本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年06月29日

中田 光俊 (なかだ みつとし) 教授 NAKADA Mitsutoshi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 脳医科学専攻

所属研究室等

脳機能制御学(脳神経外科) TEL:076-265-2384 FAX:076-234-4262

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 脳神経外科学 1999/03 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学科 1994/03 卒業
【取得学位】
博士 (医学)

職歴

金沢大学(2001/04/01-)

生年月

所属学会

日本脳神経外科学会 中部支部理事、代議員(2015-)
日本脳神経外科コングレス
日本脳腫瘍病理学会 理事(2015-)
日本癌学会 評議員(2016-)
日本脳腫瘍学会 理事(2016-)
日本分子脳神経外科学会 シニア世話人(2015-)
アメリカ癌学会 Active member
アメリカ脳腫瘍学会
日本てんかん学会
日本癌治療学会
日本脳腫瘍の外科学会 評議員(2016-)
日本脳神経外科光線力学学会 運営委員(2015-)
Neuro-Oncology WEST 世話人(2012-)
日本脳卒中学会
石川県てんかん医療研究会 世話人(2013-)
関西脳神経外科手術研究会 世話人(2015-)
日本脳神経CI学会
日本脳神経減圧術学会
日本小児神経外科学会

学内委員会委員等

○金沢大学附属病院先進医療専門委員会小委員 委員(2016-)
○金沢大学先端科学・イノベーション推進機構協力会 産学連携コーディネーター 委員(2015-)
○ライフサイエンス研究戦略委員会 委員(2015-)
○外国医師臨床修練委員会 委員

受賞学術賞

○第15回北國がん研究振興財団助成(2001/10/11)
○アメリカ癌学会奨励賞(2002/04/09)
○日本脳神経外科学会総会奨励賞(2002/10/02)
○アメリカ脳腫瘍学会奨学金賞(2002/10/06)
○内藤記念科学振興財団海外留学助成金(2002/10/06)
○富山県未来財団 とやま賞(2003/05/09)
○日本学術振興会海外特別研究員(2005/04/01)
○日本脳腫瘍学会 星野賞(2005/10/31)
○アメリカ脳神経外科学会「ポスター」賞(2006/04/26)
○がん研究振興財団 がん研究助成金(2007)
○日本脳神経外科財団 学術研究助成(2008)
○臨床薬理研究振興財団 研究奨励金(2008/12/10)
○安田記念医学財団 若手癌研究助成(2008/12/13)
○がん研究振興財団 がん研究助成金(2009/03/30)
○金沢大学十全医学賞(2010/10/08)
○大阪癌研究会 一般学術研究助成(2010/12/01)
○小林がん学術振興会 研究助成(2011/06/25)
○臨床薬理研究振興財団研究大賞(2011/11/14)
○外科学研究助成基金(2012/08/10)
○武田科学振興財団 医学系研究奨励(2012/11/12)
○がん研究振興財団 がん研究助成金(2013/01/23)
○R&D推進・研究助成(2013/08/06)
○公益財団法人 持田記念医学薬学振興財団研究助成(2013/10/25)
○金沢市医師会金沢医学館記念医学賞(2013/11/10)
○高松宮妃癌研究基金研究助成金(2015/02/02)
○公益財団法人 三谷研究開発支援財団助成(2015/07/02)
○公益財団法人小林国際奨学財団研究助成(2017/02/23)

専門分野

脳神経外科学

専門分野キーワード

悪性脳腫瘍、膠芽腫、グリオーマ幹細胞、浸潤、分子標的、バイオマーカー

研究課題

悪性脳腫瘍に対するテーラーメード分子標的療法の確立

悪性脳腫瘍に対するテーラーメード分子標的療法の確立 1. GSK3β阻害作用を有する既存医薬品を使用した悪性グリオーマの化学療法
糖代謝経路の下流で発見されたglycogen synthase kinase (GSK)3βは細胞周期,増殖・分化,アポトーシスや細胞骨格・運動能など多彩な細胞生命現象を制御する多機能分子である。近年GSK3βの過剰発現やリン酸化による活性調節機構の破綻ががん細胞の生存と増殖を維持・促進することが明らかとなり,GSK3βはがんに対する新しい標的分子として注目されている。当研究室ではGSK3βの阻害により膠芽腫細胞の悪性形質が著しく抑えられる基礎研究結果を報告した。これを受けて,GSK3βを阻害する四種類の既存医薬品を検索・抽出しGSKカクテル(特開2012-41314)と名付けて膠芽腫に適用することにより,迅速に臨床試験へ移行させた。これまでの大学病院での単施設第I/II相臨床試験から,GSKカクテルが脳内の腫瘍組織で確実に効果を発揮していることを証明するとともにその臨床上の安全性と有効性を確認した。

2. 悪性グリオーマ摘出検体の標的タンパク質発現解析に基づく個別化分子標的療法
膠芽腫は症例毎に種々のタンパク質の発現量に顕著な個人差があることから標的分子をいかに同定するかが課題であった。当研究室では“絶対定量プロテオミクス”という革新的な蛋白定量技術を駆使することにより悪性グリオーマ組織内の確実な標的分子を同定して,適切な分子標的薬剤を使用する個別化化学療法を確立した。

悪性グリオーマ幹細胞に関する基礎研究

悪性グリオーマ幹細胞に関する基礎研究 近年のがん基礎研究では腫瘍の起源となる癌幹細胞の存在が提唱されており,脳腫瘍においてもグリオーマ幹細胞がいちはやく同定され,研究領域が急速に拡大している。当研究室では摘出した悪性グリオーマ検体からグリオーマ幹細胞を抽出し研究を展開している。グリオーマ幹細胞の浸潤関連分子を探索し接着因子integrinが関与していることを見出した。また幹細胞シグナルとして重要なNotchシグナルに対する分子標的薬を使用した実験を進め悪性グリオーマ幹細胞の制御を試みている。

悪性脳腫瘍のバイオマーカーの探索

悪性脳腫瘍のバイオマーカーの探索 悪性脳腫瘍の予後を改善させる究極の方法は無症状の状態での“早期発見”である。早期発見できた場合,外科的全摘出が可能となる場合もあり得ると考える。現在脳MRIを施行する脳ドックが普及しているが,受診率は高くなくより簡便な早期発見法の確立が待たれる。他臓器癌では腫瘍マーカーの検索により血液検査で容易に担癌患者の発見が可能であるのに対し,悪性脳腫瘍では特異的な血中・尿中マーカーは発見されていない。本疾患に対する有用なバイオマーカーの必要性が高まっている。当教室ではプロテオミクス技術を用いて悪性脳腫瘍のバイオマーカーの探索を試みている。

著書

  • Signaling cascades driving the malignant phenotype of glioma cells Springer 2014/10 原著書 共著 Nakada M, Kita D, Furuta T, Watanabe T, Hayashi Y, Hamada JI.
  • Receptor tyrosine kinases: principles and functions in glioma invasion Springer 2013/01 原著書 共著 Nakada M, Kita D, Teng L, Pyko IV, Watanabe T, Hayashi Y, Hamada JI.
  • Current applications of 5-ALA in glioma diagnostics and therapy InTech 2013/01 原著書 共著 Teng L, Nakada M, Hayashi Y, Yoneyama T, Zhao SG, Hamada JI
  • Distinct pathologic roles for glycogen synthase kinase 3b in colorectal cancer progression InTech Colorectal Cancer/Book 1 2011/12 原著書 共著 Minamoto T, Kotake M, Nakada M, Shimasaki T, Motoo Y, Kawakami K.
  • 脳腫瘍における新しい治療効果予測因子と薬物治療展望 技術情報協会 がんの新しいバイオマーカー/予測因子による個別化医療時代に求められる抗がん剤開発 2011/06 原著書 共著 中田光俊

全て表示

  • The pivotal role of GSK3beta in glioma biology InTech Molecular Targets of CNS Tumors 2011/06 原著書 共著 Nakada M, Minamoto T, Pyko IV, Hayashi Y, Hamada JI. 567-590頁
  • RNAi in malignant brain tumors: relevance to molecular and translational research RNA Technologies and Their Applications 2010/01 原著書 共著 in press頁
  • Signaling cascades driving the malignant phenotype of glioma cells Springer 2013/12 原著書 共著 Nakada M, Kita D, Teng L, Pyko IV, Watanabe T, Hayashi Y, Hamada JI.
  • MT1-MMP抑制分子;N-Tesの同定とグリオーマ浸潤抑制効果の解析 九州大学出版会 ポストシークエンス時代における脳腫瘍の研究と治療 2002/04 原著書 共著 中田光俊,高橋友哉,喜多大輔,佐藤博,山下純宏
  • グリオーマにおけるADAMTS familyの発現について ポストシークエンス時代における脳腫瘍の研究と治療 2002/04 原著書 共著 高橋友哉,中田光俊,喜多大輔,佐藤博,山下純宏 135-140頁
  • LINAC メジカルビュー 脳神経外科Advanced Practice 5 神経膠腫 2001/12 原著書 共著 中田光俊,長谷川光広,山下純宏
  • 髄膜腫の再発危険因子の検討−MIB-1およびLCAによる解析− メディカ出版 髄膜腫の外科 1997/12 原著書 共著 中田光俊,長谷川光広,山嶋哲盛,山下純宏

