本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

井田 朋智 (いだ とものり) 准教授 IDA Tomonori

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類 化学コース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

理論化学研究室 TEL:076-264-5688 FAX:076-264-5742

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 自然科学研究科 物質構造科学 2001/03 単位取得満期退学
【出身大学】
金沢大学 理学部 化学科 1994/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

三菱製紙株式会社 東京研究所 研究員(1996/04/01-1998/03/20)

生年月

1971年04月

所属学会

日本化学会 近畿支部幹事(2016-2018)
日本化学会
分子科学会
理論化学研究会

学内委員会委員等

○入試委員 委員(2016-2017)
○教務学生委員(2013-2014)

受賞学術賞

専門分野

物理化学

専門分野キーワード

分子軌道法、電子伝播関数

研究課題

電子伝播関数によるイオン状態および励起状態計算手法の開発

電子伝播関数によるイオン状態および励起状態計算手法の開発 電子伝播関数を用いて分子やクラスターのイオン化ポテンシャルや励起エネルギー計算を行っている。また従来の計算方法では再現が困難であった、多価イオン状態や高励起状態の分子の電子状態も計算し、その電子スペクトル解析を行っている。

分子のX線光電子および発光スペクトルシミュレーション

分子のX線光電子および発光スペクトルシミュレーション 分子軌道法や密度汎関数法(DFT)を用いて、有機化合物のX線光電子および発光スペクトルシミュレーションを行い、分子構造や電子状態の解析を行っている。特にDFTを用いて内殻正孔状態の高精度計算を行い、X線発光スペクトルの詳細な解析をしている。

流体力学を応用した量子波束シミュレーション

流体力学を応用した量子波束シミュレーション 量子波束シミュレーションは光化学反応や電子移動など量子効果が重要な役割を果たす系を再現する有効な手法である。流体力学を応用した波束シミュレーションはこれまで計算が困難であった多次元、多準位系を扱う新たな方法として注目されている。実際の分子にこの手法を適用し、化学反応などにおける量子効果を研究している。

著書

  • 金沢大学IT教材用「一般化学」 金沢大学電子出版株式会社 2006 原著書 共著 鈴木健之,井田朋智ほか10名
  • 表面分析技術選書「計算シミュレーションと分析データ解析」 丸善株式会社 2007 原著書 共著 遠藤一央,井田朋智ほか20名

論文

  • Two-dimensional wavepacket dynamics with quantum hydrodynamics D. Matsumoto, K. Hayashi, T. Ida, M. Mizuno, K. Endo, K. Nishikawa INTERNATIONAL JOURNAL OF QUANTUM CHEMIST 107巻 3169頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Second-order, two-electron Dyson propagator theory: Comparisons for vertical double ionization potentials Journal of Chemical Physics 129巻 084105頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spin-adaptation of open-shell electron propagator theory CHEMICAL PHYSICS LETTERS 486巻 171頁 2010/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Simulation of resonant X-ray emission spectra of ethylene and benzene molecules T. Ida, N. Kato, D. Matsumoto, M. Mizuno CHEMICAL PHYSICS LETTERS 426巻 53頁 2006 査読有 原著論文
  • Simulation of thermal decomposition for polymer molecules T. Ida, H. Sugimoto, D. Matsumoto, K. En JORNAL OF SURFACE ANALYSIS 12巻 153頁 2005 査読有 原著論文

