本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年07月11日

中山隆宏 (なかやまたかひろ) 准教授 Nakayama Takahiro

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 バイオAFM先端研究センター 理工研究域バイオAFM先端研究センター

教育分野

所属研究室等

イメージング研究部門

学歴

【出身大学院】
東京工業大学大学院 博士課程 総合理工学研究科 2008/03 修了
【出身大学】
広島大学 教育学部 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

金沢大学理工研究域バイオAFM先端研究センター
東京工業大学 博士研究員(2008/04/01-2012/03/31)
科学技術振興機構 ERATO吉田ATPシステム 研究補助員(2004/04/01-2005/03/01)
東京工業大学 資源化学研究所 科学研究支援員(2003/04/01-2004/03/30)

生年月

所属学会

日本分子生物学会
日本生物物理学会
Biophysical Society

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

生物物理学、分子生物学

専門分野キーワード

一分子動態観察、原子間力顕微鏡

研究課題

著書

  • Cells, Forces, and the Microenvironment CRC Press 2015/03/02 原著書 共著 Watanabe-Nakayama T, Machida S, Saito M, Afrin R, Ikai A. 9789814613361
  • Atomic Force Microscopy in Liquid: Biological Applications  Wiley Online Library 2012/04/10 原著書 共著 Ikai A, Afrin R, Watanabe-Nakayama T, Machida S.

論文

  • High-speed atomic force microscopy reveals strongly polarized movement of clostridial collagenase along collagen fibrils Watanabe-Nakayama T, Itami M, Kodera N, Ando T, Konno H Scientific Reports 6巻 28975号 2016/07/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • High-speed atomic force microscopy reveals structural dynamics of amyloid β1-42 aggregates Watanabe-Nakayama T, Ono K, Itami M, Takahashi R, Teplow DB, Yamada M Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 113巻 21号 5835-40頁 2016/05/24 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spectrin-ankyrin interaction mechanics: A key force balance factor in the red blood cell membrane skeleton Saito M, Watanabe-Nakayama T, Machida S, Osada T, Afrin R, Ikai A Biophysical Chemistry 200-201巻 1-8頁 2015/03/28 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fabrication of electron beam deposited tip for atomic-scale atomic force microscopy in liquid Miyazawa K, Izumi H, Watanabe-Nakayama T, Asakawa H, Fukuma T Nanotechnology 26巻 10号 105707頁 2015/03/13 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Significant improvements in stability and reproducibility of atomic-scale atomic force microscopy in liquid Akrami SM, Nakayachi H, Watanabe-Nakayama T, Asakawa H, Fukuma T Nanotechnology 25巻 45号 455701頁 2014/11/14 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Requirement of LIM domains for the transient accumulation of paxillin at damaged stress fibres Watanabe-Nakayama T, Saito M, Machida S, Kishimoto K, Afrin R, Ikai A. Biology Open 2巻 7号 667-674頁 2013/05/23 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fabricated cantilever for AFM measurements and manipulations: Pre-stress analysis of stress fibers Machida S, Watanabe-Nakayama T, Saito M, Afrin R, Ikai A. Micron 43巻 12号 1380-9頁 2012/04/21 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Thermodynamic efficiency and mechanochemical coupling of F1-ATPase Toyabe S, Watanabe-Nakayama T, Okamoto T, Kudo S, Muneyuki E. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 108巻 44号 17951-6頁 2011/11/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mechanics of Intracellular Stress Fibers: A Short Review. Ikai A, Watanabe-Nakayama T, Machida S, Saito M, Afrin R. Japanese Journal of Applied Physics 50巻 8号 08LA04-08LA04-8頁 2011/08/22 査読有 総説
  • Direct detection of cellular adaptation to local cyclic stretching at the single cell level by atomic force microscopy. Watanabe-Nakayama T, Machida S, Harada I, Sekiguchi H, Afrin R, Ikai A. Biophysical Journal 100巻 3号 564-72頁 2011/02/02 査読有 原著論文
  • Microscoop for manipulation of micro-objects: use of fabricated cantilever with atomic force microscope. Watanabe-Nakayama T, Machida S, Afrin R, Ikai A. Small 6巻 24号 2853-7頁 2010/12/20 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Direct manipulation of intracellular stress fibres using a hook-shaped AFM probe. Machida S, Watanabe-Nakayama T, Harada I, Afrin R, Nakayama T, Ikai A. Nanotechnology 21巻 38号 385102頁 2010/09/24 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Nonequilibrium energetics of a single F1-ATPase molecule. Toyabe S, Okamoto T, Watanabe-Nakayama T, Taketani H, Kudo S, Muneyuki E. Physical Review Letters 104巻 19号 198103頁 2010/05/14 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Atomic force microscopy for cellular level manipulation: imaging intracellular structures and DNA delivery through a membrane hole. Afrin R, Zohora US, Uehara H, Watanabe-Nakayama T, Ikai A. Journal of Molecular Recognition 22巻 5号 363-72頁 2009/07/21 査読有 原著論文
  • Effect of external torque on the ATP-driven rotation of F1-ATPase. Watanabe-Nakayama T, Toyabe S, Kudo S, Sugiyama S, Yoshida M, Muneyuki E.  Biochemical and Biophysical Research Communications 366巻 4号 951-7頁 2008/02/22 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Single molecule energetics of F1-ATPase motor. Muneyuki E, Watanabe-Nakayama T, Suzuki T, Yoshida M, Nishizaka T, Noji H. Biophysical Journal 92巻 5号 1806-12頁 2007/03/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Probing the ubiquinol-binding site in cytochrome bd by site-directed mutagenesis. Mogi T, Akimoto S, Endou S, Watanabe-Nakayama T, Mizuochi-Asai E, Miyoshi H. Biochemistry 45巻 25号 7924-30頁 2006/06/27 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • VanabinP, a novel vanadium-binding protein in the blood plasma of an ascidian, Ascidia sydneiensis samea. Yoshihara M, Ueki T, Watanabe T, Yamaguchi N, Kamino K, Michibata H. Biochimica et Biophysica Acta 1730巻 3号 206-14頁 2005/09/25 査読有 原著論文

