本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年02月15日

溝上 敦 (みぞかみ あつし) 教授 MIZOKAMI Atsushi

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 薬学専攻

所属研究室等

金沢大学医学部泌尿器科 TEL:076-265-2393 FAX:076-222-6726

学歴

【出身大学院】
産業医科大学 博士課程 医学研究科 泌尿器科 1992/03 修了
【出身大学】
産業医科大学 医学部 医学科 1987
【取得学位】
博士(医学)

職歴

生年月

1961年12月

所属学会

日本泌尿器科学会
日本癌学会
日本癌学会
日本内分泌学会
American Association For Cancer Research
American Association For Cancer Research
日本癌治療学会
日本癌治療学会
日本アンドロロジー学会 評議員
日本アンドロロジー学会 評議員

学内委員会委員等

○臨床試験審査委員会 委員(2015-2016)

受賞学術賞

○前立腺癌ワークショップ(2000/09/01)

専門分野

泌尿器科学、前立腺癌、泌尿器科学

専門分野キーワード

増殖因子、アンドロゲン受容体

研究課題

前立腺癌

前立腺癌の再燃

アンドロゲン受容体

骨転移

著書

論文

  • Cloning and characterization of androgen receptor coactivator, ARA55, in human prostate Fujimoto, N., Yeh, S., Kang, H. Y., Inui, S., Chang, H. C., Mizokami, A., and Chang, C. J Biol Chem 274巻 8316-21頁 1999 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Different expression of androgen receptor coactivators in human prostate Fujimoto, N., Mizokami, A., Harada, S., and Matsumoto, T. Urology 58巻 289-94頁 2001 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Differential induction of androgen receptor transactivation by different androgen receptor coactivators in human prostate cancer DU145 cells Yeh, S., Kang, H. Y., Miyamoto, H., Nishimura, K., Chang, H. C., Ting, H. J., Rahman, M., Lin, H. K., Fujimoto, N., Hu, Y. C., Mizokami, A., Huang, K. E., and Chang, C. , Endocrine 11巻 195-202頁 1999 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Epigenetic regulation of androgen receptor gene expression in human prostate cancers Nakayama, T., Watanabe, M., Suzuki, H., Toyota, M., Sekita, N., Hirokawa, Y., Mizokami, A., Ito, H., Yatani, R., and Shiraishi, T. Lab Invest. 80巻 1789-96頁 2000 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Long-term exposure of tumor necrosis factor alpha causes hypersensitivity to androgen and anti-androgen withdrawal phenomenon in LNCaP prostate cancer cells Mizokami, A., Gotoh, A., Yamada, H., Keller, E. T., and Matsumoto, T. Tumor necrosis factor-alpha represses androgen sensitivity in the LNCaP prostate cancer cell line J Urol 164巻 800-5頁 2000 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Long-term exposure of tumor necrosis factor alpha causes hypersensitivity to androgen and anti-androgen withdrawal phenomenon in LNCaP prostate cancer cells Harada, S., Keller, E. T., Fujimoto, N., Koshida, K., Namiki, M., Matsumoto, T., and Mizokami, A. Prostate 46巻 319-26頁 2001 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Osteoprotegerin inhibits prostate cancer-induced osteoclastogenesis and prevents prostate tumor growth in the bone Zhang, J., Dai, J., Qi, Y., Lin, D. L., Smith, P., Strayhorn, C., Mizokami, A., Fu, Z., Westman, J., and Keller, E. T. J Clin Invest. 107巻 1号 235-44頁 2001 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Results of conservative treatment of upper urinary tract transitional cell carcinoma Fujimoto, N., Sato, H., Mizokami, A., Inatomi, H., and Matsumoto, T. Int J Urol 6巻 381-7頁 1999 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cyclooxygenase-2 promotes prostate cancer progression Fujita H, Mizokami A,他5名 PROSTATE 53巻 3号 232-240頁 2002/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bisphosphonate therapy for hormone refractory prostate cancer with bone metastasis Asahi H, Mizokami A, 他6名 JOURNAL OF UROLOGY 169巻 1号 281-282頁 2003/01 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Understanding prostate-specific antigen dynamics in monitoring metastatic castration-resistant prostate cancer: implications for clinical practice 溝上 敦、泉 浩二、小中弘之、北川育秀、角野佳史、成本一隆、野原隆弘、Bahl, A、並木幹夫 Asian journal of andrology  19巻 2号 143-148頁 2017 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Down-regulation of calcium/calmodulin-dependent protein kinase kinase 2 by androgen deprivation induces castration-resistant prostate cancer Shima, T. Mizokami, A. Miyagi, T. Kawai, K. Izumi, K. Kumaki, M. Ofude, M. Zhang, J. Keller, E. T. Namiki, M. Prostate 72巻 16号 178-801頁 2012/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

○前立腺癌バイオマーカー(公開年月:2016/12/08)
○2’-ヒドロキシフラバノンを含む前立腺癌の予防・治療組成物(公開年月:2015/11/12)

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)「前立腺癌微小環境内での細胞間クロストークをターゲットとした革新的治療薬の開発」(2017-2019) 代表者
○基盤B「AR Axis・微小環境を考慮した前立腺癌進行の機序解明と革新的治療戦略の構築」(2014-2016) 分担者
○基盤研究C「去勢抵抗性前立腺癌のドセタキセルとカバジタキセル耐性化の機序とその克服」(2016-2018) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「フラボノイドを用いた前立腺癌再燃の予防とドセタキセル感受性増強への応用」(2013-2015)
○基盤研究(C)「前立腺癌の増殖に関与するアンドロゲン応答性遺伝子の同定と増殖関連腫瘍マーカの開発」(2009-2011) 代表者

学域・学類担当授業科目

○泌尿器科学臨床実習(2017)
○腎・泌尿器・男性生殖器1(2017)
○大学・社会生活論(2017)
○泌尿器科学臨床実習BSL(2017)
○腎・泌尿器・男性生殖器1(2017)
○泌尿器科学臨床実習BSL(2017)

大学院担当授業科目

○集学的治療学特論(2017)
○国際がん治療学特論(2017)
○集学的治療学特論(2017)
○集学的治療学特論(2017)
○国際がん治療学特論(2017)
○国際がん治療学特論(2017)
○国際がん治療学特論(2016)
○集学的治療学特論(2016)
○集学的治療学特論(2016)
○国際がん治療学特論(2016)
○集学的治療学特論(2016)
○国際がん治療学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