatic intestinal cancer cells(会議名:第81回日本癌学会学術総会)(2022/09/30)
  • 水酸化カリウムウェットエッチングによるSICM探針の性能改善(会議名:第82回応用物理学会秋季学術講演会)(2021/09/13)
  • Visualization of nanomechanical responses of living cell surface captured by high-speed ion conductance microscope(会議名:ICSPM27)(2019/12/05)
  • オープニング:多次元計測技術とデータサイエンスの融合によるバイオイメージング・センシング技術の進展(会議名:第81回応用物理学会秋季学術講演会)(2020/09/09)
  • SICM による生細胞膜ナノ物性の定量評価(会議名:第68回応用物理学会春季学術講演会)(2021/03/17)
  • 高速イオン伝導顕微鏡で計測する生細胞界面のナノスケールの物理挙動(会議名:第9回分子モーター討論会)(2019/06/28)
  • 高速イオン伝導顕微鏡による細胞表面のナノ構造体の形態変化の観察(会議名:第79回応用物理学会秋季学術講演会)(2018/09/18)
  • High-speed ion conductance microscopy for studying biological samples(会議名:24th International Colloquium on Scanning Probe Microscop)(2016/12/16)
  • Real-time noise filtering utilized feature space in scanning ion conductance microscopy measurements(会議名:29th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy (ICSPM29))(2021/12/09)
  • 走査型イオン伝導顕微鏡による生細胞表面の機械的性質のマッピング(会議名:第80回応用物理学会秋季学術講演会)(2019/09/19)
  • Sub-10nmナノピペットのTEM観察とその電気抵抗の理論解析(会議名:第67回応用物理学会春季学術講演会)(2020/03/12)
  • A High-speed atomic force microscope for detailed time series analysis of cell surface dynamics(会議名:第57回日本生物物理学会年会)(2019/09/24)
  • ガラスナノピペットを用いた非標識単分子検出センサーの開発(会議名:第9回分子モーター討論会)(2019/06/28)
  • ガラスピペットを用いたナノ解像顕微鏡の開発(会議名:第8回ライフサイエンス研究交流セミナー)(2017/12/19)
  • 大学院修了生の企業での役割・仕事、博士後期課程での研究について(会議名:新潟大学キャリアフォーラム)(2016/07/08)
  • 高解像イオン伝導顕微鏡のためのナノピペットの先端形状制御(会議名:2017年第64回応用物理学会秋季学術講演会)(2017/09/08)
  • Mapping of mechanical property on live cell surface by scanning ion conductance microscope(会議名:第57回日本生物物理学会年会)(2019/09/25)
  • 高速イオン伝導顕微鏡の開発(会議名:M&BE分科会6月研究会)(2018/06/06)
  • 高速イオン伝導顕微鏡による生細胞のナノ計測(会議名:日本顕微鏡学会第75回学術講演会)(2019/06/19)
  • 高速SICMによる生細胞イメージング(会議名:学振167委員会 第91回研究会)(2019/04/11)
  • 高速イオン伝導顕微鏡による液中ナノイメージング技術とその応用(会議名:日本表面科学会中部支部研究会)(2017/11/24)
  • High-speed ion conductance microscopy for probing nanoscale surface properties of live cells(会議名:M&BE10)(2019/06/27)
  • 走査型イオン伝導顕微鏡による生きた細菌表層のナノスケール物性およびその動態の観察(会議名:第95回日本細菌学会総会)(2022/03/29)
  • 高速イオン伝導顕微鏡による生細胞表層ナノ物性の時空間動態解析(会議名:第81回応用物理学会秋季学術講演会)(2020/09/09)
  • モデル誤差補償器による高速制御のためのスキャナ制御の検討(会議名:第70回応用物理学会春季学術講演会)(2023/03/16)
  • Visualization of surface charge difference of lipid bilayers on mica substrate by scanning ion conductance microscopy(会議名:ICSPM27)(2019/12/05)
  • Nanoscale imaging of biological samples using high-speed ion conductance microscopy(会議名:ゆらぎと構造の協奏 第4回領域研究会)(2017/06/24)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

○プローブ走査機構、プローブ装置および走査プローブ顕微鏡(出願国名:国内,外国,特許協力条約より出願)(特許番号:特許6712812)
○液体充填方法、SICM用プローブの製造方法、SICM用プローブ及び SICM(出願国名:国内,外国,特許協力条約より出願)(特許番号:特許6950954)
○SICM用プローブの製造方法及びSICM用プローブ(出願国名:国内,外国,特許協力条約より出願)
○ガラスピペット及びその製造方法(出願国名:国内,外国,特許協力条約より出願)
○表面計測方法、イオン伝導顕微鏡およびプローブ(出願国名:国内,外国,特許協力条約より出願)(特許番号:特許7067760)
○電気生理学的解析を可能にした高速原子間力顕微鏡(出願国名:国内,外国,特許協力条約より出願)
○マニピュレータ機能付き高速原子間力顕微鏡(出願国名:国内,外国,特許協力条約より出願)
○表面計測方法、イオン伝導顕微鏡およびプローブ
○プローブ走査機構、プローブ装置および走査プローブ顕微鏡

