本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年04月06日

崔 吉道 (さい よしみち) 教授 SAI Yoshimichi

メール 研究室ウェブサイト
研究室ウェブサイト
研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

附属病院 臨床薬理動態学
附属病院病院長補佐

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
医薬保健学域 薬学類
医薬保健学域 保健学類 看護学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 創薬科学専攻 医薬情報統御学

所属研究室等

附属病院薬剤部 TEL:076-265-2045 FAX:076-234-4280

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 自然科学研究科 生命科学 1994/03 修了
金沢大学 修士課程 薬学研究科 薬学専攻 1991/03 修了
【出身大学】
金沢大学 薬学部 製薬化学 1989 卒業
【取得学位】
博士(薬学)

職歴

2014-  金沢大学附属病院 教授 附属病院 薬剤部長(2014/05/01-)
2009-2014  金沢大学附属病院 准教授 附属病院(2009/01/01-2014/04/30)
2008-2008 慶應義塾大学薬学部 准教授 薬学部 准教授(2008/04/01-2008/12/31)
2004-2008 共立薬科大学薬学部 助教授 薬学部 助教授/准教授(2004/04/01-2008/03/31)
2000-2004 金沢大学大学院自然科学研究科 助手 自然科学研究科(2000/04/01-2004/03/31)
1997-1999 タフツ大学医学部 博士研究員 医学部 博士研究員(1997/09/01-1999/08/31)
1994-2000 金沢大学薬学部 助手 薬学部(1994/04/01-2000/03/31)

生年月

1966年07月

所属学会

日本薬学会 代議員(2018-2020)
日本薬学会 医療薬科学部会 部会長(2019-2020)
日本薬学会 医療薬科学部会 世話人(2016-2018)
日本薬剤学会 理事・評議員(2015-2018)
日本薬剤学会 代議員(2018-2021)
日本医療薬学会 理事・代議員(2014-2019)
日本薬物動態学会 評議員(2007-2017)
日本医薬品情報学会 評議員(2016-2018)
日本臨床薬理学会
日本癌学会
日本TDM学会
国際薬物動態学会

学内委員会委員等

○病院執行部会議 委員(2014-2019)
○病院運営委員会 委員(2014-2014)
○病院運営会議 委員(2015-2019)
○臨床情報提供委員会 委員(2015-)
○院内感染防止対策委員会 委員(2014-2019)
○静脈注射に関するワーキング委員会 委員長(2014-2019)
○経営改善委員会 委員(2014-2019)
○輸血療法専門委員会 委員(2014-2018)
○医療安全管理委員会 委員(2014-2019)
○医療薬学実務委員会 委員(2013-)
○実務実習委員会 委員(2013-)
○実務実習委員会 委員(2011-2012)
○臨床研究利益相反マネジメント委員会 委員長(2014-2018)
○環境調査チーム 委員(2013-2014)

受賞学術賞

○第8回日本臨床腫瘍薬学会 優秀演題賞(2019/03/24)
○医療薬学フォーラム2016 優秀ポスター賞(2016/06/26)
○第2回日本精神薬学会 優秀発表賞(2018/09/16)
○会長表彰(2015/07/15)
○第27回日本医療薬学会 優秀演題賞(2017/11/04)
○第20回クリニカルファーマシーシンポジウム優秀ポスター賞(2012/07/15)
○平成23年度日本医療薬学会 論文賞(2011/09/01)
○第19回クリニカルファーマシーシンポジウム優秀ポスター賞(2011/07/10)
○第2回トランスポーター研究会ベストポスター賞(2007/06/10)
○日本薬物動態学会奨励賞(2004/11/18)
○日本薬学会北陸支部学術奨励賞(2002/11/24)
○武田科学振興財団薬学系研究奨励(2002/04/15)
○上原記念生命科学財団研究奨励賞(2002/03/11)
○かなえ海外留学助成金(1998)

専門分野

臨床薬理学、応用薬理学 医療系薬学、細胞生物学

専門分野キーワード

応用薬理学 医療系薬学

研究課題

薬物の体内動態制御と個別薬剤療法の確立

著書

  • 病気とくすり 基礎と実践 南山堂 2018/03/24 原著書 共著 菅 幸生、崔 吉道、他多数 0044-0035
  • スタンダード薬学シリーズII 第7巻 臨床薬学I.臨床薬学の基礎および処方箋に基づく調剤 東京化学同人、東京 2017/10/18 原著書 共著 崔 吉道 978-4-8079-1719-8
  • スタンダード薬学シリーズII 第6巻 医療薬学VI.薬の生体内運命  東京化学同人、東京 2016/12/01 原著書 共著 登美斉俊、崔 吉道 978-4-8079-1717-4
  • 生物薬剤学 南江堂 2015/03 原著書 共著 崔 吉道
  • エピソード薬物動態学(Tsuji’s Pharmacokinetics)、辻 彰 総監修、寺崎哲也、荻原琢男 編 京都廣川書店 2012/09 原著書 共著 辻 彰 総監修、寺崎哲也、荻原琢男 編、崔 吉道ほか9名

全て表示

  • 生物薬科学実験講座5 廣川書店 生物薬科学実験講座5、細胞の構造とオルガネラ 2010/03 原著書 共著 玉井郁巳、崔 吉道. 5巻
  • 今日のOTC薬 南江堂 今日のOTC薬―解説と便覧― 2009/04 原著書 共著 崔 吉道、西村友宏
  • 薬学生・薬剤師のための疾患別薬物療法管理マニュアル じほう 薬学生・薬剤師のための疾患別薬物療法管理マニュアル 2010/04 原著書 共著
  • 慶應義塾大学薬学部通信講座 第I講座 慶應義塾大学  慶應義塾大学薬学部通信講座 2008/10 原著書 共著 中島恵美、崔 吉道 1巻
  • トランスポーター科学最前線 京都廣川書店 トランスポーター科学最前線 2008/02 原著書 共著 中島恵美、崔 吉道、西村友宏
  • トランスポーター科学最前線 京都廣川書店 トランスポーター科学最前線 2008/02 原著書 共著 崔 吉道、辻彰ほか32名
  • 今日のOTC薬 -解説と便覧-(改訂4版) 南江堂 2018/04 原著書 分担執筆 崔 吉道

