本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2022年07月06日

菅 幸生 (すが ゆきお) 准教授 SUGA Yukio

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 薬学系 薬学系臨床薬学研究室

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 薬学類

所属研究室等

臨床薬学 TEL:076-265-2831

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 自然科学研究科 生命科学専攻 2005/03 修了
金沢大学 修士課程 自然科学研究科 医療薬学専攻 2000/03 修了
【出身大学】
北里大学 薬学部 1998/03 卒業
【取得学位】
博士(薬学)

職歴

金沢大学附属病院 薬剤部(2000/04/01-2007/09/30)
金沢大学 薬学系 助教(2007/10/01-2017/06/30)
金沢大学 薬学系 准教授(2017/07/01-)

生年月

所属学会

日本薬学会
日本医療薬学会
日本緩和医療薬学会 研究推進委員会 委員(2017-2018)
日本臨床腫瘍学会
日本癌治療学会
日本血液学会
日本血栓止血学会 代議員(2009-2014)

学内委員会委員等

○医療薬学実務委員会 委員(2011-2021)
○実務実習委員会 委員(2011-2021)
○OSCE委員会 委員(2010-2021)
○高大接続委員会 委員(2018-2021)
○学類入試副総務 その他(2020-2020)
○学類教務学生生活委員会 委員(2018-2021)
○学類入試総務 その他(2021-2021)

受賞学術賞

○JPHCS誌論文賞(2020/10)
○JPHCS誌論文賞(2020/10)
○優秀ポスター賞(2011/07)
○優秀演題賞(2007/10)
○奨励賞(2015/09)
○論文賞(2011/10)
○研究奨励市村賞(2007/04)
○日本医療薬学会奨励賞(2015/11/22)
○石川県病院薬剤師会研究奨励市村賞(2007/04/07)

専門分野

医療系薬学

専門分野キーワード

がん薬物療法による有害事象管理,血栓・止血

研究課題

癌化学療法による有害事象の実態調査と予防法の確立

播種性血管内凝固症候群の病態解明および新規治療薬の探索

著書

  • マナビジュアルノート がん薬物療法副作用対策&暴露対策 南山堂 2021/04/05 共著 菅 幸生
  • 病気とくすり2020 2020/03/31 原著書 共著
  • がん化学療法レジメン管理マニュアル 第3版 医学書院 2019 分担執筆 菅 幸生
  • 臨床腫瘍薬学 じほう 2019 分担執筆 菅 幸生
  • オピオイド 病院から在宅における緩和医療のためのQ&A フジメディカル出版 2019 分担執筆 菅 幸生

全て表示

  • 病気とくすり2019 2019/04/10 原著書 共著
  • 臨床に直結する血栓止血学 改訂2版 中外医学社 2018 分担執筆 菅 幸生
  • 病気とくすり2018 2018/04/10 原著書 共著
  • ケーススタディで学ぶがん患者ロジカル・トータルサポート : 患者との会話から症状を読み取り処方提案しよう! じほう 2017/05 分担執筆 菅 幸生 9784840748254
  • 病気とくすり2017 2017/03/25 原著書 共著
  • 薬学生・薬剤師のための疾患別薬物療法管理マニュアル 株式会社じほう 2010/04 原著書 共著 宮本謙一,菅 幸生ほか56名

