本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年06月19日

原島 愛 (はらしまあい) 助教 HARASHIMA, Ai

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系

教育分野

所属研究室等

金沢大学医薬保健研究域医学系血管分子生物学 TEL:076-265-2184

学歴

【取得学位】
博士(医学)

職歴

金沢大学医薬保健研究域医学系血管分子生物学 助教(2016/02-)
マイアミ大学シルベスター癌センター Assistant Scientist(2011/04-2012/12)
マイアミ大学シルベスター癌センター 博士研究員(2007/04-2011/03)
金沢大学脳・肝インターフェースメディシン研究センター 特任助教(2013/01-2016/01)
米国ハーバード大学医学部ジョスリン糖尿病センター 研究員(2018/01-2021/01)

生年月

所属学会

日本生化学会
国際メイラード学会 IMARS Highlights 編集委員(2021-2025)
日本メイラード学会 役員(2021-2025)

学内委員会委員等

○ヒトゲノム・遺伝子解析研究倫理審査委員会 委員(2016-2017)

受賞学術賞

○ポスター賞(2016/11/12)

専門分野

、、、、

専門分野キーワード

研究課題

著書

  • メイラード反応の機構・制御・利用 「AGE受容体RAGE」 シーエムシー出版 2016 原著書 共著 棟居聖一, 原島愛, 山本靖彦
  • 新時代の臨床糖尿病学(下)より良い血糖管理を目指して 「AGE-RAGE系」 日本臨床 2016/04/20 原著書 共著 原島 愛, 棟居聖一, 山本靖彦
  • 医学のあゆみ「AGEと敗血症性ショック」 医歯薬出版株式会社 2013/02/23 原著書 共著 原島 愛, 山本靖彦, 山本 博
  • 月刊糖尿病 「AGEs-RAGE系と糖尿病」 医学出版 2017/03/01 原著書 共著 原島 愛、棟居聖一、山本靖彦

論文

  • Dual nature of RAGE in host reaction and nurturing the mother-infant bond.  23巻 4号 2086頁 2022/02 査読有 総説
  • Use of cocultures to measure the blood-brain barrier permeability of oxytocin. 2384巻 247-255頁 2022/01 査読有 原著論文
  • Postprandial induction of neutrophil extracellular trap formation in the blood. 8巻 4号 183-189頁 2021/12 査読有 原著論文
  • An improved sample extraction method reveals that plasma receptor for advanced glycation end-products (RAGE) modulates circulating free oxytocin in mice. 146巻 170649頁 2021/09 査読有 原著論文
  • Dynamic switch of immunity and antitumor effects of metformin in rat spontaneous esophageal carcinogenesis.  71巻 4号 791-793頁 2021/04 査読有 原著論文