論文

  • Small GTP-binding proteins on rat liver lysosomal membranes  Sai Y, Ohkuma S. CELL STRUCTURE AND FUNCTION 16巻 6号 363-369頁 1992/12 査読有 原著論文
  • Participation of a proton-cotransporter, MCT1, in the intestinal transport of monocarboxylic acids Tamai I, Takanaga H, Maeda H, Sai Y, Ogihara T, Higashida H, Tsuji A. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 214巻 2号 482-489頁 1995/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • cDNA cloning and functional characterization of rat intestinal monocarboxylate transporter Takanaga H, Tamai I, Inaba S, Sai Y, Higashida H, Yamamoto H, Tsuji A. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 217巻 1号 370-377頁 1995/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sequence, tissue distribution and developmental changes in rat intestinal oligopeptide transporter Miyamoto K, Shiraga T, Morita K, Yamamoto H, Haga H, Taketani Y, Tamai I, Sai Y, Tsuji A, Takeda E. BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOMEMBRANES 1035巻 1-2号 34-38頁 1996/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Contribution of lysosomes to the subcellular distribution of basic drugs in the rat liver Ishizaki J, Yokogawa K, Hirano M, Nakashima E, Sai Y, Ohkuma S, Ohshima T, Ichimura F. PHARMACEUTICAL RESEARCH 13巻 6号 902-906頁 1996/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Sodium and chloride ion-dependent transport of beta-alanine across the blood-brain barrier Komura J, Tamai I, Senmaru M, Terasaki T, Sai Y, Tsuji A. JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY 67巻 1号 330-335頁 1996/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Immunolocalization and pharmacological relevance of oligopeptide transporter PepT1 in intestinal absorption of beta-lactam antibiotics Sai Y, Tamai I, Sumikawa H, Hayashi K, Nakanishi T, Amano O, Numata M, Iseki S, Tsuji A. FEBS LETTERS 392巻 1号 25-29頁 1996/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Blood-brain-barrier transport of lipid microspheres containing clinprost, a prostaglandin I2 analogue Minagawa T, Sakanaka K, Inaba S, Sai Y, Tamai I, Suwa T, Tsuji A. JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACOLOGY 48巻 10号 1016-1022頁 1996/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Active secretion of drugs from the small intestinal epithelium in rats by P-glycoprotein functioning as an absorption barrier Terao T, Hisanaga E, Sai Y, Tamai I, Tsuji A. JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACOLOGY 48巻 10号 1083-1089頁 1996/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stereoselective and carrier-mediated transport of monocarboxylic acids across Caco-2 cells Ogihara T, Tamai I, Takanaga H, Sai Y, Tsuji A. PHARMACEUTICAL RESEARCH 13巻 12号 1828-1832頁 1996/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The role of vacuolar H(+)-ATPase in the control of intragranular pH and exocytosis in eosinophils Kurashima K, Numata M, Yachie A, Sai Y, Ishizaka N, Fujimura M, Matsuda T, Ohkuma S. LABORATORY INVESTIGATION 75巻 5号 689-698頁 1996/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Brain-to-blood active transport of beta-alanine across the blood-brain barrier Komura J, Tamai I, Senmaru M, Terasaki T, Sai Y, Tsuji A.  FEBS LETTERS 400巻 1号 131-135頁 1997/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structure-internalization relationship for adsorptive-mediated endocytosis of basic peptides at the blood-brain barrier Tamai I, Sai Y, Kobayashi H, Kamata M, Wakamiya T, Tsuji A. JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS 280巻 1号 410-415頁 1997/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intestinal brush-border membrane transport of monocarboxylic acids mediated by proton-coupled transport and anion antiport mechanisms Tamai I, Takanaga H, Maeda H, Yabuuchi H, Sai Y, Suzuki Y, Tsuji A. JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACOLOGY 49巻 1号 108-112頁 1997/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The predominant contribution of oligopeptide transporter PepT1 to intestinal absorption of beta-lactam antibiotics in the rat small intestine. Tamai, I., Nakanishi, T., Hayashi, K., Terao, T., Sai, Y., Shiraga, T., Miyamoto, K., Takeda, E., Higashida, H. and Tsuji, A. J. Pharm. Pharmacol. 49巻 8号 796-801頁 1997/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Carrier-mediated transport of oligopeptides in the human fibrosarcoma cell line HT1080. Nakanaishi, T., Tamai, I., Sai, Y., Sasaki, T. and Tsuji, A. Cancer Res. 57巻 18号 4118-4122頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Nonlinear intestinal absorption of 5-hydroxytryptamine receptor antagonist caused by absorptive and secretory transporters. Tamai, I., Saheki, A., Saitoh, R., Sai, Y., Yamada, I. and Tsuji, A. J. Pharmacol. Exp. Ther. 283巻 1号 108-115頁 1997/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cloning and characterization of a novel human pH-dependent organic cation transporter, OCTN1. Tamai, I., Yabuuchi, H., Nezu, J., Sai, Y., Oku, A., Shimane, M., and Tsuji, A. FEBS Lett. 419巻 1号 107-111頁 1997/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Design and synthesis of peptides passing through the blood-brain barrier. Wakamiya, T., Kamata, M., Kusumoto, S., Kobayashi, H., Sai, Y., Tamai, I. and Tsuji, A. Bull. Chem. Soc. Jpn. 71巻 699-709頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Possible role of anion exchanger AE2 as the intestinal monocarboxylic acid/anion antiporter. Yabuuchi, H., Tamai, I., Sai, Y. and Tsuji, A. Pharm. Res. 15巻 3号 411-416頁 1998/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ARF-induced lysosomal lysis in vitro. Arai, K., Matsuda, T., Sai, Y.、Ohkuma, S. J Biochem 123巻 4号 637-643頁 1998/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Disintegration of lysosomes mediated by GTPgammaS-treated cytosol: possible involvement of phospholipases. Sai, Y., Matsuda, T., Arai, K., Ohkuma, S. J Biochem 123巻 4号 630-636頁 1998/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intestinal absorption of fluorescence-derivatized cationic peptide 001-C8-NBD via adsorptive-mediated transcytosis. Sai, Y., Kajita, M., Tamai, I., Kamata, M., Wakama, J., Wakamiya, T. and Tsuji, A. Bioorg. Med. Chem. 6巻 6号 841-848頁 1998/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Adsorptive-mediated transcytosis of a synthetic basic peptide, 001-C8 in Caco-2 cells. Sai, Y., Kajita, M., Tamai, I., Wakama, J., Wakamiya, T. and Tsuji, A. Pharm. Res. 15巻 8号 1305-1309頁 1998/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular and functional identification of sodium ion-dependent, high affinity human carnitine transporter OCTN2. Tamai, I., Ohashi, R., Nezu, J., Yabuuchi, H., Oku, A., Shimane, M., Sai, Y. and Tsuji, A. J. Biol. Chem. 273巻 32号 20378-20382頁 1998/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Adsorptive-mediated endocytosis of a basic peptide in enterocyte-like Caco-2 cells. Sai, Y., Kajita, M., Tamai, I., Wakama, J., Wakamiya, T. and Tsuji, A. Am. J. Physiol. 275巻 3Pt1号 G514-520頁 1998/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hepatobiliary transport kinetics of HSR-903, a new quinolone antibacterial agent. Murata, M., Tamai, I., Sai, Y., Nagata, O., Kato, H., Sugiyama, Y. and Tsuji, A. Drug Metab. Dispos. 26巻 11号 1113-1119頁 1998/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Improvement of L-dopa absorption by dipeptidyl derivation, utilizing peptide transporter PepT1. Tamai, I., Nakanishi, T., Nakahara, H., Sai, Y., Ganapathy, V., Leibach, F. H. and Tsuji, A. J. Pharm. Sci. 87巻 12号 1542-1546頁 1998/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Primary systemic carnitine deficiency is caused by mutations in a gene encoding sodium ion-dependent carnitine transporter. Nezu, J., Tamai, I., Oku, A., Ohashi, R., Yabuuchi, H., Hashimoto, N., Nikaido, H., Sai, Y., Koizumi A., Shoji, Y., Takada, G., Matsuishi, T., Yoshino, M., Kato, H., Ohura, T., Tsujimoto, G., Hayakawa, J., Shimane, M. and Tsuji, A. Nature Genet. 21巻 1号 91-94頁 1999/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Carrier-mediated lung distribution of HSR-903, a new quinolone antibacterial agent. Murata, M., Tamai, I., Sai, Y., Nagata, O., Kato, H. and Tsuji, A. J. Pharmacol. Exp. Ther. 289巻 1号 79-84頁 1999/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Novel membrane transporter OCTN1 mediates multispecific, bidirectional and pH-dependent transport of organic cations. Yabuuchi, H., Tamai, I., Nezu, J., Sakamoto, K., Oku, A., Shimane, M., Sai, Y. and Tsuji, A. J. Pharmacol. Exp. Ther. 289巻 2号 768-773頁 1999/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Immunohistochemical and functional characterization of pH-dependent intestinal absorption of weak organic acids by monocarboxylic acid transporter MCT1. Tamai, I., Sai, Y., Ono, A., Kido, Y., Yabuuchi, H., Takanaga, H., Satoh, E., Ogihara, T., Amano, O., Izeki, S., and Tsuji, A. J. Pharm. Pharmcol. 51巻 10号 1113-1121頁 1999/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Na+-dependent carnitine transport by OCTN2 and its pharmacological and toxicological relevance. Ohashi, R., Tamai, I., Yabuuchi, H., Nezu, J., Oku, A., Sai, Y., Shimane, M. and Tsuji, A. J. Pharmacol. Exp. Ther. 291巻 2号 778-784頁 1999/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bile acid secretion and direct targeting of mdr1-green fluorescent protein from Golgi to the canalicular membrane in polarized WIF-B cells. Sai, Y , Nies, AT., Arias, IM. J Cell Sci. 112巻 Pt 24号 4535-4545頁 1999/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • OCTNトランスポーターファミリーの組織分布・輸送機能の多様性 玉井 郁巳, 大橋 力也, 根津 淳一, 奥 飛鳥, 嶋根 みゆき, 崔 吉道, 辻 彰 薬物動態 15巻 2号 182-188頁 2000/02 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Blood-brain barrier transport of H1-antagonist ebastine and its metabolite carebastine. Tamai, I., Kido, Y., Yamashita, J., Sai, Y. and Tsuji, A. J. Drug Targeting 8巻 6号 393-393頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • p-Aminohippuric acid transport at renal apical membrane mediated by human inorganic phosphate transporter NPT1. Uchino, H., Tamai, I., Yamashita, K., Minemoto, Y., Sai, Y., Yabuuchi, H., Miyamoto, K., Takeda, E. and Tsuji, A. Biochem. Biophys. Res. Commun. 270巻 1号 254-259頁 2000/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular identification and characterization of novel members of the human organic anion transporter (OATP) family. Tamai, I., Nezu, J., Uchino, H., Sai, Y., Oku, A., Shimane, M. and Tsuji, A. Biochem. Biophys. Res. Commun. 