本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年02月15日

岡島 正樹 (おかじま まさき) 講師 OKAJIMA Masaki

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

附属病院
副部長
講師
臨床准教授

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻

所属研究室等

集中治療部 TEL:076-265-2000 FAX:076-234-4339

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 内科系専攻 2001/03 修了
【出身大学】
金沢大学  医学部医学科 1996/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

金沢大学医学部附属病院 第一内科(1996/04/01-1997/03/31)
金沢市立病院 内科 研修医(1997/04/01-1998/03/31)
金沢大学医学部附属病院 第一内科循環器班(1998/04/01-1999/09/30)
公立松任石川中央病院 循環器科(1999/10/01-2001/08/30)
モントリオール心臓研究所 生理学 fellow(2001/09/01-2003/06/30)
金沢大学医学部附属病院 救急部・集中治療部 助手(2003/07/01-2005/04/30)
金沢大学医学部附属病院 第一内科循環器班(2005/05/01-2007/03/31)
金沢大学医学部附属病院 循環器内科 特任助教(2007/04/01-2007/06/30)
金沢大学大学院医学系研究科 恒常性制御学 特任助教(2007/07/01-2007/10/31)
金沢大学附属病院 循環器内科 助教(2007/11/01-2008/03/31)
金沢大学医学部医薬保健研究域医学系  助教(2008/04/01-2008/09/30)
金沢大学附属病院 救急部・集中治療部 助教(2008/10/01-2010/04/30)
金沢大学附属病院  集中治療部 助教(2010/05/01-2011/03/31)
金沢大学附属病院 集中治療部 副部長(2011/04/01-2012/01/31)
金沢大学附属病院 集中治療部 臨床准教授(2012/02/01-2012/03/31)
金沢大学附属病院 集中治療部 講師(2012/04/01-)

生年月

1971年02月

所属学会

日本循環器学会
日本内科学会
日本集中治療医学会 東海北陸地方会 評議員(2013-2018)
日本集中治療医学会
日本救急医学会
日本航空医療学会
日本旅行医学会
日本心臓病学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○平成13年度国際交流助成(2001/08/31)
○fellowship(2001/09/01)

専門分野

救急医学、循環器内科学

専門分野キーワード

研究課題

心筋虚血とサイトカイン

心筋虚血とエンドセリン

虚血再還流障害とUPR

SepsisとUPR

著書

  • ICUナースのための術前・術後の循環&呼吸管理とケア~薬剤投与 メディカ出版 2013/03 原著書 単著
  • はじめてのICU・CCU看護 ベッドサイドの基本的ケア メディカ出版 HEART nursing  2011/04 原著書 共著 栗原早苗、太田絹絵、田中三千代

