本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

山岸 忠明 (やまぎし ただあき) 教授 YAMAGISHI Tadaaki

メール

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

高分子研究室 TEL:076-234-4776 FAX:076-234-4800

学歴

【出身大学院】
京都大学 博士課程 工学研究科 高分子化学 1989
【取得学位】
工学博士

職歴

生年月

1961年02月

所属学会

高分子学会 北陸支部理事・事務担当(2002-)
日本化学会 近畿支部幹事(1996-1999)
セルロース学会 評議員(2008-)
高分子学会 北陸支部常任理事(2012-2013)

学内委員会委員等

受賞学術賞

○合成樹脂工業協会学術賞(2008/10/09)
○合成樹脂工業協会研究奨励賞[I.O.T.賞](1996)
○高分子学会研究奨励賞(1994)

専門分野

機能性高分子材料の解析、コンピュータを用いた高分子材料の解析、高分子化学、高分子・繊維材料、構造・機能材料

専門分野キーワード

フェノール樹脂、セルロース誘導体、分子集合体制御

研究課題

機能性高分子量フェノール系樹脂の合成および構造解析

機能性高分子量フェノール系樹脂の合成および構造解析 フェノール樹脂は、一般に機械的に丈夫な上に電気絶縁性にも優れ、耐熱性、耐薬品性、耐磨耗性もよいことから工業製品に適していることで知られている。しかしながら、力学的に剛いが脆いという欠点を有する。その欠点を改善するために、共有結合による架橋構造をなくし、高分子量化することおよび物理的相互作用を利用し複合化することなどを検討している。柔軟性を持つことによって、脆さが軽減し強靭化することに加え、成形加工が容易となり複雑な形を作り出すことができる。

フェノール系オリゴマーの機能開発

フェノール系オリゴマーの機能開発 カリックスアレーン(CR)はベンゼン環で囲まれた空孔と化学修飾可能な水酸基およびアルデヒド由来の置換基を有している。特異的な構造から金属イオンや有機分子を包接することが可能な有機ホスト分子である。これらを凝集させることにより、サイズの大きなタンパク質や微粒子などを選択的に捉えるホスト化合物となることや、生体機能のモデル化、特定物質の吸着・分離などの新規な機能が期待される。そこで本研究では、CRのポリマー化などを用いたCRの凝集化を行い、その機能性について検討している。

高機能性・高性能材料の開発

高機能性・高性能材料の開発 セルロースは天然由来の高分子であり、環境にやさしい材料である。セルロースの水酸基の反応活性と水素結合性をうまく利用することで、様々な誘導体が合成できる。一方、セルロースは半剛直性でコレステリック液晶を形成する。この液晶は周期構造とらせんセンスをもつ。この周期構造が可視波長領域の大きさであれば、液晶相に光が当たると虹色の光を反射する。本研究では、セルロースが作る液晶構造を制御することを目的として、誘導体の分子構造と液晶構造の関係について検討している。

著書

  • ピラーアレーンズ 英国王立化学会 2016 原著書 共著 生越友樹, 山岸忠明 その他14名  
  • セルロースの事典 朝倉書店 2000/11 原著書 共著 山岸忠明 ほか86名

