本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

鈴木 信雄 (すずき のぶお) 教授 SUZUKI Nobuo

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

環日本海域環境研究センター 臨海実験施設
臨海実験施設 施設長

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類 臨海実験施設
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 生命科学専攻 臨海実験施設

所属研究室等

臨海実験施設 TEL:0768-74-1151 FAX:0768-74-1644

学歴

【出身大学院】
富山大学 修士課程 理学研究科 生物学 1988/03 修了
【出身大学】
富山大学 理学部 生物学科 1987/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

富山大学 理学部 助手(1991/04/01-1995/03/31)
宝幸水産(株) 研究所 研究員(1988/04/01-1991/03/31)

生年月

1964年11月

所属学会

日本動物学会 中部支部地区委員(2005-2006)
日本比較内分泌学会 プロシーデイングエデイター(1992-2000)
日本水産学会
マリンバイオテクノロジー学会
日本動物学会 中部支部地区委員(2008-)
日本環境毒性学会
宇宙生物科学会 評議員
日本水環境学会
日本抗加齢医学会
日本ソノケミストリー学会
日本骨形態計測学会
日本骨代謝学会
International Bone and Mineral Society
日本動物学会 中部支部地区委員(2009-)
日本動物学会 中部支部地区委員(2010-)
日本動物学会 中部支部地区委員(2012-)
日本動物学会 中部支部地区委員(2013-)
日本動物学会 中部支部代表委員(2016-2017)

学内委員会委員等

○環日本海域環境研究センター外部評価委員会 委員(2012-2012)
○金沢大学環日本海域環境研究センター 教育関係共同利用拠点運営委員会 委員(2013-2014)
○金沢大学環日本海域環境研究センター 教育関係共同利用拠点運営委員会 委員(2015-2016)
○金沢大学環日本海域環境研究センター 教育関係共同利用拠点運営委員会 委員(2016-)
○メコン地域人材育成プログラム実務委員会 委員(2016-)

受賞学術賞

○第22回日本比較内分泌学会ベストポスター賞(1997/07/05)
○第27回日本比較内分泌学会べストポスター賞(2002/12/01)
○平成16年度・磁気健康科学研究振興財団研究助成(2004/03)
○財団法人 中部電力基礎技術研究所研究助成(2005/03)
○平成20年度日本水環境学会中部支部学術集会優秀ポスター賞(2008/12/09)
○(財)クリタ水・環境科学振興財団助成金(2009/08/28)
○クリタ水・環境科学研究優秀賞(2012/08/24)
○公益財団法人三谷研究開発支援財団研究助成(2013/07/05)
○Fjii Award(2014/09)
○Zoological Science Award 2014(2014/09)

専門分野

生態・環境、形態・構造、動物生理・行動

専門分野キーワード

カルシウム代謝、骨代謝、重力、微小重力

研究課題

海産無脊椎及び脊椎動物(特に魚類)のカルシトニンの構造および生理作用

カルシトニンは、破骨細胞の活性を抑制することにより、血液中のカルシウム濃度を調節するホルモンである。このホルモンが、骨がない無脊椎動物のホヤにも存在することが判明した。そこで、無脊椎動物におけるカルシトニンの生理作用を解析して、これまでの脊椎動物のカルシトニンのデータもあわせて、カルシトニンの構造進化及び生理作用の進化の解明を目指している。

物理的刺激及び生理活性物質の骨代謝に対する影響:ウロコの培養システムを用いた解析

ウロコには骨を作る細胞(骨芽細胞)と骨を壊す細胞(破骨細胞)が共存することから、ウロコを骨のモデルとしたアッセイ系を開発した。そのアッセイ系を用いて、物理的刺激(重力、微小重力、磁場、超音波)やホルモン等の生理活性物質の作用を解析している。

重金属及び内分泌攪乱化学物質の骨代謝に対する作用

ウロコを骨のモデルとして、環境汚染物質の作用を研究している。最近、重油に含まれる多環芳香族炭化水素類が魚の骨代謝を攪乱していることを証明した。重油汚染により魚の脊柱彎曲が報告されているので、その機構の解明を目指している。

著書

  • 1-C.副甲状腺, 鰓後腺,スタニウス小体(概論);1.副甲状腺ホルモン,2.カルシトニン,3.カルシトニン遺伝子関連ペプチド,4.スタニオカルシン. 南江堂 2007/09 原著書
  • The ultimobranchail gland in poikilotherms 2008/04 原著書
  • 身近な動物を使った実験1 第3章 キンギョ. 三共出版 2009/07 原著書 共著 鈴木信雄 ,田畑 純,服部淳彦
  • Evolution of calcium homeostasis and its hormonal regulation in vertebrates Zoological Science 2012/01 原著書 共著 Nobuo Suzuki and Tatsuya Sakamoto
  • Calcitonin/Calcitonin Gene-Related Peptide Family. In “Handbook of Hormones”. ELSEVIER 2015 原著書 単著 Suzuki Nobuo

全て表示

  • Calcitonin. In “Handbook of Hormones”. ELSEVIER 2015 原著書 単著 Suzuki Nobuo
  • Parathyroid hormone family. In “Handbook of Hormones” ELSEVIER 2015 原著書 単著 Suzuki Nobuo
  • Parathyroid hormone. In “Handbook of Hormones” ELSEVIER 2015 原著書 単著 Suzuki Nobuo
  • Parathyroid hormone-related protein. In “Handbook of Hormones”. ELSEVIER 2015 原著書 単著 Suzuki Nobuo
  • Staniocalcin. In “Handbook of Hormones”. ELSEVIER 2015 原著書 単著 Suzuki Nobuo
  • ホメオスタシスと適応 裳華房 2016 原著書 共著 鈴木信雄,関口俊男,服部淳彦 978-47853-5118-2
  • 骨・関節 技術情報協会 2015 原著書 共訳 関あずさ,服部淳彦,鈴木信雄

