本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年09月26日

小林 恵美子 (こばやし えみこ) 教授 KOBAYASHI Emiko

所属組織・役職等

国際基幹教育院

教育分野

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
University of Oklahoma 修士課程 コミュニケーション学研究科修士課程 1992/12 修了
University of Oklahoma 博士課程 コミュニケーション学研究科博士課程 1997/12 修了
【取得学位】
Ph.D. (Communication)
M.A. (Communication)

職歴

名古屋商科大学 外国語学部 講師(1999/04/01-2003/03/31)
名古屋商科大学 外国語学部 助教授(2003/04/01-2005/07/31)
名古屋商科大学大学院 グローバルビジネスコミュニケーション 助教授(兼担)(2003/04/01-2005/07/31)
金沢大学 外国語教育研究センター 准教授(2005/10/01-2014/03/31)
金沢大学 外国語教育研究センター 教授(2014/04/01-)

生年月

所属学会

American Society of Criminology
European Society of Criminology
International Association for Cross-Cultural Psychology

学内委員会委員等

受賞学術賞

○Top Three Paper, International & Intercultural Communication Division, the Annual Meeting of the National Communication Association(1998/11)

専門分野

広領域、Cross-Cultural Psychology、Comparative Sociology of Deviance

専門分野キーワード

コミュニケーション学(主に対人、異文化間)、比較犯罪社会学、文化心理学、コントロール理論、合理的選択

研究課題

大学生の逸脱行動:日米比較

社会人の逸脱行動:日米比較

大学生の自己概念と親子・友人関係:日米比較

著書

論文

  • Kobayashi, Emiko, Harold G. Grasmick and Gustav Friedrich. "A Cross-Cultural Study of Shame, Embarrassment, and Management Sanctions as Deterrents to Noncompliance with Organizational Rules." Communication Research Reports 18巻 2号 105-117頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Grasmick, Harold G. and Emiko Kobayashi. "Workplace Deviance in Japan: Applying an Extended Model of Deterrence." Deviant Behavior 23巻 1号 21-43頁 2002/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Grasmick, Harold G. and Emiko Kobayashi. "Gender and Noncompliance with Workplace Rules in Japan: Contributions of Managerial Sanctions, Embarrassment, and Shame." NUCB J Economics & Information Science 46巻 75-88頁 2002/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Kobayashi, Emiko and Harold G. Grasmick. "Workers’ Decisions to Comply: A Comparison of the Perceived Threats of Managerial Sanctions, Embarrassment and Shame in Japan and the United States."  NUCB J Language, Culture & Communication 4巻 1-12頁 2002/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Kobayashi, Emiko and Harold G. Grasmick. "Punishment for Noncompliance and Rewards for Compliance: A Comparison of Japanese and American Workers." NUCB J Economics & Information Science 47巻 125-136頁 2003/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)

