本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

大島 正伸 (おおしま まさのぶ) 教授 OSHIMA Masanobu

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

がん進展制御研究所
がん進展制御研究所長

教育分野

【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻
自然科学研究科 自然システム学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 がん医科学専攻

所属研究室等

腫瘍遺伝学研究分野 TEL:076-265-2721 FAX:076-234-4519

学歴

【出身大学院】
北海道大学 修士課程 獣医学研究科 機能形態学専攻 1988/03 修了
【出身大学】
北海道大学 獣医学部 獣医学科 1986/03 卒業
【取得学位】
獣医学博士

職歴

中外製薬(株)探索研究所 研究員(1988/10/01-1992/01/31)
万有製薬(株)つくば研究所 研究員(1992/02/01-2000/05/31)
京都大学医学研究科 遺伝薬理学 助教授(2000/06/01-2005/05/31)

生年月

1962年03月

所属学会

日本癌学会
米国癌学会
日本生化学会
日本分子生物学会
日本獣医学会 評議員(2004-2013)
日本実験動物学会
日本がん転移学会

学内委員会委員等

○動物実験委員会 ④委員(2007-)

受賞学術賞

○JCA-Mauvernay Award(2012/09/20)

専門分野

実験病理学、病態医化学

専門分野キーワード

炎症と発がん、消化器がん、マウスモデル

研究課題

消化器がん発生に関与する炎症反応の分子機構の解明

消化器がん発生に関与する炎症反応の分子機構の解明 炎症反応により胃粘膜にはマクロファージが浸潤して活性化する。活性化マクロファージから産生されるサイトカインTNF-alphaが、周囲の胃がん細胞のWntシグナルを亢進させ、胃がん発生に関与している可能性について明らかにした。

胃がん発生におけるWntシグナル亢進とCOX-2誘導の相互作用

胃がん発生におけるWntシグナル亢進とCOX-2誘導の相互作用 OncogenicなWntシグナルの活性化により胃粘膜上皮細胞は異形性を呈して腫瘍化するが、腫瘍発生には至らない。しかし、炎症性プロスタグランジン合成酵素COX-2が同時に発現誘導すると胃がんが発生する。胃がん発生におけるWntとCOX-2の相互作用をマウスモデル(K19-Wnt1/C2mE)の作製により遺伝学的に証明した。

著書

  • 炎症とマクロファージによるがんの発生・進展機構 医歯薬出版 2013/03 ①原著書 ①単著
  • 疾患モデルの作成と利用 がん Life Science Information Center 2012/10 ①原著書 ⑤編著
  • 発がんにおける腫瘍随伴マクロファージの役割 秀潤社 2012/10 ①原著書 ⑤編著
  • がんモデルマウス・ラットライブラリ 第1回 胃がんモデル 秀潤社 2012/07 ①原著書 ①単著
  • 疾患モデルマウス表現型解析指南 中山書店 2011/12 ①原著書 ⑤編著

全て表示

  • COX-2/PGE2経路と発がん 羊土社 実験医学 増刊「慢性炎症」 2011/06 ①原著書 ①単著 29巻 10号 1599-1604頁
  • 炎症反応による発癌促進のメカニズム 羊土社 実験医学 増刊「癌研究と分子標的治療」 2011/02 ①原著書 ①単著 29巻 2号 242-248頁
  • 癌と炎症 メディカルレビュー社 血管医学 2011/02 ①原著書 ①単著 12巻 1号 67-72頁
  • 消化器がん発生における慢性炎症の役割 医歯薬出版 医学のあゆみ 2011/01 ①原著書 ①単著 236巻 4号 267-270頁
  • 慢性炎症と発癌:炎症性微小環境による発癌機構 羊土社 実験医学 2010/07 ①原著書 ②共著 大島浩子、大島正伸 28巻 11号 1698-1704頁
  • 胃癌発生における炎症反応の役割 秀潤社 細胞工学 2010/05 ①原著書 ②共著 大島浩子、大島正伸 29巻 6号 576-580頁
  • 炎症反応によるがんの発生と悪性化促進 羊土社 2013/07 ①原著書 ①単著

