本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年05月24日

吉岡 和晃 (よしおか かずあき) 准教授 YOSHIOKA Kazuaki

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系
准教授

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 医学専攻

所属研究室等

血管分子生理学 TEL:076-265-2166 FAX:076-234-4223

学歴

【出身大学院】
東京農工大学 博士課程 工学研究科 分子生物工学 1998/03 修了
【出身大学】
東京農工大学 工学部 工業化学科 1996/03 卒業
【取得学位】
博士(工学)

職歴

(財)東京都神経科学総合研究所 神経生化学 流動研究員(1999/10/01-2002/04/01)
バイオアナリティカルシステム社 マイクロダイアリス Research associate(1998/04/01-1999/09/30)

生年月

1969年04月

所属学会

日本生理学会
日本生化学会
日本血管生物医学会
日本循環薬理学会
日本癌学会
日本循環器学会

学内委員会委員等

○入試本部員 委員(2022-2023)
○極低温研究施設委員会 委員(2022-2023)
○遺伝子組換え実験安全委員会 委員(2020-2024)
○遺伝子組換え実験安全管理委員会 委員(2020-2021)
○遺伝子組換え実験安全管理委員会 委員(2018-2020)

受賞学術賞

○第16回 日本循環薬理学会 young Investigator Award賞(2006/12/01)
○平成16年度(第6回)先進医薬研究振興財団 血液医学萌芽研究助成金(2004)

専門分野

生理学一般

専門分野キーワード

ノックアウトマウス,低分子量Gタンパク質,ライブセルイメージング,ホスホイノシチド,血管内皮細胞,PI3キナーゼ,オートファジー,エンドサイトーシス,細胞内小胞輸送,シグナル伝達,血管平滑筋,心血管障害,血管新生

研究課題

シングルセルRNA解析を用いたヒト大動脈解離の病態解明

ノックアウトマウスを用いた心血管リモデリング機構の解明

脂質代謝酵素による細胞内クリアランス制御を介した肺組織幹細胞機能の調節

血管平滑筋収縮調節系のカルシウム感受性制御メカニズムの解析

著書

  • Role of sphingosine-1-phosphate signaling in atherosclerosis John Wiley & Sons Lysophospholipid Receptors: Signaling and Biochemistry  2011/01 原著書 共著 Takuwa Y, Wang F, Okamoto Y, Yoshioka K, Takuwa N.
  • Sphingosine-1-phosphate regulation of macrophages in atherosclerosis Springer S-1-P Signaling Methods and Protocols  2011/01 原著書 共著 Wang F, Okamoto Y, Yoshioka K, Takuwa Y.