論文

  • beta-adrenergic receptor blockade impairs NO-dependent dilation of large coronary arteries during exercise. Okajima M, Takamura M, Vequaud P, Parent R, Lavallee M. Am J Physiol Hear Circ Physiol. 284巻 2号 H501-H510頁 2003 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 日本人若年男性における常習喫煙に伴う生体酸化ストレスと内皮機能障害に関する検討. 岡島正樹 金沢大学十全医学会雑誌 110巻 159-170頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pathophysiological plasma ET-1 levels antagonize beta-adrenergic dilation of coronary resistance vessels in conscious dogs. Masaki Okajima, Robert Parent, Eric Thorin, Michel Lavallee. Am J Physiol Hear Circ Physiol. 287巻 4号  H1476-H1483頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The attitudes of Japanese high school students toward cardiopulmonary resuscitation. Omi W, Taniguchi T, Kaburaki T, Okajima M, Takamura M, Noda T, Ohta K, Itoh H, Goto Y, Kaneko S, Inaba H. RESUSCITATION 78巻 3号 340-345頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Altered interaction between plasminogen activator inhibitor type 1 activity and sympathetic nerve activity with aging. Otowa K, Takamura M, Murai H, Maruyama M, Nakano M, Ikeda T, Kobayashi D, Ootsuji H, Okajima M, Furushou H, Yuasa T, Takata S, Kaneko S. Circ J. 72巻 3号 458-62頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Current Status of Anticoagulation Therapy for Elderly Atrial Fibrillation Patients in Japan: From Hokuriku Atrial Fibrillation Trial. Hiroshi Furusho, Masayuki Takamura, Shigeo Takata, Satoru Sakagami, Motoaki Hirazawa, Takeshi Kato, Hisayoshi Murai, Masaki Okajima, Shuichi Kaneko. Circ J. 72巻 12号 2058-2061頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Doppler tissue analysis of atrial electromechanical coupling in paroxysmal atrial fibrillation. Omi W, Nagai H, Takamura M, Okura S, Okajima M, Furusho H, Maruyama M, Sakagami S, Takata S, Kaneko S. J Am Soc Echocardiogr Off Publ Am Soc Echocardiogr. 18巻 1号 39-44頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Impact of severe earthquake on the occurrence of acute coronary syndrome and stroke in a rural area of Japan. Masayuki Tsuchida, Masa-Aki Kawashiri, Ryota Teramoto, Mutsuko Takata, Kenji Sakata, Wataru Omi, Masaki Okajima, Masayuki Takamura, Hidekazu Ino, Yoshihito Kita, Tadayoshi Takegoshi, Hideo Inaba, Masakazu Yamagishi. Circ J. 73巻 7号 1243-1247頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Altered firing pattern of single-unit muscle sympathetic nerve activity during handgrip exercise in chronic heart failure. Hisayoshi Murai, Masayuki Takamura, Michirou Maruyama, Manabu Nakano, Tatsunori Ikeda, Daisuke Kobayashi, Kan-ichi Otowa, Hiroshi Ootsuji, Masaki Okajima, Hiroshi Furusho, Shigeo Takata, Shuichi Kaneko.  J Physiol. 587巻 2613-2622頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Rho/Rho-kinase Systems Are Involved in Rapid Pacing-induced Changes of Atrial Refractory Period in a Canine Model. Furusho H, Sakagami S, Takamura M, Kitano K, Abe T, Hirazawa M, Usui S, Okajima M, Saeki T, Maruyama M, Kaneko S, Takata S. J Arrhythmia. 22巻 167-173頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The electrolarynx as a communication tool for mechanically ventilated critically ill patients: a prospective feasibility study. Sato K Okajima M Taniguchi T Intensive care medicine 42巻 8号 1299-300頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Landiolol, an ultra-short-acting β1-blocker, is useful for managing supraventricular tachyarrhythmias in sepsis. Okajima, Masaki Takamura, Masayuki Taniguchi, Takumi World journal of critical care medicine 4巻 3号 251-7頁 2015 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The electrolarynx as a communication tool for mechanically ventilated critically ill patients: a prospective feasibility study Intensive Care Medicine 42巻 8号 1299-300頁 2016/05/19 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Attitudes to bystander cardiopulmonary resuscitation in Japan in 2010 Circulation Journal 76巻 5号 1130-1135頁 2012/04/30 