全て表示

  • Ab initio MO approach to the magnetic interactions in chain structure of A2MnF5, Synthetic Metals T. Ida, N. Kato, M. Mizuno, K. Endo SYNTHETIC METALS 663巻 135-136頁 2003 査読有 原著論文
  • Analysis of electron spectra of carbon allotropes (Diamond, Graphite, Fullerene) by density functional theory calculations using the model molecules K. Endo, S. Koizumi, T. Otsuka, T. Ida, T. Morohashi, J. Onoe, A. Nakao, E. Z. Kurmaev, A. Moewes, D.P. Chong JORNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A 107巻 9403頁 2003 査読有 原著論文
  • Novel Cu(I) dinuclear complexes containing eta2-eta2, eta2-type benzoquinone ligand S. Masaoka, G. Akiyama, S. Horike, S. Kitagawa, T. Ida, K. Endo JORNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY 125巻 1152頁 2003 査読有 原著論文
  • Time-resolved ESR studies on transient radicals photogenerated in solutions of melamine in ethylene glycol Chemical Physics 324巻 563-572頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • X-Ray photoelectron and carbon Kα emission measurements and calculations of O-, CO-, N-, and S-containing substances Journal of Polymer Science 45巻 162-172頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Substituent effects on ultraviolet absorption spectra of 5-substitued-Nb-acetyl-1-methoxy- tryptamines studied by density functional theory calculations Heterocycles 73巻 275-287頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Deuterium NMR Study of Molecular Dynamics and Phase Transition in Acetonitrile Crystal Journal of Physical Chemistry A 112巻 13481-13486頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • XPS Spectral Simulation of Chitosan in Thermal Decomposition Process Journal of Surface Analysis 14巻 344-347頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • X-Ray Photoelectron Spectral Analysis for Carbon Allotropes Journal of Surface Analysis 14巻 348-351頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical analysis of Auger electron spectra of 2nd periodic element containing substances Applied Surface Science 255巻 340-343頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fragment Distribution of Thermal Decomposition for PS and PET with QMD Calculations by Considering the Excited and Charged Model Molecules Applied Surface Science 255巻 856-859頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fragment Distribution of Thermal Decomposition for Lignin Monomer by QMD Calculations using the Excited and Charged Model Molecules Applied Surface Science 255巻 1048-1051頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic and static behaviors of CH4 and CO2 in small and large cavities of hydrate T. Ida, K. Endo, D. Matsumoto, N. Kato, M. Mizuno, Y. Suzuki, M. Tadokoro JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE 1032巻 275-280頁 2013/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Depth profile assignments of nm and um orders by quantum chemical calculations for chitosan films modified by Kr+ beam bombardment K. Endo, H. Shinomiya, T. Ida, S. Shimada, K. Takahashi, Y. Suzuki, H. Yajima Progress in theoretical chemistry and physics B26巻 475-488頁 2012/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Valence XPS, IR and Solution 13C NMR spectral analysis of representative polymers by quantum chemical calculations K. Endo, T. Ida, S. Shimada, J.V. Ortiz Progress in theoretical chemistry and physics B26巻 393-406頁 2012/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Valence XPS, IR, and C13 NMR spectral analysis of 6 polymers by quantum chemical calculations K. Endo, T. Ida, S. Shimada, J.V. Ortiz, K. Deguchi, T. Shimizu, K. Yamada Journal of Molecular Structure 1027巻 20-30頁 2012/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 1.The World Association of Theoretical and Computational Chemists (WATOC)in Santiago, Spain July 17-22, 2011. "Excitation propagator approach augmented with self-energy shifting", M. Saitow, T. Ida, Y. Motizuki. 2. Quantum Systems of Chemistry and Physics in Kanazawa, Japan Sep 11-17 2011. "Valence XPS, IR,and C13 NMR Spectral analysisof 6 polymers by quantum chemical calculations", K. Endo, T. Ida, S. Shimada.(2011)
  • 国際学会における発表 1.Theoretical study of bond alternation of polyacene, T. Ida, D. Matsumoto, M. Mizuno, K. Endo and K. Nishikawa, 46th Sanibel Symposium, (2006年2月, St. Simons island, Georgia USA). 2.Theoretical analysis of resonant X-ray emission spectra of simple hydrocarbons, T. Ida, H. Se and K. Endo, XIIth International Congress of Quantum Chemistry, (2006年5月, Kyoto, Japan). 3.Theoretical Auger spectra of molecule by two-electron propagator method, T. Ida, K. Endo and J. V. Ortiz, 48th Sanibel Symposium, (2008年2月, St. Simons island, Georgia USA).(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「電子伝播関数を用いた分子の多価イオン状態の計算手法開発」(2012-2014) 代表者
○若手研究(B)「二電子伝播関数法を用いた水クラスターの分子間クーロン崩壊に関する研究」(2008-) 代表者
○特定領域研究「新規固体核磁気共鳴シミュレーション解析法による配位空間の研究」(2006-) 分担者
○基盤研究(C)「理論的表面分光装置の開発」(2006-) 分担者

学域・学類担当授業科目

○理論化学Ⅲ(2017)
○化学の世界(2017)
○化学の世界(2017)
○物質化学実験C(2017)
○物質化学実験A(2017)
○物質化学序論B(2017)
○地域概論(2017)
○大学・社会生活論(2017)
○大学・社会生活論(2016)
○物質化学実験C(2016)
○化学の世界(2016)
○理論化学Ⅲ(2016)
○化学課題研究(2016)
○物質化学実験C(2015)
○リメディアル化学(2015)
○理論化学Ⅲ(2015)
○大学・社会生活論(2015)
○リメディアル化学(2014)
○大学・社会生活論(2014)
○学外技術体験実習A(2014)
○学外技術体験実習B(2014)
○物質化学実験C(2014)
○理論化学Ⅲ(2014)
○化学文献指導(2014)
○情報処理演習(2014)
○化学課題研究(2014)

大学院担当授業科目

○量子化学(2017)
○量子物理化学(2017)
○量子物理化学(2017)
○量子物理化学(2017)
○量子物理化学(2017)
○物質解析化学Ⅰ(2017)
○物質解析セミナー平成29年10月入学者用(2017)
○物質解析セミナー平成29年度入学生用(2017)
○量子化学(2016)
○物質解析化学Ⅰ(2016)
○物質解析セミナー平成28年10月入学者用(2016)
○物質解析セミナー平成28年度入学生用(2016)
○量子物理化学(2016)
○量子化学(2015)
○物質解析化学Ⅰ(2015)
○物質解析セミナー平成27年10月入学者用(2015)
○物質解析セミナー平成27年度入学生用(2015)
○量子物理化学(2015)
○表面物理化学(2014)
○量子物理化学(2014)
○表面物理化学(2014)
○量子物理化学(2014)
○量子物理化学(2014)
○先端化学平成26年10月入学者用(2014)
○課題研究平成26年10月入学者用(2014)
○物質解析セミナー平成26年10月入学者用(2014)
○プレゼンテーションⅠ(2014)
○インターンシップⅡ(2014)
○量子化学(2014)
○課題研究平成26年度入学生用(2014)
○物質解析セミナー平成26年度入学生用(2014)
○インターンシップⅠ(2014)
○先端化学平成26年度入学生用(2014)
○プレゼンテーションⅡ(2014)
○創成研究Ⅱ(2014)
○物質解析化学Ⅰ(2014)
○創成研究Ⅰ(2014)
○プレゼンテーションⅣ(2014)
○プレゼンテーションⅢ(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