論文

  • ジメチレンエーテル結合を有するパラクレゾール樹脂の合成とその溶液物性 山岸忠明、 中本義章 ほか4名 ネットワークポリマー 19巻 2号 79頁 1998/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ヒドロキノン型カリックスアレーンの重合1. 付加縮合反応によるポリマー化 山岸忠明、 中本義章 ほか3名 ネットワークポリマー 20巻 2号 67頁 1999/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ヒンダードフェノール系低分子化合物と塩素化ポリエチレンからなる有機ハイブリッドの動的粘弾性 山岸忠明、 中本義章 ほか4名 高分子論文集 57巻 5号 294頁 2000/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 構造の異なるフェノールノボラック樹脂の合成とその溶液物性 山岸忠明、 中本義章 ほか4名 高分子論文集 57巻 12号 830頁 2000/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of High Molecular Weight Novolak T. Yamagishi, Y. Nakamoto ほか4名 Macromol. Chem. Phys. 199巻 3号 423頁 1998/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Crystallization of Hindered Phenol on Chlorinated Polyethylene Matrix C.Wu, T.Yamagishi, Y.Nakamoto Polymer International 50巻 10号 1095頁 2001/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • In Situ Polycondensation in the Presence of Poly(ethylene glycol)s for Preparation of Polyrotaxanes T. Yamagishi, Y. Nakamoto ほか5名 Macromolecules 34巻 19号 6565頁 2001/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Organic Hybrid of Chlorinated Polyethylene and Hindered Phenol. I. Dynamic Mechanical Properties T. Yamagishi, Y. Nakamoto ほか4名 J. Polym. Sci., Part B, Polym. Chem. Ed. 38巻 17号 2285頁 2000/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Organic Hybrid of Chlorinated Polyethylene and Hindered Phenol. II. Influence of the Chemical Structure of Small Molecules on Viscoelastic Properties T. Yamagishi, Y. Nakamoto ほか4名 J. Polym. Sci., Part B, Polym. Chem. Ed. 38巻 11号 1496頁 2000/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Organic Hybrid of Chlorinated Polyethylene and Hindered Phenol. III. Influence of the Molecular Weight and Chlorine Content of the Polymer on Viscoelastic Properties T. Yamagishi, Y. Nakamoto ほか3名 J. Polym. Sci., Part B, Polym. Chem. Ed. 38巻 22号 2943頁 2000/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phase Separation of Phenolic Resins. 2. The Fractionation of Phenol-Formaldehyde Resin Based on Molecular Weight and Structure T. Yamagishi, Y. Nakamoto ほか2名 Polymer Bulletin 40巻 1号 69頁 1998/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Relative Reactivity of Phenols and Formation of Phenolic Co-condensed Resins T. Yamagishi, Y. Nakamoto ほか2名 Polymer Journal 31巻 11-1号 929頁 1999/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of C-unalkylated calix[4]resorcinarene from 1,3-dimethoxybenzene-formaldehyde condensation T.Yamagishi, Y.Nakamoto ほか2名 Polymer Bulletin 47巻 6号 493頁 2002/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Viscoelastic Properties of an Organic Hybrid of Chlorinated Polyethylene and a Small Molecule T. Yamagishi, Y. Nakamoto ほか4名 J. Polym. Sci., Part B, Polym. Chem. Ed. 37巻 10号 1341頁 2000/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation and Cholesteric Properties of Butyl and Pentyl Ether Derivatives of HPC and the Copolymers T.Yamagishi, Y.Nakamoto ほか2名 the 5th Asian textile conference, Proceedings 2巻 1012頁 1999/09 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 側鎖を有するオルトクレゾール樹脂の溶液物性 山岸忠明, 高橋竜平ほか3名 高分子論文集 60巻 4号 192-198頁 2003/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • PEGとの複合体形成に及ぼすフェノール樹脂構造の影響 山岸忠明、小西玄一、中本義章 高分子加工 53巻 7号 298-303頁 2004/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Syntheses and cation extraction properties of polycalixarenes from p-hydroxycalix[6]arene Macromolecules 38巻 16号 6871-6875頁 2005/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation and cholesteric mesophase properties of (butyl-co-pentyl) propylcellulose Cellulose 13巻 3号 205-211頁 2006/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Supramolecular Single-Walled Carbon Nanotubes (SWCNTs) Network Polymer Made by Hybrids of SWCNTs and Water Soluble Calix[8]arenas Chem. Commun. 2007巻 47号 4776-4778頁 2007/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Para-Bridged Symmetrical Pillar[5]arenas: Their Lewis Catalyzed Synthesis and Host-Guest Property J.Am.Chem.Soc. 130巻 15号 5022-5023頁 2008/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Defection-selective Solubilization and Chemically-responsive Solubility Switching on Single-walled Cabon Nanotubes with Cucurbit[7]uril Chem.Commun., 2008巻 19号 2245-2247頁 2008/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 芳香環を特異的に導入したフェノール樹脂の合成と機能 山岸忠明、清水貴司、生越友樹ほか3名 繊維学会誌 64巻 4号 117-121頁 2008/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 高分子量オルトクレゾール樹脂の分子形態 山岸忠明、王鵬飛、生越友樹、中本義章ほか2名 ネットワ-クポリマ- 29巻 3号 142-148頁 2008/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Green Polymerization of Phenol in Ionic Liquids Macromolecules 41巻 22号 8533-8536頁 2008/10 査読有 原著論文
  • Solubilization of single-walled carbon nanotubes by entanglements between them and hyperbranched phenolic polymer Carbon 47巻 1号 117-123頁 2009/01 査読有 原著論文
  • Columnar Stacks of Star- and Tadpole-Shaped Polyoxazolines Having Triphenylene Moiety and Their Applications for Synthesis of Wire-Assembled Gold Nanoparticles Macromolecules 42巻 8号 3042-3047頁 2009/04 査読有 原著論文
  • Through-space π-delocalized pillar[5]arene Chem. Commun. 32巻 4874-4876頁 2009/09 査読有 原著論文
