本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年06月26日

片桐 孝和 (かたぎり たかまさ) 准教授 KATAGIRI Takamasa

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系 病態検査学
准教授

教育分野

【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻 病態検査学講座 腫瘍検査学分野
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻 病態検査学講座 腫瘍検査学分野

所属研究室等

腫瘍検査学分野

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 修了
【出身大学】
金沢大学  卒業
【取得学位】
博士

職歴

金沢大学医薬保健研究域病態検査学講座 准教授
金沢大学医薬保健研究域病態検査学講座 助教
金沢大学医学部細胞移植学講座 Postdoctoral Fellow

生年月

所属学会

International Society for Stem Cell Research
International PNH Interest Group
日本臨床免疫学会
日本免疫学会 高校生物教育・教科書検討実行委員会 委員(2021-2022)
日本血液学会
日本血液疾患免疫療法学会

学内委員会委員等

○図書委員会 委員(2022-2023)
○広報委員会 委員(2016-2017)
○つるまだより編集委員 委員(2016-2016)
○学生相談室 委員(2018-2022)
○クラス担任 その他(2020-2023)
○クラス担任 その他(2015-2018)

受賞学術賞

○教育活動における優秀教員(2024/04/05)
○日本血液学会 Best Poster Award(博士前期課程2年 岩﨑)(2023/10/13)
○日本血液学会 Best Poster Award(2022/10/14)
○教育活動における優秀教員(2022/04/01)
○教育活動における優秀教員(2019/03/31)
○日本血液学会 学会奨励賞(2011/09/16)
○米国血液学会 Abstract achievement award(2010/12/07)
○金沢大学 研究奨励支援 (2010/12/01)
○米国血液学会 Abstract achievement award(2009/12/07)
○日本血液学会 Best Poster Award(2009/10/14)