  • Benidipine reduces ischemia reperfusion-induced systemic oxidative stress through suppression of aldosterone production in mice Hypertension Research 35巻 3号 287-294頁 2012/03/01 
  • Magnetic resonance imaging in a patient with an implantable cardiac defibrillator Journal of Arrhythmia 28巻 6号 353-355頁 2012/12/01 
  • Attitudes toward automated external defibrillator use in Japan in 2011 Journal of Anesthesia 28巻 1号 34-37頁 2014/02/01 
  • Augmented single-unit muscle sympathetic nerve activity in heart failure with chronic atrial fibrillation Journal of Physiology 590巻 3号 509-518頁 2012/02/01 
  • Effects of acute low-dose ethanol on inflammatory reactions to endotoxin-induced shock in rats Journal of Toxicological Sciences 37巻 3号 649-654頁 2012/06/01 
  • Efficacy of endotoxin adsorption therapy (polymyxin B hemoperfusion) for methicillin-resistant Staphylococcus aureus toxic shock syndrome: A case report about five patients Minerva Anestesiologica 79巻 7号 758-761頁 2013/07/01 
  • Effects of Long-Term Administration of Dexmedetomidine on Inflammatory Responses in Patients with Severe Sepsis Taniguchi, Takumi;Kurita, Akihide;Sato, Koji;Fujita, Takashi;Sakata, Kenji;Okajima, Masaki CIRCULATION 124巻 21号 0-0頁 2011
  • successful treatment of exertional heat stroke using continuous plasma diafiltration Inoue N, Sato A, Ikawa Y, Shimizu M, Okajima M, Taniguchi T, Yachie A J Clin Apher 32巻 5号 490-492頁 2016/10 査読有 原著論文
  • 多臓器不全を来したIII度熱中症の管理において持続脳波モニタリングが有用であった1例 蜂谷 聡明, 岡島 正樹, 中村 美穂, 佐藤 康次, 越田 嘉尚, 野田 透, 谷口 巧 救急医会誌 27巻 125-129頁 2016/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of acute low-dose ethanol on inflammatory reactions to endotoxin-induced shock in rats Ajisaka H, Okajima M, Goto Y, Taniguchi T, Inaba H J Toxicol Sci. 37巻 3号 649-54頁 2012 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Augmented single-unit muscle sympathetic nerve activity in heart failure with chronic atrial fibrillation.  Ikeda T, Murai H, Kaneko S, Usui S, Kobayashi D, Nakano M, Ikeda K, Takashima S, Kato T, Okajima M, Furusho H, Takamura M. J Physiol 590巻 509-18頁 2012 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 多枝冠攣縮性狭心症にて心肺停止となり植込み型除細動器植込み術を施行した1例. 舟田晃, 宝達明彦, 井野秀一, 谷口巧, 山岸正和 ICU&CCU 35巻 1号 85-91頁 2011 査読有 原著論文
  • Benidipine Reduced Ischemia Reperfusion Induced Systemic Oxidative Stress through Suppression of Aldosterone Production in Mice. Keisuke Ohtani, Soichiro Usui, Shuichi Kaneko, Shin-ichiro Takashima, Katsunori Kitano, Kanako Yamamoto, Masaki Okajima, Hiroshi Furusho, Masayuki Takamura. Hypertens Res. 35巻 3号 287-94頁 2012 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Altered hepatic gene expression profiles associated with myocardial ischemia.  Ootsuji H, Honda M, Kaneko S, Usui S, Okajima M, Okada H, Sakai Y, Takamura T, Horimoto K, Takamura M.  Circ Cardiovasc Genet 1巻 3号 68-77頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sodium 4-phenylbutylate protects against myocardial ischemia-reperfusion injury by reducing unfolded protein response-mediated apoptosis in mice. M Okajima, M Takamura, S Usui, T Taniguchi SK. Crit Care. 2010
