本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

三浦 伸一 (みうら しんいち) 教授 MIURA Shinichi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 数物科学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 数物科学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻

所属研究室等

計算分子科学研究室 TEL: FAX:

学歴

【出身大学院】
京都大学 博士課程 理学研究科 化学専攻 1995/03 単位取得満期退学
【出身大学】
京都大学 理学部 1990/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

ペンシルバニア大学 化学科 博士研究員(1995/10-1996/03)
東京工業大学 総合理工学研究科 総合理工学研究科 助手(1996/04-2002/07)
岡崎国立共同研究機構 計算科学研究センター 計算科学研究センター 助手(2002/07-2004/03)
自然科学研究機構 分子科学研究所 分子科学研究所 助手(2004/04-2006/12)
金沢大学 自然科学研究科 数物科学専攻(2007/01-)

生年月

1966年11月

所属学会

日本物理学会
日本化学会
米国物理学会
分子科学会
分子シミュレーション研究会
溶液化学研究会

学内委員会委員等

○物理系選考委員会 委員長(2016-2016)
○数物科学系選考委員会 委員(2016-2016)
○AP第2WG 委員(2016-)
○AP実務委員 委員(2016-)
○学生用選定部会自然科学系図書館部会 座長(2016-)
○学術情報基盤整備ワーキンググループ 委員(2016-)
○図書館委員会 委員(2016-)
○理工教育方法改善委員会 委員長(2016-)
○計算実験講座会議 委員長(2016-)
○理工系教育研究会議代議員会 委員(2016-)
○数物科学代議員会WG 委員(2016-)
○全学FD委員会 委員(2016-)
○教務学生委員会 委員(2013-2014)
○共通教育委員会 委員(2014-2015)

受賞学術賞

○分子シミュレーション研究会学術賞(2004/01)

