本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年07月11日

寺沢 なお子 (てらさわ なおこ) 教授 TERASAWA Naoko

メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 人間科学系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 地域創造学類 健康スポーツコース
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 地域創造学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻

所属研究室等

食品栄養学研究室 TEL:076-264-5484

学歴

【出身大学院】
お茶の水女子大学 修士課程 家政学研究科 食物学 修了
お茶の水女子大学 博士課程 人間文化研究科 人間環境学 中退
【出身大学】
お茶の水女子大学 家政学部 食物学科 卒業
【取得学位】
博士(学術)

職歴

お茶の水女子大学 文部技官 家政学部 文部技官
お茶の水女子大学 助手 家政学部 助手
お茶の水女子大学 助手 生活科学部 助手
金沢大学 教育学部 講師・助教授
金沢大学 人間科学系

生年月

所属学会

日本食品科学工学会
日本栄養・食糧学会
日本栄養改善学会
日本メイラード学会
日本水産学会
日本補完代替医療学会
日本体力医学会
日本健康体力栄養学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

食品科学、食生活学、応用健康科学

専門分野キーワード

食品学、栄養学

研究課題

地域食材の機能性(健康効果)に関する研究

食生活と健康に関する研究

栄養摂取と運動パフォーマンス(スポーツ栄養)に関する研究

食品の栄養素分析,おいしさ評価

著書

  • 知的キャンパスライフのすすめ-スタディ・スキルズから自己開発へ- (株)学術図書 2016/04 ②共著
  • AVANCE(アバンセ)-HDD家庭科教育実践講座 理論編 (株)ニチブン 2007/07 ②共著

