本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2023年12月05日

廣瀨 大祐 (ひろせ だいすけ) 助教 HIROSE, Daisuke

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系
助教

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類 応用化学コース 高分子合成研究室
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻

所属研究室等

高分子合成研究室

学歴

【出身大学院】
金沢大学大学院 博士課程 自然科学研究科 物質科学専攻 2016 修了
金沢大学大学院 修士課程 医学系研究科 創薬科学専攻 2013 修了
【出身大学】
金沢大学  創薬科学科 2011 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

金沢大学 理工研究域物質化学系 助教(2019/11-)
金沢大学 新学術創成研究機構ナノ生命科学研究所 博士研究員(2019/01-2019/10)
金沢大学 理工研究域 特任助教(2017/08-2018/12)
金沢大学 理工研究域 博士研究員(2017/04-2017/07)
日本学術振興会特別研究員(PD)(2016/04-2017/03)
日本学術振興会特別研究員(DC1)(2014/04-2016/03)

生年月

1988年10月

所属学会

高分子学会
日本化学会
有機合成化学協会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○パブリシティ賞(2021/08)
○第7回新化学技術研究奨励賞(2018/06)
○第5回若手研究者奨励賞(2019/11)

専門分野

高分子化学

専門分野キーワード

バイオマス,有機分子触媒,ラセン高分子,高分子化学,有機合成

研究課題

著書

  • 人工分子マシンで機能性分子を精密に作る―リボソーム模倣型分子マシン― 化学同人、月刊『化学』、「最新のトピックス」 2019年3月号 2019/02 廣瀬大祐,前田勝浩
  • セルロースベース炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の機能向上 月刊 プラスチックスエージ 2019年3月号 2019/02 和田直樹,ászló Szabó,廣瀬大祐,高橋憲司
  • イオン液体が変革するバイオマス変換プロセス 高分子学会 高分子 69巻 6月号 2020/06 廣瀬大祐,和田直樹,高橋憲司

論文

  • Three-State Switchable Chiral Stationary Phase Based on Helicity Control of an Optically Active Poly(phenylacetylene) Derivative by Using Metal Cations in the Solid State Hirose Daisuke,Isobe Asahi,Quinoa Emilio,Freire Felix,Maeda Katsuhiro JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY 141巻 21号 8592頁 2019/05/29 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Helix-Sense-Selective Synthesis of Right- and Left-Handed Helical Luminescent Poly(diphenylacetylene)s with Memory of the Macromolecular Helicity and Their Helical Structures. Journal of the American Chemical Society 142巻 16号 7668頁 2020/04/22 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Direct Detection of Hardly Detectable Hidden Chirality of Hydrocarbons and Deuterated Isotopomers by a Helical Polyacetylene through Chiral Amplification and Memory Journal of the American Chemical Society 140巻 9号 3270頁 2018/03/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Helical springs as a color indicator for determining chirality and enantiomeric excess SCIENCE ADVANCES 7巻 27号 2021/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Direct one-step synthesis of a formally fully bio-based polymer from cellulose and cinnamon flavor Hirose Daisuke,Kusuma Samuel,Budi Wardhana,Ina Daiki,Wada Naoki,Takahashi Kenji GREEN CHEMISTRY 21巻 18号 4927頁 2019/09/21 査読有