全て表示

  • 「日本人大学生の逸脱行動 ―仲間の逸脱観と行動が及ぼす影響―」 『言語文化論叢』 12巻 123-140頁 2008/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Kobayashi, Emiko, Susan F. Sharp and Harold G. Grasmick. "Gender and Deviance: A Comparison of College Students in Japan and the United States." Deviant Behavior 29巻 5号 413-439頁 2008/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「ストレスと学業怠慢 ―総合的緊張理論の有効性―」 『言語文化論叢』 13巻 107-128頁 2009/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Fukushima, Miyuki, Susan F. Sharp and Emiko Kobayashi. "Bond to Society,Collectivism, and Conformity: A Comparative Study of Japanese and American College Students."  Deviant Behavior 30巻 5号 434-466頁 2009/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Kobayashi, Emiko, Harold R. Kerbo and Susan F. Sharp. "Differences in Individualistic and Collectivistic Tendencies among College Students in Japan and the United States." International Journal of Comparative Sociology 51巻 1-2号 59-84頁 2010/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 小林恵美子・福島深雪.「ストレスが学業不正行為に及ぼす影響 ―総合的緊張理論の有効性―」 『言語文化論叢』 14巻 165-188頁 2010/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Kobayashi, Emiko, Alexander T. Vazsonyi, Pan Chen and Susan F. Sharp. "A Culturally-Nuanced Test of Gottfredson and Hirschi’s “General Theory”: Dimensionality and Generalizability in Japan and the United States." International Criminal Justice Review 20巻 2号 112-131頁 2010/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「社会とのつながりと学業不正行為 ―社会的コントロール理論の分析的妥当性―」 『言語文化論叢』 15巻 159-181頁 2011/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Kobayashi, Emiko, Ronald L. Akers and Susan F. Sharp. "Attitude Transference and Deviant Behavior: A Comparative Study in Japan and the United States." Deviant Behavior 32巻 5号 405-440頁 2011/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Kobayashi, Emiko and Harold R. Kerbo. "Differences in Perceived Levels of Informal Punishments for Compliance and Rewards for Compliance: A Comparison of Japanese and American Workers." Deviant Behavior 33巻 1号 40-57頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「緊張とネガティブな情動が怠学行動に及ぼす影響 ―General Strain Theoryの分析的妥当性―」 『言語文化論叢』 16巻 129-151頁 2012/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Kobayashi, Emiko and Miyuki Fukushima. "Gender, Social Bond, and Academic Cheating in Japan." Sociological Inquiry 82巻 282-304頁 2012/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「教育、職業、収入アスピレーションの男女差 ―大学生対象の意識調査分析―」 『言語文化論叢』 17巻 155-168頁 2013/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Kobayashi, Emiko and Harold R. Kerbo. "Gender, Risk Preferences, and Parental Control: Evidence from Japanese College Students." Sociological Spectrum 34巻 22-38頁 2014/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Kobayashi, Emiko and John Bintliff. "Student Evaluations as Effective Indicators of Learning Outcomes: Evidence from Japanese College Students in English Language Courses." 『言語文化論叢』 18巻 1-19頁 2014/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Fukushima, Miyuki, Susan F. Sharp and Emiko Kobayashi. "A Cross-Cultural Examination of the Disjuncture Between Aspirations and Expectations/Perceived Outcomes: Strain and Academic Deviance in the United States and Japan." Sociological Inquiry 85巻 462-491頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Kobayashi, Emiko and Harold R. Kerbo. "The Deterrent Effects of Punishments for Noncompliance and Rewards for Compliance: A Comparison of Hospital Employees in Japan and the United States." Deviant Behavior 37巻 1077-1094頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Kobayashi, Emiko. "Individual Differences in the Selection of Three Uncertainty Reduction Strategies." Presented at the Annual Meeting of the Sooner Communication Conference. Norman, OK.(1992)
  • Kobayashi, Emiko and Peter Wood. “The Impact of Racial Stereotypes on Whites’ Support for Black-Targeted Programs.” Presented at the Annual Meeting of the Southwestern Sociological Association. Dallas, TX.(1995)
  • Kobayashi, Emiko. “A Cross-Cultural Study of Noncompliant Behaviors in Japanese and United States Companies: Noncompliance as a Response to Perceived Threats of Shame, Embarrassment, and Management Sanctions.” (会議名:日本コミュニケーション学会第27回年次大会(長崎純心女子大学))(1997)
  • Kobayashi, Emiko and Ling Chen. “Noncompliance and Perceived Threats of Shame and Embarrassment: A Cross-Cultural Study of Subordinates in Japanese and the United States Companies.” Presented at the Annual Convention of the National Communication Association. Chicago, IL.(1997)
  • Kobayashi, Emiko and Gustav W. Friedrich. “A Cross-Cultural Study of Noncompliant Behaviors in Japanese and American Hospitals: Noncompliance as a Response to Perceived Threats of Shame, Embarrassment, and Management Sanctions.” Presented at the Annual Convention of the National Communication Association. New York.(1998)