論文

  • New calcitonin isolated from the ray, Dasyatis akajei. THE BIOLOGICAL BULLETIN 180巻 485-488頁 1991 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • エイコサペンタエン酸産生細菌SCRC-2738の大量培養条件の検討 鈴木信雄,矢沢一良,渡部和郎,赤堀結花里,石川千夏子,近藤 聖,高田清克 日本水産学会誌 58巻 2号 323-328頁 1992 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calcitonin of the stingray: comparison of the hypocalcemic activity with other calcitonins. GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY 86巻 269-274頁 1992 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Levels of calcium in the skin of some amphibians and possible evolutionary implications. ZOOLOGICAL SCIENCE 10巻 819-826頁 1993 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Amino acid sequence of sardine calcitonin and its hypocalcemic activity in rats. ZOOLOGICAL SCIENCE 11巻 713-716頁 1994 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • デボンニングチキンミートの品質:特にゲル形成能について 鈴木信雄,畠 伸彦,田中雅子,加藤敏郎,古東宣勝,山沢正勝 日本食品工業学会誌 41巻 2号 87-93頁 1994 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of ultimobranchialectomy on the mineral balances of the plasma and bile in the stingray (Elasmobranchii) ZOOLOGICAL SCIENCE 12巻 239-242頁 1995 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Morphology and physiological significance of parathyroid glands in Reptillia  MICROSCOPY RESEARCH AND TECHNIQUE 32巻 91-103頁 1995/06 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Amphibian parathyroids: morphological and functional aspects.  MICROSCOPY RESEARCH AND TECHNIQUE 32巻 79-90 頁 1995/06 査読有 総説
  • The location and morphology of the ultimobranchial gland in medaka,Oryzias latipes. THE FISH BIOLOGY JOURNAL MEDAKA 7巻 43-46頁 1995 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calcitonin-like substance in plasma of the hagfish, Eptatretus burgeri(Cyclostomata). ZOOLOGICAL SCIENCE 12巻 607-610頁 1995 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Partial characterization of a calcitonin-like substance from the Brockmann bodies of the medaka Oryzias latipes. FISHERIES SCIENCE 61巻 687-690頁 1995 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The non-effect of parathyroidectomy in the aquatic limbless newt (Apoda, amphibia). OKAJIMA FOLIA ANATOMICA JAPONICA 72巻 329-332頁 1996 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Corpuscles of Stannius-extract-induced rapid but transient hypocalcemia and hyperphosphatemia in stingray, Dasyatis akajei. GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY 104巻 37-40頁 1996 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Estrogen receptors in the stingray (Dasyatis akajei ) ultimobranchial gland. GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY 101巻 107-114頁 1996 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Plasma calcium and calcitonin levels at food intake in eels and goldfish. ZOOLOGICAL SCIENCE 13巻 731-735頁 1996 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Vitamin D3 induced calcemic and phosphatemic responses in the freshwater mud eel, Amphipnous cuchia maintained in different calcium environmens. Srivastav, A.K.,Tiwari, P.R., et al BRAZILIAN JOURNAL OF MEDICAL AND BIOLOGICAL RESEARCH 30巻 1343-1348頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Grayish spot on goldfish chest: An explanation. Kobayashi, M., Sasayama, et al The Fish Biol. J. Medaka 9巻 33-36頁 1997 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Nucleotide sequences of reptile calcitonins: Their high homology to chicken calcitonin. Suzuki, N., Eguchi, C., et al ZOOLOGICAL SCIENCE 14巻 833-836頁 1997/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Serum calcium and phosphate levels of calcitonin treated freshwater mud eel, Amphipnous cuchia kept in different calcium environments. Srivastav, A. K., Tiwari, P. R., et al NETHERLANDS JOURNAL OF ZOOLOGY 48巻 189-198頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hypermagnesemic effects of corpuscles Stannius extract in an elasmobranch, Dasyatis akajei. Srivastav, A.K.,Srivastav, S.K., et al. NETHERLANDS JOURNAL OF ZOOLOGY 47巻 91-94頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Vitamin D metabolites affect serum calcium and phosphate in freshwater catfish, Heteropneustes fossilis. Srivastav, A.K.,Srivastav, S.K., et al ZOOLOGICAL SCIENCE 14巻 743-746頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Salmon calcitonin induced hypocalcemia and hyperphosphatemia in an elasmobranch, Dasyatis akajei. Srivastav, A.K., Srivastav, S.K., et al GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY 109巻 8-12頁 1998/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of calcitonin on serum calcium level of intact or hypophysectomized freshwater catfish, Heteropneustes fossilis. Srivastav, S. K., Srivastav, A. K. et al GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY 112巻 141-145頁 1998/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Amino acid sequences of N-terminal procalcitonin of some vertebrates. NETHERLANDS JOURNAL OF ZOOLOGY 48巻 349-360頁 1998/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Occurrence of four MSHs in dogfish POMC and their immunomodulating effects. Takahashi, A., Amemiya, Y., et al ANNALS OF THE NEW YORK ACADEMY OF SCIENCES 885巻 459-463頁 1999/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Plasma calcium and calcitonin levels in eels fed a high calcium solution or transferred to seawater. Suzuki, N., Suzuki, D., et al GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY 114巻 324-329頁 1999/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 九十九湾において集魚灯で採集された仔稚魚について 村元宏徳,坂井恵一,又多政博,鈴木信雄,笹山雄一 のと海洋ふれあいセンター研究報告 5巻 19-30頁 1999 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A newly characterized melanotropin in proopiomelanocortin in pituitaries of an elasmobranch, Squalus acanthias. Amemiya, Y., Takahashi, A., et al GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY 114巻 387-395頁 1999/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Morphology and histology of ultimobranchial gland of the freshwater mud eel, Amphipnous cuchia. Srivastav, A. K., Tiwari, P. R. et al JOURNAL OF ADVANCED ZOOLOGY 20巻 17-20頁 1999/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fish calcitonin genes: Primitive bony fish genes have been conserved in some lower vertebrates. Suzuki, N., Ueda, K., et al GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY 113巻 