論文

  • Cerebral infarction related to carmustine wafers in glioblastoma 5. Nakada M, Tanaka S, Oishi M, Miyashita K, Misaki K, Mohri M, Hayashi Y, Uchiyama N, Watanabe T, Hayashi Y. Neurol Med Chir (Tokyo)  in press巻 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Neurolymphomatosis exhibiting repeated exacerbation and remission in both the peripheral and central nervous systems Akagi A, Ono K, Hamaguchi T, Samuraki M, Nakada M, Shima Y, Oohata T, Yamada M J Neurol Sci  in press巻 2014/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Functional recovery from pure dyslexia with preservation of subcortical association fiber networks Hayashi Y, Okita H, Kinoshita M, Miyashita K, Nakada M. Interdisciplinary Neurosurgery in press巻 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Epithelioid glioblastoma arising from pleomorphic xanthoastrocytoma with the BRAF V600E mutation 4. Tanaka S, Nakada M, Nobusawa S, Suzuki SO, Sabit H, Miyashita K, Hayashi Y. Brain Tumor Pathol  31巻 172-176頁 2014/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The mechanism of chemoresistance against tyrosine kinase inhibitors in malignant glioma Nakada M, Kita D, Watanabe T, Hayashi Y, Hamada JI. Brain Tumor Pathol 31巻 198-207頁 2014/08 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Membrane-type 1 matrix metalloproteinase regulates fibronectin assembly and N-cahderin adhesion 3. Takino T, Yoshimoto T, Nakada M, Li Z, Domoto T, Kawashiri S, Sato H. Biochem Biophys Res Commun 2014/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of the inflow zone of unruptured cerebral aneurysms: comparison of four-dimensional flow MRI- and three-dimensional TOF MRA data Futami K, Sano H, Misaki K, Nakada M, Ueda F, Hamada J. AJNR Am J Neuroradiol, 2014/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prognostic paradox: Brain damage around the glioblastoma resection cavity Furuta T, Nakada M, Ueda F, Watanabe T, Arakawa Y, Higashi R, Hashimoto M, Nitta H, Hayashi Y, Hamada JI. J Neurooncol  118巻 187-192頁 2014/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Predictive value of fractional anisotropy of the arcuate fasciculus for the functional recovery of language after brain tumor resection: A preliminary study Kinoshita M, Nakada M, Okita H, Hamada JI, Hayashi Y. Clin Neurol Neurosurg  117巻 45-50頁 2013/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 脳腫瘍に対するドラッグリポジショニング ―GSK3βを標的とした膠芽腫治療― 中田光俊,源利成 癌と化学療法 41巻 720-724頁 2014/06 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Force-detecting gripper and force feedback system for neurosurgery applications Int J Comp Assist Radiol and Surg 2013/01 査読有 原著論文
  • Reversible acute bilateral blindness resulting from a frontal brain tumor: A case report Hayashi K, Nakada M, Miyashita K, Hayashi Y, Hamada JI. Br J Neurosurg  1-3頁 2014/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • PCDH10 is required for the tumorigenicity of glioblastoma cells Echizen K, Nakada M, Hayashi T, Sabit H, Furuta T, Nakai M, Nasu-Koyama R, Nishimura Y, Taniue K, Morishita Y, Hirano S, Terai K, Todo T, Ino Y, Mukasa A, Takayanagi S, Otani R, Saito N, Akiyama T. Biochem Biophys Res Commun 444巻 13-18頁 2014/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterizing invading glioma cells based on IDH1-R132H and Ki-67 immunofluorescence Sabit H, Nakada M, Furuta T, Watanabe T, Hayashi Y, Sato H, Kato Y, Hamada JI. Brain Tumor Pathol  2014/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ligand-dependent EphB1 signaling suppresses glioma invasion and correlates with patient survival Neuro-Oncology 15巻 1710-1720頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Glycogen synthase kinase 3β inhibition sensitizes human glioblastoma cells to temozolomide by affecting O6-methylguanine DNA methyltransferase promoter methylation via c-Myc signaling Carcinogenesis  34巻 2206-2217頁 2013/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Progressive adult primary glioblastoma in the medulla oblongata with an unmethylated MGMT promoter and without an IDH mutation Brain Tumor Pathol  30巻 175-179頁 2013/07 査読有 原著論文
  • Surgical strategies for nonenhancing slow-growing gliomas with special reference to functional reorganization: a review with own experience Neurol Med Chir (Tokyo)  53巻 438-446頁 2013/07 査読有 総説
  • Integrin α3 is overexpressed in glioma stem-like cells and promotes invasion Br J Cancer 108巻 2516-2524頁 2013/06 査読有 原著論文
  • Right superior longitudinal fasciculus: Implications for visuospatial neglect mimicking Gerstmann’s syndrome Clinical Neurology and Neurosurgery  115巻 775-777頁 2013/06 査読有 原著論文
  • What bone-part is important to remove in accessing the suprachiasmatic region with less frontal lobe retraction in frontotemporal craniotomies World Neurosurgery  77巻 342-348頁 2012/02
  • Molecular analysis of a recurrent glioblastoma treated with bevacizumab Brain Tumor Pathology 2013/03 査読有 原著論文
  • Recurrent anaplastic meningioma treated by sunitinib based on the absolute quantitative proteomics Neuropathology and Applied Neurobiology 38巻 105-110頁 2012/02 査読有 原著論文
  • Progressive tentorial cavernous malformation Surgical Neurology International 3巻 18頁 2012/02 査読有 原著論文
  • 脳腫瘍識別を目指した共焦点顕微鏡による腫瘍観察 栂野浩太郎、米山猛、濵田潤一郎、林裕、中田光俊、渡辺哲陽、香川博之 生体医工学 50巻 62-67頁 2012/01 査読有 原著論文
  • Role of Eph/ephrin tyrosine kinase in malignant glioma Neuro-Oncology 13巻 1163-1170頁 2011/11 査読有 総説
  • 非優位半球頭頂葉グリオーマに対し線分二等分試験をタスクとして施行した覚醒下手術の二症例 北林朋宏、中田光俊、木下雅史、櫻井裕之、小林沙織、沖田浩一、南部裕子、林裕 脳神経外科 40巻 1095-1099頁 2012/12 査読有 原著論文
  • MGMT promoter methylation and temozolomide response in choroid plexus carcinoma Brain Tumor Pathol  28巻 259-63頁 2011/07 査読有 原著論文
  • Neuro-Sweet disease mimicking recurrent anaplastic astrocytoma associated with therapy-related myelodysplastic syndrome: a case report Clinical Neurology and Neurosurgery 114巻 1049-51頁 2012/09 査読有 原著論文
  • The strategy for enhancing temozolomide against malignant glioma Frontiers in Radiation Oncology 2巻 98頁 2012/08 査読有 総説
  • Anaplastic meningioma with extremely rapid recurrence Neurol Med Chir (Tokyo)  51巻 386-388頁 2011/05 査読有 原著論文
  • Association between carotid plaque composition assessed by multidetector computed tomography and cerebral embolism after carotid stenting Neuroradiology  54巻 487-493頁 2012/05 査読有 原著論文
  • Prediction of high-grade meningioma by preoperative MRI assessment J Neurooncol 108巻 147-152頁 2012/05 査読有 原著論文
  • Silencing of ferrochelatase enhances 5-aminolevulinic acid-based fluorescence and photodynamic therapy efficacy Br J Cancer 104巻 798-807頁 2011/03 査読有 原著論文
  • Visualization of dominant angiographical arteriovenous shunting in parasylvian glioblastomas Acta Neurochirurgica 2013/02 査読有 原著論文
  • Aberrant glycogen synthase kinase 3β is involved in pancreatic cancer cell invasion and resistance to therapy PLoS One 8巻 e55289頁 2013/02 査読有 原著論文
  • Functional reorganization in the patient with progressing glioma of pure primary motor cortex: A case report with special reference to the topographic central sulcus defined by SEP. World Neurosurgery  2013/01 査読有 原著論文
  • Combination therapy using Notch and Akt inhibitors is effective for suppressing invasion but not proliferation in glioma cells Neuroscience letters  534巻 316-321頁 2012/12 査読有 原著論文
  • Aberrant signaling pathways in glioma Cancers 3巻 3242-3278頁 2011/01 査読無 総説
  • Radiation induced cerebellar high grade glioma accompanied by meningioma and cavernoma 29 years after the treatment of medulloblastoma: a case report J Neurooncol 100巻 299-303頁 2010/11 査読有 原著論文
  • Correlation between language function and the left arcuate fasciculus detected by diffusion tensor imaging tractography after brain tumor surgery J Neurosurg 117巻 839-843頁 2012/11 原著論文
  • Secondary anaplastic astrocytoma developing in a young adult with autoimmune lymphoproliferative syndrome (ALPS) Neuropathology and Applied Neurobiology  37巻 423-427頁 2011/06 査読有 原著論文
  • Ependymoma and choroid plexus papilloma as synchronous multiple neuroepithelial tumors in the same patient: a case report and review of literature Neurosurgery  68巻 E1144-1147頁 2011/04 査読有 原著論文
  • Sphingosine-1-phosphate receptor type 1 regulates glioma cell proliferation and correlates with survival of patients with glioblastoma. 98巻 2341-2352頁 2010/05 査読有 原著論文
  • The phosphorylation of ephrin-B2 ligand promotes glioma cell migration and invasion 126巻 1155-1165頁 2010/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The correlation between promoter methylation status and the expression level of O6-methylguanine-DNA methyltransferase in recurrent glioma 2 Jpn J Clin Oncol 41巻 190-196頁 2011/02 査読有 原著論文
  • NKX2.2 suppresses self-renewal of glioma-initiating cells Can Res 71巻 1135-1145頁 2011/02 査読有 原著論文
  • Epithelioid glioblastoma changed to typical glioblastoma: the methylation status of MGMT promoter and 5-ALA fluorescence Brain Tumor Pathol 28巻 59-64頁 2011/02 査読有 原著論文
  • 悪性神経膠腫浸潤における細胞外微小環境の役割 中田光俊,濵田潤一郎 日本臨床 新時代の脳腫瘍学―診断・治療の最前線― 68巻 88-92頁 2010/01 査読無 総説
  • 悪性脳腫瘍の浸潤機構に関する基礎的・臨床的研究 中田光俊 金沢大学十全医学会雑誌 119巻 164-168頁 2010/01 査読無 総説
  • Ganglioglioma of the thoracolumbar spinal cord in a patient with neurofibromatosis type 1: a case report and literature review Pediatr Neurosurg 47巻 210-213頁 2011/10 査読有 原著論文
  • Skull osteohypertrophy as a complication of bone wax J Clin Neurosci  16巻 1658-1660頁 2009/12 査読有 原著論文
  • An emerging strategy for cancer treatment targeting aberrant glycogen synthase kinase 3b Anti-Cancer Agents in Medicinal Chemistry 9巻 1114-1122頁 2009/12 査読無 総説
  • Intraparenchymal pneumocephalus caused by ethmoid sinus osteoma J Clin Neurosci  16巻 1487-1489頁 2009/11 査読有 原著論文
  • Mollaret’s meningitis associated with occipital dermal sinus Journal of Pediatrics 155巻 757頁 2009/11 査読有 原著論文
  • Implication of 5-ALA fluorescence of the ventricle wall for postoperative communicating hydrocephalus associated with CSF dissemination in glioblastoma patients - A report of seven cases- J Neurosurg  112巻 1015-1019頁 2010/05 査読有 原著論文
