本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

小田 竜樹 (おだ たつき) 教授 ODA Tatsuki

メール 研究室ウェブサイト
研究室ウェブサイト
研究室ウェブサイト
研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 数物科学系
理工研究域 数物科学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 数物科学類 計算ナノ科学
【大学院前期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻

所属研究室等

計算ナノ科学研究室 TEL:076-264-5676 FAX:076-264-5740

学歴

【出身大学院】
大阪大学 博士課程 基礎工学研究科 物理系 1995/03 修了
【出身大学】
大阪大学 基礎工学部 物性物理工学科 1990/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)
修士(工学)
学士(基礎工学)

職歴

金沢大学 自然科学研究科 理学部(1999/12/01-2006/02/28)
金沢大学 理学部 理学部(1995/04/01-1999/11/30)
金沢大学 自然科学研究科(2006/03/01-2008/03/31)
金沢大学 理工研究域(2008/04/01-)

生年月

1966年04月

所属学会

日本物理学会
日本物理学会 北陸支部庶務委員(2006-2008)

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

計算物質科学、物性Ⅰ、物性Ⅱ、ノンコリニアー磁性 第一原理分子動力学 磁性クラスター、ナノ表面・界面

専門分野キーワード

第一原理分子動力学、ノンコリニア磁性、ラシュバ効果、磁気異方性、スピントロニクス、カーボンナノチューブ、スピン軌道相互作用

研究課題

磁気メモリ垂直磁化膜の高性能化を支援する計算物質科学

スピネル型酸化物および硫化物の電子状態に関する第一原理的研究

磁性体の第一原理分子動力学法の研究

分子動力学法によるカーボンクラスターの研究

著書

論文

  • Implementation of van der Waals Density Functional Approach to the Spin-Polarized System: Interaction Potential between Oxygen Molecules Masao Obata, Makoto Nakamura, Ikutaro Hamada, and Tatsuki Oda Journal of the Physical Society of Japan 82巻 093701(1-5)頁 2013/09/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Improving the Description of Nonmagnetic and Magnetic Molecular Crystals via the van der Waals Density Functional Masao Obata, Makoto Nakamura, Ikutaro Hamada, and Tatsuki Oda Journal of the Physical Society of Japan 84巻 024715(1-9)頁 2015/01/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Symmetry-induced peculiar Rashba effect on thallium adsorbed Si(111) surfaces Kazuyuki Sakamoto, Tatsuki Oda, Akio Kimura, Yasuo Takeichi, Jun Fujii, R. I. G. Uhrberg, Markus Donath, Han Woong Yeom Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena 201巻 88–91頁 2014/10/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phase with pressure-induced shuttlewise deformation in dense solid atomic hydrogen Takahiro Ishikawa, Hitose Nagara, Tatsuki Oda, Naoshi Suzuki, and Katsuya Shimizu Physical Review B 90巻 104102(1-6)頁 2014/09/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • First-principles study on structural and electronic properties in Fe/MgO double interface Daiki Yoshikawa, Masao Obata, and Tatsuki Oda JPS Conference Proceedings 5巻 011012(1-7)頁 2015/02/26 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Nonvortical Rashba spin structure on a surface with C1h symmetry Emilia Annese, Takuya Kuzumaki, Beate Müller, Yuta Yamamoto, Hiroto Nakano, Haruki Kato, Atsushi Araki, Minoru Ohtaka, Takashi Aoki, Hirotaka Ishikawa, Takashi Hayashida, Jacek R. Osiecki, Koji Miyamoto, Yasuo Takeichi, Ayumi Harasawa, Koichiro Yaji, Tetsuroh Shirasawa, Koh-ichi Nittoh, Woo Il Yang, Kazushi Miki, Tatsuki Oda, Han Woong Yeom, and Kazuyuki Sakamoto Physical Review Letters 117巻 16803(1-5) 頁 2016/06/30 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tunneling electroresistance of MgZnO-based tunnel junctions Mohamed Belmoubarik, Muftah Al-Mahdawi, Masao Obata, Daiki Yoshikawa, Hideyuki Sato, Tomohiro Nozaki, Tatsuki Oda, and Masashi Sahashi Applied Physics Letters 109巻 173507頁 2016/10/26 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Nonvortical Rashba spin structure on a surface with C1h symmetry Emilia Annese, Takuya Kuzumaki, Beate Müller, Yuta Yamamoto, Hiroto Nakano, Haruki Kato, Atsushi Araki, Minoru Ohtaka, Takashi Aoki, Hirotaka Ishikawa, Takashi Hayashida, Jacek R. Osiecki, Koji Miyamoto, Yasuo Takeichi, Ayumi Harasawa, Koichiro Yaji, Tetsuroh Shirasawa, Koh-ichi Nittoh, Woo Il Yang, Kazushi Miki, Tatsuki Oda, Han Woong Yeom, and Kazuyuki Sakamoto Physical Review Letters 117巻 16803頁 2016/06/30 査読有 原著論文
  • Superconducting H5S2 phase in sulfur-hydrogen system under high-pressure Takahiro Ishikawa, Akitaka Nakanishi, Katsuya Shimizu, Hiroshi Katayama-Yoshida, Tatsuki Oda, and Naoshi Suzuki Scientific Reports  6巻 23160頁 2016/03/17 査読有 原著論文
  • Density functional study on positively charged six-coordinate FeO2 porphyrin complex for a trigger of O2 dissociation Naohiro Kitagawa, Masao Obata, Tatsuki Oda Chemical Physics Letters 643巻 119-125頁 2015/11/23 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • First principles study on solid oxygen using van der Waals density functional, Physics Procedia Masao Obata, Ikutaro Hamada, and Tatsuki Oda Physics Procedia 75巻 771-778頁 2015/12/29 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Molecular Interactions for Modeling of Oxygen System Using van der Waals Density Functional Approach Masao Obata, Ikutaro Hamada, and Tatsuki Oda JPS Conference Proceedings 5巻 011011頁 2015/02/26 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • An ab initio approach to free-energy reconstruction using logarithmic mean force dynamics Makoto Nakamura, Masao Obata, Tetsuya Morishita, Tatsuki Oda The Journal of Chemical Physics 140巻 184110頁 2014/05/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Valley spin polarization by extraordinary Rashba spin on silicon Kazuyuki Sakamoto, Tae-Hwan Kim, Takuya Kuzumaki, Beate Müller, Yuta Yamamoto, Minoru Ohtaka, Jacek Osiecki, Koji Miyamoto, Yasuo Takeichi, Ayumi Harasawa, Sebastian D. Stolwijk, Anke B. Schmidt, Jun Fujii, Roger I. G. Uhrberg, Markus Donath, Han Woong Yeom and Tatsuki Oda Nature Communications 4巻 2073頁 2013/05/28 査読有 原著論文