論文

  • Synthesis and structure-activity relationships of selective ligands for P3 purinoceptor-like protein (P3LP) Takashi Umino, Kazuaki Yoshioka, Yoshiko Saitoh, Noriaki Minakawa, Hiroyasu Nakata, Akira Matsuda Nucleic Acids Symposium Series 44巻 19-20頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Effects of melatonin administration on the release of endogenous 5-HT and its metabolite in rat SCN Asian J. Drug Metabolism & Pharmacokinetics 3巻 265-272頁 2003/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Rho-dependent, Rho kinase-independent inhibitory regulation of Rac and cell migration by LPA1 receptor in Gi-inactivated CHO cells. EXPERIMENTAL CELL RESEARCH 312巻 1899-1908頁 2006/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • PI3キナーゼ 吉岡和晃、多久和 陽 日薬理誌 130巻 517-520頁 2007/01 査読無 解説 研究論文(学術雑誌)
  • 「脳血管攣縮と活性酸素」 多久和 陽、吉岡和晃、岡本安雄 血管医学 特集:血管収縮制御の分子機構 9巻 2号 269-274頁 2008/01 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • シンポジウムI 緑内障薬物治療の未来「Rho-ROCKと平滑筋収縮」 多久和 陽、吉岡和晃、岡本安雄 眼薬理 22巻  34-36 頁 2008/01 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • カルシウムによるRho-Rhoキナーゼを介したミオシン軽鎖ホスファターゼ制御におけるクラスII型PI3キナーゼC2αの役割 吉岡和晃、多久和 陽、 岡本安雄 血管医学 特集:血管収縮制御の分子機構 9巻 2号 223-230 頁 2008/01 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphate signaling and biological activities in the cardiovascular system. Takuwa Y, Okamoto Y, Yoshioka K, Takuwa N.  BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS 1781巻 483-488頁 2008/01 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 生体におけるスフィンゴシン−1−リン酸シグナル系の機能 多久和 陽、岡本安雄、杜 娃、戚 勛、吉岡和晃、 多久和 典子 実験医学 特集 情報伝達をつかさどる生理活性物質 脂質メディエーターの機能 27巻 13号 2068-2073頁 2009/01 総説 研究論文(学術雑誌)
  • PI3キナーゼ・ファミリーの細胞内情報伝達機構 吉岡和晃、多久和 陽 金沢大学十全医学会雑誌 19巻 2号 51-55頁 2010/01 査読無 総説 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Roles of sphingosine-1-phosphate signaling in angiogenesis. Y Takuwa, W Du, X Qi, Y Okamoto, N Takuwa, K Yoshioka. World J Biol Chem.  1巻 10号 298-306頁 2010/01 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphate receptor-2 deficiency leads to inhibition of macrophage proinflammatory activities and atherosclerosis in Apoe-deficient mice. Fei Wang, Yasuo Okamoto, Isao Inoki, Kazuaki Yoshioka, Wa Du, Xun Qi,Noriko Takuwa, Koichi Gonda, Yasuhiko Yamamoto, Ryunosuke Ohkawa,Takumi Nishiuchi, Naotoshi Sugimoto, Yutaka Yatomi, Kunitoshi Mitsumori, Masahide Asano, Makoto Kinoshita, and Yoh Takuwa. JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION 120巻 3979-3995頁 2010/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • S1P(2), the G protein-coupled receptor for sphingosine-1-phosphate, negatively regulates tumor angiogenesis and tumor growth in vivo in mice.  Du W, Takuwa N, Yoshioka K, Okamoto Y, Gonda K, Sugihara K, Fukamizu A, Asano M, Takuwa Y. CANCER RESEARCH 70巻 772-781頁 2010/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sustained delivery of sphingosine-1-phosphate using poly(lactic-co-glycolic acid)-based microparticles stimulates Akt/ERK-eNOS mediated angiogenesis and vascular maturation restoring blood flow in ischemic limbs of mice. Xun Qi, Yasuo Okamoto, Tomomi Murakawa, Fei Wang, Osamu Oyama, Ryunosuke Ohkawa, Kazuaki Yoshioka, Wa Du, Naotoshi Sugimoto, Yutaka Yatomi, Noriko Takuwa, Yoh Takuwa EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY 634巻 121-131頁 2010/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphate signaling and cardiac fibrosis. Takuwa N, Okamoto Y., Yoshioka K., Takuwa Y.  Inflammation & Regeneration 33巻 2号 96-108頁 2013/01 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingoshine-1-phospahte as a mediator involved in development of fibrotic diseases. Takuwa Y, Ikeda H, Okamoto Y, Takuwa N, Yoshioka K. Biochem. Biophys. Acta 1831巻 185-192頁 2013/01 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • PI3キナーゼ・ファミリーの血管における生理機能: クラスIIα型PI3キナーゼC2αによる新たな血管恒常性維持機構 吉岡 和晃、𠮷田 耕太郎、多久和 典子、岡本 安雄、多久和 陽 血管 36巻 2号 53-61頁 2013/02 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphate receptor-2 protects against anaphylactic shock through suppression of eNOS in mice.  Cui H, Okamoto Y, Yoshioka K, Du W, Takuwa N, Zhang W, Asano M, Shibamoto T and Takuwa Y.  JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY 132巻 5号 1205-1214頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 細胞内小胞輸送制御を介して血管新生を促進するクラスII型PI3キナーゼ 吉岡 和晃、𠮷田 耕太郎、多久和 典子、岡本 安雄、多久和 陽  Bio Clinica 28巻 5号 22-28頁 2013/04 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Class II PI3 kinase C2 alpha has an essential role in angiogenesis and vascular homeostasis through regulating endosomal trafficking Yoshioka, Kazuaki;Takuwa, Noriko;Okamoto, Yasuo;Takuwa, Yoh JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES 63巻 0号 S98-S98頁 2013 
  • Class II PI3 kinase-C2 alpha plays essential roles in endosomal Rac1 activation and cell migration in S1P-stimulated endothelial cells Biswas, Kuntal;Yoshioka, Kazuaki;Aki, Sho;Cui Hong;Zhao JuanJuan;Kuda, Yuichi;Takuwa, Noriko;Okamoto, Yasuo;Takuwa, Yoh JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES 63巻 0号 S136-S136頁 2013 
  • Sphingosine-1-phosphate receptor-2 plays a protective role against anaphylactic shock through inhibiting eNOS Cui Hong;Okamoto, Yasuo;Yoshioka, Kazuaki;Du Wa;Takuwa, Noriko;Zhang Wei;Biswas, Kuntal;Aki, Sho;Zhao JuanJuan;Kuda, Yuichi;Asano, Masahide;Shibamoto, Toshishige;Takuwa, Yoh JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES 63巻 0号 S119-S119頁 2013 
  • Disruption of sphingosine-1-phosphate receptor-2 gene inhibits atherosclerosis in apoE-deficient mice Wang, Fei;Okamoto, Yasuo;Inoki, Isao;Yoshioka, Kazuaki;Takuwa, Noriko;Takuwa, Yoh JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES 115巻 0号 97P-97P頁 2011
  • [Physiological roles of class II PI3 kinase-C2alpha in endothelial cells]. Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society 85巻 9号 775-780頁 2013/09/01 
  • Cardiovascular function of sphingosine 1-phosphate signaling Seikagaku 83巻 6号 536-544頁 2011/12/01 
  • G protein-coupled sphingosine-1-phosphate receptors: Potential molecular targets for angiogenic and anti-angiogenic therapies Biomedical Reviews 22巻 15-29頁 2011/12/01 