369-373頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calcitonin cells in the intestine of goldfish and a comparison of the number of cells among saline-fed, soup-fed, or high Ca soup-fed fishes. Okuda, R., Sasyama, Y., et al GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY 113巻 267-273頁 1999/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular cloning of proopiomelanocortin cDNA from an elasmobranchs, the stingray, Dasyatis akajei. Amemiya, Y., Takahashi, A., et al GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY 118巻 105-112頁 2000/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of 1,25-Dihydroxyvitamin D3 on the plasma calcium and phosphate of the male newt, Cynops pyrrhogaster. Srivastav, A. K., Sasayama, Y., et al JOURNAL OF EXPERIMENTAL ZOOLOGY 283巻 23-26頁 1999/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Amphibian calcium regulation: physiological aspects. Zoologica Poloniae 45巻 9-36頁 2000/03 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Cloning of a calcitonin gene-related peptide receptor cDNA and a calcitonin receptor-like receptor from the gill of flounder, Paralichthys olivaceus. Suzuki, N., Suzuki, T. et al Gene 244巻 81-88頁 2000/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Suppression of osteoclastic activities by calcitonin in the scales of goldfish (freshwater teleost) and nibbler fish (seawater teleost). Suzuki, N., Suzuki, T. et al PEPTIDES 21巻 115-124頁 2000/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of cDNAs encoding two subtypes of vitamin D receptor in flounder, Paralichthys olivaceus. Suzuki, T., Suzuki, N., et al BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 270巻 40-45頁 2000/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calcitonin-immunoreactive cells of the digstive tract of the amphioxus are distributed concenttrically in a restricted region of the mid-gut. Urata, M., Sasayaama, Y., et al ACTA ZOOLOGICA 82巻 73-77頁 2001/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calcitonin-like substance in the plasma of Cyclostomata and its putative role. Suzuki, N. COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY B-BIOCHEMISTRY & MOLECULAR BIOLOGY B129巻 319-326頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cloning of a calcitonin gene-related peptide from genomic DNA and its mRNA expression in flounder, Paralichthys olivaceus. Suzuki, N., Suzuki, T. et al Peptides 22巻 1435-1438頁 2001/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Responses of the ultimobranchial gland to vitamin D3 treatment in freshwater mud eel, Amphipnous cuchia kept in different calcium environments. Srivastav AK, Tiwari PR, et al ANATOMIA HISTOLOGIA EMBRYOLOGIA-JOURNAL OF VETERINARY MEDICINE SERIES C 31巻 10号 257-261頁 2002/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Melatonin suppresses osteoclastic and osteoblastic activities in the scales of goldfish. Suzuki N., Hattori A. JOURNAL OF PINEAL RESEARCH 33巻 9号 253-258頁 2002/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Possible involvement of calcitonin gene-related peptide in seawater adaptation of flounder: Expression analysis of its receptor mRNA in the gill. Suzuki, N., Suzuki, T. et al FISHERIES SCIENCE 68巻 425-429頁 2002/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bisphenol A suppresses osteoclastic and osteoblastic activities in the cultured 73巻  2237-2247頁 2003 原著論文
  • Bisphenol A influences the plasma calcium level and inhibits calcitonin secretion. Suzuki, N., Kambegawa, A. et al ZOOLOGICAL SCIENCE 20巻 6号 745-748頁 2003/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Possible direct induction by estrogen of calcitonin secretion from ultimobranchial cells in the goldfish. Suzuki, N., Yamamoto, K., et al. GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY 138巻 2号 121-127頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Both mercury and cadmium directly influence calcium homeostasis resulting from the suppression of scale bone cells: the scale is a good model for the evaluation of heavy metals on bone metabolism. Suzuki, N., Yamamoto, M., et al. 22巻 439-446頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 魚類のカルシトニンの特徴 鈴木信雄 Clinical Calcium 15巻 459-466頁 2005/03 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Menaquinone-7 regulates the expressions of osteocalcin, OPG, RANKL and RANK in osteoblastic MC3T3E1 cells. INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDIC 15巻 231-236頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Osteoblastic activity and estrogenic response in the regenerating scale of goldfish, a good model of osteogenesis. LIFE SCIENCES 76巻 2699-2709頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 魚のウロコを用いた新しい実験系の開発と医歯学への応用 鈴木信雄,田畑 純,和田重人,服部淳彦 Dental Diamond 31巻 68-73頁 2005/08 総説 研究論文(学術雑誌)
  • The ideal synthesis method aimed at the leads for an 2-blocker, an inhibitor of blood platelet aggregation, and an anti-osteoporosis agent. Heterocycles 68巻 68565-1569 頁 2006/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 線維芽細胞成長因子-2の骨芽細胞活性化作用に対する表皮ブドウ球菌膜蛋白質による抑制 倉持大輔,松下和彦,加藤晴康,河野照茂,五十嵐・右高潤子,平田和明,鈴木信雄,服部淳彦,別府諸兄 聖マリアンナ医科大学雑誌 34巻 4号 395-404頁 2006/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The ideal synthesis method aimed at the leads for an a2-blocker, an inhibitor of blood platelet aggregation, and an anti-osteoporosis agent. HETEROCYCLES 68巻 1565-1569頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tributyltin inhibits osteoblastic activity and disrupts calcium metabolism through an increase in plasma calcium and calcitonin levels in teleosts. LIFE SCIENCES 78巻 2533-2541頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of vibration with a frequency on osteoblastic and osteoclastic activities Analysis of bone metabolism using goldfish scale as a model for bone. ADVANCES IN SPACE RESEARCH 40巻  1711-1721頁 2007/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pulp ablation therapy by inductive heating: Heat generation characteristics in the pulp cavity. ORAL DISEASES 13巻 193-197頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Two osteoclastic markers expressed in multinucleate osteoclasts of goldfish scales. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COM 362巻 3号 594-600頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 魚鱗:硬組織研究と再生研究のフロンティア 田畑 純,鈴木信雄,服部淳彦 細胞 39巻 55-57頁 2007/03 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Degradation of phenol in seawater using a novel microorganism isolated from the intestine of Aplysia kurodai. INTERNATIONAL BIODETERIORATION AND BIODE 59巻 252-254頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 物理的刺激に対する骨芽細胞・破骨細胞の応答:魚類のウロコを骨のモデルとした骨代謝の解析. 鈴木信雄,清水宣明,北村敬一郎,根本 鉄,染井正徳,池亀美華,和田重人,近藤 隆,大森克徳,中村正久,井尻憲一,田畑 純,服部淳彦 日本生体電気・物理的刺激研究会誌 22巻 31-37 頁 2008/03 査読無 解説 研究論文(学術雑誌)
