本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

淺川 毅 (あさかわ つよし) 教授 ASAKAWA Tsuyoshi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類
理工学域 物質化学類 応用化学コース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

界面化学研究室 TEL:076-234-4765 FAX:076-234-4800

学歴

【出身大学院】
金沢大学 修士課程 工学研究科 工業化学 1981/03 修了
【取得学位】
理学博士

職歴

生年月

1956年10月

所属学会

日本化学会
日本油化学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

界面化学、蛍光プローブ ミクロ相分離 フッ素系界面活性剤、物理化学、機能物性化学

専門分野キーワード

コロイド化学,界面活性剤,溶液物性,蛍光プローブ

研究課題

新規ジェミニ型界面活性剤の開発と機能性溶液

界面活性剤分子同士を連結鎖で繋いだ形のジェミニ型は臨界ミセル形成濃度が低く良好な界面活性を呈するが、機能性の賦与と水溶性の改善が課題である。我々はジスルフィド連結鎖を有する水溶性に優れたジェミニ型界面活性剤を開発し、水溶液中の温和な条件下、ジスルフィド交換による非対称ジェミニ型の生成と会合状態変化を見出した。各種チオール化合物との反応によるカチオン・両性イオン界面活性剤の生成により、分子集合体の崩壊と可溶化物の放出を検討している。

蛍光プローブ法による会合挙動の解明

各種蛍光プローブの探索と界面活性剤の蛍光標識により、ミセル内部とバルク水相の両面から会合体構造を検討している。特に、キノリン・アクリジン誘導体の蛍光消光挙動を利用し、ミセルの対イオン結合度の簡便かつ高精度な評価方法を確立した。従来、対イオン結合度は電気伝導度法や起電力法で決定されてきたが、共存イオンや吸着の影響によるデータの再現性が問題となっている。この方法では、高感度でイオン選択的な蛍光消光により、ミセル表面への対イオンの競争的な結合に関する知見も得られる。

混合ミセル系におけるノンランダム分布

フルオロカーボン鎖は撥水性と撥油性を兼ね備えるので、通常の界面活性剤との混合ミセル系では2種類のミセルを形成することが予想される。このミクロ相分離現象は溶液論の観点からだけでなく、応用面からも解明すべき研究課題である。フッ素系消光剤を利用したピレンの蛍光消光挙動は、水溶液中で炭化フッ素に富むミセルと炭化水素に富むミセルの共存を明確に示し、共存領域は熱力学的手法である group contribution method により予測できた。分子集合体系におけるミクロ相分離について、蛍光プローブ法、NMR, AFM, SANS等の様々な実験手法で検証している。

著書

  • 『油脂・脂質・界面活性剤データブック』 丸善 2012/12 原著書 共著 日本油化学会編
  • 油化学辞典-脂質・界面活性剤 丸善 2004/03 原著書 共著 日本油化学会編