  • The expression level of sphingosine-1-phosphate receptor type 1 is related to MIB-1 labeling index and predicts survival of glioblastoma patients J Neurooncol  98巻 41-47頁 2010/05 査読有 原著論文
  • Retro-odontoid pseudotumor without atlantoaxial subluxation J Clin Neurosci 17巻 649-652頁 2010/05 査読有 原著論文
  • Force detecting gripper and flexible micro manipulator for neurosurgery Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc 2011巻 6695-6699頁 2011/01
  • PDGFRA gene rearrangements are frequent genetic events in PDGFRA-amplified glioblastomas Genes & Development 24巻 2205-2218頁 2010/10 査読有 原著論文
  • Potential effect of glycogen synthase kinase beta inhibition against human glioblastoma CLINICAL CANCER RESEARCH 15巻 3号 887-897頁 2009/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A case of neurosarcoidosis with necrotizing granuloma expressing angiotensin converting enzyme Mod Rheumatol  20巻 506-510頁 2010/10 査読有 原著論文
  • Transcrusal approach to the retrochiasmatic region with special reference to temporal lobe retraction: An anatomical study. Acta Neurochirurgica  153巻 659-665頁 2011/03 査読有 原著論文
  • 脳腫瘍浸潤の分子機構 中田光俊,佐谷秀行 脳21 12巻 16-20頁 2009/01 査読無 総説
  • グリオーマの浸潤研究―最近のトピックス― 中田光俊,濵田潤一郎 脳神経外科速報 19巻 900-907頁 2009/01 査読無 総説
  • The guanine nucleotide exchange factors Trio, Ect2, and Vav3 mediate the invasive behavior of glioblastoma Am J Pathol 173巻 1828-1838頁 2008/12 査読有 原著論文
  • Ossified peripheral middle cerebral artery aneurysm in a 30-year-old man J Clin Neurosci 16巻 1075-1077頁 2009/08 査読有 原著論文
  • BCL10 single nucleotide polymorphism and its association with CSF dissemination of primary intracranial germ cell tumors Pediatr Neurosurg 45巻 291-295頁 2009/04 査読有 原著論文
  • Gonadotropin-releasing hormone (GnRH) and its receptor in human meningiomas Clinical Neurol and Neurosurg 45巻 291-295頁 2009/02 査読有 原著論文
  • Role of myosin II activity and the regulation of myosin light chain phosphorylation in astrocytomas. 65巻 1212-1222頁 2008
  • A reevaluation of the primary diagnosis of hemangiopericytoma and the clinical importance of differential diagnosis from solitary fibrous tumor of the central nervous system Clinical Neurol and Neurosurg 111巻 34-38頁 2009/01 査読有 原著論文
  • MAP-ing glioma invasion-MKK3 and p38 drive glioma invasion and progression and predict survival. 6巻 1212-1222頁 2007
  • Molecular targets of glioma invasion. 64巻 4号 458-478頁 2007/02
  • Role of Rac1-regulated signaling in medulloblastoma invasion Journal of Neurosurg: Pediatrics 4巻 2号  97-104頁 2009/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Increased Fn14 expression levels promote glioma cell invasion via Rac1 and NF-kappa B and correlate with poor patient outcome. 66巻 208-215頁 2006
  • Autotaxin: a secreted autocrine/paracrine factor that promotes glioma invasion. JOURNAL OF NEURO-ONCOLOGY 86巻  297-309頁 2008 査読有 原著論文
  • Glioma cells on the run, the migratory transcriptome of 10 human glioma cell lines. BMC Genomics 9巻  54頁 2008 査読有 原著論文
  • Association fibers connecting the Broca center and the lateral superior frontal gyrus: a microsurgical and tractographical anatomy J Neurosurg 116巻 323-330頁 2012/02 査読有
  • Identification of tumor-initiating cells in a highly aggressive brain tumor using promoter activity of nucleostemin PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AME 106巻 40号 17163-17168頁 2009/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Human glioblastomas overexpress ADAMTS-5 that degrades brevican. ACTA NEUROPATHOLOGICA 110巻  239-246頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ephrin-B3 ligand promotes glioma invasion through activation of Rac1. CANCER RESEARCH 66巻  8492-8500頁 2006/09 査読有 原著論文
  • Unusual angiographic changes in an internal carotid artery pseudoaneurysm after infection in the deep neck space NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA 48巻 5号 216-9頁 2008/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • EphB2/R-Ras signaling regulates glioma cell adhesion, growth, and invasion. Nakada M, Niska JA, Tran NL, ほか2名 AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY 167巻  565-576頁 2005/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cell migration and invasion assays. METHODS 37巻  208-215頁 2005 査読有 原著論文
  • Recurrent intracranial esthesioneuroblastoma outside the initial field of radiation with progressive dural and intra-orbital invasion. Tamase A, Nakada M, Hasegawa M 他2名 ACTA NEUROCHIRURGICA 146巻 179-182頁 2004/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • JSAP1/JIP3 cooperates with FAK to regulate c-Jun N-terminal kinase and cell migration. JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 280巻  37772-37781頁 2005 査読有 原著論文
  • Testican 2 abrogates inhibition of membrane-type matrix metalloproteinases by other testican family proteins. Nakada M, Miyamori H, Yamashita J 他1名 CANCER RESEARCH 63巻 3364-3369頁 2003/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ADAM12 is selectively overexpressed in human glioblastoma and is associated with glioblastoma cell proliferation and shedding HB-EGF. Kodama T, Ikeda E, Nakada M他7名 AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY 165巻 1743-1753頁 2004/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Suppression of MT1-MMP-mediated MMP-2 activation and tumor invasion by testican 3 and its splicing variant gene product N-Tes. Nakada M, Yamada A, Takino T 他4名 CANCER RESEARCH 61巻 8896-8902頁 2001/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of Rho-Kinase effects astrocytoma morphology, motility and invasion through activation of Rac1. CANCER RESEARCH 65巻  8792-8800頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of dominant negative form of Ets-1 suppresses fibronectin-stimulated cell adhesion and migration through down-regulation of integrin α5 expression in U251 glioma cell line Kita D, Takino T, Nakada M, Takahashi T, Yamashita J, Sato H Cancer Res 61巻 21号 7985-7991頁 2001/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Contrast-enhanced fluid-attenuated inversion-recovery MRI is useful to detect the CSF dissemination of glioblastoma Misaki K, Nakada M, Hayashi Y, Tachibana O, Yamashita J, Ueda F, Suzuki M J Comput Assist Tomogr 25巻 6号 953-956頁 2001/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Roles of membrane type 1 matrix metalloproteinase and tissue inhibitor of metalloproteinases 2 in invasion and dissemination of human malignant glioma Nakada M, Kita D, Futami K, Yamashita J, Fujimoto N, Sato H, Okada Y J Neurosurg 94巻 3号 464-73頁 2001/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Rupture of an aneurysm during three-dimensional computerized tomography angiography Nakada M, Akaike S, Futami K J Neurosurg 93巻 5号 900頁 2000/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • MRI findings of cerebral paragonimiasis in chronic stage Nomura M, Nitta H, Nakada M, Yamashima T, Yamashita J Clin Radiol 54巻 9号 622-624頁 1999/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ets-1 positively regulates expression of urokinase-type plasminogen activator (uPA) and invasiveness of astrocytic tumors Nakada M, Yamashita J, Okada Y, Sato H J Neuropathol Exp Neurol 58巻 4号 329-334頁 1999/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 組織破壊性プロテアーゼとしてのマトリックスメタロプロテアーゼ 中田光俊,岡田保典 呼吸 18巻 365-371頁 1999 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ヒト神経膠腫での膜型MMPの発現と浸潤 中田光俊,岡田保典 組織培養工学 25巻 336-340頁 1999 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression and tissue localization of membrane-types 1, 2, and 3 matrix metalloproteinases in human astrocytic tumors Nakada M, Nakamura H, Ikeda E, Fujimoto N, Yamashita J, Sato H, Seiki M, Okada Y Am J Pathol 154巻 2号 417-428頁 1999/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sweet's syndrome associated with granulocyte colony-stimulating factor Hasegawa M, Sato S, Nakada M, Nitta H, Shirasaki H, Kasahara K, Takehara K Eur J Dermatol 8巻 7号 503-505頁 1998/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Simulation of clipping position for cerebral aneurysms using three-dimensional computed tomography angiography. Futami K, Nakada M, Iwato M 他3名 NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA 44巻 6-13頁 2004/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The cluster of arachnoid diverticula in the occipital bone: report of two cases with literature review Nakada M, Hasegawa M, Sakuda K, Muramatsu N, Yamashita J, Suzuki M Acta Neurochir(Wien) 140巻 7号 647-650頁 1998/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Role of synaptojanin 2 in glioma cell migration and invasion. Chuang YY, Tran NL, Nakada M 他3名 CANCER RESEARCH 64巻 8271-8275頁 2004/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 両側即発性外傷性顔面神経麻痺を呈した1例 中田光俊,浜田秀剛,宗本滋,黒田英一,蘇馬真理子,毛利正直 救急医学 21巻 2号 244-246頁 1997/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CrkI adaptor protein modulates cell migration and invasion in glioblastoma. Takino T, Nakada M, Miyamori H 他3名 CANCER RESEARCH 63巻 2335-2337頁 2003/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Interlocking detachable coil を用いて治療した急性期に破裂を繰り返した 解離性椎骨動脈瘤の1例 中田光俊,池田清延,立花修,山下純宏,松井修,野畠浩司,宗本滋 脳神経外科 25巻 1号 57-60頁 1997/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The phosphorylation of EphB2 receptor regulates migration and invasion of human glioma cells. Nakada M, Niska JA, Miyamori H, 他4名 CANCER RESEARCH 64巻  3179-3185頁 2004/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Contrast-enhanced MRI of intracellar arachnoid cyst: relationship between the pituitary gland and cyst. Nomura M, Tachibana O, Nakada M 他 5名 NEURORADIOLOGY 38巻 566-568頁 1996/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prediction of carotid artery in-stent restenosis by quantitative assessment of vulnerable plaque using computed tomography.  Misaki K, Uchiyama N, Mohri M, Hayashi Y, Ueda F, Nakada M J Neuroradiol 43: 18-24, 2016  43巻 18-24頁 2016 査読有
  • Strong therapeutic potential of γ-secretase inhibitor MRK003 for CD44-high and CD133-low glioblastoma initiating cells Journal of Neuro-Oncology 2014/10/08 