専門分野

専門分野キーワード

液体物性理論、理論分子科学、量子シミュレーション

研究課題

超流動媒体内の分子過程

量子シミュレーション法の開発

著書

  • ナノシミュレーション技術ハンドブック 共立出版 2006 原著書

論文

  • Path integral hybrid Monte Carlo study on structure of small helium-4 clusters doped with a linear molecule JOURNAL OF LOW TEMPERATURE PHYSICS 148巻 839-843頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Rotational fluctuation of molecules in quantum clusters. II. Molecular rotation and superfluidity in OCS-doped helium-4 clusters JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS 126巻 114309-01-07頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Rotational fluctuation of molecules in quantum clusters. I. Path integral hybrid Monte Carlo algorithm JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS 126巻 114308-01-10頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Quantum rotation of carbonyl sulfide molecules in superfluid helium clusters: A path integral hybrid Monte Carlo study OURNAL OF PHYSICS-CONDENSED MATTER 17巻 3259-3264頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • On the solvation structure of a rare-gas solute in superfluid helium-4 119巻 41-46頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • A large-scale molecular dynamics study of dynamic structure factor and dispersion relation of acoustic mode in liquid and supercritical water 226巻 345-350頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Path integral hybrid Monte Carlo algorithm for correlated Bose fluids 120巻 2160-2168頁 2004 査読有 原著論文
  • A unified scheme for ab initio molecular orbital theory and path integral molecular dynamics 115巻 9149-9159頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A molecular dynamics study of dielectric constant of water from ambient to sub- and supercritical conditions using a fluctuating-charge model 345巻 195-200頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Path integral molecular dynamics method based on a pair density matrix approximation: An algorithm for distinguishable and identical particle systems 115巻 5353-5361頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A generalized Ornstein-Zernike integral equation study of atomic impurities in quantum fluids 115巻 4161-4168頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Isotope effect on the structure of quantum fluid: A generalized Ornstein-Zernike analysis 337巻 306-312頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A molecular approach to quantum fluids based on a generalized Ornstein-Zernike integral equation 114巻 7497-7505頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ab-initio molecular orbital calculation considering the quantum mechanical effect of nuclei by path integral molecular dynamics 317巻 414-420頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Path integral molecular dynamics for Bose-Einstein and Fermi-Dirac statistics 112巻 10116-10124頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Density matrix and eigenstates for an excess electron in water 90巻 225-231頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Path integral hybrid Monte Carlo calculation of the bosonic oscillators 90巻 21-28頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A molecular dynamics study of equation of state of water using a fluctuating charge model 317巻 414-420頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Path integral hybrid Monte Carlo for the bosonic many-body system 308巻 115-122頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A path integral centroid molecular dynamics study of nonsuperfluid liquid helium-4 110巻 4523-4532頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Density fluctuation and hydrogen-bonded clusters in super critical water. A molecular dynamics analysis using a polarizable potential model 72巻 151-162頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An ab initio path integral molecular dynamics study of double proton transfer in the formic acid dimer 109巻 5290-5299頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A molecular dynamics study of sub-and supercritical water using a polarizable potential model 109巻 4873-4884頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A molecular dynamics study of PρT diagram of sub- and supercritical water using a polarizable potential model 7巻 1115-1117頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Anomalous acoustic dynamics in liquid water: The origin of the low frequency mode 87巻 1405-1421頁 1996 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular theory for the nonequilibrium free energy profile in electron transfer reaction 99巻 10526-10529頁 1995 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Temperature dependence of stability of a hydrated electron: An integral equation study 98巻 9649-9656頁 1994 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular dynamics algorithms for quantum Monte Carlo methods CHEMICAL PHYSICS LETTERS 482巻 165-170頁 2009/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Quantum fluctuations of an OCS molecule in superfluid helium-4 clusters 1046巻  11-14頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Quantum rotational fluctuation of a linear molecule doped in superfluid helium clusters 20巻  494205(4pages)頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structural Fluctuation of a Protonated Water Cluster Cometta S. Guritno and Shinichi Miura Recent Dev. Comput. Sci. 4巻 17頁 2013 査読無 解説
  • Variational path integral molecular dynamics and hybrid Monte Carlo algorithms using a fourth order propagator with applications to molecular systems  J. Chem. Phys. 145巻 074114頁 2016 査読有 原著論文
  • The isotope effects on a hydrogen transfer using path integral instanton method Mol. Simul. 41巻 861頁 2015 査読有 原著論文
  • A 3D-RISM integral equation study of a hydrated dipeptide H. Iwasaki, S. Gyoubu, T. Kawatsu, and S. Miura Mol. Simul. 41巻 1015頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Analytical expressions on harmonic oscillators for variational path integrals Mol. Simul. 41巻 808頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Isotope effects of ammonia umbrella flip using semiclassical instanton calculations based on discretized path integrals Chem. Phys. Lett. 634巻 146頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An efficient computational method for the implementation of a semi-classical instanton approach using discretized path integrals T. Kawatsu and S. Miura J. Phys.: Conf. Ser. 454巻 012030(7 pages)頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Variational path integral molecular dynamics study of a water molecule J. Phys.: Conf. Ser. 454巻 012023(6 pages)頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Variational path integral molecular dynamics study of small para-hydrogen clusters Progress in Theoretical Chemistry and Physics 26巻 427 - 447頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular dynamics and hybrid Monte Carlo algorithms for the variational path integral with a fourth order propagator Advances in Quantum Monte Carlo, the ACS Symposium Series 1094巻 177-186頁 2012/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A variational path integral molecular dynamics method applied to molecular vibrational fluctuations Mol. Sim. 38巻 378-383頁 2012/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A particle-based method for generating exact quantum many-body states GAKUTO International Series --- Mathematical Sciences and Applications 34巻 129-138頁 2011/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • First-principles study of spontaneous polarization and water dipole moment in ferroelectric ice XI F. Ishii, K. Terada, and S. Miura Mol. Sim. 38巻 369-372頁 2012/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A variational path integral molecular dynamics study of a solid helium-4 Comp. Phys. Commu. 182巻 274-276頁 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 液体の積分方程式理論とストリング法を結合した最小自由エネルギー経路計算法の開発(会議名:第30回分子シミュレーション討論会)(2016/11/30)
  • 充填氷の構造とダイナミクス(会議名:第30回分子シミュレーション討論会)(2016/11/30)
  • A molecular dynamics study of hydrogen hydrate(会議名:第30回分子シミュレーション討論会)(2016/11/30)
  • 3D-RISM 理論を用いた水溶液中におけるアラニ ンジペプチドの自由エネルギー地形の評価(会議名:第30回分子シミュレーション討論会)(2016/11/30)
  • マルチカノニカルアンサンブルを生成する一般化ハイブリッドモンテカルロ法の開発(会議名:第30回分子シミュレーション討論会)(2016/11/30)