論文

  • Recombinant human erythropoietin attenuates hepatic dysfunction by suppressing hepatocellular apoptosis in lipopolysaccharide-induced disseminated intravascular coagulation in rats. Biomedical reports 16巻 1号 5頁 2022/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Multicentre prospective observational study on community pharmacist interventions to reduce inappropriate medications. The International journal of pharmacy practice 2022/04/26 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Diabetes Mellitus, Elevated Hemoglobin A1c, and Glycated Albumin Are Associated with the Presence of All-Cause Dementia and Alzheimer's Disease: The JPSC-AD Study. Journal of Alzheimer's disease : JAD 2021/11/15 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of functional variants of vitamin C transporter genes on apolipoprotein E E4-associated risk of cognitive decline: The Nakajima study. PloS one 16巻 11号 e0259663頁 2021/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Potential of continuous tPA infusion for multiple-organ failure from lipopolysaccharide-induced disseminated intravascular coagulation in rats. Thrombosis research 206巻 84頁 2021/08/19 査読有 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • LPS誘発DICモデルに対するtPA投与による臓器障害の改善 菅 幸生,スタッブ由紀子,田代精亭,山田真也,森下英理子,朝倉英策 日本検査血液学会誌 22巻 2号 2021/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of NOS Inhibitors and Anticoagulants on Nitric Oxide Production in a Tissue-factor Induced Rat DIC Model Yukio Suga,Yoko Takahashi,Tsutomu Shimada,Shinya Yamada,Eriko Morishita,Hidesaku Asakura In Vivo 35巻 4号 1999頁 2021/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Factors Associated with Self-reported Medication Adherence in Japanese Community-dwelling Elderly Individuals: The Nakajima Study. Natsuko Ishida,Yurina Tokumoto,Yukio Suga,Moeko Noguchi-Shinohara,Chiemi Abe,Sohshi Yuki-Nozaki,Ayaka Mori,Mai Horimoto,Koji Hayashi,Kazuo Iwasa,Masami Yokogawa,Mai Ishimiya,Hiroyuki Nakamura,Kiyonobu Komai,Ryo Matsushita,Junko Ishizaki,Masahito Yamada Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan 141巻 5号 751頁 2021/05/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Detailed exploration of pathophysiology involving inflammatory status and bleeding symptoms between lipopolysaccharide- and tissue factor-induced disseminated intravascular coagulation in rats. Yukio Suga,Anna Kubo,Hideyuki Katsura,Yukiko Staub,Kiyomichi Tashiro,Shinya Yamada,Eriko Morishita,Hidesaku Asakura International journal of hematology 114巻 2号 172頁 2021/04/27 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Initial Serum C-reactive Protein Level as a Predictor of Increasing Serum Vancomycin Concentration During Treatment. Kazuya Isoda,Junya Nakade,Yukio Suga,Arimi Fujita,Tsutomu Shimada,Yoshimichi Sai Therapeutic drug monitoring 2021/02/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sarcopenia may Influence the Prognosis in Advanced Thyroid Cancer Patients Treated With Molecular Targeted Therapy AKIHIRO NISHIYAMA,YUKIKO STAUB,YUKIO SUGA,MIKIYA FUJITA,AZUSA TANIMOTO,KOUSHIRO OHTSUBO,SEIJI YANO In Vivo 35巻 1号 401頁 2021/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • デキストロメトルファン及び抗うつ薬によるセロトニン症候群が疑われ薬局薬剤師が介入した1例 小林星太,大木孝弘,徳久宏子,菅 幸生 日本老年薬学会雑誌 3巻 65頁 2020/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Risk Factors for Delayed Elimination of Methotrexate in Children, Adolescents and Young Adults With Osteosarcoma KO MISAKA,YUKIO SUGA,YUKIKO STAUB,ATSUMI TSUBATA,TSUTOMU SHIMADA,YOSHIMICHI SAI,RYO MATSUSHITA In Vivo 34巻 6号 3459頁 2020/11/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Comparison of Tolerability Between 2-Weekly and 3-Weekly Docetaxel Regimen in Castration-resistant Prostate Cancer YUSUKE SHIMURA,YUKIO SUGA,SHINGO ITAI,HIROAKI IWAMOTO,YUTA TAKEZAWA,HIROSHI YAEGASHI,KOUJI IZUMI,TSUTOMU SHIMADA,YOSHIMICHI SAI,RYO MATSUSHITA,ATSUSHI MIZOKAMI Anticancer Research 40巻 8号 4291頁 2020/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Detailed assessment and risk factor analysis of corticosteroid-induced psychiatric disorders in pediatric, adolescent, and young adult patients undergoing induction or consolidation therapy for hematologic malignancy Yukiko Staub,Yukio Suga,Yasuhiro Ikawa,Kiyotaka Tsubouchi,Mikie Hashimoto,Atsufumi Kawagishi,Tsutomu Shimada,Yoshimichi Sai,Katsuji Nishimura,Ryo Matsushita Journal of Oncology Pharmacy Practice 26巻 5号 