本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

片岡 邦重 (かたおか くにしげ) 教授 KATAOKA Kunishige

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類 化学コース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

生物化学研究室 FAX:076-264-5742

学歴

【出身大学院】
京都大学 博士課程 農学研究科 農芸化学専攻 1993/03 中退
【出身大学】
筑波大学 第二学群 農林学類生物応用化学専攻 1988/03 卒業
【取得学位】
農学修士
博士(理学)

職歴

大阪大学 産業科学研究所 教務職員(1993/04/01-1994/12/31)
大阪大学 理学部 助手(1995/01/01-1996/03/31)
大阪大学 大学院理学研究科 助手(1996/04/01-2001/01/31)
金沢大学 理学部(2001/02/01-2005/03/31)
金沢大学 自然科学研究科(2005/04/01-2011/03/31)
金沢大学 理工研究域物質化学系(2011/04/01-)

生年月

1965年02月

所属学会

日本生化学会 北陸支部会幹事(2011-2013)
日本生化学会 北陸支部会幹事(2005-2007)
日本農芸化学会
生物無機化学国際学会
日本ビタミン学会

学内委員会委員等

○入試委員会 委員(2014-2015)
○大学院委員会 委員(2014-2015)
○教務委員会 委員(2014-2015)
○理工学域 教務委員会 委員長(2014-2015)
○理工学域 教員養成委員会 委員長(2012-2015)
○図書館委員会 委員(2013-2013)
○理工学域 交通関係WG 座長(2012-2013)
○環境報告書編集小委員会 委員(2012-2013)
○学生生活部会 委員(2011-2013)
○理工学域 教務学生委員会 委員(2012-2013)
○共通教育委員会 委員(2011-2013)
○基礎系領域会議 代議員会 委員(2011-2011)
○環境報告書編集小委員会 委員(2011-2011)
○理工学域 教務学生委員会 委員(2011-2012)
○基礎系領域会議 教務学生委員会 委員長(2011-2011)

受賞学術賞

○JB論文賞(1995/07/01)
○平成13年度 金子・成田研究奨励金(2001/06/29)
○平成16年度 第11回京都市・山本文二郎漆科学研究助成(2004/07/27)
○平成18年度 長瀬科学技術振興財団研究助成(2006/04/21)

専門分野

生物化学、分子生物学、機能生物化学、生体関連化学、応用生物化学

専門分野キーワード

生化学、分子生物学、タンパク質工学、金属タンパク質

研究課題

金属タンパク質のタンパク質工学的機能改変

金属タンパク質のタンパク質工学的機能改変 酸化還元中心として単核銅をもつ低分子量電子伝達タンパク質であるブルー銅タンパク質,ヘム鉄をもつ低分子量電子伝達タンパク質であるCytochrome cなどを対象に,構造解析,機能解析や,タンパク質工学の手法を用いた機能改変を行っています。本研究では,低分子量タンパク質の基本骨格を利用した人工機能性タンパク質(人工酵素)の開発を目指しています。また,マルチ銅オキシダーゼを対象に,産業応用を目標にしたタンパク質工学的機能改変を行っています。

マルチメタル酵素の構造と機能に関する研究

マルチメタル酵素の構造と機能に関する研究 鉄,銅,亜鉛,ニッケルなどの金属イオンを,機能因子または構造因子として含有するタンパク質を金属タンパク質と呼びます。中でも機能の異なる複数の酸化還元中心(金属中心)を含む酵素タンパク質をマルチメタル酵素と呼びます。有機物や金属イオン,電極をはじめ,人工的な環境汚染物質からまでも電子を取出し(酸化),酸素を還元するマルチ銅オキシダーゼ,電子伝達タンパク質から受取った電子を用いて,酸素や亜硝酸,一酸化窒素などを還元する呼吸鎖酸化還元酵素を対象に,新規酵素の探索,発現系の構築,および構造・機能の解析を行っています。