講演・口頭発表等

  • 平成19年度 学会発表 1.中田光俊,濱田潤一郎、Berens ME Gliomaの浸潤におけるEphrin-B分子の役割 第23回日本脳腫瘍病理学会,平成19年4月19日-20日,熊本 2.中田光俊 腫瘍浸潤 脳腫瘍レビュー’07 (教育講演),平成19年6月2日,東京 3.中田光俊 Microarrayによる悪性脳腫瘍浸潤関連分子の同定と機能解析 第6回北陸ポストゲノム研究フォーラム (特別講演),平成19年6月28日,金沢 4.中田光俊、宮森久志、喜多大輔、林康彦、内山尚之、林裕、佐藤博、濱田潤一郎 神経膠芽腫浸潤における細胞外基質分解酵素の相互作用 第8回日本分子脳神経外科学会,平成19年8月31日-9月1日,兵庫 5.中田光俊,濱田潤一郎、Berens ME Ephrin-B2 ligand tyrosine kinase drives glioma invasion and predicts survival 第66回日本癌学会学術総会,平成19年10月3日-5日,横浜 6.中田光俊、宮森久志、喜多大輔、林康彦、内山尚之、林裕、佐藤博、濱田潤一郎 神経膠芽腫浸潤におけるMatriptaseの役割 第66回日本脳神経外科学会総会,平成19年10月3日-5日,東京 7.中田光俊、喜多大輔、廣田雄一、上出智也、林裕、林康彦、内山尚之、濱田潤一郎 5-ALAを使用した蛍光下悪性グリオーマ手術の経験―画像と組織所見の検討― 第73回日本脳神経外科学会中部地方会,平成19年10月13日,金沢 8.Nakada M, Miyamori H, Kita D, Hayashi Y, Uchiyama N, Hayashi Y, Sato H, Hamada JI The interaction between matriptase and MT1-MMP in glioma invasion. 5th Meeting for the Asian Society for Neuro-Oncology, November 2-4, 2007, Istanbul, Turkey 9.中田光俊,喜多大輔、林康彦、内山尚之、林裕、Berens ME、Lee KY、濱田潤一郎 CDK5/p35と神経膠芽腫浸潤 第25回日本脳腫瘍学会,平成19年12月9日-11日,東京 平成20年度 学会発表 1.Nakada M, Yoshida Y, Harada T, Kita D, Hayashi Y, Uchiyama N, Hayashi Y, Hamada JI The expression level of S1P1 is related to MIB-1 labeling index which predicts survival in glioblastoma. The 17th International Conference on Brain Tumor Research &, Therapy, June 9-12, 2008, Hakodate, Japan 2.中田光俊、喜多大輔、林康彦、内山尚之、林裕、濱田潤一郎 神経膠芽腫浸潤におけるEphA/ephrin-Aシグナルの意義(シンポジウム) 第9回日本分子脳神経外科学会,平成20年8月30日-31日,京都 3.Nakada M, Yoshida Y, Harada T, Kita D, Hayashi Y, Uchiyama N, Hayashi Y, Hamada JI The significant relationship between MIB-1 labeling index and S1P1 expression correlates with survival in glioblastoma 8th Congress of the European Association for NeuroOncology, September 12-14, 2008, Barcelona, Spain 4.中田光俊、吉田優也、喜多大輔、林康彦、内山尚之、林裕、濱田潤一郎 神経膠芽腫のMIB-1 labeling indexに影響する細胞増殖関連分子の解析 第67回日本脳神経外科学会総会,平成20年10月1日-3日,盛岡 5.中田光俊、喜多大輔、林康彦、内山尚之、林裕、濱田潤一郎 高齢者GBMに対する短縮放射線治療の検討 第13回日本脳腫瘍の外科学会,平成20年10月20日-21日,大阪 6.中田光俊、吉田優也、杉本直俊、林康彦、喜多大輔、内山尚之、林裕、濱田潤一郎 Sphingosine-1-phosphate1 receptor regulates glioma cell proliferation and predicts patient survival (ワークショップ) 第67回日本癌学会学術総会,平成20年10月28日-30日,名古屋 7.中田光俊,南部絵美、吉田優也、喜多大輔、林康彦、内山尚之、林裕、濱田潤一郎 グリオーマ内在幹細胞の浸潤関連遺伝子の探索 第26回日本脳腫瘍学会,平成19年11月30日-12月2日,松山(2008)
  • 平成20年度 学会発表 1. Nakada M, Yoshida Y, Harada T, Kita D, Hayashi Y, Uchiyama N, Hayashi Y, Hamada JI The expression level of S1P1 is related to MIB-1 labeling index which predicts survival in glioblastoma. The 17th International Conference on Brain Tumor Research & Therapy, June 9-12, 2008, Hakodate, Japan 2. 中田光俊、喜多大輔、林康彦、内山尚之、林裕、濵田潤一郎 神経膠芽腫浸潤におけるEphA/ephrin-Aシグナルの意義 (シンポジウム) 第9回日本分子脳神経外科学会,平成20年8月30日-31日,京都 3. Nakada M, Yoshida Y, Harada T, Kita D, Hayashi Y, Uchiyama N, Hayashi Y, Hamada JI The significant relationship between MIB-1 labeling index and S1P1 expression correlates with survival in glioblastoma 8th Congress of the European Association for NeuroOncology, September 12-14, 2008, Barcelona, Spain 4. 中田光俊、吉田優也、喜多大輔、林康彦、内山尚之、林裕、濵田潤一郎 神経膠芽腫のMIB-1 labeling indexに影響する細胞増殖関連分子の解析 第67回日本脳神経外科学会総会,平成20年10月1日-3日,盛岡 5. 中田光俊、喜多大輔、林康彦、内山尚之、林裕、濵田潤一郎 高齢者GBMに対する短縮放射線治療の検討 第13回日本脳腫瘍の外科学会,平成20年10月20日-21日,大阪 6. 中田光俊、吉田優也、杉本直俊、林康彦、喜多大輔、内山尚之、林裕、濵田潤一郎 Sphingosine-1-phosphate1 receptor regulates glioma cell proliferation and predicts patient survival (ワークショップ) 第67回日本癌学会学術総会,平成20年10月28日-30日,名古屋 (2008)
  • 平成21年度 学会発表 1. 中田光俊、林裕、田中慎吾、喜多大輔、林康彦、内山尚之、林裕、濵田潤一郎: 強い蛍光を発するGlioblastoma脳室壁の病理学的検討 第5回日本脳神経外科光線力学研究会,平成21年4月18日,下関 2. 中田光俊、喜多大輔、林康彦、内山尚之、林裕、濵田潤一郎: 神経膠芽腫浸潤におけるEph受容体/ephrinリガンドシグナルの臨床的意義  (シンポジウム) 第27回日本脳腫瘍病理学会,平成21年5月8日-9日,福岡 3. Nakada M, Yoshida Y, Sugimoto N, Hayashi Y, Kita D, Uchiyama N, Hayashi Y, Takuwa Y, Hamada JI: Sphingosine-1-phosphate receptor type 1 regulates glioma cell proliferation and correlates with survival of patients with glioblastoma. 3rd Quadrennial Meeting of the World Federation of Neuro-Oncology, May 11-14, 2009, Yokohama, Japan 4. 中田光俊、林裕、喜多大輔、宮下勝吉、玉瀬玲、上出智也、田中慎吾、林康彦、内山尚之、源利成、濵田潤一郎: GSK3を分子標的とした再発GBMに対する第I/II相臨床試験 第10回日本分子脳神経外科学会,平成21年9月19日-20日,岡山 5. 中田光俊、喜多大輔、林康彦、内山尚之、林裕、濵田潤一郎: Ephrin-A2 regulates glioma cell invasion through EphA signaling and predicts patient survival 第68回日本癌学会学術総会,平成21年10月1日-3日,横浜 6. 中田光俊、林裕、喜多大輔、宮下勝吉、玉瀬玲、上出智也、田中慎吾、林康彦、内山尚之、源利成、濵田潤一郎: 再発神経膠芽腫に対するGSK3を分子標的としたPhase I/II相臨床試験 (シンポジウム) 第68回日本脳神経外科学会総会,平成21年10月14日-16日,東京 7. Nakada M, Nambu E, Yoshida Y, Furuyama N, Kita D, Hayashi Y, Hayashi Y, Uchiyama N, Hamada JI.: Integrin alpha3 prevents neurosphere formation and proliferation of glioma stem cells 2009 Joint Meeting of the Society for Neuro-Oncology and the AAAS/CNS Section on Tumors, October 22-24, 2009, Mew Orleans, Louisiana 8. 中田光俊、南部絵美、古山奈月、林裕、玉瀬玲、喜多大輔、毛利正直、林康彦、内山尚之、濵田潤一郎: 5-ALA内服後血中プロトポルフィリンIX計測による腫瘍再発と放射線壊死の鑑別 第27回日本脳腫瘍学会,平成21年11月8日-10日,大阪 9. 中田光俊: 悪性グリオーマ治療における最近の進歩と我々の試み (特別講演) 第4回呉東脳外科勉強会,平成21年11月13日,黒部 (2009)
