本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年04月08日

吉崎 智一 (よしざき ともかず) 教授 YOSHIZAKI Tomokazu

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系
附属病院副病院長
研修医・専門医総合教育センター長

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 医学専攻

所属研究室等

耳鼻咽喉科 TEL:076-265-2413 FAX:076-234-4265

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 外科学 1991
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学科 1986 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

生年月

1961年08月

所属学会

日本耳鼻咽喉科学会 理事(2018-2020)
日本頭頸部腫瘍学会 理事(2015-2020)
日本頭頸部外科学会 理事(2015-2020)
日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 理事(2013-2018)
日本がん学会
日本気管食道科学会 理事(2018-2020)

学内委員会委員等

受賞学術賞

○とやま賞(2001/05/15)
○日本気管食道科学会奨励賞(2002/11/08)
○金沢大学十全医学賞(2005/12)
○北國癌基金(2007/10)
○がん集学的治療研究財団研究助成(2007/11)
○大阪癌研究会学術研究助成(2007/12)
○財団法人国際耳鼻咽喉科学振興会賞(2008/02)

専門分野

頭頸部腫瘍、エプスタイン バール ウイルス、耳鼻咽喉科学

専門分野キーワード

上咽頭癌、マトリックスメタロプロテアーゼ、頭頸部がん

研究課題

上咽頭癌とエプスタイン バール ウイルスに関する研究

頭頸部癌における転移機構

唾石症に対する体外衝撃波の応用

著書

  • 21世紀耳鼻咽喉科CLIENT21 vol.17 頭頸部腫瘍 中山書店 2000 原著書 共著 吉崎智一, 古川仭
  • 21世紀耳鼻咽喉科CLIENT21 vol.20 薬物療法 中山書店 2001 原著書 共著 吉崎智一, 古川仭
  • 耳鼻咽喉科診療Q&A 第33号 六法出版 2001 原著書 共著 吉崎智一
  • 耳鼻咽喉科診療プラクティス vol. 4 頭頸部腫瘍治療におけるDecision Making 文光堂 2001 原著書 共著 吉崎智一, 古川仭
  • 新図説耳鼻咽喉科・頭頸部外科講座 vol 5 頭頸部腫瘍 東京メディカルビュー社 2001 原著書 共著 吉崎智一

全て表示

  • 新図説耳鼻咽喉科・頭頸部外科講座 vol 5 頭頸部腫瘍 東京メディカルビュー社 2001 原著書 共著 吉崎智一
  • 新図説耳鼻咽喉科・頭頸部外科講座 vol 5 頭頸部腫瘍 東京メディカルビュー社 2001 原著書 共著 吉崎智一
  • 成人看護学病態生理疾病論II 廣川書店 2000 原著書 共著 吉崎智一
  • Epstein-Barr virus and human cancer 廣川書店 1997 原著書 共著 Furukawa, M., Murono, S., Takeshita, H., Yoshizaki, T.

