本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2018年06月28日

ダガン さがの (だがん さがの) 特任准教授 DUGGAN, Sagano

所属組織・役職等

国際基幹教育院

教育分野

所属研究室等

外国語教育系 総合教育棟1号館717号室 TEL: FAX:076-264-5993

学歴

【出身大学院】
ワイカト大学 博士課程 教育学部教育学科 単位取得満期退学
ワイカト大学 修士課程 第二言語学 2002 修了
【出身大学】
カンタベリー大学  教育学科 1999 卒業

職歴

金沢大学 国際基幹教育院外国語教育系 特任准教授(2016/04/01-)
金沢大学 外国語教育センター  特任准教授(2015/04/01-2016/03/31)
北陸学院大学 社会学科 非常勤講師(2014/04/01-2015/03/31)
北陸学院短期大学 コミュニティ文化学科 非常勤講師(2014/04/01-2015/03/31)
富山県立大学 工学部 非常勤講師 (2014/04/01-2015/03/31)
University of Waikato Waikato Management School, International Lecturer(2012/08/01-2014/01/31)
早稲田大学 理工学術院英語教育センター  リサーチアシスタント(2012/05-2012/08)
浙江大学城市学院 商業学部 准教授(2010/02/01-2011/01/31)
University of Waikato Waikato Management School, International  Lecturer/Director (English Programme)(2005/08/01-2010/01/31)
University of Auckland Educational Research Center Research Assistant(2002/02/01-2003/12/31)
University of Canterbury Japanese Department Teaching Assistant(2002/02/01-2003/01/31)

生年月

所属学会

言語文化教育研究学会
異文化間教育学会
異文化コミュニケーション学会
日本第二言語習得学会
日本言語学会
日本ニュージーランド学会

学内委員会委員等

○国際試験教育企画部(2015-2018)

受賞学術賞

専門分野

英語学、言語学

専門分野キーワード

第二言語習得 教育コミュニケーション学

研究課題

著書

論文

  • ワイカト大学短期語学研修プログラム〜事前・中間・事後テストから見る英語力の変動〜 ダガンさがの 日本ニュージーランド学会誌 2018 その他
  • TOEIC準備クラスにおける学習ダイアリーの効果:上・中・初級レベル別のビジュアル(可視化)チェックと共通試験の連動について ダガンさがの, 西嶋愉一 外国語教育フォーラム 12巻 105-115頁 2018/03/30 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Annual textbook cycling in EFL classrooms.  Duggan A, Duggan S Studies of Language and Culture 2018 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Educational stratum: Developing student performance through supplementary materials.  Duggan A, Duggan S Memoirs of Hokuriku Gakuin University 9巻 1号 123-129頁 2016 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Qualitative data on university students’ expectations of intercultural competence: Learning under a New Zealand education style in China.  Duggan, S Forum of Language Instructors 10巻 pp.67-81頁 2016 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)

全て表示

  • Challenges and Proposals to Enhance Japanese University Students’ English Proficiency and Learning Motivation.  Duggan S, Yoneda S 金沢大学外国語教育研究センター紀要『言語文化論叢』 20巻 pp.1-27頁 2016/03 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Rev. of Cook, V. (2004). The English Writing System.  Duggan S TESOLANZ Newsletter 15巻 1号 19頁 2004 査読有 その他

講演・口頭発表等

  • アオテアロア(白く長い雲)の国ニュージーランド;キーウィーの文化(会議名:公開講座)(2018/06/20)
  • Teaching Economics Papers in English. (会議名:Kanazawa University School of Economics, Department Seminar)(2016/07/14)
  • Teaching experiences at ZUCC. (会議名:Zhejiang University City College Seminar)(2010/06/10)
  • Issues in EFL classrooms in China.(会議名:Zhejiang University City College Seminar)(2010/07/15)
  • Current Issues in International Joint Programme between the University of Waikato and ZUCC(会議名:Zhejiang University City College First International Conference)(2005)

全て表示

  • The International Students Experience at the University of Canterbury.(会議名: Educational Research & Advisory Unit, University of Canterbury Research Seminar Programme.)(1999/11)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○EAP Ⅲ(2017)
○TOEIC準備 Ⅲ(2017)
○EAP Ⅲ(2017)
○TOEIC準備 Ⅳ(2017)
○TOEIC準備 Ⅲ(2017)
○TOEIC準備 Ⅳ(2017)
○EAP Ⅲ(2017)
○EAP Ⅳ(2017)
○EAP Ⅲ(2017)
○EAP Ⅳ(2017)
○EAP Ⅳ(2017)
○EAP Ⅳ(2017)
○Management Communication(2017)
○Business Communication(2017)
○EAP Ⅳ(2016)
○TOEIC準備 Ⅱ(2016)
○TOEIC準備 Ⅰ(2016)
○TOEIC準備 Ⅲ(2016)
○TOEIC準備 Ⅲ(2016)
○TOEIC準備 Ⅱ(2016)
○TOEIC準備 Ⅰ(2016)
○英語Ⅱ(プレゼンテーション)(2016)
○英語Ⅱ(プレゼンテーション)(2016)
○英語Ⅱ(プレゼンテーション)(2016)
○EAP Ⅱ(2016)
○EAP Ⅲ(2016)
○EAP Ⅳ(2016)
○TOEIC準備 Ⅳ(2016)
○TOEIC準備 Ⅳ(2016)
○EAP Ⅲ(2016)
○EAP Ⅱ(2016)
○TOEIC準備 Ⅱ(2016)
○EAP Ⅳ(2016)
○EAP Ⅰ(2016)
○TOEIC準備 Ⅰ(2016)
○EAP Ⅰ(2016)
○EAP Ⅲ(2016)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○(2015-) 第37回高文連英語部ドラマフェスティバル審査員
○(2015-) 全日本中学校英語弁論石川県大会審査員

このページの先頭へ