  • Novel bromomelatonin derivatives as potentially effective drugs to treat bone diseases. JOURNAL OF PINEAL RESEARCH 45巻 229-234 頁 2008/03 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Scale osteoblasts and osteoclasts sensitively respond to low-gravity loading by centrifuge. Bio Sci Space 22巻 1号  3-7頁 2008/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prolactin inhibits osteoclastic activity in the goldfish scale: A novel direct action of prolactin in teleosts. ZOOLOGICAL SCIENCE 25巻 7号  739-745頁 2008/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Novel bromomelatonin derivatives suppress osteoclastic activity and increase osteoblastic activity: Implications for the treatment of bone diseases. JOURNAL OF PINEAL RESEARCH 44巻  326-334頁 2008/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prolactin cells of a teleost, Heteropneustes fossilis intoxicated with Metacid-50. Int. J. Biol. Chem. Sci. 3巻 339-345頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 1, 25(OH)2D3 induced alterations in plasma calcium, inorganic phosphate, ultimobranchial gland and parathyroid gland of the garden lizard, Calotes versicolor. 53巻  5-18頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 能登半島沿岸の海水中のトリブチルスズ濃度測定と海洋細菌によるトリブチルスズの浄化の試み 鈴木信雄,小林史尚,又多政博,服部淳彦,伊藤 靖,大嶋雄治 日本海域研究 39巻  49-53頁 2008/03 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Calcitonin in a protochordate, Ciona intestinalis: the prototype of the vertebrate Calcitonin/Calcitonin gene related peptide superfamily. Sekiguchi, T., Suzuki, N., Fujiwara, N., Aoyama, M., Kawada, T., Sugase, K., Murata, Y., Sasayama, Y., Ogasawara, M. and Satake, H FASEB JOURNAL 276巻  4437-4447頁 2009/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The depressive effects of 5,8,11-eicosatrienoic acid (20:3n-9) on osteoblasts. LIPIDS 44巻  97-102頁 2009/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Response of osteoblasts and osteoclasts in regenerating scales to gravity loading. Bio Sci Space 23巻 211-217頁 2009/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Monohydroxylated polycyclic aromatic hydrocarbons inhibit both osteoclastic and osteoblastic activities in teleost scales. LIFE SCIENCES 84巻  482-488頁 2009/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Diurnal expressions of four subtypes of melatonin receptor genes in the optictectum and retina of goldfish. COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY A-MOLECULAR AND INTEGRATIVE PHYSIOL 152巻  219-224頁 2009/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of deltamethrin on serum calcium and corpuscles of Stannius of freshwater catfish, Heteropneustes fossilis. Toxicological and Environmental Chemistry 91巻  761-772頁 2009/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Acute toxicities of diethyl ether and ethanol extracted Nerium indicum leaf to the fish, Heteropneustes fossilis. 13巻 39-43頁 2009/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Acceleration-based study of optimum exercise for human weight-bearing bones enhancement. Biol Sci Space 24巻 83-90頁 2010/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Osteoblast activity in the goldfish scale responds sensitively to mechanical stress COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY A-MOLECULAR AND INTEGRATIVE PHYSIOL 156巻 357-363頁 2010/06
  • イカの皮に存在する生理活性物質及び色素 鈴木信雄,矢澤一良,渡部和郎,繁森英幸,山田昭浩,畠 伸彦,田中雅子,前 成美,矢野純博,稲葉信策,中間俊彦,笹山雄一 日本海域研究 41巻  1-5頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 歯の象牙質における成長線の周期性と生物リズムとの関連:メラトニンによる調節の可能性 三島弘幸,北原正大,服部淳彦,鈴木信雄,田畑純,奈良雅之,筧 光男,見明康夫 36巻 106-112頁 2010/12 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Corpuscles of Stannius of a teleost Heteropneustes fossilis following intoxication with a pyrethroid (cypermethrin). 6巻  203-208頁 2010/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Toxic effect of polycyclic aromatic hydrocarbon metabolites on fish bone metabolism. 135巻  231-241頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Parathyroid hormone 1 (1-34) acts on the scales and involves calcium metabolism in goldfish. Bone 48巻 1186-1193頁 2011/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Pigment-dispersing activities and cortisol-releasing activities of melanocortins and their receptors in xanthophores and head kidneys of the goldfish Carassius auratus.  173巻  438-446頁 2011/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of inorganic mercury on osteoclasts and osteoblasts of J. Fac. Agr., Kyushu Univ 56巻  47-51頁 2011/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tributyltin-binding protein type 1, a lipocalin, prevents inhibition of osteoblastic activity by tributyltin in fish scales. AQUATIC TOXICOLOGY 103巻  79-84頁 2011/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 環芳香族炭化水素から見た海洋油汚染 早川和一,鳥羽 陽,亀田貴之,鈴木信雄 安全工学 50巻 85-92頁 2011/03 総説 研究論文(学術雑誌)
  • メラトニンの新規作用:骨に対する作用とその誘導体を用いた骨疾患治療薬の開発. 比較内分泌学 37巻 194-203頁 2011/12 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 自動面積測定法によるキンギョのウロコを骨のモデルとしたアッセイ法の改良 6. 北村敬一郎、中野 淳、川部季美、早川和一、根本 鉄、大嶋雄治、島崎洋平、遠藤 雅人、服部淳彦、鈴木信雄 日本海域研究 42巻  27-34頁 2011/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calcitonin induced alterations in the ultimobranchial and parathyroid gland of garden lizard, Calotes versicolor. Turk. J. Zool. 35巻 9-14頁 2011/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prostaglandin E2 increases both osteoblastic and osteoclastic activities in the scales of goldfish and participates in the calcium metabolism in goldfish.  29巻 499-504頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cloning of two members of the calcitonin receptor family from stingray, Dasyatis akajei: Possible physiological roles of the calcitonin family in osmoregulation.  GENE 499巻  90-95頁 2012/03 査読有 原著論文
