本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2018年04月02日

吉田 孟史 (よしだ たけし) 特任助教 YOSHIDA, Takeshi

所属組織・役職等

新学術創成研究機構 ナノ生命科学研究所

教育分野

所属研究室等

免疫学

学歴

職歴

生年月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

免疫学

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

  • Domain mapping of a claudin-4 modulator, the C-terminal region of C-terminal fragment of Clostridium perfringens enterotoxin, by site-directed mutagenesis. Biochemical pharmacology 75巻 8号 1639-1648頁 2008/01/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Targeting tight junction proteins-significance for drug development. Drug discovery today. 13巻 3-4号 180-186頁 2008/01/10 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of promoter strength in mouse and rat primary hepatocytes using adenovirus vectors. European journal of pharmaceutics and biopharmaceutics  70巻 1号 1-6頁 2008/05/29 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Promising targets for anti-hepatitis C virus agents. Current medicinal chemistry 18巻 8号 1239-1244頁 2011 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Adenovirus vector-mediated assay system for hepatitis C virus replication. Nucleic acids research 39巻 10号 e64頁 2011/02/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Use of human hepatocyte-like cells derived from induced pluripotent stem cells as a model for hepatocytes in hepatitis C virus infection.  Biochemical and biophysical research communications 416巻 1-2号 119-124頁 2011/11/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Suppression of hepatitis C virus replicon by adenovirus vector-mediated expression of tough decoy RNA against miR-122a. Virus research 165巻 2号 214-218頁 2012/02/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • アデノウイルスベクターを利用したC型肝炎研究の新展開 吉田孟史, 近藤昌夫, 水口裕之, 八木清仁 薬学雑誌 133巻 3号 305-311頁 2013 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • A baculoviral display system to assay viral entry. Biological & pharmaceutical bulletin 36巻 11号 1867-1869頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A novel affinity-based method for the isolation of highly purified extracellular vesicles.  Scientific reports 6巻 33935頁 2016/09/23 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of Live Cell Phagocytosis by a Specific Combination of Inflammatory Stimuli. EBioMedicine 22巻 89-99頁 2017/07/13 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Development of a Conventional Assay System for HCV Replication Using RNA Polymerase I-dependent Expression Plasmid. (会議名:The American Society for Cell Biology 48th Annual Meeting)(2008/12/13)
  • Development of an RNA polymerase I-driven adenoviral vector and its application in an HCV replication assay.(会議名:The 18th International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses)(2011/09/08)
  • A high-throughput screening method for the identification of key molecules that mediate exosome secretion.(会議名:The 2nd NIF Winter School on Advanced Immunology)(2013/01/20)
  • エクソソーム産生関連分子TSG101のがんにおける機能解析(会議名:第38回日本分子生物学会年会)(2015/12/01)
  • エクソソームによる抗がん剤の排出機構(会議名:第3回日本細胞外小胞学会)(2016/08/31)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