本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

古舘 英樹 (ふるたち ひでき) 准教授 FURUTACHI Hideki

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類 化学コース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

錯体化学研究室 TEL:076-264-5703 FAX:076-264-5742

学歴

【出身大学院】
九州大学 博士課程 理学研究科 化学 1998 修了
【出身大学】
琉球大学 理学部 化学 1993 卒業
【取得学位】
理学博士

職歴

日本学術振興会特別研究員 理学部(1998/04/01-2000/10/31)
金沢大学理学部 理学部(2000/11/01-2008/03/31)
アーカンソー大学/ハワイ大学 研究員(2007/05/23-2008/03/23)

生年月

1971年03月

所属学会

錯体化学会
日本化学会
日本化学会 日本化学会近畿支部幹事,代表正会員(2009-2010)
錯体化学会 錯体化学若手の会北陸支部世話人(2010-)

学内委員会委員等

受賞学術賞

○BCSJ賞(2004/03/29)

専門分野

錯体化学、無機化学

専門分野キーワード

金属錯体,生物無機化学

研究課題

非ヘム二核鉄酵素に関するモデル研究

非ヘム二核鉄酵素に関するモデル研究 生体系には,二核鉄中心により酸素分子を活性化してアレーンを水酸化するトルエン/o-キシレンモノオキシゲナーゼ(ToMO)やアルカンを水酸化するメタンモノオキシゲナーセ(MMO)などがあるこれら酵素の二核鉄中心の構造はよく似ているが,その酸化反応性は大きく異なっている.これら非ヘム二核鉄酵素のペルオキソ中間体のモデルとなる錯体やToMOの機能モデルとなる錯体の合成に成功している.

チオラト配位子を含む金属錯体の合成

チオラト配位子を含む金属錯体の合成 生体系には窒素分子をアンモニアに変換するニトロゲナーゼや水素分子とプロトンおよび電子の可逆的な反応を触媒するヒドロゲナーゼなど、その活性中心に硫黄ドナーを多く含む金属タンパクが多数存在する。これらの活性中心の構造と機能はある程度明らかになっているが、反応メカニズムは未だに不明な点が多い.これら金属酵素のモデルとなるチオラト配位子を含む金属錯体の合成と反応メカニズムの解明を目指している,

金属酵素の合成モデル研究

金属酵素の合成モデル研究 金属タンパク・酵素は,エネルギー的に難しい化学反応を温和な条件下で高効率・高選択的に行い,生理活性物質の合成や物質代謝を行っている.近年,環境やエネルギー問題の意識の高まりにより,それらの生体システムを分子レベルで理解し,その知見に基づいて新しい物質変換の手法を開発する研究の推進が求められている.このような背景から,特に,酸素分子や水素分子などの小分子を活性化する金属酵素の合成モデル研究を通してそれらの機能発現機構や反応メカニズムの解明を目指している,