273巻 1号 251-260頁 2000/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 有機カチオン/カルニチントランスポーターと疾患 崔 吉道, 玉井 郁巳, 辻 彰 科学と生物 38巻 7号 432-438頁 2000/07 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Limited distribution of new quinolone antibacterial agents into brain caused by multiple efflux transporters at the blood-brain barrier. Tamai, I., Yamashita, J., Kido, Y., Ohnari, A., Sai, Y., Shima, Y., Naruhashi, K., Koizumi, S. and Tsuji, A. J. Pharmacol. Exp. Ther. 295巻 1号 146-152頁 2000/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular and functional characterization of organic cation/carnitine transporter family in mice. Tamai, I., Ohashi, R., Nezu, J., Sai, Y., Kobayashi, D., Oku, A., Shimane, M. and Tsuji, A. J. Biol. Chem. 275巻 51号 40064-40072頁 2000/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Secretory-transport of p-aminohippuric acid across intestinal epithelial cells in Caco-2 cells and isolated intestinal tissue. Naruhashi, K., Tamai, I., Sai, Y., Suzuki, N. and Tsuji, A. J. Pharm. Pharmcol. 53巻 1号 73-81頁 2001/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • トランスポーターを介した薬物相互作用 崔 吉道, 辻 彰 医学のあゆみ 197巻 2号 23-31頁 2001/01 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular and physiological evidence for multifunctionality of carnitine/organic cation transporter OCTN2. Ohashi, R., Tamai, I., Nezu, J., Nikaido, H., Hashimoto, N., Oku, A., Sai, Y., Shimane, M. and Tsuji, A. Mol. Pharmacol. 59巻 2号 358-366頁 2001/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 薬物トランスポーター群の遺伝子多型 玉井 郁巳, 崔 吉道, 根津 淳一, 奥 飛鳥, 嶋根 みゆき, 小泉 昭夫, 辻 彰 薬物動態 16巻 2号 127-133頁 2001/02 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular and functional identification of large neutral amino acid transporter LAT1 and LAT2 and their pharmacological relevance at the blood-brain barrier. Kido, Y., Tamai, I., Uchino, H., Sai, Y., Suzuki, F. and Tsuji, A. J. Pharm. Pharmcol. 53巻 4号 497-503頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Active intestinal secretion of new quinolone antimicrobials and the partial contribution of P-glycoprotein. Naruhashi, K., Tamai, I., Inoue, N., Muraoka, H., Sai, Y., Suzuki, N. and Tsuji, A. J. Pharm. Pharmcol. 53巻 5号 699-709頁 2001/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Na+-coupled transport of L-carnitine via high-affinity carnitine transporter OCTN2 and its subcellular localization in kidney. Tamai, I., China, K., Sai , Y., Kobayashi, D., Nezu, J., Kawahara, E. and Tsuji, A. Biochim. Biophys. Acta, 1512巻 2号 273-284頁 2001/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Functional characterization of human organic anion transporting polypeptide OATP-B in comparison with liver-specific OATP-C. Tamai, I., Nozawa, T., Koshida, M., Nezu, J., Sai, Y. and Tsuji, A. Pharm. Res. 18巻 9号 1262-1269頁 2001/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 血液脳関門の排出系 木戸 康人, 崔 吉道, 玉井 郁巳, 辻 彰 生体の科学  52巻 6号 571-576頁 2001/11 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Functional relevance of carnitine transporter OCTN2 to brain distribution of L-carnitine and acetyl-L-carnitine across the blood-brain barrier. Kido, Y.,Tamai, I., Ohnari, A., Sai, Y., Kagami, T., Nezu, J., Nikaido, H., Hashimoto, N., Asano, M. and Tsuji, A. J. Neurochem 79巻 5号 959-969頁 2001/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ゲノム研究からの薬物相互作用機序解明研究 崔 吉道、辻 彰 日本臨牀 60巻 1号 74-80頁 2002/01 査読無 総説
  • Involment of multidrug resistance-associated protein 2 in intestinal secretion of grepafloxacin in rats. Naruhashi, K., Tamai, I., Inoue, N., Muraoka, H., Sai, Y., Suzuki, N. and Tsuji, A. Antimicrob. Agents Chemother. 46巻 2号 344-349頁 2002/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of blood-brain barrier transporters by co-culture of brain capillary endothelial cells with astrocytes. Kido, Y., Tamai, I, Nakanishi, T., Kagami, T., Hirosawa, I., Sai, Y., Tsuji, A. Drug Metabol Pharmacokinet 17巻 1号 34-41頁 2002/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibitory effect of supramolecular polyrotaxane-dipeptide conjugates on digested peptide uptake via intestinal human peptide transporter Yui N, Ooya T, Sai Y, Tsuji A, 他3名 Bioconjug Chem 13巻 3号 582-587頁 2002/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced delivery of drugs to the liver by adenovirus-mediated heterologous expression of the human oligopeptide transporter PEPT1 Toyobuku H, Sai Y, Tamai I, Tsuji A. JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS 301巻 3号 812-819頁 2002/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular and cytogenetic characterization of the mouse ATP-binding cassette transporter Abcg4 Yoshikawa M, Sai Y, Ishikawa T.他7名 GENE 293巻 1-2号 67-75頁 2002/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genetic Polymorphisms of Human Organic Anion Transporters OATP-C (SLC21A6) and OATP-B (SLC21A9): Allele Frequencies in the Japanese Population and Functional... Nozawa T, Sai Y, Tsuji A, Yokoi T.他4名 JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS 302巻 2号 804-813頁 2002/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Mechanism by which cAMP Activates Phosphoinositide 3-Kinase and Increases Bile Acid Secretion in WIF-B9 Cells Kagawa T, Sai Y, Arias IM.他1名 AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-CELL PHYSIOLOGY 283巻 C1655-1666頁 2002/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Studies on functional sites of organic cation/carnitine transporter OCTN2 (SLC22A5) using a Ser467Cys mutant protein Ohashi R, Sai Y, Tsuji A.他4名 JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS 302巻 3号 1286-1294頁 2002/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • PepT1 mRNA expression is induced by stavation and its level correlates with absorptive transport of cefadroxil longitudinally in the rat intestine Naruhashi K, Sai Y, Tsuji A.他2名 PHARMACEUTICAL RESEARCH 19巻 10号 1415-1421頁 2002/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Delivery of Peptide Drugs to the Brain by Adenovirus-mediated heterologous expression of human oligopeptide transporter at the blood-brain barrier Toyobuku H, Sai Y, Tsuji A.他2名 JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS 305巻 1号 40-47頁 2003/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression and functional characterization of the adhesion molecule spermatogenic immunoglobulin superfamily in the mouse testis Wakayama T, Sai Y, Iseki S.他5名 BIOLOGY OF REPRODUCTION 68巻 5号 1755-1763頁 2003/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • トランスポーターのin vivoへテロ発現による薬物体内動態の能動制御 崔 吉道 薬学雑誌 123巻 6号 413-422頁 2003/06 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Experimental demonstration of the unstirred water layer effect on drug transport in Caco-2 cells Naruhashi K, Sai Y, Tsuji A.他2名 JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES 92巻 7号 1502-1508頁 2003/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Contribution of organic anion transporting polypeptide analogue [D-Ala2, D-Leu5]-enkephalin J Pharm Pharmacol 55巻 7号 1013-1020頁 2003/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of drugs and nutrients on transporter gene expression levels in Caco-2 and LS180 intestinal epithelial cell lines Pharm Res 20巻 8号 1119-1124頁 2003/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Acetyl-l-carnitine permeability across the blood-brain barrier and involvement of carnitine transporter OCTN2 24巻 8号 357-365頁 2003/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of multiple transport systems in the disposition of an active metabolite of a prodrug-type new quinolone antibiotic, Prulifloxacin 18巻 6号 381-389頁 2003/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of OCTN1 (SLC22A4) in pH-dependent transport of organic cations 1巻 1号 57-66頁 2004/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The genetic polymorphism of drug transporters: Functional analysis approaches Ishikawa T, Tsuji A, Inui K, Sai Y, Anzai N, Wada M, Endou H, Sumino Y Pharmacogenomics 5巻 1号 67-99頁 2004/01 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Transporter-mediated renal handling of nafamostat mesilate 93巻 2号 262-272頁 2004/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Functional regions of organic cation/carnitine transporter OCTN2 (SLC22A5): Roles in carintine recognistion 19巻 3号 180-189頁 2004/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transporter-mediated drug discovery:-Recent progress and experimental approaches- Sai Y, Tsuji A DRUG DISCOVERY TODAY 9巻 16号 712-719頁 2004/08 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Screening of the interaction between xenobiotic transporters and PDZ proteins 21巻 10号 1886-1894頁 2004/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of renal excretion mechanism for a novel diuretic, M71500, in rats 93巻 10号 2558-2566頁 2004/10 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Functional characterization of human organic cation transporter OCTN1: single nucleotide polymorphisms in the Japanese population 93巻 12号 2920-2926頁 2004/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • PDZK1 directly regulates the function of organic cation/carnitine transporter OCTN2 67巻 3号 734-743頁 2005/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Biochemical and molecular pharmacological aspects of transporters as determinants of drug disposition Drug Metab Pharmacokinet  20巻 2号 91-99頁 2005/04 総説
  • Platelet-derived dgrowth factor-BB (PDGF-BB) induces differentiation of bone marrow endothelial progenitor cell-derived cell line TR-BME2 into mural cells, and changes the phenotype 204巻 3号 948-955頁 2005/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multidrug resistance associated protein 1 (MRP1) functions as an efflux pump of xenobiotics in the skin 22巻 6号 842-846頁 2005/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prediction of theophylline clearance in CCl4-treated rats using in vivo CYP1A2 and CYP3A2 contents assessed with the PKCYP test 20巻 3号 168-176頁 2005/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Na+/H+ Exchanger 3 affects transport property of H+/oligopeptide transporter 1 20巻 6号 443-451頁 2005/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of the transdermal transport of flurbiprofen and indomethacin 110巻 3号 542-556頁 2006/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Carrier-mediated hepatic uptake of a novel non-renal excretion type uric acid generation inhibitor, Y-700 95巻 2号 336-347頁 2006/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • トランスポーターを利用した臓器選択的DDS. Drug Delivery System 21巻 2号 11-118頁 2006/03 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • International comparison of educational systems for OTC drugs in pharmacy schools 8巻 1号 6-12頁 2006/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of organic anion transporting polypeptide OATP-B (OATP2B1) in apical uptake of estrone-3-sulfate by human intestinal Caco-2 cells 34巻 8号 1423-1431頁 2006/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Organic cation/carnitine transporter octn2 (slc22a5) is responsible for carnitine transport across apical membranes of small intestinal epithelial cells in mouse 70巻 3号 829-837頁 2006/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of the uptake mechanism for a novel loop diuretic, M17055, in Caco-2 cells: involvement of organic