1041頁 2020/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 保険薬局における終末期がん患者の退院前カンファレンス参加と情報把握に関する現状 小林星太,大木孝弘,徳久宏子,菅 幸生 日本薬剤師会雑誌 72巻 5号 511頁 2020/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Examination of Aggregate Formation upon Simultaneous Dissolution of Methacrylic Acid Copolymer LD Enteric Coating Agent, Pharmaceutical Additives, and Zwitterionic Ingredients Nakagawa Y,Suzuki T,Suga Y,Shimada T,Sai Y Biol. Pharm. Bull. 43巻 4号 682頁 2020/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Previously Unknown Drug-Drug Interaction Is Suspected in Delayed Elimination of Plasma Methotrexate in High-Dose Methotrexate Therapy Junko Ishizaki,Chihiro Nakano,Kana Kitagawa,Yukio Suga,Yoshimichi Sai Annals of Pharmacotherapy 54巻 1号 29頁 2020/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Pharmacokinetics and tissue distribution of 3,4‐diaminopyridine in rats Natsuko Ishida,Yuya Kondo,Yuri Chikano,Erina Kobayashi‐Nakade,Yukio Suga,Junko Ishizaki,Kiyonobu Komai,Ryo Matsushita Biopharmaceutics & Drug Disposition 40巻 8号 294頁 2019/09 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • A nationwide survey of hospital pharmacist interventions to improve polypharmacy for patients with cancer in palliative care in Japan Mayako Uchida,Shinya Suzuki,Hideki Sugawara,Yukio Suga,Hideya Kokubun,Yoshihiro Uesawa,Takayuki Nakagawa,Hisamitsu Takase Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences 5巻 1号 2019/12 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Clinical Characteristics Associated With Lenvatinib-induced Fistula and Tumor-related Bleeding in Patients With Thyroid Cancer. Staub Y,Nishiyama A,Suga Y,Fujita M,Matsushita R,Yano S Anticancer research 39巻 7号 3871頁 2019/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Efficacy and Safety of Nivolumab in Patients with Advanced Non-small-cell Lung Cancer and Poor Performance Status Katsura H,Suga Y,Araya T,Kita T,Yoneda T,Tanaka N,Kawabata A,Ishita S,Mase H J. cancer 10巻 2139頁 2019 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Analyses of Respiratory Depression Associated with Opioids in Cancer Patients Based on the Japanese Adverse Drug Event Report Database. Hideki Sugawara,Mayako Uchida,Shinya Suzuki,Yukio Suga,Yoshihiro Uesawa,Takayuki Nakagawa,Hisamitsu Takase Biological & pharmaceutical bulletin 42巻 7号 1185頁 2019/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Current Status of Adverse Events Related with Opioid Analgesics in Japan: Assessment Based on Japanese Adverse Drug Event Report Database. Yukio Suga,Mayako Uchida,Shinya Suzuki,Hideki Sugawara,Kazuhiro Torigoe,Akihiko Futamura,Yoshihiro Uesawa,Takayuki Nakagawa,Hisamitsu Takase Biological & pharmaceutical bulletin 42巻 5号 801頁 2019 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Incidence and risk factors of neonatal hypoglycemia after ritodrine therapy in premature labor: a retrospective cohort study Shimokawa S,Sakata A,Suga Y,Isoda K,Itai S,Nagase K,Shimada T,Sai Y J. Pharm. Health Care Sci. 5巻 7頁 2019 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • A nationwide survey of community pharmacist contributions to polypharmacy in opioid-using and non-using cancer patients in Japan. Suzuki S,Uchida M,Suga Y,Sugawara H,Kokubun H,Uesawa Y,Nakagawa T,Takase H Biological and Pharmaceutical Bulletin 2019 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 在宅終末期がん患者に対する麻薬注射剤投与におけるとくひさ中央薬局の介入状況 小林星太,大木孝弘,徳久宏子,菅 幸生 医療薬学 45巻 159頁 2019 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • アルブミン懸濁型パクリタキセル+ゲムシタビン療法における末梢神経障害のリスク因子に関する検討 山本奈保,堀 祐貴,高廣理佳子,菅 幸生,嶋田 努,崔 吉道 医療薬学 45巻 127頁 2019 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Palonosetron on Days 1 and 5 versus Granisetron Daily (day 1–5) in Germ Cell Tumour Therapy Shimura Y,Izumi K,Itai S,Iwamoto H,Yaegashi H,Suga Y,Shimada T,Mizogami A,Sai Y In vivo 33巻 643頁 2019 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Multiday corticosteroids in cancer chemotherapy delay the diagnosis of and antimicrobial administration for febrile neutropenia: a double-center retrospective study Uda H,Suga Y,Toriba E,Staub AY,Shimada T,Sai Y,Kawahara M,Matsusita R J. Pharm. Health Care Sci. 5巻 3頁 2019 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of coadministration of rifampicin on the pharmacokinetics of linezolid: clinical and animal studies Hashimoto S,Honda K,Fujita K,Miyachi Y,Isoda K,Misaka K,Suga Y,Kato