  • 平成22年度 講演 1. 中田光俊 悪性グリオーマの浸潤機構と抗浸潤療法 (特別講演) 第5回脳腫瘍の基礎シンポジウム,平成22年1月30日,東京 2. 中田光俊 悪性脳腫瘍の浸潤機構と化学療法 (講演) Global COE “Network Medicine”主催セミナー,平成22年7月20日,仙台 3. Nakada M Eph/ephrin tyrosine kinase in glioma invasion. (Meet the Expert Lecture) 7th Meeting for the Asian Society for Neuro-Oncology, June 10-12, 2010, Seoul, Korea 4. Nakada M The mechanism of glioma invasion and anti-invasion therapy. (Invited Lecture) The 4th Harbin International Neurosurgical Conference July 16-18, 2010, Harbin, China 5. 中田光俊 既存の薬剤を使用した悪性脳腫瘍に対する分子標的療法 (講演) 創剤フォーラム第16回シンポジウム,平成22年10月22日,東京 平成22年度 学会発表 1. Nakada M, Niska JR, Nambu E, Furuyama N, Hayashi Y, Kita D, Hayashi Y, Berens ME, Hamada JI. Ephrin-A2 modulates glioma cell invasion via EphA2 signaling and correlates with patients survival in glioblastomas. The 18th International Conference on Brain Tumor Research & Therapy, May 18-20, 2010, Travemünde, Germany 2. Nakada M, Hayashi Y, Miyashita K, Kita D, Hayashi Y, Uchiyama N, Kawakami K, Minamoto T, Hamada JI. Targeting glycogen synthase kinase 3 in adult recurrent glioblastomas. 7th Meeting for the Asian Society for Neuro-Oncology, June 10-12, 2010, Seoul, Korea 3. 中田光俊、林裕、渡邉卓也、吉川陽文、長谷川貴之、河原庸介、池田千絵美、 大槻純男、寺崎哲也、濵田潤一郎 定量的プロテオミクスを利用した悪性脳腫瘍に対する個別化分子標的療法 第11回日本分子脳神経外科学会,平成20年8月27日-28日,仙台 4. 中田光俊、林裕、宮下勝吉、喜多大輔、林康彦、内山尚之、川上和之、源利成、 濵田潤一郎 Clinical trial for treatment of recurrent glioblastoma targeting deregulated GSK3β in combination with temozolomide. 第69回日本癌学会学術総会,平成22年9月22日-24日,大阪 5. 中田光俊、林裕、宮下勝吉、渡邉卓也、Pyko Ilya、喜多大輔、近野祐里、林康彦、内山尚之、川上和之、源利成、濵田潤一郎 膠芽腫におけるGSK3β研究の進展とその阻害薬剤を使用した再発膠芽腫に対する第I/II相臨床試験 第69回日本脳神経外科学会総会,平成22年10月27日-29日,福岡 6. Nakada M, Nambu E, Furuyama N, Yoshida Y, Kita D, Hayashi Y, Hayashi Y, Hamada JI. Integrin alpha3 is involved in the invasive behavior of glioma stem-like cells. Society for Neuro-Onology 15th Annual Meeting 2010, November 18-21, 2010, Montreal, Canada 7. 中田光俊、林裕、渡邉卓也、喜多大輔、林康彦、川上和之、源利成、濵田潤一郎 再発膠芽腫に対するGSK3β阻害薬剤を使用した第I/II相臨床試験 第28回日本脳腫瘍学会,平成22年11月28日-30日,長野 (2010)
  • 平成23年度 講演 1. 中田光俊 悪性脳腫瘍の浸潤機構に関する基礎的・臨床的研究 (記念講演) 金沢大学十全医学会総会・学術集会,平成23年6月15日,金沢 2. 中田光俊 大学病院での脳神経外科医療 (講演) 木島脳神経外科クリニックセミナー,平成23年8月27日,津幡 3. 中田光俊 脳の仕組みと働き (模擬講義) 石川県立金沢泉が丘高等学校Super Science High School,平成23年9月21日,金沢 4. 中田光俊 分子から見た新規診断と治療 (キーノートレクチャー) 第12回日本分子脳神経外科学会,平成23年10月14日-15日,横浜 5. 中田光俊 5-ALA代謝酵素を標的とした悪性脳腫瘍の効率的分子イメージングと 光線力学療法(招待講演)  第4回臨床薬理研究振興財団 研究報告会,平成23年11月14日,東京 6. 中田光俊 イーケプラの使用経験および抗がん作用についての考察(基調講演) イーケプラ発売1周年記念講演会,平成23年11月26日,金沢 平成23年度 学会発表 1. 中田光俊、南部絵美、古山奈月、喜多大輔、渡邉卓也、林康彦、林裕、濵田潤一郎 幹細胞様グリオーマ細胞の浸潤におけるintegrin α3の働き 第29回日本脳腫瘍病理学会,平成23年5月20日-21日,東京 2. Nakada M, Furuyama N, Hayashi Y, Hamada JI. EphB1 signaling modulates glioma cell invasion via the ligand dependent signaling and correlates with favorable survival in malignant glioma. 8th Meeting for the Asian Society for Neuro-Oncology, May 26-29 2011, Suzhou, China 3. 中田光俊、林裕、木下雅史、北林朋宏、会田泰裕、濵田潤一郎 覚醒下非優位半球頭頂葉腫瘍摘出術におけるline bisection taskを用いた視空間認識機能モニタリングの有用性 第9回日本Awake Surgery研究会,平成23年9月8日,横浜 4. 中田光俊、田中慎吾、林裕、濵田潤一郎 Neuronavigationを併用した5-ALA蛍光ガイド下手術による膠芽腫の生存期間延長効果の解析(シンポジウム) 第16回日本脳腫瘍の外科学会総会,平成23年9月9日-10日,横浜 5. 中田光俊、林裕、大槻純男、小渕航、渡邉卓也、池田千絵美、見崎孝一、喜多大輔、林康彦、内山尚之、寺崎哲也、濵田潤一郎 Absolute quantitative proteomics-based tailormaid molecular target chemotherapy for malignant brain tumor 第70回日本癌学会学術総会,平成22年10月3日-5日,名古屋 6. 中田光俊、林裕、Pyko Ilya、近野祐里、淑瑠ヘムラサビット、宮下勝吉、渡邉卓也、木下雅史、喜多大輔、林康彦、内山尚之、川上和之、源利成、濵田潤一郎 再発膠芽腫に対するGSK3βを治療標的とした分子標的療法の現状 第70回日本脳神経外科学会総会,平成23年10月12日-14日,横浜 7. 中田光俊、林裕、近野祐里、Pyko Ilya、淑瑠ヘムラサビット、宮下勝吉、渡邉卓也、木下雅史、喜多大輔、林康彦、内山尚之、川上和之、源利成、濵田潤一郎 膠芽腫の新規治療標的GSK3βに関する基礎研究とトランスレーショナルリサーチ 第49回日本癌治療学会学術集会,平成23年10月27日-29日,名古屋 8. Nakada M, Hayashi Y, Obuchi W, Ohtsuki S, Watanabe T, Ikeda C, Misaki K, Kita D, Hayashi Y, Uchiyama N, Terasaki T, Hamada JI. Absolute quantitative proteomics-based tailormaid molecular targeted therapy for glioblastoma. Society for Neuro-Onology 16th Annual Meeting 2011, November 17-20, 2011, Orange County, California 9. 中田光俊、林裕、小渕航、大槻純男、渡邉卓也、池田千絵美、見崎孝一、古田拓也、木下雅史、喜多大輔、林康彦、内山尚之、寺崎哲也、濵田潤一郎 膠芽腫検体の絶対定量プロテオミクス解析と個別化分子標的療法 第29回日本脳腫瘍学会,平成23年11月27日-29日,岐阜 (2011)