  • Enhanced Ca2+-Dependent Activation of Phosphoinositide 3-Kinase Class IIα Isoform-Rho Axis in Blood Vessels of Spontaneously Hypertensive Rats. 5 Young M-S, Azam MA, Okamoto Y, Sato A, Yoshioka K, Maeda M, Kim I, Takuwa Y.  Hypertension 56巻 934-941頁 2010/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • In vivo microdialysis liquid chromatography tandem mass spectrometry for the on-line monitoring of melatonin in rat RAPID COMMUNICATIONS IN MASS SPECTROMETRY 13巻 5号 407頁 1999 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Pharmacology of a unique adenosine binding site in rat brain using a selective ligand CLINICAL AND EXPERIMENTAL PHARMACOLOGY AND PHYSIOLOGY 28巻 4号 278頁 2001/04 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of olfactory function of the silkworm bombyx mori Electrochemistry 64巻 11号 1138頁 1996 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Nucleosides and nucleotides. 200. Reinvestigation of 5 '-N-ethylcarboxamidoadenosine derivatives: Structure-activity relationships for P-3 purinoceptor-like proteins JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY 44巻 2号 208頁 2001/01 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • A novel fluorescent derivative of glucose applicable to the assessment of glucose uptake activity of Escherichia coli BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS 1289巻 1号 5頁 1996/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Heteromeric association creates a P2Y-like adenosine receptor PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 98巻 13号 7617頁 2001/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Hetero-oligomerization of adenosine A(1) receptors with P2Y(1) receptors in rat brains FEBS LETTERS 531巻 2号 299頁 2002/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Intracellular fate of 2-NBDG, a fluorescent probe for glucose uptake activity, in escherichia coli cells Bioscience, Biotechnology and Biochemistry 60巻 11号 1899頁 1996 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 新規蛍光グルコースの開発と細胞代謝活性プローブへの応用 吉岡 和晃 学位論文(東京農工大学) 12605甲博工第140号巻 1997/03 査読無 学位論文(博士) 
  • Determination of melatonin in commercially available products by LCEC and LC/MS/MS JOURNAL OF LIQUID CHROMATOGRAPHY & RELATED TECHNOLOGIES 21巻 9号 1273頁 1998 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Agonist-promoted heteromeric oligomerization between adenosine A(1) and P2Y(1) receptors in living cells FEBS LETTERS 523巻 1-3号 147頁 2002/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of 2-[N-(7-nitrobenz-2-oxa-1,3-diazol-4-yl)amino]-2-deoxy-D-glucose, a new fluorescent derivative of glucose, for viability assessment of yeast Candida albicans APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY 46巻 4号 400頁 1996/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-Phosphate Signaling and Cardiac Fibrosis. Takuwa N,Okamoto Y,Yoshioka K,Takuwa Y Inflammation and Regeneration 33巻 2号 96頁 2013 査読無 研究論文(学術雑誌) 
  • Endothelial PI3K-C2 alpha, a class II PI3K, has an essential role in angiogenesis and vascular barrier function NATURE MEDICINE 18巻 10号 1560頁 2012/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • G protein-coupled sphingosine-1-phosphate receptors: Potential molecular targets for angiogenic and anti-angiogenic therapies Biomedical Reviews 22巻 15頁 2011 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Sustained delivery of sphingosine-1-phosphate using poly(lactic-co-glycolic acid)-based microparticles stimulates Akt/ERK-eNOS mediated angiogenesis and vascular maturation restoring blood flow in ischemic limbs of mice EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY 634巻 1-3号 121頁 2010/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 心筋リモデリングにおけるスフィンゴシン-1-リン酸情報伝達系の病態生理学的役割 スフィンゴシンキナーゼ1トランスジェニックマウスを用いた検討 多久和 典子,大倉 誓一郎,高島 伸一郎,大谷 啓輔,薄井 荘一郎,岡本 安雄,王 飛,杜 娃,吉岡 和晃,多久和 陽 日本生理学雑誌 72巻 2号 71頁 2010/02 
  • S1P 3-mediated cardiac fibrosis in sphingosine kinase 1 transgenic mice involves reactive oxygen species Cardiovascular Research 85巻 3号 484頁 2010/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of Sphingosine Kinase 1 Prevents Ceramide Accumulation and Ameliorates Muscle Insulin Resistance in High-Fat Diet-Fed Mice DIABETES 61巻 12号 3148頁 2012/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphate-specific G protein-coupled receptors as novel therapeutic targets for atherosclerosis Pharmaceuticals 4巻 1号 117頁 2011 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphate signaling and biological activities in the cardiovascular system BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR AND CELL BIOLOGY OF LIPIDS 1781巻 9号 483頁 2008/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Class II phosphoinositide 3-kinase α-isoform regulates Rho, myosin phosphatase and contraction in vascular smooth muscle Yu Wang,Kazuaki Yoshioka,Mohammed Ali Azam,Noriko Takuwa,Sotaro Sakurada,Yuji Kayaba,Naotoshi Sugimoto,Isao Inoki,Takaharu Kimura,Tomoyuki Kuwaki,Yoh Takuwa BIOCHEMICAL JOURNAL 394巻 3号 581頁 2006/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Calcium-dependent regulation of Rho and myosin phosphatase in vascular smooth muscle Biomedical Reviews 16巻 13頁 2005 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Tumor-suppressive sphingosine-1-phosphate receptor-2 counteracting tumor-promoting sphingosine-1-phosphate receptor-1 and sphingosine kinase 1 AMERICAN JOURNAL OF CANCER RESEARCH 1巻 4号 460頁 2011 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Enhanced Ca2+-Dependent Activation of Phosphoinositide 3-Kinase Class II alpha Isoform-Rho Axis in Blood Vessels of Spontaneously Hypertensive Rats HYPERTENSION 56巻 5号 934頁 2010/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Negative regulation of endothelial morphogenesis and angiogenesis by S1P(2) receptor BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 346巻 1号 293頁 2006/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphate signaling in physiology and diseases BIOFACTORS 38巻 5号 329頁 2012/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Rho-dependent, Rho kinase-independent inhibitory regulation of Rac and cell migration by LPA(1) receptor