anion transporting polypeptide (OATP)-B Nishimura T, Kubo Y, Kato Y, Sai Y, Ogihara T, Tsuji A PHARMACEUTICAL RESEARCH 24巻 1号 90-99頁 2007/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Heterophilic binding of the adhesion molecules poliovirus receptor and immunoglobulin superfamily 4A in the interaction between mouse spermatogenic and Sertoli cells Wakayama T, Sai Y, Ito A, Kato Y, Murakami Y, Nakashima E, Tsuji A, Kitamura Y, Iseki S BIOLOGY OF REPRODUCTION 76巻 1081-1090頁 2007/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hepatocyte growth factor and c-Met expression in pericytes: implications for atherosclerotic plaque development Liu Y, Wilkinson F, Kirton J, Jeziorska M, Iizasa H, Sai Y, Nakashima E, Heagerty A, Canfield A, Alexander M JOURNAL OF PATHOLOGY 212巻 1号 12-19頁 2007/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Altered Expression of basement membrane-related molecules in rat brain pericyte, endothelial, and astrocyte cell lines after transforming growth factor-beta1 treatment Kose N, Asashima T, Muta M, Iizasa H, Sai Y, Terasaki T, Nakashima E Drug Metab Pharmacokinet 22巻 4号 255-266頁 2007/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transport of carinitine and acetylcarnitine by carnitine/organic cation transporter (OCTN) 2 and OCTN3 into epididymal spermatozoa Kobayashi D, Tamai I, Sai Y, Yoshida K, Wakayama T, Kido Y, Nezu J, Iseki S, Tsuji A REPRODUCTION 134巻 5号 651-658頁 2007/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Study of e-learning for OTC medications as an educational tool for pharmacy students Tsukiji M, Isawa M, Kose N, Rigod J-F, Sai Y, Nakashima E 日本医薬品情報学会誌 9巻 3号 198-204頁 2007/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Potential of various drugs to inhibit nucleoside uptake in rat syncytiotrophoblast cell line, TR-TBT 18d-1 Chishu T, Sai Y, Nishimura T, Sato K, Kose N, Nakashima E PLACENTA 29巻 5号 461-467頁 2008/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of multidrug resistance-associated protein 2 (Abcc2) in molecular weight-dependent biliary excretion of (beta)-lactam antibiotics DRUG METABOLISM AND DISPOSITION 36巻 6号 1088-1096頁 2008/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of carnitine/organic cation transporter OCTN2 (SLC22A5) in distribution of its substrate carnitine to the heart Iwata D, Kato Y, Wakayama T, Sai Y, Kubo Y, Iseki S, Tsuji A Drug Metab Pharmacokinet 23巻 3号 207-215頁 2008/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of the mechanism of Zidovudine uptake by rat conditionally immortalized syncytiotrophoblast cell line TR-TBT. Sai Y, Nishimura T, Shimpo S, Chishu T, Sato K, Kose N, Terasaki T, Mukai C, Miyakoshi N, Kang YS, Nakashima E. PHARMACEUTICAL RESEARCH 25巻 7号 1647-1653頁 2008/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Enhancement of zidovudine uptake by dehydroepiandrosterone sulfate in rat syncytiotrophoblast cell line TR-TBT 18d-1. Nishimura T, Seki Y, Sato K, Chishu T, Kose N, Terasaki T, Kang YS, Sai Y, Nakashima E. DRUG METABOLISM AND DISPOSITION 36巻 10号 2080-2085頁 2008/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influx mechanism of 2’, 3’-dideoxyinosine (ddI) and uridine at the blood-placenta barrier. Sato K, Sai Y, Nishimura T, Chishu T, Kose N, Nakashima E. PLACENTA 30巻 3号 263-269頁 2009/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression, localization and binding activity of the ezrin/radixin/moesin proteins in the mouse testis Wakayama T, Nakata H, Kurobo M, Sai Y, Iseki S J Histochem Cytochem 57巻 4号 351-362頁 2009/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of low-dose paclitaxel and docetaxel on endothelial progenitor cell ONCOLOGY 77巻 3-4号 182-191頁 2009/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Surfactants influence the distribution of taxanes in peritoneal dissemination tumor-bearing rats. Kamijo Y, Ito C, Nomura M, Sai Y, Miyamoto KI CANCER LETTERS 287巻 2号 182-186頁 2010/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 小児と成人におけるボリコナゾールの血中濃度解析の比較. 3. 伊藤さつき、石﨑純子、小柴美紀恵、五十嵐康郎、長田直人、菅 幸生、西村良成、前馬秀明、小泉晶一、中尾真二、横川弘一、崔 吉道、宮本謙一. 医療薬学 36巻 4号 213-219頁 2010/04 査読有 原著論文
  • Differential expression of ezrin and CLP36 in the two layers of syncytiotrophoblast in rats. Higuchi K,Iizasa H,Sai Y,Horieya S,Lee KE,Wada M,Deguchi M,Nishimura T,Wakayama T,Tamura A,Tsukita S,Kose N,Kang YS,Nakashima E Biol Pharm Bull 33巻 8号 1400-6頁 2010/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Proton-coupled erythromycin antiport at rat blood-placenta barrier. Sai Y,Nishimura T,Ochi K,Tanaka N,Takagi A,Tomi M,Kose N,Kobayashi Y,Miyakoshi N,Kitagaki S,Mukai C,Nakashima E Drug Metab Dispos 38巻 9号 1576-81頁 2010/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Roles of TauT and system A in cytoprotection of rat syncytiotrophoblast cell line exposed to hypertonic stress. Nishimura T,Sai Y,Fujii J,Muta M,Iizasa H,Tomi M,Deureh M,Kose N,Nakashima E PLACENTA 31巻 11号 1003-9頁 2010/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Protecting cisplatin-induced nephrotoxicity with cimetidine does not affect antitumor activity. Katsuda H,Yamashita M,Katsura H,Yu J,Waki Y,Nagata N,Sai Y,Miyamoto K Biol Pharm Bull 33巻 11号 1867-71頁 2010/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 有機カチオントランスポーターOCTN2によるカルニチン輸送. 崔 吉道 ビタミン 84巻 12号 604-609頁 2010/12 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Preventive effects of Salacia reticulata on non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD)/ non-alcoholic steatohepatitis (NASH) in monosodium glutamate treated mice. 101. Watanabe M, Shimada T, Iiduka S, Iida N, Kojima K, Ishizaki J, Sai Y, Miyamoto KI, Aburada M J Trad Med 28巻 2号 73-82頁 2011/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Salacia reticulata inhibits differentiation of 3T3-L1 adipocytes. Shimada T,Nagai E,Harasawa Y,Watanabe M,Negishi K,Akase T,Sai Y,Miyamoto K,Aburada M J Ethnopharmacol 136巻 1号 67-74頁 2011/06 査読有 原著論文
  • Role of amino acid transporter LAT2 in the activation of mTORC1 pathway and the pathogenesis of crescentic glomerulonephritis. Kurayama R,Ito N,Nishibori Y,Fukuhara D,Akimoto Y,Higashihara E,Ishigaki Y,Sai Y,Miyamoto K,Endou H,Kanai Y,Yan K LABORATORY INVESTIGATION 91巻 7号 992-1006頁 2011/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • mTORC1 activation triggers the unfolded protein response in podocytes and leads to nephrotic syndrome. Ito N,Nishibori Y,Ito Y,Takagi H,Akimoto Y,Kudo A,Asanuma K,Sai Y,Miyamoto KI,Takenaka H,Yan K LABORATORY INVESTIGATION 91巻 11号 1584-1595頁 2011/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 6-Mercaptopurine transport by equilibrative nucleoside transporters in conditionally immortalized rat syncytiotrophoblast cell lines TR-TBTs. Lee NY,Sai Y,Nakashima E,Ohtsuki S,Kang YS JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES 100巻 9号 3773-82頁 2011/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A randomized, quadruple crossover single-blind study on immediate action of chewed and unchewed low-dose acetylsalicylic acid tablets in healthy volunteers. Sai Y,Kusaka A,Imanishi K,Matsumoto M,Takahashi R,Sugimoto N,Sugama J,Anada T,Asakura H,Miyamoto K JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES 100巻 9号 3884-91頁 2011/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Enhancement of zidovudine transfer to molt-4 cells, a human t-cell model, by dehydroepiandrosterone sulfate. Nishimura T,Tanaka J,Tomi M,Seki Y,Kose N,Sai Y,Nakashima E JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES 100巻 9号 3959-67頁 2011/09 査読有 原著論文
  • 医薬品添付文書中の薬物動態パラメータの研究(3) ―ジェネリック医薬品の生物学的同等性試験における薬物動態パラメータの試験間および試験内変動の解析―. 小玉菜央、金本理沙、叶 隆、岡田裕子、森本かおり、崔 吉道、荻原琢男. 医療薬学 37巻 9号 543-550頁 2011/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preventive effect of geniposide on metabolic disease status in spontaneously obese type 2 diabetic mice and free fatty acid-treated HepG2 cells. Kojima K,Shimada T,Nagareda Y,Watanabe M,Ishizaki J,Sai Y,Miyamoto K,Aburada M Biol Pharm Bull 34巻 10号 1613-8頁 2011/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • がん化学療法による嗅覚異常の実態調査および嗅覚異常との関連 菅 幸生、北出紘規、川岸篤史、竹田和喜、春木一伸、石崎純子、崔 吉道、笠原寿郎、荒井國三、宮本謙一 癌と化学療法 38巻 13号 2617-21頁 2011/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Endoplasmic reticulum stress inhibits STAT3-dependent suppression of hepatic gluconeogenesis via dephosphorylation and deacetylation. Kimura K,Yamada T,Matsumoto M,Kido Y,Hosooka T,Asahara S,Matsuda T,Ota T,Watanabe H,Sai Y,Miyamoto K,Kaneko S,Kasuga M,Inoue H DIABETES 61巻 1号 61-73頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Flavangenol (pine bark extract) and its major component procyanidin B1 enhance fatty acid oxidation in fat-loaded models. Shimada T,Tokuhara D,Tsubata M,Kamiya T,Kamiya-Sameshima M,Nagamine R,Takagaki K,Sai Y,Miyamoto K,Aburada M EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY 677巻 1-3号 147-53頁 2012/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ゲムシタビン塩酸塩の経静脈投与による血管痛の危険因子の解析とNSAIDs・オピオイドによる予防効果の評価 菅 幸生、坂口百合野、石﨑純子、高林真貴子、橋本千明、廣正 瑛、日沖雅人、崔 吉道、荒井國三、宮本謙一 医療薬学 38巻 3号 177-183頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of safety in clinical use of generic paclitaxel [NK] for injection. Tsukiyama I,Hotta K,Takeuchi M,Onishi M,Toyama Y,Saito H,Sai Y,Miyamoto K,Hasegawa T 癌と化学療法 39巻 4号 613-7頁 2012/04 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Elimination of teicoplanin by adsorption to the filter membrane during haemodiafiltration: screening experiments for linezolid, teicoplanin and vancomycin followed by in vitro haemodiafiltration models for teicoplanin. Shiraishi Y,Okajima M,Sai Y,Miyamoto K,Inaba H Anaesth Intensive Care 40巻 3号 442-9頁 2012/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Disposition kinetics of taxanes in peritoneal dissemination. Miyamoto K,Shimada T,Sawamoto K,Sai Y,Yonemura Y Gastroenterol Res Pract 2012巻 963403頁 2012/05 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Chatelut式でカルボプラチン投与量を算出したTC療法による血小板減少の危険因子の解析 廣正 瑛、菅 幸生、高林真貴子、大川浩子、崔 吉道、京 哲、宮本謙一 日本病院薬剤師会雑誌 48巻 6号 731-734頁 2012/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CCR5 plays a critical role in obesity-induced adipose tissue inflammation and insulin resistance by regulating both macrophage recruitment and M1/M2 status. Kitade H,Sawamoto K,Nagashimada M,Inoue H,Yamamoto Y,Sai Y,Takamura T,Yamamoto H,Miyamoto K,Ginsberg HN,Mukaida N,Kaneko S,Ota T DIABETES 61巻 7号 1680-90頁 2012/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 非定型抗精神病薬処方時の耐糖能フォローアップの調査結果 坪内清貴、田平裕美子、増江俊子、菅 幸生、小柴美紀恵、前田大蔵、長澤達也、篁 俊成、三邉義雄、崔 吉道、宮本謙一 精神医学 54巻 7号 681-688頁 2012/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Change in pharmacokinetics of mycophenolic acid as a function of age in rats and effect of coadministered amoxicillin/clavulanate. Ishizaki J,Tsuda T,Suga Y,Ito S,Arai K,Sai Y,Miyamoto K Biol Pharm Bull 35巻 7号 1009-13頁 2012/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pharmacist-based