本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2021年09月19日

木下 健 (きのした たけし) 助教 KINOSHITA Takeshi

メール

所属組織・役職等

がん進展制御研究所

教育分野

【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 薬学専攻

所属研究室等

免疫炎症制御研究分野 TEL:076-265-2732 FAX:076-234-4525

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 実験病理学 1998/03 修了
【出身大学】
筑波大学 第二学群 生物 1987/03 卒業
【取得学位】
学術修士
医学博士

職歴

金沢大学 分子標的薬剤開発センター(1998/10/01-)

生年月

1964年04月

所属学会

日本分子生物学会
日本癌学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

細胞生物学、分子生物学

専門分野キーワード

自然免疫,炎症,アポトーシス

研究課題

自然免疫系構成因子群の機能解析

著書

論文

  • TIMP-2 promotes activation of progelatinase a by membrane-type 1 matrix metalloproteinase immobilized on agarose beads JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 273巻 26号 16098頁 1998/06 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Mechanism and repertoire of ASC-mediated gene expression M Hasegawa,R Imamura,Kou Motani,T Nishiuchi,N Matsumoto,T Kinoshita,T Suda The Journal of Immunology Vol.182巻 No.12号 7655頁 2009/06/15 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • PYPAF3, a PYRIN-containing APAF-1-like protein, is a feedback regulator of caspase-1-dependent interleukin-1 beta secretion JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 280巻 23号 21720頁 2005/06 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • PYNOD, a novel Apaf-1/CED4-like protein is an inhibitor of ASC and caspase-1 INTERNATIONAL IMMUNOLOGY 16巻 6号 777頁 2004/06 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • MT-MMPs and their functions: Activation of a recombinant membrane-type matrix metalloproteinase 1 (MT1-MMP) by furin and its interaction with tissue inhibitor of metalloproteinases-2 (TIMP-2) TISSUE INHIBITORS OF METALLOPROTEINASES IN DEVELOPMENT AND DISEASE, PROCEEDINGS 97頁 2000 査読有 研究論文(プロシーディング)