in G(i)-inactivated CHO cells EXPERIMENTAL CELL RESEARCH 312巻 10号 1899頁 2006/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • ATP- and adenosine-mediated signaling in the central nervous system: Purinergic receptor complex: Generating adenine nucleotide-sensitive adenosine receptors JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES 94巻 2号 88頁 2004/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Oligomerization of adenosine A(2A) and dopamine D-2 receptors in living cells BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 306巻 2号 544頁 2003/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Essential role for class II phosphoinositide 3-kinase α-isoform in Ca2+-induced, Rho- and Rho kinase-dependent regulation of myosin phosphatase and contraction in isolated vascular smooth muscle cells Kazuaki Yoshioka,Naotoshi Sugimoto,Noriko Takuwa,Yoh Takuwa MOLECULAR PHARMACOLOGY 71巻 3号 912頁 2007/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Aldosterone inhibits endothelial morphogenesis and angiogenesis through the downregulation of vascular endothelial growth factor receptor-2 expression subsequent to peroxisome proliferator-activated receptor gamma JOURNAL OF STEROID BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY 129巻 3-5号 145頁 2012/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The role of class II PI 3-kinase signaling pathway in physiology and diseases. Curr Biodata Targeted Proteins Database. Takuwa Y,yoshioka K,Okamoto Y,Takuwa N Current Biodata. Targeted Proteins database 1頁 2009 査読有
  • S1P(3)-mediated cardiac fibrosis in sphingosine kinase 1 transgenic mice involves reactive oxygen species CARDIOVASCULAR RESEARCH 85巻 3号 484頁 2010/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • S1P(2), the G Protein-Coupled Receptor for Sphingosine-1-Phosphate, Negatively Regulates Tumor Angiogenesis and Tumor Growth In vivo in Mice CANCER RESEARCH 70巻 2号 772頁 2010/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Roles of sphingosine-1-phosphate signaling in angiogenesis. Takuwa Y,Du W,Qi X,Okamoto Y,Takuwa N,Yoshioka K World J Biol Chem. 1巻 10号 298頁 2010 査読無 
  • G(12/13) and G(q) mediate S1P(2)-induced inhibition of Rac and migration in vascular smooth muscle in a manner dependent on Rho but not Rho kinase CARDIOVASCULAR RESEARCH 79巻 4号 689頁 2008/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Ca2+-independent, inhibitory effects of cyclic AMP on Ca2+ regulation of phosphoinositide 3-kinase C2α, Rho and myosin phosphatase in vascular smooth muscle. Mohammed Ali Azam,Kazuaki Yoshioka,Shinsuke Ohkura,Noriko Takuwa,Naotoshi Sugimoto,Koichi Sato,Yoh Takuwa JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS 320巻 2号 907頁 2007/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Functions of heteromeric association between adenosine and P2Y receptors JOURNAL OF MOLECULAR NEUROSCIENCE 26巻 2-3号 233頁 2005 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Purinergic-receptor oligomerization: Implications for neural functions in the central nervous system NEUROTOXICITY RESEARCH 6巻 4号 291頁 2004 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Hetero-oligomerization between adenosine A1 and P2Y1 receptors in living cells: Formation of ATP-sensitive adenosine receptors Drug Development Research 58巻 4号 340頁 2003/05 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • MTMR4, a phosphoinositide‐specific 3’‐phosphatase, regulates TFEB activity and the endocytic and autophagic pathways Genes to Cells 23巻 8号 670頁 2018/08 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Adipose-Derived Stem Cell Sheets Promote Meniscus Regeneration Regardless of Whether the Defect Involves the Inner Half or the Whole Width of the Anterior Half of the Medial Meniscus in a Rabbit Model Kazuki Asai,Junsuke Nakase,Kazuaki Yoshioka,Rikuto Yoshimizu,Mitsuhiro Kimura,Hiroyuki Tsuchiya Arthroscopy 38巻 9号 2672頁 2022/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphate receptor-2 facilitates pulmonary fibrosis through potentiating IL-13 pathway in macrophages PLoS ONE 13巻 5号 e0197604頁 2018/05/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • TGFβ receptor endocytosis and Smad signaling require synaptojanin1, PI3K-C2α-, and INPP4B-mediated phosphoinositide conversions. Molecular biology of the cell 31巻 5号 360頁 2020/03/01 査読有
  • Sphingosine-1-phosphate receptor 2 protects against anaphylactic shock through suppression of endothelial nitric oxide synthase in mice Journal of Allergy and Clinical Immunology 132巻 5号 1205頁 2013/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Suppression of androgen receptor signaling induces prostate cancer migration via activation of the CCL20–CCR6 axis Kano, Hiroshi,Izumi, Kouji,Hiratsuka, Kaoru,Toriumi, Ren,Nakagawa, Ryunosuke,Aoyama, Shuhei,Kamijima, Taiki,Shimada, Takafumi,Naito, Renato,Kadomoto, Suguru,Iwamoto, Hiroaki,Yaegashi, Hiroshi,Kawaguchi, Shohei,Nohara, Takahiro,Shigehara, Kazuyoshi,Kadono, Yoshifumi,Saito, Yohei,Nakagawa-Goto, Kyoko,Yoshioka, Kazuaki,Nakata, Hiroki,Lin, Wen-Jye,Mizokami, Atsushi Cancer Science 114巻 4号 1479頁 2023/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Class II phosphatidylinositol 3-kinase-C2α is essential for Notch signaling by regulating the endocytosis of γ-secretase in endothelial cells Scientific Reports 11巻 1号 2021/12 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Sphingosine-1-phosphate as a mediator involved in development of fibrotic diseases Biochimica et Biophysica Acta - Molecular and Cell Biology of Lipids 1831巻 1号 185頁 2013/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Class II phosphatidylinositol 3-kinase isoforms in vesicular trafficking Biochemical Society Transactions 49巻 2号 893頁 2021/04/30 研究論文(学術雑誌) 