アミノ酸脱水素酵素の構造と機能に関する研究

アミノ酸脱水素酵素の構造と機能に関する研究 アミノ酸を酸化的に脱アミノし対応するケト酸を生成する反応および,逆反応であるケト酸とアンモニアからアミノ酸の合成反応を触媒するアミノ酸脱水素酵素は,微生物のアミノ酸代謝に重要な役割を果たしています。フェニルアラニン脱水素酵素,ロイシン脱水素酵素を対象に,基質認識機構,触媒反応機構の解明を目指し研究を行っています。

著書

  • Multicopper Proteins, in Copper-Oxygen Chemistry (Eds by K.D. Karlin and S. Itoh) 2011/08 原著書 共著 櫻井武,片岡邦重ら21名 1118094344
  • 生体膜のエネルギー装置 共立出版 2000 原著書 共著 片岡邦重,鈴木晋一郎ほか18名

論文

  • Characterization of Azide-binding Type 2 Cu(II) Site of Nitrite Reductase. Deligeer, Kunishige Kataoka, and Shinnichiro Suzuki Bulletin of Chemical Society of Japan 74巻 1号 183-184頁 2001/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Crystal Structure Determination of Oxidized and Reduced Pseudoazurin from Achromobacter cycloclastes. Tsuyoshi Inoue, Nobuya Nishio, Shinnichiro Suzuki, Kunishige Kataoka, Takamitsu Kohzuma, and Yasushi Kai The Journal of Biological Chemistry 274巻 25号 17845-17852頁 1999/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Crystallization and Preliminary X-ray Studies of Azurin-I and Azurin-II from Denitrifying Bacterium Alcaligenes xylosoxidans GIFU1051. C. Li, T. Inoue, K Kataoka他4名 Acta Crystallographica 53巻 337-338頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Crystallization and Preliminary X-ray Study of iso-2 Azurin from the Methyloyrophic Bacterium, Methylomonas J. T. Inoue, N. Nishio, K. Kataoka他5名 Acta Crystallographica 55巻 307-309頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fragmentary Form of Thermostable Leucine Dehydrogenase of Bacillus stearothermophilus : Its Construction and Reconstitution of Active Fragmentary Enzyme. T. Oikawa, K. Kataoka, K. Soda他2名 Biochemical Biophysical Research Communications 280巻 4号 1177-1182頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Functional Analysis of Conserved Aspartate and Histidine Residues Located Around the Type 2 Copper Site of Copper-Containing Nitrite Reductase. K. Kataoka, H. Furusawa, S. Suzuki他2名 Journal of Biochemistry 127巻 2号 345-350頁 2000/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Gene Synthesis, Expression, and Mutagenesis of Zucchini Mavicyanin: The Fourth Ligand of Blue Copper Center Is Gln. K. Kataoka, M. Nakai, S. Suzuki他1名 Biochemical Biophysical Research Communications 250巻 2号 409-413頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intramolecular Electron Transfer Process of Native and Mutant Forms of Blue Copper-Containing Nitrite Reductase from Alcaligenes xylosoxidans. S. Suzuki, K. Kataoka他4名 Inorganic Reaction Mechanisms 2巻 129-135頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Matrix-assisted Laser Desorption/Ionization and Electrospray Ionization Mass Spectrometry Analysis of Blue Copper Proteins. Azurin and Mavicyanin Tsuyoshi Fukuo, Naoko Kubota, Kunishige Kataoka, Masami Nakai, Shinnichiro Suzuki, and Ryuichi Arakawa Rapid Communications in Mass Spectrometry 12巻 1967-1971頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spectroscopic and Electrochemical Properties of Cytochrome c551 from Alcaligenes xylosoxidans GIFU 1051. Deligeer, K. Kataoka, S. Suzuki他1名 Bulletin of Chemical Society of Japan 73巻 8号 1839-1840頁 2000/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spectroscopic and Electrochemical Properties of the Met86Gln Mutant of Achromobacter cycloclastes Pseudoazurin. K. Kataoka, A. Kondo, S. Suzuki他1名 Journal of Inorganic Biochemistry 82巻 79-84頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spectroscopic and Electrochemical Properties of Two Azurins (Az-iso1 and Az-iso2) from the Obligate Methylotroph