全て表示

  • 平成24年度 講演 1. 中田光俊 脳腫瘍とてんかん (教育講演) グラクソ・スミスクライン社内学術講座,平成24年1月25日,金沢 2. 中田光俊 膠芽腫に対する新規薬物治療の可能性 (キーノートレクチャー) 第13回日本分子脳神経外科学会,平成24年9月20日-21日,熊本 3. 中田光俊 脳の機能と病気 (特別講義) 石川県立金沢泉丘高等学校Super Science High School,平成24年10月3日,金沢 4. Nakada M GSK3β as a new therapeutic target for glioblastoma. –from bench to bedside- (Invited Lecture) The 5th Harbin International Neurosurgical Conference July 13-15, 2012, Harbin, China 5. 中田光俊 より良いてんかん診療のために~診断・治療・診療ネットワークについて~ (パネリスト) 日医生涯教育協力講座 てんかんの診断から最新の治療まで,平成24年12月9日,金沢 平成24年度 学会発表 1. Nakada M, Chikano Y, Sabit H, Furuta T, Miyashita K, Hayashi Y, Sato H, Kawakami K, Minamoto T, Hamada JI. Aberrant glycogen synthase kinase 3β is involved in glioma invasion. 9th Meeting for the Asian Society for Neuro-Oncology, April 20-22 2012, Taipei, Taiwan 2. Nakada M, Hayashi Y, Obuchi W, Ohtsuki S, Tanaka S, Furuta T, Sabit H, Sato H, Terasaki T, Hamada JI. Absolute quantitative proteomics-based molecular diagnosis for glioblastoma. (Workshop) The 4th International Symposium of Brain Tumor Pathology May 24-26, 2012, Nagoya, Japan 3. Nakada M, Niska JR, Nambu E, Furuyama N, Hayashi Y, Kita D, Hayashi Y, Berens ME, Hamada JI. Molecular target profiling by absolute quantitative proteomics in glioblastoma. The 19th International Conference on Brain Tumor Research & Therapy, June 22-24, 2012, Niagara Falls, Canada 4. 中田光俊、栂野浩太郎、木下雅史、林裕、香川博之、渡辺哲陽、米山猛、濵田潤一郎 5-ALA蛍光ガイド下悪性グリオーマ手術における共焦点顕微鏡を用いた腫瘍組織蛍光強度の定量化(シンポジウム) 第8回日本脳神経外科光線力学学会,平成24年7月6日,筑波 5. 中田光俊、木下雅史、田中慎吾、宮下勝吉、林裕、濵田潤一郎 膠芽腫に対するawake surgeryの有用性の検証 第10回日本Awake Surgery研究会,平成23年9月6日,横浜 6. 中田光俊、田中慎吾、木下雅史、宮下勝吉、林裕、濵田潤一郎 Neuronavigationと5-ALA蛍光ガイドの併用による膠芽腫摘出率の向上と生存期間延長効果の検証(シンポジウム) 第17回日本脳腫瘍の外科学会,平成24年9月7日-8日,横浜 7. 中田光俊、金日華、滕雷、古田拓也、淑瑠ヘムラサビット、林裕、佐藤博、濵田潤一郎 膠芽腫細胞株に対するAkt阻害剤とNotch阻害剤の併用効果(キーノートセッション) 第13回日本分子脳神経外科学会,平成22年9月20日-21日,熊本 8. 中田光俊、林裕,小渕航,大槻純男,古田拓也,木下雅史,渡邉卓也,田中慎吾,喜多大輔,宮下勝吉,淑瑠ヘムラサビット,毛利正直,林康彦,内山尚之,寺崎哲也,濵田潤一郎 絶対定量プロテオミクスを使用した膠芽腫のプロファイリングとテーラーメイド分子標的療法の提唱 第71回日本脳神経外科学会総会,平成24年10月17日-19日,大阪 9. 中田光俊、林裕、宮下勝吉、木下雅史、古田拓也、淑瑠ヘムラサビット、喜多大輔、林康彦、内山尚之、川上和之、源利成、濵田潤一郎 GSK3β阻害作用を有する既存薬剤を用いた再発膠芽腫治療の第I・II相臨床試験 第50回日本癌治療学会学術集会,平成24年10月25日-27日,横浜 10. Nakada M, Hayashi Y, Miyashita K, Kinoshita M, Furuta T, Sabit H, kita D, Hayashi Y, Uchiyama N, Kawakami K, Minamoto T, Hamada JI. Phase I/II study for recurrent glioblastoma with the drugs inhibiting GSK3β. Society for Neuro-Onology 17th Annual Meeting 2011, November 15-18, 2012, Washington DC, USA 11. 中田光俊、林裕、小渕航、大槻純男、田中慎吾、古田拓也、渡邉卓也、寺崎哲也、濵田潤一郎 絶対定量プロテオミクスによる膠芽腫のサブタイプ分類 第30回日本脳腫瘍学会,平成24年11月25日-27日,広島 12. 中田光俊、林裕、宮下勝吉、清水有、濵田潤一郎 左前頭葉深部膠芽腫に対してViewsite 筒型開創器を使用して摘出した1例 第17回関西脳神経外科手術研究会,平成24年12月15日,大阪 13. 中田光俊、田中慎吾、平尾敦、濵田潤一郎 Notchシグナルを標的としたグリオーマ幹細胞の制御 平成24年度金沢大学がん進展制御研究所 共同利用・共同研究拠点研究成果報告会,平成24年12月18日,金沢(2012)
  • 平成25年度 講演・学会発表 1. 中田光俊 悪性脳腫瘍に対するトランスレイショナルリサーチ (招聘講演) 第9回信濃町脳腫瘍セミナー,平成25年2月16日,東京 2. 中田光俊 脳腫瘍に伴うてんかんと薬物治療 (教育講演) 大塚製薬株式会社勉強会,平成25年3月6日,金沢 3. Nakada M, Hayashi Y, Hamada JI. Integrin α3 overexpressing in glioma stem-like cells plays a role in invasion. (Symposium) 10th Meeting for the Asian Society for Neuro-Oncology, March 21-24, 2013, Mumbai, India 4. 中田光俊、片平拓磨、馮甜甜、林裕、渡辺哲陽、米山猛、濵田潤一郎 共焦点顕微鏡を用いた蛍光強度定量化による術中腫瘍浸潤領域同定の試み(シンポジウム) 第29回日本脳腫瘍病理学会,平成25年5月24日-25日,東京 5. 中田光俊 既存の医薬品を使用した新しい悪性グリオーマの治療法 (招聘講演) グリオーマセミナー in 東京2013,平成25年5月26日,東京 6. 中田光俊、片平拓磨、馮甜甜、林裕、渡辺哲陽、米山猛、濵田潤一郎 共焦点レーザー顕微鏡による5-ALA蛍光ガイド下摘出膠芽腫組織の蛍光局在の観察 第10回日本脳神経外科光線力学学会,平成25年6月22日,仙台 7. 中田光俊 脳の働きと病気 (特別講義) 石川県立金沢泉丘高等学校Super Science High School,平成25年6月26日,金沢 8. 中田光俊、田中慎吾、宮下勝吉、林裕、濵田潤一郎 テモゾロミド認可前後での膠芽腫の摘出率と生存期間の関係 第45回ニューロ・オンコロジィの会,平成25年7月28日,東京 9. Nakada M, Jin R, Furuta T, Sabit H, Hayashi Y, Hamada JI. Concurrent inhibition of Notch and Akt signaling effectively suppresses invasion in glioma cells. XV WFNS World Congress of Neurosurgery, September 8-13, 2013, Seoul, Korea 10. Nakada M Drug Repositioning in Neuro-Oncology: GSK3β Inhibiting Drugs for Recurrent GBM (Invited Lecture) XV WFNS World Congress of Neurosurgery, September 8-13, 2013, Seoul, Korea 11. 中田光俊 ドラッグリポジショニング:再発膠芽腫に対するGSK3β阻害医薬品の適用 (招聘講演) 第2回Neuro-Oncology WEST,平成25年9月14日,大阪 12. 中田光俊、田中慎吾、宮下勝吉、林裕、濵田潤一郎 膠芽腫の摘出率増加による生存期間延長効果の検証―テモゾロミドが与える影響―(シンポジウム) 第18回日本脳腫瘍の外科学会,平成25年9月19日-20日,大津 13. 中田光俊、ピコイリア、淑瑠ヘムラサビット、林裕、源利成、濵田潤一郎 GSK3β inhibition sensitizes glioblastoma cells to temozolomide by MGMT promoter methylation via c-Myc signaling 第72回日本癌学会学術総会,平成25年10月3日-5日,横浜 14. 中田光俊、林裕,古田拓也、宮下勝吉、淑瑠ヘムラサビット、ピコイリア、田中慎吾、喜多大輔、毛利正直、林康彦、内山尚之、源利成、濵田潤一郎 多機能キナーゼGSK3βを標的とした膠芽腫治療の基礎と臨床(シンポジウム) 第72回日本脳神経外科学会総会,平成25年10月16日-18日,横浜 15. 中田光俊、田中慎吾,小渕航,大槻純男,古田拓也,宮下勝吉,林裕,寺崎哲也,濵田潤一郎 絶対定量プロテオミクスによる膠芽腫のサブタイプ分類と臨床的意義(シンポジウム) 第14回日本分子脳神経外科学会,平成25年10月18日-19日,横浜 16. 中田光俊 脳腫瘍に対する先端手術 (招聘講演) 富山市民病院講演会,平成25年11月7日,富山 17. 中田光俊 悪性脳腫瘍に対する個別化分子標的療法の確立 (記念講演) 金沢市医師会金沢医学館記念医学賞受賞記念講演会,平成25年11月10日,金沢 18. Nakada M, Furuta T, Sabit H, Chikano Y, Hayashi Y, Sato H, Minamoto T, Hamada JI. Glycogen synthase kinase 3β promotes glioma invasion via the FAK/Rac1/JNK/MMP2 pathway. 4rd Quadrennial Meeting of the World Federation of Neuro-Oncology, November 21-24, 2013, San Francisco, CA, USA (2013)
  • 平成26年度 講演・学会発表 1. 中田光俊 ドラッグ・リポジショニングによる悪性脳腫瘍に対する新規化学療法(招聘講演) JBICバイオ関連基盤技術研究会,平成26年1月24日,東京 2. 中田光俊 膠芽腫に対するavasitinの効果(招聘講演) 中外製薬勉強会,平成26年4月16日,金沢 3. 中田光俊、田中慎吾、古田拓也、淑瑠ヘムラサビット、宮下勝吉、林裕 再発膠芽腫に対するベバシズマブ治療効果予測因子同定の試み 第32回日本脳腫瘍病理学会,平成26年5月23日-24日,徳島 4. 中田光俊 悪性グリオーマ手術治療における最近の進歩と我々の試み (招聘講演) 第13回呉東脳外科医勉強会,平成26年6月6日,黒部 5. 中田光俊,片平拓磨,伊藤雄介,渡辺哲陽,米山 猛,林 裕 膠芽腫浸潤領域判別を目的とした共焦点顕微鏡によるProtoporphyrin IX蛍光強度定量法 第10回日本脳神経外科光線力学学会,平成25年6月28日,浜松 6. 中田光俊,中嶋理帆,宮下勝吉,木下雅史,沖田浩一,田中慎吾,林裕 高次脳機能温存を狙った前頭葉グリオーマに対する覚醒下手術 第12回日本Awake Surgery学会,平成26年9月11日,東京 7. 中田光俊,中嶋理帆,宮下勝吉,木下雅史,沖田浩一,田中慎吾,林裕 右前頭葉Grade II, IIIグリオーマに対する覚醒下手術による高次脳機能温存の検証(シンポジウム) 第19回日本脳腫瘍の外科学会,平成26年9月12日-13日,東京 8. 中田光俊 グリオーマ幹細胞 (キーノートレクチャー) 第15回日本分子脳神経外科学会,平成26年9月25日-26日,山形 9. 中田光俊,田中慎吾,小渕 航,大槻純男,古田拓也,宮下勝吉,寺崎哲也,林 裕 絶対定量プロテオミクスによる新規膠芽腫サブタイプ分類の臨床的有用性の検討 第15回日本分子脳神経外科学会,平成26年9月25日-26日,山形 10. 中田光俊 脳神経外科でのけいれんにおける最近の話題 (招聘講演) てんかん診療ネットワーク講演会,平成26年10月2日,七尾 11. 中田光俊,董宇,北林朋宏,古田拓也,平尾敦,林裕 ドラッグリポジショニングを指向したグリオーマ幹細胞に対する既存薬剤スクリーニング(シンポジウム) 第73回日本脳神経外科学会総会,平成26年10月9日-11日,東京 12. 中田光俊 覚醒下手術の工夫 (招聘講演) 第7回東海若手脳腫瘍手術研究会,平成26年10月26日,名古屋 13. 中田光俊 ドラッグリポジショニングによる膠芽腫に対する新規化学療法(招聘講演) Temozolomide Forum in HIROSHIMA 2014,平成26年11月7日,広島 14. Nakada M, Obuchi W, Ohtsuki S, Tanaka S, Furuta T, Kitabayashi T, Sabit H, Terasaki T, Hayashi Y. Molecular subclassification of glioblastoma based on the absolute quantitative proteomics. Society for Neuro-Oncology 19th Annual Meeting 2014, November 13-16, 2014, Miami, Florida, USA 15. 中田光俊,董宇,北林朋宏,古田拓也,宮下勝吉,木下雅史,平尾敦,林裕 グリオーマ幹細胞に対して抗腫瘍効果を有する既存医薬品の探索 第32回日本脳腫瘍学会,平成26年11月30日-12月2日,千葉 (2014)
