本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年03月22日

井上 大 (いのうえ だい) 助教 INOUE, Dai

所属組織・役職等

附属病院

教育分野

所属研究室等

学歴

職歴

生年月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

  • Benign Hepatocellular Nodules: Hepatobiliary Phase of Gadoxetic Acid-enhanced MR Imaging Based on Molecular Background. Radiographics. 2016 Nov-Dec;36(7):2010-2027.巻 2016/11 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic CT findings of cholangiolocellular carcinoma: correlation with angiography-assisted CT and histopathology. Abdom Radiol (NY). 2016 Oct 17. [Epub ahead of pr巻 2016/10/17 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Imaging and pathological features of gastric lesion of immunoglobulin G4-related disease: A case report and review of the recent literature. Inoue D, Yoneda N, Yoshida K, Nuka H, Kinoshita J, Fushida S, Toshima F, Minami T, Takahira M, Hamaoka S, Ikeda H, Gabata T, Kawano M. Mod Rheumatol. 2016 Jul 21:1-5. [Epub ahead o巻 2016/07/21 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • A case of IgG4-related tubulointerstitial nephritis and membranous glomerulonephritis during the clinical course of gastric cancer: Imaging features of IgG4-related kidney disease. Horita S, Fujii H, Mizushima I, Fujisawa Y, Hara S, Yamada K, Inoue D, Nakajima K, Harada K, Kawano M. Mod Rheumatol.  2016 Oct 27:1-5. [Epub ahead o巻 2016/10/27 査読有
  • Factors related to renal cortical atrophy development after glucocorticoid therapy in IgG4-related kidney disease: a retrospective multicenter study. Arthritis Res Ther.  2016 Nov 25;18(1):273.巻 2016/11/25 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Is the combination of MR and CT findings useful in determining the tumor grade of pancreatic neuroendocrine tumors? Jpn J Radiol. 2017/03/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