Methylomonas sp. Strain J and the Structure of Novel Az-iso2. S. Suzuki, N. Nakamura K. Kataoka他5名 Journal of Biological Inorganic Chemistry 4巻 749-758頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spectroscopic Characterization and Intramolecular Electron Transfer Processes of Native and Type 2 Cu-Depleted Nitrite Reductases. S. Suzuki, Deligeer, K. Kataoka他6名 Journal of Biological Inorganic Chemistry 2巻 265-274頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spectroscopic Distinction between Two Co(II) ions Substituted for Type 1 and 2 Cu in Nitrite Reductase. S. Suzuki, Deligeer, K. Kataoka他4名 Inorganica Chemica Acta 275巻 289-294頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structure of Azurin I from the Denitrifying Bacterium Alcaligenes xylosoxidans NCIMB 11015 at 2.45 A Resolution. C. Li, T. Inoue, K. Kataoka他4名 Acta Crystallographica 54巻 347-354頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Type 1 Cu Structure of Blue Nitrite Reductase from Alcaligenes xylosoxidans GIFU 1051 at 2.05 A Resolution: Comparison of Blue and Green Nitrite Reductase. T. Inoue, K. Kataoka, S. Suzuki他6名 Journal of Biochemistry 124巻 5号 876-879頁 1998/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Primary Structure of a Japanese Lacquer Tree Laccase as a Prototype Enzyme of Multicopper Oxidases. K. Nitta, K. Kataoka, and T. Sakurai Journal of Inorganic Biochemistry 91巻 1号 125-131頁 2002/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spectroscopic and Functional Characterization Cu-Containing Nitrite Reductase from Hyphomicrobium denitrificans A3151. Deligeer, K. Kataoka, S. Suzuki 他3名 JOURNAL OF INORGANIC BIOCHEMISTRY 91巻 1号 132-138頁 2002/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of Two Cu-Containing Protein Fragments Obtained by Limited Ptoteolysis of Hyphomicrobium denitrificans A3151 Nitrite Reductase. K. Yamaguchi, K. Kataoka, S. Suzuki 他1名 BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 300巻 1号 36-40頁 2003/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization and Function of Met150Gln Mutant of Copper-Containing Nitrite Reductase from Achromobacter cycloclastes. K. Kataoka, S. Sakai, S. Suzuki 他2名 BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 303巻 519-524頁 2003/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Authentic and Recombinant Bilirubin Oxidase Are in Different Resting Forms. T. Sakurai, T. Fujita, K. Kataoka 他4人 BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY 67巻 5号 1157-1159頁 2003/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Alteration of Substrate Specificity of Leucine Dehydrogenase by Site-Directed Mutagenesis. K. Kataoka, K. Tanizawa JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS B-ENZYMATIC 23巻 299-309頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Significance of the Flexible Loop in the Azurin (Az-iso2) from the Obligate Methylotroph Methylomonas sp. Strain J. T. Inoue, S. Suzuki, K. Kataoka他7名 JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY 333巻 117-124頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Crystallization and Preliminary X-ray Crystallographic Studies of Mavicyanin from Cucurbita pepo medullosa. Y. Xie, T. Inoue, K. Kataoka他5名 ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY 59巻 1474-1476頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Reversible Change in the Redox State of Type I Cu in Myrothecium verrucaria Bilirubin Oxidase Depending on pH. G. Zoppellaro, K. Kataoka, T. Sakurai他1名 BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY 