本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年02月15日

石村 昭彦 (いしむら あきひこ) 助教 ISHIMURA Akihiko

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

がん進展制御研究所

教育分野

【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 薬学専攻

所属研究室等

機能ゲノミクス研究分野 TEL:076-264-6741 FAX:076-234-4502

学歴

【出身大学院】
新潟大学 博士課程 自然科学研究科 生物圏科学専攻 2001/03 修了
【出身大学】
新潟大学 理学部 生物学科 1996/03 卒業
【取得学位】
修士(理学)
博士(理学)

職歴

2001-2002 アメリカ国立がん研究所 博士研究員 アメリカ国立がん研究所 博士研究員(2001/04-2002/03)
2002-2003 アメリカ国立がん研究所 日本学術振興会海外特別研究員 アメリカ国立がん研究所 博士研究員(2002/03-2003/10)
2003-2007 秋田大学 COE研究員 秋田大学大学院医学研究科  博士研究員(2003/11-2007/03)
2007 秋田大学 特別研究員 秋田大学大学院医学研究科  博士研究員(2007/04-2007/06)
2007- 金沢大学 助教 がん研究所 機能ゲノミクス研究分野(2007/07-)

生年月

1973年11月

所属学会

日本癌学会
日本分子生物学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

解剖学一般(含組織学・発生学)

専門分野キーワード

がん遺伝学、発生生物学、細胞生物学、分子生物学 

研究課題

レトロウイルス挿入変異法により同定された、新規がん関連遺伝子候補Jmjd5の機能解析

著書

論文

  • GATA-1 inhibits the formation of notochord and neural tissue in Xenopus embryo. Shibata, K., Ishimura, A. and Maeno, M. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 252巻 1号  241-248頁 1998/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Immunodetection of Xenopus bone morphogenetic protein-1 in adult and embryonic cells. Ishimura, A., Princler, G. L., Lin, J. J., Kung, H. F. and Maeno, M. GROWTH FACTORS 16巻 3号 171-177頁 1999/01 査読有 原著論文
  • Involvement of BMP-4/msx-1 and FGF pathways in neural induction in the Xenopus embryo. Ishimura, A., Maeda, R., Takeda, M., Kikkawa, M., Daar, I. O. and Maeno, M DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION 42巻 4号 307-316頁 2000/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Xpbx1b and Xmeis1b play a collaborative role in hindbrain and neural crest gene expression in Xenopus embryos. Maeda, R.※, Ishimura, A., Mood, K., Park, E. K., Buchberg, A. M. and Daar, I. O. PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AME 99巻 8号 5448-5453頁 2002/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Contribution of JNK, Mek, Mos and PI-3K signaling to GVBD in Xenopus oocytes. Mood, K., Bong, Y. S., Lee, H. S., Ishimura, A. and Daar, I. O. CELLULAR SIGNALLING 16巻 5号  631-642頁 2004/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Tyr-298 in ephrinB1 is critical for an interaction with the Grb4 adaptor protein. Bong, Y. S., Park, Y. H., Lee, H. S., Mood, K., Ishimura, A. and Daar, I. O. BIOCHEMICAL JOURNAL 377巻  499-507頁 2004/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The essential vertebrate ABCE1 protein interacts with eukaryotic initiation factors. Chen, Z. Q., Dong, J., Ishimura, A., Daar, I., Hinnebusch, A. G. and Dean, M. JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 281巻 11号  7452-7457頁 2006/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Oncogenic Met receptor induces cell-cycle progression in Xenopus oocytes independent of direct Grb2 and Shc binding or Mos synthesis, but requires phosphatidylinositol 3-kinase and Raf signaling. Mood, K., Saucier, C., Ishimura, A., Bong, Y. S., Lee, H. S., Park, M. and Daar, I. O. JOURNAL OF CELLULAR PHYSIOLOGY 207巻 1号  271-285頁 2006/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Oncogenic Met receptor induces ectopic structures in Xenopus embryos. Ishimura, A., Lee, H. S., Bong, Y. S., Saucier, C., Mood, K., Park, E. K. and Daar, I. O. ONCOGENE 25巻 31号  4286-4299頁 2006/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Man1, an inner nuclear membrane protein, regulates vascular remodeling by modulating transforming growth factor beta signaling. Ishimura, A., Ng, J. K., Taira, M., Young, S. G. and Osada, S. DEVELOPMENT 133巻 19号  3919-3928頁 2006/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Man1, an inner nuclear membrane protein, regulates left-right axis formation by controlling nodal signaling in a node-independent manner. Ishimura A, Chida S and Osada S. DEVELOPMENTAL DYNAMICS 237巻 12号  3565-3576頁 2008/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Jmjd2c histone demethylase enhances the expression of Mdm2 oncogene. Ishimura A, Terashima M, Kimura H, Akagi K, Suzuki Y, Sugano S, Suzuki T. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 389巻 2号 366-371頁 2009/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The tumor suppressor Rb and its related Rbl2 genes are regulated by Utx histone demethylase.  Terashima M, Ishimura A, Yoshida M, Suzuki Y, Sugano S and Suzuki T  BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 399巻 2号 238-244頁 2010/08 査読有
  • PLU1 histone demethylase decreases the expression of KAT5 and enhances the invasive activity of the cells. Yoshida M, Ishimra A, Terashima M, Enkhbaatar Z, Nozaki N, Satou K and Suzuki T BIOCHEMICAL JOURNAL 437巻 3号 555-564頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Jmjd5. an H3K36me2 histone demethylase, modulates embryonic cell proliferation through the regulation of Cdkn1a expression. Ishimura A, Minehata K, Terashima M, Kodoh G, Hara T and Suzuki T DEVELOPMENT 139巻 4号 749-759頁 2012/02 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Roles of histone methyl-modifying enzymes in development and progression of cancer. Suzuki T, Terashima M, Tange S and Ishimura A CANCER SCIENCE 104巻 7号 795-800頁 2013/07 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • KDM5B histone demethylase controls epithelial-mesenchymal transition of cancer cells by regulating the expression of the microRNA-200 family. Enkhbaatar Z,Terashima M,Oktyabri D,Tange S,Ishimura A,Yano S,Suzuki T CELL CYCLE 12巻 13号 2100-2012頁 2013/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 第70回日本癌学会学術総会 「Jmjd5, which is identified by retroviral insertional mutagenesis, regulates Cdkn1a and modulates embryonic cell growth.」 2011年10月(2011)
  • International Symposium on Tumor Biology in Kanazawa and the 11th Spring Symposium of the Molecular Biology Society of Japan. 「Jmjd5, a candidate cancere-related gene identified by retroviral insertional mutagenesis, regulates the expression of Cdkn1a and modulates embryonic cell proliferation.」 2011年6月(2011)
  • 3rd International Symposium on Carcinogenic Spiral and International Symposium in Tumor Biology in Kanazawa. 「Jmjd5, a JmjC domain containing protein, modulates embryonic cell proliferation through the regulation of p53-target genes expression.」 2013年1月(2012)
  • 第35回分子生物学学会年会 「Jmjd5, an H3K36me2 histone demethylase, modulates embryonic cell proliferation through the regulation of p53-target genes expression.」 2012年12月(2012)
  • 第34回分子生物学学会年会 「Jmjd5, which is identified by retroviral insertional mutagenesis, regulates embryonic cell proliferation through the epigenetic control of Cdkn1a.」 2011年11月(2011)

