本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年12月08日

松下 貴史 (まつした たかし) 講師 MATSUSHITA, Takashi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

附属病院

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 創薬科学専攻

所属研究室等

金沢大学 医薬保健研究域 医学系 皮膚科学講座 TEL:076-265-2342 FAX:076-234-4270

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 2006/03 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 1999/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

Duke大学免疫学教室(2007/04/01-)
金沢大学大学院医学系研究科 皮膚科(2010/04/01-)

生年月

1974年06月

所属学会

日本皮膚科学会(専門医)
日本研究皮膚科学会 (若手理事、若手セミナー委員)
日本臨床免疫学会
日本アレルギー学会(専門医)
日本リウマチ学会(専門医)
米国研究皮膚科学会
米国リウマチ学会
Journal of Dermatological Science; Editorial Board
Scientific Reports; Editorial Board

学内委員会委員等

○放射線部運営委員会 委員(2018-2018)

受賞学術賞

○日本皮膚科学会総会ポスター賞(2005/04/24)
○高安賞優秀賞(2006/07/01)
○日本学術振興会 海外特別研究員(2008/04/01)
○日本皮膚科学会基礎医学研究費(2011/04/01)
○北陸銀行若手研究者助成金(2011/04/01)
○上原記念生命科学財団 研究奨励金(2012/03/09)
○日本応用酵素協会「全身性炎症性疾患の病因・病態の解明に関する研究助成」(2012/09/12)
○日本リディアオリリー協会研究助成金(2012/01/01)
○かなえ医薬振興財団助成金(2013/11/15)
○アレルギー学会 Best presentation award(2017/06/18)
○金沢大学十全医学賞(2017/11/29)
○ガルデルマ・マルホ研究賞(2017/12/16)
○IID2018 JDA Travel Grant(2018/04/23)
○日本皮膚科学会 皮膚医学研究基金(2018/05/31)
○高木賞(2019/03/04)
○リディアオリリー記念ピアス皮膚科学振興財団助成金(2019/04/10)

専門分野

皮膚科学

専門分野キーワード

全身性強皮症、皮膚筋炎、自己抗体、B細胞免疫学

研究課題

全身性強皮症

制御性B細胞

サイトカイン

著書

  • Identifying Regulatory B Cells (B10 cells) That Produce IL-10 In Mice.  Methods in Molecular Biology 2011/02 原著書 共著 677巻 99-111頁
  • 皮膚筋炎「皮膚病変からとらえる膠原病-皮膚科からの逆襲-」 全日本病院出版会 Derma 2011/03 原著書 共著 25-32頁
  • 膠原病診療のすべて:限局性強皮症で認められる免疫学的異常 中山出版 2011/11 原著書 単著
  • 最新皮膚科治療:全身性強皮症の最新治療 文光堂 2013/06 原著書 単著
  • 抗アミノアシルtRNA合成酵素抗体症候群. 「最近のトピックス2006」 臨床皮膚科 2006/10 原著書 44-48,頁

全て表示

  • 抗アミノアシルtRNA合成酵素抗体症候群. 診断と治療社 リウマチ・膠原病 最新トピックス 2005/04 原著書 共著 109-110頁
  • 抗アミノアシルtRNA合成酵素抗体症候群. 先端医療技術研究所 皮膚疾患の最新医療 2006/05 原著書 共著 161-164頁
  • 皮膚疾患最新の治療. 「Sjögren症候群」 南江堂, 東京 2017 分担執筆 松下貴史

論文

  • A novel splenic B1 regulatory cell subset suppresses an allergic disease via PI3K-Akt pathway activation. Matsushita T, et al J Allergy Clin Immunol. 138巻 4号 1170-1182頁 2016/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of a Rare IL-10-Competent B Cell Subset in Man That Parallels Mouse Regulatory B10 Cells. Blood 117巻 530-41頁 2011/01 査読有 原著論文
  • Regulatory B Cells (B10 Cells) and Regulatory T Cells Have Independent Roles in Controlling Experimental Autoimmune Encephalomyelitis Initiation and Late-Phase Immunopathogenesis. Journal of Immunology 185巻 2240-2252頁 2010/05 査読有 原著論文
  • Regulatory B cells inhibit EAE initiation in mice while other B cells promote disease progression.  JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION 118巻 3420-30頁 2008/10 査読有 原著論文
  • BAFF Antagonist Attenuates the Development of Skin Fibrosis in Tight-Skin Mice. JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY 127巻 2772-80頁 2007/10 査読有 原著論文