論文

  • Loss of Apc heterozygosity and abnormal tissue building in nascent intestinal polyps in mice carrying a truncated Apc gene. Oshima, M., Oshima, H、ほか4名 PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AME 92巻 10号 4482-4486頁 1995/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evidence against dominant negative mechanisms of intestinal polyp formation by Apc gene mutations Oshima, M., Oshima, H.、ほか3名 CANCER RESEARCH 55巻 12号 2719-2822頁 1995/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • TGF-beta receptor type II deficiency results in defects of yolk sac hematopoiesis and vasculogenesis Oshima, M., Oshima, H.、ほか1名 DEVELOPMENTAL BIOLOGY 179巻 297-302頁 1996/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Suppression of intestinal polyposis in Apc delta716 knockout mice by inhibition of cyclooxygenase 2 (COX-2) Oshima, M., Dinchuk, J. E.、ほか7名 CELL 87巻 5号 803-809頁 1996/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Morphological and molecular processes of polyp formation in Apc delta716 knockout mice Oshima, H., Oshima, M.、ほか3名 CANCER RESEARCH 57巻 9号 1644-1649頁 1997/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Intestinal polyposis in mice with a dominant stable mutation of the beta-catenin gene Harada, N., Oshima, M.、ほか5名 EMBO JOURNAL 18巻 21号 5931-5942頁 1999/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chemoprevention of intestinal polyposis in the Apc delta716 mouse by rofecoxib, a specific cyclooxygenase-2 inhibitor Oshima, M., Murai, N.、ほか6名 CANCER RESEARCH 61巻 4号 1733-1740頁 2001/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hyperplastic gastric tumors induced by activated macrophages in COX-2/mPGES-1 transgenic mice Oshima, H., Oshima, M.、ほか2名 EMBO JOURNAL 23巻 7号 1669-1678頁 2004/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hypergravity induces expression of cyclooxygenase-2 in the heart vessels Oshima, M., Oshima, H.、ほか1名 BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 330巻 3号 928-933頁 2005/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hyperplastic gastric tumors with spasmolytic polypeptide-expressing metaplasia (SPEM). Oshima M, Oshima H, Taketo MM. CANCER RESEARCH 65巻 9147頁 2005/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Increased Level of Serum Vascular Endothelial Growth Factor by Long-Term Exposure to Hypergravity Experimental Animals 56巻 4号 309-313頁 2007/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Platelet 12-lipoxigenase accelerates tumor promotion of mouse epidermal cells through enhancement of cloning efficiency. CARCINOGENESIS 2008/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Activated macrophages promote Wnt signaling through tumor necrosis factor-α in gastric tumor cell. EMBO JOURNAL 28巻 12号 1671-1681頁 2008/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stromal fibroblasts activated by tumor cells promote angiogenesis in mouse gastric cancer JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 283巻 28号 19864-19871頁 2008/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prostaglandin E2, Wnt and BMP in gastric tumor mouse models. Oshima H, Oguma K, Du YC, and Oshima M. Cancer Science 100巻 10号 1779-1785頁 2009/10 査読有 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of prostaglandin E2 pathway promotes gastric hamartoma development with suppression of bone morphogenetic protein signaling CANCER RESEARCH 69巻 7号 2729-2733頁 2009/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Wnt activation and PGE2 induction. Oshima H, and Oshima M. PATHOLOGY INTERNATIONAL 2010/09 査読有 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • Acceleration of intestinal polyposis through prostaglandin receptor EP2 in Apc delta716 knockout mice Sonoshita, M., Oshima M.