専門分野

免疫学、血液内科学

専門分野キーワード

自己免疫疾患、iPS細胞、骨髄移植

研究課題

自己免疫性造血器疾患の病態解明および新規検査法・治療法の確立

患者iPS細胞とBRGSを用いた特異的表現型を有する患者造血マウスモデルの創出

患者造血における時間的・空間的造血制御変容の解明

著書

論文

  • Insights into clonal hematopoiesis and somatic loss of HLA class I allele in autoimmune bone marrow failure Precision Medicine 7巻 7号 551-553頁 2024 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • A case of hepatitis-associated aplastic anemia following living-donor liver transplantation for fulminant hepatitis showing loss of heterozygosity in the 6p chromosome in the affected liver British Journal of Haematology 204巻 2号 623-627頁 2024 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Elucidation of the characteristics of hematopoietic stem progenitor cells with malignant tumor-related gene mutations using iPS cells derived from patients with autoimmune bone marrow failure Bio clinica 38巻 4号 37-39頁 2023 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • HLA class I allele loss and bone marrow transplantation outcomes in immune aplastic anemia Transplantation and Cellular Therapy 30巻 3号 281.e1-281.e13.頁 2023 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Familial immune-mediated aplastic anaemia in six different families eJHaem 4巻 3号 714-718頁 2023 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Hematopoietic stem progenitor cells with malignancy-related gene mutations in patients with acquired aplastic anemia are characterized by the increased expression of CXCR4 eJHaem 3巻 3号 669-680頁 2022 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Frequent HLA-DR loss on hematopoietic stem progenitor cells in patients with cyclosporine-dependent aplastic anemia carrying HLA-DR15  Leukemia 36巻 6号 1666-1675頁 2022 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The GPI-anchored protein CD109 protects hematopoietic progenitor cells from undergoing erythroid differentiation induced by TGF-β Leukeima 36巻 3号 847-855頁 2022 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • HLA class I allele-lacking leukocytes predict rare clonal evolution to MDS/AML in patients with acquired aplastic anemia Blood 137巻 25号 3576-3580頁 2021 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Frequent Nonsense Mutation in Exon 1 Across Certain HLA-A and -B Alleles in Leukocytes of Patients With Acquired Aplastic Anemia Haematologica 106巻 6号 1581-1590頁 2021 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hematopoietic stem progenitor cells lacking HLA differ from those lacking GPI-anchored proteins in the hierarchical stage and sensitivity to immune attack in patients with acquired aplastic anemia Leukemia 2021 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Natural Killer Cell Function Changes by the Japanese Kampo Medicine Juzentaihoto in General Fatigue Patients. Advances in Integrative Medicine 8巻 1号 33-43頁 2021 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Resistance of KIR Ligand-Missing Leukocytes to NK Cells In Vivo in Patients with Acquired Aplastic Anemia Immunohorizons 4巻 7号 430-441頁 2020 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Clonal hematopoiesis by SLIT1-mutated hematopoietic stem cells due to a breakdown of the autocrine loop involving Slit1 in acquired aplastic anemia. Leukemia 2019/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Kampo medicine for Frailty as Kidney deficiency. Journal of Public Health Issues and Practices 3巻 2号 142頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Escape Hematopoiesis by HLA-B5401-lacking Hematopoietic Stem Progenitor Cells in Men With Acquired Aplastic Anemia. Haematologica 104巻 10号 447-450頁 2019/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sustained clonal hematopoiesis by HLA-lacking hematopoietic stem cells without driver mutations in aplastic anemia. Blood Adv 2巻 9号 1000-1012頁 2018/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hematopoiesis by iPSC-derived hematopoietic stem cells of aplastic anemia that escape cytotoxic T-cell attack. Blood Adv 2巻 4号 390-400頁 2018/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Immune-Mediated Hematopoietic Failure after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation: a Common Cause of Late Graft Failure in Patients with Complete Donor Chimerism. Biol Blood Marrow Transplant 24巻 1号 43-49頁 2018/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of an HLA class I allele closely involved in the auto-antigen presentation in acquired aplastic anemia. Blood 129巻 21号 2908-2916頁 2017/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Clinical significance and origin of leukocytes that lack HLA-A allele expression in patients with acquired aplastic anemia. Exp Hematol 44巻 10号 931-939頁 2016/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Paroxysmal nocturnal hemoglobinuria induced by the occurrence of BCR-ABL in a PIGA mutant hematopoietic progenitor cell Leukemia 30巻 5号 1208-1210頁 2016/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cyclosporine restores hematopoietic function by compensating for decreased Tregs in patients with pure red cell aplasia and acquired aplastic anemia. Ann Hematol 95巻 5号 771-781頁 2016/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of HLA-B*40:02-restricted T cells possessing cytotoxic and suppressive functions against haematopoietic progenitor cells from a patient with severe aplastic anaemia Br J Haematol.  172巻 1号 131-134頁 2016/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Increased glycosylphosphatidylinositol-anchored protein-deficient granulocytes define a benign subset of bone marrow failures in patients with trisomy 8. Eur J Haematol.  95巻 3号 230-238頁 2015/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Somatic Mutations and Clonal Hematopoiesis in Aplastic Anemia N Engl J Med. 373巻 1号 35-47頁 2015/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 再生不良性貧血における 6 番染色体短腕CNN-LOHによるHLAアレル欠失血球の出現とその臨床的意義  臨床免疫・アレルギー科 59巻 6号 658-665頁 2013/06 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Individual hematopoietic stem cells in human bone marrow of patients with aplastic anemia or myelodysplastic syndrome stably give rise to limited cell lineages. STEM CELLS 31巻 3号 536-46頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Immunologically escaped hematopoiesis caused by HLA allelic loss in patients with aplastic anemia]. Rinsho Ketsueki 53巻 7号 651-7頁 2012/07 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Favorable outcome of patients who have 13q deletion: a suggestion for revision of the WHO 'MDS-U' designation. Haematologica 97巻 12号 1845-1849頁 2012/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Frequent loss of HLA alleles associated with copy number-neutral 6pLOH in acquired aplastic anemia. Blood 118巻 25号 6601-6609頁 2011/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sustained trilineage hematopoietic recovery in a patient with refractory anemia, del(13)(q12q22), and paroxysmal nocturnal hemoglobinuria-type cells treated with immunosuppressive therapy. Leuk Res.  35巻 9号 147頁 2011/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preemptive therapy of human herpesvirus-6 encephalitis with foscarnet sodium for high-risk patients after hematopoietic SCT.  Bone Marrow Transplant 46巻 6号 863頁 2011/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • GPI-anchored protein-deficient T cells in patients with aplastic anemia and low-risk myelodysplastic syndrome: implications for the immunopathophysiology of bone marrow failure. Eur J Haematol. 86巻 3号 226-36頁 2011/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Safety of pre-engraftment prophylactic foscarnet administration after allogeneic stem cell transplantation.  Transpl Infect Dis. 14巻 1号 33-39頁 2011/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Biased usage of BV gene families of T-cell receptors of WT1 (Wilms' tumor gene)-specific CD8+ T cells in patients with myeloid malignancies.  Cancer Sci 101巻 3号 594-600頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of a WT1 protein-derived peptide, WT1, as a HLA-A 0206-restricted, WT1-specific CTL epitope.  Microbiol Immunol 52巻 11号 551-8頁 2008/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mismatch of minor histocompatibility antigen contributes to a graft-versus-leukemia effect rather than to acute GVHD, resulting in long-term survival after HLA-identical stem cell transplantation in Japan.  Bone Marrow Transplant 38巻 10号 681-6頁 2006/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • HA-1不適合によるGVL効果 –再発率と生存率への影響.  日本輸血学会誌 51巻 1号 51頁 2005/03