全て表示

  • 小林恵美子・Harold G. Grasmick・Susan F. Sharp.「セルフ・コントロール尺度の構成因子 ―日米大学生の比較調査―」(会議名:日本犯罪社会学会第32回大会(大阪商業大学))(2005)
  • Kobayashi, Emiko, Harold G. Grasmick and Susan F. Sharp. “Gender and Deviance: A Comparison of College Students in Japan and the United States.” Presented at the International Conference on Comparative Social Sciences. Tokyo, Japan.(2006)
  • 小林恵美子・Harold G. Grasmick・Susan F. Sharp.「非行仲間がもたらす影響度の性別間差異 ―日米大学生の比較検証―」(会議名:日本犯罪社会学会第33回大会(中央大学多摩キャンパス))(2006)
  • 小林恵美子・福島深雪.「ストレスがカンニング行為に及ぼす影響 ―総合的緊張理論の有効性―」(会議名:第80回日本社会学会大会 (関東学院大学))(2007)
  • 小林恵美子.「社会との絆が学業不正行為に及ぼす影響 ―社会的コントロール理論の有効性―」(会議名:第81回日本社会学会大会(東北大学))(2008)
  • Kobayashi, Emiko, Miyuki Fukushima and Susan F. Sharp. “Bond to Society and Academically Unmotivated Behavior: A Comparison of College Students in Japan and the United States.” Presented at the Annual Meeting of the Southern Sociological Society. New Orleans, LA.(2009)
  • Fukushima, Miyuki, Emiko Kobayashi and Susan F. Sharp. “Strain and Cheating among College Students in Japan and the U.S.: Cross-Cultural Application of Agnew’s General Strain Theory.” Presented at the Annual Meeting of the Southern Sociological Society. New Orleans, LA.(2009)
  • 小林恵美子.「学業不正行為の性別間差異 ―社会的コントロール理論の有効性―」(会議名:日本教育社会学会第61回大会(早稲田大学))(2009)
  • Kobayashi, Emiko. “Informal Punishment for Noncompliance and Reward for Compliance as Inhibitors of Organizational Rule Violation.” Presented at the Annual Meeting of the American Society of Criminology, Philadelphia, PA.(2009)
  • Fukushima, Miyuki, Susan F. Sharp and Emiko Kobayashi. “Examination of the Effects of Family and Peers on Deviance across Culture and Gender.” Presented at the Annual Meeting of the American Society of Criminology, Philadelphia, PA.(2009)
  • 小林恵美子.「危険嗜好と親の管理状況 ―パワー・コントロール理論の応用―」(会議名:日本教育社会学会第62回大会(関西大学))(2010)
  • Kobayashi, Emiko. “The Gender Gap in Levels of Deviance in Japan: The Applicability of Theories of Deviance.” Presented at the Annual Meeting of the American Society of Criminology, San Francisco, CA.(2010)
  • Fukushima, Miyuki, Susan F. Sharp and Emiko Kobayashi. “An Application of Agnew’s General Strain Theory to Academic Misconduct among Japanese and American College Students.” Presented at the Annual Meeting of the American Society of Criminology, San Francisco, CA.(2010)
  • 小林恵美子.「緊張と学業不正行為 ―General Strain Theoryの分析的妥当性―」(会議名:日本教育社会学会第63回大会(お茶の水大学))(2011)
  • 小林恵美子.「教育,職業,大人の地位獲得への成功欲求の男女差 ―日本人大学生対象の意識調査分析―」 (会議名:日本教育社会学会第64回大会(同志社大学))(2012)
  • 小林恵美子.「飲酒に対する制裁と非飲酒に対する制裁―未成年大学生対象の意識調査分析―」(会議名:日本教育社会学会第65回大会(埼玉大学))(2013)
  • Buchanan, M., Krohn, M. D., Kobayashi, E., Pujols, B., & Lee, Y. "Assessing General Strain Theory: Preliminary analyses of a comprehensive model." Presented at the Annual Meeting of the Northeastern Association of Criminal Justice Sciences, Portsmouth, RI.(2014)
  • Kobayashi, Emiko. “Bullying among Japanese High School Students: Applying Social Bond Theory.” Presented at the Annual Conference of the European Society of Criminology. Porto, Portugal.(2015)
  • Kobayashi, Emiko. “Age, Gender, and Deviance: A Comparison of Workers in Japan and the United States.” Presented at the Annual Meeting of the American Society of Criminology, Washington, D.C.(2015)
  • Kobayashi, Emiko. “Self-Control, Independent-Interdependent Self-Concepts, and Bullying: A Comparative Study of Japanese Male and Female Adolescents.” Presented at the Annual Meeting of the American Society of Criminology, New Orleans, LA.(2016)
  • Kobayashi, Emiko. “Gender and Bullying in Japan: An Applicability of Differential Association/Social Learning Theory.” Presented at the Annual Conference of the European Society of Criminology. Cardiff, Wales.(2017)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「青少年犯罪の日米比較:制裁に対する意識レベルと自己統制力が持つ抑止効果の研究」(2002-2003) 代表者
○若手研究(B)「犯罪社会学4大理論が日米大学生の社会ルール違反行為に及ぼす影響:セルフ・コントロール理論、緊張理論、社会学習理論、社会紐帯理論の効力とその因果関係」(2004-2006) 代表者
○基盤研究(C)「日米大学生の飲酒、喫煙の動機付けと抑止要因:分化的強化と拡大抑止理論の検証」(2010-2012) 代表者
○基盤研究(C)「日本人高校生によるいじめの原因調査」(2014-2016) 代表者
○基盤研究(C)「逸脱理論の適応性:日本人高校生のジェンダーギャップと一般化可能性」(2017-2020) 代表者

