本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

金森 正明 (かねもり まさあき) 講師 KANEMORI Masaaki

メール

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系 機能生物化学

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 生命科学専攻

所属研究室等

生体分子生理学研究室 TEL:076-264-6229 FAX:076-264-6230

学歴

【出身大学院】
京都大学 博士課程 理学研究科 生物物理学専攻 1994 修了
【出身大学】
九州大学 理学部 生物学科 1988 卒業
【取得学位】
修士(理学)
博士(理学)

職歴

エイチ・エス・ピー研究所 研究員(1994/04/01-2000/03/17)

生年月

1965年09月

所属学会

日本分子生物学会
日本生化学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○山田科学振興財団 研究助成(2001/09/25)

専門分野

機能生物化学

専門分野キーワード

ストレス応答、分子シャペロン、ATP依存性プロテアーゼ

研究課題

Hsp70シャペロンシステムの基質認識機構

ポリペプチドは、アミノ酸配列にしたがって機能的な状態に自発的に折り畳まれると考えられている。 しかし、細胞内で新しく合成された多くのポリペプチドは、本来の立体構造を形成するために一群の分子シャペロンを必要とする。 サイトゾルは巨大分子で満たされているので、新たに合成されたポリペプチド鎖はそれらと不適切に相互作用し、正常な立体構造形成ができない。 分子シャペロンは、新たに合成されたポリペプチド鎖を不適切な相互作用、すなわち凝集から保護し、それらがタンパク質へと成熟するのを助ける。 Hsp70は主要なシャペロンであり、長い間研究されてきたが、その基質認識機構は完全には理解されていない。 私は分子生物学と生化学の手法を使ってHsp70を研究してきた。

著書

論文

  • DnaJ-Promoted Binding of DnaK to Multiple Sites on σ32 in the Presence of ATP JOURNAL OF BACTERIOLOGY 196巻 9号 1694-1703頁 2014/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synergistic binding of DnaJ and DnaK chaperones to the heat shock transcriptionfactor s32 assures its characteristic high metabolic instability. Implications for heat shock protein 70 (Hsp70)-Hsp40 mode of function. 鈴木博貴,池田綾実,土本幸枝、足立浩一,野口亜希,福森義宏,金森正明 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 287巻 23号 19275-19283頁 2012/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Conserved region 2.1 of Escherichia coli heat shock transcription factor s32 is required for modulating both metabolic stability and transcriptional activity M. Horikoshi, T. Yura, ほか3名 JOURNAL OF BACTERIOLOGY 186巻 22号 7474-7480頁 2004/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic interplay between antagonistic pathways controlling the s32 level in Escherichia coli. M. T. Morita, M. Kanemori, H. Yanagi, and T. Yura Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 97巻 11号 5860-5865頁 2000/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Marked instability of the s32 heat shock transcription factor at high temperature - implication for heat shock regulation. M. Kanemori, H. Yanagi, and T. Yura The Journal of Biological Chemistry 273巻 31号 22002-22007頁 1999/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Overexpression of trigger factor prevents aggregation of recombinant proteins in Escherichia coli. K. Nishihara, M. Kanemori, H. Yanagi, T. Yura Applied and Emvironmental Microbiology 66巻 3号 884-889頁 2000/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The ATP-dependent HslVU/ClpQY protease participates in turnover of cell division inhibitor SulA in Escherichia coli. M. Kanemori, H. Yanagi, and T. Yura Journal of Bacteriology 181巻 12号 3674-3680頁 1999/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Heat-induced synthesis of s32 in Escherichia coli: structural and functional dissection of rpoH mRNA secondary structure. M. Morita, M. Kanemori, H. Yanagi, and T. Yura Journal of Bacteriology 181巻 2号 401-410頁 1999/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chaperone coexpression plasmids: differential and synergistic roles of DnaK-DnaJ-GrpE and GroEL-GroES in assisting folding of an allergen of Japanese cedar pollen, Cryj2, in Escherichia coli. K. Nishihara, M. Kanemori, H. Yanagi, T. Yura Applied and Emvironmental Microbiology 64巻 5号 1694-1699頁 1998/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Nitrate reductase from the magnetotactic bacterium Magnetospirillum magnetotacticum MS-1: purification and sequence analyses. A. Taoka, K. Yoshimatsu, ほか2名 CANADIAN JOURNAL OF MICROBIOLOGY 49巻 3号 197-206頁 2003/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synergistic roles of HslVU and other ATP-dependent proteases in controlling in vivo turnover of s32 and abnormal proteins in Escherichia coli. M. Kanemori, K. Nishihara, H. Yanagi, and T. Yura Journal of Bacteriology 179巻 23号 7219-7225頁 1997/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Purification, characterization and sequence analyses of extracellular giant hemoglobin from Oligobrachia mashikoi ZOOLOGICAL SCIENCE 22巻 3号 283-291頁 2005/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of endosymbionts in Oligobrachia mashikoi (Siboglinidae, Annelida) 22巻 2号 136-144頁 2007/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Actual distribution of bacteriocytes in the trophosome of a beard worm (Oligobrachia mashikoi, Siboglinidae, Annelida): clarification using whole-mount in situ hybridization 88巻 2号 129-135頁 2007/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Direct evidence that extra-cellular giant hemoglobin is produced in chloragogen tissues in a beard worm, Oligobrachia mashikoi (Frenulata, Siboglinidae, Annelida) 25巻 1247-1252頁 2008 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Distribution and population of free-living cells related to endosymbiont A harbored in Oligobrachia mashikoi (a Siboglinid Polychaete) 23巻 1号 81-88頁 2008 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • GroEL-substrate-GroES ternary complexes are an important transient intermediate of the chaperonin cycle. T. Miyazaki, T. Yoshimi, ほか5名 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 277巻 52号 50621-50628頁 2002/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○大腸菌を用いた異種タンパク質発現系