S,Tsuchiya H,Kato Y,Okajima M,Taniguchi T,Shimada T,Sai Y J. Pharm. Health Care Sci. 4巻 27頁 2018 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Risk factors for oxaliplatin-induced vascular pain in patients with colorectal cancer and comparison of the efficacy of preventive methods Suga Y,Ikeda N,Maeda M,Staub AY,Shimada T,Yonezawa M,Kitade H,Katsura H,Okada M,Ishizaki J,Sai Y,Matsushita R J. Pharm. Health Care Sci. 4巻 18頁 2018 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Drug interaction between methotrexate and salazosulfapyridine in Japanese patients with rheumatoid arthritis Okada M,Fujii H,Suga Y,Morito S,Okada M,Nishigami J,Kawano M,Shimada T,Sai Y J. Pharm. Health Care Sci. 3巻 7頁 2017 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Co-administration of Dexamethasone Increases Severity and Accelerates Onset Day of Neutropenia in Bladder Cancer Patients on Methotrexate, Vinblastin, Adriamycin and Cisplatin Chemotherapy: A Retrospective Cohort Study Itai S,Suga Y,Hara Y,Izumi K,Maeda Y,Kitagawa Y,Ishizaki J,Shimada T,Mizokami A,Sai Y J. Pharm. Health Care Sci. 3巻 3頁 2017 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • ランソプラゾールOD錠とレボフロキサシン錠同時懸濁時における凝集物生成の原因と対策 中川祐紀子,鈴木拓也,志村裕介,菅 幸生,嶋田 努,崔 吉道 医療薬学 43巻 26頁 2017 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 消化管閉塞に伴う嘔吐症状に低用量オクトレオチドが奏功した終末期がん患者の2症例 小林星太,寺田祐里,大和太郎,枝廣茂樹,菅 幸生 日本緩和医療薬学雑誌 9巻 93頁 2016 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 医療者の認知度が低い副作用の発見・評価・予防対策によるがん薬物療法の質的向上 菅 幸生 医療薬学 42巻 137頁 2016 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • リラグルチドの有害事象による中止の危険因子の探索 板井進悟,菅 幸生,長田幸恵,川村早希,志村真生,油屋 恵,志村裕介,本谷和佳子,樋口真衣子,伊達絢一郎,河野未央,八木邦公,篁 俊成,崔 吉道,武田仁勇,宮本謙一 糖尿病 58巻 3号 159頁 2015 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • がん化学療法施行患者における客観的な指標を用いた嗅覚異常の評価 菅 幸生,川岸 篤史,石崎 純子,竹田 和喜,原 祐輔,崔 吉道,志賀 英明,宮本 謙一 日本病院薬剤師会雑誌 50巻 6号 745頁 2014/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • エピルビシン塩酸塩の投与時間短縮およびフラッシュの追加による静脈炎の予防効果の改善 磯田和也,菅 幸生,竹田和喜,原 祐輔,大川浩子,西上 潤,古河浩之,井口雅史,崔 吉道,宮本謙一 医療薬学 39巻 644頁 2013 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Change in Pharmacokinetics of Mycophenolic Acid as a Function of Age in Rats and Effect of Coadministered Amoxicillin/Clavulanate Junko Ishizaki,Tomoko Tsuda,Yukio Suga,Satsuki Ito,Kunizo Arai,Yoshimichi Sai,Ken-ichi Miyamoto BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 35巻 7号 1009頁 2012/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 非定型抗精神病薬処方時の耐糖能フォローアップの調査結果 坪内清貴,田平裕美子,増江俊子,菅 幸生,小柴美紀恵,前田大蔵,長澤達也,篁 俊成,三邉義雄,崔 吉道,宮本謙一 精神医学 54巻 7号 681頁 2012 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Chatelut式でカルボプラチン投与量を算出したTC療法による血小板減少の危険因子の解析 廣正 瑛,菅 幸生,高林真貴子,大川浩子,崔 吉道,京 哲,宮本謙一 日本病院薬剤師会雑誌 48巻 731頁 2012 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • ゲムシタビン塩酸塩の経静脈投与による血管痛の危険因子の解析とNSAIDs・オピオイドによる予防効果の評価 菅 幸生,坂口百合野,石﨑純子,高林真貴子,橋本千明,廣正 瑛,日沖雅人,崔 吉道,荒井國三,宮本謙一 医療薬学 38巻 177頁 2012 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • がん化学療法による嗅覚異常の実態調査および味覚異常との関連 菅 幸生,北出紘規,川岸篤史,竹田和喜,春木一伸,石﨑純子,崔 吉道,笠原寿郎,荒井國三,宮本謙一 癌と化学療法 38巻 2617頁 2011 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 小児と成人におけるボリコナゾールの血中濃度解析の比較 伊藤さつき,石﨑純子,小柴美紀恵,五十嵐康郎,長田直人,菅 幸生,西村良成,前馬秀明,小泉晶一,中尾眞二,横川弘一,崔 吉道,宮本謙一 医療薬学 36巻 213頁 2010 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of Selective Competitive Binding of Basic Drugs to alpha(1)-Acid Glycoprotein Variants BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 33巻 1号 95頁 2010/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • シスプラチン化学療法における吃逆の危険因子に関する検討 林 誠,杉村勇人,菅 幸生,河原昌美,相宮光二,宮本謙一 医療薬学 35巻 2号 89頁 2009 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Epirubicin液体製剤から凍結乾燥製剤への変更による静脈炎軽減効果の検討 菅 幸生,熊﨑雅史,西上 潤,竹田和喜,川岸篤史,石﨑純子,井口雅史,宮本謙一,荒井國三 癌と化学療法 36巻 93頁 2009 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Vinorelbine短時間点滴静注法による静脈炎の予防効果の検討 菅 幸生,原 祐輔,橋本秀子,西上 潤,清水典江,林 京子,赤坂弘子,米島美晴,中村万紀子,井口雅史,笠原寿郎,西村元一,宮本謙一 癌と化学療法 34巻 1255頁 2007 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Mycophenolate mofetil is effective and well tolerated in the treatment of refractory acute and chronic graft-versus-host disease Takami A,Mochizuki K,Okumura H,Ito S,Suga Y,Yamazaki H,Yamazaki M,Kondo Y,Asakura H,Nakao S Int. J. Hematol. 