Donepezil Outpatient Consultation Service to improve medication persistence. Watanabe N,Yamamura K,Suzuki Y,Umegaki H,Shigeno K,Matsushita R,Sai Y,Miyamoto K,Yamada K Patient Prefer Adherence 6巻 605-611頁 2012/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Puerariae flos alleviates metabolic diseases in Western diet-loaded, spontaneously obese type 2 diabetic model mice Kubo K, Shimada T, Onishi R, Tsubata M, Kamiya T, Nagamine R, Iizuka S, Sai Y, Amagaya S, Aburada M, Miyamoto KI J Nat Med 66巻 4号 622-630頁 2012/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 肥満、経腸栄養その他の病態時の薬物体内動態と医薬品適正使用に関する研究 崔 吉道 金沢大学十全医学会雑誌 121巻 4号 167-171頁 2012/12 査読有 総説 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Aberrant glycogen synthase kinase 3β is involved in pancreatic cancer cell invasion and resistance to therapy. Kitano A,Shimasaki T,Chikano Y,Nakada M,Hirose M,Higashi T,Ishigaki Y,Endo Y,Takino T,Sato H,Sai Y,Miyamoto K,Motoo Y,Kawakami K,Minamoto T PLoS One 8巻 2号 e55289頁 2013/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of long-term enteral nutrition on pharmacokinetics of digoxin in rats. Higashi K,Tanaka C,Imanishi K,Sawamoto K,Horikawa T,Ohkawa H,Matsushita R,Sai Y,Miyamoto K Drug Metab Pharmacokinet 28巻 1号 44-52頁 2013/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Integrin α3 is overexpressed in glioma stem-like cells and promotes invasion. Nakada M,Nambu E,Furuyama N,Yoshida Y,Takino T,Hayashi Y,Sato H,Sai Y,Tsuji T,Miyamoto KI,Hirao A,Hamada JI BRITISH JOURNAL OF CANCER 108巻 12号 2516-24頁 2013/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mechanism of nucleoside uptake in rat placenta and induction of placental CNT2 in experimental diabetes. Nishimura T,Chishu T,Tomi M,Nakamura R,Sato K,Kose N,Sai Y,Nakashima E Drug Metab Pharmacokinet 27巻 4号 439-46頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of rat in vivo fetal-to-maternal transfer clearances of various xenobiotics by umbilical perfusion. Nishimura T,Takanohashi T,Tomi M,Horikoshi M,Higuchi K,Sai Y,Nakashima E JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES 102巻 9号 3356-63頁 2013/09 査読有 原著論文
  • Estrogen receptor α induction by mitoxantrone increases Abcg2 expression in placental trophoblast cells. Oda K,Nishimura T,Higuchi K,Ishido N,Ochi K,Iizasa H,Sai Y,Tomi M,Nakashima E JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES 102巻 9号 3364-72頁 2013/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of carnitine/organic cation transporter OCTN1/SLC22A4 in gastrointestinal absorption of metformin. Nakamichi N,Shima H,Asano S,Ishimoto T,Sugiura T,Matsubara K,Kusuhara H,Sugiyama Y,Sai Y,Miyamoto K,Tsuji A,Kato Y JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES 102巻 9号 3407-17頁 2013/09 査読有 原著論文
  • Hepatic arterial infusion chemotherapy with gemcitabine and 5‑fluorouracil or oral S‑1 improves the prognosis of patients with postoperative liver metastases from pancreatic cancer Mol Clin Oncol  1巻 5号 869-874頁 2013/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ligand-dependent EphB1 signaling suppresses glioma invasion and correlates with patient survival. Teng L, Nakada M, Furuyama N, Sabit H, Furuta T, Hayashi Y, Takino T, Dong Y, Sato H, Sai Y, Miyamoto KI, Berens ME, Zhao SG, Hamada JI. Neuro Oncol 2013/11 査読有 原著論文
  • エピルビシン塩酸塩の投与時間短縮およびフラッシュの追加による静脈炎の予防効果の改善 磯田和也、菅 幸生、竹田和喜、原 祐輔、大川浩子、西上 潤、古河浩之、井口雅史、崔 吉道、宮本謙一. 医療薬学 39巻 11号 644-649頁 2013/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 膵癌術後肝転移に対するGemcitabineを用いた肝動注化学療法施行症例の検討  田島秀浩、 癌と化学療法 40巻 12号 1668-1671頁 2013/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Enantioselective disposition of clenbuterol in rats. Hirosawa I, Ishikawa M, Ogino M, Ito H, Hirano T, Yamada H, Asahi M, Kotaki H, Sai Y, Miyamoto KI. Biopharm Drug Dispos 35巻 4号 207-217頁 2014/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Basic fibroblast growth factor is essential to maintain endothelial progenitor cell phenotype in TR-BME2 cells Sai Y, Nishimura T, Muta M, Iizasa H, Miyata T, Nakashima E. Biol Pharm Bull 37巻 4号 688-693頁 2014/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • System A amino acid transporter SNAT2 shows subtype-specific affinity for betaine and hyperosmotic inducibility in placental trophoblasts. Nishimura T, Yagi R, Usuda M, Oda K, Yamazaki M, Suda S, Okazaki F, Sai Y, Higuchi K, Maruyama T, Tomi M, Nakashima E. Biochim Biophys Acta (Biomembrane) 1838巻 5号 1306-1312頁 2014/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mechanisms of lower maintenance dose of tacrolimus in obese patients. Sawamoto K, Huong TT, Sugimoto N, Mizutani Y, Sai Y, Miyamoto KI. Drug Metab Phrmacokinet 29巻 4号 341-347頁 2014/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fetal growth retardation and lack of hypotaurine in ezrin knockout mice. Nishimura T, Higuchi K, Sai Y, Sugita Y, Yoshida Y, Tomi M, Wada M, Wakayama T, Tamura A, Tsukita S, Soga T, Nakashima E. PLoS ONE 21巻 9号 e105423頁 2014/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pharmacokinetics of docetaxel during hyperthermic intraperitoneal chemotherapy for peritoneal metastasis Yonemura Y, Canbay E, Sako S, Ishibashi H, Hirano M, Mizumoto A, Takeshita K, Takao N, Ichinose M, Liu Y, Li Y, Ikeda S, Noguchi A, Sai Y. Jpn J Cancer Chemother 41巻 12号 2496-2499頁 2014/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 75g経口ブドウ糖負荷試験から見た反応性低血糖発現における危険因子の検討. 岡田守弘、岡田昌江、西上 潤、渡辺和良、崔 吉道. 日本病院薬剤師会雑誌 50巻 11号 1329-1332頁 2014/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • リラグルチドの有害事象による中止の危険因子の探索 板井進悟、菅 幸生、長田幸恵、川村早希、志村真生、油屋 恵、志村裕介、本谷和佳子、樋口真衣子、伊達絢一郎、河野未央、八木邦公、篁 俊成、崔 吉道、武田仁勇、宮本謙一 糖尿病 58巻 3号 159-166頁 2015/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Long-term follow-up of post hematopoietic stem cell transplantation for Hurler syndrome: clinical, biochemical, and pathological improvements Yasuda E, Mackenzie W, Ruhnke K, Shimada T, Mason RW, Zustin J, Martin PL, Thacker M, Orii T, Sai Y, Tomatsu S. Mol Genet Metab Rep 2巻 65-76頁 2015/03/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 管理簿を用いたラモトリギンの処方管理と皮膚障害発現リスクの検討 油屋 恵、板井進悟、坪内清貴、有賀文俊、宮地佑佳、中谷絵莉、伊達絢一郎、谷本定子、前田大蔵、崔 吉道、宮本謙一 日本病院薬剤師会雑誌 51巻 5号 533-536頁 2015/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Saturable hepatic extraction of gemcitabine involves biphasic uptake mediated by nucleoside transporters equilibrative nucleoside transporter 1 and 2. Shimada T, Nakanishi T, Tajima H, Yamazaki M, Yokono R, Takabayashi M, Shimada T, Sawamoto K, Miyamoto K, Kitagawa H, Ohta T, Tamai I, Sai Y. J Pharm Sci 104巻 9号 3162-3169頁 2015/06/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of switching basal insulin regimen to degludec on quality of life in Japanese patients with type 1 and type 2 diabetes mellitus Okada Mo, Okada Ma, Nishigami J, Yamaaki N, Furukawa K, Ohyama K, Shimada T, Sai Y. J Pharm Health Care Sci 1巻 26号 2015/09/30 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • PK/PD analysis of biapenem in patients undergoing continuous hemodiafiltration Akashita G, Hosaka Y, Noda T, Isoda K, Shimada T, Sawamoto K, Miyamoto K, Taniguchi T, Sai Y. J Pharm Health Care Sci 1巻 31号 2015/11/14 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Oxytocin for male subjects with autism spectrum disorder and comorbid intellectual disabilities: A randomized pilot study  Frontiers Psyc 7巻 2号 2016/01/21 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ランソプラゾールOD錠とレボフロキサシン錠同時懸濁時における凝集物生成の原因と対策 中川祐紀子、鈴木拓也、志村裕介、菅 幸生、嶋田 努、崔 吉道 医療薬学 43巻 1号 26-33頁 2017/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Co-administration of dexamethasone increases severity and accelerates onset day of neutropenia in bladder cancer patients on methotrexate, vinblastine, adriamycin and cisplatin chemotherapy: a retrospective cohort study Shingo Itai, Yukio Suga, Yusuke Hara, Kouji Izumi, Yuji Maeda, Yasuhide Kitagawa, Junko Ishizaki, Tsutomu Shimada, Atsushi Mizokami and Yoshimichi Sai J Pharm Health Care Sci  3巻 3号 1-6頁 2017/01/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Drug interaction between methotrexate and salazosulfapyridine in Japanese patients with rheumatoid arthritis  Morihiro Okada, Hiroshi Fujii, Yukio Suga, Satoshi Morito, Masae Okada, Jun Nishigami, Mitsuhiro Kawano, Tsutomu Shimada, Yoshimichi Sai J Pharm Health Care Sci 3巻 7号 1-7頁 2017/01/19 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multiple Oral Dosing Pharmacokinetics of Standardized Extract of Centella asiatica ECa 233 and Its Inductive Effect on Efflux Transporters in Rat Tosapol Anukunwithaya, Mayuree H. Tantisira, Tsutomu Shimada, Yoshimichi Sai, Phisit Khemawoot Planta Medica International Open 4巻 e66-e73頁 2017/10/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • アルブミン懸濁型パクリタキセル + ゲムシタビン療法における末梢神経障害のリスク因子に関する検討 山本奈歩, 堀 祐貴, 髙廣理佳子, 菅 幸生, 嶋田 努, 崔 吉道 医療薬学 45巻 3号 127-134頁 2019/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 進行膵がん患者に対するFOLFILINOX療法施工時におけるコリン様症状の発現状況とリスク因子の探索 伊藤智代、中出順也、嶋田 努、崔 吉道 医療薬学 44巻 8号 403-409頁 2018/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multiday corticosteroids in cancer chemotherapy delay the diagnosis of and antimicrobial administration for febrile neutropenia: a double-center retrospective study. Hiroki Uda, Yukio Suga, Eriko Toriba, Angelina Yukiko Staub, Tsutomu Shimada, Yoshimichi Sai, Masami Kawahara, Ryo Matsushita J Pharm Health Care Sci 5巻 3号 1-8頁 2019/02/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of coadministration of rifampicin on the pharmacokinetics of linezolid: clinical and animal studies. Satsuki Hashimoto, Kyoko Honda, Kouhei Fujita, Yuka Miyachi, Kazuya Isoda1, Ko Misaka, Yukio Suga, Satoshi Kato, Hiroyuki Tsuchiya, Yukio Kato, Masaki Okajima, Takumi Taniguchi, Tsutomu Shimada, Yoshimichi Sai J Pharm Health Care Sci 4巻 27号 1-9頁 2018/11/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Risk factors for oxaliplatin-induced vascular pain in patients with colorectal cancer and comparison of the efficacy of preventive methods. Yukio Suga, Nana Ikeda, Manami Maeda, Angelina Yukiko Staub, Tsutomu Shimada, Miwa Yonezawa, Hironori Kitade, Hideyuki Katsura, Morihiro Okada, Junko Ishizaki, Yoshimichi Sai and Ryo Matsushita J Pharm Health Care Sci 4巻 18号 1-7頁 2018/08/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Contribution of equilibrative nucleoside transporters 1 and 2 to gemcitabine uptake in pancreatic cancer cells. Biopharm Drug Dispos 39巻 256-264頁 2018/04/22 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 肥満による薬物体内動態変動と副作用回避(会議名:平成25年度金沢大学戦略的研究推進プログラム(拠点形成型)次世代重点研究プログラム/安全創薬:一分子機能マーカーの探索・創出による副作用予測 合同報告会)(2013/12)
  • 薬剤師と医療を取り巻く状況と金沢大学附属病院での臨床教育(会議名:日本私立薬科大学協会 第34回教務部長会議)(2014/12)
  • 真の医薬分業を目指して ~医薬品安全管理・プレアボイド事例・医療事故を教訓に~ (会議名:石川県薬剤師会 薬剤師PS講座II )(2016/04/17)
  • Recent Review of Cardiotoxicity of Target Therapies and Anticancer Drugs(会議名:日本循環器学会第81年会)(2017/03/18)
  • 英文誌論文採択のためのABC ~JPHCS誌を例に~(会議名:第1回 医療薬学教育セミナー)(2017/04/16)