共同研究希望テーマ

○生細胞表層のナノ解像度イメージング

科研費

○挑戦的研究(萌芽) 「リアルタイム特徴空間フィルタ技術による微小信号計測の革新」(2022-2023) 代表者
○基盤研究(B)(一般)「高速イオン伝導顕微鏡による極めて柔らかい細胞力学構造の時空間動態定量化技術の開発」(2021-2023) 代表者
○挑戦的研究(萌芽)「ガラスナノピペットを用いた単分子検出センサーの創成」(2018-2019) 代表者
○若手研究(A)「高速イオン伝導顕微鏡による生細胞界面のナノスケール物理動態の可視化」(2017-2020) 代表者
○若手研究(B)「イオン伝導顕微鏡による液中環境下での高速3次元ナノイ メージング技術の開発」(2014-2016)
○新学術領域研究(研究領域提案型)「ミトコンドリア分裂過程におけるナノスケール力学機械特性の時空間ダイナミクスの検出」(2016-) 代表者

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○熱統計力学演習2B(2022)
○電磁気学演習2a(2022)
○物理実験2(2022)
○電磁気学演習2b(2022)
○物理実験1(2022)
○物理実験2(2022)
○熱統計力学演習2A(2022)
○生物物理学(2022)
○物理実験1(2022)
○生物物理学(2022)
○生物物理学(2021)
○熱統計力学演習1(2021)
○電磁気学演習2(2021)
○物理実験1(2021)
○物理実験2(2021)
○アカデミックスキル(2021)
○プレゼン・ディベート論(2021)
○生物物理学(2020)
○物理実験2(2020)
○物理実験1(2020)
○電磁気学演習2(2020)
○熱統計力学演習1(2020)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2020)
○生物物理学(2019)
○電磁気学演習2(2019)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2019)
○熱統計力学演習1(2019)
○電磁気学演習2(2018)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2018)
○熱統計力学演習1(2018)
○電磁気学演習2(2017)
○熱統計力学演習1(2017)
○電磁気学演習2(2017)
○熱統計力学演習1(2016)
○熱統計力学演習1(2015)
○熱統計力学演習1(2014)
○熱統計力学演習1(2013)

大学院担当授業科目

○ナノ計測工学特論(2022)
○ナノ計測工学特論(2022)
○ナノ計測工学特論(2022)
○ナノ計測工学特論(2022)
○ナノ生物物理学A(2022)
○ナノ生物物理学B(2022)
○ナノ計測工学基礎(2022)
○生体分子ダイナミクスb(2022)
○生体分子ダイナミクスa(2022)
○生物・分子物理学b(2022)
○生物・分子物理学a(2022)
○生物物理学b(2022)
○科学機器活用法B(2022)
○科学機器活用法B(2022)
○科学機器活用法B(2022)
○生物物理学a(2022)
○生物・分子物理学b(2022)
○科学機器活用法B(2022)
○生物・分子物理学a(2022)
○科学機器活用法B(2021)
○生物物理学b(2021)
○生体分子ダイナミクスa(2021)
○ナノ計測工学基礎(2021)
○ナノ生物物理学A(2021)
○ナノ生物物理学B(2021)
○ナノ計測工学特論(2021)
○科学機器活用法B(2021)
○生物・分子物理学b(2021)
○生物物理学a(2021)
○課題研究B(2021)
○生物・分子物理学a(2021)
○ナノ生物物理学A(2020)
○ナノ科学概論(2020)
○ナノ科学概論(2020)
○ナノ科学概論(2020)
○ナノ科学概論(2020)
○生体分子ダイナミクスb(2020)
○生物・分子物理学b(2020)
○生物・分子物理学a(2020)
○生体分子ダイナミクスa(2020)
○ナノ生物物理学B(2020)
○ナノ計測工学基礎(2020)
○科学機器活用法B(2020)
○課題研究B(2020)
○生物物理学b(2020)
○生物物理学a(2020)
○生物・分子物理学b(2020)
○課題研究B(2020)
○生物・分子物理学a(2020)
○生物・分子物理学b(2019)
○課題研究B(2019)
○生物・分子物理学a(2019)
○生物・分子物理学(2019)
○生体分子ダイナミクス(2019)
○生物物理学a(2019)
○生物物理学b(2019)
○課題研究B(2019)
○演習B(2018)
○ゼミナールB(2018)
○課題研究B(2018)
○課題研究B平成29年度入学生用(2017)
○演習B平成29年度入学生用(2017)
○ゼミナールB平成29年度入学生用(2017)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○日本物理学会領域4領域運営委員(2012/04-2013/03)
○応用物理学会・有機分子バイオエレクトロニクス分科会幹事(2018/04-2020/03)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