講演・口頭発表等

  • NANO-SPACE VIDEO IMAGING REVEALS STRUCTURAL DYNAMICS OF FIBROUS PROTEIN ASSEMBLY AND RELEVANT ENZYMES(会議名:the 61st annual meeting of Biophysical Society)(2017/02/15)
  • 高速原子間力顕微鏡を用いたアミロイドタンパク構造動態のナノスペースビデオイメージング(会議名:第39回日本分子生物学会年会)(2016/11/30)
  • Nano-space video imaging of fibrous assembly of protein and relevant enzyme molecule dynamics(会議名:The 4th Kanazawa Bio-AFM Workshop)(2016/10/06)
  • アミロイド線維の多型形成における構造動態のナノスペースビデオイメージング(会議名:日本顕微鏡学会第72回学術講演会)(2016/06/14)
  • コラーゲン線維分解におけるコラゲナーゼの動態のナノスペースビデオイメージング(会議名:日本顕微鏡学会第72回学術講演会)(2016/06/14)

全て表示

  • マニピュレーション機能をもつカンチレバーの開発と1細胞研究への適用(会議名:生命科学における走査プローブ法と光ピンセット)(2011/09/28)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「高速AFMによるアミロイド脱凝集酵素Hsp104の分子動態の解明」(2016-2019) 代表者
○若手研究(B)「高速原子間力顕微鏡を用いたコラゲナーゼによるコラーゲン消化メカニズムの解明」(2013-2014) 代表者
○研究活動スタート支援「アクチンストレスファイバーの力学応答に伴う構造変化の高速AFM観察」(2012-2013) 代表者

学域・学類担当授業科目

○植物生理学実験(2017)
○基礎生物学実験(2017)
○初学者ゼミ(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○生物学課題演習(1)(2017)
○植物生理学実験(2017)
○生物学課題研究(2)(2017)
○生物学課題研究(1)(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○生物学課題演習(2)(2017)
○生物学課題研究(2)(2016)
○生物学課題演習(2)(2016)
○生物学課題研究(1)(2016)
○生物学課題演習(1)(2016)
○植物生理学実験(2016)
○基礎生物学実験(2016)
○生物学課題研究(2)(2015)
○生物学課題演習(2)(2015)
○生物学課題研究(1)(2015)
○生物学課題演習(1)(2015)
○植物生理学実験(2014)
○生物学課題研究(2)(2013)
○生物学課題演習(2)(2013)
○生物学課題研究(1)(2013)
○生物学課題演習(1)(2013)
○植物生理学実験(2013)
○初学者ゼミ(2013)
○生物学課題研究(2)(2012)
○生物学課題演習(2)(2012)
○生物学課題研究(1)(2012)
○生物学課題演習(1)(2012)
○植物生理学実験(2012)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