本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

松中 哲也 (まつなか てつや) 助教 MATSUNAKA, Tetsuya

メール

所属組織・役職等

環日本海域環境研究センター

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類 化学コース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻

所属研究室等

低レベル放射能実験施設 TEL:076-151-4440 FAX:076-151-5528

学歴

【出身大学院】
東海大学 博士課程 理工学研究科 2008/03 単位取得満期退学
東海大学 修士課程 海洋学研究科 2005/03 修了
【出身大学】
東海大学  海洋学部 2003/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

株式会社静環検査センター 環境事業部 期間社員(2012/11-2013/03)
筑波大学 研究基盤総合センター応用加速器部門 研究員(2013/04-2017/03)
金沢大学 環日本海域環境研究センター 助教(2017/04-)

生年月

1980年08月

所属学会

日本地球化学会
日本放射化学会
日本陸水学会
日本地球惑星科学連合
日本AMS研究協会
タンデム加速器及びその周辺技術の研究会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○第18回AMSシンポジウム 優秀口頭発表賞(2016/03/05)
○第17回AMSシンポジウム 若手研究者最優秀発表賞(2015/03/02)

専門分野

地球宇宙化学、環境動態解析

専門分野キーワード

加速器質量分析、放射性ヨウ素、放射性炭素

研究課題

日本海域における放射性ヨウ素の環境動態

著書

  • 第29回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告集 2017 編著 笹公和、森口哲郎、松中哲也 UTTAC-J-20
  • Radiological Issues for Fukushima’s Revitalized Future, Takahashi, T.(ed.) Springer 2016 分担執筆 Matsunaka, T. et al. 978-4-431-55847-7
  • 第17回AMSシンポジウム報告集 2015 編著 笹公和、松中哲也 UTTAC-J-19