講演・口頭発表等

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

○PNH型白血球の検出方法(公開年月:2012/06/28)(特許番号:特許第5791095号)

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「自己免疫性骨髄不全症患者iPS細胞を用いた疾患モデルの創出と選択的造血制御の解明」(2023-2026) 代表者
○基盤研究(C)「自己免疫性造血不全における新たな免疫回避機構による造血制御変容の基盤的解明」(2020-2022) 代表者
○基盤研究(C)「iPS細胞由来ヒト造血幹細胞を用いた自己免疫性造血不全の発症機序の解明」(2017-2019) 代表者
○基盤研究(C)「治療関連骨髄性腫瘍の疫学的、分子生物学的研究」(2016-2018) 分担者
○新学術領域研究ゲノム支援「発作性夜間血色素尿症(PNH)形質を利用したヒト造血幹細胞動態の解明」(2015-2016) 代表者
○若手研究(B)「発作性夜間血色素尿症(PNH)形質を利用したヒト造血幹細胞動態の解明」(2014-2016) 代表者
○新学術領域研究ゲノム支援「HLAアレル欠失現象を利用したヒト造血幹細胞制御分子の同定」(2012-2013) 代表者
○若手研究(B)「HLAアレル欠失現象を利用したヒト造血幹細胞制御分子の同定」(2012-2013) 代表者

競争的資金・寄付金等

○助成金 (2024-2025) 研究 三谷研究開発研究助成
○助成金 (2017-2017) 研究 北國がん基金
○助成金 (2015-2015) 研究 北陸銀行若手研究者助成
○助成金 (2014-2016) 研究 先進医薬研究振興財団 血液医学分野
○助成金 (2012-2015) 研究 武田科学振興財団 医学系研究奨励