著書

論文

  • Polynuclear Zinc(II) Complexes of Phenol-Imine and -Amine Macrocycles E. Asato, H. Furutachi, T. Kawahashi, and M. Mikuriya J. Chem. Soc., Dalton Trans. 23号 8頁 1995/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Macrocyclic Co(II)Pb(II) Complex: Neighboring Pb(II) Effect upon Reversible Superoxo-cobalt Complex Formation in Solid State J. Shimoda, H. Furutachi, M. Yonemura, M. Ohba, N. Matsumoto, and H. Okawa Chem. Lett. 11号 2頁 1996/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Diphenoxo-bridged NiCo and CuCo Complexes of Macrocyclic Ligands: Synthesis, Structure and Electrochemical Behaviour T. Aono, H. Wada, M. Yonemura, H. Furutachi, M. Ohba, and H. Okawa J. Chem. Soc., Dalton Trans. 17号 6頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Migratory Transmetalation in Diphenoxo-Bridged CuIIMII Complexes of a Dinucleating Macrocycle with N(amine)2O2 and N(imine)2O2 Metal-Binding Sites M. Yonemura, Y. Matsumura, H. Furutachi, M. Ohba, H. Okawa, and D. E. Fenton Inorg. Chem. 36巻 13号 7頁 1997/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • (m-Phenoxo)2CoIIMII (M = Mn, Fe, Co) Core Complexes Having a "Co(salen)" Entity Embedded in a Macrocyclic Framework: Synthesis, Structure, and Properties H. Furutachi and H. Okawa Inorg. Chem. 36巻 18号 8頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Dioxygen Oxidation of Coordinated Nitrosyl to Nitro on Dmf-Bridged CoPb Complex H. Furutachi and H. Okawa Bull. Chem. Soc. Jpn. 71巻 3号 7頁 1998/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dinuclear Nickel(II) Complexes of Phenol-Based "End-Off" Compartmental Ligands and Their Urea Adducts Relevant to the Urease Active Site T. Koga, H. Furutachi, T. Nakamura, N. Fukita, M. Ohba, K. Takahashi, and H. Okawa Inorg. Chem. 37巻 5号 8頁 1998/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hydrolytic Function of a Hydroxo-ZnIIPbII Complex toward Tris-p-nitrophenyl Phosphate: A Functional Model of Heterobimetallic Phosphatases M. Yamami, H. Furutachi, T. Yokoyama, and H. Okawa Chem. Lett. 3号 2頁 1998/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Heterodinuclear Metal Complexes of Phenol-based Compartmental Macrocycles H. Okawa, H. Furutachi, and D. E. Fenton Coord. Chem. Rev. 174巻 51-75頁 1998/07
  • Dinuclear Nickel(II) Complexes of an Unsymmetric "End-Off" Compartmental Ligand: Conversion of Urea into Cyanate at a Dinuclear Nickel Core S. Uozumi, H. Furutachi, M. Ohba, H. Okawa, D. E. Fenton, K. Shindo, S. Murata, and D. J. Kitko Inorg. Chem. 37巻 24号 7頁 1998/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Reversible Oxygenation of a m-Acetato-di(m-phenoxo)dicobalt(II) Core Complex and Crystal Structure of Its Oxygenated Complex H. Furutachi, S. Fujinami, M. Suzuki, and H. Okawa Chem. Lett. 8号 2頁 1998/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Macrocyclic Heterodinuclear ZnIIPbII Complexes: Synthesis, Structures, and Hydrolytic Function toward Tris(p-nitrophenyl) Phosphate M. Yamami, H. Furutachi, T. Yokoyama, and H. Okawa Inorg. Chem. 37巻 26号 7頁 1998/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • FeIIPbII and FeIII Complexes of Macrocyclic Compartmental Ligands: Different Cyclization in Stepwise Template Synthesis Using FeII/PbII or FeIII/PbII Pairs H. Furutachi, A. Ishida, H. Miyasaka, N. Fukita, M. Ohba, H.Okawa, and M. Koikawa J. Chem. Soc., Dalton Trans. 3号 6頁 1999/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • New Pyridine-modified Macrocycle and Its Ability to Encapsulate Four Divalent Metal Ions [Nickel(II), Manganese(II), and Zinc(II)] into the Ring E. Asato, H. Furutachi, C. Tamanaha, H. Matsudaira, M. Ohba, H. Okawa, and M. Mikuriya Chem. Lett. 7号 2頁 1999/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Oxygenation of Heterodinuclear Di(m-phenoxo)CoIIMII (M = Mn, Fe, Co) Complexes Having a "Co(salen)" Entity in a Macrocyclic Framework H. Furutachi, S. Fujinami, M. Suzuki, and H. Okawa J. Chem. Soc., Dalton Trans. 