論文

  • Variability of the 14C reservoir effects in lake Tangra Yumco, Central Tibet (China), determined from recent sedimentation rates and dating of plant fossils Wang, J.B. et al. Quaternary International 430巻 3-11頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Optimization of a ΔE-E detector for 41Ca AMS using PHITS code simulation Hosoya, S. et al. Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pre- and post-accident 129I and 137Cs levels, and 129I/137Cs ratio in soil near the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant, Japan Matsunaka, T. et al. Journal of Environmental Radioactivity 151巻 209-217頁 2016 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Post-accident response of near-surface 129I levels and 129I/127I ratios in areas close to the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant, Japan Matsunaka, T. et al. Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B 361巻 569-573頁 2015 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The new 6 MV multi-nuclide AMS facility at the University of Tsukuba Sasa, K. et al. Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B 361巻 124-128頁 2015 査読有 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Technological developments for Strontium-90 determination using AMS Satou, Y. et al. Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B 361巻 233-236頁 2015 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 福島原発事故起源ヨウ素129の陸域から海洋環境への移行研究 松中他 Proceedings of the 16th Workshop on Environmental Radioactivity 190-194頁 2015 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • 蔵王山火口湖ヨウ素同位体比の経時変化と火山活動に関する研究 松中他 Proceedings of the 16th Workshop on Environmental Radioactivity 55-61頁 2015 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • Paleoclimatic changes on the southern Tibetan Plateau over the past 19,000 years recorded in Lake Pumoyum Co, and their implications for the southwest monsoon evolution Nishimura, M. et al. Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology 396巻 75-92頁 2014 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 蔵王山熱水系における129I/127Iを用いた火山活動モニタリングの試み 松中他 Proceedings of the 15th Workshop on Environmental Radioactivity 47-51頁 2014 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • チベット高原南東部域におけるMeconopsis horridulaの分子系統地理学的解析 梅本他 生物機能開発研究所紀要 14巻 44-54頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • A chronology of the PY608E–PC sediment core (Lake Pumoyum Co, southern Tibetan Plateau) based on radiocarbon dating of total organic carbon Watanabe, T. et al. Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B 294巻 520-523頁 2013 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Unique mixture vegetation in and around a Crescentic Lake in the Tsangpo River Basin on the Southeastern Tibetan Plateau, China Minami, M. et al. 生物機能開発研究所紀要 13巻 108-114頁 2013 査読有 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • チベット高原・プマユムツォ湖の水温躍層 (20 – 25 m) 以深における一次生産の規模とその維持機構に関する検討 松中他 陸水学雑誌 73巻 167-178頁 2012 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Last glacial – Holocene geochronology of sediment cores from a high-altitude Tibetan lake based on AMS 14C dating of plant fossils: Implications for paleoenvironmental reconstructions Watanabe, T. et al. Chemical Geology 277巻 21-29頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 14C dating of Holocene soils from an island in Lake Pumoyum Co (southeastern Tibetan Plateau) Watanabe, T. et al. Radiocarbon 52巻 1443-1448頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A new 14C data set of the PY608W-PC sediment core from Lake Pumoyum Co (southeastern Tibetan Plateau) over the last 19 kyr Watanabe, T. et al. Radiocarbon 52巻 1435-1442頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Changes of organic matter sources in sediment cores from a high-altitude lake (Pumoyum Co, southeastern Tibetan plateau) over the last 19,000 years Watanabe, T. et al. Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B 268巻 1070-1072頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Further discussion about the features of Lake Puma Yum Co, South Tibet, China Zhu, L. et al. Limnology 11巻 281-287頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A new age model for the sediment cores from Academician ridge (Lake Baikal) based on high-time-resolution AMS 14C data set over the last 30 kyr: Palaeoclimatic and environmental implications Watanabe, T. et al. Earth and Planetary Science Latters 286巻 347-354頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spatial variability and correlation of environmental proxies during the past 18,000 years among multiple cores from Lake Pumoyum Co, Tibet, China Wang, J.B. et al. Journal of Paleolimnology 42巻 303-315頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Radiocarbon chronology of a sediment core from Lake Pumoyum Co in the southeastern Tibetan plateau Watanabe, T. et al. Verhandlungen der IVL 30巻 4号 611-614頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Secondary investigation of Lake Puma Yum Co located in the Southern Tibetan Plateau, China Murakami, T. et al. Limnology 28巻 31-39頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Radiocarbon variations since 1960 in tree rings near the Tokai nuclear facilities in Japan(会議名:The Fourteenth International AMS Conference)(2017/08)
  • Isobar suppression for 36Cl-AMS with the 6 MV tandem accelerator(会議名:The Fourteenth International AMS Conference)(2017/08)
  • 加速器質量分析法における10Be, 36Clの高感度測定のための同重体分離手法の検討とその測定性能評価(会議名:日本原子力学会2017年春の年会)(2017/03)
  • 長寿命放射性核種36Clの加速器質量分析法による超高感度測定(会議名:第18回「環境放射能」研究会)(2017/03)
  • 東海原子力施設の稼働状況に応答した樹木年輪内の炭素14濃度変動(会議名:第18回「環境放射能」研究会)(2017/03)