  • Attitudes to bystander cardiopulmonary resuscitation in Japan in 2010. Taniguchi T, Sato K, Fujita T, Okajima M, Takamura M Circ J. 76巻 5号 1130-5頁 2012 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Elimination of teicoplanin by adsorption to the filter membrane during haemodiafiltration: screening experiments for linezolid, teicoplanin and vancomycin followed by in vitro haemodiafiltration models for teicoplanin. Shiraishi Y, Okajima M, Sai Y, Miyamoto K, Inaba H. Anaesth Intensive Care.  40巻 3号 442-9頁 2012 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • DEXMEDETOMIDINE, ALPHA-2 ADRENERGIC RECEPTOR AGONIST, IS A SUITABLE DRUG FOR THE MANAGEMENT OF BLOOD PRESSURE IN PATIENTS WITH ACUTE AORTIC DISSECTION. Masaki Okajima, Yuko Nakayama, Hiroki Sano, Akihide Kurita, Takashi Fujita, Koji Sato, Yoshinao Koshida, Tsuyoshi Yoshimuta, Toru Noda, Takumi Taniguchi J Hypertens. 30巻 e149頁 2012
  • Efficacy of endotoxin adsorption therapy (polymyxin B hemoperfusion) for methicillin-resistant Staphylococcus aureus toxic shock syndrome: a case report about five patients. Taniguchi T, Sato K, Kurita A, Noda T, Okajima M Minerva Anestesiol. 79巻 7号 758-61頁 2013 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of organizational structure of the ICU on the prognosis: open format versus semi-closed format M Okajima, T Taniguchi. Crit Care 17巻 2号 2013
  • Attitudes toward automated external defibrillator use in Japan in 2011 Taniguchi T, Sato K, Kurita A, Noda T, Okajima M J Anesth. 28巻 1号 34-7頁 2014 査読有
  • Olprinone, phosphodiesterase III inhibitor, is useful for patients with severe acute heart failure due to takotsubo cardiomyopathy accompanied by subarachnoid hemorrhage. Masaki Okajima, Yoshinao Koshida, Toru Noda Takumi Taniguchi. Acute Med Surgery.  1巻 115-118.頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Efficacy of continuous plasma diafiltration therapy in critical patients with acute liver failure Komura T, Taniguchi T, Sakai Y, Yamashita T, Mizukoshi E, Noda T, Okajima M, Kaneko S J Gastroenterol Hepatol. 29巻 4号 782-6頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 第20回 日本集中治療医学会 東海北陸地方会 富山 平成24年6月23日 低体温復温後も遷延性意識障害を呈しバクロフェン中毒が疑われた甲状腺機能低下症の1例. 佐野宏樹、岡島正樹、野田透、宮下知治、吉牟田剛、越田嘉尚、上田晃之、佐藤康次、小村卓也、藤田崇志、栗田昭英、遠山直志、中山祐子、谷口巧 第20回 日本集中治療医学会 東海北陸地方会 富山 平成24年6月23日 腸管出血性O-157・O-111集団感染により集中治療を要したHUSの2症例 中山祐子、栗田昭英、佐野宏樹、藤田崇志、越田嘉尚、野田透、岡島正樹、谷口巧 第20回 日本集中治療医学会 東海北陸地方会 富山 平成24年6月23日 術後亜急性滲出性収縮性心膜炎の1例 井村紗江 、岡島正樹 、中山祐子 、佐野宏樹、栗田昭英 、藤田崇志 、佐藤康次 、上田晃之 、越田嘉尚 、吉牟田剛 、野田透 、宮下知治 、飯野賢治 、富田重之 、渡邊剛 、谷口巧. 第83回 日本脳神経外科学会中部支部会 名古屋 平成24年9月15日 脳経外科術後に発症したメチシリン耐性ブドウ球菌(MRSA)敗血症性ショックに対しpolymyxin B-immobilized fiberを用いた血液浄化療法(PMX-DHP)が奏功した2例 佐野宏樹、中田光俊、林裕、濱田潤一郎、岡島正樹、谷口巧 第40回日本救急医学会総会・学術集会 京都 平成24年11月13日 脱力が遷延した有機リン中毒の一例 野田透、岡島正樹、栗田昭英、谷口巧 第40回日本救急医学会総会・学術集会 京都 平成24年11月15日 内頚動脈海綿静脈洞瘻コイル塞栓術後、逸脱したコイルにより右房損傷を来した希有な1例 岡島正樹、佐野宏樹、栗田昭英、野田透、谷口巧 The 24th Scientific Meeting of the International Society of Hypertention (ISH). Sydney, Australia 平成24年10月2日 Dexmedetomidine, alpha-2 adrenergic receptor agonist, is a suitable drug for the management of blood pressure in patients with acute aortic dissection Masaki Okajima, Yuko Nakayama, Hiroki Sano, Akihide Kurita, Takashi Fujita, Koji Sato, Yoshinao Koshida, Tsuyoshi Yoshimuta, Toru Noda, Takumi Taniguchi 34th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine (ISICEM) Brussel, Bergium 平成25年3月19日 The effect of organizational structure of the ICU on the prognosis: Open format versus semi-closed format Masaki Okajima, Yuko Nakayama, Hiroki Sano, Akihide Kurita, Takashi Fujita, Yoshinao Koshida, Toru Noda and Takumi Taniguchi 第40回日本集中治療医学会総会 松本、長野県 平成25年3月2日 The effect of organizational structure of the ICU on the prognosis: open format versus semi-closed format Masaki Okajima, Yuko Nakayama, Hiroki Sano, Akihide Kurita, Takashi Fujita, Yoshinao Koshida, Toru Noda and Takumi Taniguchi Dexmedetomidine, alpha-2 adrenergic receptor agonist, is a suitable drug for the management of blood pressure in patients with acute aortic dissection Masaki Okajima, Yuko Nakayama, Hiroki Sano, Akihide Kurita, Takashi Fujita, Koji Sato, Yoshinao Koshida, Tsuyoshi Yoshimuta, Toru Noda, Takumi Taniguchi(2012)