69巻 9号 1998-2000頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of Two Type 1 Cu Sites of Hyphomicrobium denitrificans Nitrite Reductase: A New Class of Copper-containing Nitrite Reductases. K. Yamaguchi, K. Kataoka他4名 BIOCHEMISTRY 43巻 44号 14180-14188頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Crystallization and Preliminary X-ray Crystallographic Studies of Dissimilatory Nitrite Reductase Isolated from Hyphomicrobium denitrificans A3151. Y. Xie, T. Inoue, K. Kataoka他8名 ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY 60巻 2383-2386頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structure-Based Engineering of Alcaligenes xylosoxidans Copper-Containing Nitrite Reductase Enhances Intermolecular Electron Transfer Reaction with Pseudoazurin. K. Kataoka, K. Yamaguchi他4名 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 279巻 51号 53374-53378頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structural Reorganization of Copper Binding Site Involving Thr15 of Mavicyanin from Cucurbita pepo medullosa (Zucchini) upon Reduction. Y. Xie, T. Inoue, K. Kataoka 他6名 JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 137巻 455-461頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • High-Level Expression of Myrothecium verrucaria Bilirubin Oxidase in Pichia pastoris, and its Facile Purification and Characterization. K. Kataoka, T. sakurai他2名 PROTEIN EXPRESSION AND PURIFICATION 41巻 77-83頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Enhancement of Laccase Activity through the Construction and Breakdown of a Hydrogen Bond at the Type I Copper Center in Escherichia coli CueO and the Deletion Mutant Δα5-7 CueO. K. Kataoka, T. sakurai 他5名 BIOCHEMISTRY 50巻 558-565頁 2011/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Point Mutations at the Type I Cu Ligands, Cys457 and Met467, and at the Putative Proton Donor, Asp105, in Myrothecium verrucaria Bilirubin Oxidase and Reactions with Dioxygen. K. Kataoka, T. sakurai 他4名 BIOCHEMISTRY 44巻 18号 7004-7012頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Diverse NO Reduction by Halomonas halodenitrificans Nitric Oxide Reductase. T. Sakurai, K. Kataoka 他3名 BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 333巻 483-487頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mutation at Asp112 Adjacent to the Trinuclear Cu Center in CueO as the Proton Donor in the Four-Electron Reduction of Dioxygen Y. Ueki, K. Kataoka 他3名 FEBS LETTERS 580巻 4069-4072頁 2006/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tandem and Single Genes of Three Membrane-Bound Nitrate Transporters in the nar Gene Cluster of the Moderately Halophilic Denitrifier, Halomonas halodenitrificans. N. Sakurai, K. Kataoka, T. Sakurai 他2名 DNA SEQUENCE 17巻 363-369頁 2006/10 査読有 原著論文
  • Bioelectrocatalytic Reduction of O2 Catalyzed by CueO from Escherichia coli Adsorbed on a Highly Oriented Pyrolytic Graphite Electrode. Y. Miura, S. Tsujimura, K. Kataoka, K. Kano 他3名 CHEMISTRY LETTERS 36巻 132-133頁 2007/01 査読有 原著論文
  • Promotion of Laccase Activities of Escherichia coli Cuprous Oxidase, CueO by Deleting the Segment Covering the Substrate Binding Site. S. Kurose, K. Kataoka, T. Sakurai 他2名 CHEMISTRY LETTERS 36巻 232-233頁 2007/02 査読有 原著論文
  • Probing Electron Transfer Reactions between Two Azurins from Alcaligenes xylosoxidans GIFU 1051 with Optically Active Ru Complexes as Molecular Recognition Probes: Importance of the 43rd Residue. T. Kato, K. Kataoka, H. Masuda 他9名 INORGANICA CHIMICA ACTA 360巻 1555-1567頁 2007/08 査読有 原著論文