  • Magnetic Excitation of Ferromagnetic Dimer Molecules T. Oda Euro. Phys. J. D 16巻 519-524頁 2001/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Metallic Car-Parrinello Dynamics T. Oda J. Phys. Soc. Jpn. 71巻 519-524頁 2002/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chain Structure of Liquid and Amorphous Selenium and the Structural Phase Transition F. Shimizu, H. Kaburagi, T. Oda, and Y. Hiwatari J. Non-Cryst. Solids 250-252巻 433-436頁 1999/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Classical Molecular Dynamics for the Formation Process of a Fullerene Molecule S. Makino, T.Oda, and Y. Hiwatari J. Phys. Chem. Solids 58巻 1845-1861頁 1997/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Electronic Structures and Phase Stability of the High-Pressure Orthormbic Phase of Selenium M. Geshi, T. Oda, and Y. Hiwatari J. Phys.: Condens Matter 13巻 9401-9410頁 2001/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Electronic Structures and Phase Transitions of Selenium under High Pressure with FLAPW method M. Geshi, T. Oda, and Y. Hiwatari Prog. Theor. Phys. Suppl. 138巻 249-250頁 2000/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • First-Principles Molecular Dynamics Simulations for Se8 and Se8+ Clusters K. Uehara, M. Ishitobi, T. Oda and Y. Hiwatari Mol. Simul. 19巻 75-84頁 1997/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • First-Principles Molecular Dynamics Simulations of Selenium Clusters K. Uehara, M. Ishitobi, T. Oda and Y. Hiwatari Mol. Simul. 18巻 385-394頁 1997/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • First-Principles Molecular Dynamics Simulations of Selenium Clusters K. Uehara, M. Ishitobi, T. Oda and Y. Hiwatari Z. Phys. D 40巻 472-475頁 1997/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fully Unconstrained Approach to Noncollinear Magnetic Application to Small Fe Clusters T. Oda, A. Pasquarello and R. Car Phys. Rev. Lett. 80巻 3622-3625頁 1998/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • High Pressure Phases and the Structural Phase Transition of Selenium M. Geshi, T. Oda and Y. Hiwatari J. Phys. Soc. Jpn. 67巻 3141-3146頁 1998/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Order-N Tight-Binding Molecular Dynamics Simulation with a Fermi Operator Expansion Approach: Application to a Liquid Carbons T. Oda, and Y. Hiwatari J. Phys.: Condens Matter 12巻 1627-1639頁 2000/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structural Transformations of Ice at High Pressures via Molecular Dynamics Simulation II T. Hashimoto, T. Oda and Y. Hiwatari Mol. Simul. 18巻 395-406頁 1997/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tight-Binding Molecular Dynamics Simulation with the Fermi Operator Expansion Approach: Application to a Liquid Carbons T. Oda, and Y. Hiwatari Prog. Theor. Phys. Suppl. 138巻 124-125頁 2000/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • First-Principles Molecular Dynamics Calculation of Selenium Clusters K. Uehara, T. Oda, Y. Hiwatari and M. Ishitobi Proceedings of the International Symposium, The Physics of Complex Liquids, ed F. Yonezawa, K. Tsuji, M. Doi, T. Fujiwara 144-152頁 1998/10 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Theoretical Study on Pressure-Induced Structural Phase Transition in Phosphorus I. Hamada, T. Oda, and N. Suzuki Science and Technology of High Pressure, ed, M.H. Manghnani, W.J. Nellis and M.F. Nicol 467-470頁 2000/10 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Ab Initio Molecular Dynamics Investigation of the Structure and the Noncollinear Magnetism in Liquid Oxygen:Occurrence of O4 Molecular Units T. Oda and A. Pasquarello PHYSICAL REVIEW LETTERS 89巻 197204-7頁 2002/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structural and Magnetic Correlations in Liquid Oxygen: An Ab Initio Molecular Dynamics Study T. Oda and A. Pasquarello JOURNAL OF PHYSICS-CONDENSED MATTER 15巻 S89-S94頁 2003/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and Magnetism on Iron Oxide Clusters Fe$_{n}$O$_{m}$($n=1-5$): Calculation from First Principles H. Shiroishi, T. Oda, 他2名 Euro. Phys. J. D. 24巻 85-88頁 2003/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and Non-Collinear Magnetism of Iron Linear Chains N. Fujima and T. Oda Euro. Phys. J. D. 24巻 89-92頁 2003/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Magnetic Anisotropy of Fe/Pt(001) and Pt/Fe/Pt(001) Using a First-Principles Approach 77巻  054413頁 2008/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bending Deformation of Single-Walled Carbon Nanotubes Caused by a Five-Seven Pair Couple Defect, . 