本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年05月23日

羽澤 勝治 (はざわ まさはる) 准教授 HAZAWA, Masaharu

メール

所属組織・役職等

新学術創成研究機構

教育分野

【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
弘前大学大学院保健学研究科 博士課程
【出身大学】
弘前大学  保健学科・放射線技術科学専攻 卒業
【取得学位】
博士(保健学)

職歴

新学術創成研究機構・革新的統合バイオ研究コア・セルバイオノミクスユニット(2016/01/01-)
シンガポール大学がん研究所(2014/01/01-2015/12/30)
放射線医学総合研究所 緊急被ばく医療研究センター 博士研究員(2011/04/01-2013/12/31)

生年月

1982年10月

所属学会

日本細胞生物学会
日本分子生物学会
日本癌学会
アメリカ細胞生物学会
放射線影響学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○生物部会奨励賞(2019/06/07)
○International Society for Experimental Hematology: ISEH, 39th Annual Scientific Meeting, Travel Grant Award(2010)
○第48回日本医学放射線学会生物部会学術大会 優秀賞(2009)

専門分野

ゲノム情報機能学、腫瘍生物学、細胞生物学

専門分野キーワード

核‐細胞質物質輸送,マスター転写因子 TP63,相分離,スーパーエンハンサー,核膜孔,ゲノム情報機能学,がん分子細胞生物学,放射線生物学

研究課題

細胞運命決定の基盤となる遺伝子発現制御ネットワーク形成メカニズムに関する研究

著書

  • NPCs in Mitosis and Chromosome Segregation  Springer Book Chap. 10 p219-240 2018 原著書 共著 Hazawa M, Kobayashi A, and Wong RW

論文

  • Super-enhancer trapping by the nuclear pore via intrinsically disordered regions of proteins in squamous cell carcinoma cells Cell Chemical Biology 2023/11 研究論文(学術雑誌)
  • Reciprocal inhibition between TP63 and STAT1 regulates anti-tumor immune response through interferon-γ signaling in squamous cancer Nature Communications 15巻 1号 2024/12 研究論文(学術雑誌)
  • Nuclear transport surveillance of p53 by nuclear pores in glioblastoma Cell Reports 112882頁 2023/08 研究論文(学術雑誌)
  • Discovery of a Novel Aminocyclopropenone Compound That Inhibits BRD4-Driven Nucleoporin NUP210 Expression and Attenuates Colorectal Cancer Growth Cells 11巻 3号 317頁 2022 研究論文(学術雑誌) 
  • NSP9 of SARS-CoV-2 attenuates nuclear transport by hampering nucleoporin 62 dynamics and functions in host cells Biochemical and Biophysical Research Communications 586巻 137頁 2022/01 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • A light-switching pyrene probe to detect phase-separated biomolecules. iScience 24巻 8号 102865頁 2021/08/20 研究論文(学術雑誌)
  • Activation of bivalent factor DLX5 cooperates with master regulator TP63 to promote squamous cell carcinoma. Nucleic acids research 2021/08/09 研究論文(学術雑誌)
  • Co-activation of super-enhancer-driven CCAT1 by TP63 and SOX2 promotes squamous cancer progression. Nature communications 9巻 1号 3619頁 2018/09/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Disease-specific alteration of karyopherin-α subtype establishes feed-forward oncogenic signaling in head and neck squamous cell carcinoma. Hazawa M,Sakai K,Kobayashi A,Yoshino H,Iga Y,Iwashima Y,Lim KS,Chih-Cheng Voon D,Jiang YY,Horike SI,Lin DC,Wong RW Oncogene 39巻 10号 2212頁 2020/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • TP63, SOX2, and KLF5 Establish a Core Regulatory Circuitry That Controls Epigenetic and Transcription Patterns in Esophageal Squamous Cell Carcinoma Cell Lines. Gastroenterology 159巻 4号 1311頁 2020/10 研究論文(学術雑誌)
  • Interplay and cooperation between SREBF1 and master transcription factors regulate lipid metabolism and tumor-promoting pathways in squamous cancer. Nature communications 12巻 1号 4362頁 2021/07/16 研究論文(学術雑誌)
  • Spatiotemporally tracking of nano-biofilaments inside the nuclear pore complex core. Biomaterials 256巻 120198頁 2020/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Karyopherin-β1 Regulates Radioresistance and Radiation-Increased Programmed Death-Ligand 1 Expression in Human Head and Neck Squamous Cell Carcinoma Cell Lines. Cancers 12巻 4号 908頁 2020/04/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • ROCK-dependent phosphorylation of NUP62 regulates p63 nuclear transport and squamous cell carcinoma proliferation. EMBO reports 19巻 1号 73頁 2018/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Targeting super-enhancer-associated oncogenes in oesophageal squamous cell carcinoma. Gut 66巻 8号 1358頁 2017/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • ZNF750 is a lineage-specific tumour suppressor in squamous cell carcinoma ONCOGENE 36巻 16号 2243頁 2017/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Novel function of HATs and HDACs in homologous recombination through acetylation of human RAD52 at double-strand break sites. PLoS genetics 14巻 3号 e1007277頁 2018/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The genomic landscape of nasopharyngeal carcinoma. Nature genetics 46巻 8号 866頁 2014/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Vitronectin improves cell survival after radiation injury in human umbilical vein endothelial cells. FEBS open bio 2巻 334頁 2012 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • エクソソームを用いた疾患治療への応用 羽澤勝治 放射線生物研究 2013 査読有 総説 その他
  • Aconitum C₂₀-diterpenoid alkaloid derivatives regulate the growth and differentiation of cord blood derived human hematopoietic stem/progenitor cells. Hazawa M,Wada K,Kashiwakura I Phytotherapy research : PTR 26巻 8号 1262頁 2012/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Suppressive effects of novel derivatives prepared from Aconitum alkaloids on tumor growth. Investigational new drugs 27巻 2号 111頁 2009/04 査読有 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Cancer specific alteration and dynamics of nuclear pore proteins establish oncogenic signalling(会議名:invited seminar at Deportment of Hematology, West China Hospital, Sichuan University)(2019/02/28)
  • Disease-specific alteration of karyopherin-alpha subtypes establishes feedforward oncogenic signaling in squamous cell carcinoma. (会議名:The 2018 ASCB | EMBO Meeting)(2018/12/28)
  • DNA損傷応答における核膜孔複合体の役割(会議名:第41回日本分子生物学会年会)(2018/11/28)
  • The Spatiotemporal dynamics of nucleoporin Nup58 during cell division(会議名:第41回日本分子生物学会年会)(2018/11/28)
  • Nuclear transport system caused by disease-specific Karyopherin alternation(会議名:Joint Annual Meeting of 70th JSCB and 51st JSDB)(2018/06/05)

