本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年04月19日

松本 勲 (まつもと いさお) 准教授 MATSUMOTO Isao

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 循環医科学専攻

所属研究室等

呼吸器研究室 TEL:076-265-2355 FAX:076-222-6833

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 外科学 1996/03 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学科 1991/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

金沢大学 心肺総合外科(2003/04/01-)

生年月

1965年08月

所属学会

日本呼吸器外科学会 評議員(2005-)
日本外科学会 代議員(2017-2019)
日本胸部外科学会 評議員(2018-2020)
日本呼吸器内視鏡学 評議員,支部局長(2019-2021)
日本内視鏡外科学会 評議員(2014-2021)
日本気胸・嚢胞性肺疾患学会日本呼吸器学会
日本臨床腫瘍学会
日本癌治療学会
日本肺癌学会 理事(2019-2021)
日本臨床外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本乳癌学会
日本緩和医療学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

胸部外科学、外科

専門分野キーワード

呼吸器外科 肺移植 低侵襲手術

研究課題

凍結保護多糖を用いた移植肺の低(氷)温保存に関する基礎的研究

腫瘍特異抗原結合型蛍光シクロスフェアによる肺癌縦隔リンパ節転移の術中同定法の開発

改良型キトサンナノ繊維管による胸腔内自律神経機能再生に関する実験的臨床的研究

著書

論文

  • Experimental study of extracorporeal lung resection in dogs : ex situ sleeve resection and autotransplantation of the pulmonary lobe after extended pneumonectomy for central lung cancer. 127 巻  1343-9頁 2004/05 原著論文
  • Free pericardial fat pads can act as sealant for preventing alveolar air leaks. 80(6):2321-4巻 2005/12 原著論文
  • Treatment for intercostal arterial aneurysm in neurofibromatosis type 1. 15(1)巻 e16-9頁 2007/01 原著論文
  • Awake endoscopic thymectomy via an infrasternal approach using sternal lifting. 56(5)巻 311-3頁 2008/08 原著論文
  • Management of tracheobronchial ulceration induced by high-dose brachytherapy. 87(4)巻 1301-3頁 2009/04 原著論文