全て表示

  • Pyridoxamine improves diabetes-evoked delayed bone repair in mice.  Ugaji S, Kimura K, Yamamoto Y, Munesue S, Harashima A, Aikawa T, Yoshida Y, Hamada T, Hikichi T, Matsubara H, Tsuchiya H. J Transl Sci in press巻 in press号 in press頁 2021/03 査読有 原著論文
  • Receptor for advanced glycation end-products (RAGE) plays a critical role in retrieval behavior of mother mice at early postpartum. Gerasimenko M, Lopatina O, Munesue S, Harashima A, Yokoyama S, Yamamoto Y, Higashida H. Physiol Behav in press巻 in press号 in press頁 2021/03 査読有 原著論文
  • RAGE signaling antagonist suppresses mouse macrophage foam cell formation Nontaphat LEERACH, Seiichi MUNESUE, Ai HARASHIMA, Kumi KIMURA, Yu OSHIMA, Shuhei KAWANO, Mariko TANAKA, Akane NIIMURA, Natthiya SAKULSAK, Hiroshi YAMAMOTO, Osamu HORI, Yasuhiko YAMAMOTO BBRC in press巻 in press号 in press頁 2021/03 査読有 原著論文
  • Transport of oxytocin to the brain after peripheral administration by membrane-bound or soluble forms of receptors for advanced glycation end-products.  Munesue S, Liang MingKun, Harashima A, Zhong J, Furuhara K, Boitsova E, Cherepanov SM, Gerasimenko M, Yuhi T, Yamamoto Y, Higashida H.  J Neuroendocrinol  in press巻 in press号 in press頁 2021/03 査読有 原著論文
  • Glycation reaction and the role of the receptor for advanced glycation end-products in immunity and social behavior.  Leerach N, Harashima A, Munesue S, Kimura K, Oshima Y, Goto H, Yamamoto H, Higashida H, Yamamoto Y. Glycoconj J  in press巻 in press号 in press頁 2020 査読無 総説
  • Aquaporin 1 elicits cell motility and coordinates vascular bed formation by downregulating thrombospondin type-1 domain-containing 7A in glioblastoma. Oishi M, Munesue S, Harashima A, Nakada M, Yamamoto Y, Hayashi Y.  Cancer Med 9巻 11号 3904-3917頁 2020 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CD38, CD157 and RAGE as molecular determinants for social behavior. 9巻 1号 E62頁 2019 査読有 原著論文
  • Protective role of endogenous secretory RAGE against contact hypersensitivity in mouse ear skin. 6巻 4号 270頁 2019 査読有 原著論文
  • Neuroprotective effects of endogenous secretory receptor for advanced glycation end-products in brain ischemia.  in press巻 in press頁 2019 査読無 原著論文
  • Monitoring of heat shock response and phenotypic changes in hepatocellular carcinoma after heat treatment.  39巻 10号 5393頁 2019 査読有 原著論文
  • Clonal hematopoiesis by SLIT1-mutated hematopoietic stem cells due to a breakdown of the autocrine loop involving Slit1 in acquired aplastic anemia. 33巻 2732頁 2019 査読有 原著論文
  • Vascular RAGE transports oxytocin into the brain to elicit its maternal bonding behaviour in mice. Commun Biol  2巻 76頁 2019 査読有 原著論文
  • In vitro anticancer effects of a RAGE inhibitor discovered using a structure-based drug design system.  Oncology Lett 15巻 4号 4627-4634頁 2018 査読有 原著論文
  • Anti-tumor effects of a non-steroidal anti-inflammatory drug zaltoprofen on chondrosarcoma via activating peroxisome proliferator-activated receptor gamma and suppressing matrix metalloproteinase-2 expression.  Cancer Med 75巻 5号 1944-1954頁 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Citrullinated histone H3: early biomarker of neutrophil extracellular traps in septic liver damage.  J Surg Res  234巻 132-138頁 2018 査読有 原著論文