13号 7頁 1999/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Di(m-phenoxo)CoIIMII (M = Mn, Co, Zn) Complexes with 'Co(salen)' Entity in a Macrocyclic Framework: Core Structures and Neighboring MII Effect upon Oxygenation at the 'Co(salen)' Center S. Kita, H. Furutachi, and H. Okawa Inorg. Chem. 38巻 18号 8頁 1999/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Rare m3-h1,h2 Peroxo Bridge between Two CoIIIPbII Dinuclear Units and Hydrolytic Conversion into a Hydroxo-Bridged CoIIIPbII Complex H. Furutachi, S. Fujinami, M. Suzuki, and H. Okawa Chem. Lett. 8号 2頁 1999/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dinuclear CoIIMII (M = Pb, Co) Complexes Having a 'Co(salen)' Entity in a Macrocyclic Framework: Ligand Modulation Effect and Neighboring MII Effect upon Oxygenation at the 'Co(salen)' Center H. Furutachi, S. Fujinami, M. Suzuki, and H. Okawa J. Chem. Soc., Dalton Trans. 16号 9頁 2000/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bis(m-oxo)(m-hydroxo)triiron(III) and (m-oxo)(m-hydroxo)diiron(III) Core Complexes with Tripodal Ligands Having a Terminal Carboxylate Group H. Furutachi, Y. Ohyama, Y. Tsuchiya, K. Hashimoto, S. Fujinami, A. Uehara, M. Suzuki, and Y. Maeda Chem. Lett. 10号 2頁 2000/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Heterodinuclear CoIICuI Complex with Co(salen) in a Macrocyclic Framework. Oxygenation Studies in Comparison with Analogous CuIICuI and CoIIPbII Complexes M. Shinoura, S. Kita, M. Ohba, H. Okawa, H. Furutachi, and M. Suzuki Inorg. Chem. 39巻 20号 7頁 2000/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A New Mononuclear Iron(III) Complex Containing a Peroxocarbonate Ligand K. Hashimoto, H. Furutachiほか8名 Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 41巻 7号 4頁 2002/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Modulation of Copper-Dioxygen Reactivity by Stereochemical Effect of Tetradentate Tripodal Ligands H. Hayashi, K. Uozumi, S. Fujinami, S. Nagatomo, K. Shiren, H. Furutachi, M. Suzuki, A. Uehara, and T. Kitagawa Chem. Lett. 3号 2頁 2002/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Regioselective Hydroxylation of the Xylyl Linker in a Diiron(III) Complex having a Carboxylate-Rich Ligand with H2O2 H. Furutachi, M. Suzuki, ほか8名 CHEMICAL COMMUNICATIONS 15号 1900-1901頁 2003/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ligand Effect on Reversible Conversion between Copper(I) and Bis(m-oxo)Dicopper(III) Complex with a Sterically Hindered Tetradentate Tripodal Ligand and Monooxygenase Activity of Bis(m-oxo)Dicopper(III) Complex M. Mizuno, H. Furutachi, M. Suzukiほか6名 INORGANIC CHEMISTRY 42巻 25号 8534-8544頁 2003/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dioxygen Reactivity of Copper(I) Complexes with Tetradentate Tripodal Ligands Having Aliphatic Nitrogen Donors: Synthesis, Structures, and Properties of Peroxo and Superoxo Complexes K. Komiyama, H. Furutachi, M. Suzukiほか5名 BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN 77巻 1号 59-72頁 2004/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Bis(m-alkylperoxo)dinickel(II) Complex as a Reaction Intermediate for the Oxidation of Methyl Groups of Me2-tpa Ligand to Carboxylate and Alkoxide Ligands J. Cho, H. Furutachi, M. Suzukiほか1名 ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION 43巻 25号 3300-3303頁 2004/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Reactivity of a (m-1,1-hydroperoxo)(m-hydroxo)dicopper(II) Complex: Ligand Oxidation by a Bridging Hydroperoxo Ligand K. Itoh, H. Furutachi, M. Suzukiほか7名 JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY 127巻 14号 5212-5223頁 2005/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and Dioxygen-reactivity of Copper(I) Complexes Supported by Bis(6-methylpyridin-2-ylmethyl)amine Tridentate Ligands Dalton Trans. 21号 3514-3521頁 2005/09 査読有 原著論文
  • Reversible Cleavage and Reformation of a Peroxo O-O Bond in a Peroxocarbonate Group Mediated by an Iron(III) Complex H. Furutachi, K. Hashimoto, S. Nagatomo, T. Endo, S. Fujinami, Y. Watanabe, T. Kitagawa, and M. Suzuki JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY 127巻 13号 4550-4551頁 2005/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structural and Spectroscopic Characterization of (m-Hydroxo or -Oxo)(m-peroxo)diiron(III) Complexes: Models for Peroxo Intermediates of Non-Heme Diiron Proteins X. Zhang, H. Furutachi, S. Fujinami, S. Nagatomo, Y. Maeda, Y. Watanabe, T. Kitagawa, and M. Suzuki JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY 127巻 3号 826-827頁 2005/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mass Spectrometric and Spectroscopic Studies on Hydrolysis of Phosphoesters by Bis(m-acetato)-m-phenolato Dinuclear Metal(II) Complexes (Metal = Mn, Co, Ni, and Zn) R. Jikido, H. Shiraishi, K. Matsufuji, M. Ohba, H. Furutachi, M. Suzuki, and H. Okawa BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPA 78巻 10号 1795-1803頁 2005/10 査読有 原著論文