全て表示

  • Mean Computed Tomography Value to Predict the Tumor Invasiveness in Clinical Stage IA Lung Cancer. 104巻 1号 261-266頁 2017/04/19 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Supercharged free omental flap plombage for empyema in a patient with an artificial pericardium. doi: 10.1093/icvts/ivy008. [Ep巻 doi: 10.1093/icvts/ivy008. [Ep号 doi: 10.1093/icvts/ivy008. [Ep頁 2018/02/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Antitumor effect and antiangiogenic potential of the mTOR inhibitor temsirolimus against malignant pleural mesothelioma. 31巻 3号 1109-15頁 2014/03/31 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Activation of ERK/IER3/PP2A-B56γ-positive feedback loop in lung adenocarcinoma by allelic deletion of B56γ gene. 35巻 5号 2635-42頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A new fluorescent anatomic pulmonary segmentectomy using PDD endoscope system and vitamin B2: evaluation in a clinical setting using living animal. 30巻 1号 339-45頁 2016 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chitosan tubes can restore the function of resected phrenic nerves. 21巻 1号 8-13頁 2015 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lymph node ratio as a prognostic factor in patients with pathological N2 non-small cell lung cancer. 14巻 1号 295頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Outcome prediction of pulmonary metastasectomy can be evaluated using metastatic lesion in osteosarcoma patients. 37巻 8号 1973-80頁 2013 査読有 原著論文
  • Usefulness of fluorine-18 fluorodeoxyglucose-positron emission tomography in management strategy for thymic epithelial tumors. 95巻 1号 305-10頁 2013 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Repair of intra-thoracic autonomic nerves using chitosan tubes. Interact Cardiovasc Thorac Surg. 10巻 4号 498-501頁 2010/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Vitamin B2 as a tracer for intraoperative pulmonary sentinel node navigation surgery. 30巻 10号 4109-14頁 2010/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • The impact of tumor infiltrating lymphocytes on survival of patients with primary lung cancer Matsumoto I, Oda M, Tamura M, Fujimori H, Shimizu Y, Watanabe G 13th World Conference of Lung Cancer, August, 2009, San Francisco <ワークショップ(3):転移性肺腫瘍に対するエビデンスに基づいた外科治療> 骨・軟部組織肉腫肺転移の予後因子の検討と手術アプローチの提案 松本勲、小田誠、藤森英希、谷内毅、今川健久、渡邊剛 第109回 日本外科学会総会, 2009年4月, 福岡 <シンポジウム(3):内視鏡下手術の現状と将来> 経済的側面からみた肺癌に対する胸腔鏡手術の現状と将来 松本勲、小田誠、藤森英希、田村昌也、清水陽介、松之木愛香、渡邊剛 第26回日本呼吸器外科学会総会, 2009年5月, 北九州 胸膜・肺疾患に対する硬膜外または局所麻酔による胸腔鏡下生検 松本勲、小田誠、藤森英希、田村昌也、清水陽介、渡邊剛 第32回日本呼吸器内視鏡学会総会, 2009年5月, 東京 手術不能肺癌に対する非手術治療症例の検討 松本勲、小田誠、田村昌也、清水陽介、藤森英希、渡邊剛 第62回 日本胸部外科学会総会, 2009年10月,横浜 野口C型肺腺癌切除例における臨床病理学的検討 松本勲、小田誠、田村昌也、清水陽介、藤森英希、申寿東、田中伸廣、渡邊剛 第62回 日本胸部外科学会総会, 2009年10月,横浜 80歳以上の超高齢者肺癌に対する治療方針の検討 松本勲、小田誠、田村昌也、藤森英希、清水陽介、田中伸廣、渡邊剛 第50回 日本肺癌学会総会, 2009年11月,東京 (2009)