全て表示

  • 医療現場における医師と薬剤師、MDとPharmD、MD,PhDとPharmD,PhD(会議名:第32回年会 薬剤学会薬学教育セミナー)(2017/05/01)
  • 病院内の医薬分業と求められる製剤 ~信頼させる医療チームの一員として~ (会議名:第54回 薬剤学懇談会研究討論会)(2017/06/09)
  • 温熱化学療法の薬理動態~薬物の腹膜透過性について~(会議名:第34回日本ハイパーサーミア学会学術大会 第4回HIPECワークショップ)(2017/09/16)
  • 薬物動態の基本を臨床で活かす(会議名:平成29年度第2回薬物療法専門薬剤師集中講義)(2017/10/07)
  • 病院薬剤師による緩和ケア患者への精神的アプローチ(会議名:第12回日本緩和医療薬学会年会)(2018/05/25)
  • MVAC(Methotrexate, Vinblastine, Adriamycin, Cisplatin)療法におけるdexamethasone併用による好中球減少症の重篤化の機序の解明(会議名:医療薬学フォーラム2017)(2017/07/01)
  • BMI値の変動がフェンタニル経皮吸収製剤の鎮痛効果に及ぼす影響(会議名:医療薬学フォーラム2017)(2017/07/01)
  • 個別認証技術を用いたフェンタニル注射液の管理と院内流通の見える化(会議名:第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会)(2017/07/08)
  • 金沢大学附属病院における副作用報告に関する問題点の抽出及び今後の課題(会議名:第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会)(2017/07/08)
  • 前立腺がん患者におけるドセタキセル低用量法と高用量法の忍容性に関する比較検討(会議名:第15回日本臨床腫瘍学会 学術集会)(2017/07/29)
  • 切迫早産治療を目的としたリトドリン塩酸塩投与による新生児低血糖発症上昇とそのリスク因子の解析(会議名:平成29年度石川県病院薬剤師会第1回(通算165回)学術研修会)(2017/09/02)
  • 骨肉腫患者を対象としたメトトレキサート大量療法における排泄遅延因子の解析(会議名:第34回日本TDM学会 学術大会)(2017/09/23)
  • この10年における非定型抗精神病薬処方時の耐糖能フォローアップへの薬剤師の介入の成果と今後の課題(会議名:第1回日本精神薬学会総会・学術集会)(2017/09/24)
  • ポリスルホン膜を用いた持続的血液濾過透析(CHDF)施行患者に対するビアペネムの至適投与法(会議名:第38回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム)(2017/10/27)
  • 臨床で経験したレボフロキサシン錠とランソプラゾールOD錠の配合変化におけるメカニズムの解明(会議名:第38回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム)(2017/10/27)
  • 腹腔内温熱化学療法施行下のドセタキル薬物動態解析(会議名:第38回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム)(2017/10/26)
  • 経腸栄養剤長期投与患者におけるジギキシン血中濃度低下に対する食物繊維の影響の検討(会議名:第32回日本薬物動態学会年会)(2017/11/29)
  • アジュバント誘発関節炎モデルラットにおけるフェンタニル静注時の体内動態について(会議名:第32回日本薬物動態学会年会)(2017/11/29)
  • 医事システムと連動した新規持参薬入力システムの開発と業務改善効果(会議名:第27回日本医療薬学会年会)(2017/11/05)
  • FOLFIRINOX 療法におけるコリン様症状の発現率とリスク因子の検討(会議名:第27回日本医療薬学会年会)(2017/11/04)
  • リトドリン塩酸塩による切迫早産治療後の新生児低血糖症発現率とリスク因子の解明(会議名:第27回日本医療薬学会年会)(2017/11/03)
  • 肥満によるCYP3A4とその転写因子の発現に関するヒト皮膚組織を用いた解析(会議名:日本薬学会第138年会)(2018/03/28)
  • 表皮におけるシトクロムP450のBMI上昇に伴う発現変動(会議名:日本薬学会第138年会)(2018/03/28)
  • 骨肉腫患者における大量メトトレキサートの母集団薬物動態解析(会議名:日本薬学会第138年会)(2018/03/28)
  • ラットにおけるメトトレキサートとグリチルリチン酸との相互作用に関する研究(会議名:日本薬学会第138年会)(2018/03/28)
  • アルブミン懸濁型パクリタキセル+ゲムシタビン療法における末梢神経障害のリスク因子に関する検討(会議名:日本薬学会第138年会)(2018/03/28)
  • 病院実務実習における薬学生によるプレアボイド報告の有用性の検討(会議名:日本薬学会第138年会)(2018/03/28)
  • 国内学会 日本糖尿病学会第55回年会(2012.5.17-19 パシフィコ横浜、横浜市) リラグルチドの有害事象発現状況と危険因子に関する調査 日本薬剤学会第27年会(2012.5.24-26 神戸国際会議場、神戸市) リファンピシン併用によるリネゾリドの体内動態変動 第29回TDM学会(2012.6.16-17 神戸国際会議場、神戸市) 肥満によるシクロスポリンおよびタクロリムスの血中濃度とCYP3AおよびP-糖タンパク質の発現変動 第15回日本医薬品情報学会(2012.7.7-8 近畿大学東大阪本部キャンパス、東大阪市) ラモトリギンの調剤時に用いる管理簿の作成と評価 医療薬学フォーラム2012(2012.7.14-15 福岡国際会議場、福岡市) 腎機能低下患者におけるゾレドロン酸減量の有用性に関する検討 非定型抗精神病薬による耐糖能異常フォローアップへの介入 BMI値の変動にともなうシクロスポリン及びタクロリムスの血中濃度変化 第10回日本臨床腫瘍学会(2012.7.26-28 大阪国際会議場、大阪市) ゲムシタビンによる血管痛の危険因子の解析 平成24年度石川県病院薬剤師会第1回学術研修会(2012.9.17 石川県立中央病院、金沢市) ラジレス®の禁忌追加に伴う適正使用を目指して 第7回日本緩和医療薬学会年会(2012.10.6-7 神戸国際会議場、神戸市) 外来化学療法室スタッフ教育と服薬指導ツール作成後の除痛率調査 第50回日本癌治療学会学術集会 (2012.10.25-27、パシフィコ横浜、横浜市) 結腸癌術後補助化学療法(XELOX療法)の完遂と副作用調査 薬剤師によるレジメンチェック介入の薬剤経済学的検討 第22回日本医療薬学会年会(2012.10.27-28 朱鷺メッセ、新潟市) リファンピシン併用時のリネゾリドの体内動態変動 エピルビシン塩酸塩の血管暴露時間短縮による静脈炎の予防効果及び安全性の検討 シクロスポリンAによるバルプロ酸血清中濃度への影響 第27回日本薬物動態学会年会 (2012.11.20-22、江戸川区民ホール、江戸川区) Drug interaction between orally administered linezolid and rifampicin in rats and human 第23回日本病院薬剤師会北陸ブロック学術大会 (2012.11.18、富山大学、富山市) 各職種における医薬品情報のニーズ、入手経路、把握状況の調査 第28回日本静脈経腸栄養学会学術集会 (2013.2.21-22、石川県音楽堂他、金沢市) 薬物動態変動因子としての長期経腸栄養療養. 日本薬学会第133年会(2013.3.27-30、パシフィコ横浜、横浜市) リネゾリドの体内動態に対するリファンピシンの影響 ゲムシタビン肝動注化学療法時のAUCの非線形性 ラモトリギンによる皮膚障害発現と管理簿を用いた処方管理の有用性 Fentanyl経皮吸収型製剤の薬物動態に対する肥満の影響 (2012)
  • 国際学会 The Forbidden City International Pharmacist Forum 2011 (2011.5.27-30, Beijing International Conference Center, Beijing, China) Comparison of Immediate Action between Chewed and Unchewed Low-Dose Acetylsalicylic Acid Tablets in Healthy Volunteers: A Randomized, Quadruple Crossover Single-Blind Study. 国内学会 第12回北陸食道疾患懇話会 (2011.4 金沢市) FP療法における腎障害発現状況とその予防に関する薬剤師の介入効果 日本薬剤学会第26年会(2011.5.29-31 タワーホール船堀、東京都江戸川区) 低用量アスピリン製剤の即効性に関する比較試験(5/29 口演、講演要旨集p.132) 【日本薬剤学会永井財団学部学生7つ星薬師奨励賞受賞】 経腸栄養剤長期投与によるジゴキシン消化管吸収変動(5/30 口演、講演要旨集p.151) 第6回トランスポーター研究会(2011.6.11-12 東北大学片平さくらホール、仙台) 長期経腸栄養による消化管OATPおよびP-糖タンパク質の発現変動とジゴキシン吸収への影響 妊娠経過に伴うマウス胎盤ezrinおよびSlc6a13の発現量推移とhypotaurine濃度への影響 第28回TDM学会(2011.6.18-19 広島国際会議場、広島市) 持続的血液濾過透析(CHDF)施行中の急性腎不全症例におけるリネゾリドおよび主要代謝物の体内動態変化 第19回クリニカルファーマシーシンポジウム 2011.7.9-10(旭川市民文化会館、旭川市) 薬剤師の介入によるFP療法におけるレジメン改定と副作用の軽減効果 【優秀ポスター賞受賞】 第2回MRSAフォーラム (2011.7.16 京王プラザホテル、新宿区) 持続血液濾過透析中のリネゾリドの薬物動態 第9回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2011.7.21-23 パシフィコ横浜、横浜市) Chatelut式でカルボプラチン投与量を算出したTC療法による血小板減少の危険因子の解析 平成23年度石川県病院薬剤師会第1回学術研修会(2011.9.17 石川県立中央病院、金沢市) 金沢大学附属病院におけるゾレドロン酸の使用実態調査 ラモトリギンの適正使用への取り組み~管理簿の活用~ 第5回日本緩和医療薬学会年会(2011.9.24-25 幕張メッセ、千葉市) 外来がん患者における疼痛治療の現状と適正化に向けての取り組み 第21回日本医療薬学会年会(2011.10.1-2 神戸国際会議場他、神戸市) 簡易型嗅覚検査キットを用いたがん化学療法施行患者における嗅覚異常の実態調査及び栄養状態との関連 GEM経静脈投与による血管痛に対するNSAIDsおよびオピオイドによる予防効果の調査 金沢大学附属病院における抗菌薬許可・届け出制度のシステム化とその評価 新人薬剤師教育マニュアルの作成と評価 第70回日本癌学会学術総会 (2011.10.3-5 名古屋国際会議場、名古屋市) Glycogen synthase kinase (GSK) 3βは神経膠芽腫の浸潤を推進する 第49回日本癌治療学会学術集会 (2011.10.27-29 名古屋国際会議場、名古屋市) FP療法における腎障害発現状況と薬剤師介入による予防対策の評価 第26回日本薬物動態学会年会(2011.11.16-18、広島国際会議場、広島市) Effect of long-term enteral nutrition on intestinal absorption of digoxin in rats. Involvement of carnitine/organic cation transporter OCTN1 in gastrointestinal absorption of metformin 第5回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム(2011.11.26-27 名古屋大学医学部附属病院、名古屋市) Pharmacokinetic analysis of linezolid and its major metabolites in patients with renal dysfunction Effect of long-term enteral nutrition with elental on gastrointestinal absorption of cefadroxil in rats 第22回日本病院薬剤師会北陸ブロック学術大会 (2011.11.27、金沢大学角間キャンパス、金沢市) 病院実務実習の取り組み 日光シンポジウム (2011.12.17-18 日光東照宮晃陽苑、栃木県) 経腸栄養剤長期投与によるラットおよびヒトでの薬物体内動態変動 胎盤におけるGABAトランスポーター発現とヒポタウリン輸送能 薬物動態国際シンポジウム (2012.1.16-18 一ツ橋記念講堂、一ツ橋) Effect of Long-term Enteral Nutrition on Digoxin Disposition in Rat and Human 第48回日本腹部救急医学会総会 (2012.3.14-15 石川県音楽堂他、金沢市) 多臓器不全に対する急性血液浄化療法に薬剤師が関与した一例(3/15口演) 日本薬学会第132年会(2012.3.28-31 北海道大学他、札幌市) ACMIA法によりタクロリムスの血中濃度が偽高値を示した関節リウマチの一症例 バルプロ酸の血漿中濃度と肝機能との関係 【学生優秀発賞受賞】 成長過程における抗てんかん薬バルプロ酸の薬物動態の変動 【学生優秀発賞受賞】 20歳未満の患者に対する新規制吐薬の有用性と安全性 半消化態経腸栄養剤テルミール長期投与時によるジゴキシン吸収と薬物動態制御因子への影響 サボテン科トリテルペンの3T3-L1細胞に対する分化誘導効果および作用機序解明 ヒト肝ミクロソームを用いたCYP3A4代謝阻害によるfentanylの薬物間相互作用の予測 クレンブテロールの十二指腸内および結紮腸管内投与後の光学異性体の体内動態 (2011)
  • 特別講演・招待講演 金沢大学重点戦略経費政策課題対応型研究推進 安全創薬研究グループ 一般財団法人バイオインダストリー協会 大学発・選り抜きバイオセミナー&ブレインストーミング(2013.1.8、バイオインダストリー協会、中央区八丁堀) 病態時の薬物動態変動と医薬品副作用発現リスクの回避 (2013)
  • 招待講演・特別講演 第9回薬学と臨床セミナー(2010.4.3、大手町) 薬物胎児移行と胎盤トランスポーターの機能制御 第4回薬局学会(2010.11.6、岐阜) 病院実習 国際学会発表 FIP Pharmaceutical Sciences 2010 World Congress(2010.11.14-18, New Orleans, LA, USA) Decreased hypotaurine concentration in fetal plasma and placenta of ezrin knockout mice and Slc6a13/GAT-2-mediated hypotaurine transport in the placenta. 国内学会発表 日本薬剤学会第25年会(2010.5.12-14 徳島県郷土文化会館、徳島市) Ezrin欠損マウス胎盤・胎児で減少するhypotaurineの胎盤におけるトランスポーター同定 第5回トランスポーター研究会(2010.7.10-11 東京医科大学、新宿区) ラット胎盤関門におけるエリスロマイシンのプロトン共役排出輸送 胎盤hypotaurine取り込みにおけるGABAトランスーポーター(Slc6a13)の関与 平成22年度石川県病院薬剤師会第1回学術研修会(2010.8.28 石川県立中央病院、金沢市) 6年制長期実務実習を経験して:問題点とその対策(注射薬調剤編) 新人薬剤師の目線から考えるインシデント対策:新任薬剤師研修会でのアンケート結果を踏まえて 薬剤師による手術部医薬品管理方法の整備とその改良点 第69回日本癌学会総会(2010.9.21-24 大阪国際会議場、大阪市) 膵がん細胞の増殖と浸潤に及ぼすglycogen synthase kinase (GSK)3βの病的作用 神経膠芽腫の増殖と浸潤に及ぼすglycogen synthase kinase (GSK)3βの病的作用 第4回日本緩和医療薬学会年会(2010.9.25-26 鹿児島市民文化ホール他、鹿児島) レスキュードーズ患者自己管理の有用性と運用面での課題~除痛率調査からの考察~ 第48回日本癌治療学会総会学術集会(2010.10.28-30 京都国際会議場、京都) 外来化学療法室における大腸癌化学療法への薬剤師の関わり 第20回日本医療薬学会年会(2010.11.13-14 幕張メッセ、千葉市) がん化学療法における嗅覚機能障害の実態調査 金沢大学附属病院における手術部医薬品管理への薬剤師の関与と改善点 成長過程における免疫抑制剤ミコフェノール酸の体内動態変動 造血幹細胞移植におけるシクロスポリンAの薬物間相互作用の検討 フェンタニル貼付剤に対するレスキュードーズの使用状況と問題点 MVAC療法による骨髄抑制をデキサメタゾンが重篤化する可能性 金沢大学附属病院における医薬品ヒヤリングに関する現状調査 第21回日本病院薬剤師会北陸ブロック学術大会 (2010.11.21 北陸大学アネックスファーム、金沢市) エピルビシン塩酸塩による静脈炎に対する取り組み 6年制病院実務実習を経験して:問題点とその対策(内服薬調剤編) 6年制病院実務実習を経験して:問題点とその対策(注射薬調剤編) 第4回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム(2010.11.27-28 東京大学本郷キャンパス、文京区) Role of ezrin as a regulator of Slc6a13 in placenta 第32回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム(2010.11.29-30 富山国際会議場、富山市) 低用量アスピリンの素錠と腸溶錠の即効性に関する臨床試験 胎盤におけるezrin の発現とSlc6a13 機能調節因子としての役割 日本薬学会第131年会 (2011.3.28-31 静岡県コンベンションセンター他、静岡市) H2遮断薬シメチジンによるシスプラチン腎毒性軽減作用の機序解析 Ⅱ型糖尿病治療薬metforminの体内動態に及ぼすカルニチン/有機カチオントランスポーターOCTN1の関与 経腸栄養剤長期投与時における小腸トランスポーター遺伝子発現およびジゴキシン吸収への影響 Salacia reticulataの肥満治療効果ならびに作用機序の解明 抗菌薬の許可・届出制度の導入とその評価 新人薬剤師教育マニュアルの作成と評価 適切な制吐療法とpre-hydrationによるFP療法誘発性腎障害の軽減効果 血漿中クレンブテロール光学異性体の定量法の確立および静注後の体内動態 (2010)
  • 招待講演・特別講演 第17回 臨床薬剤師のための講習会(2009.7.5、金沢) 薬物動態の個人間変動 国際学会発表 The 3rd Asian Pacific Regional ISSX Meeting (2009.5.10-12, Bangkok, Thailand) H+-Coupled efflux transport of erythromycin at the blood-placenta barrier in rats. Circadian rhythm of cytochrome P450 2E1 and its effect on disposition kinetics of chlorzoxazone in rats. 8th Cerebral Vascular Biology International Conference (2009.6.28-7.2, Sendai, Japan) Effects of paclitaxel and docetaxel on endothelial progenitor cells in a rat tumor model Distinct transport mechanisms of zidovudine and didanosine at the blood-placenta barrier Asian Federation for Pharmaceutical Sciences 2009 (2009.10.15-18, Fukuoka, Japan) Decreased hypotaurine consentration in fetal plasma and placenta of ezrin knockout mice and transport characteristics of hypotaurine in the placenta Characterization of adenosine uptake in rat placental brush-border membrane vesicles Differences in the placental transport of two nucleoside analog reverse transcriptase inhibitors, zidovudine and didanosine Enhancement of zidovudine uptake by DHEAS in rat placental syncytiotrophoblasts and human CD4(+) T lymphocytes 国内学会発表 日本薬剤学会第24年会(2009.5.21-23、静岡県コンベンションアーツセンター、静岡県) 経腸栄養剤の長期投与によるセファドロキシルの消化管吸収への影響 エリスロマイシンの血液胎盤関門透過における排出輸送機構の関与 Ezrinノックアウトによる胎児血および胎盤中生体物質濃度変化のメタボローム解析 第33回北陸静脈・経腸栄養研究会(2009.6.13、野々市町) 血液維持透析患者に施行された静脈栄養法におけるアミノ酸製剤の組成の現状と課題 第26回日本TDM学会(2009.6.13-14、新潟市) 経腸栄養剤エレンタールの長期投与による消化管吸収能への影響 第3回日本緩和医療薬学会(2009.10.17-18、横浜市) 薬剤師による除痛率調査から得られた課題と当院での取り組み. 第19回日本医療薬学会(2009.10.24-25、長崎市) 血液維持透析患者に施行された静脈栄養法におけるアミノ酸製剤の組成の現状と課題 小児における免疫抑制剤ミコフェノール酸の体内動態. 第24回日本薬物動態学会年会(2009.11.27-29、京都) Enhancement of zidovudine uptake by DHEAS in CD4(+) T lymphocyte model, MOLT-4 cells. Decreased hypotaurine concentration in fetal plasma and placenta of ezrine knockout mice and transport characteristics of hypotaurine in the placenta. 日本病院薬剤師会 第20回北陸ブロック学術大会(2009.12.6、富山) 高齢重症筋無力症患者に対するタクロリムス投与に関する検討. Bevacizumabによる消化管穿孔のリスクとなりうる薬剤の併用状況調査. 日本薬学会第130年会(2010.3.28-30、岡山) GABA輸送担体(Slc6a13/GAT-2)を介したhypotaurineの胎盤供給機構 組織因子誘発DIC モデルに対するトロンボモジュリン製剤と選択的Xa阻害薬の併用による影響 非定型抗精神病薬処方時の耐糖能フォローアップ:北陸三県の精神科病院・診療所の調査結果 抗がん剤による吃逆の誘因に関する調査 造血幹細胞移植においてイトラコナゾールおよび主代謝物が血中シクロスポリン濃度に及ぼす影響 酪酸はAMPキナーゼ活性化を介して脂肪酸酸化系遺伝子の発現レベルを上昇させる インスリン抵抗性形成におけるケモカインレセプターCCR5の役割 STAT3依存性糖新生調節における小胞体ストレスの役割 3T3-L1成熟脂肪細胞の脂質代謝に及ぼすSalacia reticulataエキスの効果 (2009)