  • Sequential Reaction Intermediates in Aliphatic C−H Bond Functionalization Initiated by a Bis(μ-oxo)dinickel(III) Complex J. Cho, H. Furutachi, S. Fujinami, T. Tosha, H. Ohtsu, O. Ikeda, A. Suzuki, M. Nomura, T. Uruga, H. Tanida, T. Kawai, K. Tanaka, T. Kitagawa, and M. Suzuki INORGANIC CHEMISTRY 45巻 7号 2873-2885頁 2006/04 査読有 原著論文
  • Intramolecular Arene Hydroxylation versus Styrene Epoxidation by (μ-η2:η2-peroxo)dicopper(II) Complexes Supported by Dinucleating Ligands T. Matsumoto, H. Furutachi, M. Kobino, M. Tomii, S. Nagatomo, T. Tosha, T. Osako, S. Fujinami, S. Itoh, T. Kitagawa, and M. Suzuki JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY 128巻 12号 3874-3875頁 2006/04 査読有 原著論文
  • A Novel Mononuclear Ligand-based Alkylperoxo Copper(II) Complex as a Reaction Intermediate in the Oxidation of Methyl Groups of Supporting Ligand M. Mizuno, K. Honda, J. Cho, H. Furutachi, T. Tosha, T. Matsumoto, S. Fujinami, T. Kitagawa, and M. Suzuki ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION 45巻 41号 6911-6914頁 2006/10 査読有 原著論文
  • Synthesis and Reactivity of (μ-η2:η2-peroxo)dicopper(II) Complexes with Dinucleating Ligands: Hydroxylation of Xylyl Linker with a NIH Shift T. Matsumoto, H. Furutachi, S. Nagatomo, T. Tosha, S. Fujinami, T. Kitagawa, and M. Suzuki JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY 692巻 111-121頁 2007/01 査読有 原著論文
  • Regioselective Arene Hydroxylation Mediated by a (μ-Peroxo)diiron(III) Complex: A Functional Model for Toluene Monooxygenase M. Yamashita, H. Furutachi, T. Tosha, S. Fujinami, W. Saito, Y. Maeda, K. Takahashi, K. Tanaka, T. Kitagawa, and M. Suzuki JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY 129巻 1号 2-3頁 2007/01 査読有 原著論文
  • Active Trifluoromethylating Agents from Well-Defined Copper(I)-CF3 Complexes G. Dubinina, H. Furutachi, and D. A. Vic JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY 130巻 27号 8600-8601頁 2008/06 査読有
  • Aliphatic C-H Bond Activation Initiated by a (μ-η²:η²-peroxo)dicopper(II) Complex in Comparison with Cumylperoxyl Radical JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY 131巻 6号 9258-9267頁 2009/06
  • Oxidation Reactivity of Bis(μ-oxo) Dinickel(III) Complexes: Arene Hydroxylation of the Supporting Ligand ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION 48巻 18号 3304-3307頁 2009/03
  • A Mononuclear Peracetatoiron(III) Complex: Structural and Spectroscopic Characterization, and Oxidation Reactivity X. Zhang, H. Furutachi, T. Tojo, T. Tsugawa, S. Fujinami, T. Sakurai, and M. Suzuki Chem. Lett. 40巻 4号 515頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Nuclear Resonance Vibrational Spectroscopy of Peroxo-bridged Biferric Complexes: Structural insight into Peroxy Intermediates of Binuclear Non-heme Iron Enzymes K. Park, T. Tsugawa, H. Furutachi, Y. Kwak, L. V. Liu, S. D. Wong, Y. Yoda, Y. Kobayashi, M. Saito, M. Kurokuzu, M. Seto, M. Suzuki, and E. I. Solomon Angew. Chem. Int. Ed. 52巻 4号 1294-1298頁 2013/01 査読有 原著論文
  • Oxidation Reactivity of a Structurally and Spectroscopically Well-Defined Mononuclear Peroxocarbonato-Iron(III) Complex T. Tsugawa, H. Furutachi, M. Marunaka, T. Endo, K. Hashimoto, S. Fujinami, S. Akine, Y. Sakata, S. Nagatomo, T. Tosha, T. Nomura, T. Kitagawa, T. Ogura, and M. Suzuki Chem. Lett. 44巻 3号 330-332頁 2015/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • New mechanistic insight into intramolecular arene hydroxylation initiated by (μ-1,2-peroxo)diiron(III) complexes with dinucleating ligands M. Sekino, H. Furutachi, K. Tasaki, T. Ishikawa, S. Mori, S. Fujinami, S. Akine, Y. Sakata, T. Nomura, T. Ogura, T. Kitagawa, and M. Suzuki Dalton Trans. 45巻 469-473頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)(一般)「二核鉄ペルオキソ錯体のコア構造による反応性の制御」(2014-2016) 代表者
○基盤研究(C)「様々なコア構造を持つ二核鉄ペルオキソ錯体の創製および酸化特異性の解明」(2011-2013) 代表者
○若手研究(B)「酸素活性種を含む金属錯体の合目的創製および精密機能制御」(2006-2007) 代表者
○若手研究(B)「酸素活性種を含む機能性金属錯体の創製」(2004-2005) 代表者
○特別研究員奨励費「ヘテロ金属多核錯体の特異的酸素化挙動」(1998-2000) 代表者