47巻 6601-6605頁 2008/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Formation of a Five-Seven Pair Couple Defect in Double-Walled Carbon Nanotubes under Bending Deformation 102巻 113522頁 2007/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Oxygen at High Pressures : Theoretical Approach to Monoatomic Phases 19巻 365211頁 2007/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Magnetic Anisotropies of Iron on the Pt (111) Surface 19巻 365208頁 2007/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fully Relativistic Two-Component-Spinor Approach in the Ultra-Soft-Pseudopotential Planewave Method 72巻 224428頁 2005/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Electronic structure and magnetic anisotropy of a constrained Fe chain in electric field 21,064213巻 1-6頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Abrupt rotation the Rashba spin to the direction perpendicular to the surface K. Sakamoto, T. Oda, A. Kimura, K. Miyamoto, M. Tsujikawa, A. Imai, N. Ueno, H. Namatame, M. Taniguchi, P. E. J. Eriksson, and R. I. G. Uhrberg 102,096805巻 1-4頁 2009/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Finite electric field effects in the large perpendicular magnetic anisotropy surface Pt/Fe/Pt(001): a first principles study M. Tsujikawa, and T. Oda 102,247203巻 1-4頁 2009/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Magnetic Anisotropy in Small Clusters FePt, Fe2Pt, and FePt2: from a First-Principles Study Journal of Computational and Theoretical Nanoscience 6巻 2603-2607頁 2006/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spin-splitting band dispersions of the heavy elements on Si (111)-(1×1) surface Journal of Physics: Conference Series 200巻 062001(1-4)頁 2010/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bonding properties and structures of titanium clusters on (10, 0) single wall carbon nano capsule N. Fujima and T. Oda 52巻 87-90頁 2009/01
  • A Comparative Ab Initio Study on Electric-Field Dependence of Magnetic Anisotropy in MgO/Fe/Pt and MgO/Fe/Au Films 109巻 07C107(1-3)頁 2011/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Electric-field effects on magnetic anisotropy in Pd/Fe/Pd(001) surface 44巻 064005(1-8)頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and dynamics of tetra-PEG gel by Brownian dynamics Transactions of the Materials Research Society of Japan 35巻 547-553頁 2010/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inverted micelle formation of cell-penetrating peptide studied by coarse-grained simulation: Importance of attractive force between cell-penetrating peptides and lipid head group 134巻 095103(1-6)頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Time benchmarks for the OpenMP and GPU parallelized calculation in the planewave pseudopotential density functional approach Junpei Gotou, Shinya Haraguchi, Masahito Tsujikawa, Tatsuki Oda Recent Development in Computational Science (ISSN 2223-0785), 2 (2011) 17-25. 2巻 17-25頁 2011/06 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Implementation of Parallel Matrix Diagonalization for Ab-Initio Molecular Dynamics Program using ScaLAPACK Indra Gunawan, Masao Obata, Makoto Nakamura Muhamad A. Martoprawiro, Tatsuki Oda Recent Development in Computational Science (ISSN 2223-0785) 4巻 145-154頁 2013/06 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Magnetic, structural, and electronic properties of Co doped Fe/MgO interface: Density functional approach, 4, (2013)  Nurul Ikhsan, Yuusaku Taguchi, Masao Obata, Makoto Nakamura, Suprijadi, Tatsuki Oda Recent Development in Computational Science (ISSN 2223-0785) 4巻 95-104頁 2013/06 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Tight-Binding Molecular Dynamics with Fermi Operator Expansion: Application to Vacancy Defects in Silicon Sasfan Arman Wella, Makoto Nakamura, Masao Obata, Suprijadi, Tatsuki Oda Recent Development in Computational Science (ISSN 2223-0785) 4巻 39-43頁 2013/06 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Effect of atomic monolayer insertions on electric-field-induced rotation of magnetic easy axis Masahito Tsujikawa, Shinya Haraguchi, and Tatsuki Oda, JOURNAL OF APPLIED PHYSICS 111巻 083910(1-4)頁 2012/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Interface atomic structures and magnetic anisotropy of Fe and Pd/Fe monatomic films on Pd(001)  Tetsuro Ueno, Masahiro Sawada, Kazuhito Furumoto, Tetsuro Tagashira, Satoshi Tohoda, Akio Kimura,Shinya Haraguchi,Masahito Tsujikawa, Tatsuki Oda, Hirofumi Namatame, and Masaki Taniguchi Physical Review B 85巻 224406(1-11)頁 2012/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Binding of Tat Peptides on DOPC and DOPG Lipid Bilayer Membrane Studied by Molecular Dynamics Simulations Shuhei Kawamoto, Masako Takasu, Takeshi Miyakawa, Ryota Morikawa, Tatsuki Oda, Shiroh Futakic, and Hidemi Nagao Molecular Simulation 38巻 5号 366-368頁 2012/03 査読有 原著論文
  • Cell penetrating peptide induces various deformations of lipid bilayer membrane: inverted micelle, double bilayer and trans-membrane Shuhei Kawamoto, Takeshi Miyakawa, Masako Takasu, Ryota Morikawa, Tatsuki Oda, Hiroaki Saito, Shiroh Futaki and Hidemi Nagao International Journal of Quantum Chemistry 112巻 178-183頁 2012/01 研究論文(学術雑誌)
  • High-pressure crystal structure prediction, using evolutionary algorithm simulation Athiya M. Hanna, Toru Yoshizaki, Muhamad A. Martoprawiro, Tatsuki Oda  Recent Development in Computational Science  2巻 37-45頁 2011/06 査読有 原著論文
  • 「強磁性超薄膜における磁気異方性と電界制御の理論的研究」, 小田竜樹,原口辰也,辻川雅人 応用電子物性分科会会誌 18巻巻 5号 170-175頁 2012/11 総説

