本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

長谷部 徳子 (はせべ のりこ) 教授 HASEBE Noriko

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

環日本海域環境研究センター

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 環境科学専攻

所属研究室等

地球年代学研究室 TEL:076-264-6529 FAX:076-264-6545

学歴

【出身大学院】
京都大学 博士課程 理学研究科 地質学鉱物学 1994
【出身大学】
京都大学 理学部 1989
【取得学位】
博士(理学)

職歴

ロンドン大学 地球科学科 JSPS fellow(2001/02/15-2003/02/14)
京都大学 地質学鉱物学教室 学振特別研究員(1994/04/01-1995/07/31)
金沢大学(1996/08/01-2003/12/31)
金沢大学 自然計測応用研究センター(2004/01/01-)

生年月

所属学会

日本地質学会
日本地球化学会
AGU (American Geophysical Union)
日本地震学会
日本フィッション・トラック研究会
東京地学協会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○日本地質学会論文賞(2001/09/22)
○実吉奨学金(2000/09/01)
○地圏長期評価研究協会奨励費(1997/11/01)

専門分野

地質年代学、付加体 断層 火山、地質学

専門分野キーワード

地球年代学,フィッショントラック、ルミネッセンス

研究課題

付加体の形成過程の研究

火山活動の周期性の研究

活断層近傍の熱異常の研究

著書

論文

  • K-Ar age of basement basalt of HDP09 core from Lake Khuvsgul, Mongolia: Implication to estimate the beginning of Baikal rift zone Journal of Earth Environment 2巻 462-466頁 2011/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fission track dating of Quaternary volcanic glass by stepwise etching, Radiation Measurement RADIATION MEASUREMENTS 46巻 176-182頁 2011/01 査読有
  • 四国中央部三波川帯緑泥石帯砂質片岩中のジルコンのフィショントラック年代: 2つの異なる年代とその意味 竹下 徹・長谷部徳子・野村和良 地質学雑誌 117巻 53-56頁 2011/01 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Climato-hydrological fluctuations printed in long lacustrine records in Lake Hovsgol, Mongolia QUATERNARY INTERNATIONAL 219巻 178-187頁 2010/10 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 熱ルミネセンスのデジタル写真撮影とJavaアプリケーションを用いた色の数値化方法 稲垣亜矢子,長谷部徳子,遠藤徳孝,伊藤一充 地質学雑誌 116巻 690-693頁 2010/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Iron-bentonite interactions in the Kawasaki bentonite deposit, Zao area,Japan APPLIED GEOCHEMISTRY 2010/10 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • フィッション・トラック熱年代に基づいた六甲地域の冷却・削剥史 末岡 茂・田上高広・堤 浩之・長谷部徳子・ 田村明弘・荒井章司・山田隆二・松田達生・小村健太朗 地学雑誌 119巻  84-101頁 2010/05 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 湖沼堆積物の熱ルミネセンスデジタル写真撮影とその色特性 稲垣亜矢子,長谷部徳子,遠藤徳孝,伊藤一充,湯本仁亭,柏谷健二 地質学雑誌 116巻  XIX-XX頁 2010/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • LA-ICP-MS analysis of pressed powder pellets to luminescence geochronology CHEMICAL GEOLOGY 262巻 131-137頁 2009/01 原著論文
  • The effect of chemical etching on LA-ICP-MS analysis in determining uranium concentration for fission-track chronometry Geological Society Special Publication 324巻 37-46頁 2009/01 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 共焦点レーザ顕微鏡を用いたフィッション・トラック法への適用例-レーザ溶融ピットの形状測定- 伊藤久敏,長谷部徳子 フィッショントラックニュースレター 20巻 1-5頁 2007/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • アパタイトのconfined トラック増加のためのエッチング条件:四万十帯中のアパタイトへの適用 荒田孔明,長谷部徳子 フィッショントラックニュースレター 20巻 6-12頁 2007/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Local heat influx and exhumation of the Shimanto accretionary complex: Miocene fission track ages from Kii peninsula, southwest Japan Noriko Hasebe and Hiroaki Watanabe Island Arc 13巻 533-543頁 2004/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Apatite fission-track chronometry using laser ablation ICP-MS N Hasebe, et al Chemical Geology 207巻 3号 135-145頁 2004/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Geological partial annealing zone of zircon fission-track system: additional constrains from the deep drilling MITI-Nishikubiki and -Mishima N Hasebe, S Mori, T Tagami and R Matsui Chemical Geology 199巻 ?号 45-52頁 2003/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Igneous rocks emplacement and exhumation of sedimentary basement: Fission track age determination on the Osuzuyama volcano-plutonic complex and surrounding rocks, Miyazaki prefecture, Southwest Japan N Hasebe and H Hoshino Geochemical Journal 37巻 5号 537-543頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Exhumation of an accretionary prism -results from fission track thermochronology of the Shimanto Belt, southwest Japan Noriko Hasebe and Takahiro Tagami Tectonophysics 331巻 247-267頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ancient thermal anomaly of an active fault system: Zircon fission-track evidence from Nojima GSJ 750 m borehole samples M Murakami, T Tagami and N Hasebe Geophysical Research Letters 29巻 23,DOI: 10号 1029頁 2002/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fission track ages of the Omine Acidic Rocks, Kii Peninsula, Southwest Japan Noriko Hasebe, Bambang Widoyoko Suwargadi and Susumu Nishimura Geochemical Journal 34巻 229-235頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Thermal anomaly around earthquake fault - evidence from fission-track analysis of Nojima Fault Borehole samples, Island Arc Takahiro Tagami, Noriko Hasebe, Hidehiro Kamohara and Keiji Takemura 10巻 457-464頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transition of eruptive style in an arc-arc collision zone: K-Ar dating of Quaternary monogenetic and polygenetic volcanoes in the Higashi-Izu region Noriko Hasebe, et al Bull. Volcanol. 63巻 377-386頁 2001/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Thermal history analysis of the Nojima fault borehole samples by fission-track thermochronology Takahiro Tagami, Masaki Murakami, Noriko Hasebe, Hidenori Kamohara and Keiji Takemura Proceedings of International workshop on the Nojima fault core and borehole data analysis 203-209頁 1999 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Cordilleran-type orogeny and episodic growth of continents: Insights from the circum-Pacific continental margins Takahiro Tagami and Noriko Hasebe Island Arc 8巻 206-217頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Melange forming processes in the development of an accretionary prism; evidence from fission-track thermochronology Noriko Hasebe, Takahiro Tagami and Susumu Nishimura J. Geophy. Res. 102巻 7659-7672頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calibration of a new Ar analytical system for the K-Ar dating method and analytical results of K-Ar age known samples Mem. Fac. Sci. Kyoto Univ., Ser. Geol. Mineral 108巻 21-40頁 1996/03 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Episodic exhumation of accretionary complexes: fission-track thermochronologic evidence from the Shimanto Belt and its vicinities ISLAND ARC 4巻 209-230頁 1995/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • K-Ar biotite and fission-track zircon ages of the Nisatai Dacite, Iwate Prefecture, Japan: a candidate for an age standard GEOCHEMICAL JOURNAL 29巻 207-211頁 1995/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Towards zircon fission-track thermochronology: Reference framework for confined track length measurements CHEMICAL GEOLOGY 112巻 169-178頁 1994/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evolution of the Shimanto accretionary complex; A fission-track thermochronologic study Geological Society of America special paper 273巻 121-136頁 1993/01 査読有
  • The evidence of the along-arc differential uplift of the Shimanto accretionary complex; Fission track thermochronology of the Kumano Acidic Rocks, Southwest Japan.  Tectonophysics 224巻 327-335頁 1993/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○放射線損傷量の定量化に関する研究
○湖沼堆積物の年代決定に関する研究