  • 平成27年度 講演・学会発表 Part 1 1. 中田光俊 脳神経外科医療の未来 (招聘講演) おんな川病診連携の会,平成27年1月23日,金沢 2. 中田光俊 神秘の脳科学 (特別講義) 石川県立金沢泉丘高等学校Super Science High School,平成27年2月18日,金沢 3. 中田光俊 Do you 脳? -脳腫瘍と脳卒中を知ろうー 脳腫瘍とは (講演) 北國健康生きがい支援事業,平成27年3月22日,金沢 4. 中田光俊 脳神経外科医療の進歩 (特別講義) 福井大学医学部実践臨床病態学講義,平成27年4月15日,福井 5. 中田光俊 脳腫瘍学におけるドラッグリポジショニング (特別講演) 第10回脳腫瘍の基礎シンポジウム,平成27年4月25日,東京 6. 中田光俊 既存薬剤を使用した悪性グリオーマの新たな治療戦略 (特別講演) 脳腫瘍治療セミナー,平成27年6月5日,東京 7. 中田光俊 ドラッグ・リポジショニングによる悪性脳腫瘍に対する新規化学療法 (基調講演) 第1回先端脳腫瘍治療シンポジウム,平成27年6月10日,仙台 8. 中田光俊 既存薬剤を使用する悪性グリオーマの化学療法 (特別講演) 第19回新潟脳腫瘍研究会,平成27年6月19日,新潟 9. 中田光俊 抗悪性グリオーマ作用を有する既存薬剤のスクリーニング(特別講演) 第21回北海道脳腫瘍治療研究会,平成27年6月27日,札幌 10. 中田光俊 金沢大学における新規脳腫瘍治療の試み (特別講演) Kanazawa Kyoto Friendship Conference,平成27年7月4日,福井 11. 中田光俊,伊藤雄介,片平拓磨,滝沢真,渡辺哲陽,米山 猛 5-ALA蛍光ガイド下手術における蛍光微細局在の解析 第11回日本脳神経外科光線力学学会,平成27年7月11日,東京 12. 中田光俊 最先端覚醒下手術による脳腫瘍摘出術(特別講演) 上越臨床神経懇話会,平成27年7月13日,上越 13. 中田光俊 進化する脳神経外科医療(特別講演) 高岡市民病院医療連携懇親会,平成27年7月16日,高岡 14. 中田光俊 脳神経外科医療最前線 (特別講義) 上越総合病院院内講義,平成27年7月17日,上越 15. 中田光俊 高次脳機能温存を狙った覚醒下手術の取り組み(特別講演) 第33回宮崎脳腫瘍研究会,平成27年7月24日,宮崎 16. 中田光俊 既存医薬品による悪性グリオーマ新規治療法の開発(特別講演) 第26回熊本脳神経外科夏季セミナープログラム,平成27年8月1日,熊本 17. 中田光俊 脳神経外科医療の現況と近未来像(特別講演) 芳珠記念病院講演会,平成27年8月7日,能見 18. 中田光俊,宮内英輔、立川正憲、古田拓也、淑瑠ヘムラサビット,大槻純男、寺崎哲也 最先端プロテオミクスSWATH法による膠芽腫バイオマーカーの探索 第16回日本分子脳神経外科学会,平成27年8月28日-29日,浜松 19. 中田光俊 脳腫瘍・治療 (キーノートレクチャー) 第16回日本分子脳神経外科学会,平成27年8月28日-29日,浜松 20. 中田光俊 日進月歩の脳神経外科医療 (特別講演) 魚津市医師会学術講演会,平成27年9月4日,魚津(2015)
  • 平成27年度 講演・学会発表 Part 2 21. 中田光俊 覚醒下脳腫瘍摘出術入門 (特別講演) 第70回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会,平成27年9月5日,大阪 22. 中田光俊、中嶋理帆、木下雅史、宮下勝吉、源田亮二、沖田浩一 覚醒下手術中のトラブルとその対応及び回避方法(シンポジウム) 第13回日本Awake Surgery学会,平成27年9月24日,名古屋 23. 中田光俊、木下雅史 ガイドライン発刊後の文献レビュー:覚醒下手術のupdate "手術手技のupdate" (シンポジウム) 第13回日本Awake Surgery学会,平成27年9月24日,名古屋 24. 中田光俊、木下雅史 グリオーマ治療up-to-date(イーブニングセミナー) 第20回日本脳腫瘍の外科学会,平成27年9月25-26日,名古屋 25. 中田光俊、中嶋理帆、木下雅史、宮下勝吉、源田亮二、沖田浩一、林裕 右前頭葉Low-grade gliomaに対する覚醒下手術の有用性の検討(シンポジウム) 第20回日本脳腫瘍の外科学会,平成27年9月25-26日,名古屋 26. 中田光俊、木下雅史、宮下勝吉、古田拓也、筒井泰史、見崎孝一、毛利正直、林康彦、内山尚之 3Dバーチャルイメージを使用したグリオーマの計画手術 第20回日本脳腫瘍の外科学会,平成27年9月25-26日,名古屋 27. 中田光俊 既存薬スクリーニングによる悪性グリオーマ治療薬の探索(特別講演) 第9回奈良脳腫瘍研究会,平成27年10月9日,大阪 28. 中田光俊 あなたの頭痛は脳腫瘍?(特別講演) NPO オー脳!本当はこわい頭痛のお話,平成27年10月11日,金沢 29. 中田光俊,董宇、北林朋宏、淑瑠ヘムラサビット、古田拓也、平尾敦 グリオーマ幹細胞を標的とした新規化学療法の開発(シンポジウム) 第74回日本脳神経外科学会総会,平成27年10月14日-16日,札幌 30. 中田光俊,木下雅史、宮下勝吉、中嶋理帆、源田亮二、沖田浩一、林裕 右前頭葉神経膠腫に対する次世代覚醒下手術 第74回日本脳神経外科学会総会,平成27年10月14日-16日,札幌 31. 中田光俊 基礎研究から考えるグリオーマ治療―抗浸潤療法は有用なのか―(ランションセミナー) 第74回日本脳神経外科学会総会,平成27年10月14日-16日,札幌 32. 中田光俊 脳腫瘍の最新治療(特別講演) 金沢医科大学医学研究セミナー,平成27年10月30日,内灘 33. 中田光俊 目覚めた状態で脳を手術する(特別講演) 金沢百万石ロータリークラブ講演会,平成27年11月5日,金沢 34. 中田光俊 進化する脳神経外科医療(特別講演) 丸子中央病院市民公開講座,平成27年11月7日,上越 35. 中田光俊 グリオーマの病理と分子生物学 (特別講義) 上越脳腫瘍セミナー,平成27年11月9日,上越 36. 中田光俊 高次脳機能温存を狙った覚醒下手術の取り組み(特別講演) 富山県脳外科医会,平成27年11月11日,富山 37. 中田光俊 白質神経ネットワークに基づく覚醒下腫瘍摘出術(特別講演) 第67回千葉脳神経外科研究会,平成27年11月13日,千葉 38. 中田光俊 知って得する最新の脳神経外科医療(特別講演) 高岡市民病院院内勉強会,平成27年12月10日,高岡 39. 中田光俊 先端覚醒下脳腫瘍摘出術(ランチョンセミナー) 第20回関西脳神経外科手術研究会,平成27年12月19日,大阪 (2015)
  • 1. 中田光俊 脳の神秘 (特別講義) 石川県立金沢泉丘高等学校Super Science High School,平成28年1月27日,金沢 2. 中田光俊 悪性グリオーマの手術の進歩(特別講演) 上越脳腫瘍セミナー,平成28年2月1日,上越 3. 中田光俊 医師に知ってほしい脳神経外科医療の進歩(特別講演) 能美市医師会講演会,平成28年2月14日,金沢 4. 中田光俊 高次脳機能を温存する覚醒下手術(特別講演) 第90回群馬脳神経外科懇話会,平成28年2月20日,高崎 5. Nakada M, Miyauchi E, Tachikawa M, Furuta T, Sabit H, Ohtsuki S, Terasaki T. Biomarkers of glioblastoma identified by quantitative proteomics with SWATH mass spectrometry. (Oral presentation) The 21st International Conference on Brain Tumor Research & Therapy, April 10-13, 2016, Okinawa, Japan 6. 中田光俊 グリオーマの集学的治療と今後の動向(プレナリーセッション) 第36回日本脳神経外科コングレス総会,平成28年5月20日-22日,大阪 7. 中田光俊 覚醒下脳手術(特別講演) 金沢臨床外科懇話会,平成28年6月18日,金沢 8. 中田光俊 進化型覚醒下脳腫瘍摘出術(特別講演) 京都脳腫瘍セミナー,平成28年6月25日,京都 9. 中田光俊 進化する脳神経外科医療 (特別講義) 福井大学医学部実践臨床病態学講義,平成28年6月29日,福井 10. 中田光俊 グリオーマの集学的治療 (特別講演) 上越脳腫瘍セミナー,平成28年7月25日,上越 11. 中田光俊 悪性グリオーマ浸潤の分子生物学 (キーノートレクチャー) 第17回日本分子脳神経外科学会,平成28年8月26日-27日,東京 12. 中田光俊 脳神経外科疾患に対する医療の進歩 (特別講演) 十全同窓会福井支部会,平成28年8月28日,福井 13. 中田光俊 高次脳機能を守る覚醒下脳腫瘍摘出術(特別講演) 第53回日本脳神経外科学会東北支部会,平成28年9月3日,山形 14. 中田光俊、中嶋理帆、宮下勝吉、源田亮二、沖田浩一、木下雅史 覚醒下手術にて術後一過性に低下する機能の解析(シンポジウム) 第14回日本Awake Surgery学会,平成28年9月8日,東京 15. 中田光俊、中嶋理帆、木下雅史、宮下勝吉、源田亮二、沖田浩一 右前頭葉グリオーマに対する覚醒下手術(シンポジウム) 第21回日本脳腫瘍の外科学会,平成28年9月9-10日,東京 16. 中田光俊 覚醒下手術(教育セミナー) 第21回日本脳腫瘍の外科学会,平成28年9月9-10日,東京 17. 中田光俊 光線力学と脳神経外科手術(セミナー) 第21回日本脳腫瘍の外科学会,平成28年9月9-10日,東京 18. Nakada M, Dong Y, Kitabayashi Y, Sabit H, Furuta T, Hirao A. Screening of existing drugs to target glioma stem cells. 13th Asian Society for Neuro-Oncology (ASNO) Meeting, September 11-14, 2016, Sydney, Australia 19. 中田光俊,董宇、北林朋宏、淑瑠ヘムラサビット、古田拓也、平尾敦 既存薬の応用による膠芽腫に対する新規化学療法 第75回日本脳神経外科学会総会,平成28年9月29日-10月1日,福岡 20. 中田光俊 痙攣と脳神経外科 (特別講演) 上越脳腫瘍セミナー,平成28年10月17日,上越 21. 中田光俊 覚醒下脳腫瘍摘出手術で脳を科学する(特別講演) 第10回信州脳腫瘍研究会,平成28年10月14日,信州 22. 中田光俊 覚醒下手術で高次脳機能を守る(特別講演) 大分脳腫瘍研究会2016,平成28年10月19日,別府 23. 中田光俊 脳腫瘍に対するドラッグリポジショニングの試み(特別講演) 第9回香川県脳腫瘍学術講演会,平成28年10月28日,高松 24. 中田光俊 悪性神経膠腫の最新知見(特別講演) 第11回岐阜脳腫瘍研究会,平成28年10月29日,岐阜 25. Nakada M, Dong Y, Kitabayashi Y, Sabit H, Furuta T, Hirao A. Drug repositioning targeting glioma stem cells. Society for Neuro-Onology 21st Annual Meeting 2016, November 17-20, 2016, Scottsdale, Arizona, USA 26. 中田光俊 小児脳神経外科治療の進歩(特別講演) 第237回金沢小児臨床懇話会,平成28年11月24日,金沢 27. 中田光俊,董宇、北林朋宏、淑瑠ヘムラサビット、古田拓也、平尾敦 既存薬による膠芽腫に対する新規化学療法 第34回日本脳腫瘍学会,平成28年12月4日-6日,甲府 28. 中田光俊 脳腫瘍の新しい分類 (特別講演) 上越脳腫瘍セミナー,平成28年12月12日,上越