学域・学類担当授業科目

○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○英語Ⅱ(プレゼンテーション)(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○英語Ⅱ(プレゼンテーション)(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○英語Ⅱ(プレゼンテーション)(2016)
○英語Ⅱ(プレゼンテーション)(2016)
○英語セミナー(プレゼンテーション)(2016)
○英語セミナー(プレゼンテーション)(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○英語Ⅰ(リーディング)(2015)
○英語Ⅰ(リスニング)(2015)
○英語Ⅰ(リスニング)(2015)
○英語Ⅰ(リーディング)(2015)
○英語Ⅰ(リスニング)(2015)
○英語Ⅰ(リスニング)(2015)
○英語Ⅰ(リスニング)(2015)
○英語Ⅱ(ディスカッション)(2015)
○英語Ⅱ(ディスカッション)(2015)
○英語Ⅱ(ディスカッション)(2015)
○英語Ⅰ(リスニング)(2014)
○英語Ⅰ(リスニング)(2014)
○英語Ⅰ(リスニング)(2014)
○英語Ⅰ(リーディング)(2014)
○英語Ⅱ(ディスカッション)(2014)
○英語Ⅱ(ディスカッション)(2014)
○英語Ⅰ(リスニング)(2014)
○英語Ⅰ(リスニング)(2014)
○英語Ⅰ(リーディング)(2014)
○英語Ⅰ(リスニング)(2014)

大学院担当授業科目

○異文化間コミュニケーションB/共通教育(2016)
○異文化間コミュニケーションA/共通教育(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

○英語表現力調査 ―大学1年生対象の調査分析― (2007-2009)
○英語を使った授業の導入について ―大学教員の意識調査分析― (2011)
○語学に特化した授業評価アンケートのあり方 (2012-2013)
○金沢大学1年生の英語能力の現状と課題:TOEICスコア分析(2014-2015)(2015)
○GS科目の効果的授業デザイン設計に関する研究(2016)

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○金沢大学地域連携推進センター(2006-2006) 平成18年度金沢大学公開講座「世界の都市」(第5回「オクラホマの歴史と文化」)担当
○金沢大学外国語教育研究センター(2007-2007) 文部科学省委嘱事業「英語指導力開発ワークショップ―発信から協働へ―」("Business and Workplace Negotiation")担当
○石川県高等学校文化連盟英語部主催(2012-2012) 高文連英語部スピーチコンテスト審査員(9月15日)
○金沢大学学生部(2014-2014) 平成26年度金沢大学教員免許状更新講習 選択講座「異文化間コミュニケーション」担当

このページの先頭へ