、ほか6名 NATURE MEDICINE 7巻 9号 1048-1051頁 2001/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prostaglandin E2 signaling and bacterial infection recruit tumor-promoting macrophages to mouse gastric tumors. Oshima H, Hioki K, Popivanova BK, Oguma K, van Rooijen N, and Oshima M.  GASTROENTEROLOGY 140巻 4号 596-607頁 2011/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Activation of epidermal growth factor receptor signaling by the prostaglandin E2 receptor EP4 pathway during gastric tumorigenesis. Oshima H, Popivanova BK, Oguma K, Kong D, Ishikawa T, and Oshima M.  Cancer Sicence 102巻 713-719頁 2011/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The inflammatory network in the gastrointestinal tumor microenvironment: lessons from mouse models Oshima H Journal of Gastroenterology 47巻 2号 97頁 2012/02 査読有 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • Induction and downregulation of Sox17 and its possible roles during the course of gastrointestinal tumorigenesis GASTROENTEROLOGY 137巻 3号 2009/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inflammation-induced repression of tumor suppressor miR-7 in gastric tumor cells Kong D, Oshima Mほか12名 Oncogene 31巻 35号 3949頁 2012/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The role of PGE2-associated inflammatory responses in gastric cancer development Oshima H Seminar in Immunopathology 35巻 2号 139頁 2013/03 査読有 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • TNF-α/TNFR1 signaling promotes gastric tumorigenesis through induction of Noxo1 and Gna14 in tumor cells. Oshima H ほか11名 Oncogene 2013/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Context-dependent activation of Wnt signaling by tumor suppressor RUNX3 in gastric cancer cells.  Cancer Science 105巻 418-424頁 2014 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • uppressing TGF-β signaling in regenerating epithelia in an inflammatory microenvironment is sufficient to cause invasive intestinal cancer. Cancer Research 75巻 754-765頁 2015 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Myeloid differentiation factor 88 signaling in bone marrow-derived cells promotes gastric tumorigenesis by generation of inflammatory microenvironment Cancer Prevention Research 9巻 3号 253-263頁 2016/03/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inflammation in gastric cancer: Interplay of the COX-2/prostaglandin E2 and Toll-like receptor/MyD88 pathways Echizen K, Hirose O, Maeda Y, Oshima M. Cancer Science 107巻 4号 391-397頁 2016/04/01 査読有 ②総説 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 6th Annual Scientific Meeting Singapore Gastric Cancer Consortium(シンガポール)(招待講演)、Inflammation-associated malignant progression model of gastrointestinal tumors、2013/07/25 (2013)
  • 第3次対がん10か年総合戦略・文科省がん支援活動 合同公開シンポジウム(東京)(招待講演)、炎症性微小環境の形成と消化管発がん、2012/01/23(2011)
  • 5th Annual Scientific Meeting of Singapore Gastric Cancer Consortium (SGCC)(シンガポール)(招待講演)、SPEM and early changes in gastric cancer. 、2012/07(2012)
  • 103th AACR Annual Meeting (米国シカゴ)、The role of TNF-α in PGE2-induced tumorigenesis in gastric cancer mouse model、2012/04(2012)
  • The 3rd Carcninogenic Spiral International Symposium(金沢)(オーガナイザー、招待講演)、Prostaglandin E2-associated inflammation and bacterial infection in gastric tumorigenesis、2013/01/24(2012)