83巻 80頁 2006 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between endothelin and the pathophysiology of tissue factor-induced and lipopolysaccharide-induced disseminated intravascular coagulation in rats: a study examining the effect of an endothelin receptor antagonist Y Suga,H Asakura,T Yoshida,M Omote,Y Ontachi,T Mizutani,M Yamazaki,E Morishita,S Nakao,K Miyamoto BLOOD COAGULATION & FIBRINOLYSIS 15巻 7号 593頁 2004/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Pathophysiology of disseminated intravascular coagulation (DIC) progresses at a different rate in tissue factor-induced and lipopolysaccharide-induced DIC models in rats H Asakura,Y Suga,T Yoshida,Y Ontachi,T Mizutani,M Kato,T Ito,E Morishita,M Yamazaki,K Miyamoto,S Nakao BLOOD COAGULATION & FIBRINOLYSIS 14巻 3号 221頁 2003/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • LPS誘発ラットDICモデルにおけるエンドセリンの役割 菅 幸生,朝倉英策,吉田知考,森下英里子,山崎雅英,青島敬二,御館靖雄,水谷朋恵,加藤みのり,伊藤貴子,宮本謙一,中尾眞二 日本血栓止血学会誌 13巻 2号 169頁 2002 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • 組織因子およびLPS誘発ラットDICモデルの経時的病態比較 菅 幸生,朝倉英策,吉田知考,森下英里子,山崎雅英,青島敬二,御館靖雄,水谷朋恵,加藤みのり,伊藤貴子,宮本謙一,中尾眞二 日本血栓止血学会誌 13巻 41頁 2002 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Beneficial effect of JTV-803, a new synthetic inhibitor of activated factor Ⅹ, against both lipopolysaccharide-induced and tissue factor-induced disseminated intravascular coagulation in rat models Asakura H,Ichino T,Yoshida T,Suga Y,Ontachi Y,Mizutani T,Kato M,Ito T,Yamazaki M,Aoshima K,Morishita E,Saito M,Miyamoto K,Nakao S Blood Coagul. Fibrinolysis 13巻 3号 233頁 2002/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Marked difference in pathophysiology between tissue factor- and lipopolysaccharide-induced disseminated intravascular coagulation models in rats H Asakura,Y Suga,K Aoshima,Y Ontachi,T Mizutani,M Kato,M Saito,E Morishita,M Yamazaki,A Takami,K Miyamoto,S Nakao CRITICAL CARE MEDICINE 30巻 1号 161頁 2002/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 生理的状態のラットにおける一酸化窒素の抗血栓性の役割 奥平真理子,朝倉英策,佐野陽子,菅 幸生,山崎雅英,青島敬二,森下英里子,斉藤正典,御館靖雄,水谷朋恵,加藤みのり,伊藤貴子,宮本謙一,中尾眞二 日本血栓止血学会誌 12巻 4号 288頁 2001 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • LPSまたは組織因子誘発ラットDICモデルにおける血管作動性物質の動態の比較 奥平真理子,朝倉英策,佐野陽子,菅 幸生,山崎雅英,青島敬二,森下英里子,斉藤正典,御館靖雄,水谷朋恵,加藤みのり,伊藤貴子,宮本謙一,中尾眞二 日本血栓止血学会誌 12巻 273頁 2001 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Decreased plasma activity of antithrombin or protein C is not due to consumption coagulopathy in septic patients with disseminated intravascular coagulation H Asakura,Y Ontachi,T Mizutani,M Kato,T Ito,M Saito,E Morishita,M Yamazaki,K Aoshima,A Takami,T Yoshida,Y Suga,K Miyamoto,S Nakao EUROPEAN JOURNAL OF HAEMATOLOGY 67巻 3号 170頁 2001/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • All-trans retinoic acid is partially effective against lipopolysaccharide-induced but not against tissue-factor-induced disseminated intravascular coagulation in rat models H Asakura,K Aoshima,T Ichino,Y Suga,M Saito,E Morishita,M Yamazaki,Y Ontachi,T Mizutani,M Kato,KI Miyamoto,S Nakao BLOOD COAGULATION & FIBRINOLYSIS 12巻 4号 301頁 2001/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Depressed plasma activity of plasminogen or alpha 2 plasmin inhibitor is not due to consumption coagulopathy in septic patients with disseminated intravascular coagulation H Asakura,Y Ontachi,T Mizutani,M Kato,T Ito,M Saito,E Morishita,M Yamazaki,Y Suga,KI Miyamoto,S Nakao BLOOD COAGULATION & FIBRINOLYSIS 12巻 4号 275頁 2001/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Beneficial effect of the active form of vitamin D-3 against LPS-induced DIC but not against tissue-factor-induced DIC in rat models H Asakura,K Aoshima,Y Suga,M Yamazaki,E Morishita,M Saito,K Miyamoto,S Nakao THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS 85巻 2号 287頁 2001/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Elevated levels of free tissue factor pathway inhibitor antigen in cases of disseminated intravascular coagulation caused by various underlying diseases H Asakura,Y Ontachi,T Mizutani,M Kato,M Saito,E Morishita,M Yamazaki,Y Suga,A Takami,K Miyamoto,S Nakao BLOOD COAGULATION & FIBRINOLYSIS 12巻 1号 1頁 2001/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 組織因子(TF)又はLipopolysaccharide(LPS)によるラットDICモデルの分類と使い分けについて 市野 典,朝倉英策,青島敬二,山崎雅英,菅 幸生,奥平真理子,森下英里子,斉藤正典,御舘靖雄,水谷朋恵,加藤みのり,宮本謙一,松田保 日本血栓止血学会誌 10巻 6号 451頁 1999 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • 組織因子およびLPS誘発ラットDICモデルに対するall-trans retinoic acid,活性化ビタミンD3,低分子ヘパリンの薬効比較検討 市野 典,朝倉英策,青島敬二,山崎雅英,菅 幸生,奥平真理子,森下英里子,斉藤正典,御舘靖雄,水谷朋恵,加藤みのり,宮本謙一,松田保 日本血栓止血学会誌 11巻 1号 65頁 2000 査読有 研究論文(学術雑誌) 