  • ディベートセッション この症例をどうする「肺」 松本 勲 第72回日本臨床外科学会総会,2010年11月,横浜 ナノテクノロジーを応用したキトサンナノ繊維チューブによる横隔神経再生効果の検討 松本 勲,小田 誠,田村昌也,清水陽介,金子真美,渡邊 剛 第110回日本外科学会定期学術集会,2010年4月,名古屋 新しいAutomatic sternal lifting systemを用いた胸腺胸腺腫摘出術 松本 勲,小田 誠,田村昌也,清水陽介,渡邊 剛 第27回日本呼吸器外科学会総会,2010年5月,仙台 複数肺葉にまたがる原発性肺癌に対するINTACT法 松本 勲,小田 誠,田村昌也,早稲田龍一,渡邊 剛 第63回日本胸部外科学会定期学術集会,2010年10月,大阪 80歳代で他臓器浸潤や肺内転移を伴わないcN0M0肺癌症例をいかに治療するか 松本 勲,小田 誠,田村昌也,早稲田龍一,渡邊 剛 第51回日本肺癌学会総会,2010年11月,広島 (2010)
  • ディベートセッション この症例をどうする「肺」 松本 勲 第72回日本臨床外科学会総会,2010年11月,横浜 ナノテクノロジーを応用したキトサンナノ繊維チューブによる横隔神経再生効果の検討 松本 勲,小田 誠,田村昌也,清水陽介,金子真美,渡邊 剛 第110回日本外科学会定期学術集会,2010年4月,名古屋 新しいAutomatic sternal lifting systemを用いた胸腺胸腺腫摘出術 松本 勲,小田 誠,田村昌也,清水陽介,渡邊 剛 第27回日本呼吸器外科学会総会,2010年5月,仙台 複数肺葉にまたがる原発性肺癌に対するINTACT法 松本 勲,小田 誠,田村昌也,早稲田龍一,渡邊 剛 第63回日本胸部外科学会定期学術集会,2010年10月,大阪 80歳代で他臓器浸潤や肺内転移を伴わないcN0M0肺癌症例をいかに治療するか 松本 勲,小田 誠,田村昌也,早稲田龍一,渡邊 剛 第51回日本肺癌学会総会,2010年11月,広島 (2010)
  • ナノテクノロジーを応用したキトサンナノ繊維チューブによる交感神経再生効果への挑戦.松本勲, 小田誠, 谷内毅, 村田智美, 吉田周平, 渡邊剛.第108回 日本外科学会総会, 2008年3月, 長崎 術後再膨張性肺水腫となった巨大肺嚢胞症例の経験.松本勲, 小田誠, 谷内毅, 斎藤健一郎, 今川健久, 吉田周平, 石川紀彦, 渡邊剛.第25回日本呼吸器外科学会総会, 2008年5月,栃木 膿胸に対する治療戦略.松本勲, 小田誠, 吉田周平, 山本宣孝, 村田智美, 今川健久, 斉藤健一郎, 谷内毅, 石川紀彦, 渡邊剛.第25回日本呼吸器外科学会総会, 2008年5月,栃木 (シンポジウム)気管支鏡検査の標準的手技とは? 当科における標準的気管支鏡手技 前処置を中心に.松本勲, 小田誠, 谷内毅, 斎藤健一郎, 今川健久, 山本宣孝, 渡邊剛.第31回日本呼吸器内視鏡学会総会, 2008年6月, 大阪 中心型早期肺癌に対する治療と展望.松本勲, 小田誠, 谷内毅, 羽田匡弘, 今川健久, 渡邊剛.第49回日本肺癌学会総会, 2008年11月、福岡 (ビデオシンポジウム 呼吸器外科における他科との協同手術).三椎体にわたる合併切除を行った肺癌の1例.松本勲、小田誠、谷内毅、斎藤健一郎、今川健久、山本宣孝、大竹裕志、渡邊剛.第51回関西胸部外科学会学術集会,2008年6月、富山 上大静脈・心膜切除、人工血管置換、INTACT右肺上葉切除にて一括切除し得た肺癌と胸腺癌の合併例.松本勲, 小田誠, 太田安彦, 宮津克幸, 早稲田龍一, 遠藤直樹, 石川紀彦, 渡邊剛.第24回日本呼吸器外科学会総会,2007年5月,横浜. 当科における小型肺癌に対する胸腔鏡診断と治療.松本勲, 小田誠, 宮津克幸, 遠藤直樹, 曽我真伍, 石川紀彦, 渡邊剛.第30回日本呼吸器内視鏡学会総会,2007年6月,東京 80歳以上の超高齢者肺癌の手術適応.松本勲, 小田誠, 太田安彦, 早稲田龍一, 宮津克幸, 遠藤直樹, 石川紀彦, 渡邊剛.第107回日本外科学会総会,2007年4月,大阪 肺線維症または間質性肺炎を伴った肺癌手術症例の検討.松本勲, 小田誠, 古澤高廣, 宮津克幸, 谷内毅, 石川紀彦, 渡邊剛.第48回日本肺癌学会総会,2007年11月,名古屋 胸腺上皮性腫瘍の術前評価におけるPET検査の有用性.松本勲, 小田誠, 古澤高廣, 宮津克幸, 谷内毅, 石川紀彦, 渡邊剛.第60回日本胸部外科学会総会,2007年10月,仙台 気管・気管支癌に対する、レザフィリンとPDレーザーを用いた光線力学療法の経験.松本勲, 小田誠, 宮津克幸, 遠藤直樹, 早稲田龍一, 曽我真伍, 太田安彦, 渡邊剛.第55回日本肺癌学会北陸支部会,2007年2月,金沢(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「改良型キトサンナノ繊維管による胸腔内自律神経機能再生に関する実験的臨床的研究」(2009-) 代表者
○基盤研究(C)「肺癌に対する体外肺切除における、気管支創傷治癒へのキトサンナノ繊維シートの効果」(2012-2014) 代表者
○基盤研究(C)「改良型キトサンナノ繊維管による胸腔内自律神経機能再生に関する実験的臨床的研究」(2009-2011) 代表者

学域・学類担当授業科目

○外科学臨床実習BSL(2017)
○外科学臨床実習BSL(2016)
○外科学臨床実習BSL(2015)
○一般外科(2015)
○初学者ゼミ(2014)

大学院担当授業科目

○心肺病態制御学特論(2017)
○心肺病態制御学特論(2017)
○心肺病態制御学特論(2016)
○心肺病態制御学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