全て表示

  • Fas-associated factor 1 is a negative regulator of PYRIN-containing Apaf-1-like protein 1 INTERNATIONAL IMMUNOLOGY 18巻 12号 1701頁 2006/12 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • NLRP3 mediates NF-κB activation and cytokine induction in microbially induced and sterile inflammation. Kinoshita T,Imamura R,Kushiyama H,Suda T PloS one 10巻 3号 e0119179頁 2015/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • ASC-mediated NF-kappa B activation leading to interleukin-8 production requires caspase-8 and is inhibited by CLARP JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 280巻 15号 15122頁 2005/04 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of NLRP7 (PYPAF3, NALP7) protein in endometrial cancer tissues ANTICANCER RESEARCH 28巻 4C号 2493頁 2008/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Caspase-1 protein induces apoptosis-associated speck-like protein containing a caspase recruitment domain (ASC)-mediated necrosis independently of its catalytic activity. Motani K,Kushiyama H,Imamura R,Kinoshita T,Nishiuchi T,Suda T The Journal of biological chemistry 286巻 39号 33963頁 2011/09 査読有
  • Activation of ASC induces apoptosis or necrosis depending on the cell type and causes tumor eradication MOTANI Kou,KAWASE Kouji,IMAMURA Ryu,KINOSHITA Takeshi,KUSHIYAMA Hiroko,SUDA Takashi Cancer Science 101巻 8号 1822頁 2010 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Mechanism and Repertoire of ASC-Mediated Gene Expression JOURNAL OF IMMUNOLOGY 182巻 12号 7655頁 2009/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Mechanism of ASC-mediated apoptosis: Bid-dependent apoptosis in type II cells ONCOGENE 26巻 12号 1748頁 2007/03 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Membrane-type 1 matrix metalloproteinase cytoplasmic tail-binding protein-1 is a new member of the Cupin superfamily - A possible multifunctional protein acting as an invasion suppressor down-regulated in tumors JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 279巻 13号 12734頁 2004/03 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Activation of a recombinant membrane type 1-matrix metalloproteinase (MT1-MMP) by furin and its interaction with tissue inhibitor of metalloproteinases (TIMP)-2. Sato H,Kinoshita T,Takino T,Nakayama K,Seiki M FEBS Letters 393巻 1号 101頁 1996/09 査読有
  • Processing of a precursor of 72-kilodalton type IV collagenase/gelatinase A by a recombinant membrane-type 1 matrix metalloproteinase. Kinoshita T,Sato H,Takino T,Itoh M,Akizawa T,Seiki M Cancer Research 56巻 11号 2535頁 1996/06 査読有
  • Cell surface binding and activation of gelatinase A induced by expression of membrane-type-1-matrix metalloproteinase (MT1-MMP). Sato H,Takino T,Kinoshita T,Imai K,Okada Y,Stetler Stevenson WG,Seiki M FEBS Letters 385巻 3号 238頁 1996/05 査読有
  • Anti-Inflammatory Activity of PYNOD and Its Mechanism in Humans and Mice JOURNAL OF IMMUNOLOGY 184巻 10号 5874頁 2010/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Caspase-1 induces apoptosis-associated speck-like protein containing a caspase-recruitment domain (ASC)-mediated necrosis independently of its catalytic activity Kou Motani,H Kushiyama,R Imamura,T Kinoshita,T Nishiuchi,T Suda The Journal of Biological Chemistry Vol.286巻 33963頁 2011/08/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Fas ligand induces cell-autonomous NF-kappa B activation and interleukin-8 production by a mechanism distinct from that of tumor necrosis factor-alpha JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 279巻 45号 46415頁 2004/11 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Mechanism of ASC-mediated apoptosis: Bid-dependent apoptosis in type II cells ONCOGENE 26巻 12号 1748頁 2007/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Vitamin B6 Prevents IL-1β Protein Production by Inhibiting NLRP3 Inflammasome Activation. Zhang P,Tsuchiya K,Kinoshita T,Kushiyama H,Suidasari S,Hatakeyama M,Imura H,Kato N,Suda T The Journal of biological chemistry 291巻 47号 24517頁 2016/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Caspase-1 initiates apoptosis in the absence of gasdermin D. Tsuchiya K,Nakajima S,Hosojima S,Thi Nguyen D,Hattori T,Manh Le T,Hori O,Mahib MR,Yamaguchi Y,Miura M,Kinoshita T,Kushiyama H,Sakurai M,Shiroishi T,Suda T Nature communications 10巻 1号 2091頁 2019/05 査読有
  • Caspase‐7 mediates caspase‐1‐induced apoptosis independently of Bid Microbiology and Immunology 64巻 2号 143頁 2020/02 査読有 研究論文(学術雑誌) 

講演・口頭発表等

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○奨励研究(A)(1968-2001)「アポトーシス促進因子Bidの制御機構」(2001-) 代表者
○特定領域研究(A)(1998-2001)「新規Bid結合因子によるアポトーシス制御機構の解明」(2003-) 代表者
○萌芽研究(2002-2008)「新規BH3ファミリー結合因子の機能解析」(2003-) 代表者
○特定領域研究(A)(1998-2001)「TNFレセプターファミリーDR6のシグナル伝達機構解明」(2002-) 代表者
○基盤研究(C)「抗炎症因子NLRP7の発現制御と新機能:細胞増殖、分化、運動、腫瘍化への関与」(2008-)
○基盤研究(C)「自然免疫制御因子PYPAF2, PYPAF3の細胞生存、増殖への関与」(2007-) 代表者
○基盤研究(C)「Fas-associated factor 1はマクロファージ抗炎症因子か?」(2006-) 代表者
○基盤研究(C)「単球系細胞における炎症反応のフィードバック制御機構」(2005-) 代表者
○特定領域研究「BH3ファミリーの細胞内局在を制御する新規因子」(2005-) 代表者
○基盤研究(C)「NF-kB活性化を介した自然免疫制御因子群NLRファミリーの新機能」(2009-) 代表者
○基盤研究(C)「自然免疫制御因子NLRPファミリーを介したがん細胞サイトカイン産生制御機構の解明」(2010-) 代表者
○基盤研究(C)「自然免疫ストレスセンサーNLRP3の新機能とその分子機構解明」(2011-2013) 代表者

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○生体防御機構学特論(2017)
○生体防御機構学特論(2017)
○生体防御機構学特論(2016)
○がん研セミナー(2016)
○生体防御機構学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