全て表示

  • 水素クラスターの基底状態と魔法数(会議名:第30回分子シミュレーション討論会)(2016/11/30)
  • Development of hybrid Monte Carlo algorithm to generate the multicanonical ensemble(会議名:The 4th International Conference on Molecular Simulation)(2016/10/23)
  • String method combined with an integral equation theory of liquids for minimum free energy path in condensed phase processes(会議名:The 4th International Conference on Molecular Simulation)(2016/10/23)
  • Development of variational path integral molecular dynamics method with applications to quantum clusters(会議名:The 4th International Conference on Molecular Simulation)(2016/10/24)
  • マルチカノニカルアンサンブルを生成するハイブリットモンテカルロ法の開発(会議名:第29回分子シミュレーション討論会)(2015/11/30)
  • 3D-RISM理論を用いた水溶液中におけるアラニンジペプチドの自由エネルギーランドスケープ(会議名:第29回分子シミュレーション討論会)(2015/11/30)
  • 高次近似の密度行列を用いた変分経路積分分子動力学法の分子系への応用(会議名:第29回分子シミュレーション討論会)(2015/12/02)
  • パラ水素クラスターの量子構造ゆらぎに関する変分経路積分法を用いた研究(会議名:第29回分子シミュレーション討論会)(2015/12/02)
  • Path integral simulation studies on quantum clusters(会議名:Pacifichem 2015)(2015/12/19)
  • 超流動クラスター内の分子ダイナミクスの探索と新しい量子モンテカルロ法の開発(会議名:第9回九州大学物理教室談話会)(2014/12/16)
  • 高次近似のプロパゲータを用いた変分経路積分分子動力学法による水分子の研究(会議名:第28回分子シミュレーション討論会)(2014/11/13)
  • 3D-RISM/MD ハイブリッドシミュレーション法によるシニョリン分子の構造ゆらぎの解析(会議名:第28回分子シミュレーション討論会)(2014/11/12)
  • 高次近似の密度行列を用いた変分経路積分分子動力学法による水分子の研究(会議名:第8回分子科学討論会)(2014/09/22)
  • 3D-RISM/MD ハイブリッドシミュレーション法を用いた シニョリン分子の構造ゆらぎの解析(会議名:第8回分子科学討論会)(2014/09/22)
  • ab initio 虚時間離散化経路積分インスタントン法を用いたアンモニア 同位体の傘反転ゼロ点振動におけるトンネル分裂の定量的再現(会議名:第17回理論化学討論会)(2014/05/22)
  • Development of variational path integral molecular dynamics method with applications to molecular systems(会議名:International Symposium on Extended Molecular Dynamics and Enhanced Sampling: Nose Dynamics 30 Years)(2014/11/11)
  • A 3D-RISM/MD hybrid simulation study of a small hydrated protein molecule(会議名:9th Liquid Matter Conference)(2014/07/24)
  • 第一原理経路積分インスタントン法の開発とプロトン移動過程への応用(会議名:第4回CMSI研究会)(2013/12/13)
  • 3D-RISM/MD ハイブリッドシミュレーション法を用いたシニョリン分子の構造転移の解析(会議名:第7回分子科学討論会)(2013/09/27)
  • 量子論的分子プロセスに向けた経路積分法と電子状態計算の結合手法・計算プログラムの開発(会議名:計算分子科学拠点第4回研究会)(2013/09/11)
  • 第一原理経路積分インスタントン法の開発(会議名:第7回分子科学討論会)(2013/09/24)
  • 変分経路積分分子動力学法と電子状態計算の結合(会議名:第7回分子科学討論会)(2013/09/24)
  • ISOTOPE EFFCETS OF TUNNELING SPLITTING BETWEEN MOLECULAR CONFIGURATIONS(会議名:Nagoya Symposium on Depletion Forces: Celebrating the 60th Anniversary of the Asakura-Oosawa Theory)(2014/03/14)
  • A variational path integral molecular dynamics study of molecules using a fourth order propagator(会議名:3rd International Conference on Molecular Simulation)(2013/11/18)
  • Analysis of the structural transition of a chignolin molecule using the 3D-RISM/MD hybrid simulation method(会議名:3rd International Conference on Molecular Simulation)(2013/11/19)
  • Variational path integral molecular dynamics with applications to molecular systems(会議名:3rd International Conference on Molecular Simulation)(2013/11/20)
  • Variational path integral molecular dynamics with applications to molecular systems(会議名:3rd International Conference on Molecular Simulation)
  • A 3-D RISM/MD Study of a Small Hydrated Protein Molecule(会議名:33rd International Conference on Solution Chemistry)(2013/07/10)
  • Thermal and Quantum Structural Fluctuation of Small Protonated Water Clusters: A Path Integral Molecular Dynamics Study(会議名:33rd International Conference on Solution Chemistry)(2013/07/09)
  • Tunnel Process Calculation for Molecular Systems using ab initio Path-integral Instanton Method(会議名:33rd International Conference on Solution Chemistry)(2013/07/09)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「量子ナノ液滴内の分子過程に関する理論的研究」(2007-2010) 代表者
○若手研究(B)「量子凝縮系内の化学的プロセスに関する理論的研究」(2003-2006) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「超流動液体ヘリウム内の化学的過程に対する理論的研究」(2000-2002) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「溶液内化学反応の第一原理分子動力学」(1997-1998) 代表者
○基盤研究(C)「水素結合分子集団の量子振動状態に関する新規高精度シミュレーション手法の開発」(2011-2013) 代表者