  • Everolimus-Eluting Biodegradable Abluminal Coating Stent versus Durable Conformal Coating Stent: Termination of the Inflammatory Response Associated with Neointimal Healing in a Porcine Coronary Model. Journal of interventional cardiology 2020巻 8号 1956015頁 2020 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine kinase-2 prevents macrophage cholesterol accumulation and atherosclerosis by stimulating autophagic lipid degradation Ishimaru K,Yoshioka K,Kano K,Kurano M,Saigusa D,Aoki J,Yatomi Y,Takuwa N,Okamoto Y,Proia R,Takuwa Y SCIENTIFIC REPORT 9巻 1号 13829頁 2019/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Lysophosphatidic acid-induced YAP/TAZ activation promotes developmental angiogenesis by repressing Notch ligand Dll4 Yasuda Daisuke,Kobayashi Daiki,Akahoshi Noriyuki,Ohto-Nakanishi Takayo,Yoshioka Kazuaki,Takuwa Yoh,Mizuno Seiya,Takahashi Satoru,Ishii Satoshi JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION 129巻 10号 4332頁 2019/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • LPA-induced YAP/TAZ activation promotes developmental angiogenesis by regulating Dll4 expression Yasuda D,Kobayashi D,Akahoshi N,Ohto-Nakanishi T,Yoshioka K,Takuwa Y,Mizuno S,Takahashi S,Ishii S J Clin Invest 129巻 10号 4332頁 2019 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Photoacoustic imaging of tumour vascular permeability with indocyanine green in a mouse model. European radiology experimental 2巻 1号 5頁 2018 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Augmented sphingosine 1 phosphate receptor-1 signaling in cardiac fibroblasts induces cardiac hypertrophy and fibrosis through angiotensin II and interleukin-6 PLOS ONE 12巻 8号 e0182329頁 2017/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Vascular endothelial S1P 2 receptor limits tumor angiogenesis and hyperpermeability Bioactive Lipid Mediators: Current Reviews and Protocols 237頁 2015/01/01 査読有 その他
  • Early endothelialization associated with a biolimus A9 bioresorbable polymer stent in a porcine coronary model HEART AND VESSELS 32巻 10号 1244頁 2017/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Pancreas lineage allocation and specification are regulated by sphingosine-1-phosphate signalling PLOS BIOLOGY 15巻 3号 2017/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphate as a mediator involved in development of fibrotic diseases BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR AND CELL BIOLOGY OF LIPIDS 1831巻 1号 185頁 2013/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Sphigosine-1-phosphate receptor 1 promotes neointimal hyperplasia in a mouse model of carotid artery injury. Biochemical and biophysical research communications 511巻 1号 179頁 2019/03/26 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Essential Role of Class II Phosphatidylinositol-3-kinase-C2α in Sphingosine 1-Phosphate Receptor-1-mediated Signaling and Migration in Endothelial Cells Biswas Kuntal,Yoshioka Kazuaki,Asanuma Ken,Okamoto Yasuo,Takuwa Noriko,Sasaki Takehiko,Takuwa Yoh JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 288巻 4号 2325頁 2013/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of various types of single-polypeptide-chain (sc) heterodimeric A(2A)R/D2R complexes and their allosteric receptor receptor interactions BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 456巻 2号 573頁 2015/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The class II phosphoinositide 3-kinases PI3K-C2α and PI3K-C2β differentially regulate clathrin-dependent pinocytosis in human vascular endothelial cells Aung Khin Thuzar,Yoshioka Kazuaki,Aki Sho,Ishimaru Kazuhiro,Takuwa Noriko,Takuwa Yoh JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES 69巻 2号 263頁 2019/03 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • The ATG5 interactome links clathrin-mediated vesicular trafficking with the autophagosome assembly machinery Autophagy Reports 1巻 1号 88頁 2021/12/31 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Class II phosphatidylinositol 3-kinase α and β isoforms are required for vascular smooth muscle Rho activation, contraction and blood pressure regulation in mice. The journal of physiological sciences : JPS 70巻 1号 18頁 2020/03/19 査読有
  • Class II PI3Ks α and β Are Required for Rho-Dependent Uterine Smooth Muscle Contraction and Parturition in Mice Sarker Md,Azadul Kabir,Aki Sho,Yoshioka Kazuaki,Kuno Kouji,Okamoto Yasuo,Ishimaru Kazuhiro,Takuwa Noriko,Takuwa Yoh ENDOCRINOLOGY 160巻 1号 235頁 2019/01/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Phosphatidylinositol 3-Kinase Class II α-Isoform PI3K-C2α Is Required for Transforming Growth Factor β-induced Smad Signaling in Endothelial Cells Aki Sho,Yoshioka Kazuaki,Okamoto Yasuo,Takuwa Noriko,Takuwa Yoh JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 290巻 10号 6086頁 2015/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphate receptor-2 deficiency leads to inhibition of macrophage proinflammatory activities and atherosclerosis in apoE-deficient mice (Journal of Clinical Investigation (2010) 120, 11, (3979-3995) DOI:10.1172/JCI42315) Wang F,Okamoto Y,Inoki I,Yoshioka K,Du W,Qi X,Takuwa N,Gonda K,Yamamoto Y,Ohkawa R,Nishiuchi T,Sugimoto N,Yatomi Y,Mitsumori K,Asano M,Kinoshita M,Takuwa Y Journal of Clinical Investigation 122巻 3号 1131頁 2012/03 査読有 
  • Differences in Collagen Types in the Semitendinosus, Quadriceps, and Patellar Tendons: The Report Using Samples from the Same Individual. Yushin Mizuno, Junsuke Nakase, Kazuaki Yoshioka, Takuya Sengoku, Rikuto Yoshimizu, Tomoyuki Kanayama, Yusuke Yanatori, Hiroyuki Tsuchiya The Knee in press巻 2023 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Essential role of class II PI3K in endocytosis and endosomal signaling(会議名:第9回アジア・オセアニア生理学会連合2019年大会)(2019/03/28)
  • Class II phosphoinositide 3-kinase isoforms PI3K-C2α and PI3K-C2β play essential roles in pinocytosis in vascular endothelial cells(会議名:第 95 回日本生理学会大会)(2018/03/28)
  • Indispensable role of α and β isoforms of class II phosphoinositide 3-kinases (PI3K) in the uterine smooth muscle contraction during labor(会議名:第 95 回日本生理学会大会)(2018/03/28)
  • Myotubularin-related protein 4 (MTMR4), a phosphoinositide 3'-phosphatase, regulates endolysosome integrity and autophagy flux in human lung alveolar epithelial A549 cells(会議名:第 95 回日本生理学会大会)(2018/03/28)
  • Endothelial Class II PI3K-C2α is necessary for vascular formation and integrity through regulating endocytic membrane trafficking(会議名:第81回日本循環器学会学術集会)(2017/03/18)