講演・口頭発表等

  • 試験小委員会の活動と今後の展望(会議名:第4回日本病院薬剤師会Future Pharmacist Forum)(2021/07)
  • ラットDICモデルを用いた研究のピットフォール-DIC誘発物質の違いによる病態の違い-(会議名:第15回日本血栓止血学会学術標準化委員会シンポジウム)(2021/02)
  • 石川県における教育・研究支援体制の構築-石川がん専門薬剤師チームの活動と成果-(会議名:第30回日本医療薬学会年会・シンポジウム)(2020/11)
  • JADERを用いた医療用麻薬による有害事象報告件数の時代的変遷(会議名:第13回日本緩和医療薬学会年会・シンポジウム)(2019/06)
  • LPS誘発DICモデルに対するtPAによる臓器障害の軽減効果(会議名:第21回日本検査血液学会学術集会)(2020/07)

全て表示

  • 乳がんに対するドセタキセル術前又は術後化学療法による皮膚障害の危険因子に関する検討(会議名:第30回日本医療薬学会年会)(2020/11)
  • 地域高齢者におけるフレイルと薬物療法との関係:中島町研究(会議名:第30回日本医療薬学会年会)(2020/11)
  • がん薬物療法における血管障害のマネージメント-血管障害・静脈炎・血管痛-(会議名:第25回がん化学療法・緩和ケア研修会・特別講演)(2019/03)
  • エネルギー摂取に伴う痛みの推測・評価・対応(会議名:第28回医療薬学会年会・シンポジウム)(2018/11)
  • 甲状腺癌におけるレンバチニブによる瘻孔形成および腫瘍関連出血の関連因子の解析(会議名:第29回日本医療薬学会年会)(2019/11)
  • ポリファーマシーにおける薬剤師介入効果に関する前向き観察研究(会議名:第29回日本医療薬学会年会)(2019/11)
  • 抗がん剤による血管障害の対策(会議名:第29回かがやき薬薬連携研究会・特別講演)(2018/10)
  • 消化器系がんの化学療法に関して-FU系抗がん剤のマネジメント-(会議名:平成30年度河北中央医薬連携会)(2018/11)
  • 緩和領域におけるポリファーマシーに対する薬剤師の介入に関する全国実態調査(会議名:第29回日本医療薬学会年会)(2019/11)
  • 地域高齢者における認知機能と抗コリン作用薬との関係:中島町研究-添付文書情報に基づく評価基準の作成とその評価(会議名:第29回日本医療薬学会年会)(2019/11)
  • ヘパリン類・トラネキサム酸併用療法の終末期固形癌DICへの効果(会議名:日本血栓止血学会誌)(2018/05)
  • 筋萎縮性側索硬化症患者の疼痛治療薬の使用実態調査(第2報)(会議名:第29回日本医療薬学会年会)(2019/11)
  • 進行・再発大腸がんにおけるパニツムマブの低Mg血症および有効性にプロトンポンプ阻害薬が及ぼす影響(会議名:第29回日本医療薬学会年会)(2019/11)
  • 地域高齢者における薬剤使用実態とポリファーマシーの現状(会議名:日本薬学会年会要旨集(CD-ROM))(2018/03)
  • 地域高齢者における認知機能と薬剤との関連性の検討:中島町研究(会議名:医療薬学フォーラム講演要旨集)(2018/06)
  • 血管痛対策の考え方(会議名:Logical Support研究会)(2018/02)
  • 点眼手技の評価において変動をもたらす評価者側及び患者側の要因の探索(会議名:第29回日本医療薬学会年会)(2019/11)
  • 薬剤師による副作用の発見&研究による予防対策の確立-乳がん術前・術後化学療法における静脈炎-(会議名:第4回東海北陸ブロックがん専門薬剤師フォーラム)(2017/09)
  • PS不良の非小細胞肺癌患者におけるニボルマブの有効性と安全性の評価(会議名:第17回日本臨床腫瘍学会学術集会)(2019/07)
  • 膵癌患者におけるFOLFIRINOX療法とアルブミン懸濁型パクリタキセル+ゲムシタビン療法の逐次投与に関する調査(会議名:第11回日本がん薬剤学会学術大会)(2019/05)
  • 小児・若年成人造血器腫瘍患者におけるステロイド誘発性精神障害の出現率と危険因子の解析(会議名:第28回医療薬学会年会)(2018/11)
  • 免疫チェックポイント阻害薬の安全性情報管理体制の構築と免疫関連有害事象発現に関連する臨床的因子の探索(会議名:第28回医療薬学会年会)(2018/11)
  • 地域高齢者の薬物療法に関する実態調査:中島町研究-服薬アドヒアランスにおよぼす影響因子の検討-(会議名:第28回医療薬学会年会)(2018/11)
  • がん患者への服薬指導の標準化を目指した『かがやき薬薬連携研究会』の取り組み(会議名:第51回日本薬剤師会学術大会)(2018/09)
  • 精神科における退院時薬剤情報管理指導の有用性と効果的な薬薬連携の手段の検討(会議名:第2回日本精神薬学会総会・学術大会)(2018/09)
  • 地域高齢者における認知機能と薬剤との関連性の検討:中島町研究(会議名:医療薬学フォーラム2018)(2018/06)
  • PS不良の非小細胞肺癌患者に対するニボルマブの有効性評価(会議名:第12回日本緩和医療薬学会年会)(2018/05)
  • PCAポンプ利用患者の退院支援促進に向けた検討(会議名:第11回緩和医療薬学会年会)(2017/03)
  • 骨肉腫患者を対象としたメソトレキセート大量療法における排泄遅延因子の解析(会議名:第34回日本TDM学会)(2017/03)
  • 骨肉腫患者における大量メトトレキサート療法の母集団薬物動態解析(会議名:日本薬学会第138年会)(2017/03)
  • ゲムシタビンによる血管痛発現機序の解明および新規予防対策の検討(会議名:日本薬学会第138年会)(2017/03)
  • エルロチニブとCYP3A4阻害薬による薬物間相互作用が副作用発現に及ぼす影響(会議名:日本薬学会第138年会)(2017/03)
  • ラットにおけるメトトレキサートとグリチルリチン酸との相互作用に関する研究(会議名:日本薬学会第138年会)(2017/03)
  • アルブミン懸濁型パクリタキセル+ゲムシタビン療法における末梢神経障害のリスク因子に関する検討(会議名:日本薬学会第138年会)(2017/03)
  • 病院実務実習における薬学生によるプレアボイド報告の有用性の検討(会議名:日本薬学会第138年会)(2017/03)
  • 地域高齢者における薬剤使用実態とポリファーマシーの現状(会議名:日本薬学会第138年会)(2017/03)
  • 血液がんの薬学管理はなにをしよう?-ポイントわかれば意外とかんたん(会議名:第2回かがやき薬薬連携研究会)(2016/03)
  • 化学療法における抗がん剤の基礎知識と副作用(会議名:平成28年度専門的看護実践力研修事業)(2016/07/23)
  • 血液がんの薬物療法と副作用管理【前回のレジメン復習】 (会議名:第14回かがやき薬薬連携研究会講演会)(2017/04)
  • 医療者の認知度が低い副作用の発見・評価・予防対策によるがん薬物療法の質的向上(会議名:第25回日本医療薬学会年会)(2015/11/22)
