本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2020年04月10日

加納 希美 (かのう のぞみ) 講師 KANO, Nozomi

メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 歴史言語文化学系

教育分野

所属研究室等

中国語学中国文学研究室

学歴

【出身大学院】
東京大学大学院 博士課程 人文社会系研究科 アジア文化研究専攻
【取得学位】
博士(文学)

職歴

生年月

所属学会

日本中国語学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○日本中国語学会奨励賞(2017/11/11)

専門分野

現代中国語文法

専門分野キーワード

現代中国語文法、構文文法、機能文法、意味論、レトリック

研究課題

著書

  • アカンサス実用基礎中国語 金沢電子出版株式会社 2019/03/20 共著
  • 『中日辞典(第3版)』 小学館 2016 分担執筆
  • 『シリーズで学ぶ中国語・漢語作文』  東方出版 2011 共著 市川桃子, 加納希美, 藤田理佳, 山崎藍, 遠藤星希

論文

  • 「動量詞句とりたて構文のシンタクスと意味」 『中国語学』 253号 254-273頁頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「現代中国語における数量詞の構文機能 ―属性・様態描写の機能を中心に―」 2017 学位論文(博士)
  • 「“的”を伴う時量修飾構造のシンタクスと意味」 『木村英樹教授還暦記念 中国語文法論叢』 255-275頁頁 2013 査読無 原著論文
  • 「計量臨時量詞の構文機能-空間様態描写機能を中心に-」 『中国語学』 255号 116-136頁頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「拡張二重目的語構文の成立条件 ―臨時量詞による結果描写との関連を中心に―」 『中国語学』 263号 99-117頁頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 「動量詞のシンタクスと意味 -Qv+N型とりたて表現の成立をめぐって」 (会議名:日本中国語学会 第55回全国大会)(2005/10)
  • 「臨時量詞を伴う二重目的語構文のひろがり」(会議名:日本中国語学会 第63回全国大会)(2013/10)
  • 「拡張二重目的語構文におけるS類臨時量詞の描写機能」(会議名:日本中国語学会関東支部例会)(2016/01)
  • 「計量臨時量詞の構文機能 -空間様態描写機能を中心に」(会議名:日本中国語学会関東支部例会)(2008/07)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○人文学序説D(2019)
○中国語A1(2019)
○中国語コミュニケーションC1(2019)
○中国語コミュニケーションC2(2019)
○中国語コミュニケーションB1(2019)
○中国語コミュニケーションB2(2019)
○中国語コミュニケーションC1(2019)
○中国語コミュニケーションC2(2019)
○中国の文化と社会C2(2019)
○中国語学演習A(2019)
○異文化体験実習Ⅰ(中国)(2019)
○異文化体験実習Ⅱ(中国)(2019)
○中国語科教育法B(2019)
○中国語コミュニケーションC(2019)
○中国語A3(2019)
○中国語A1-1(2019)
○中国語A1-2(2019)
○中国語A3-1(2019)
○中国語A3-2(2019)
○言語研究入門(2019)
○中国語学概説A(2019)
○卒業論文演習B(2019)
○卒業論文演習A(2019)
○中国語コミュニケーションC1(2018)
○卒業論文演習A(2018)
○中国語学概説B(2018)
○中国語コミュニケーションC2(2018)
○中国語コミュニケーションC(2018)
○中国語コミュニケーションC1(2018)
○中国語コミュニケーションC2(2018)
○中国語A1-1(2018)
○中国語A1-2(2018)
○中国語A3(2018)
○卒業論文演習B(2018)
○中国語コミュニケーションC(2018)
○中国語学演習B(2018)
○中国語学研究(2018)
○中国語A1(2018)
○中国語学テーマ別演習B(2018)
○中国語科教育法B(2018)
○中国語A3-2(2018)
○中国語学概説B(2018)
○中国語A3-1(2018)
○中国語A1-2(2018)
○中国語A3-2(2018)
○中国語A3-1(2018)
○中国語A3(2018)
○中国語A1-1(2018)
○中国語A1(2018)

大学院担当授業科目

○中国語学各論Ⅰ1(2018)
○中国語学演習Ⅱ2(2018)
○中国語学各論Ⅰ2(2018)
○中国語学演習Ⅱ1(2018)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