  • Expression of osteoblastic and osteoclastic genes during spontaneous regeneration and autotransplantation of goldfish scale: A new tool to study intramembranous bone regeneration. 50巻 1240-1249 頁 2012/04 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 魚類のウロコを用いた評価系の開発と骨代謝研究への応用. 10. 鈴木信雄,舟橋久幸,耿 啓達,柿川真紀子,山田外史,廣田憲之,北村敬一郎,清水宣明,早川和一,三島弘幸,岩坂正和,上野照剛,大森克徳,矢野幸子,池亀美華,田渕圭章,和田重人,近藤 隆,服部淳彦 まぐね/Magnetics Jpn 7巻 174-178頁 2012/06 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Osteoblasts and osteoclasts in goldfish regenerating scales respond to mechanical loading: Analysis of osteoblastic and osteoclastic marker mRNA expression.  Biol. Sci. Space 26巻 42-46頁 2012/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Determination of calcium sensing receptor in the scales of goldfish and induction of its mRNA expression by acceleration loading.  Biol. Sci. Space 26巻 26-31頁 2012/12 査読有 原著論文
  • Excellent thermal control ability of cell biology experiment facility (CBEF) on ground basis experiments and board experiments in kibo of the international space station.  Biol. Sci. Space 26巻 12-20頁 2012/07 原著論文
  • Cyto-histopathological alterations in the liver of azadirachtin treated catfish, Heteropneustes fossilis. Proc. Nat. Acad. Sci., Section B: Biol. Sci. DOI:10.1007/s40011-0頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Zebrafish scales respond differently to in vitro dynamic and static acceleration: analysis of interaction between osteoblasts and osteoclasts. COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY A-MOLECULAR AND INTEGRATIVE PHYSIOL 166巻 74-80頁 2013/07 査読有 原著論文
  • Response of serum minerals (calcium, phosphate and magnesium) and endocrine glands (calcitonin cells and parathyroid gland) of wistar rat after chlorpyrifos administration. MICROSCOPY RESEARCH AND TECHNIQUE 76巻 673–678頁 2013/03 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 宇宙メラトニン研究と抗加齢医学との接点. 11. 服部淳彦,池亀美華,矢野幸子,染井正徳,鈴木信雄 抗加齢医学会雑誌 9巻 356 -363頁 2013/05 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Static and dynamic hypergravity responses of osteoblasts and osteoclasts in medaka scales.  ZOOLOGICAL SCIENCE 30巻 217-223 頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of lead on the plasma electrolytes of a freshwater fish, Heteropneustes fossilis. Int. Aquat. Res. 5巻 4 doi:10.1186/2008-6頁 2013/04 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of lead nitrate on histo-cytological alterations of corpuscles of Stannius of stinging catfish, Heteropneustes fossilis.  Iran. J. Toxicol 20巻 823-830頁 2013/03 査読有 原著論文
  • Genes responsive to low-intensity pulsed ultrasound in MC3T3-E1 preosteoblast cells. International Journal of Molecular Sciences 14巻 22721-22740頁 2013/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Accumulation of organotins in wharf roach (Ligia exotica Roux) and its ability to serve as a biomonitoring species for coastal pollution. ENVIRONMENTAL AND ECOLOGICAL STATISTICS 96巻 75-79頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of lead on the plasma electrolytes of a freshwater fish, Heteropneustes fossilis International Aquatic Research 5巻 1号 on line頁 2013/01/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Toxicological impacts of a botanical pesticide, azadirachtin on corpuscles of Stannius of stinging catfish, Heteropneustes fossilis.  Kumar, A., Prasad, M., Srivastav, S.K., Suzuki, N. and Srivastav, A.K. Int. J. Environ. Sci. Technol on line頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of oral epithelial cell line ROE2 with differentiation potential from transgenic rats harboring temperature-sensitive simian virus 40 large T-antigen.  Tabuchi, Y., Wada, S., Ikegame, M., Kariya, A., Furusawa, Y., Hoshi, N., Yunoki, T., Suzuki, N., Takasaki, I., Kondo, T. and Suzuki, Y. EXPERIMENTAL ANIMALS 63巻 31-44頁 2014/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Polychlorinated biphenyl (118) activates osteoclasts and induces bone resorption in goldfish. ENVIRONMENTAL SCIENCE AND POLLUTION RESEARCH 21巻 6365–6372頁 2014/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Increased prostaglandin E2 has a positive correlation with plasma calcium during goldfish reproduction. Suzuki, N., Maruyama, Y., Nakano, M., Hattori, A., Honda, M., Shimazaki, Y., Sekiguchi, T., Mishima, H., Wada, S., Srivastav, A.K., Hayakawa, K. and Oshima, Y. J. Fac. Agr., Kyushu Univ. 59巻 97-101頁 2014/03 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Histo-cytological responses of the prolactin cells of the catfish Heteropneustes fossilis to cadmium exposure. Srivastav, A.K., Rai, R., Mishra, D., Srivastav, S.K. and Suzuki, N. Acta Toxicol. Argent. 22巻 116-121頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of a botanical pesticide, azadirachtin, on ultimobranchial gland of the freshwater catfish Heteropneustes fossilis. Kumar, A., Prasad, M.R., Suzuki, N., Srivastav, S.K. and Srivastav, A.K. Toxicol. Env. Chem. on line頁 2014 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Genes and gene networks involved in sodium fluoride-elicited apoptosis accompanying endoplasmic reticulum stress in oral epithelial cells. Tabuchi, Y., Yunoki, T., Hoshi, N., Suzuki, N. and Takashi, T. Int. J. Mol. Sci. 15巻 8959-8978頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of inorganic mercury and methylmercury on osteoclasts and osteoblasts in the scales of the marine teleost as a model system of bone.  Yachiguchi, K., Sekiguchi, T., Nakano, M., Hattori, A., Yamamoto, M., Kitamura, K., Maeda, M., Tabuchi, Y., Kondo, T., Kamauchi, H., Nakabayashi, H., Srivastav, A.K., Hayakawa, K., Sakamoto, T. and Suzuki, N. Zool. Sci. 31巻 330-337頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • メラトニン投与による象牙質の組成や組織構造の変化に関する分析学的及び組織学的研究 8. 三島弘幸,門田理佳,尾崎真帆,服部淳彦,鈴木信雄,筧 光夫,松本 敬,池亀美華,見明康雄 日本再生歯科医学会誌 12巻 11-22頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • メラトニンの骨代謝に対する作用と骨疾患の治療への応用 鈴木信雄,関 あずさ,服部淳彦 抗加齢医学会誌 10巻 697-702頁 2014 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Novel tryptophan derivatives as potentially effective therapeutic drugs to treat bone diseases. Suzuki, N., Somei, M., Seki, A., Sekiguchi, T., Tabuchi, Y., Mishima, H., Kase, Y., Kaminishi, A., Yachiguchi, K., Kitamura, K., Oshima, Y., Hayakawa, K., Yano, S. and Hattori, A. Am. J. Life Sci. 3巻 31-38頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Monohydroxylated polycyclic aromatic hydrocarbons influence spicule formation in the early development of sea urchins (Hemicentrotus pulcherrimus).  