  • 国際学会発表 The 1st Asia Pacific ISSX Regional Meeting “Role of Metabolism and Transport in Drug Discovery and Development” (2006.4.25-27, Jeju, Korea) 1. Clarification of intracellular localization of CLP36 and ezrin in syncytiotrophoblast and their relevance to polar distribution of transporters in the placenta. (Poster) 2. Mechanism of 2’,3’-dideoxyinosine (ddI) transport in a conditionally immortalized syncytiotrophoblast cell line, TR-TBT. (Poster) 3. Screening of Nucleoside-Drug Interaction in Rat Placenta Cell Line, TR-TBT 18d-1. (Poster) The 66th International Congress of FIP (2006.8.25-31, Salvador Bahia, Brazil) 4. International comparison of educational systems for OTC drugs in pharmacy schools and creation of new Japanese OTC drugs educational tools. (Poster) 2006 AAPS Annual Meeting and Exposition (2006.10.29-11.2, San Antonio, TX, USA) 5. The functions of transporters and RNA editing. (Abstract R6066, Poster) 6. Apical localization of ezrin in syncytiotrophoblast of rat placenta and syncytiotrophoblast cell lines, TR-TBT. (Abstract R6067, Poster) 国内学会発表 第8回日本医薬品情報学会年会(2006.7.8-9、京都) 1. 薬系大学におけるe-Learningを用いたOTC薬教育の試み. (講演要旨集 p98、口演) 医療薬学フォーラム2006(2006.7.15-16、大阪) 2. 医療用薬品と相互作用を起こしうるサプリメントに関する調査.(講演要旨集 p238、ポスター) 特定領域「生体膜トランスポートソームの分子機構と生理機能」平成18年度第1回班会議(2006.9.27-29、松島) 3. Ezrin及びCLP36のラット胎盤及びラット胎盤細胞株における細胞内局在性の解明. (要旨集p.142ポスター) 第16回日本医療薬学会年会(2006.9.30-10.1、金沢) 4. 血液胎盤関門細胞株を用いた輸送研究:ヌクレオシドとカフェイン・ヌクレオシド薬物の相互作用(要旨集p515、ポスター) 第2回創剤フォーラム若手発表討論会(2006.10.13-14、京都) 5. 機能変化に関わるトランスポーター RNA-editingの検索(演題番号A-2, 口演) 6. ラット胎盤細胞株TR-TBT 18d-1におけるnucleoside輸送の特徴と薬物との相互作用の解析(演題番号A-1, ポスター) 7. ラット胎盤膜小胞を用いた血液胎盤関門におけるparoxetine輸送機構解明(演題番号A-3, ポスター) 第1回トランスポーター研究会 (2006.12.16-12.17, 東京) 8. RNA editing はTransporter機能を変化させるか?(演題番号74, ポスター) 第6回日本再生医療学会 (2007.3.13-3.14, 横浜) 9. 血管内皮前駆細胞株TR-BMEに対するドセタキセル及びパクリタキセルの感受性評価(要旨集 p253, ポスター) 第127年会日本薬学会 (2007.3.28-3.30, 富山) 10. DTX 及びPTX による血管内皮前駆細胞の機能阻害(要旨集 p229, ポスター) 11. ラット胎盤における妊娠経過に伴うezrinの発現量及び局在変動とP-gpの細胞内局在化への関与(要旨集 p122, ポスター) 12. TR-TBT 18d-1を用いた血液―胎盤関門におけるErythromycinの輸送機構の解明(要旨集 p222, ポスター) 13. ラット血液胎盤関門細胞株におけるzidovudine (AZT) 輸送機構の解析(要旨集 p222, ポスター) 14. RNA editing はglycine transporterの機能を変化させるか?(要旨集 p221, ポスター) 15. 共立薬科大学における薬学共用試験OSCEトライアル(講演要旨集-4p192, ポスター) 16. 共立薬科大学における薬学共用試験OSCEトライアルの運営方法(講演要旨集-4p193,ポスター) 17. 共立薬科大学における薬学共用試験OSCEトライアルの評価方法(講演要旨集-4p193,ポスター) 18. 超高齢社会に必要な地域密着型薬剤師の養成(講演要旨集-4p196,ポスター) (2006)
  • 国際学会発表 PSWC2007(2007.4.22-25、Amsterdam) ・Uptake mechanisms of anti-HIV drugs, 2’, 3’-dideoxyinosine and 3’-azido-3’-deoxythimidine by a conditionally immortalized syncytiotrophoblast cell line, TR-TBT. 4th World Conference on Drug Absorption, Transport and Delivery (2007.6.20-22, Kanazawa, Japan) ・Placental transport of erythromycin evaluated using syncytiotrophoblast cell line TR-TBT 18d-1. ・Transport mechanism and drug sensitivity of uridine, adenosine and hypoxanthine influx from apical membrane of rat syncytiotrophoblast cell line, TR-TBT 18d-1. 8th International ISSX Meeting (2007.10.8-12, Sendai, Japan) ・Quantitative analysis of mRNA expression level of ABC transporters in rat primary cultured syncytiotrophoblasts and conditionally immortalized syncytiotrophoblast cell line, TR-TBTs ・Involvement of nucleoside transporters in the uptake of anti-HIV drugs, 2’, 3’-dideoxyinosine and 3’-azido- 3’-deoxythimidine by a conditionally immortalized syncytiotrophoblast cell line, TR-TBT. Asian Association of Schools of Pharmacy AASP2007 Conference-Philippines (2007.10.25-28, Makati, Philippines) ・Training of pharmacists working in close contact with local communities necessary in an ultra-aging society. Organisation for Oncology and Translational Research 4th Annual Conference (2007.11.9-10, Kyoto, Japan) ・Inhibition of vasculogenesis on endothelial projenitor cell line TR-BME by docetaxel and paclitaxel. 2007 AAPS Annual Meeting and Exposition (2007.11.11-15, San Diego, CA) ・Characterization of the Placental Transport Mechanism of Erythromycin Using Syncytiotrophoblast Cell Line TR-TBT 18d-1. ・The Expression Levels of ERM During Pregnancy and Role of Ezrin in Localization of GLUT1 and P-Glycoprotein in Placenta 国内学会発表 日本薬剤学会第22年会(2007.5.21-23、大宮) ・妊娠経過に伴う胎盤のezrin発現レベルと局在の変動 第2回トランスポーター研究会(2007.6.9-10、昭和大学) ・ラット胎盤におけるezrinの発現変動とP-glycoproteinおよびGLUT1細胞内局在への影響 第10回日本医薬品情報学会学術大会(2007.7.7-8、札幌) ・OTC薬についての薬学生向けe-Learningのweb公開とその使用評価 日本薬物動態学会ビジョン・シンポジウム(2007.7.19-20、共立薬大) ・Functional characterization of nucleoside analogues uptake at the placenta and its relevance to drug interaction. ・mRNA Expression levels of ABC transporter family in highly purified rat syncytiotrophoblasts in the late stage of pregnancy ・Alteration of expression level of ezrin during pregnancy and influence to the localization of GLUT1 and P-gp in the placenta ・Establishment of rat bone marrow derived endothelial progenitor cell lines TR-BME and analysis of difference between endothelial progenitor cells and mature endothelial cells 第17回日本医療薬学会年会(2007.9.29-30、前橋) ・「OTC薬適正使用のためのe-Learning」の利用評価 第66回日本癌学会学術総会(2007.10.3-7、横浜) ・Inhibition of vasculogenesis on endothelial progenitor cell line TR-BME by docetaxel and paclitaxel トランスポーター研究会第1回東北部会(2007.11.25、仙台) ・薬物輸送駆動力解明に用いるラット胎盤刷子縁膜小胞の方向性及び精製度評価 第29回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム(2007.11.26-27、仙台) ・胎盤関門細胞を用いた薬物・栄養素輸送研究 ・ラット血液ー胎盤関門におけるエリスロマイシンの輸送機構 ・ラット胎盤細胞株を用いたヌクレオシド/ヌクレオベースの母体―胎児血輸送における薬物の相互作用解析 トランスポーター研究会第1回関東部会(2007.12.10、横浜) ・TR-TBT 18d-1及びラット胎盤刷子縁膜小胞を用いたエリスロマイシン取り込み機構解析 第1回次世代を担う若手医療薬科学部会シンポジウム(2007.12.15-16、東京) ・胎盤細胞株を用いたヌクレオシド/ヌクレオベース取り込み機構の解明及び薬物との相互作用の検討 ・血液-胎盤関門におけるエリスロマイシン取り込み輸送機構の解析 第4回慶應義塾先端科学技術シンポジウム(2008.2.6、三田) ・血液-胎盤関門機能とトランスポーター発現におけるezrinの役割 日本薬学会第128年会(2008.3.26-28、横浜) ・グリベンクラミドのCaco-2細胞透過に対するアルブミンの促進効果 ・DHEASによるラット胎盤トロホブラスト細胞のzidovudine取り込み促進 (2007)
  • 招待講演 The Pharmaceutical Society of Korea 2008 Spring International Convention, Symposium 4: Molecular and Formulation Approaches for Ideal Drug Delivery (2008.5.1, International Convention Center Jeju, Jeju, Korea) Trnsporter-mediated approaches for delivery of drugs The Pharmaceutical Society of Korea 2008 Spring International Convention, Symposium 12: A New Age of Research in the Blood-Organ Barrier and Diseases (2008.5.2, International Convention Center Jeju, Jeju, Korea) Role of transporters on phathophysiological aspect of the blood-placenta barrier. 2nd NRL Sympodium on Transporters Targeted Drug Delivery (2008.5.26, Seoul National University, Seoul, Korea) Transporter mediated approaches for delivery and avoicance control of drug to organs. 国際学会発表 The 2nd Asian Pacific Regional ISSX Meeting (2008.5.11-13, Shanghai, China) Acceleration of glibenclamide permeability by serum albumin in Caco-2 cells. 2’, 3’-Dideoxyinosine (ddI) and uridine share an equilibrative nucleoside transporter (ENT2) on these uptakes at the blood-placenta barrier (BPB) Identification of equilibrative nucleoside transporters involving nucleoside and nucleobase uptakes in rat placental cell line, TR-TBT 18d-1 68th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences (FIP2008)(2008.8.28-9.4, Basel, Switzerland) Uptake mechanism of erythromycin at the blood-placenta barrier Survey of over the counter drugs that might have drug-drug interaction with prescription drugs-Classification of individual self-care recommendations- 2008 AAPS Annual Meeting and Exposition (2008.11.16-20, Atlanta) Enhancement of zidovudine uptake by dehydroepiandrosterone sulfate in rat syncytiotrophoblast cell line TR-TBT 18d-1 Involvement of equilibrative nucleoside transporters (ENTs) in the uptakes of uridine and didanosine (ddI) at the blood-placenta barrier Enhancement effect of albumin on Glibenclamide permeability in Caco-2 cells. 国内学会発表 日本薬剤学会第23年会(2008.5.20-22、札幌) アルブミンによるグリベンクラミドのCaco-2細胞透過促進の解析 DHEASによるラット胎盤trophoblast細胞のzidovudine取り込み促進 第3回トランスポーター研究会(2008.6.7-8、京都) 血液-胎盤関門での2’, 3’-dideoxyinosine (ddI)取り込みにおけるENT2の関与 第21回がん分子標的治療研究会総会(2008.6.26-27、東京) Docetaxel, Paclitaxelの血管内皮前駆細胞への作用と血管新生阻害効果の検討 第11回日本医薬品情報学会学術大会(2008.7.5-6、東京) 海外と日本の薬剤師国家試験及びOTC医薬品教育の比較 第23回日本薬物動態学会年会(2008.10.30-11.1、熊本) H+-coupled transport of erythromycin at the blood-placenta barrier in rats Transport mechanism of purine nucleosides, adenosine and didanosine, across brush-border membrane in rat blood-placenta barrier 第1回トランスポーターワークショップ in 鶴岡(2008.11.15-16、鶴岡) Ezrinノックアウトマウス胎児血漿と胎盤のメタボロミクスによる胎盤におけるezrin機能の解析 トランスポーター研究会第2回関東部会(2008.12.6、東京) 血液-胎盤関門でのadenosine取り込みにおけるpH依存性輸送の関与 日本薬学会第129年会(2009.3.26-28、京都) ラット血液-胎盤関門におけるadenosine取り込みにENT4は関与するか? エズリン欠損マウス胎盤におけるP-糖タンパク質の機能低下 超高齢社会に必要な地域密着型薬剤師育成のための教育プログラム (2008)