  • Effect of Axial Ligand Mutation of the Type I Copper Site in Bilirubin Oxidase on Direct Electron Transfer-Type Bioelectrocatalytic Reduction of Dioxigen. Y. Kamitaka, Tsujimura, K. Kataoka 他3名 Electoanalytical chemistry 601巻 119-124頁 2007/03 査読有 原著論文
  • Structure and Function of a Hexameric Copper-Containing Nitrite Reductase. N. Nojiri, Y. Xie, K. Kataoka, S. Suzuki 他6名 PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AME 104巻 4315-4320頁 2007/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and Function of the Engineered Multicopper Oxidase, CueO from Escherichia coli - Deletion of the Methionine-Rich Helical Region Covering the Substrate Binding Site -. K. Kataoka, H. Komori, Y. Higuchi, T. Sakurai 他7名 JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY 373巻 141-152頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Direct Electrochemistry of CueO and Its Mutants at Residues to and near Type I Cu for Oxygen-Reducing Biocathode. Fuel Cells 9巻 70-78頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Studies of Interaction of Homo-Dimeric Ferredoxin-NAD(P)+ Oxidoreductases of Bacillus subtiis and Rhodopseudomonas palustris, That Are Closely Related to Thioredoxin Reductase in Amino Acid Sequence, with Ferredoxins and Pyridine Nucleotide Coenzymes. BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-PROTEIN STRUCTURE AND MOLECULAR ENZYMOLOGY 1794巻 594-601頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Modification of Spectroscopic Properties and Catalytic Activity of Escherichia coli CueO by Mutations of Methionine 510, the Axial Ligand to the Type I Cu BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN 82巻 504-508頁 2009/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Four-Electron Reduction of Dioxygen by a Multicopper Oxidase, CueO, and Roles of Asp112 and Glu506 Located Adjacent to the Trinuclear Copper Center K. Kataoka, T. Sakurai 他6名 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 284巻 14405-14413頁 2009/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Novel Zinc-Dependent D-Serine Dehydratase from Saccharomyces cerevisiae BIOCHEMICAL JOURNAL 409巻 399-406頁 2008/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Compensatory Binding of an Asparagine Residue to the Coordination-Unsaturated Type I Cu Center in Bilirubin Oxidase Mutants. K. Kataoka, T. sakurai 他4名 BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 371巻 416-419頁 2008/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Measurement of Electric Field Gradient at 117In on the Cu-site in Mavicyanin by Perturbed Angular Correlation of &gamma-rays HYPERFINE INTERACTIONS 181巻 69-73頁 2008/08 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • ATR–FTIR Study of the Protonation States of the Glu Residue in the Multicopper Oxidases, CueO and Bilirubin Oxidase. FEBS LETTERS 584巻 4027-4031頁 2010/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • New Insights into the Catalytic Active-Site Structure of Multicopper Oxidases H. Komori, R. Sugiyama, K. Kataoka, K. Miyazaki, Y. Higuchi and T. Sakurai Acta Crystallographica Section D: Biological Crystallography D70巻 772-729頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Biochemical, spectroscopic and X-ray structural analysis of deuterated multicopper oxidase CueO prepared from a new expression construct for neutron crystallography Akter, M., Inoue, C., Komori, H., Matsuda, N., Sakurai, T., Kataoka, K., Higuchi, Y., Shibata, N. Acta Crystallographica Section:F Structural Biology Communications 