芸術・フィールドワーク

特許

○医療行為に用いるデバイス
○腫瘍領域判別装置及び腫瘍領域判別方法
○脳腫瘍治療用キット及び脳腫瘍治療方法
○バイポーラ鉗子
○脳腫瘍治療組成物
○医療用リトラクター

共同研究希望テーマ

○悪性脳腫瘍の生物学的特性の解析
○腫瘍細胞の遊走と浸潤機構
○悪性脳腫瘍に対する分子標的療法
○脳腫瘍手術器具の開発

科研費

○若手研究(B)「新規細胞外マトリックス分解酵素阻害分子による神経膠芽腫」(2002-) 代表者
○基盤研究(B)「神経膠芽腫の浸潤に関与する転写因子と細胞外マトリックス」(2002-) 分担者
○若手研究(B)「Eph/ephrinバイオロジーと神経膠腫浸潤」(2007-2008) 代表者
○若手研究(A)「グリオーマ幹細胞の浸潤関連分子の同定と機能解析」(2009-2010) 代表者
○基盤研究(B)「膜型マトリックスメタロプロテアーゼ-1のがん悪性化形質に果たす役割の解析」(2009-) 分担者
○若手研究(A)「グリオーマ幹細胞の浸潤関連分子の同定と機能解析」(2009-2010) 代表者
○挑戦的萌芽研究「次世代プロテオミクスによる悪性グリオーマのバイオマーカー 探索 」(2016-) 代表者
○基盤研究(C)「悪性グリオーマの浸潤シグナルを狙った分子標的療法の確立」(2011-2013) 代表者
○基盤研究(B)「ドラッグリポジショニングによる悪性グリオーマに対する新規化学療法の基盤構築」(2014-2016) 代表者
○挑戦的萌芽研究「標的タンパク発現プロファイルに基づく新規膠芽腫分類の試み」(2014-2015) 代表者

学域・学類担当授業科目

○脳神経・感覚器Ⅰ(脳神経外科学)(2017)
○脳神経外科学臨床実習BSL(2017)
○脳神経外科学臨床実習BSL(2016)
○脳神経・感覚器Ⅰ(脳神経外科学)(2016)
○脳神経外科学臨床実習BSL(2015)
○脳神経・感覚器Ⅰ(脳神経外科学)(2015)
○脳腫瘍総論(2014)
○悪性脳腫瘍(2014)
○脳腫瘍病理(2014)
○脳腫瘍治療最前線(2014)

大学院担当授業科目

○脳・脊髄機能制御学特論(2017)
○脳・脊髄機能制御学特論(2017)
○脳・脊髄機能制御学特論(2017)
○メディカルサイエンスセミナー(2016)
○脳・脊髄機能制御学特論(2016)
○脳・脊髄機能制御学特論(2016)
○脳・脊髄機能制御学特論(2016)
○脳・脊髄機能制御学特論(2015)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○悪性脳腫瘍の生物学的特徴(キーワード:グリオーマ、遺伝子異常、浸潤)
○悪性脳腫瘍に対する最新の治療(キーワード:手術、化学療法、放射線治療)
○脳の構造と機能

その他公的社会活動

このページの先頭へ