学域・学類担当授業科目

○教職化学(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○教職物理学(2017)
○教職化学(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○化学Ⅱ(2017)
○化学実験(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○合成無機化学(2017)
○教職地学(2017)
○教職生物学(2017)
○教職実践演習C(中・高)(2017)
○教職物理学(2017)
○錯体構造論(2017)
○物質化学実験B(2017)
○教職物理学(2016)
○化学Ⅱ(2016)
○教職化学(2016)
○教職化学(2016)
○物質化学実験B(2016)
○教職生物学(2016)
○化学課題研究(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○化学文献指導(2016)
○錯体構造論(2016)
○合成無機化学(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○教職実践演習C(中・高)(2016)
○教職地学(2016)
○化学Ⅱ(2015)
○化学課題研究(2015)
○化学文献指導(2015)
○錯体構造論(2015)
○合成無機化学(2015)
○物質化学実験B(2015)
○教職実践演習C(中・高)(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○生物無機化学Ⅰ(2015)
○安全化学(2015)
○教職地学(2015)
○教職生物学(2015)
○教職物理学(2015)
○教職化学(2015)
○教職化学(2015)
○化学Ⅱ(2014)
○教職物理学(2014)
○教職化学(2014)
○教職化学(2014)
○教職生物学(2014)
○錯体構造論(2014)
○合成無機化学(2014)
○教職地学(2014)
○物質化学実験B(2014)
○教職実践演習C(中・高)(2014)
○物質化学序論(2014)

大学院担当授業科目

○物質解析セミナー平成29年度入学生用(2017)
○物質解析セミナー平成29年10月入学者用(2017)
○錯体合成化学(2017)
○物質創成化学Ⅲ(2017)
○化学演習Ⅱ(2017)
○化学演習Ⅲ(2017)
○物質創成セミナー平成29年10月入学者用(2017)
○生体模倣錯体化学(2017)
○生体模倣錯体化学(2017)
○生体模倣錯体化学(2017)
○生体模倣錯体化学(2017)
○物質解析セミナー平成28年10月入学者用(2016)
○生体模倣錯体化学(2016)
○錯体合成化学(2016)
○先端化学平成28年10月入学者用(2016)
○プレゼンテーションⅠ(2016)
○物質創成化学Ⅲ(2016)
○プレゼンテーションⅡ(2016)
○プレゼンテーションⅢ(2016)
○先端化学平成28年度入学生用(2016)
○物質創成セミナー平成28年10月入学者用(2016)
○物質創成セミナー平成28年度入学生用(2016)
○プレゼンテーションⅣ(2016)
○プレゼンテーションⅠ(2015)
○プレゼンテーションⅣ(2015)
○プレゼンテーションⅢ(2015)
○プレゼンテーションⅡ(2015)
○化学演習Ⅱ(2015)
○化学演習Ⅰ(2015)
○物質創成化学Ⅲ(2015)
○物質創成セミナー平成27年10月入学者用(2015)
○物質創成セミナー平成27年度入学生用(2015)
○課題研究平成27年10月入学者用(2015)
○課題研究平成27年度入学生用(2015)
○錯体合成化学(2015)
○先端化学平成27年10月入学者用(2015)
○先端化学平成27年度入学生用(2015)
○生体模倣錯体化学(2015)
○機能性金属錯体設計(2014)
○生体模倣金属触媒(2014)
○生体模倣錯体化学(2014)
○物質創成セミナー平成26年10月入学者用(2014)
○錯体合成化学(2014)
○物質創成セミナー平成26年度入学生用(2014)
○物質創成化学Ⅲ(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