講演・口頭発表等

  • Tatsuki Oda, Magnetic interaction between the molecules attracting on week potential: approach along van der Waals density functional method, Spintronics and Core-to-Core Workshop 2017, (March 20-22th, 2017), Serni Hankyu Hotel, Osaka (February 21th 2017, 17th speaker) (Oral presentation) (招待講演)(2017/03/21)
  • Research and development of high performance material for voltage torque MRAM by means of first-principles calculation(会議名:International Workshop on Computational Science 2017 (IWCS2017))(2017/02/15)
  • Tatsuki Oda, Computational characterization of magnetic anisotropy and its electric field effect in the interfaces of ferromagnetic metal and dielectric insulator, The 6th Annual World Congress of Nano Science and Technology-2016 (Nano S&T-2016), Theme: Small is All, The Future of Nanotechnology, (October 26-28th 2016), Holiday Inn Singapore Atrium, Singapore, October 27th 2016 (Oral presentation)(2016/10/27)
  • 小田竜樹, 「接合界面の磁気異方性と電界効果」, 東北大学 電気通信研究所 共同プロジェクト研究 (H25/B04) 研究会「磁性の電界制御の物理と応用」(2013年11月27日)、東北大学 電気通信研究所(仙台市青葉区片平二丁目1-1) 2号館4階中会議室 (招待講演)(2013/11/27)
  • 小田竜樹, 「磁性薄膜およびMgO界面の磁気異方性とその電界効果に関する理論的研究」, 東京大学物性研究所計算物質科学研究センター第3シンポジウム「スピン・軌道相互作用の物理における実験・理論・計算」(2013年11月19-20日), 東京大学物性研究所, 2013年11月20日13:40-14:20, 6階632講義室(招待講演)(2013/11/20)