  • 日本循環器学会北陸地方会第122回学術集会 平成23年7月3日 大量ガンマグロブリン療法が有効であったと考えられる劇症型心筋炎の1例 井上己音、高村雅之、木下正樹、大倉誓一郎、岡部佳孝、原田智也、茶谷洋、山本花奈子、近田明男、北野鉄平、高島伸一郎、小林大祐、薄井荘一郎、武田裕子、岡島正樹、古荘浩司、金子周一、山岸正和 日本循環器学会北陸地方会第122回学術集会(予定) 平成23年7月3日 植込型ループレコーダーが診断に有用であった上室性不整脈による失神の1例 岡部佳孝、古荘浩司、杉田光洋、井上己音、原田智也、山本花奈子、近田明男、北野鉄平、高島伸一郎、大倉誓一郎、小林大祐、薄井荘一郎、武田裕子、岡島正樹、金子周一、高村雅之、山岸正和 日本循環器学会北陸地方会第122回学術集会 平成23年7月3日 ホルモン療法にて改善した薬剤抵抗性冠攣縮性狭心症の1例 茶谷洋、高村雅之、井上己音、岡部佳孝、原田智也、山本花奈子、近田明男、北野鉄平、高島伸一郎、大倉誓一郎、小林大祐、薄井荘一郎、武田裕子、岡島正樹、古荘浩司、金子周一、山岸正和 日本循環器学会北陸地方会第122回学術集会 平成23年7月3日 複数のペースメーカーリード挿入後に右房内狭窄を来たし右心不全を発症した1例 原田智也、大倉誓一郎、古荘浩司、井上己音、岡部佳孝、山本花奈子、近田明男、北野鉄平、高島伸一郎、小林大祐、薄井荘一郎、武田裕子、岡島正樹、金子周一、高村雅之、山岸正和、飯野賢治、富田重之、渡辺剛 The 75th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 平成23年8月3日~4日 Effective Control of Supraventricular Tachyarrhythmia with Landiolol in Patients with Sepsis Masaki Okajima, Takumi Taniguchi, Shinichiro Takashima, Soichiro Usui, Masayuki Takamura, Shuichi Kaneko 41th Critical Care Congress (SCCM). Houston,Texas,USA 平成24年2月5日 Effect of direct hemoperfusion with cytokine absorbing column in severe ARDS patients with multiple organ failure Takumi Taniguchi, Masaki Okajima (2011)
  • 第18回北陸心不全研究会 平成22年8月7日 カテコラミン治療により心不全が悪化し、PDE III阻害剤が著効した症例 The 23rd Scientific Meeting of the International Society of Hypertention (ISH) Vancouver, Canada 平成22年9月26日~30日 Hemodynamic Effects of Landiolol in Patients with Severe Infection and Tachyarrhythmia 発表演者:Masaki Okajima 共同演者:Takumi Taniguchi, Shinichiro Takashima, Soichiro Usui, Masayuki Takamura, Shuichi Kaneko American Heart Association (AHA) Scientific Sessions 2010, Resuscitation Science Symposium Cicago, Illinois, USA 平成22年11月13日~17日 The Attitudes Toward the Performance of Bystander Cardiopulmonary Resuscitation in Japan in 2010 発表演者:Takumi Taniguchi 共同演者: Masaki Okajima, Takashi Fujita American Heart Association (AHA) Scientific Sessions 2010 Cicago, Illinois, USA 平成22年11月13日~17日 Landiolol, an Ultra-Short-Acting Beta1 Selective Blocker, is Useful for the Management of Tachyarrhythmia in patients with Severe Infection 発表演者:Masaki Okajima 共同演者: Masayuki Takamura, Shuichi Kaneko, Takumi Taniguchi 岡島正樹、高村雅之、高島伸一郎、薄井荘一郎、古荘浩司、金子周一、山岸正和 第38回日本救急医学会総会・学術集会 平成22年10月9日~11日 双胎妊娠後期に発症した冠動脈解離に起因すると考えられた心肺停止の一例 岡島正樹、高村雅之、大辻真理、栗田昭英、金子周一、谷口巧 第38回日本救急医学会総会・学術集会 平成22年10月9日~11日 リネゾリドに変更した重症MRSA感染症の特徴 谷口巧、栗田昭英、岡島正樹 第38回日本集中治療医学会学術集会 平成23年2月24日~26日 クモ膜下出血に合併したたこつぼ心筋症による重症急性心不全に、オルプリノンが有効であった症例 岡島正樹、高村雅之、大辻真理、栗田昭英、佐野宏樹、藤田崇志、上田晃之、宮下知治、金子周一、谷口巧 第38回日本集中治療医学会学術集会 平成23年2月24日~26日 エンドトキシンショックモデルに対するβ遮断薬の効果―カルベジロールとビソプロロールにおいて― 谷口巧、栗田昭英、大辻真理、岡島正樹、山本健 第38回日本集中治療医学会学術集会 平成23年2月24日~26日 治療が困難であった重症膵炎の一例 宮下知治、栗田昭英、佐野宏樹、大辻真理、藤田崇志、上田晃之、岡島正樹、谷口巧 第38回日本集中治療医学会学術集会 平成23年2月24日~26日 スワンガンツカテーテルにより肺動脈損傷を来たした一症例 藤田崇志、岡島正樹、宮下知治、上田晃之、栗田昭英、佐野宏樹 第38回日本集中治療医学会学術集会 平成23年2月24日~26日 慢性GVHDの治療経過中に血栓性微小血管症(TMA)を発症し、Plasma Dia-filtration(PDF)が有効であった1例 上田晃之、栗田昭英、佐野宏樹、藤田崇志、岡島正樹、宮下知治、谷口巧 第38回日本集中治療医学会学術集会 平成23年2月24日~26日 Toxic Shock Syndromeに対する血液浄化療法(CHDFとPMX-DHPの併用)の有用性 谷口巧、栗田昭英、佐野宏樹、藤田崇志、宮下知治、岡島正樹 (2010)
  • 30th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine (ISICEM) Brussels, Belgium 平成22年3月9日~12日 Sodium 4-phenylbutylate protects against myocardial ischemia-reperfusion injury by reducing unfolded protein response mediated apoptosis in mice 発表演者:Masaki Okajima 共同演者:Masayuki Takamura, Soichiro Usui, Takumi Taniguchi, Shuichi Kaneko 第37回日本救急医学会総会・学術集会 平成21年10月29日~31日 一地方国立大学における臨床初期研修医に対する救急医学教育の現状と問題点 谷口巧、岡島正樹、太田圭亮、後藤由和、稲葉英夫 第37回日本救急医学会総会・学術集会 平成21年10月29日~31日 急性呼吸不全に対するサイトカイン吸着カラムを用いた血液浄化療法の有用性 谷口巧、岡島正樹、稲葉英夫 第37回日本集中治療医学会学術集会 平成22年3月4日~6日 重症感染症に合併した頻脈性不整脈に対するLandiololの血行動態への影響 岡島正樹、大石尚毅、舟田晃、谷口巧 第37回日本集中治療医学会学術集会 平成22年3月4日~6日 多枝冠攣縮性狭心症にて心肺停止となりICDを植え込んだ一例 舟田晃、大石尚毅、岡島正樹、谷口巧 第37回日本集中治療医学会学術集会 平成22年3月4日~6日 