全て表示

  • AMSとリアクションセルICP-MSによる環境試料中の129Iの分析(会議名:第19回AMSシンポジウム)(2016/12)
  • 筑波大学におけるヨウ素129標準試料作製計画(会議名:第19回AMSシンポジウム)(2016/12)
  • 福島事故由来の放射性物質における長寿命核種のAMS測定(会議名:第19回AMSシンポジウム)(2016/12)
  • 東日本原子力施設周辺の年輪内における1960年以降の炭素14濃度変動(会議名:第19回AMSシンポジウム)(2016/12)
  • サンゴコア分析による長寿命人工放射性核種の日本海導入履歴復元の試み(会議名:第19回AMSシンポジウム)(2016/12)
  • 41Ca-AMSの実用化に向けた技術開発と測定評価(会議名:第19回AMSシンポジウム)(2016/12)
  • Study on 36Cl-AMS for Exposure Age Dating of Guangxi Tiankeng(会議名:第19回AMSシンポジウム)(2016/12)
  • 福島第一原子力発電所事故前後における降水中のヨウ素129濃度の推移(会議名:日本放射線安全管理学会第15回学術大会)(2016/11)
  • 難測定核種41Caの加速器質量分析法による超高感度測定(会議名:日本原子力学会2016年秋の大会)(2016/09)
  • CO2ガスイオン源を用いた迅速14C-AMSの開発(会議名:2016日本放射化学会年会・第60回放射化学討論会)(2016/09)
  • 6MVタンデム型静電加速器におけるビーム輸送設定条件の検討(会議名:第13回日本加速器学会年会)(2016/08)
  • 福島の土壌圏と水圏における129I/137Cs分布から推測される放射性ヨウ素と放射性セシウムの挙動(会議名:第53回アイソトープ・放射線研究発表会)(2016/07)
  • 筑波大学タンデム加速器施設UTTACの現状(2015年度) -稼働を開始した6MVタンデム加速器によるイオンビーム利用研究の展望-(会議名:第29回「タンデム加速器及びその周辺技術の研究会」)(2016/06)
  • 筑波大学6MVタンデム加速器によるI-129測定の性能評価‐TSUKUBA_I-129 STD作製に向けて‐(会議名:第29回「タンデム加速器及びその周辺技術の研究会」)(2016/06)
  • 36Cl-AMS測定に向けた、妨害核種36S除去の検討(会議名:第29回「タンデム加速器及びその周辺技術の研究会」)(2016/06)
  • ガスイオン源を用いた迅速14C測定法の検討(会議名:第29回「タンデム加速器及びその周辺技術の研究会」)(2016/06)
  • Optimization of ⊿E-E detector for 41Ca AMS measurement using PHITS code simulation(会議名:ECAART12)(2016/07)
  • Isobar separation performance of the Tsukuba 6 MV AMS system(会議名:ECAART12)(2016/07)
  • Decrease of iodine isotope ratio observed in crater lake and geothermal area at Zao volcano, Japan(会議名:Goldschmidt 2016)(2016/06)
  • The millennium scale monsoon cycles recorded in a sediment core from alpine Tibetan lake(会議名:Goldschmidt 2016)(2016/06)
  • 蔵王火山で過去100年間に見られた活発化と現在の状況(会議名:日本地球惑星科学連合2016年大会)(2016/05)
  • 6MVタンデム加速器質量分析システムにおける極微量核種の測定試験(会議名:日本原子力学会2016年春の年会)(2016/03)
  • 福島県浪江町における年輪中の炭素14濃度変動(会議名:第17回「環境放射能」研究会)(2016/03)
  • 放射性ヨウ素の河川における挙動と沿岸環境中の分布(会議名:日本海洋学会2016年度春季大会)(2016/03)
  • 福島第一原子力発電所事故によるヨウ素129の降水への影響(会議名:第18回AMSシンポジウム)(2016/03)
  • 筑波大学6MV加速器質量分析システムの現状とAMS試験測定結果(会議名:第18回AMSシンポジウム)(2016/03)
  • 蔵王山における火口湖と地熱帯で観測されたヨウ素同位体比の低下(会議名:第18回AMSシンポジウム)(2016/03)
  • 福島における西暦2010年の晩材に記録されたΔ14C増大(会議名:第18回AMSシンポジウム)(2016/03)
  • 難測定核種AMS開発に向けたPHITSシミュレーションの適用(会議名:第18回AMSシンポジウム)(2016/03)
  • 東京大学総合研究博物館Compact-AMSの運用と性能評価(会議名:第18回AMSシンポジウム)(2016/03)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「石英中炭素14の超高感度測定法の開発と氷河地形編年への応用」(2016-2018) 代表者

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○物質解析セミナー平成29年度入学生用(2017)
○物質解析セミナー平成29年10月入学者用(2017)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