  • Intestinal transepithelial permeability of oxytocin into the blood is dependent on the receptor for advanced glycation end products in mice.  Sci Rep  in ress巻 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Low-dose paclitaxel suppresses the induction of M2 macrophages in gastric cancer. Oncology Rep 37巻 3341-3350頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Contribution of methylglyoxal to delayed healing of bone injury in diabetes. Mol Med Rep in press号 2017 査読有
  • Nurture vs. nature in diabetic vasculopathy: roles of advanced glycation endproducts and the receptor for them. 1264号 164-167頁 2004 査読無 総説
  • AGE-RAGE系 原島 愛,山本靖彦,山本 博 日本臨床 63号 62-66頁 2005 査読無 総説
  • Receptor for advanced glycation end products is a promising target of diabetic nephropathy. 1043号 562-566頁 2005 査読無 総説
  • Blockade of diabetic vascular injury by controlling of AGE-RAGE system. 6号 447-452頁 2005 査読無 総説
  • 糖尿病性腎症とRAGE 山本靖彦,原島 愛,米倉秀人,渡邉琢夫,山本 博 糖尿病カレントライブラリー 112-115頁 2006 査読無 総説
  • RAGE in diabetic nephropathy.  7号 752-757頁 2007 査読無 総説
  • AVAQ594-597 deletion of the TfR2 gene in a Japanese family with hemochromatosis.  26号 154-156頁 2003 査読有 原著論文
  • Compound load of copper and iron in the livers of pretreatment patients with wilson’s disease.  17号 65-73頁 2004 査読有 原著論文
  • Identification of mouse ortholog of endogenous secretory receptor for advanced glycation end-products. : structure, function and expression. 396号 109-115頁 2006 査読有 原著論文
  • RAGE control of diabetic nephropathy in a mouse model.: effects of RAGE gene disruption and administration of low-molecular weight heparin.  55号 2510-2500頁 2006 査読有 原著論文
  • hosphorylation of the NFAR proteins by the dsRNA-dependent protein kinase, PKR, constitutes a novel mechanism of translational regulation and cellular defense. 24号 2640-2653頁 2010 原著論文
  • Preventive effect of salicylate and pyridoxamine on diabetic nephropathy. 2016号 1786789頁 2016 査読有 原著論文
  • Short-chain aldehyde-derived ligands for RAGE and their actions on endothelial cells. 77号 S30-S40頁 2007 査読有 原著論文
  • cAMP ameliorates inflammation by modulation of macrophage receptor for advanced glycation end-products.  463巻 75-82頁 2014 査読有 原著論文
  • STING recognition of cytoplasmic DNA instingates cellular defense.  50巻 5-15頁 2013 査読有 原著論文
  • Tumor-associated macrophages of the M2 phenotype contribute to progression in gastric cancer with peritoneal dissemination. 19巻 4号 1052-65頁 2015 査読有 原著論文
  • Septic Shock Is Associated with Receptor for Advanced Glycation End Products Ligation of LPS Yamamoto, Yasuhiko;Harashima, Ai;Saito, Hidehito;Tsuneyama, Koichi;Munesue, Seiichi;Motoyoshi, So;Han, Dong;Watanabe, Takuo;Asano, Masahide;Takasawa, Shin;Okamoto, Hiroshi;Shimura, Satoshi;Karasawa, Tadahiro;Yonekura, Hideto;Yamamoto, Hiroshi JOURNAL OF IMMUNOLOGY 186巻 5号 3248-3257頁 2011
  • Low molecular weight heparin suppresses receptor for advanced glycation end products-mediated expression of malignant phenotype in human fibrosarcoma cells Cancer Science 104巻 6号 740-749頁 2013/06/01 
  • Low molecular Weight Heparin Suppresses RAGE-mediated Expression of Malignant Phenotype in Human Fibrosarcoma Cells. 104巻 740-749頁 査読有 原著論文