論文

  • Effect of conjugated linoleic acid intake on endurance exercise performance and anti-fatigue in student athletes N Terasawa, K Okamoto, K Nakada, K Masuda Journal of Oleo Science 66巻 7号 723-733頁 2017/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 女子大学生の骨密度に影響を及ぼす要因 寺沢なお子,三田村剛志 日本健康体力栄養学会誌 21巻 1号 13-23頁 2016/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Formation scheme and antioxidant activity of a novel Maillard pigment, pyrrolothiazolate, formed from cysteine and glucose K. Noda, N. Terasawa, M. Murata Food & Function 7巻 2551-2556頁 2016/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 運動習慣を持つ閉経後女性の骨密度と運動量の関連 寺沢なお子, 竹田味甫, 谷内直人 日本健康体力栄養学会誌 19巻 1号 27-37頁 2014/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • アンセリン含有サケエキスが学生スポーツ選手の疲労低減に及ぼす効果 寺沢なお子, 棟田裕一, 高橋義宣, 小尾麻菜, 椎名康彦 日本水産学会誌 80巻 4号 601-609頁 2014/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Formation Mechanism and Characterization of Dilysyl-Dipyrrolones, the Maillard-Type Yellow Pigments Y. Nomi, R. Masuzaki, N. Terasawa, et al. Food & Function 4巻 1067-1075頁 2013/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • アンセリン含有サケエキス(SEAns)の運動機能に対する効果 棟田裕一, 水沼里恵, 高橋義宣, 椎名康彦, 寺沢なお子 アミノ酸研究 6巻 1号 61-63頁 2012/11 研究論文(学術雑誌)
  • ヤブツルアズキ(Vigna angularis var. nipponensis)の成育に及ぼす栽培環境の影響 鯨 幸夫, 前野寿有, 山口順司, 寺沢なお子, 木下栄一郎 北陸作物学会報 47巻 113-118頁 2012/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 石川県能登産市販褐藻類の多糖類の組成および機能性 寺沢なお子, 吉田理絵, 鴨志田佳夫 日本水産学会誌 77巻 4号 656-664頁 2011/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 市販緑葉野菜の硝酸およびシュウ酸含有量 寺沢なお子, 荒納百恵 金沢大学人間科学系研究紀要 3巻 1-13頁 2011/03 査読有 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • イシルのラジカル消去活性および活性成分の分離 寺沢なお子, 今井めぐみ, 林平頼子, 村田容常 日本家政学会誌 61巻 8号 493-499頁 2010/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 果房段位, 熟度および根域制限水ストレスがトマトの品質およびラジカル消去活性に及ぼす影響 寺沢なお子, 今井希美, 野阪皆水, 鯨幸夫 日本食品科学工学会誌 55巻 3号 109-116頁 2008/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 緑葉野菜および緑葉野菜を利用した加工食品の硝酸含有量 寺沢なお子, 北 優貴 金沢大学人間科学系紀要 1巻 1-14頁 2009/03 査読有 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Effect of coffee ingestion on physiological responses and ratings of perceived exertion during submaximal endurance exercise S. Demura, T. YAMADA, N. Terasawa Perceptual and Motor Skills 105巻 1109-1116頁 2007/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification and some properties of anthocyanin isolated from zuiki, stalk of Colocasia esculenta N. Terasawa, A. Saotome, et al. JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY 55巻 10号 4154-4159頁 2007/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 果房段位,熟度がトマトの糖・アスコルビン酸含有量およびラジカル消去活性に及ぼす影響 寺沢なお子, 三橋直子, 鯨 幸夫 金沢大学教育学部紀要 自然科学編 56号 7-12頁 2007/02 査読無 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 栽培条件の違いがサトイモの生育,収量および抗酸化活性に及ぼす影響 鯨幸夫, 村中智和, 登内良太, 荻原達彦, 寺沢なお子 農業および園芸 81巻 4号 499-504頁 2006/04 ①原著論文
  • 打木赤皮甘栗カボチャのβ-カロテン,アスコルビン酸含有量,ラジカル消去活性の貯蔵中の変化およびこれを用いたノンフライチップスの特性 寺沢なお子,前橋 均,東 亜季,津田倫子,宮沢千晶,松原 淳,佐井寛明,三輪章志 金沢大学教育学部紀要 自然科学編 55巻 15-21頁 2006/03 査読無 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Antioxidative Activity of Avocado Epicarp Hot Water Extract N. Terasawa, M. Sakakibara, M. Murata Food Science and Technology Research 12巻 1号 55-58頁 2006/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 有色米のクッキーにおける脂質過酸化抑制効果および有色米色素のラジカル消去活性に対する各種処理の影響 寺沢なお子, 谷 晴美 日本家政学会誌 56巻 9号 653-659頁 2005/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • トウモロコシ外皮のラジカル消去活性成分の検索 寺沢なお子, 付子棟 金沢大学教育学部紀要(自然科学編) 54巻 7-10頁 2005/02 査読無 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Isolation of a microorganism to oxidize 5-hydroxymethylfurfural N. Terasawa, A. Sugiyama, M. Murata, and S. Homma Food Science and Technology Research 8巻 1号 28-31頁 2002/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 紅蓼の抗酸化性に関する研究 寺沢なお子, 吉川望 金沢大学教育学部紀要 自然科学編 54巻 11-14頁 2005/02 査読無 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Radical scavenging activity of Japanese black tea, Toyama Kurocha N. Terasawa, N. Yamazaki Food Science and Technology Research 8巻 3号 218-2頁 2002/08
  • ハーブの Bacillus subtilis および Escherichia coli に対する抗細菌作用 寺沢なお子, 北野吏英子, 村田容常 日本家政学会誌 52巻 1号 7-15頁 2001/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ハーブ水抽出成分の抗酸化活性 寺沢なお子, 山崎希, 福井優美子 日本食品科学工学会誌 48巻 2号 99-104頁 2001/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Decolorization of brown pigments in foods by immobilized mycelia of Coriolus versicolor IFO 30340 and Paecilomyces canadensis NC-1. N. Terasawa, M. Murata, and S. Homma JOURNAL OF FOOD SCIENCE 65巻 5号 870-875頁 2000/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ジャムの性状に及ぼす新甘味料の影響 寺沢なお子, 松浦民恵 日本家政学会誌 50巻 2号 137-145頁 1999/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • かぶらずしの糖,有機酸及び遊離アミノ酸組成 寺沢なお子,出村瑞恵,戸田桃子 日本食品科学工学会誌 45巻 2号 149-154頁 1998/02
  • Changes in Chemical Properties of Melanoidin by Oxidation and Reduction. S. Homma, N. Terasawa, et al. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 61巻 3号 533-535頁 1997/03
  • 5-ヒドロキシメチルフルフラールをフランカルボン酸に変換する微生物の分離 寺沢なお子 金沢大学教育学部紀要 自然科学編 46号 1-8頁 1997/02 査読無 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Comparison of Brown Pigments in Foods by Microbial Decolorization. N. Terasawa, M. Murata, and S. Homma JOURNAL OF FOOD SCIENCE 61巻 4号 669-672頁 1996/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 高等学校食物教育のための微生物学実験法(1) 寺沢なお子, 村田容常, 本間清一 家庭科教育 69巻 1号 60-66頁 1995/01 査読無 ①原著論文
  • 高等学校食物教育のための微生物学実験法(2) 寺沢なお子, 村田容常, 本間清一 家庭科教育 69巻 2号 58-63頁 1995/02 査読無 ①原著論文
  • 微生物による脱色機構を利用した食品の褐色色素の分類とその化学的性質の解明 寺沢なお子 三島海雲記念財団研究報告書 31巻 7-11頁 1994/11 ①原著論文
  • Isolation of a fungus to decolorize coffee. N. Terasawa, M. Murata, and S. Homma Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 58巻 11号 2093-2095頁 1994/11
  • Screening of microorganisms to decolorize a model melanoidin and the chemical properties of a microbially terated melanoidin. M. Murata, N. Terasawa, and S. Homma BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY 56巻 8号 1182-1187頁 1992/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Separation of model melanoidin into components with copper chelating sepharose 6B column chromatography and comparison of chelating activity. N. Terasawa, M. Murata, and S. Homma Agricultural and Biological Chemistry 55巻 6号 1507-1514頁 1991/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 共役リノール酸摂取が学生スポーツ選手の持久性パフォーマンスに及ぼす効果(会議名:第71回日本体力医学会大会)(2016/09/23)
  • Novel Yellowish Maillard Pigment, Pyrrolothiazolate, Formed From Cysteine and Glucose(会議名:12th International Symposium on the Maillard Reaction)(2015/09)
  • 新規メイラード色素ピロロチアゾレートについて:単離・同定、性質及び生成経路(会議名:2015年度日本農芸化学会関東支部大会)(2015/09)
  • アンセリン含有サケエキス(SEAns)の運動機能および視機能に対する効果(会議名:第19回スポーツビジョン研究集会)(2012/08/18)
  • アンセリン含有サケエキス(SEAns)の運動機能に対する効果(会議名:日本アミノ酸学会主催 第3回産官学連携シンポジウム)(2012/06/04)