Suzuki, N., Ogiso, S., Yachiguchi, K., Kawabe, K., Makino, F., Toriba, A., Kiyomoto, M., Sekiguchi, T., Tabuchi, Y., Kondo, T., Kitamura, K., Hong, C.-S., Srivastav, A.K., Oshima, Y., Hattori, A., Hayakawa, K. Comp. Biochem. Physiol. Part C 171巻 55-60頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Toxicological impacts of a botanical pesticide, azadirachtin on corpuscles of Stannius of stinging catfish, Heteropneustes fossilis.  Kumar, A., Prasad, M., Srivastav, S.K., Suzuki, N. and Srivastav, A.K. Int. J. Environ. Sci. Technol 12巻 507-512頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Botanical Pesticide nerium indicum alters prolactin cells of stinging catfish, Heteropneustes fossilis. Prasad, M., Kumar, A., Suzuki, N., Srivastav, A.K. Int. J. Zool. Inv. 1巻 77-85頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evidence for conservation of the calcitonin superfamily and activity-regulating mechanisms in the basal chordate Branchiostoma floridae: insight into the molecular and functional evolution in chordates.  1. Sekiguchi, T., Kuwasako K., Ogasawara, M., Takahashi, H., Matsubara, S., Osugi, T., Muramatsu, I., Sasayama, Y., Suzuki, N., and Satake, H.  J. Biol. Chem.  291巻 2345-2356頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Low-intensity pulsed ultrasound induces apoptosis in osteoclasts: Fish scales are a suitable model for analysis of bone metabolism by ultrasound. Suzuki, N., Hanmoto, T., Yano, S., Furusawa, Y., Ikegame, M., Tabuchi, Y., Kondo, T., Kitamura, K., Endo, M., Yamamoto, T., Sekiguchi, T., Urata, M., Mikuni-Takagaki, Y. and Hattori, A. Comp. Biochem. Physiol. Part A 195巻 26-31頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Seawater polluted with highly concentrated polycyclic aromatic hydrocarbons suppresses osteoblastic activity in the scales of goldfish, Carassius auratus.  Suzuki, N., Sato, M., Nassar, F. H., Abdel-gawad, F. Kh., Bassem, S.M., Yachiguchi, K., Tabuchi, Y., Endo, M., Sekiguchi, T., Urata, M., Hattori, A., Mishima, H., Shimasaki, Y., Oshima, Y., Hong, C.-S., Makino, F., Tang, N., Toriba, A. and Hayakawa, K. Zool. Sci. 33巻 407-413頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Is vaccenic acid (18:1t n-7) associated with an increased incidence of hip fracture? An explanation for the calcium paradox. Hamazaki, K., Suzuki, N., Kitamura, K., Hattori, A., Nagasawa, T., Itomura, M., and Hamazaki, T. Prostaglandins Leukot. Essent. Fatty Acids 109巻 8-12頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Acute toxicity of a heavy metal cadmium to an anuran, the Indian skipper frog Rana cyanophlyctis. Srivastav, A.K., Srivastava, S. and Suzuki, N.  Iranian J. Toxicol. 10巻 39-43頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pollution of radiocesium and radiosilver in wharf roach (Ligia sp.) by the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident.  Qiu, X., Undap, S.L., Honda, M., Sekiguchi, T., Suzuki, N., Shimasaki, Y., Ando, H., Sato-Okoshi, W., Wada, T., Sunobe, T., Takeda, S., Munehara, H., Yokoyama H., Momoshima, N. and Oshima, Y. J. Radioanal Nucl Chem. DOI 10.1007/s10967-016-4879-1 頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sodium fluoride induces hypercalcemia resulting from the upregulation of both osteoblastic and osteoclastic activities in goldfish, Carassius auratus. Sato, M., Hanmoto, T., Yachiguchi, K., Tabuchi, Y., Kondo, T., Endo, M., Kitani, Y., Sekiguchi, T., Urata, M., Hai, T.N., Srivastav, A.K., Mishima, H., Hattori, A. and Suzuki, N. Comp. Biochem. Physiol. Part C. 189巻 54-60頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fish scale is a suitable model for analyzing determinants of skeletal fragility in type 2 diabetes.  Suzuki, N., Kitamura, K. and Hattori, A. Endocrine 54巻 575-577頁 2016 査読有 論説 研究論文(学術雑誌)
  • Alteration of development and gene expression induced by in ovo-nanoinjection of 3-hydroxybenzo[c]phenanthrene into Japanese medaka (Oryzias latipes) embryos.  Chen, K., Tsutsumi, Y., Yoshitake, S., Qiu, X., Xu, H., Hashiguchi, Y., Honda, M., Tashiro, K., Nakayama, K., Hano, T., Suzuki, N., Hayakawa, K., Shimasaki, Y. and Oshima, Y. Aquatic Toxicology 182巻 194-204頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of hyperglycemia on bone metabolism and bone matrix in goldfish scales. Kitamura, K., Andoh, T., Okesaku, W., Tazaki, Y., Ogai, K., Sugitani, K., Kobayashi, I., Suzuki, N., Chen, W., Ikegame, M. and Hattori, A. Comp. Biochem. Physiol. Part A 203巻 152-158頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification and molecular characterization of the stanniocalcin family gene from the inshore hagfish, Eptatretus burger. Sekiguchi, T., Kuraku, S., Tatsumi, K., Shimasaki, Y., Oshima, Y. and Suzuki, N. J. Fac. Agr., Kyushu Univ. in press頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ffects of low-intensity pulsed ultrasound on osteoclasts: analysis with goldfish scales as a model of bone.  Hanmoto, T., Tabuchi, Y., Ikegame, M., Kondo, T., Kitamura, K., Endo, M.,Kobayashi, I., Mishima, H., Sekiguchi, T., Urata, M., Seki A., Yano, S., Hattori, A., and Suzuki, N.  Biomed. Res. in press頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Acute toxicity of organophosphate insecticide chlorpyrifos to an anuran, Rana cyanophlyctis.  Srivastav, A.K., Srivastava, S., Srivastav, S.K. and Suzuki, N.  Iranian J. Toxicol. in press頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Calcitonin-like substance in the plasma of Cyclostomata and its putative role. (招待講演)(会議名:The 4th International Symposium on Fish Endocrinology.)(2000)
  • Physiological role of calcitonin in fish: with special reference to reproductive and feeding periods.(招待講演) (会議名:The 4th International Satellite Symposium on the Comparative Endocrinology of Calcium Regulation )(2003)
  • Physiological role of calcitonin in cartilaginous fish and cyclostomes.(招待講演)(会議名:The 5th International Satellite Symposium on the Comparative Endocrinology)(2005)
  • Effect of physical stress on the osteoblasts and osteoclasts: Analysis of bone metabolism using goldfish scale as a model for bone.(招待講演)(会議名:The 6th International Satellite Symposium on the Comparative Endocrinology)(2007)
  • Physiological significance of the scale in the teleost calcium metabolism. (招待講演)(会議名:The 7th International Satellite Symposium on the Comparative Endocrinology of Calcium Regulation)(2009)