72巻 788-794頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Exogenous acetate ion reaches the type II copper centre in CueO through the water-excretion channel and potentially affects the enzymatic activity Komori, H., Kataoka, K., Tanaka, S., Matsuda, N., Higuchi, Y., Sakurai, T. Acta Crystallographica Section:F Structural Biology Communications 72巻 558-563頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A pirin-like protein from Pseudomonas stutzeri and its quercetinase activity Widiatningrum, T., Maeda, S., Kataoka, K., Sakurai, T. Biochemistry and Biophysics Reports 3巻 144-149頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A novel resting form of the trinuclear copper center in the double mutant of a multicopper oxidase, CueO, Cys500Ser/Glu506Ala Takao Kajikawa, Ryosuke Sugiyama, Kunishige Kataoka, Takeshi Sakurai Journal of Inorganic Biochemistry 149巻 88-90頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Modifications on the Hydrogen Bond Network by Mutations of Escherichia coli Copper Efflux Oxidase Affect the Process of Proton Transfer to Dioxygen Leading to Alterations of Enzymatic Activities T. Kajikawa, K. Kataoka, and T. Sakurai Biochem. Biophys. Res. Commun. 422巻 152-156頁 2012 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Electrochemical Characterization of a Unique "Neutral" Laccase from Flammulina velutipes K. Saito, S. Kurose, Y. Tsujino, T. Osakai, K. Kataoka, T. Sakurai, and E. Tamiya J. Biosci. Bioeng. 115巻 159-167頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Study on dioxygen reduction by mutational modifications of the hydrogen bond network leading from bulk water to the trinuclear copper center in bilirubin oxidase Morishita, Hirotoshi; Kurita, Daisuke; Kataoka, Kunishige; Sakurai, Takeshi Biochemical and Biophysical Research Communications 450巻 1号 767-772頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Modifications of Laccase Activities of Copper Efflux Oxidase, CueO by Synergistic Mutations in the First and Second Coordination Spheres of the Type I Copper Center K. Kataoka, H. Kogi, S. Tsujimura, and T. Sakurai Biochem. Biophys. Res. Commun. 431巻 393-397頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Role of the Hydrogen Bond Connecting the Ligands for Substrate and Type I Copper in the Cuprous Oxidase, CueO K. Kataoka and T. Sakurai Chem. Lett. 42巻 1102-1104頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Crystal Structure of the CueO Mutants at Glu506, the Key Amino Acid Located in the Proton Transfer Pathway for Dioxygen Reduction H. Komori, T. Kajikawa, K. Kataoka, Y. Higuchi, and T. Sakurai Biochem. Biophys. Res. Commun. 438巻 686-690頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An O-Centered Structure of the Trinuclear Copper Center in the Cys500Ser/Glu506Gln Mutant of CueO and Structural Changes in Low to High X-Ray Dose Conditions. H. Komori, R. Sugiyama, K. Kataoka, Y. Higuchi, and T. Sakurai ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION 51巻 1861-1864頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 大腸菌を宿主とするビリルビンオキシダーゼ発現系の構築(会議名:第89回日本生化学会大会)(2016/09/25)
  • ビリルビン酸化酵素の電子受容部位に見られる翻訳後修飾と電位制御(会議名:第9回北陸合同バイオシンポジウム)(2016/11/04)
  • ビリルビンオキシダーゼのタイプI銅部位に存在するTrp396-His398間共有結合の役割(会議名:日本農芸化学会2017年度大会)(2017/03/17)
  • Enhancement of laccase activities of the copper efflux oxidase, CueO by tuning the redox potential of the type I copper center(会議名:第5回国際コファクター会議,酵素活性分子国際会議2016)(2016/09/04)
  • マルチ銅オキシダーゼのタイプⅠ銅酸化還元電位の精密制御による酵素活性制御(会議名:日本農芸化学会2016年度大会)(2016/03/27)