全て表示

  • Elevated Serum BAFF Levels in Patients with Systemic Sclerosis (SSc): Enhanced BAFF Signaling in SSc B Lymphocytes. ARTHRITIS AND RHEUMATISM 54巻 192-201頁 2006/02 査読有 原著論文
  • Inhibitory Role of CD19 in the Progression of Experimental Autoimmune Encephalomyelitis by Regulating Cytokine Response. AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY 168巻 812-21頁 2006/08 査読有 原著論文
  • A novel splenic B1 regulatory cell subset suppresses an allergic disease via PI3K-Akt pathway activation.  138巻 4号 1170-1182頁 2016 査読有 原著論文
  • Decreased Levels of Regulatory B cells in Patients with Systemic Sclerosis: Association with autoantibody production and disease activity.  55巻 2号 263-7頁 2016 査読有 原著論文
  • Scleroderma: recent lessons from murine models and implications for future therapeutics. Expert Review of Dermatology in press巻 2013/10 査読有 総説
  • Donor-derived regulatory B cells are important for suppression of murine sclerodermatous chronic graft-versus-host disease.  121巻 3274-3283頁 2013/01 査読有 原著論文
  • FTY720 ameliorates murine Scl-cGVHD by promoting expansion of splenic regulatory cells and inhibiting immune cell infiltration into skin.  65巻 1624-1635頁 2013/01 査読有 原著論文
  • IL-6 blockade attenuates the development of murine sclerodermatous chronic graft-versus-host disease. 132巻 2752-2761頁 2012/01 査読有 原著論文

講演・口頭発表等

  • A unique CD9+CD80+ regulatory B cell inhibits contact hypersensitivity response.
  • A novel splenic B1 regulatory B cell subset with a unique CD9+CD80+ phenotype suppresses an allergic disease via PI3K-Akt pathway activation. (2016)
  • シンポジウム「Bregと皮膚疾患:制御性B細胞と接触皮膚炎」(会議名:第80回日本皮膚科学会東部支部)(2016/10/29)
  • 教育講演「強皮症:最近の話題 全身性強皮症における制御性B細胞の役割」(会議名:第115回日本皮膚科学会総会)(2016/06/04)

芸術・フィールドワーク

特許

○Regulatory b cells and their uses(特許番号:WO2012019041)

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「サイトカイン産生B細胞の制御による強皮症の新規治療法の開発」(2019-2021) 代表者
○基盤研究(C)「全身性強皮症におけるEffector B細胞の役割についての検討」(2017-2019) 分担者
○基盤研究(C)「強皮症モデルマウスにおけるサイトカイン産生B細胞の役割」(2016-2018) 代表者
○基盤研究(C)「全身性強皮症ならびに強皮症モデルマウスにおけるSyk阻害剤の有効性の検討」(2014-2016) 分担者
○基盤研究(C)「全身性強皮症におけるregulatory B細胞の機能解析および新規治療法の開発」(2013-2015) 代表者
○若手研究(B)「制御性B細胞におけるPI3Kシグナルによる制御機構の解析」(2011-2012) 代表者
○基盤研究(C)「全身性強皮症患者および線維化モデルマウスにおける制御性B細胞の解析」(2011-2013) 分担者
○研究活動スタート支援「Sclerodermatous GVHDマウスにおける制御性B細胞の役割」(2010-2010) 代表者
○若手研究(B)「BAFFアンタゴニストによる強皮症モデルマウスの治療」(2006-2007) 代表者

学域・学類担当授業科目

○皮膚科学系統講義(2017)
○皮膚科学臨床実習BSL(2017)
○皮膚科学系統講義(2016)
○皮膚科学臨床実習BSL(2016)

大学院担当授業科目

○血管新生学・結合組織代謝学特論(2017)
○血管新生学・結合組織代謝学特論(2017)
○血管新生学・結合組織代謝学特論(2016)
○血管新生学・結合組織代謝学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○全身性強皮症
○皮膚筋炎
○制御性B細胞

その他公的社会活動

○金沢大学附属病院(2017-2017) 膠原病サロン「強皮症について」
○金沢大学附属病院(2016-2016) 膠原病サロン「強皮症について」
○日本皮膚科学会(2012-2012) 皮膚の日、市民講座「蕁麻疹について」

このページの先頭へ