全て表示

  • 進化的アルゴリズムを用いた高圧下における結晶構造探索プログラム開発(会議名:基盤研究(S)「超高圧下における元素の超伝導化の研究」中間成果報告会)(2010/03/02)
  • Electric-Field Effect on the Magnetic Anisotropy of the Ferromagnetic/Dielectric Films: A First-Prin(会議名:International Symposium on Advanced Magnetic Materials and Applications (ISAMMA))(2010/07/15)
  • 小田竜樹,「ナノ構造の磁気異方性と電界効果」,PF研究会「磁性薄膜・多層膜を究める:キャラクタリゼーションから新奇材料の創製へ」(2011年3月11-12日),KEK研究本館小林ホール(つくば市,2011年3月11日)(招待講演)(2011/03/11)
  • 小田竜樹, Athiya M. Hanna, 吉崎亨,「進化論アルゴリズムを用いた高圧下物質の構造探索」, 平成23年度物質・デバイス領域共同研究拠点ミニワークショップ, 大阪大学産業科学研究所, 2011年6月13日, インキュベーション棟I-117室(口頭講演)(2011/06/13)
  • Tatsuki Oda, First-principles approaches to electric field control on magnetic anisotropy and rotation to the vertical direction of Rashba spin, Seminar at the Department of Inorganic Materials Chemistry(DIMC), IPCS (Institut de Physique et Chimie des Materiaux de Strasbourg), CNRS, Strasbroug (France), 7th July 2011 (Oral presentation)(2011/07/07)
  • 小田竜樹, 「磁性薄膜の第一原理計算と磁気異方性」, 東京大学物性研究所計算物質科学研究センター第1回シンポジウム, 東京大学物性研究所, 2011年9月13日, 6階講義室(招待講演)(2011/09/13)
  • Makoto Nakamura, Masao Obata, Tetsuya Morishita, Tatsuki Oda, An ab initio approach to free-energy reconstruction using logarithmic mean force dynamics, European Material Research Science (E-MRS) 2014 Fall Meeting, (September 15-19th 2014), Central Campus of Warsaw University of Technology, Warsaw, Poland, September 16th 2014 (oral presentation) (K 3-5, 招待講演)(2014/09/16)
  • Tatsuki Oda, Daiki Yoshikawa, Masao Obata, Shinya Haraguchi, Yusaku Taguchi, Masahito Tsujikawa, Electric-field-effect on magnetic anisotropy in the ultrathin films MgO/Fe/M and MgO/M/Fe (M=Au, Pt, Pd), European Material Research Science (E-MRS) 2014 Fall Meeting, (September 15-19th 2014), Central Campus of Warsaw University of Technology, Warsaw, Poland, September 15th 2014 (講演番号K-14) (poster presentation)(2014/09/15)
  • 小田竜樹、「相対論的電子状態計算手法の現状と展望」、日本物理学会第70回年次大会シンポジウム「第一原理計算手法の現状と展望」、早稲田大学早稲田キャンパス、東京都新宿区、2015年3月21日(シンポジウム講演)(2015/03/21)
  • 小田竜樹、「金属磁性層/絶縁層接合界面における磁気異方性制御」、未来研究イニシアティブ「計算機ナノマテリアルデザイン新元素戦略」ワークショップ〜ナノスピントロニクスのデザインと実証をめざして〜、2015年9月25日-26日、 国際高等研究所、木津川市、2015年9月26日(招待講演)(2015/09/26)
  • 小田竜樹、「進化論的アルゴリズムと超並列計算へ向けて」、JAIST シミュレーション科学研究センター研究会「マテリアルズインフォマテックスに関するワークショップ」、JAIST情報科学研究科コラボ7、2015年10月14日(招待講演)(2015/10/14)
  • 小田 竜樹、吉川 大輝,イクサン ヌルル,金川 朋賢,小幡 正雄, 「Fe/MgO の界面共鳴状態と界面磁気異方性」, 東北大学 電気通信研究所 共同プロジェクト研究 (H25/B04) 研究会「磁性の電界制御の物理と応用」(2016年2月10日)、東北大学 電気通信研究所(仙台市青葉区片平二丁目1-1) 本館3階 ゼミ室(M331) (招待講演)(2016/02/10)
  • Tatsuki Oda, “Computational Characterization of magnetic anisotropy and its electric field effect in the interfaces of ferromagnetic metal and dielectric insulator”, Workshop on Computational Nano-Materials Design and Realization for Energy-Saving and Energy-Creation Materials, (March 25- March 26, 2016), Sigma-Hall Seminar Room, Graduate School of Engineering Science, Toyonaka Campus, Osaka University, (March 26th, 2016, I-24) (招待講演)(2016/03/26)