論文

  • Latent Membrane Protein-1によるMatrix Metalloproteinase-9活性化におけるシスエレメントの解析 竹下元, 吉崎智一, 古川仭 耳鼻免疫アレルギー 18巻 35-40頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 舌癌におけるMMP2活性化関連遺伝子発現と治療戦略 吉崎智一, 前川謙一, 金泉秀典, 丸山裕美子, 白井明子, 古川仭 頭頸部腫瘍 27巻 659-662頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 頭蓋底手術を行った篩骨洞原発高分化型腺癌(腸管型)の1例 河合晃充, 吉崎智一, 古川仭, 長谷川光広, 林裕, 山下純宏 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 73巻 59-63頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 保育園児の鼻咽腔ペニシリン耐性肺炎球菌 伊藤真人, 吉崎智一, 他6名 耳鼻臨床 92巻 1071-1080頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Aspirin inhibits tumor cell invasiveness induced by Epstein-Barr virus latent membrane protein 1 through suppression of matrix metalloproteinase-9 expression. Murono, S., Yoshizaki, T., 他4名 Cancer Res. 60巻 2555-2561頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Association of Epstein-Barr virus infection with p53 accumulation but not bcl-2 protein in nasopharyngeal carcinoma. Murono, S., Yoshizaki, T., Park, C., Furukawa, M. Histopathology 34巻 432-438頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Association of latent membrane protein 1 and matrix metalloproteinase 9 with metastasis in nasopharyngeal carcinoma. Horikawa, T., Yoshizaki, T., Sheen, T. S., Lee, S. Y., Furukawa, M. Cancer 89巻 715-723頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Association of vascular endothelial growth factor expression with angiogenesis and lymphnode metastasis in nasopharyngeal carcinoma. Wakisaka, N., Yoshizaki, T., 他5名 Laryngoscope 109巻 810-814頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bilateral jejuno-mesenteric flap for reconstruction of complicated pharyngoesophageal defect. Yoshizaki, T., 他8名 Am. J. Surg. 179巻 497-499頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Clinical evaluation of staging system for nasopharyngeal carcinoma: Comparison of fourth and fifth edition of UICC TNM classification. Tatsumi-Tamori, A., Yoshizaki, T., Miwa, T., Furukawa, M. Ann. Otol. Rhinol. Laryngol. 109巻 1125-1129頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • c-Met proto-oncogene is induced by Epstein-Barr virus latent membrane protein-1 and correlates with cervical lymphnode metastasis of nasopharyngeal carcinoma. Horikawa, T., Takeshita, H., Sheen, T. S., Sato, H., Furukawa, M., Yoshizaki, T. Am. J. Pathol. 159巻 27-33頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Detection of Epstein-Barr virus in nasopharyngeal carcinoma by in situ hybridization and polymerase chain reaction. Murono, S., Yoshizaki, T., 他4名 Laryngoscope 107巻 523-526頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Elevation of antibody against Epstein-Barr virus genes BRLF1 and BZLF1 in nasopharyngeal carcinoma. Yoshizaki, T., Miwa. H., Takeshita, H., Sato, H., Furukawa, M. J. Cancer Res. Clin. Oncol. 126巻 69-73頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of tissue inhibitor of matrix metalloproteinase-2 correlates with activation of matrx metalloproteinase-2 and predicts poor prognosis in tongue squamous cell carcinoma. Yoshizaki, T., Maruyama, Y., Sato, H., Furukawa, M. Int. J. Cancer 95巻 44-50頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Increased expression of membrane type 1 - matrix metalloproteinase in head and neck carcinoma. Yoshizaki, T., 他6名 Cancer 79巻 139-144頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of cyclooxygenase-2 by Epstein-Barr virus latent membrane protein 1 is involved in vascular endothelial growth factor production in nasopharyngeal carcinoma cells. Murono, S., Yoshizaki, T., 他5名 Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 98巻 6905-6910頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of interleukin-8 by Epstein-Barr virus latent membrane pretein-1 and its correlation with angiogenesis in nasopharyngeal carcinoma. Yoshizaki, T., 他8名 Clin. Cancer Res. 7巻 1946-1951頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Internal carotid artery aneurysm presenting as a large pharyngeal mass. Yoshizaki, T., Teranishi, S., Matsui, O., Furukawa, M. Ann. Otol. Rhinol. Laryngol. 109巻 690-692頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Leiomyosarcoma of the larynx. Yoshizaki, T., Horikawa, T., Nonomura, A., Furukawa, M. J. Laryngol. Otol. 113巻 167-169頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Malignant myoepithelioma arising from recurrent pleomorphic adenoma of minor salivary gland. Yoshizaki, T., Himi, Y., Minato, H., Ogawa, I., Nikai, H., Furukawa, M. Auris Nasus Larynx 29巻 91-94頁 2002 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Matrix metalloproteinase 9 expression is induced by Epstein-Barr 1 C - terminal activation region 1 and 2. Takeshita, H., Yoshizaki, T., 他5名 J. Virol. 73巻 5548-5555頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Matrix metalloproteinase 9 is induced by the Epstein-Barr virus BZLF1 transactivator. Yoshizaki, T., Sato, H., Murono, S., Pagano, J. S., Furukawa M. Clin. Exp. Metastasis 17巻 431-436頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Myofibrosarcoma of the nasal cavity and paranasal sinus. Kondo, S., Yoshizaki, T., Minato, H., Horikawa, I., Tatsumi, A., Furukawa, M. Histopathology 38巻 482-484頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Epstein-Barr virus (EBV) SM protein enhances pre-mRNA processing of the EBV DNA polymerase transcript. Key, S., Yoshizaki, T., Pagano, J. S. *The first two authors have equal authorship. J. Virol. 72巻 8485-8492頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The expression of matrix metalloproteinase 9 is enhanced by Epstein-Barr virus latent membrane protein 1. Yoshizaki, T. Sato, H., Furukawa, M., Pagano, J. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 95巻 3621-3626頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transformation of Madin-Darby canine kidney (MDCK) epithelial cells by Epstein-Barr virus latent membrane protein 1 (LMP1) induces expression of Ets1 and invasive growth. Kim, KR., Yoshizaki, T., 他7名 Oncogene 19巻 1764-1771頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • アレルギー性鼻炎に対するダレンメの効果 石丸正, 吉崎智一、他12名 耳鼻臨床 91巻 99-109頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 超選択的動注化学療法による下咽頭喉頭癌治療 ミシスプラチン単剤に対するシスプラチン+ピラルビシン併用療法の有効性の検討- 吉崎智一, 他8名 日本気管食道科学会会報 52巻 400-408頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Epstein-Barr virus latent membrane protein 1 induces the matrix metalloproteinase-1 promoter via an Ets binding site formed by a single nucleotide polymorphism: Enhanced susceptibility to nasopharyngeal carcinoma Kondo S, Yoshizaki Tほか7名 Int J Cancer 20巻 115号 265-76頁 2005/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of Interleukin-8 Receptor A Predicts Poor Outcome in Patients With Nasopharyngeal Carcinoma. Horikawa T, Yoshizaki Tほか3名 Laryngoscope 115巻 1号 62-67頁 2005/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Diagnostic value of serum EBV-DNA quantification and antibody to viral capsid antigen in nasopharyngeal carcinoma patients. Kondo S, Yoshizaki Tほか7名 Cancer Sci 95巻 6号 508-513頁 2004/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Epstein-Barr Virus Latent Membrane Protein 1 Induces Synthesis of Hypoxia-Inducible Factor 1{alpha} Wakisaka N, Yoshizaki T,ほか4名 Mol Cell Biol 24巻 12号 5223-5234頁 2004/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Epstein-Barr Virus (EBV) Latent Membrane Protein 1 Induces Interleukin-8 through the Nuclear Factor-kappaB Signaling Pathway in EBV-Infected Nasopharyngeal Carcinoma Cell Line. Ren Q, Yoshizaki T ほか3名 Laryngoscope 114巻 5号 855-859頁 2004/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of intercellular adhesion molecule (ICAM)-1 in adenoid cystic carcinoma of the head and neck. Shirai A, yoshizaki T,ほか1名 Laryngoscope 113巻 11号 1955-1960頁 2003/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cleavage of syndecan-1 by membrane type matrix metalloproteinase-1 stimulates cell migration Endo K, Yoshizaki T,ほか5名 J Biol Chem 278巻 42号 40764-70頁 2003/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Epstein-barr virus latent membrane protein 1 induces and causes release of fibroblast growth factor-2. Wakisaka N, Yoshizaki T, ほか3名 Cancer Research 62巻 21号 6337-44頁 2002/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Modulation of cell growth and matrix metalloproteinase-2 activation of oral squamous cell carcinoma as a function of culture condition with type I collagen. Kinsenn H, Yoshizaki T, ほか2名 Acta Otolaryngologica 123巻 8号 987-93頁 2003/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of cervical lymph node metastasis by marimastat (BB-2516) in an orthotopic oral squamous cell carcinoma implantation model. Maekawa K, yoshizaki Tほか2名 Cilin Exp Metastasis 19巻 6号 513-8頁 2002/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○ウィルス発癌
○遺伝子診断