全て表示

  • Seoul National University Cancer Research Institute (SNU CRI) Annual Symposium(招待講演)、Inflammatory responses and novel mechanisms for gastric cancer、2013/5/4(2013)
  • 平成24年度「個体レベルでのがん研究支援活動」ワークショップ(基調講演)、マウスモデルを用いた消化器がん発生における生体反応の研究、2013年2月6日(2012)
  • The 2nd JSGE International Topic Conference(招待講演), The role of inflammatory responses in promotion of gastric tumorigenesis. 2013/3/23(2012)
  • 2012 Annual Meeting of Korean Society of Molecular and Cellular Biology(招待講演), Inflammatory responses that accelerate gastric tumorigenesis. 2012/10/10(2012)
  • 第71回日本癌学会学術総会(International Session: Inflammation and Cancer)(セッションオーガナイザー)、Infection and inflammatory responses in mouse gastric tumorigenesis. 2012/09/20(2012)
  • 第16回日本がん免疫学会総会(札幌)、Recent progress in tumor microenvironment(招待講演)、2012/07/24(2012)
  • 第49回日本臨床分子医学会学術総会(招待講演)、胃がんにおける炎症の誘導と活性化の役割、2012/04/13(2012)
  • 第68回日本癌学会学術総会:国際シンポジウム「TGF-betaシグナルと発がん・がん転移」(招待講演)、BMPシグナル抑制による胃腫瘍発生機序、2009/10/01(2009)
  • 第70回日本癌学会学術総会:シンポジウム「予防薬・治療薬開発のための動物モデル」、胃がん発生における炎症反応の役割、2011/10/05(2011)
  • 第1回発がんスパイラル国際シンポジウム、Prostaglandin E2-associated inflammation and bacterial infection in gastric tumorigenesis、2011/02/02(2011)
  • 第19回日本がん転移学会学術集会:ミニシンポジウム「マウスモデル」(招待講演)、胃がんモデルマウスにおけるinitiation-promotion解析、2010/05/16(2010)
  • 第67回日本癌学会学術総会:シンポジウム「シグナル伝達異常と発癌」(招待講演)、炎症反応に依存したWntシグナル亢進と発癌、2008/10/28(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(A)「大腸がん自然転移・再発モデルの開発による悪性化進展機構の研究」(2015-2018) ①代表者
○基盤研究(B)「炎症性微小環境の誘導機序および腫瘍免疫制御機序の研究」(2012-2014) ①代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「上皮細胞腫瘍化と炎症反応の相互作用による消化管発がん機序」(2010-2014) ①代表者
○厚生科研「疾患モデル動物を用いた環境発がん初期過程の分子機構および感受性要因の解明とその臨床応用に関する研究」(2010-2013) ②分担者
○基盤研究(B)「COX-2/PGE2経路と炎症反応による胃がん発生促進機序の研究」(2009-2011) ①代表者
○挑戦的萌芽研究「スフェロイドを用いた胃上皮幹細胞の維持に作用するWnt標的分子の探索」(2009-2010) ①代表者
○基盤研究(B)「COX-2/PGE2経路と炎症反応による胃がん発生促進機序の研究」(2009-) ①代表者
○挑戦的萌芽研究「スフェロイドを用いた胃上皮細胞の維持に作用するWnt標的分子の探索」(2009-) ①代表者
○特定領域研究「Wnt亢進とBMP抑制の相互作用による胃がん発生機序の研究」(2008-) ①代表者
○基盤研究(B)「胃癌発生過程でのPGE2によるWntシグナル活性化へ及ぼす影響の解明」(2007-) ①代表者
○基盤研究(B)「胃癌発生におけるWntシグナル亢進とCOX-2発現誘導の相互作用」(2005-) ①代表者
○基盤研究(B)「上皮細胞の分化増殖におけるCOX-2とmPGESの作用の解明」(2003-) ①代表者
○基盤研究(C)「時期特異的な全身性遺伝子発現トランスジェニックマウスシステムの開発」(2001-) ①代表者
○特定領域研究(C)(2000-2001)「WntおよびBMPシグナルの相互作用による胃粘膜上皮分化制御機構」(18-) ①代表者

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○がん分子病理学1(2017)
○分子腫瘍学特論(2017)
○先端医科学・薬学セミナー(2017)
○分子腫瘍発生学特論(2017)
○分子腫瘍学特論(2017)
○分子腫瘍発生学特論(2017)
○分子腫瘍学(2017)
○がん分子病理学1(2017)
○がん分子病理学1(2017)
○がん分子病理学1(2017)
○分子腫瘍医科学(2017)
○がん進展制御学1B(2017)
○がん進展制御学1A(2017)
○分子腫瘍発生学特論(2017)
○分子腫瘍学特論(2017)
○メディカルサイエンスセミナー(2016)
○分子腫瘍発生学特論(2016)
○分子腫瘍発生学特論(2016)
○分子腫瘍医科学(2016)
○先端医科学・薬学セミナー(2016)
○がん進展制御学1A(2016)
○がん進展制御学1B(2016)
○がん分子病理学1(2016)
○先端医科学・薬学セミナー(2016)
○分子腫瘍発生学特論(2016)
○分子腫瘍学(2016)
○がん研セミナー(2016)
○がん研セミナー(2016)
○先端医科学・薬学セミナー(2016)
○がん進展制御学1(2015)
○がん分子病理学1(2015)
○先端医科学・薬学セミナー(2015)
○がん研セミナー(2015)
○分子腫瘍発生学特論(2015)
○分子腫瘍学(2015)
○先端医科学・薬学セミナー(2014)
○がん分子病理学1(2014)
○分子腫瘍学(2014)
○分子腫瘍発生学特論(2014)
○がん研セミナー(2014)
○バイオ工学総合演習平成26年度入学生用(2014)
○がん進展制御学1(2014)
○生体防御工学(2014)
○バイオ工学総合演習平成25年度以前入学生用(2014)
○バイオ工学基礎(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○大腸癌の化学予防について(キーワード:大腸癌,抗炎症薬,予防)
○胃癌発生の分子機序について

その他公的社会活動

このページの先頭へ