全て表示

  • PI3K-C2α is required for TGFβ-induced receptor endocytosis and endosomal signaling in endothelial cells.(会議名:第93回日本生理学会)(2016/03/24)
  • クラスII型PI3キナーゼC2αはメンブレン・トラフィック調節を介する血管形成及び恒常性維持に必須である(会議名:第90回 日本生理学会大会)(2013/03/28)
  • Sphingosine 1-phosohate receptor-2 plays a protective role against lopopolysaccharide (LPS)-induced acute lung injury(会議名:第92回 日本生理学会大会)(2016/03/22)
  • Sphingosine-1-phosphate receptor-2 plays a protective role against anaphylactic shock through inhibiting eNOS.(会議名: 第90 回日本生理学会大会
)(2013)
  • Biswas K, Yoshioka K., Takuwa N, Okamoto Y, Takuwa Y. “Essential role of class Iiα-isoform PI3 kinase C2α in sphingosine-1-phosphate (S1P)-induced endothelial cell migration.” 第90 回日本生理学会大会
2013年3月27-29日(東京)(会議名:第90 回日本生理学会大会)(2013/03/28)
  • クラスII型PI3キナーゼC2はメンブレン・トラフィック調節を介する血管形成及び恒常性維持に必須である(会議名:第21回 日本血管生物医学会学術集会)(2013/09/27)
  • Class II PI3 kinase, PI3K-C2α, mediates S1P-induced endothelial cell migration through endosomal Rac1 activation.(2013/02/01)
  • Class II PI3K-C2α is essential for vascular barrier integrity.” JST-CREST International Symposium “Frontiers in Immunology and Inflammation: From Molecules and Inflammation(2013/02/13)
  • 蛍光イメージングが拓く見せる血管生物学(会議名:第21回 日本血管生物医学会学術集会)(2013/09/26)
  • Endothelial class II PI3K-C2α has an essential role in vascular formation and barrier function(2013/02/01)
  • クラスII型PI3キナーゼC2αは血管形成・血管恒常性維持に必須である(会議名: 第35回 日本分子生物学会)(2012/12/14)
  • クラス II-PI3 キナーゼによるエンドサイトーシス制御を介した血管平滑筋収縮調節機構(会議名:第63回 日本脂質生化学会)(2021/06/09)
  • Class II phosphatidylinositol 3-kinase α and β isoforms are required for vascular smooth muscle Rho activation, contraction and blood pressure regulation in mice(会議名:第98回 日本生理学会大会)(2021/03/29)
  • イノシトールリン脂質特異的3’-ホスファターゼMTMR4はリソソーム機能・オートファジーを制御する(会議名:第94 回日本生理学会大会)(2017/03/28)
  • クラスII型PI3K-C2α及びPI3K-C2βは血管血管内皮細胞におけるピノサイトーシスに必須である (会議名:第94 回日本生理学会大会)(2017/03/28)
  • 吉岡和晃、岡本安雄、多久和 典子、多久和 陽「クラスII 型PI3 キナーゼC2αは血管形成に必須である」第54回 日本脂質生化学会 2012年6月7-8日(博多)(2012)
  • Biswas K, Yoshioka K., Takuwa N, Okamoto Y, TakuwaY. “Essential role of class IIα -isoform PI3 kinase C2α in sphingosine-1-phosphate (S1P)-induced endothelial cell migration.” 第89 回日本生理学会大会
2012年3月29-31日(松本)(2012)
  • 吉岡和晃 、岡本安雄、多久和 典子、多久和 陽「血管内皮機能におけるクラスII 型PI3 キナーゼC2α の役割」第54回 第2回 Vivid ワークショップ 2012年3月1−3日(加賀)(2012)
  • 吉岡 和晃 “機能性脂質とその代謝酵素による血管恒常性維持メカニズム” シンポジウム「食」による生活習慣病予防医学の展開 2012年12月6日(金沢) (2012)
  • Yoshioka, K., Yoshida, K., Okamoto, Y., Takuwa N. and Takuwa Y. “Class II PI3K-C2α is essential for vascular barrier integrity.” IEIIS2012 Homeostatic Inflammation Symposium. 2012, National Center of Sciences Hitotsubashi Memorial Hall (Tokyo), Oct. 23-26, 2012.(2012)
  • 吉岡和晃、吉田耕太朗、岡本安雄、多久和 典子、多久和 陽「クラスII型PI3キナーゼC2αは血管新生・恒常性維持に必須である」第59回 中部日本生理学会 2012年11月16-17日(岡崎)(2012)
  • Yoshioka K, Yoshida K, Aki S, Biswas K, 
 Du W, Qi X, Wang F, Takuwa N, Okamoto Y, Takuwa Y. 
”Physiological role of class II PI3K-C2α for vascular formation: conditional knockout mouse study” 第87 回日本生理学会大会(岩手) 2010年5月19-21日 (口頭)(2010)
  • 戚 勛、岡本 安雄、村川 智美、王 飛、尾山 治、杉本 直俊、吉岡 和晃、杜 娃、 多久和 典子、 多久和 陽 “マウス虚血後血管新生モデルにおける除放化S1P製剤を用いた血管新生療法” 第17回日本血管生物医学会(東京) 2009年10/8-9(口頭)(2009)
  • Takuwa N, Ohkura S, Takashima S, Ohtani K, Okamoto Y, Usui S, Yoshioka K, Takamura M, Kaneko S, Takuwa Y. 
”Development of cardiac fibrosis in sphingosine kinase 1 transgenic mice through an S1P3 receptor-mediated, reactivec oxygen species-dependent process” 第74回 日本循環器学会(京都) 2010年3月5日~7日(口頭)(2010)
  • Aki S, Yoshioka K, Okamoto Y, Takuwa Y. 
”Class II PI3K-C2α regulates angiogenesis via TGFβ1-Smad2/3 signaling in endothelial cell.” 第87 回日本生理学会大会(岩手) 2010年5月19-21日 (口頭)(2010)
  • 杜 娃、多久和 典子、吉岡 和晃、岡本 安雄、多久和 陽 “スフィンゴ脂質メディエーター情報伝達系(G蛋白共役型受容体S1P2)を標的としたがん治療の新戦略” 第69回日本癌学会学術総会(大阪) 2010年9/22-24(ポスター)(2010)
  • 王 飛、岡本 安雄、居軒 功、吉岡 和晃、多久和 典子、多久和 陽 “Sphingosine-1-phosphate receptor-2 deletion inhibits macrophage proinflammatory activities and atherosclerosis in mice” 第18回日本血管生物医学会(大阪) 2010年12/1-2(ポスター)(2010)
  • 吉岡 和晃、多久和 典子、岡本 安雄、多久和 陽 “クラスIIa型PI3キナーゼC2aは血管新生及びバリアー機能に必須である” 第18回日本血管生物医学会(大阪) 2010年12/1-2(ポスター) (2010)
  • Takuwa N, Ohkura S, Takashima S, Ohtani K, Usui S, Okamoto Y, Wang F, Du W, Yoshioka K, Takuwa Y. “
Bimodal actions of the cardiac sphingosine-1-phosphate signaling revealed in sphingosine kinase 1transgenic mice: S1P3-mediated, Rho- and active oxygen-dependent, chronic progression ofspontaneous cardiac remodeling and cardioprotection against acutely imposed ischemia reperfusion injury in sphingosine kinase 1 transgenic mice.” 第87 回日本生理学会大会(岩手) 2010年5月19-21日 (口頭)(2010)
  • 杜 娃、多久和 典子、吉岡 和晃、岡本 安雄、多久和 陽 “リゾリン脂質メディエータースフィンゴシン−1−リン酸(S1P)はS1P2受容体を介して腫瘍血管新生・成熟を抑制する” 第67回日本癌学会学術総会(名古屋) 2008年10/28-30(口頭)(2008)
  • Du W, Takuwa N, Yoshioka K, Wang F, Nagakura C, Kaneko E, 
 Takuwa Y 
”Sphingosine-1-phosphate receptor-2(S1P2R)negatively regulates tumor angiogenesis, vascular 
maturation and integrity in vivo.” 第85回 日本生理学会大会(東京) 2008年3月25日~27日 (口頭)(2008)
  • 杉本 直俊、多久和 典子、岡本 安雄、吉岡 和晃、多久和 陽 “S1P受容体S1P2による低分子量G蛋白質Rac抑制のメカニズム” BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会)(京都) 2007年12/11-15(ポスター)(2007)
  • Yoshioka K, Azam MA, Takuwa N, Sugimoto N, Takuwa Y “
Class-IIα Phosphoinositide 3-Kinase is an Essential Regulator of Ca2+-Dependent Rho Activation, Myosin Phosphatase and Contraction in Vascular Smooth Muscle Cells.” 第71回 日本循環器学会(神戸) 2007年6月15日~17日(口頭)(2007)
  • Azam MA, Yoshioka K, Ohkura S, Takuwa N, Sugimoto N, Sato K, and Takuwa Y “
Cyclic AMP prevents classIIα-isoform of phosphoinositide 3-kinase, and ROCK-dependent inhibition of myosin light chain phosphatase in vascular smooth muscle.” 第49回 日本脂質生化学会(札幌)2007年6月5日~6日(口頭)(2007)
  • 多久和 陽、岡本 安雄、多久和 典子、杜 娃、戚 勛、吉岡 和晃、 第7回GPCR研究会 基調講演 “リゾリン脂質メディエータースフィンゴシン−1−リン酸受容体(S1P2)のシグナル伝達と血管新生制御作用” (東京) 2010年5/7-8(2010)
  • Azam MA, Yoshioka K, Ohkura S, Takuwa N, Sugimoto N, Sato K, and Takuwa Y “
Ca2+-independent, inhibitory effects of cyclic AMP on Ca2+ regulation of phosphoinositide 3-kinase C2α, Rho and myosin phosphatase in vascular smooth muscle.” 第84回 日本生理学会(大阪)2007年3月20日~22日(口頭)(2007)
  • Okamoto Y, Seok YM, Azam MA, Sato A, Yoshioka K, Wang F, Cui H, Takuwa N, Takuwa Y. 
”The role of vascular Ca2+-PI3KC2α-Rho axis in hypertension of spontaneously hypertensive rats

” 第87 回日本生理学会大会 シンポジウム (血管トーヌス調節の分子機構とその異常)
(岩手) 
2010年5月19-21日(2010)
  • 多久和 陽、王 飛、岡本 安雄、吉岡 和晃、多久和 典子、第42回日本動脈硬化学会 シンポジウム「脂質メディエーターと動脈硬化」 “Role of sphingosine-1-phosphate receptor-2 in atherosclerosis” (岐阜) 2010年7/15-16 (2010)
  • 