  • Tatsuki Oda, Computational characterization of the phenomena related to the spin-orbit interaction, European Material Research Science (E-MRS) 2016 Fall Meeting, (September 19-22th 2016), Central Campus of Warsaw University of Technology, Warsaw, Poland, September 19th 2016 (講演番号U-3-2) (Oral presentation, Invited presentation招待講演) (2016/09/19)
  • Tatsuki Oda, Magnetic anisotropy and its electric-field-induced variation in the nano-structures toward a computational modeling of magnetic device, EU-JAPAN Workshop on Computational Materials Design and Realization for Spintronics, Moltronics, Quantronics, Superconductivity and Topotronics, (September 18-30th 2016), Peter Grünberg Institute, Jülich Research Centre, Jülich, Germany, September 27th 2016 (morning session 1st speaker) (Oral presentation, 招待講演) (2016/09/27)
  • 日本物理学会2011年秋季大会にてシンポジウム講演を企画し,シンポジウムへの導入講演を行った。演題名「垂直磁気異方性はどこまで理解されてきたか」,2011年9月22日(富山大学五福キャンパス)(2011)
  • 日本物理学会第64回年次大会のシンポジウム講演にて、講演者として採択されて講演を行った。演題名「Tl/Si(111)-1×1表面電子構造と C3対称性スピン分裂」,2009年3月30日(立教大学池袋キャンパス)  (2009)
  • International Conference on Magnetism 2009 (ICM2009), ",Magnetic anisotropy and its finite electric field effect in the nano-structures of Fe-Pt system",NULL, July 28th 2009(2008)
  • First-principles approaches to electric field control on magnetic anisotropy and rotation to the vertical direction of Rashba spin(会議名:Seminar at the Department of Inorganic Materials Chemistry(DIMC), CNRS, Strasbroug (France) )(2011)
  • Toward a Computer Modeling in Magnetic Anisotropy and its Electric-Field-Control for Nano-Structures(会議名:International Symposium on Computational Science 2011)(2011)
  • 進化的アルゴリズムを用いた高圧下物質の構造探索と計算コード開発(会議名:科学研究費 基盤(B)および基盤(S)合同研究会)(2011)
  • 磁化薄膜MgO/Fe/M(001) (M=Au, Pt)における電界効果:第一原理的研究(会議名:特定領域研究2010年度「スピン流の創出と制御」に関する研究報告会)(2011)
  • 相対論的擬ポテンシャル第一原理計算の開発、応用、高速化(会議名:シンポジウム「計算物質科学の課題と展望」)(2011)
  • 薄膜の磁気異方性電界効果に関する第一原理的研究(会議名:第4回物性科学領域横断研究会 (7領域合同研究会)「凝縮系科学の最前線」)(2010)
  • 進化的アルゴリズムを用いた高圧下での第一原理的結晶構造探索プログラムの開発研究(会議名:日本物理学会第65回年次大会)(2010)
  • Atomic Structure and Magnetic Anisotropy in the Small Iron-Platinum Clusters: from a First-Principles Study in nano-structures(会議名:XVIth International Workshop on Quantum Systems in Chemistry and Physics)(2011)
  • Tatsuki Oda, Masahito Tsujikawa, Magnetic anisotropy and its finite electric field effect in the nano-structures of Fe-Pt system, Congress Center, Karlsruhe (Friedrich Weinbrenner Hall), Germany, July 28th 2009, (selected oral presentation, Tu-FW4-01)(会議名:International Conference on Magnetism 2009 (ICM2009))(2009)
  • Tatsuki Oda, Magnetic anisotropy and its finite electric field effect in the nano-structures of Fe-Pt system, Sanur Paradise Hotel, Bali-Indonesia, October 28 2009, oral presentation (C14)(会議名:International Symposium on Computational Science (ISCS2009) )(2009)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○磁性薄膜および誘電体薄膜界面における電界効果に関する研究
○磁性薄膜の磁気異方性と電界効果
○磁性クラスターを内包したカーボンナノチューブの第一原理分子力動学
○フェレドキシンにおける電子構造と磁気的性質の研究
○固体酸素における理論的研究