科研費

○基盤研究(C)「古付加体中にサイスミックゾーンの化石はあるか-熱年代学的研究-」(1999-) 代表者
○基盤研究(C)「古付加体中にサイスミックゾーンの化石はあるか-熟年代学的研究-」(2000-) 代表者
○萌芽研究(2002-2008)「鉱物中の放射線損傷量をどう見積もるか? ラマン分光法とFT法を用いた研究」(2005-)
○挑戦的萌芽研究「原子間力顕微鏡を利用した放射線損傷年代測定法の開発」(2012-2014) 代表者

学域・学類担当授業科目

○自然システム序論B(2017)
○地球循環学概論(2017)
○応用地球化学実験(2017)
○地球化学実験(2017)
○同位体地球学(2017)
○地学実験(2017)
○地学実験(2017)
○応用地球化学実験(2016)
○地球循環学概論(2016)
○地球生物圏と人間(2016)
○地球生物圏と人間(2016)
○地学実験(2016)
○地球化学実験(2016)
○同位体地球学(2016)
○地球循環学概論(2015)
○応用地球化学実験(2015)
○地球化学実験(2015)
○同位体地球学(2015)
○地球循環学概論(2014)
○地球化学実験(2014)
○同位体地球学(2014)
○地球学巡検2(2014)
○応用地球化学実験(2014)

大学院担当授業科目

○地球表層環境学B(2017)
○地球表層環境学A(2017)
○放射線地球学(2017)
○放射線地球学(2017)
○放射線地球学(2017)
○放射線地球学(2017)
○放射線地球学(2016)
○地球表層環境学A(2016)
○地球表層環境学B(2016)
○地球表層環境学(2015)
○放射線地球学(2015)
○放射線地球学(2014)
○放射線地球学(2014)
○付加体学(2014)
○地球表層環境学(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