全て表示

  • ビリルビンオキシダーゼの電子受容部位に存在するビルトイン型補酵素様構造の機能(会議名:日本ビタミン学会第68回大会)(2016/06/17)
  • 2015年電気化学秋季大会「マルチ銅オキシダーゼによる酸素の4電子還元反応と反応制御」2015年9月(2015/09)
  • 日本農芸化学会2015年度大会「脱窒菌Pseudomonas stutzeri 由来ケルセチナーゼ遺伝子の大腸菌を宿主とする異種発現」2015年3月(2015/03)
  • 日本農芸化学会2014年度大会「脱窒菌Pseudomonas stutzeri 由来ケルセチナーゼ遺伝子のBrevibacillus を宿主とする異種発現」2014年3月(2014/03)
  • 第59回錯体化学討論会「マルチ銅オキシダーゼのタイプI銅に配位したシステインS原子へのNH-S水素結合と酵素機能」2009年9月(2009)
  • 2012年度 酵素補酵素研究会「マルチ銅酸化酵素CueOにおける酸素還元反応中心へのプロトン輸送」2012年7月(2012)
  • The 12th Japan-China-Korea Joint Symposium on Enzyme Engineering「Enhancement in Enzymatic Activities for the Copper Efflux Oxidase, CueO by Tuning the Redox Potential of Type I Cu」2012年5月(2012)
  • 第85回日本生化学会大会「膜結合型NO還元酵素に由来するC型ヘム中心の機能改変によるペルオキシダーゼ活性の発現」2012年12月(2012)
  • 2013年度 酵素補酵素研究会「マルチ銅酸化酵素CueOにおける酸素還元反応中心へのプロトン輸送経路」2013年6月(2013)
  • 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress「Introduction of a Sugar Group Near the Substrate-Binding Site of the Bilirubin Oxidase from Myrothecium verrucaria」2006年6月(2006)
  • 第19回生物無機化学夏期セミナー「マルチ銅オキシダーゼ基質認識部位の分子設計と応用」2006年8月(2006)
  • 日本農芸化学会2007年度大会「大腸菌のマルチ銅オキシダーゼCueOの機能改変」2007年3月(2007)
  • 第80回日本生化学会大会(BMB2007)「大腸菌由来のマルチ銅オキシダーゼCueO の酵素工学と変異体の構造機能解析」2007年12月(2007)
  • 第15回錯体化学若手の会 中部・東海地区勉強会「タンパク質工学によるマルチ銅含有酸化還元酵素の反応特性変換」2009年11月(2009)
  • 14th International Conference on Biological Inorganic Chemistry (ICBIC 14)「Modifications in the Redox Potential of the Type I Cu Center of CueO by the Mutations on the Coordinating and Non-Coordinating Amino Acids」2009年7月(2009)
  • The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010)「Enhancements in Activities and Alterations in Specificity of Cuprous Oxidase, CueO to Organic Substrates by Forming or Breaking Down Hydrogen Bonds between Ligand Groups and the Type I Copper Center」2010年12月(2010)
  • 日本農芸化学会2010年度大会「水素結合によるマルチ銅酸化酵素CueOのレドックス制御」2010年3月(2010)
  • 日本農芸化学会2011年度大会「マルチ銅酸化酵素CueOの酸素還元中心に隣接するGlu506の触媒機能」2011年3月(2011)
  • 第36回生体分子科学討論会「マルチ銅酸化酵素のタイプⅠ銅酸化還元電位および酵素活性における水素結合の役割」2009年6月(2009)
  • 日本農芸化学会2008年度大会「三配位型タイプI銅部位を持つビリルビン酸化酵素の作製」2008年3月, (2008)
  • 第58回錯体化学討論会「CueOのタイプI銅軸配位子への変異導入による電気化学的特性の改変」2008年9月(2008)
  • 日本農芸化学会2009年度大会「Halomonas halodenitrificansの一酸化窒素還元酵素欠損株の作製と性質」2009年3月(2009)
  • 日本農芸化学会2006年度大会「ビリルビン酸化酵素Trp396Thr変異体のキャラクタリゼーション」2006年3月(2006)

芸術・フィールドワーク

特許

○染色適性を有する改良されたマルチ銅オキシダーゼCueO(出願国名:アメリカ,ヨーロッパ)(特許番号:EP 1961812, US 7939307 B2)
○電極触媒及び酵素電極(特許番号:4756601)
○組換え型ビリルビン酸化酵素及びその製造方法(公開年月:2010/01/01)(特許番号:4437652)
○電極触媒,酵素電極,燃料電池及びバイオセンサ(特許番号:特願2009-28988)
○ケラチン繊維染色用組成物及びケラチン繊維の染色方法(特許番号:特願2005-274545)
○肝機能検査薬としてのMyrothecium verrucariaビリルビンオキシダーゼの酵母による異種発現(特許番号:特願2003-310970)
○フェノールオキシダーゼ遺伝子及びフェノールオキシダーゼの製造方法(特許番号:特願2004-258992)
○改変されたマルチ銅オキシダーゼ及びこれを用いたケラチン繊維用染色剤(特許番号:特願2012-047659)