講演・口頭発表等

  • がんの腫瘍悪性形質はRAGEによって制御される(会議名:日本生化学会北陸支部第39回大会)(2021/06/05)
  • RAGE細胞内シグナル伝達阻害によるマクロファージ泡沫化抑制効果(会議名:第32回腎とフリーラジカル研究会)(2021/11/13)
  • 原子間力顕微鏡によるタンパク質グリケーションの可視化(会議名:第31回日本メイラード学会年会)(2021/10/22)
  • 内在性分泌型RAGEが血中オキシトシンの脳内輸送に与える影響の検討(会議名:日本生化学会北陸支部第39回大会)(2021/06/05)
  • 可溶型RAGEは脳血管内皮細胞上の膜型RAGEによる血中オキシトシンの脳内輸送を阻害しない(会議名:第30回日本メイラード学会(オンライン))(2020/11/06)

全て表示

  • 原子間力顕微鏡を用いたグリケーションの可視化への挑戦(会議名:第29回日本メイラード学会年会)(2019/10/26)
  • 細胞内メチルグリオキサールの可視化解析(会議名:第29回日本メイラード学会年会 )(2019/10/26)
  • Drug library screening to identify new compounds for inducing ectodomain shedding of RAGE and formation of soluble RAGE(2018/09/10)
  • In vitro anticancer effects of a novel RAGE inhibitor on suppression of tumor malignant phenotypes in human fibrosarcoma cells(会議名:International Maillard Reaction Society)(2018/09/10)
  • 新規RAGE阻害薬による線維肉腫細胞の悪性化抑制効果の検討(会議名:第18回日本抗加齢医学会総会)(2018/05/25)
  • RAGE細胞内シグナル伝達阻害剤によるマクロファージ浸潤・泡沫化抑制効果(会議名:第28回日本メイラード学会年会)(2018/10/06)
  • 抗炎症薬サリチル酸と抗糖化薬ピリドキサミンによるマウス糖尿病腎症予防効果の検討(会議名:第90回日本生化学会大会)(2017/12/06)
  • 新規RAGE阻害薬による線維肉腫細胞腫瘍悪性の抑制効果の検討(会議名:第90回日本生化学会大会)(2017/12/06)
  • 抗炎症薬サリチル酸と抗糖化薬ピリドキサミンによるマウス糖尿病腎症予防効果の比較検討(会議名:第60回日本糖尿病学会年次学術集会)(2017/05/18)
  • RAGE切断を誘導する薬剤スクリーニングと疾患の制御(会議名:第27回日本メイラード学会)(2017/11/18)
  • Novel polymorphisms in promoter region of human glyoxalase 1 regulate its transcription and are associated with aging-related diseases (2017/05/16)
  • 線維肉腫細胞の悪性化形質に及ぼす新規RAGE阻害薬の効果の検討(会議名:第27回日本メイラード学会)(2017/11/18)
  • RAGE阻害薬の腫瘍悪性形成に及ぼす効果の検討(会議名:第26回日本メイラード学会年会)(2016/11/11)
  • ヒトGlyoxalase1 (GLO1)の新規ホモポリマー遺伝子多型による転写調節機構(会議名:第26回日本メイラード学会年会)(2016/11/11)
  • Insufficient leptin action induces RAGE expression and triggers pancreatic beta-cell failure type 2 diabetes.
  • Neuroprotective effects of endogenous secretory rage in ischemic cerebrovasculr diseases.(2015/09)
  • 内在性分泌型RAGEは脳虚血から神経細胞を保護する(会議名:第30回日本糖尿病合併症学会)(2015/11/27)
  • 抗糖化酵素Glyoxalase 1のプロモーター遺伝子多型による転写調節機構(会議名:第89回日本生化学会大会)(2016/09/25)
  • 抗糖化酵素の遺伝子発現調節(会議名:第34回日本生化学会北陸支部大会)(2016/05/28)
  • 食品由来AGEによるAGE-RAGEシグナルの阻害効果(会議名:第57回日本糖尿病学会年次学術集会)(2015/05/22)
  • 内在性分泌型RAGEは血管脳関門を越えてデコイ受容体としての神経細胞保護作用を発揮する(会議名:第87回日本生化学会大会)(2014/10/15)
  • 内在性分泌型RAGEは血液脳関門を越えて神経細胞を保護する(会議名:第24回日本メイラード学会年会)(2014/11/07)
  • 脳血管保護因子としての内在性分泌型RAGEの機能解析(会議名:第23回日本メイラード学会学術集会)(2013/11/29)
  • 低分子ヘパリンは線維肉腫細胞における後期糖化産物受容体(RAGE)を介する悪性度を抑制する(会議名:第72回日本癌学会学術集会)(2013/10/03)
  • Low-molecular weight heparin inhibits human fibrosarcoma cell proliferation, migration and invasion by blocking RAGE signaling(会議名:第86回日本生化学会大会)(2013/09/13)
  • 内在性分泌型RAGEの脳血管保護因子としての機能の解明(会議名:第86回日本生化学会大会)(2013/09/13)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

○ハンゲショウエキスによるRAGEシグナル阻害
○乳児の社会脳発達促進用栄養組成物
○オキシトシントランスポーター(公開年月:2016/06/23)
○オキシトシン検出のためのサンプル前処理方法(公開年月:2016/06/23)
○RAGEポリペプチドの新規用途
○RAGEポリペプチドの新規用途
○解毒酵素Glyoxalase1(Glo1)の発現調節と病態

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)(一般)「線虫glad-4/GDL1遺伝子のエピジェネティクスな発現調節機構の解明」(2019-2021) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「オキシトシンの血液脳関門移行に関わる分子装置の解明と愛情の構築研究」(2018-2020) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「Glyoxalase1遺伝子多型に基づく統合失調症の病態解明と新規治療薬の創出」(2018-2020) 代表者
○若手研究(B)「解毒酵素グリオキザレースIの新規転写発現調節機構の解明」(2014-2015) 代表者
○若手研究(B)「グリオキザレース1の新規遺伝子多型による転写発現調節機構の解明」(2016-2017) 代表者
○研究活動スタート支援「Glyoxalase Iの転写発現制御機構の解析」

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○生体分子と細胞の機能(実習)(2021)
○生体分子と細胞の機能 (プレゼンテーション)(実習)(2021)
○基礎配属(2021)
○生化学Ⅱ(2021)
○生化学Ⅱ(2020)
○生化学Ⅱ(2019)
○生化学Ⅱ(2017)
○生化学Ⅱ(2017)
○生化学(2017)
○生化学 脂質の化学(3)(2016)
○生体分子と細胞の機能(2016)
○生体分子と細胞の機能(2015)
○生体分子と細胞の機能(2014)
○生体分子と細胞の機能 (プレゼンテーション)(実習)(2013)
○生体分子と細胞の機能(実習)(2012)

大学院担当授業科目

○血管分子生物学特論(2017)
○血管分子生物学特論(2017)
○血管分子生物学特論(2016)
○血管分子生物学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