科研費

○奨励研究(A)(1968-2001)「分子シャぺロンやATP依存性プロテアーゼにより認識されるσ32上の構造の同定」(2001-) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○細胞・分子生物学(2017)
○生化学2(2017)
○生物学課題研究(2)(2017)
○生物学課題演習(2)(2017)
○生化学実験(2017)
○生命・地球学概論(2017)
○教職生物学(2017)
○生化学2(2017)
○教職生物学(2017)
○教職実践演習C(中・高)(2017)
○教職化学(2017)
○インターンシップ実習(2017)
○生物学課題演習(1)(2017)
○生化学1(2017)
○教職生物学(2017)
○生物学課題研究(1)(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○生化学1(2016)
○教職生物学(2016)
○生化学2(2016)
○教職生物学(2016)
○教職生物学(2016)
○教職実践演習C(中・高)(2016)
○生物学課題研究(1)(2016)
○生物学課題研究(2)(2016)
○生化学実験(2016)
○生物学課題演習(1)(2016)
○生物学課題演習(2)(2016)
○生命・地球学概論(2016)
○生物学Ⅰ(2015)
○生化学実験(2015)
○生物学課題演習(2)(2015)
○生物学課題研究(2)(2015)
○生化学1(2015)
○生物学課題演習(1)(2015)
○生物学課題研究(1)(2015)
○教職実践演習C(中・高)(2015)
○生化学2(2015)
○教職生物学(2015)
○教職生物学(2015)
○教職生物学(2015)
○教職化学(2015)
○生物学Ⅰ(2014)
○教職化学(2014)
○教職生物学(2014)
○教職生物学(2014)
○教職生物学(2014)
○生化学1(2014)
○生化学2(2014)
○教職実践演習C(中・高)(2014)
○生化学実験(2014)
○生物学課題演習(1)(2014)

大学院担当授業科目

○タンパク質科学特論(2017)
○タンパク質科学特論(2017)
○タンパク質科学特論(2017)
○タンパク質科学特論(2017)
○生命構造機能システム学B(2017)
○生命システム基礎A(2016)
○生命システム課題研究(2016)
○生命システム演習2B(2016)
○生命システム演習2A(2016)
○生命システム演習1B(2016)
○生命システム演習1A(2016)
○生命システム基礎演習(2016)
○リサーチスキルB(2016)
○リサーチスキルA(2016)
○生命構造機能システム学B(2016)
○生命システム基礎(2015)
○生命構造機能システム学(2015)
○タンパク質科学特論(2015)
○タンパク質科学特論(2014)
○ストレス細胞生物学(2014)
○微生物遺伝学(2014)
○生命構造機能システム学(2014)
○生命システム基礎(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