本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年07月06日

佐川 拓也 (さがわ たくや) 助教 Takuya Sagawa

研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系 地球学コース
助教

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類 地球学コース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻 地球環境学コース

所属研究室等

学歴

【取得学位】
博士(地球環境科学)

職歴

生年月

所属学会

日本古生物学会
日本地球化学会
日本地質学会
地球環境史学会 評議員(2014-)
日本海洋学会
米国地球物理学連合

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

層位・古生物学、環境動態解析

専門分野キーワード

古気候・古海洋学,地球化学

研究課題

西部赤道太平洋における水塊構造長期変動

第四紀後期の日本海海洋環境変動

著書

論文

  • Evolution of the North Pacific Subtropical Gyre during the past 190 kyr through the interaction of the Kuroshio Current with the surface and intermediate waters Paleoceanography 31巻 11号 1498-1513頁 2016/11/15 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Solar forcing of centennial-scale East Asian winter monsoon variability in the mid- to late Holocene Earth and Planetary Science Letters 395巻 124-135頁 2014/04/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Seasonal variations in planktonic foraminiferal flux and oxygen isotopic composition in the western North Pacific: Implications for paleoceanographic reconstruction Marine Micropaleontology 100巻 11-20頁 2013/04/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stratigraphy and wiggle-matching-based age-depth model of late Holocene marine sediments in Beppu Bay, southwest Japan Journal of Asian Earth Sciences 69巻 133-148頁 2012/06/16 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Shoaling of the western equatorial Pacific thermocline during the last glacial maximum inferred from multispecies temperature reconstruction of planktonic foraminifera Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology 346-347巻 120-129頁 2012/06/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Ventilation changes in the western North Pacific since the last glacial period Climate of the Past 8巻 17-24頁 2012/01/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Vertical thermal structure history in the western subtropical North Pacific since the last glacial maximum Geophysical Research Letters 38巻 L00F02頁 2011/01/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Limits on conservative behavior of Nd isotopes in seawater assessed from analysis of fish teeth from Pacific core tops Earth and Planetary Science Letters 310巻 1-2号 119-130頁 2011/08/16 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Latitudinal and downcore (0-750 ka) changes in n-alkane chain lengths in the eastern equatorial Pacific Quaternary Research 73巻 3号 573-582頁 2010/02/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 浮遊性有孔虫Mg/Ca古水温計の現状・課題と古海洋解析への応用例 地質学雑誌 116巻 2号 63-84頁 2010/02 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Intermediate water ventilation change in the subarctic northwest Pacific during the last deglaciation Geophysical Research Letters 35巻 L24702頁 2008/12/18 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Interlaboratory comparison study of calibration standards for foraminiferal Mg/Ca thermometry Geochemistry Geophysics Geosystems (G-cubed)  9巻 Q08010頁 2008/08/19 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Sea surface temperature record off central Japan since the Last Glacial Maximum using planktonic foraminiferal Mg/Ca thermometry Journal of Quaternary Science 21巻 1号 63-73頁 2005/08/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「中期更新世気候変換期における西部熱帯太平洋貯熱量変動の解明」(2015-2017) 代表者
○基盤研究(A)「水月湖と日本海の精密対比:ダンスガード・オシュガーイベントの原因論をめざして」(2015-2017) 分担者
○挑戦的萌芽研究「クランプトアイソトープによる最終氷期最盛期の日本海表層水温復元」(2015-2016) 分担者
○基盤研究(B)「最終氷期以降の太平洋子午面循環と気候変動」(2016-2018) 分担者
○若手研究(B) 「最終融氷期における北太平洋中層貧酸素イベントと表層環境変動とのリンケージの解明」(2008-2010) 代表者

学域・学類担当授業科目

○教職地学(2017)
○地球環境学(2017)
○地球学ゼミナール1(1)(2017)
○地球学ゼミナール1(2)(2017)
○応用試料解析実験(2017)
○地球学巡検2(2017)
○地学実験(2017)
○教職地学(2017)
○教職地学(2017)
○地球環境学(2017)
○地球学野外実習B(2017)
○地球学ゼミナール2(2)(2017)
○地球学ゼミナール2(1)(2017)
○試料解析実験(2017)
○古生物学実験(2017)
○地球学野外調査法(2017)
○地学実験(2017)
○地球環境学(2016)
○試料解析実験(2016)
○応用試料解析実験(2016)
○地球学野外調査法(2016)
○地球学野外実習B(2016)
○古生物学実験(2016)
○教職地学(2016)
○地球環境学(2016)
○地球学巡検2(2016)
○教職地学(2016)
○地球学ゼミナール2(2)(2016)
○地球学ゼミナール2(1)(2016)
○教職地学(2016)
○地球学ゼミナール1(2)(2016)
○地球学ゼミナール1(1)(2016)
○地学実験(2016)

大学院担当授業科目

○地球環境進化学B(2017)
○地球環境進化学A(2017)
○地球環境学総合演習(2016)
○地球環境進化学A(2016)
○地球環境進化学B(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○地球掘削科学推進委員会科学技術専門部会委員(2014/04-)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