共同研究希望テーマ

○微生物的脱窒メカニズムの解明と応用

科研費

○挑戦的萌芽研究「古代色素「貝紫」生合成酵素の高選択的臭素化反応メカニズムの解明と応用」(2015-2017) 代表者
○基盤研究(C)「バイオ燃料電池の実用化に必須である高反応性カソード電極用酵素の研究開発」(2011-2013) 代表者
○挑戦的萌芽研究「金属タンパク質をホロ化する金属シャペロンタンパク質の開発」(2009-2010) 分担者
○基盤研究(C)「金属タンパク質中の活性位における超微細電場測定」(2004-2005) 分担者
○萌芽研究(2002-2008)「一酸化窒素還元から酸素還元への変換による呼吸酵素の分子進化」(2004-2005) 分担者
○若手研究(B)「一酸化窒素還元酵素の活性中心構造と触媒反応機構の解明」(2002-2003) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「銅型亜硝酸還元酵素の構造と触媒反応機構および電子伝達機能に関する研究」(1999-2000) 代表者
○基盤研究(C)「マルチヘム型一酸化窒素還元酵素を用いたプロトンポンプ分子進化過程の解明」(2007-2009) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「タンパク質工学によるアミノ酸脱水素酵素の基質特異性の変換」(1995-1995) 代表者

学域・学類担当授業科目

○物質化学序論B(2017)
○生物化学Ⅲ(2017)
○物質化学序論A(2017)
○教職実践演習C(中・高)(2017)
○物質化学実験C(2017)
○生物化学Ⅰ(2017)
○安全化学(2017)
○化学文献指導(2016)
○化学課題研究(2016)
○安全化学(2016)
○生物化学Ⅰ(2016)
○生物化学Ⅲ(2016)
○物質化学実験C(2016)
○教職実践演習C(中・高)(2016)
○化学実験(2015)
○化学実験(2015)
○化学特別講義(生物化学特論)(2015)
○物質化学実験C(2015)
○生物化学Ⅲ(2015)
○教職実践演習C(中・高)(2015)
○生物無機化学Ⅱ(2015)
○安全化学(2015)
○安全化学(2014)
○物質化学実験C(2014)
○物質化学実験B(2014)
○安全化学(2014)
○化学文献指導(2014)
○教職実践演習C(中・高)(2014)
○生物化学Ⅲ(2014)
○化学課題研究(2014)

大学院担当授業科目

○タンパク質工学(2017)
○タンパク質工学(2017)
○タンパク質工学(2017)
○物質創成セミナー平成29年10月入学者用(2017)
○分子酵素化学(2017)
○タンパク質工学(2017)
○物質創成セミナー平成29年度入学生用(2017)
○物質創成化学Ⅳ(2017)
○物質創成セミナー平成28年度入学生用(2016)
○物質創成化学Ⅳ(2016)
○分子酵素化学(2016)
○物質創成セミナー平成28年10月入学者用(2016)
○タンパク質工学(2016)
○国際プレゼンテーション演習(2015)
○化学特別講義(生物化学特論)(2015)
○物質創成セミナー平成27年10月入学者用(2015)
○物質創成セミナー平成27年度入学生用(2015)
○分子酵素化学(2015)
○物質創成化学Ⅳ(2015)
○タンパク質工学(2015)
○タンパク質工学(2014)
○タンパク質工学(2014)
○生体分子構造論(2014)
○タンパク質工学(2014)
○物質創成セミナー平成26年10月入学者用(2014)
○物質創成セミナー平成26年度入学生用(2014)
○分子酵素化学(2014)
○物質創成化学Ⅳ(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○タンパク質をデザインする(キーワード:遺伝子工学,タンパク質工学)

その他公的社会活動

このページの先頭へ