本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2020年04月10日

HAMMOND MARK ( ハモンド マーク) 准教授 HAMMOND Mark

メール

所属組織・役職等

国際基幹教育院
准教授

教育分野

所属研究室等

総合教育1号館 (Room 402) FAX:

学歴

【出身大学院】
バーミンガム大学 (University of Birmingham) 修士課程 2017
【出身大学】
デュケイン大学  1988 卒業

職歴

金沢美術工芸大学 一般教育等 非常勤講師(1999-2015)
金沢大学 外国語教育研究センター 非常勤講師(2003-2015)

生年月

1966年06月

所属学会

全国語学教育学会 (JALT)
日本自律学習学会 (JASAL)
American Association for Applied Linguistics (AAAL)
The National Council on Education for the Ceramic Arts (NCECA)

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

Procedural Discourse, English for Creative Industries

研究課題

目的別英語 (芸術/工芸/デザイン) 手続きの談話研究

著書

論文

  • 授業実践の概観  マーク・ハモンド Forum of Language Instructors 13巻 13号 2019 査読無
  • Using Discourse Analysis to Develop L2 Learning Materials for Hands-on Creative-Tourism Workshops, Mark Hammond, OnCUE Journal, (JALT, College and University Educators SIG) 2018 査読有
  • 陶芸、金属工芸、染色の体験型クリエーティヴ・ツーリズム・ワークショップにおける第二言語方略的能力の調査 マーク・ハモンド 言語文化論叢  22巻 2018
  • ‘Small Cultures’ in Context of English Language Teaching Innovation  マーク・ハモンド  外国語教育フォーラム
  • Developing a Diagnostic Test of Verbs for Hands-on Craft Workshops マーク・ハモンド 言語文化論叢 Vol. 21 (Institute of Liberal Arts and Sciences, Kanazawa University)

全て表示

  • The Craft of One Little Finger: Analysis of A Conversation with Henri Cartier-Bresson マーク・ハモンド 言語文化論叢 Vol. 20 (Foreign Language Institute of Kanazawa University)

講演・口頭発表等

  • Supporting the English Language Needs of Traditional Craft Industries in Japan: The Significance of Procedural Discourse (会議名:日本ビジネスコミュニケーション学会2019年度年次大会(ABCJ-2019))(2019/07/13)
  • Procedural Discourse in EFL: Case Studies of Japanese Traditional Craft Artists(会議名:54th RELC International Conference)(2019)
  • English Language Learning Materials for Creative-Tourism Workshops(会議名:ESP Symposium - Keio 2017 - 慶應義塾大学, JALT CUE-SIG)(2017/09/16)
  • 伝統工芸の体験ワークショップのための英語マテリアルの研究。(会議名:全国語学教育学会(JALT)の分野別研究部会(SIG))(2017/05/20)
  • From Language Learning Spaces to Traditional Japanese Craft Studios: Using Hands-on Workshops to Promote Autonomous Learning(会議名:日本自律学習学会 (JASAL))

芸術・フィールドワーク

○スミソニアン博物館, Permanent Collection(2011-)
○ 写真展 「Whippersnapper(わんぱく小僧たち), 金沢美術工芸大学 & 北陸銀行ほくぎんアートギャラリー(2011-2011)
○ 写真展「マーク・ハモンド/スケッチイズ・オブ・ソリテュード」, 金沢美術工芸大学 & 北陸銀行ほくぎんアートギャラリー(2014-2014)

特許

共同研究希望テーマ

○クリエイティブ・ツーリズム / 伝統工芸の体験ワークショップのための英語マテリアルの研究。

科研費

○Artist Talks in EFL「Demonstrative Artist-Talks in English as a Foreign Language: A Needs Analysis for Contexts in Japanese Higher Education of the Ceramic Arts 基盤研究(C)」(2019-2021) 代表者
○基盤研究(C)「 Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) Competitive Grant - KAKEN C - Analysis of English Language Instruction of Japanese Craft」(2016-2019) 代表者

学域・学類担当授業科目

○TOEIC準備 Ⅱ(2017)
○TOEIC準備 Ⅱ(2017)
○EAP Ⅱ(2017)
○TOEIC準備 Ⅲ(2017)
○TOEIC準備 Ⅲ(2017)
○EAP Ⅱ(2017)
○TOEIC準備 Ⅰ(2017)
○TOEIC準備 Ⅳ(2017)
○TOEIC準備 Ⅰ(2017)
○TOEIC準備 Ⅰ(2017)
○TOEIC準備 Ⅲ(2017)
○EAP Ⅰ(2017)
○TOEIC準備 Ⅰ(2017)
○TOEIC準備 Ⅳ(2017)
○EAP Ⅰ(2017)
○TOEIC準備 Ⅳ(2017)
○TOEIC準備 Ⅱ(2017)
○TOEIC準備 Ⅱ(2017)
○TOEIC準備 Ⅲ(2016)
○TOEIC準備 Ⅳ(2016)
○TOEIC準備 Ⅲ(2016)
○TOEIC準備 Ⅳ(2016)
○TOEIC準備 Ⅰ(2016)
○EAP Ⅰ(2016)
○EAP Ⅱ(2016)
○EAP Ⅱ(2016)
○TOEIC準備 Ⅳ(2016)
○EAP Ⅳ(2016)
○TOEIC準備 Ⅱ(2016)
○TOEIC準備 Ⅱ(2016)
○TOEIC準備 Ⅲ(2016)
○TOEIC準備 Ⅱ(2016)
○EAP Ⅳ(2016)
○TOEIC準備 Ⅰ(2016)
○TOEIC準備 Ⅰ(2016)
○TOEIC準備 Ⅱ(2016)
○EAP Ⅲ(2016)
○TOEIC準備 Ⅲ(2016)
○EAP Ⅰ(2016)
○TOEIC準備 Ⅰ(2016)
○TOEIC準備 Ⅲ(2016)
○TOEIC準備 Ⅳ(2016)
○EAP(Retake)(2016)
○EAP Ⅲ(2016)
○TOEIC準備 Ⅳ(2016)
○英語Ⅰ(一般)(2016)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)

大学院担当授業科目

○TOEIC準備 Ⅱ(クォーター)/共通教育(2017)
○TOEIC準備 Ⅰ(クォーター)/共通教育(2017)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○金沢美術工芸大学(20190425-) Public Lecture: Giving Craft Workshops in English.
○石川県立伝統産業工芸館(20181123-) Public lecture: Creative-tourism Workshops in English
○石川県輪島漆芸美術館(20181110-) Public Lecture: Hands-on Kogei. Advice for giving workshops in English in creative-tourism contexts.

このページの先頭へ