全て表示

  • The Joint Symposium of the 5th International Symposium of Institutes Network and the International Symposium Commemorating Inauguration of Kanazawa University Cancer Research Institute. 「The role of Jmjd5, a candidate cancer gene identified by retroviral insertional mutagenesis: Analysis of Jmjd5-deficient mice.」 2010年6月(2010)
  • 第69回日本癌学会学術総会 「The physiological role of Jmjd5, a candidate cancer gene identified by retroviral insertional mutagenesis. 」 2010年9月(2010)
  • 平成22年度「個体レベルでのがん研究支援活動」ワークショップ 「. The physiological function of Jmjd5, a candidate cancer-related gene identified by retroviral insertional mutagenesis. 」 2011年2月(2010)
  • 第32回分子生物学会年会 「Functional analysis of Jmjd5, a candidate cancer gene identified by retroviral insertional mutagenesis. 」 2009年12月(2009)
  • 第十回文部科学省特定領域研究「がん」5領域 若手研究者ワークショップ 「レトロウイルス挿入変異法により同定された、新規がん関連遺伝子候補Jmjd5の機能解析」 2009年9月(2009)
  • 日本発生生物学会第38回大会 「核膜内膜蛋白質 MAN1 は TGF-β 依存的血管新生を制御する」2005年6月(2005)
  • 第68回日本癌学会学術総会 「Functional analysis of Jmjd5, a candidate cancer gene identified by retroviral insertional mutagenesis. 」 2009年10月(2009)
  • 第30回分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会 「A role of Man1, an inner nuclear membrane protein, in left-right axis formation」 2007年12月(2007)
  • 第40回発生生物学会・第59回日本細胞生物学会 合同大会 「Man1, an inner nuclear membrane protein, regulates left-right axis formation by modulating Nodal signaling.」 2007年5月(2007)
  • 15th International Society of Developmental Biologists Congress 「MAN1, an inner nuclear membrane protein, regulates TGF-β dependent angiogenesis.」2005年9月(2005)
  • 第27回日本分子生物学会年会 「新規HMG型転写因子のマウス胚発生における発現解析」2004年12月(2004)
  • 日本発生生物学会第39回大会 「Man1, an inner nuclear membrane protein, regulates vascular remodeling by modulating transforming growth factor-bata signaling」 2006年5月  (2006)
  • 第31回分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会 「新規がん抑制遺伝子候補Jmjd5の機能解析」 2008年12月(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「関連遺伝子Jmjd5の新しい遺伝子発現制御機構の解明 」(2013-2016) 代表者
○若手研究(B)「新規がん抑制遺伝子候補Jmjd5の血管新生・造血における役割と発がん機構の解明」(2009-2010) 代表者
○若手研究(B)「核膜内膜蛋白 Man1 による心臓の左右非対称性制御メカニズム」(2007-2008) 代表者
○若手研究(B)「ウイルス挿入変異法で同定された新規がん関連遺伝子Jmjd5の機能解析」(2011-2012) 代表者

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○腫瘍ウイルス学特論(2017)
○腫瘍ウイルス学特論(2017)
○腫瘍ウイルス学特論(2016)
○腫瘍ウイルス学特論(2016)
○がん研セミナー(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