学域・学類担当授業科目

○学域GS言語科目Ⅰ(理工系英語Ⅰ)数物科学類(2017)
○地域概論(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○物理学Ⅱ(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○化学物理学(2017)
○計算実験2(2017)
○計算実験序論2A(2017)
○計算実験課題研究(2017)
○計算実験序論2B(2017)
○学域GS言語科目Ⅱ(理工系英語Ⅱ)数物科学類(2017)
○力学演習1(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○熱統計力学演習2(2016)
○特別講義(数物科学国際交流B)(2016)
○特別講義(数物科学国際交流A)(2016)
○地域概論(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○計算実験課題研究(2016)
○計算実験2(2016)
○力学演習1(2016)
○化学物理学(2016)
○計算実験序論2(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○物理学Ⅱ(2016)
○物理学Ⅱ(2015)
○計算実験序論2(2015)
○計算実験課題研究(2015)
○計算実験2(2015)
○化学物理学(2015)
○数物科学最前線(2015)
○数物科学の世界(2015)
○力学演習1(2015)
○大学・社会生活論(2015)
○大学・社会生活論(2014)
○物理学Ⅱ(2014)
○力学演習1(2014)
○計算実験序論2(2014)
○計算実験2(2014)
○計算実験課題研究(2014)

大学院担当授業科目

○計算理学概論b(2017)
○演習B平成29年度入学生用(2017)
○計算実験科学概論b(2017)
○課題研究B平成29年度入学生用(2017)
○ゼミナールB平成29年度入学生用(2017)
○計算理学概論a(2017)
○計算実験科学概論a(2017)
○計算実験科学a(2017)
○計算実験科学b(2017)
○計算凝縮系科学(2017)
○演習B平成28年度入学生用(2016)
○計算実験科学a(2016)
○ゼミナールB平成28年度入学生用(2016)
○計算凝縮系科学(2016)
○課題研究B平成28年度入学生用(2016)
○計算実験科学b(2016)
○計算実験科学(2015)
○数物科学入門A(2015)
○数物科学入門B(2015)
○留学生基礎科目B(2015)
○留学生基礎科目A(2015)
○ゼミナールB平成27年度入学生用(2015)
○演習B平成27年度入学生用(2015)
○計算実験科学概論(2015)
○計算凝縮系科学(2015)
○ゼミナールB平成27年10月入学者用(2015)
○課題研究B平成27年度入学生用(2015)
○課題研究B平成27年10月入学者用(2015)
○演習B平成27年10月入学者用(2015)
○連携科目Ⅰ(2015)
○計算凝縮系科学(2014)
○計算統計物理(2014)
○計算統計物理特論(2014)
○数物科学入門B(2014)
○留学生基礎科目A(2014)
○計算実験科学概論(2014)
○留学生基礎科目B(2014)
○数物科学入門A(2014)
○課題研究B平成26年10月入学者用(2014)
○計算実験科学(2014)
○ゼミナールB平成26年10月入学者用(2014)
○演習B平成26年10月入学者用(2014)
○ゼミナールB平成26年度入学生用(2014)
○演習B平成26年度入学生用(2014)
○課題研究B平成26年度入学生用(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