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○輸血移植検査学演習(2024)
○免疫学(2024)
○初学者ゼミⅡ(2024)
○免疫学実習(2024)
○公衆衛生学(2024)
○輸血検査学(2024)
○血液・輸血検査学臨地実習(2024)
○血清・免疫検査学実習(2023)
○血液・輸血検査学臨地実習(2023)
○初学者ゼミⅡ(2023)
○輸血検査学(2023)
○免疫学(2023)
○血清・免疫検査学(2023)
○公衆衛生学(2023)
○血液・輸血検査学臨地実習(2022)
○初学者ゼミⅡ(2022)
○卒業研究(2022)
○免疫学(2022)
○血清・免疫検査学実習(2022)
○輸血検査学(2022)
○血清・免疫検査学(2022)
○血液学(2022)
○公衆衛生学(2022)
○血液・輸血検査学臨地実習(2021)
○血清・免疫検査学(2021)
○血清・免疫検査学実習(2021)
○卒業研究(2021)
○公衆衛生学(2021)
○免疫学(2021)
○血液学(2021)
○輸血検査学(2021)
○輸血検査学(2020)
○公衆衛生学(2020)
○卒業研究(2020)
○初学者ゼミⅠ(2020)
○血液・輸血検査学臨地実習(2020)
○免疫学(2020)
○初学者ゼミⅡ(2020)
○血清・免疫検査学実習(2020)
○血清・免疫検査学(2020)
○解剖学実習(2020)
○地域概論(2020)
○血液学(2020)
○地域概論(2019)
○免疫学(2019)
○血液・輸血検査学臨地実習(2019)
○公衆衛生学(2019)
○卒業研究(2019)
○解剖学実習(2019)
○血清・免疫検査学実習(2019)
○血清・免疫検査学(2019)
○輸血検査学(2019)
○血液学(2019)
○卒業研究(2018)
○血清・免疫検査学実習(2018)
○解剖学実習(2018)
○血清・免疫検査学(2018)
○血液学(2018)
○輸血検査学(2018)
○免疫学(2018)
○血液・輸血検査学臨地実習(2018)
○地域概論(2018)
○血清・免疫検査学(2017)
○輸血検査学(2017)
○解剖学実習(2017)
○GS科目・健康科学(2017)
○地域概論(2017)
○血清・免疫検査学実習(2017)
○血液・輸血検査学臨地実習(2017)
○卒業研究(2017)
○免疫学(2017)
○卒業研究(2016)
○輸血検査学特論(2016)
○解剖学実習(2016)
○輸血検査学(2016)
○血清・免疫検査学(2016)
○免疫学(2016)
○生理学演習(2016)
○血液・輸血検査学臨地実習(2016)
○血清・免疫検査学実習(2016)
○解剖学実習(2015)
○輸血検査学(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○免疫学(2015)
○血清・免疫検査学(2015)
○卒業研究(2015)
○生理学演習(2015)
○血液・輸血検査学臨地実習(2015)
○血清・免疫検査学実習(2015)
○血液・輸血検査学臨地実習(2014)
○血清・免疫検査学実習(2014)
○生理学演習(2014)
○輸血検査学(2014)
○血清・免疫検査学(2014)
○免疫学(2014)
○医用工学概論実習(2014)
○卒業研究(2014)
○解剖学実習(2014)

大学院担当授業科目

○腫瘍検査学特別研究(2024)
○腫瘍検査学特講演習(2024)
○腫瘍検査学特講(2024)
○腫瘍検査学課題研究(2024)
○血液免疫病態学演習(2024)
○血液免疫病態学特論(2024)
○医用検査科学研究方法論(2024)
○腫瘍検査学特別研究(2023)
○腫瘍検査学特講演習(2023)
○腫瘍検査学特講(2023)
○腫瘍検査学課題研究(2023)
○血液免疫病態学演習(2023)
○血液免疫病態学特論(2023)
○医用検査科学研究方法論(2023)
○腫瘍検査学特別研究(2022)
○腫瘍検査学特講演習(2022)
○腫瘍検査学特講(2022)
○腫瘍検査学課題研究(2022)
○医用検査科学研究方法論(2022)
○血液免疫病態学特論(2022)
○血液免疫病態学演習(2022)
○医用検査科学研究方法論(2021)
○血液免疫病態学特論(2021)
○血液免疫病態学演習(2021)
○医用検査科学研究方法論(2020)
○血液免疫病態学特論(2020)
○血液免疫病態学演習(2020)
○血液免疫病態学特論(2019)
○医用検査科学研究方法論(2019)
○血液免疫病態学演習(2019)
○血液免疫病態学特論(2018)
○医用検査科学研究方法論(2018)
○血液免疫病態学演習(2018)
○血液免疫病態学演習(2017)
○医用検査科学研究方法論(2017)
○血液免疫病態学特論(2017)
○医用検査科学研究方法論(2016)
○腫瘍検査学課題研究(2016)
○血液免疫病態学演習(2016)
○血液免疫病態学特論(2016)
○医用検査科学研究方法論(2015)
○腫瘍検査学課題研究(2015)
○血液免疫病態学演習(2015)
○保健学研究方法論(2015)
○血液免疫病態学特論(2015)
○血液免疫病態学特論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