論文

  • Generation of Fluorocarbon and Hydrocarbon Hybrid Gemini Surfactants Controlled by Micellar Miscibility J. Oleo Sci. 62巻 1号 17-20頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Micelle–Vesicle Transition by Cleavage of Disulfide Spacer Chain for Gemini Surfactant in Didodecyldimethylammonium Chloride Aqueous Solutions.  Toshinari Mizuhashi, T. Asakawa, A. Ohta Journal of Oleo Science 64巻 9号 963頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Aqueous Solution Properties of Disulfide Linked Fluorinated Gemini and Cleaved Monomeric Thiol Surfactants J. Oleo Sci. 60巻 9号 469-474頁 2011/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Aqueous Solution Behavior of Cationic Surfactants Containing Sulfide Linked Alkyl Chain   J. Oleo Sci. 60巻 4号 165-170頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dissymmetric Gemini Surfactants Generated by Disulfide Exchange in Mixed Micelles   J. Oleo Sci. 59巻 2号 95-100頁 2010/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Aqueous Solution Properties of Disulfide Linked Gemini and Cleaved Monomeric Thiol Surfactants. J. Oleo Sci. 57(4)巻  243-249頁 2008/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • New Florescent Probes Applicable to Aggregates of Fluorocarbon Surfactants. J. Oleo Sci. 56巻 11号 587-593頁 2007/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Contrast Variation SANS Investigation of Composition Distributions in Mixed Surfactant Micelles Langmuir 111巻 25号 7133-7141頁 2007/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • One-pot aerosol synthesis of ordered hierarchical mesoporous core-shell silica nanoparticles CHEMICAL COMMUNICATIONS 14巻 1630頁 2004 査読有 原著論文
  • Micellar Counterion Binding for Alkylpyridinium Iodides Probed by Fluorescence Quenching T. Asakawa, K. Iriyama, A. Ohta1名 J. Oleo Sci., 9巻 9号 pp頁 2004/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Micellar growth of N-dodecanoyl-alaninates with different counterions and its quantitative relation with some factors. Miyagishi S., Takeuchi N., Asakawa T Colloids Surf. A, 2002,197, 125. 197巻 125頁 2002/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phase Behavior and Phase Structure of a Cationic Fluorosurfactant in Water. Wang K., Oradd G., Almgren M., Asakawa T., Bergenstahl B., Langmuir 16巻 3号 1042頁 2000/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • One-pot aerosol synthesis of ordered hierarchical mesoporous core-shell silica nanoparticles C.Areva C.Boissière T.Asakawa,3名 Chem. Comm. 14巻 1630頁 2004/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Appearance of Pure Fluorocarbon Micelles Surveyed by Fluorescence Quenching of Amphiphilic Quinoline Derivatives in Fluorocarbon and Hydrocarbon Surfactants Mixtures. T. Asakawa, S. Ishino, P. Hansson, 3名 Langmuir 20巻 17号 pp頁 2004/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Composition of Mixed Hydrocarbon and Fluorocarbon Surfactant Adsorbed Layers at Mica-Solution Interfaces Davey T.W., Warr, G.G., Asakawa T. Langmuir 19巻 13号 5266-5272頁 2003/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Salt Effect on Critical Micelle Concentrations of Nonionic Surfactants, N-Acyl-N-methylglucamides(MEGA-n). Miyagishi S., Okada K., Asakawa T. J. Colloid Interface Sci. 238巻 1号 91頁 2001/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Self-assembly of hydrocarbon and fluorocarbon surfactants and their mixtures at the mica-solution interface. Davey T.W., Warr G.G., Almgren M., Asakawa T., Langmuir 17巻 17号 5283頁 2001/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Aqueous Solution Properties of Pyridinium-type Perfluorinated Surfactants and Simulation of Mixture CMC. Asakawa T., Ishikawa K., Miyagishi, S. J. Colloid Interface Sci. 240巻 1号 365頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Convenient Estimation for Counterion Dissociation of Cationic Micelles Using Chloride-Sensitive Fluorescence Probe Asakawa T., Kitano H., Ohta A., Miyagishi S., J. Colloid Interface Sci. 242巻 2号 284頁 2001/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Aggregation Behavior of Cationic Fluorosurfactants in Water and Salt Solutions. A Cryo-TEM Survey. Wang K., Karlsson G., Almgren M., Asakawa T. J. Phys. Chem. B 103巻 42号 9237頁 1999/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Demicellization of Sodium Perfluorooctanoate and Dodecyl Sulfate Mixtures Revealed by Pyrene Fluorescence Quenching. Asakawa T., Miyagishi, S. Langmuir 15巻 10号 3464頁 1999/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Diffusion Coefficient of Micelles Composed of Fluorocarbon Surfactants with Cyclic Voltammetry. Asakawa T., Sunagawa H., Miyagishi, S. Langmuir 14巻 25号 7091頁 1998/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synergistic Solubilization of Decafluorobiphenyl by Micelles of Fluorocarbon Surfactants. Asakawa T., Kitaguchi T., Miyagishi, S. J. of Surfactants & Detergents 1巻 2号 958頁 1998/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pyrene Fluorescence-quenching by 1,1,2,2-Tetrahydroheptadecafluorodecyl Pyridinium Chloride in Mixed, Fluorocarbon and Hydrocarbon, Micelles. . Asakawa T., Okamoto T., Miyagishi, S. J. Jpn. Oil Chem. Soc. 46巻 7号 777頁 1997/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fluorescence quenching studies of micellisation and solubilization in fluorocarbon-hydrocarbon surfactant mixtures. Almgren M., Wang K., Asakawa T. Langmuir 13巻 17号 4535頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○界面活性剤による表面処理

科研費

学域・学類担当授業科目

○化学の世界(2017)
○教職化学(2017)
○応用化学演習Ⅰ(2017)
○情報処理演習(2017)
○応用化学実験Ⅰ(2017)
○化学熱力学(2017)
○教職化学(2017)
○化学の世界(2017)
○応用化学実験Ⅰ(2017)
○化学の世界(2016)
○情報処理演習(2016)
○化学熱力学(2016)
○応用化学演習Ⅰ(2016)
○応用化学実験Ⅰ(2016)
○初学者ゼミ(2016)
○課題探究ゼミナールⅠ(2016)
○応用化学演習Ⅱ(2016)
○応用物理化学Ⅰ(2016)
○応用化学実験Ⅰ(2016)
○応用物理化学Ⅰ(2015)
○応用化学演習Ⅰ(2015)
○応用化学演習Ⅱ(2015)
○応用化学実験Ⅰ(2015)
○応用化学実験Ⅰ(2015)
○化学熱力学(2015)
○物質化学序論(2015)
○情報処理演習(2015)
○応用物理化学Ⅰ(2014)
○化学熱力学(2014)
○応用化学演習Ⅱ(2014)
○応用化学演習Ⅰ(2014)
○応用化学実験Ⅰ(2014)
○応用化学実験Ⅰ(2014)
○情報処理演習(2014)

大学院担当授業科目

○分子集合体溶液論(2017)
○エネルギー・環境プログラム序論(2017)
○分子集合体溶液論(2017)
○分子集合体溶液論(2017)
○分子集合体溶液論(2017)
○自然科学特別演習(2017)
○分子集合系化学(2017)
○応用化学熱力学(2017)
○エネルギー・環境プログラム序論(2016)
○分子集合系化学(2016)
○応用化学熱力学(2016)
○分子集合体溶液論(2016)
○応用化学熱力学(2015)
○分子集合体溶液論(2015)
○エネルギー・環境プログラム序論(2015)
○分子集合系化学(2015)
○分子集合体溶液論(2014)
○分子集合体溶液論(2014)
○物質情報解析概論(2014)
○分子集合体溶液論(2014)
○組織体溶液論(2014)
○応用化学熱力学(2014)
○分子集合系化学(2014)
○エネルギー・環境プログラム序論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○蛍光プローブで分子集合体を探る(キーワード:蛍光プローブ,分子集合体)

その他公的社会活動

このページの先頭へ