当院集中治療部で経験した非閉塞性腸管虚血症(NOMI)症例の検討 大石尚毅、岡島正樹、舟田晃、谷口巧 第37回日本集中治療医学会学術集会 平成22年3月4日~6日 急性呼吸不全に対するサイトカイン吸着療法の可能性 谷口巧、岡島正樹、大石尚毅、舟田晃 The 74th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 平成22年3月5日~7日 Sodium 4-phenylbutylate Protects against Myocardial Ischemia-reperfusion Injury by Reducing Unfolded Protein response Mediated Apoptosis in Mice. Masaki Okajima, Masayuki Takamura, Akio Chikata, Takanori Yaegashi, Tatsunori Ikeda, Shinichiro Takashima, Takeshi Katoh, Soichiro Usui, Hiroshi Furusho, Shuichi Kaneko the 74th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 平成22年3月5日~7日 Arterial Baroreflex Control of Single-unit Muscle Sympathetic Nerve Activity in Chronic Heart Failure with Atrial Fibrillation Tatsunori Ikeda, Masayuki Takamura, Junichiro Inomata, Daisuke Kobayashi, Hisayoshi Murai, Kouyou Sugita, Keisuke Kurokawa, Akio Chikata, Takanori Yaegashi, Shinichiro Takashima, Takeshi Katoh, Masaki Okajima, Hiroshi Furusho, Soichiro Usui, Shuichi Kaneko the 74th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 平成22年3月5日~7日 PT-INR May Vary between Institutions Because of Their Measuring Manner Keiko Ikeda, Hiroshi Furusho, Takanori Yaegashi, Takeshi Katoh, Shinichiro Takashima, Soichiro Usui, Masaki Okajima, Shuichi Kaneko, Masayuki Takamura (2009)
  • 平成20年3月28日~30日 Sympathetic Augmentation was Induced by Strict Rate Control in AF Patient Tatsunori Ikeda, Masayuki Takamura, Hisayoshi Murai, Osamu Takatori, Shinichiro Takashima, Hiroshi Ootsuji, Takeshi Katou, Masaki Okajima, Hiroshi Furushou, Shuichi Kaneko The 72th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 平成20年3月28日~30日 Altered Firing Pattern of Single-unit Sympathetic Vasoconstrictor Fibers during Exercise in Chronic Heart Failure Hisayoshi Murai, Masayuki Takamura, Shigeo Takata, Osamu Takatori, Shinichiro Takashima, Hiroshi Ohtsuji, Takeshi Katou, Masaki Okajima, Hiroshi Furusho, Shuichi Kaneko The 72th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 平成20年3月28日~30日 Antioxidative Effect Provided with Statin is Independent from LDL Lowering Mechanisms in the Clinical Course of Acute Coronary Syndrome Masayuki Takamura, Masaki Okajima, Hiroshi Ootsuji, Rie Hanaoka, Akio Chikata, Kanako Yamamoto, Keisuke Kurokawa, Osamu Takatori, Shinichiro Takashima, Takeshi Katou, Hisayoshi Murai, Hiroshi Furusho, Shuichi Kaneko The 72th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 平成20年3月28日~30日 Current Status of Anticoagulation Therapy for Elderly Patients, from Hokuriku Atrial Fibrillation Trial Hiroshi Furusho, Masayuki Takamura, Shigeo Takata, Satoru Sakagami, Osamu Takatori, Shinichiro Takashima, Hiroshi Ootsuji, Takeshi Kato, Hisayoshi Murai, Masaki Okajima, Shuichi Kaneko The 72th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 平成20年3月28日~30日 Present Educational System of Resuscitation dose not Encourage High School Students to Fight Cardiopulmonary Arrest Wataru Omi, Masaki Okajima, Masayuki Takamura, Shuichi Kaneko The 72th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 平成20年3月28日~30日 Transient Improvement of Left Ventricular Diastolic Function After Low-density Lipoprotein Apheresis: Study with Tissue Doppler Imaging Mika Mori, Masaaki Kawashiri, Hayato Tada, Masayuki Tsuchida, Eiichi Masuta, Kenshi Hayashi, Atsushi Nohara, Masaki Okajima, Masayuki Takamura, Hidekazu Ino, Akihiro Inazu, Junji Kobayashi, Hiroshi Mabuchi, Masakazu Yamagishi The 72th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 平成20年3月28日~30日 Altered interaction between Plasminogen Activator Inhibitor Type 1 Activity and Sympathetic Nerve Activity with Aging Kanichi Otowa, Masayuki Takamura, Shigeo Takata, Osamu Takatori, Shinichiro Takashima, Hiroshi Ootsuji, Takeshi Kato, Masaki Okajima, Hiroshi Furusho, Shuichi Kaneko (2007)