科研費

○基盤研究(B)「磁性体の第一原理的分子動力学法の研究」(1999-2000) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「ノンコリニアー磁性の第一原理分子動力学法の開発と応用」(1999-2000) 代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「スピンエレクトロニクス材料の探索」(2010-2014) 分担者
○基盤研究(C)「鎖状分子を基本構造とするTeナノ粒子の階層構造と光学特性」(2011-2013) 分担者
○基盤研究(C)「ワイヤー状遷移金属クラスターの磁性」(2001-2004) 分担者
○特定領域研究「高圧極限環境を活用した物質合成シミュレーション手法の開発・応用」(2005-2008) 分担者
○基盤研究(C)「マルチウォール型カーボンナノチューブの欠陥とその動力学に関する理論的研究」(2005-2007) 代表者
○基盤研究(C)「カーボンナノチューブと遷移金属接合部の構造と電子物性」(2005-2007) 分担者
○基盤研究(C)「相対論的擬ポテンシャルを用いた第一原理分子動力学法の開発と応用」(2008-2010) 代表者
○基盤研究(A)「表面ナノ構造体における反転対称性の破れに起因するスピン分裂バンド構造」(2008-2012) 分担者
○基盤研究(B)「磁性体/絶縁体ハイブリッド不揮発性メモリの理論設計」(2010-2012) 分担者
○基盤研究(B)「超高圧下で単体が示す特異な構造相転移と超伝導の理論的解明」(2010-2012) 分担者

学域・学類担当授業科目

○計算実験課題研究(2017)
○計算実験序論1A(2017)
○熱統計力学2(2017)
○計算実験1(2017)
○シミュレーション科学(2017)
○計算実験序論1B(2017)
○計算実験序論1(2016)
○熱統計力学2(2016)
○シミュレーション科学(2016)
○計算実験1(2016)
○計算科学(2016)
○情報・計算科学基礎(2016)
○熱統計力学演習2(2016)
○計算実験課題研究(2016)
○コンピュータにより拓かれた新しい科学-計算科学,コンピュータ支援による物理学・数学-(2015)
○計算実験1(2015)
○熱統計力学2(2015)
○シミュレーション科学(2015)
○計算実験序論1(2015)
○計算科学(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○計算実験課題研究(2015)
○特別講義(分子動力学シミュレーションの基礎から応用まで)(2015)
○コンピュータにより拓かれた新しい科学-計算科学,コンピュータ支援による物理学・数学-(2014)
○初学者ゼミ(2014)
○計算実験序論1(2014)
○熱統計力学2(2014)
○計算実験1(2014)
○シミュレーション科学(2014)
○計算科学(2014)
○計算実験課題研究(2014)
○計算実験序論1(2013)
○コンピュータにより拓かれた新しい科学-計算機支援による数学・物理学-(2013)
○計算科学(2013)
○コンピュータにより拓かれた新しい科学(2012)