全て表示

  • メイラード反応で生じるフルピペート類ならびにジピロロン類の特徴づけ(会議名:日本農芸化学会 2012年度大会)(2012/03/24)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)「ビール,納豆,炒めもやし,その色,香り,安全性とメイラード反応」(2017-2020) ②分担者
○基盤研究(B)「褐変反応生成物の分子的研究-新たな低分子色素ならびに前駆体の同定と褐変機構の提唱」(2014-2017) ②分担者
○基盤研究(B)「新たな低分子メイラード反応色素を手がかりに食品褐変反応の功罪を問い直す」(2010-2013) ②分担者
○基盤研究(C)「加賀能登の伝統食品の機能性と抗酸化素材としての有用性」(2009-2011) ①代表者
○基盤研究(C)「カット野菜の新貯蔵法 シンナムアルデヒドによる褐変抑制機構の解明及び品質評価」(2007-2009) ②分担者
○基盤研究(C)「北陸地方の魚介発酵食品の機能性に関する研究」(2005-2007) ①代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「薬草茶に含有される抗菌性・抗酸化性成分の検索」(2000-2001) ①代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「食品の褐色色素の微生物による脱色と,排水処理への活用」(1996-1996) ①代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「微生物による脱色機構を利用した食品の褐色色素の分類」(1993-1993) ①代表者
○一般研究(C)「レクチンによる糖鎖部分の検出を用いる穀醤と魚醤の色素の識別」(1993-1993) ②分担者

