本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

若槻 聡 (わかつき さとし) 准教授 WAKATSUKI Satoshi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 数物科学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 数物科学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻

所属研究室等

 TEL:076-264-5655 FAX:076-264-5738

学歴

【出身大学院】
大阪大学 博士課程 理学研究科 2005/03 修了
大阪大学 修士課程 理学研究科 2002/03 修了
【出身大学】
大阪大学 理学部 2000/03 飛び級
【取得学位】
博士(理学)
修士(理学)

職歴

日本学術振興会 特別研究員(PD)(2005/04/01-2006/03/31)
金沢大学  自然科学研究科 助手(2006/04/01-2007/03/31)
金沢大学 自然科学研究科 助教(2007/04/01-2012/03/31)
金沢大学 数物科学系 准教授(2012/04/01-)

生年月

1977年11月

所属学会

日本数学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

代数学

専門分野キーワード

数論、保型形式

研究課題

多変数保型形式の空間上のヘッケ作用素の明示的跡公式

著書

論文

  • Congruences modulo 2 for dimensions of spaces of cusp forms 若槻聡 JOURNAL OF NUMBER THEORY 140巻 169--180頁 2014 査読有
  • Multiplicity formulas for discrete series representations in L2(Γ∖Sp(2,R)) JOURNAL OF NUMBER THEORY 133巻 10号 3394--3425頁 2013/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dimension formulas for spaces of vector valued Siegel cusp forms of degree two JOURNAL OF NUMBER THEORY 132巻 200-253頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Relations among Dirichlet series whose coefficients are class numbers of binary cubic forms 大野 泰生、谷口 隆、若槻 聡 131巻 1525-1541頁 2009/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Siegel modular forms of small weight and the Witt operator 伊吹山 知義、若槻 聡 Contemp. Math. 493巻 189-209頁 2009/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Igusa local zeta functions and integration formulas associated to equivariant maps 42巻 2005/06 査読有 原著論文
  • The Igusa local zeta function of the simple prehomogeneous vector space $(GL(1)^4\times SL(2n+1),\Lambda_2\oplus \Lambda_1\oplus \Lambda_1\oplus \Lambda_1)$ 57巻 2005/01 査読有 原著論文
  • Igusa local zeta functions of regular $2$-simple prehomogeneous vector spaces of type I with universally transitive open orbits Math. J. Okayama Univ. 46巻 2004/12 査読有 原著論文
  • $b$-Functions of regular $2$-simple prehomogeneous vector spaces associated to the symplectic group and the orthogonal group Comment. Math. Univ. St. Pauli 53巻 2004/12 査読有 原著論文

講演・口頭発表等

  • ジーゲル保型形式の次元公式(会議名:日本数学会 2016年度年会)(2016/03/19)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「アーサー跡公式の幾何サイドの研究と明示的跡公式への応用」(2014-2017) 代表者
○若手研究(B)「多変数保型形式の空間上のヘッケ作用素の明示的跡公式」(2008-2011) 代表者
○若手研究(スタートアップ)(2006-2009)「有界称領域上のカスプ形式の空間の明示的次元公式」(2006-2007) 代表者

学域・学類担当授業科目

○線形空間A(2017)
○線形空間B(2017)
○線形空間B(2017)
○微分積分学第二(2017)
○線形空間A(2017)
○代数学2B(2016)
○代数学2A(2016)
○代数学2A(2015)
○代数学2B(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○線形代数学第一(2015)
○初学者ゼミ(2014)
○線形代数学第二(2014)
○線形代数学第一(2014)
○数学展望(2014)
○代数学2A(2014)
○代数学2B(2014)
○特別講義(素数分布論)(2014)

大学院担当授業科目

○整数論特論(2017)
○整数論特論(2017)
○整数論特論(2017)
○演習A平成29年度入学生用(2017)
○課題研究A平成29年度入学生用(2017)
○代数学Ⅱa(2017)
○ゼミナールA平成29年度入学生用(2017)
○整数論特論(2017)
○代数学Ⅱb(2017)
○ゼミナールA平成28年度入学生用(2016)
○課題研究A平成28年度入学生用(2016)
○演習A平成28年度入学生用(2016)
○代数学Ⅱa(2016)
○代数学Ⅱb(2016)
○整数論特論(2016)
○ゼミナールA平成27年度入学生用(2015)
○課題研究A平成27年度入学生用(2015)
○演習A平成27年度入学生用(2015)
○代数学Ⅰ(2015)
○整数論特論(2015)
○整数論特論(2014)
○整数論(2014)
○整数論特論(2014)
○数学特別講義(素数分布論)(2014)
○ゼミナールA平成26年度入学生用(2014)
○代数学Ⅰ(2014)
○演習A平成26年度入学生用(2014)
○課題研究A平成26年度入学生用(2014)
○ゼミナールA平成26年10月入学者用(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