大学院担当授業科目

○計算実験科学概論b(2017)
○計算ナノ科学b(2017)
○演習B平成29年度入学生用(2017)
○課題研究B平成29年度入学生用(2017)
○計算ナノ科学a(2017)
○演習B平成29年度入学生用(2017)
○計算理学概論b(2017)
○計算実験科学概論a(2017)
○ゼミナールB平成29年度入学生用(2017)
○ゼミナールB平成29年度入学生用(2017)
○計算理学概論a(2017)
○課題研究B平成29年度入学生用(2017)
○計算物質科学(2017)
○計算物質科学(2017)
○計算物質科学(2017)
○計算物質科学(2017)
○計算実験科学特論(2017)
○計算実験科学概論a(2016)
○計算ナノ科学a(2016)
○計算ナノ科学b(2016)
○計算実験科学概論b(2016)
○計算ナノ科学a/自然科学研究科(2016)
○課題研究B平成28年度入学生用(2016)
○ゼミナールB平成28年度入学生用(2016)
○ゼミナールB平成28年度入学生用(2016)
○演習B平成28年度入学生用(2016)
○課題研究B平成28年度入学生用(2016)
○演習B平成28年度入学生用(2016)
○計算物質科学(2016)
○計算実験科学特論(2016)
○計算科学概論(2016)
○計算物質科学(2016)
○計算ナノ科学(2015)
○計算実験科学概論(2015)
○計算実験科学特論(2015)
○計算物質科学(2015)
○計算科学概論(2015)
○ゼミナールB平成27年度入学生用(2015)
○ゼミナールB平成27年度入学生用(2015)
○演習B平成27年度入学生用(2015)
○計算科学特別講義(分子動力学シミュレーションの基礎から応用まで)(2015)
○演習B平成27年度入学生用(2015)
○課題研究B平成27年度入学生用(2015)
○課題研究B平成27年度入学生用(2015)
○連携科目Ⅰ(2015)
○計算ナノ科学(2014)
○計算実験科学概論(2014)
○計算物質科学(2014)
○計算実験科学特論(2014)
○計算科学概論(2014)
○計算物性物理(2014)
○計算物性物理特論(2014)
○計算科学基礎(2014)
○ゼミナールB平成26年度入学生用(2014)
○演習B平成26年度入学生用(2014)
○演習B平成26年度入学生用(2014)
○ゼミナールB平成26年度入学生用(2014)
○課題研究B平成26年度入学生用(2014)
○課題研究B平成26年度入学生用(2014)
○計算ナノ科学(2013)
○計算実験科学概論(2013)
○計算ナノ科学(2012)
○計算実験科学概論(2012)
○留学生基礎科目A(2012)

他大学の客員教授

○大阪大学大学院基礎工学研究科スピントロニクス学術連携教育センター
○福井大学

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○東京大学物性研究所スーパーコンピュータ共同利用課題審査委員会委員(2006/04/01-2008/03/31)
○東京大学物性研究所スーパーコンピュータ共同利用課題審査委員会委員(2008/04/01-2010/03/31)
○東京大学物性研究所スーパーコンピュータ共同利用課題審査委員会委員(2010/04/01-2012/03/31)

講演可能なテーマ

○計算科学とナノ・バイオ・グリーン テクノロジー(キーワード:シミュレーション)

その他公的社会活動

○岐阜県立関高等学校出張講義(20150616-20150616) 出張講義(高校2年生30名、50分講義2コマ、授業科目:コンピュータで探るサイエンス)
○石川県立泉丘高等学校スーパーサイエンスハイスクール講師(20131116-20131116) スーパーサイエンスハイスクール講師(理数科1年16名、90分間2コマ、テーマ:「原子サイズスケールの科学」および「極低温世界の不思議現象」共同講義、場所:金沢大学自然科学5号館)
○石川県立金沢桜丘高等学校進学説明会(20131025-20131025) 進学説明会(高校2年生58名、60分説明2コマ、用務内容:理学部系への進学希望者に大学での授業内容、必要な資質、卒業後の進路、取得できる資格などを中心に説明)
○星稜高校出張進学説明会(20130702-20130702) 進学説明会(高校3年生100名、2時間、理工学域の概要説明、質疑応答)
○石川県立七尾高等学校出張講義(20130605-20130605) 出張講義(高校2年生35名、60分間2コマ、授業科目:スパコンが拓く新しいものづくりとエコ社会)

このページの先頭へ