全て表示

  • Direct Synthesis of Full-Biobased Cellulose Esters from Essential Oil Component alpha,beta-Unsaturated Aldehydes ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING 9巻 25号 8450頁 2021/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Electron beam induced strengthening of a short carbon fiber reinforced green thermoplastic composite: Key factors determining materials performance Composites Part A: Applied Science and Manufacturing 121巻 386頁 2019/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Advances and mechanistic insight on the catalytic Mitsunobu reaction using recyclable azo reagents CHEMICAL SCIENCE 7巻 8号 5148頁 2016 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Recyclable Mitsunobu Reagents: Catalytic Mitsunobu Reactions with an Iron Catalyst and Atmospheric Oxygen ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION 52巻 17号 4613頁 2013 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Macromolecular helicity control of poly(phenyl isocyanate)s with a single stimuli-responsive chiral switch Fukuda Mayu,Rodriguez Rafael,Fernandez Zulema,Nishimura Tatsuya,Hirose Daisuke,Watanabe Go,Quinoa Emilio,Freire Felix,Maeda Katsuhiro CHEMICAL COMMUNICATIONS 55巻 55号 7906頁 2019/07/14 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Direct Synthesis of 1,4-Diols from Alkenes by Iron-Catalyzed Aerobic Hydration and C-H Hydroxylation ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION 53巻 10号 2730頁 2014/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Esterification via Iron-Catalyzed Activation of Triphenylphosphine with Air ACS CATALYSIS 1巻 11号 1469頁 2011/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Thermally stable and rewritable circularly polarized luminescent helical poly(diphenylacetylene)s: stabilization of macromolecular helicity memory via reversible ion-pair formation Journal of Materials Chemistry C 11巻 4号 1271頁 2022/12/21 研究論文(学術雑誌)
  • Ultra‐fast One‐Handed Helix Induction and Its Static Helicity Memory in a Poly(biphenylylacetylene) with a Catalytic Amount of Chiral Ammonium Salts Angewandte Chemie International Edition 2023/02/21 研究論文(学術雑誌)
  • Continuous process of cellulose dissolution and transesterification reaction catalysed by ionic liquid in twin screw extruder Reaction Chemistry & Engineering 2023/03/23 研究論文(学術雑誌)
  • Visualisation of helical structures of poly(diphenylacetylene)s bearing chiral amide pendants by atomic force microscopy Chemical Communications 57巻 92号 12266頁 2021/11/28 査読有 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Ionic Liquid Catalyst for Polysaccharide Modification(会議名:7th International Conference on CATALYSIS AND CHEMICAL ENGINEERING (CCE-2023))(2023/02/24)
  • 環境調和型プロセスを指向した 縮合反応の開発と応用(会議名:群馬先端材料シンポジウム2019)(2019/03/19)
  • Helicity Induction and Memory in a Poly(biphenylylacetylene) with Chiral Ammonium Salts and Its Chiral Amplification Behavior(会議名:Molecular Chirality Asia 2018)(2018/07)
  • (2021/10/09)
  • Esterification of Cellulose with Methyl Ester in Imidazolium-based Ionic Liquid(会議名:255th ACS National Meeting & Exposition)(2018/03)

全て表示

  • Synthesis of Rh Complexes Bearing Poly(diphenylacetylene)s with Macromolecular Helicity Memory as Chiral Ligands and Their Use as Asymmetric Catalysts(会議名:Molecular Chirality 2017; ISCD-29)(2017/07)
  • Direct Synthesis of Fully Bio-based Polymer from Cellulose and Natural Aldehyde(会議名:ICMSE 2022)(2022/10/05)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

○炭素繊維強化プラスチックの製造法、炭素繊維強化プラスチック及びセルロース系樹脂(出願国名:国内,外国,特許協力条約より出願)(特許番号:特許第7038994号)
○比色蛍光検出型アニオンセンサー(出願国名:国内,外国,特許協力条約より出願)(特許番号:特許第6934183号)
○キラルアミンセンサー(出願国名:国内,外国,特許協力条約より出願)(特許番号:特許第6110240号)
○多糖類誘導体の製造方法、及びリグニン誘導体の製造方法(出願国名:国内,外国,特許協力条約より出願)(特許番号:特許第7265754号)
○多糖類のシリルエーテル化物の製造方法(出願国名:国内,外国,特許協力条約より出願)
○比色検出型キラルセンサーを用いる光学活性キラルアミン化合物のキラリティー及び光学純度の決定法(出願国名:国内,外国,特許協力条約より出願)(特許番号:特許第6874990号)
○多糖類誘導体の製造方法、及びリグニン誘導体の製造方法(出願国名:国内,外国,特許協力条約より出願)(特許番号:特許第7223406号)
○多糖類誘導体の製造方法(出願国名:国内,外国,特許協力条約より出願)
○反応方法及びそれに用いる新規アゾ化合物(公開年月:2014/08/21)(出願国名:国内,外国,特許協力条約より出願)(特許番号:特許第6110240号)

共同研究希望テーマ

科研費

○特別研究員奨励費「工業的利用を見据えた触媒的光延反応の開発研究」(2014-2017) 代表者
○基盤研究(B)(一般)「環境影響をポジティブに変える循環型オールバイオマス樹脂の高速製造技術の開発」(2022-2025) 分担者
○挑戦的研究(萌芽)「ラセン高分子鎖の伸縮に由来する運動性を示す機能性マテリアルの創製」(2021-2023) 分担者
○基盤研究(A)(一般)「ヘリカルナノカーボン「ポリジフェニルアセチレン」の精密合成法の開発と機能の開拓」(2021-2024) 分担者
○若手研究「ラセン高分子の記憶操作技術に基づく高感度キラルセンシング」(2019-2020) 代表者
○基盤研究(B)(一般)「イオン液体を用いた連続的バイオマス直接変換プロセス」(2018-2021) 分担者

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○応用化学実験Ⅴ(2022)
○応用化学実験Ⅴ(2022)
○応用化学実験Ⅴ(2022)
○応用化学実験Ⅴ(2022)
○応用化学実験Ⅴ(2021)
○応用化学実験Ⅴ(2021)
○応用化学実験Ⅴ(2020)
○応用化学実験Ⅴ(2020)

大学院担当授業科目

○精密高分子合成化学(2022)
○精密高分子合成化学(2022)
○精密高分子合成化学(2021)
○精密高分子合成化学(2020)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