Wa Du, 多久和典子, 吉岡和晃, 岡本安雄, Xun Qi, Fei Wang, Hong Cui, Kuntal Biswas, 杉原一司, 浅野雅秀, 多久和 陽 “
腫瘍血管新生におけるスフィンゴシンー1 −リン酸受容体S1P2 の役割”第82回日本生化学会 シンポジウム(生理活性リゾリン脂質研究)2009年10月21-24日(神戸)(2009)
  • 戚 勛、村川 智美、尾山 治、杉本 直俊、王 飛、杜 娃、吉岡 和晃、岡本 安雄、多久和 典子、 水岸 貴代美、多久和 陽 “除放化S1P製剤による虚血後血管新生の促進” 第50回日本脂質生化学会(徳島) 2008年6/5-6(口頭)(2008)
  • 多久和 典子、 岡本 安雄、 杜 娃、戚 勛、吉岡 和晃、多久和 陽、“スフィンゴシンキナーゼ1a トランスジェニックマウスにおける心筋線維化の発症”BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会)(京都) 2007年12/11-15(2007)
  • Takuwa, Y., Yoshioka, K., Okamoto, Y., Takuwa N. “A novel mechanism of Ca2+ regulation of vascular smooth muscle contraction involving classII PI3 kinase-dependent inhibition of myosin light chain phoisphatase ” 1st International Symposium of Biorheology (Wako, Saitama,, Japan) 2010, 6/2-4 (共同演者)(2010)
  • Takuwa, Y., Yoshioka, K., Okamoto, Y., Azam, MA., Seok, YM., Asano M., Takuwa N. “The pathophysiological roles of phosphoinositide 3-kinase (PI3K) classII α isoform, a Ca2+ -dependent regulator of Rho in vascular smooth muscle, in vascular contraction and blood pressure regulation ”IUPS2009 Symposium (Nagoya, Japan) 2009, 7/23-25 (共同演者)(2009)
  • Takuwa, Y., Du W., Qi X., Okamoto, Y., Takuwa N., Asano M., Yoshioka, K. “S1P2 is an angiogenesis-suppressive receptor” 4th International Conference on PhospholipaseA2 and Lipid Mediators (Kanazawa, Japan) 2008, 12/3-5 (共同演者)(2008)
  • 多久和 典子、杜 娃、吉岡 和晃、岡本 安雄、多久和 陽、 第52回日本脂質生化学会 2010年6月14-15日(群馬伊香保) シンポジウム (リゾ脂質受容体研究の新展開) 
S1P2受容体によるがん血管新生抑制とそのメカニズム(2010)
  • Takuwa, Y., Yoshioka, K., Wang, Y., Azam, M.A., Takuwa, N. and Sugimoto, N.: Receptor and calcium coupling to myosin light chain phosphatase. FASEB Summer Research Conferences “Smooth muscle”(Snowmass, Colorado, U.S.A.)2006, 7/29-8/3(2008)
  • Takuwa, Y., Yoshioka, K., Wang, Y., Azam, M.A., Takuwa, N. and Sugimoto, N.: Identification of PI3K-C2α as an essential signaling molecule in Ca2+-dependent Rho activation and MLCP inhibition by using RNAi-mediated gene silencing. 第83回日本生理学会シンポジウム “Gene manipulation for the research of cardiovascular system”.2006年3/28-3/30(2006)
  • 吉岡 和晃、Y. Wang, M.A. Azam、桜田 惣太郎、多久和 典子、杉本 直俊、多久和 陽: 「分化型単離血管平滑筋細胞を用いた収縮制御シグナル分子の同定」. 金沢血管生物学シンポジウム(金沢)2006年2/22(2006)
  • Takuwa, Y., Yoshioka, K., Takuwa, N., Wang, Y., Azam, M.A., Sugimoto, N. Ca2+ regulation of smooth muscle myosin phosphatase and Ca2+ sensitization. International Union of Physiological Sciences 2005. Symposium “Emerging modes of Ca2+ signaling in the regulation of smooth muscle contractile proteins. (San Diego, U.S.A.) 2005, 3/31-4/4(2005)
  • Yoshioka, K., Wang, Y., Azam, M.A., Takuwa, N. and Sugimoto, N. and Takuwa, Y.,: Investigation of contractile mechanism using differentiated, cultured vascular smooth muscle cells and gene manipulation technique. 第82回日本生理学会シンポジウム”The state of the art in smooth muscle research in the post-genomic era”(仙台)2005年5/20-5/22(2005)
  • Takuwa, Y., Yoshioka, K., Okamoto, Y., Azam, M.A., Maeda M., Takuwa, N. “Role of phosphoinositide 3-kinase (PI3K) classII α isoform, a novel Ca2+-dependent regulator of Rho in vascular smooth muscle, in hypertension” The 6th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology (Tokyo, Japan) 2009, 5/25-28 (2009)
  • Takashima S., Sugimoto N., Takuwa N., Okamoto Y., Yoshioka K., Takamura M., Kaneko S., Takuwa Y., “G12/13 and Gq coordinately mediates S1P2-induced inhibition of Rac and migration in vascular smooth muscle in Rho-dependent mannar” 第73回 日本循環器学会(大阪) 2009年3月20日~22日(口頭)(2009)
  • Takuwa, Y., Yoshioka, K., Azam, M.A., Takuwa, N. and Sugimoto, N.: Negative regulation of myosin phosphatase by Ca2+ in vascular smooth muscle: involvement of the novel Rho regulator phosphoinositide 3-kinase class IIα isoform. Federation of Asian and Oceanian Physiological Scientists 2006. Symposium “ Regulation of vascular tone”. (Seoul, Korea) 2006, 10/15-10/18(2006)

その他(報告書など)

  • アデノシン受容体と神経機能 吉岡和晃、中田裕康 19巻 3号 117頁 2001/03 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • Sphingosine-1-phosphate signaling and biological activities in the cardiovascular system. 1781頁 2008 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • CALCIUM-DEPENDENT REGULATION OF RHO AND MYOSIN PHOSPHATASE IN VASCULAR SMOOTH MUSCLE 16頁 2005 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • Functions of Heteromeric Association Between Adenosine and P2Y Receptors. 26頁 2005 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • ATP- and adenosine-Mediated Signaling in the Central Nervous System: Purinergic Receptor Complex: Generating Adenosine Nucleotide-Sensitive Adenosine Receptors. 94頁 2004 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

全て表示

  • 生体におけるスフィンゴシン-1-リン酸シグナル系の機能 多久和 陽、岡本安雄、杜、戚、吉岡和晃、多久和典子 羊土社 27頁 2009//8 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • PI3キナーゼ 吉岡和晃、多久和 陽 日本薬理学雑誌 130頁 2007 ⑫書評・文献紹介等
  • カルシウムによるRho-Rhoキナーゼを介したミオシン軽鎖ホスファターゼ制御におけるクラスII型PI3キナーゼC2alphaの役割 吉岡和晃、多久和典子、岡本安雄、多久和 陽 メディカルレビュー社 9頁 2008//8 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

芸術・フィールドワーク

特許

○「非ヒトノックアウト動物、並びにその用途およびその作製方法」(出願国名:日本)

共同研究希望テーマ

○血管収縮を制御する細胞内シグナル伝達経路の解析

科研費

○基盤研究(C)「2型PI3キナーゼα酵素による細胞内小胞輸送調節を介した物質・情報交換制御の機構」(2011-2013) 代表者
○基盤研究(B)「心血管ホメオスターシスとその破綻における機能性脂質の役割」(2009-2011) 分担者
○基盤研究(C)「KO マウスを用いたクラスⅡ型PI3 キナーゼC2α の血管形成における役割」(2008-2010) 代表者
○特定領域研究「がん血行転移を制御するシグナリング機構」(2007-) 分担者
○若手研究(B)「伸展力を介した血管平滑筋トーヌスのカルシウム感受性制御」(2004-) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「膜動現象を制御するイノシトールリン脂質脱リン酸化酵素の肺発達・成熟における役割」(2017-2019) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「血管内皮機能に必須なPI(3)P代謝酵素によるメンブレン・トラフィック制御」(2014-2016)