学域・学類担当授業科目

○情報処理基礎(2017)
○健康スポーツ論(2017)
○健康栄養学Ⅱ(2017)
○健康と食品機能(2017)
○健康栄養学(2017)
○健康と食品機能(2017)
○健康栄養学実習(2017)
○ヘルス・エクササイズ(2017)
○健康スポーツインターンシップ(2017)
○健康スポーツ演習(2017)
○健康栄養学(2017)
○健康栄養学演習(2017)
○健康栄養学実習(2017)
○健康と食品機能Ⅱ(2017)
○健康栄養学Ⅰ(2017)
○地域創造学Ⅰ(2017)
○健康スポーツ論Ⅱ(2017)
○健康スポーツ論Ⅰ(2017)
○ヘルス・エクササイズⅠ(2017)
○ヘルス・エクササイズⅡ(2017)
○地域創造学(2017)
○健康スポーツ演習Ⅰ(2017)
○健康スポーツ演習Ⅱ(2017)
○卒業演習(2017)
○卒業研究(2017)
○地域創造学Ⅱ(2017)
○健康と食品機能Ⅰ(2017)
○学域GS言語科目Ⅱ(2017)
○学域GS言語科目I(2017)
○健康と食品機能(2016)
○健康栄養学実習(2016)
○健康スポーツ論Ⅰ(2016)
○栄養学(2016)
○健康栄養学演習(2016)
○健康栄養学実習(2016)
○健康スポーツ論Ⅱ(2016)
○健康スポーツ論(2016)
○卒業演習(2016)
○地域創造学Ⅰ(2016)
○地域創造学Ⅱ(2016)
○健康スポーツ演習(2016)
○健康スポーツインターンシップ(2016)
○卒業研究(2016)
○健康と食品機能(2016)
○健康栄養学(2016)
○健康栄養学(2016)
○ヘルス・エクササイズ(2016)
○地域創造学(2016)
○卒業研究(2015)
○情報処理基礎(2015)
○栄養学(2015)
○健康栄養学実習(2015)
○健康と食品機能(2015)
○健康栄養学(2015)
○健康栄養学(2015)
○健康スポーツ演習(2015)
○健康と食品機能(2015)
○地域創造学(2015)
○健康スポーツ論(2015)
○健康スポーツインターンシップ(2015)
○健康栄養学演習(2015)
○健康栄養学実習(2015)
○卒業演習(2015)
○ヘルス・エクササイズ(2015)
○栄養学(2014)
○健康栄養学実習(2014)
○健康栄養学演習(2014)
○卒業演習(2014)
○健康スポーツ演習(2014)
○健康栄養学(2014)
○健康と食品機能(2014)
○卒業研究(2014)
○健康スポーツインターンシップ(2014)
○ヘルス・エクササイズ(2014)
○健康スポーツ論(2014)
○地域創造学(2014)
○健康栄養学実習(2014)
○健康と食品機能(2014)
○健康栄養学(2014)

大学院担当授業科目

○食品機能学特論Ⅰ(2017)
○食品生理機能学(2017)
○食品生理機能学(2017)
○栄養学/食品学を含む(2017)
○食品生理機能学(2017)
○先端地域創造講義(2017)
○健康栄養学特論(2017)
○運動と健康増進研究Ⅰ(2017)
○健康栄養学特論Ⅰ(2017)
○課題型インターンシップ(長期)(2017)
○食品機能学特論(2017)
○運動と健康増進研究Ⅱ(2017)
○課題型インターンシップ(短期)(2017)
○健康栄養学特論Ⅱ(2017)
○食品機能学特論Ⅱ(2017)
○運動と健康増進研究(2017)
○食品生理機能学(2017)
○栄養学/食品学を含む(2016)
○食品生理機能学(2016)
○食品機能学特論Ⅰ(2016)
○食品機能学特論Ⅱ(2016)
○運動と健康増進研究Ⅰ(2016)
○運動と健康増進研究Ⅱ(2016)
○先端地域創造講義(2016)
○健康栄養学特論Ⅰ(2016)
○課題型インターンシップ(短期)(2016)
○健康栄養学特論Ⅱ(2016)
○食品機能学特論(2016)
○課題型インターンシップ(長期)(2016)
○健康栄養学特論(2016)
○運動と健康増進研究(2016)
○論文指導Ⅳ(2015)
○健康栄養学特論(2015)
○課題型インターンシップ(長期)(2015)
○運動と健康増進研究(2015)
○論文指導Ⅲ(2015)
○論文指導Ⅱ(2015)
○地域フィールドワーク(2015)
○論文指導Ⅰ(2015)
○食品機能学特論(2015)
○課題型インターンシップ(短期)(2015)
○先端地域創造講義(2015)
○栄養学/食品学を含む(2015)
○食品生理機能学(2015)
○食品生理機能学(2014)
○食品変色制御学(2014)
○食品微生物制御学(2014)
○栄養学/食品学を含む(2014)
○課題型インターンシップ(長期)(2014)
○課題型インターンシップ(短期)(2014)
○先端地域創造講義(2014)
○食品機能学特論(2014)
○地域フィールドワーク(2014)
○健康栄養学特論(2014)
○運動と健康増進研究(2014)
○論文指導Ⅳ(2014)
○論文指導Ⅲ(2014)
○論文指導Ⅰ(2014)
○論文指導Ⅱ(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○奥能登・食と癒しの空間創出検討会(2009/05/01-2010/03/31)
○石川県工業試験場生活関連技術(食品)専門委員(2001/10/01-2003/06/30)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