全て表示

  • Fish scale is a good model for the evaluation of the bone metabolism in fish: The effects of heavy metals and endocrine disruptors on osteoblasts and osteoclasts in the scales. (招待講演)(会議名:Busan Symposium in Pukyong National University (JSPS’s Asia and Africa Science Platform Program))(2009)
  • The toxicity of bisphenol A and polycyclic aromatic compound in osteoblasts and osteoclasts of teleosts. (招待講演)(会議名:JENESYS-POMRAC-Kanazawa University Joint Symposium 2009)(2009)
  • Development and application of a fish scale in vitro assay system: Fish scale is a suitable model for analysis of bone metabolism. (招待講演)(会議名:2009 Korea-Japan Joint Research Project Symposium. “Aging, Radiation and Environment”)(2009)
  • Fish scale is a good model for the evaluation of the bone metabolism in fish.(招待講演)(会議名:Busan Symposium in Pukyong National University)(2009/06)
  • Fish Scales: Investigation of the osteoclastic and osteoblastic responses to microgravity using goldfish scales.(招待講演)(会議名:Prelim Increment 23-24 Science Symposium)(2010)
  • Development and application of a fish scale in vitro assay system.(招待講演) (会議名:The 9th International Satellite Symposium on the Comparative Endocrinology of Calcium Regulation (Second Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society, Japanese Society for Bone and Mineral Research), Kobe, Japan )(2013)
  • Research Topics of Noto Marine Laboratory in Kanazawa University(2015/09/20)
  • Sodium fluoride influences calcium metabolism in goldfish, Carassius auratus.(招待講演)(会議名:International Fisheries Symposium 2016 “Promoting Healthier Aquaculture and Fisheries for Food Safety and Security)(2016/10/31)
  • Introduction of fish research in Kanazawa University(招待講演)(会議名:KU-CTU joint symposium: Environment, Aquaculture and Fisheries.)(2016/12/12)
  • 魚類におけるカルシトニンの生理作用:ウロコを用いたアッセイ系による解析と他の物質への応用(会議名:ホメオスタシス研究会)(2003/09)
  • 魚類におけるカルシトニンの生理作用:特にレセプターについて(会議名:ホメオスタシス研究会)(1999/09)
  • 魚類(キンギョ)のウロコを骨のモデルとして用いた評価システムの開発と応用:微小重力環境下で進行する骨密度低下の治療・予防を目指して.(会議名:宇宙基礎医学生物学研究に用いるべき最適なモデル生物に関するワークショップ)(2008/01)
  • 磁界と骨代謝に関する研究:魚のウロコを用いたモデル系による解析(会議名:日本生体医工学第44回大会)(2005/04)
  • 環境攪乱因子及び様々な物理的刺激に対する魚類の骨芽細胞及び破骨細胞の応答:培養ウロコを用いた解析(会議名:日本動物学会中部支部例会)(2008/07)
  • キンギョのウロコを使って宇宙実験(会議名:日本海イノベーション会議2010年度第1回プログラム)(2010/07)
  • キンギョのウロコを使って宇宙実験(会議名:金沢大学・JAXA連携シンポジウム)(2011/07)
  • キンギョのウロコを使って 宇宙実験:宇宙に行くと骨を壊す細  胞はどのように変化するのか?(会議名:日本動物学会関東支部例会公開講演会)(2012/07)
  • 宇宙でも効いた骨の病気を治す薬(会議名:日本海イノベーション会議(金沢大学プログラム))(2015/08/01)
  • 魚類のウロコを骨モデルとして用いた評価システムの開発と応用(会議名:第6回ペプチド・ホルモン研究会)(2015/10/17)
  • 宇宙実験―宇宙へ旅立つキンギョ(のウロコ)(会議名:海とみらいと科学の日)(2016/06/26)
  • 能登半島における金沢大学での共同教育拠点の取り組みの紹介 (会議名:能登半島の自然環境を活用した国際研究拠点形成)(2016/11/04)
  • 有害化学物質の魚類への影響:新評価手法の開発と適用.(会議名:第9回金沢大学未来開拓研究公開シンポジウム)(2016/11/12)
  • Biological effect of the polycyclic aromatic hydrocarbons: Toxic analysis for the aquatic animals.(会議名:Symposium on Collaboration Research between POI of FEBRAS and INET of Kanazawa University)(2017/05/15)

芸術・フィールドワーク

特許

○インドール誘導体及びその用途(出願国名:米国)(特許番号:4014052)
○トリプトファン誘導体及びその用途(特許番号:2005-209753)
○重金属存在下で有機物質を分解する方法(特許番号:2005-300682)
○骨芽細胞活性抑制剤(出願国名:日本)(特許番号:特許第4575105)
○骨疾患治療用磁場発生装置及び、それを用いた骨疾患治療の評価及び 開発システム (出願国名:日本国)(特許番号:4992015)
○インドール化合物及び該化合物を含む細胞修復剤(公開年月:2016/08/18)(出願国名:日本国)