  • オキサリプラチンの末梢静脈投与による血管痛の予防対策と危険因子の解析(会議名:臨床薬剤師のための講習会)(2015/07)
  • 緩和医療におけるストレスマネジメント~薬剤師にだって「死」に対するストレスは生じる!~(会議名:第9回日本緩和医療薬学会)(2015/10/03)
  • 化学療法における抗がん剤の基礎知識と副作用(会議名:平成26年度専門的看護実践力研修事業)(2015/10/08)
  • ミコフェノール酸とシクロスポリンとの相互作用に関する研究-ラット週齢間での比較-(会議名:日本薬学会第137会年会)(2017/03)
  • 医療者の認知度が低い副作用の発見・評価・予防対策によるがん薬物療法の質的向上(会議名:第29回がん薬物療法セミナー)(2016/12)
  • がん化学療法による嗅覚障害の実態調査(会議名:第20回日本医療薬学会年会)(2010)
  • 消化管閉塞に伴う嘔吐症状に低用量オクトレオチドが奏功した在宅終末期がん患者の2症例(会議名:第10回日本緩和医療薬学会年会)(2016/06)
  • レボフロキサシン錠とランソプラゾールOD錠の同時懸濁時における注意点と対策(会議名:第26回日本医療薬学会年会)(2016/09)
  • 骨肉腫患者におけるメトトレキサート排泄遅延因子の検討(会議名:日本病院薬剤師会北陸ブロック学術大会)(2016/11)
  • 石川がん専門薬剤師チームのこれまでの取り組み(会議名:平成28年度石川県高度・専門医療人材養成支援事業講演会)(2017/02)
  • 血液がんの薬物療法と副作用管理 (会議名:第13回かがやき薬薬連携研究会講演会)(2017/03)
  • 化学療法における抗がん剤の基礎知識と副作用(会議名:平成27年度専門的看護実践力研修事業)(2015/09/05)
  • ラットにおけるワルファリンの薬効・体内動態に対するアゾール系抗真菌剤による相互作用の薬剤間比較(会議名:日本薬学会第137会年会)(2017/03)
  • ?日本薬学会、6年制実習への移行を目指した大学院臨床実務実習における病棟基礎実習の実務実習モデルコアカリキュラムへの対応状況と達成度の評価、2009年3月?日本臨床腫瘍学会、(2008)
  • paclitaxel投与による呼気中へのアルコール排泄,菅 幸生、熊﨑雅史、川岸篤史、竹田和喜、清水典江、中村万紀子、笠原寿郎,第7回日本臨床腫瘍学会学術集会、2009、3 (名古屋) (2009)
  • 6年制実習への移行を目指した大学院臨床実務実習における病棟基礎実習の実務実習モデルコアカリキュラムへの対応状況と達成度の評価,菅 幸生、石﨑純子、谷本定子、宮本謙一、荒井國三,日本薬学会第129年会、2009、3 (京都) (2009)
  • シクロスポリンの消化管吸収に及ぼす食餌および投与タイミングの影響,伊藤多恵子、石﨑純子、菅 幸生、松下 良、横川弘一、宮本謙一、荒井國三,日本薬学会第129年会、2009、3 (京都) (2009)
  • キラル検出器による抗真菌薬イトラコナゾールの光学分割,三輪俊夫、塚本友康、山本 敦、小玉修嗣、菅 幸生、荒井 國三,日本薬学会第129年会、2009、3 (京都) (2009)
  • 小児における免疫抑制剤ミコフェノール酸の体内動態,津田智子、石﨑純子、五十嵐康郎、小柴美紀恵、長田直人、菅 幸生、荒井國三、西村良成、谷内江昭宏、崔 吉道、宮本謙一,第19回日本医療薬学会年会、2009,10 (長崎) (2009)
  • 造血幹細胞移植においてイトラコナゾールおよび主代謝物が血中シクロスポリン濃度に及ぼす影響,廣野里恵、菅 幸生、石山 謙、山崎宏人、高見昭良、石﨑純子、崔 吉道、荒井國三、中尾眞二、宮本謙一,日本薬学会第130年会 2010, 3 (岡山) (2009)
  • 金沢大学薬学類実務実習事前学習について,清水 栄、木村和子、加藤将夫、荒井國三、松下 良、石﨑純子、大柳賀津夫、中道範隆、赤沢学、菅 幸生、杉浦智子,日本薬学会第130年会 2010, 3 (岡山) (2009)
  • 成長過程における免疫抑制剤ミコフェノール酸の体内動態変動,石﨑純子、津田智子、菅 幸生、荒井國三、崔 吉道、宮本謙一,第20回日本医療薬学会年会、2010,11 (千葉)(2010)
  • 造血幹細胞移植におけるシクロスポリンAの薬物間相互作用の検討,増田理央、菅 幸生、石﨑純子、松下 良、崔 吉道、宮本謙一、荒井國三,第20回日本医療薬学会年会、2010,11(千葉) (2010)
  • MVAC療法による骨髄抑制をデキサメタゾンが重篤化する可能性,板井進悟、中村雄介、菅 幸生、前田雄司、崔 吉道、宮本謙一,第20回日本医療薬学会年会、2010,11 (千葉) (2010)
  • 適切な制吐療法とpre-hydrationによるFP療法誘発性腎障害の軽減効果,橋本千明、高林真貴子、菅 幸生、原 祐輔、牧野 勇、二宮 致、崔 吉道、宮本謙一,日本薬学会第131年会、2011,3 (静岡) (2010)
  • 金沢大学における多施設型薬局実習への取り組み,大栁賀津夫、荒井國三、神田哲雄、永長智愛、山島 糸、木村和子、松下 良、清水 栄、石﨑 純子、菅 幸生、吉田直子,日本薬学会第131年会、2011,3 (静岡) (2010)
  • 組織因子(TF)又はLipopolysaccharide(LPS)によるラットDICモデルの特徴と使い分けについて(会議名:International Journal of Hematology)(1999/04)
  • LPS誘発DICモデルにおけるHMGB1の動態と低分子ヘパリンおよびrTMの影響(会議名:日本血栓止血学会誌)(2006/10)
  • 合成抗Xa薬(JTV803)及び低分子ヘパリン(LMWH)のラットDICモデルに対する効果(会議名:International Journal of Hematology)(2000/04)
  • 造血幹細胞移植においてイトラコナゾールおよび主代謝物が血中シクロスポリン濃度に及ぼす影響(会議名:日本薬学会年会要旨集)(2010/03/05)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)(一般)「DICの多発血栓形成プロセスで鍵となる線溶病態の解明と新規治療戦略の提案」(2020-2022) 代表者
○基盤研究(C)「がん薬物療法における血管痛発現機序の解明および新規予防法の開発」(2016-2019) 代表者
○基盤研究(C)「肥満時の薬物動態変動による医薬品副作用の回避戦略」(2015-2018) 分担者
○若手研究(B)「抗癌剤による血管痛の誘発要因および予防策の基礎・臨床統合的検証」(2013-2015) 代表者
○若手研究(B)「基礎/臨床研究の融合による塩酸ゲムシタビン誘発性血管痛の最適な予防方法の構築」 代表者
○若手研究(B)「抗癌剤による嗅覚障害の実態とその早期発見による栄養状態の維持を指向した探索的研究」(2010-2011) 代表者
○奨励研究「組織因子またはLPS誘発ラットDICモデルの詳細な病態比較」(2005-2005) 代表者