全て表示

  • An oncogenic role of Tpr in Ependymoma(会議名:Joint Annual Meeting of 70th JSCB and 51st JSDB)(2018/06/05)
  • The role of nucleoporin NUP58 during division(会議名:Joint Annual Meeting of 70th JSCB and 51st JSDB)(2018/06/05)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)(一般)「放射線DNA損傷応答における相分離の理解と制御」(2023-2026) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「がん悪性化の根幹であるマスター転写因子の発現誘導メカニズムの解明」(2020-2022) 代表者
○若手研究(B)「皮膚組織幹細胞特異的エピジェネティクス制御機構を標的とした扁平上皮癌治療戦略」(2017-2019) 代表者
○若手研究(B)「線溶因子を介したVNプロセッシング制御と細胞死制御機構の解明」(2013-2015) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学外) (2024-2026) 研究 細胞核老化の理解と制御  加藤記念研究助成 加藤記念バイオサイエンス振興財団
○競争的資金(学外) (2024-2025) 研究 核寿命タイマーの理解と老化制御法の創成  調査研究 鈴木謙三記念医科学応用研究財団
○競争的資金(学外) (2024-2025) 研究 核輸送タイマーの理解と制御  研究奨励金 ノバルティス科学振興財団
○競争的資金(学内) (2023-2024) 研究 不規則領域が創成する秩序を読み解く生命科学イニシアティブ 自己超克プロジェクト 金沢大学
○競争的資金(学外) (2022-2023) 研究 相分離が確立する新規放射線抵抗性機序の解明とその制御  第34回SGHがん研究助成 公益財団法人SGH財団
○競争的資金(学外) (2022-2023) 研究 放射線応答における相分離の理解と応用  基礎科学研究助成  公益財団法人 住友財団
○助成金 (2022-2022) 研究 スーパーエンハンサーにおける相分離の理解とその操作による細胞治療法の創出 研究開発助成 ライフサイエンス振興財団
○助成金 (2022-2023) 研究 生命反応場として機能する細胞内相分離の計測技術の開発 奨励研究助成 公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団
○助成金 (2022-2022) 研究 難治性疾患を引き起こす細胞内液滴を検出する革新的化学プローブ開発補助事業 研究補助 公益財団法人JKA
○助成金 (2022-2022) 研究 皮膚組織幹細胞ホメオスタシスにおける相分離とその制御法 の創出  研究助成 公益財団法人 中冨健康科学振興財団
○助成金 (2021-2021) 研究 クロマチン構造・動態を制御するタンパク質相互作用の完全プロファイリング 第13回 北陸銀行若手研究者助成金 北陸銀行
○助成金 (2020-2020) 研究 がん悪性化の根幹スーパーエンハンサー形成機構の解明  研究奨励金 公益財団法人 上原記念生命科学財団
○助成金 (2017-2017) 研究 Oncogenic輸送系を遮断する次世代インポーチン阻害剤の開発  基礎医学医療研究助成金 金原一郎記念医学医療振興財団
○助成金 (2018-2018) 研究 インポーチン発現異常が惹起するOncogenic輸送系の解明  北陸銀行若手研究者助成金 北陸銀行
○助成金 (2013-2013) 研究 細胞接着性タンパク質VNと線溶因子PAI-1のクロストークによる細胞生存シグナル制御機構の解明  基礎医学医療研究助成金 公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○遺伝子組換え実験(2017)
○遺伝子・ゲノム・神経・時間・生命-生命科学最前線-(2016)
○遺伝子・ゲノム・神経・時間・生命-生命科学最前線-(2016)
○遺伝子組換え実験(2016)
○遺伝子組換え実験(2016)

大学院担当授業科目

○生命高次システム学A(2017)
○生命高次システム学B(2017)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