共同研究希望テーマ

○重金属および内分泌攪乱化学物質の骨代謝に及ぼす作用
○骨粗鬆症の治療薬の開発

科研費

○奨励研究(A)「魚類におけるカルシトニンの生理作用:レセプターによる解析」(2001-) 代表者
○若手研究(B)「重金属及び内分泌攪乱化学物質の骨代謝に及ぼす作用:骨硬化ホルモンとのクロストーク」(2002-) 代表者
○基盤研究(C)「新規硬組織モデルによる骨・歯の疾患に対する超音波治療方法の開発」(2006-) 代表者
○基盤研究(C)「大気バイオエアロゾル学の展開:大気圏への飛散,輸送・拡散,変質」(2006-2006) 分担者
○基盤研究(C)「象牙質における成長線の周期性と生物時計との関連:メラトニンによる調節」(2008-2009) 分担者
○基盤研究(C)「ナノ粒子を利用した特異的温度制御による口腔癌治療」(2008-2010) 分担者
○基盤研究(C)「磁場と骨代謝調節ホルモンとの相乗効果を利用した新規骨疾患治療システムの開発」(2009-2011) 代表者
○基盤研究(C)「磁場と骨代謝調節ホルモンとの相乗効果を利用した新規骨疾患治療システムの開発」(2009-) 代表者
○挑戦的萌芽研究「重油汚染海水で孵化した魚の脊柱彎曲は多環芳香族炭化水素が原因か?」(2009-2010) 分担者
○基盤研究(B)「多環芳香族炭化水素類が環境・生体で新たに獲得する毒性に関する戦略研究」(2009-2012) 分担者
○研究活動スタート支援「ステロイドホルモン受容体に作用する化学物質の構造活性相関に基づく 毒性評価システム」(2010-2012) 分担者
○厚生科研「ステロイドホルモン受容体に作用する化学物質の構造活性相関に基づく毒性評価システム」(2010-2012) 分担者
○挑戦的萌芽研究「重油汚染海水で生まれた魚の脊柱彎曲の機構解明と新規解毒タンパク質によるレスキュー 」(2012-2013) 分担者
○基盤研究(C)「新規糖尿病モデルを用いた骨代謝機構の解析と運動による改善に関する研究」(2012-2014) 分担者
○基盤研究(C)「新規硬組織モデルを用いた微小重力・過重力下での骨吸収及び骨形成の機構解析」(2012-2014) 代表者
○基盤研究(C)「新規硬組織モデルを用いた微小重力・過重力下での骨吸収及び骨形成の機構解析.」(2012-2014) 代表者
○挑戦的萌芽研究「エピジェネティクスを介した超音波による細胞の分化制御」(2014-2016) 分担者
○基盤研究(C)「新規2型糖尿病骨代謝モデルによる糖尿病骨代謝機構解析と運動による改善法の提案」(2015-2017) 分担者
○基盤研究(C)「硬骨を持たない原始的脊椎動物ヤツメウナギにおける新規カルシウム代謝機構 の解明」(2015-2017)
○挑戦的萌芽研究「重油汚染海水が引き起こす魚の脊柱彎曲の機構解明と解毒法及び予防法の開発」(2015-) 代表者
○基盤研究(C)「黒色素胞刺激ホルモンの骨への新規作用:再生能力が高い硬組織(ウロコ)を用いた解析」(2016-) 代表者

学域・学類担当授業科目

○海洋生化学演習-臨海宿泊演習-(2017)
○里海体験実習 in 能登半島-身近な自然・里海の重要性と問題点を知る-(2017)
○海洋生化学演習-臨海宿泊演習-(2017)
○里海体験実習 in 能登半島-身近な自然・里海の重要性と問題点を知る-(2017)
○生物学課題研究(2)(2017)
○生物学課題研究(1)(2017)
○生物学課題演習(2)(2017)
○生体機能学(2017)
○生物学実習4(2017)
○生物学実習2(2017)
○生物学課題演習(1)(2017)
○生物学実習2(2016)
○生物学課題研究(1)(2016)
○生物学実習4(2016)
○生物学課題演習(1)(2016)
○生物学課題演習(2)(2016)
○生物学課題研究(2)(2016)
○生体機能学(2016)
○海の動物の探索演習-能登半島での臨海実習-(2016)
○海洋生化学演習-臨海宿泊演習-(2016)
○海の動物の探索演習-能登半島での臨海実習-(2016)
○海洋生化学演習-臨海宿泊演習-(2016)
○生物学実習4(2015)
○生体機能学(2015)
○生物学課題演習(2)(2015)
○生物学課題研究(2)(2015)
○生物学課題研究(1)(2015)
○生物学実習2(2015)
○生物学課題演習(1)(2015)
○海洋生化学演習-臨海宿泊演習-(2015)
○生物学実験(2015)
○海の動物の探索演習-能登半島での臨海演習-(2015)
○海洋生化学演習-臨海宿泊演習-(2014)
○生物学実験(2014)
○海の動物の探索演習-能登半島での臨海演習-(2014)
○生物学実習2(2014)
○生体機能学(2014)
○生物学実習4(2014)
○生物学課題演習(1)(2014)

大学院担当授業科目

○分子環境生物学(2017)
○生命高次システム学B(2017)
○生命高次システム学A(2017)
○分子環境生物学(2017)
○分子環境生物学(2017)
○分子環境生物学(2017)
○生命高次システム学A(2016)
○生命高次システム学B(2016)
○分子環境生物学(2016)
○生命システム基礎(2015)
○生命高次システム学(2015)
○分子環境生物学(2015)
○分子環境生物学(2015)
○分子環境生物学(2014)
○分子環境生物学(2014)
○比較生理学(2014)
○分子環境生物学(2014)
○生命高次システム学(2014)
○生命システム基礎(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

○メコン地域人材育成プログラムカントー大学ベトナム(2016-)ベトナムベトナムのカントー大学と金沢大学のジョイントデグリーのためのシンポジウムを2016年12月に開催した。

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○石川県環境影響評価委員会委員(2011/08/01-)
○小木港マリンタウン推進協議会顧問(2013/08/09-)
○日本海海洋調査技術連絡会(2013/08/01-)

講演可能なテーマ

○魚のウロコを用いた培養システムの開発と応用(キーワード:ウロコ,骨モデル,医学・薬学等への応用)
○魚のウロコのお話し(キーワード:ウロコ,宇宙実験,応用研究)
○食品の機能性に関するお話(キーワード:機能性成分,イカ,食品添加物)
○イカのおはなし(キーワード:イカ、有効成分)

その他公的社会活動

○石川県環境影響評価委員会委員(2010-2012) 能登有料道路の建設を海洋の専門家の立場から助言を行う
○日本海海洋調査技術連絡会(2013-) 日本海海洋調査技術連絡会の委員として、全国的な会議に出席して、海洋学の専門家としての意見を発言する。
○小木港マリンタウン推進協議会(2012-) 地元の町である小木の小木港マリンタウン推進協議会の顧問として、会議に出席して、議事の審議を行う。
○新潟大学佐渡臨海実験所教育関係共同利用運営委員会 委員(2013-2016) 臨海実験所の連携も含めて、佐渡臨海実験所の教育関係共同利用の運営に対して助言する。

このページの先頭へ