競争的資金・寄付金等

○助成金 (2016-2016) 社会貢献 石川がん専門薬剤師チーム 石川県高度・専門医療人材養成支援事業 石川県

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○病院実習Ⅰ/医薬保健学域・薬学類(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○薬局実習Ⅱ/医薬保健学域・薬学類(2017)
○薬局実習Ⅰ/医薬保健学域・薬学類(2017)
○化学療法学(2017)
○病院実習Ⅱ(2017)
○薬物治療演習(2017)
○総合薬学演習(2017)
○薬局実習Ⅰ(2017)
○薬局実習Ⅱ(2017)
○薬局実習Ⅰ(2016)
○病院実習Ⅰ(2016)
○病院実習Ⅱ(2016)
○薬局実習Ⅱ(2016)
○化学療法学(2016)
○薬物治療演習(2016)
○医薬保健学基礎(2015)
○化学療法学(2015)
○薬物治療演習(2015)
○薬局実習Ⅱ(2015)
○病院実習Ⅰ(2015)
○病院実習Ⅱ(2015)
○薬局実習Ⅰ(2015)
○薬局実習Ⅰ(2014)
○薬局実習Ⅱ(2014)
○薬物治療演習(2014)
○病院実習Ⅰ(2014)
○病院実習Ⅱ(2014)
○総合薬学演習(2014)
○化学療法学(2014)
○総合薬学演習(2013)
○薬局実習Ⅰ(2013)
○薬局実習Ⅱ(2013)
○病院実習Ⅰ(2013)
○病院実習Ⅱ(2013)
○化学療法学(2013)
○医薬保健学基礎(2012)
○化学療法学(2012)
○総合薬学演習(2012)
○病院実習Ⅱ(2012)
○薬物治療演習(2012)
○病院実習I(2012)
○薬局実習I(2012)
○薬局実習Ⅱ(2012)
○医薬保健学基礎(2011)
○化学療法学(2011)
○病院実習I(2011)
○薬局実習I(2011)
○薬物治療演習(2011)
○薬局実習Ⅱ(2011)
○化学療法学(2010)
○医薬保健学基礎(2010)
○医薬保健学基礎(2009)
○薬局経営論(2008)
○医薬保健学基礎(2008)

大学院担当授業科目

○北陸高度がんプロチームがん専門薬剤師コース がん薬物療法副作用モニタリング演習(2018)
○北陸高度がんプロチームがん専門薬剤師コース がんリスクマネジメント演習(2018)
○北陸高度がんプロチームがん専門薬剤師コース がん薬物療法副作用モニタリング演習(2017)
○北陸高度がんプロチームがん専門薬剤師コース がんリスクマネジメント演習(2017)
○北陸高度がんプロチームがん専門薬剤師コース がん薬物療法副作用モニタリング演習(2016)
○北陸高度がんプロチームがん専門薬剤師コース がんリスクマネジメント演習(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○がん化学療法のファーマシューティカルケア

その他公的社会活動

○日本緩和医療薬学会 教育研究委員会 委員(201907-) 緩和医療の教育・普及。麻薬認定薬剤師の育成・e-learningコンテンツの作成
○日本病院薬剤師会 生涯研修委員会 委員(202006-) 日本病院薬剤師会が実施する研修の統括
○日本病院薬剤師会 生涯研修委員会 試験小委員会 委員長(201811-) 生涯学習認定制度の試験問題作成
○病院・薬局実務実習北陸地区調整機構 ワークショップ実行委員会 委員(2017-) 実務実習指導薬剤師の育成
○石川県病院薬剤師会 理事(2017-) 石川県内の病院勤務薬剤師を対象とした実務・教育・研究の支援
○石川県病院薬剤師会がん治療委員会 副委員長(2005-) 石川県内の病院勤務薬剤師および薬局勤務薬剤師を対象に、がん治療に対するファーマシューティカルケアの向上を目的に年に2回の研修会を開催
○石川県病院薬剤師会臨床実習委員会 副委員長(2017-) 石川県内の病院実務実習が円滑に行われるようにするため、各施設の実習指導担当薬剤師への情報提供、講演会の企画を行う。
○かがやき薬薬連携研究会 世話人(2015-) 処方せん応需薬局と病院の連携の質を向上させるために,薬物療法の基本や検査値の読み方についての知識を普及させるための活動を実施している.対象:薬局薬剤師,病院薬剤師
○あすなろ薬薬連携研究会 世話人(2020-) 処方せん応需薬局と病院の連携の質を向上させるために,薬物療法の基本や検査値の読み方についての知識を普及させるための活動を実施している.対象:薬局薬剤師,病院薬剤師
○石川県高度・専門医療人材養成支援事業_がん専門薬剤師チーム(2013-) 外来化学療法で用いられる抗がん剤に関する専門的知識の普及,啓発を通して,がん患者が安心して外来がん化学療法や在宅医療を受けることができるようにする
○日本緩和医療薬学会 研究推進委員会 委員(201707-201906) 学会主導で全国規模の研究を計画・実施する。また、学会会員の研究をサポートする。

このページの先頭へ