本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年03月07日

近藤 悟 (こんどう さとる) 講師 KONDO Satoru

所属組織・役職等

附属病院
講師

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 脳医科学専攻

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
金沢大学大学院 医学研究科 博士課程 2005
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学科  1999 卒業

職歴

生年月

所属学会

日本癌学会
日本頭頸部外科学会
日本頭頸部癌学会
日本耳鼻咽喉科学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

耳鼻咽喉科学

専門分野キーワード

エプスタインバールウィルス、ヒト乳頭腫ウィルス、上咽頭がん

研究課題

エプスタインバールウィルスによる上咽頭癌の病態解明、バイオマーカーの開発

著書

論文

  • APOBEC3A associates with human papillomavirus genome integration in oropharyngeal cancers.  Kondo S, Wakae K, Wakisaka N et al. Oncogene 2016 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • EBV latent membrane protein 1 up-regulates hypoxia-inducible factor 1alpha through Siah1-mediated down-regulation of prolyl hydroxylases 1 and 3 in nasopharyngeal epithelial cells.  Kondo S, Seo SY, Yoshizaki T et al. Cancer Res.  2006 査読有
  • Epstein-Barr virus latent membrane protein 1 induces the matrix metalloproteinase-1 promoter via an Ets binding site formed by a single nucleotide polymorphism: enhanced susceptibility to nasopharyngeal carcinoma.  Kondo S, Wakisaka N, Schell MJ et al. Int J Cancer  2005 査読有
  • EBV-DNA quantification and antibody to viral capsid antigen in nasopharyngeal carcinoma patients.  Kondo S, Horikawa T, Takeshita H et al. Cancer Sci.  2004 査読有

講演・口頭発表等

  • Synergistic effect of hypoxia condition and Epstein Barr virus latent membrane protein 1 enhence expression of Siah1 and HIF1-alfa in nasopahryngeal carcinoma patients. (会議名:14th EBV International Conference)(2010)
  • Epstein-Barr Virus Latent Membrane Protein 1 Initiates Cancer Progenitor Cells in Nasopharyngeal Cell Lines. (会議名:6th International Symposium on Nasopharyngeal Carcinoma)(2013)
  • The expression of Sparc in Epstein-Barr virus-associated nasopharyngeal carcinoma and its relation with cell competition. (会議名:7th International Nasopharyngeal Carcinoma Biannual Meeting Symposium)(2015)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)「内因性免疫による頭頸部ウイルス発癌における内分泌撹乱物質の関与と新規治療法の開発」(2016-2019) 代表者
○挑戦的萌芽研究「シングルセル解析による次世代頭頸部癌個別化治療法の開発」(2016-2018) 代表者
○挑戦的萌芽研究「遺伝子マスターレギュレーターSATB1の頭頸部癌遺伝子発現制御機構」(2013-2015) 代表者
○若手研究(A)「細胞競合現象に基づく上咽頭癌発癌機構の解析と新規治療法の開発」(2012-2015) 代表者
○若手研究(B)「舌がん癌幹細胞の頸部リンパ節転移機構への関与」(2009-2011) 代表者
○若手研究(B)「MDM2プロモーター遺伝子多型の上咽頭がんに対する関与」(2007-2008) 代表者
○基盤研究(B)「上咽頭がんをはじめとするEBV関連腫瘍におけるSiah1の分子生物学的解析」(2007-2010) 分担者
○基盤研究(B)「内因性免疫によるEBV感染制御機構と上咽頭癌発癌機構に関する研究」(2011-2015) 分担者
○基盤研究(B)「代償性増殖による上咽頭癌発癌機構の解明と治療戦略」(2014-2018) 分担者

学域・学類担当授業科目

○脳神経・感覚器学(2018)
○頸部軟部組織(2017)
○頸部軟部組織(2016)

大学院担当授業科目

○感覚運動病態学特論(2018)
○感覚運動病態学特論(2017)
○感覚運動病態学特論(2016)
○感覚運動病態学特論(2015)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○頭頸部癌とウィルス
○IgG4関連疾患

その他公的社会活動

このページの先頭へ