芸術・フィールドワーク

特許

○組織特異的トランスポーター阻害剤
○臓器感染用トランスポーター強制発現ベクター
○プロトン駆動型トランスポーター介在型消化管吸収改善剤及びその製法
○トランスポーター活性プロテインアレイ
○海洋深層水を用いた抗癌剤
○皮膚トランスポーターを介した経皮薬剤の皮膚透過性の検定方法(特許番号:特許第4714807号)

共同研究希望テーマ

○トランスポーターを利用した薬物スクリーニング系の開発
○トランスポーターのin vivoヘテロ発現による薬物体内動態の能動制御
○トランスポーターを利用した臓器機能代替法の確立

科研費

○奨励研究(A)「共焦点レーザー顕微鏡を用いたペプチドの細胞内動態解析と脳実質細胞標的化への応用」(1995-1995) 代表者
○基盤研究(C)「外来性遺伝子発現系を用いた小腸上皮薬物担体輸送機構の解明」(1995-1995) 分担者
○基盤研究(B)「ダイナミックインターフェースとしての血液脳関門機能と薬物脳移行相関」(1995-1996) 分担者
○奨励研究(A)「小腸オリゴペプチド輸送体の組織及び細胞内分布の免疫化学的解析と薬物輸送特性」(1996-1996) 代表者
○基盤研究(C)「モノカルボン酸系の組織特異的機能発現とドラックデリバリーへの応用」(1996-1996) 分担者
○奨励研究(A)「小腸モノカルボン酸輸送体の組織及び細胞内分布の免疫化学的解析と薬物輸送の分子機構」(1997-1998) 代表者
○基盤研究(C)「血液脳関門トランスポーターの分子機構と薬物の脳移行制御」(1997-1998) 分担者
○特定領域研究(C)「トランスポーター発現アデノウイルスベクターを用いたペプチド様抗がん剤の脳腫瘍送達」(2000-2000) 代表者
○奨励研究(A)「ペプチドトランスポーターを利用した腫瘍特異的抗がん剤デリバリー」(2000-2001) 代表者
○基盤研究(B)「ペプチド輸送系の組織特異的発現と分子認識多様性を利用した腫瘍選択的薬物デリバリー」(2000-2001) 分担者
○基盤研究(B)「血液脳関門の機能的実態解明に基づいた薬物中枢移行性評価法の確立」(2000-2001) 分担者
○基盤研究(A)「薬物トランスポーター群の分子認識・輸送の多様性に基づいた臓器移行性の制御」(2000-2002) 分担者
○特定領域研究(C)「BBB指向性トランスポーター発現アデノウイルスベクターを用いた抗がん剤脳腫瘍送達」(2001-2001) 代表者
○基盤研究(B)「薬物トランスポーター群のMultispecificity発現機構に関する研究」(2001-2002) 分担者
○萌芽研究「アンチセンス発現アデノウイルスを用いたトランスポーターの薬物体内動態制御機能評価」(2002-2003) 分担者
○若手研究(B)「薬物輸送トランスポーターの迅速同定システムの構築とその寄与の推定」(2004-2005) 代表者
○基盤研究(C)「脳血管内皮細胞、周皮細胞、星状細胞が関わる血液能関門における基底膜維持機構の解明」(2004-2005) 分担者
○基盤研究(C)「トランスポーター活性アレイを用いた胎盤関門異物認識の全容解明」(2006-2007) 代表者
○基盤研究(C)「胎盤関門のダイナミクスを制御するトランスポーター-エズリン複合体」(2008-2010) 代表者
○基盤研究(C)「副作用マネジメントと毒性回避のための臨床薬物動態研究」(2011-2014) 代表者
○難治性疾患等克服研究事業「腹膜偽粘液腫の本邦における発生頻度・病態の解明・治療法の開発」(2013-2013) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「肥満時の薬物動態変動による医薬品副作用の回避戦略」(2015-2018) 代表者
○基盤研究(B)「careとcureを融合した看護薬剤学モデルの開発」(2017-2021) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「加齢による薬物体内動態の個人間変動予測の新機軸」(2019-2022) 代表者

学域・学類担当授業科目

○病院実習Ⅱ(2017)
○臨床薬学論(2017)
○病院実習Ⅰ(2017)
○臨床薬理学(2017)
○薬剤部臨床実習BSL(2017)
○医薬品安全性学(2017)
○薬局薬学(2017)
○臨床薬理学(2016)
○医薬品安全性学(2016)
○臨床薬学論(2016)
○薬剤部臨床実習BSL(2016)
○病院実習Ⅰ(2016)
○病院実習Ⅱ(2016)
○薬局経営論(2016)
○臨床薬理学(2015)
○医薬品安全性学(2015)
○臨床薬学論(2015)
○薬剤部臨床実習BSL(2015)
○病院実習Ⅰ(2015)
○病院実習Ⅱ(2015)
○医薬品安全性学(2014)
○臨床薬学論(2014)
○薬剤部臨床実習BSL(2014)
○病院実習Ⅰ(2014)
○病院実習Ⅱ(2014)

大学院担当授業科目

○病院実習Ⅰ/薬学類(2017)
○医薬情報統御学特論(2017)
○分子薬剤応答学(2017)
○医薬情報統御学特論(2017)
○医薬情報統御学特論(2017)
○分子薬剤応答学(2016)
○医薬情報統御学特論(2016)
○医薬情報統御学特論(2016)
○医薬情報統御学特論(2016)
○医薬情報統御学特論(2015)
○個別薬剤療法設計学(2014)
○分子薬物動態解析学(2014)
○医薬情報統御学特論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○特定非営利活動法人 薬学共用試験センター理事(2018/07/01-2020/06/30)
○国立大学教育研究評価委員会専門委員(2016/01-2017/03)

講演可能なテーマ

○体の中でくすりを運ぶトランスポーター(キーワード:生体膜輸送,吸収・分布・代謝・排泄,ドラックデリバリーシステム)

その他公的社会活動

○病院・薬局実務実習北陸地区調整機構(201404-202003) 一般社団法人薬学教育協議会 病院・薬局実務実習北陸地区調整機構の改訂コアカリ実務実習委員長として、薬学教育協議会に加盟する北陸地区の薬学系大学に在籍する学生(他地区からの受入要請を受諾した学生を含む)を対象として、正規の課程として実施される病院・薬局実務実習(略称「実務実習」)の円滑な実施と質の向上を目的として、実務実習受け入れ施設の確保及び時期の決定、実務実習対象学生と実務実習受け入れ施設との割り振り調整、認定実務実習指導薬剤師の養成、実務実習における諸課題への対応などの活動をしている。
○公益社団法人日本薬剤師会(201806-202006) 地域医療・保健委員会、調剤業務委員会、生涯学習委員会、薬学教育委員会、国際委員会、臨床・疫学研究倫理審査委員会、臨床・疫学研究推進委員会担当理事、病院診療所部会副部会長として、公益社団法人としての、かかりつけ薬剤師・薬局の普及・推進、健康サポート薬局の普及・推進、医療保険制度への取り組み、薬学教育への対応、薬剤師のための生涯教育推進、臨床・疫学研究の倫理審査体制の整備と研究活動推進、医療安全管理体制の整備・充実、薬剤イベントモニタリングの実施などの活動を行っている。
○公益社団法人日本病院薬剤師会(201806-202006) 編集委員会担当理事(日病薬誌編集委員長兼)、国際委員会委員として、病院診療所に勤務する薬剤師の倫理的学術的水準を高め、薬学特に専門分野である臨床薬学、病院薬学及び病院薬局業務一般の進歩発展を図ることによって国民の厚生福祉の増進に寄与することを目的として、地区ブロック学術大会、各種講演、研修会の開催、機関誌や関連図書の出版などの活動を行っている。
○北陸薬物療法モニタリング懇話会(2009-2020) 2014-代表幹事 2009-幹事 北陸における広義の薬物療法モニタリング(TDM)の啓発と発展に寄与するため、「北陸薬物療法モニタリング研究会」と称する学術研究報告会および「臨床薬剤師のための講習会」と称する講習会を開催する。
○北陸Oncology Pharmacist研究会(2010-2020) 2014-代表世話人 2010-副代表世話人 北陸地区でのがん薬物療法を専門とする薬剤師の育成を行うと同時に、がん化学療法成績の向上に寄与することを目的として、年一回の学術集会およびその他の事業を行う。
○石川県病院薬剤師会(201704-201904) 会長
○公益社団法人石川県薬剤師会(2011-2020) 2011-常任理事, 2017-副会長
○石川県病院薬剤師会(2011-201704) 副会長
○石川県病院薬剤師会(2009-2010) 理事 教育研修委員会委員

このページの先頭へ