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学外) (2013-2013) 研究 血管形成・恒常性維持におけるクラスII型PI3キナーゼC2αの生理的役割 ライフサイエンス振興財団 研究助成金 公益財団法人 ライフサイエンス振興財団
○競争的資金(学外) (2013-2013) 研究 クラスⅡ型PI3キナーゼC2αによる血管恒常性維持機構の解明 武田科学振興財団「平成25年度 医学系研究奨励」 公益財団法人 武田科学振興財団
○競争的資金(学外) (2013-2013) 研究 脂質キナーゼPI3K-C2α酵素の血管恒常性維持機構の解明 日本応用酵素協会「酵素研究助成」 公益財団法人日本応用酵素協会
○競争的資金(学外) (2013-2013) 研究 クラスII 型PI3 キナーゼC2αによる血管バリア機能維持機構の解明 ‒ 解離性大動脈瘤発症メカニズムの解明に向けて ‒ 第53回宇部興産学術振興財団 学術奨励賞 公益財団法人 宇部興産学術振興財団
○競争的資金(学外) (2013-2013) 研究 クラスII型PI3キナーゼC2αによる血管形成・健全性維持の機能解析 第26回 ノバルティス研究奨励金 公益財団法人 ノバルティス科学振興財団
○助成金 (2005-2006) 研究 分化型血管平滑筋細胞を用いた定量的収縮評価法の開発及び新規収縮シグナル分子の同定 血液医学分野 若手研究助成金 先進医薬研究振興財団
○競争的資金(学外) (2011-2011) 研究 腫瘍血管新生阻害治療の分子標的探索に有用な新規マウスモデルの開発 平成23年度第1回研究成果展開事業 研究成果最適展開プログラム(A-STEP) FSステージ 探索タイプ 科学技術振興機構
○助成金 (2011-2011) 研究 腫瘍血管新生阻害治療の分子標的探索に有用な新規マウスモデルの開発 第2回「金沢大学若手研究者シーズ発表会」助成金 金沢大学イノベーション創成センター
○助成金 (2010-2011) 研究 健康な血管を維持する新しい細胞内シグナル分子II型PI3キナーゼαの機能解析 第29回 血液医学分野 一般研究助成金 財団法人 先進医薬研究振興財団
○競争的資金(学外) (2010-2010) 研究 解離性大動脈瘤の病態解明及び治療法開発に貢献する新規なマウスモデルの開発 平成23年度第1回研究成果展開事業 研究成果最適展開プログラム(A-STEP) FSステージ 探索タイプ 科学技術振興機構
○助成金 (2009-2009) 研究 PI3キナーゼC2αの血管ホメオスターシスに果たす生理的役割とその破綻による血管障害の解析 学長戦略経費(重点研究経費)若手育成(実験) 金沢大学
○競争的資金(学外) (2021-2022) 研究 血管内皮の特殊オートファジー経路を介したウイルス感染制御機構 令和3年度(第40回)血液医学分野 一般研究助成金 公益法人 先進医薬研究振興財団
○競争的資金(学外) (2018-2019) 研究 エンドソーム膜受容体シグナリングを標的とする難治血管病治療戦略の開発 平成30年度 血液医学分野一般研究助成 62. 公益財団法人 先進医薬研究振興財団
○競争的資金(学外) (2014-2015) 研究 イノシトールリン脂質代謝酵素を標的とした心不全治療薬開発の基盤研究 科学技術振興機構「平成26年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ」 金沢大学
○競争的資金(学外) (2013-2015) 研究 血管恒常性維持を担うクラスII型PI3キナーゼC2の細胞内メンブレン・トラフィック調節機構 公益財団法人 内藤記念科学振興財団「平成25年度 内藤記念科学奨励金・研究助成」 金沢大学
○競争的資金(学外) (2013-2014) 研究 イノシトールリン脂質代謝酵素による血管健全性維持機構の解明と血管炎モデルマウスの開発 公益財団法人 鈴木謙三記念医科学応用研究財団「平成25年度 助成金」 金沢大学
○競争的資金(学外) (2013-2014) 研究 血管健常性を維持する新規内皮発現分子の病態生理研究 公益財団法人 アステラス病態代謝研究会「平成25年度 研究助成金」 金沢大学
○競争的資金(学外) (2013-2014) 研究 「脂質代謝酵素ネットワークによる血管バリア機能維持機構の解明 公益財団法人 先進医薬研究振興財団「平成25年度 血液医学分野一般研究助成」 金沢大学
○競争的資金(学外) (2014-2016) 研究 血管恒常性維持に必須なイノシトールリン脂質代謝酵素ネットワークの病態生理機能 第27回 小野医学研究助成金 金沢大学
○競争的資金(学外) (2014-2015) 研究 腫瘍血管新生阻害治療開発に貢献する新規モデルマウスの開発 公益財団法人 北國がん基金 第28回研究助成 金沢大学
○競争的資金(学外) (2013-2013) 研究 イノシトールリン脂質代謝酵素を標的とした動脈硬化治療法の開発 平成25年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ 科学技術振興機構

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

○イノシトールリン脂質代謝酵素を標的とした心不全治療薬開発の基盤研究 少子高齢化先進国としての持続性確保 ライフイノベーション 創薬

学域・学類担当授業科目

○医薬保健学基礎(2018)
○器官生理学(2018)
○医薬保健学基礎(2017)
○器官生理学(2017)
○生体の機能(2016)
○医薬保健学基礎(2016)
○生体の機能と統合(2016)
○生体の機能(2015)
○生体の機能と統合(2015)
○生体の機能と統合(2014)
○生体の機能(2014)
○生体の機能と統合(2013)
○生体の機能(2013)

大学院担当授業科目

○血管情報伝達学特論(2018)
○人体機能学(2018)
○ヒューマンボディー:機能(2018)
○人体機能学(2018)
○血管情報伝達学特論(2017)
○血管情報伝達学特論(2017)
○人体機能学(2017)
○基礎系領域融合セミナー(2016)
○血管情報伝達学特論(2016)
○血管情報伝達学特論(2016)
○人体機能学(2016)
○人体機能学(2015)
○人体機能学(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○公益社団法人 日本生化学会北陸支部 幹事会幹事(2019/01/01-2020/12/31)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○神奈川工科大学 応用バイオ化学科(20070101-) 特別講義(先端バイオ科学)5コマ(8時間)

このページの先頭へ