全て表示

  • ・日本集中治療医学会、第31回日本集中治療医学会学術集会、重症心不全にて発見された薬物治療が困難であった小児頻拍誘発性心筋症の1例、2004年3月5日. ・日本集中治療医学会、第32回日本集中治療医学会学術集会、血漿交換単独治療に抵抗した血栓性血小板減少性紫斑病の1例、2005年2月24日. ・European Society of Hypertension(ESH)/ International Society of Hypertension(ISH), Hypertension 2008, Sodium 4-phenylbutylate reduces myocardial ischemia-reperfusion injury in mice. June/18/2008. ・日本循環器学会、第73回日本循環器学会総会・学術集会、Analysis of the Causes for Delay in Emergency Call in Japanese cardiac Arrests: Need of Public Relations for Early Call. March/20/2009.(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「マウス心筋虚血再灌流障害および心筋梗塞モデルにおけるケミカルシャペロンの影響」(2009-) 代表者
○若手研究(B)「マウス心筋虚血再灌流障害および心筋梗塞モデルにおけるケミカルシャペロンの影響」(2008-)
○基盤研究(C)(一般)「ラット心筋虚血による梗塞巣へのサイトカイン吸着カラムを用いた血液浄化療法の効果」(2014-2016) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「ラット心筋虚血における梗塞巣へのサイトカイン吸着カラムを用いた血液浄化療法の効果」
○基盤研究(C)(一般)「ラット心筋虚血における梗塞巣へのサイトカイン吸着療法の有用性」

学域・学類担当授業科目

○(2017)
○循環器救急疾患(2016)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