科研費

○基盤研究(A)(一般)「上咽頭癌発癌ならびに多様性獲得分子機構の解析と新規治療法の開発」(2017-2020) 代表者
○挑戦的研究「頭頸部癌末梢循環腫瘍細胞の量的質的解析を目的とした捕捉チップ開発に関する研究」(2017-2019) 代表者
○基盤研究(B)(一般)「代償性増殖による上咽頭癌発癌機構の解明と治療戦略」(2014-2016)
○挑戦的萌芽研究「新規ドラッグデリバリー理論と新世代シスプラチンによる頭頸部癌治療法の開発」(2014-2016)
○基盤研究(B)「内因性免疫によるEBV感染制御機構と上咽頭癌発癌機構に関する研究」(2011-2014) 代表者
○挑戦的萌芽研究「ミセル化シスプラチン開発による新規頭頸部癌治療コンセプト」(2011-2013) 代表者
○基盤研究(C)「EBウイルスリボ核酸EBERsによる上咽頭癌発癌機構の分子生物学的解析」(2001-) 代表者

学域・学類担当授業科目

○脳神経・感覚器Ⅲ(耳鼻咽喉科学)(2018)
○耳鼻咽喉科・頭頸部外科学臨床実習BSL(2018)
○腫瘍学(2018)
○腫瘍学(2017)
○脳神経・感覚器Ⅲ(耳鼻咽喉科学)(2017)
○耳鼻咽喉科・頭頸部外科学臨床実習BSL(2017)
○腫瘍学(2015)
○耳鼻咽喉科学臨床実習BSL(2015)
○脳神経・感覚器Ⅲ(耳鼻咽喉科学)(2015)
○脳神経・感覚器Ⅲ(耳鼻咽喉科学)(2014)
○脳神経・感覚器Ⅲ(耳鼻咽喉科学)(2013)

大学院担当授業科目

○環境と遺伝(2017)
○感覚運動病態学特論(2017)
○感覚運動病態学特論(2017)
○感覚運動病態学特論(2017)
○メディカルサイエンスセミナー(2016)
○環境と遺伝(2016)
○感覚運動病態学特論(2016)
○感覚運動病態学特論(2016)
○感覚運動病態学特論(2016)
○感覚運動病態学特論(2015)
○感覚運動病態学特論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○頭頸部がんの診断治療(キーワード:頭頸部がん,拡大手術,臓器温存治療)

その他公的社会活動

このページの先頭へ