  • Side-chain polypseudorotaxanes with hetero-macrocyclic receptors of cyclodextrins (CDs) and cucurbit[7]uril(CB7): Their contrast lower critical solution temperature behavior with α-,γ-CDs and CB7 Macromolecules 42巻 21号 8003-8005頁 2009/12 査読有 原著論文
  • Synthesis and Host-Guest Property of Alternating Copolymer Constituted of Calix[4]arene and Calix[6]arene in Main-Chain Polymer Chemistry 1巻 203-206頁 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chemically-Responsive Supramolecular Assemblies of Pyrene-β-Cyclodextrin Dimer Langmuir 26巻 5号 3169-3173頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Host-Guest Property of Alternating Copolymer Constituted of Calix[4]arene and Calix[6]arene in Main-Chain Polymer Chemistry 1巻 5号 203-206頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Intra-Molecular Hydrogen Bond Belt and Complexation with Guest on Rotation Behavior of Phenolic Units in Pillar[5]arenes J. Phys. Chem. Lett. 1巻 5号 817-821頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Conformational Characteristics of Nonsymmetric Pillar[5]arene Org. Lett. 12巻 3号 636-638頁 2010/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation of High-molecular-weight Phenolic Resins by means of a Phase-separation Reaction System  Chem. Lett. 39巻 4号 422-423頁 2010/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis, Conformational and Host-Guest Properties of Water-Soluble Pillar[5]arene Chem. Commun. 46巻 21号 3708-3710頁 2010/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Polypseudorotaxane Constructed from Pillar[5]arene and Viologen Polymer Macromolecules 43巻 7号 3145-3147頁 2010/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • High Yield Synthesis of Polyrotaxane Constructed from Pillar[5]arene and Viologen Polymer and Stabilization of Its Radical Cation Macromolecules 43巻 17号 7068-7072頁 2010/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Supramolecular Polymer Networks from Hybrid between Graphene Oxide and Per-6-Amino-β-Cyclodextrin Chem. Commun. 46巻 33号 6087-6089頁 2010/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Conformational Characteristics of Alkyl-Substituted Pillar[5]arenes J. Org. Chem.  75巻 10号 3268-3273頁 2010/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 液晶性セルロース誘導体の凝集状態制御について 高分子論文集  67巻 12号 705-708頁 2010/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Facile, rapid, and high-yield synthesis of pillar[5]arene from commercially available reagents and its X-ray crystal structure  J. Org. Chem. 76巻 1号 328-331頁 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Planar-chiral pillar[5]arene: Chiral switches induced by multiexternal stimulus of temperature, solvents, and addition of achiral guest molecule  J. Org. Chem. 76巻 2号 618-622頁 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ionic liquid molecules (ILs) as novel guests for pillar[5]arene: 1:2 host-guest complexes between pillar[5]arene and ILs in organic media  Chem. Lett. 40巻 1号 96-98頁 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transparent ionic liquid-phenol resin hybrids with high ionic conductivity  Polym. J. 43巻 4号 421-424頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transparent ionic liquid-phenol resin hybrids with high ionic conductivity Ogoshi, Tomoki;Onodera, Takeshi;Yamagishi, Tada-aki;Nakamoto, Yoshiaki;Kagata, Akihito;Matsumi, Noriyoshi;Aoi, Keigo POLYMER JOURNAL 43巻 4号 421-424頁 2011
  • Facile, Rapid, and High-Yield Synthesis of Pillar[5]arene from Commercially Available Reagents and Its X-ray Crystal Structure Ogoshi, Tomoki;Aoki, Takamichi;Kitajima, Keisuke;Fujinami, Shuhei;Yamagishi, Tada-aki;Nakamoto, Yoshiaki JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY 76巻 1号 328-331頁 2011
  • Ionic Liquid Molecules (ILs) as Novel Guests for Pillar[5]arene: 1:2 Host-Guest Complexes between Pillar[5]arene and ILs in Organic Media Ogoshi, Tomoki;Tanaka, Shunya;Yamagishi, Tada-aki;Nakamoto, Yoshiaki CHEMISTRY LETTERS 40巻 1号 96-98頁 2011
  • Planar-Chiral Macrocyclic Host Pillar[5]arene: No Rotation of Units and Isolation of Enantiomers by Introducing Bulky Substituents Ogoshi, Tomoki;Masaki, Kae;Shiga, Ryohei;Kitajima, Keisuke;Yamagishi, Tada-aki ORGANIC LETTERS 13巻 5号 1264-1266頁 2011
  • Reversibly Tunable Lower Critical Solution Temperature Utilizing Host–Guest Complexation of Pillar[5]arene with Triethylene Oxide Substituents Ogoshi, Tomoki, Shiga, R., Yamagishi, Tada-aki J. Am. Chem. Soc. 134巻 4577-4580頁 2012 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Para-Bridged Macrocyclic Host Molecules Pillar[5]arenes: Their Synthesis and Application for Supramolecular Materials Ogoshi, Tomoki;Yamagishi, Tada-aki JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN 70巻 8号 842-851頁 2012
  • Achiral guest-induced chiroptical changes of a planar-chiral pillar[5]arene containing one pi-conjugated unit Ogoshi, Tomoki;Yamafuji, Daiki;Akutsu, Tomohiro;Naito, Masanobu;Yamagishi, Tada-aki CHEMICAL COMMUNICATIONS 49巻 78号 8782-8784頁 2013 
  • Photoreversible switching between assembly and disassembly of a supramolecular polymer involving an azobenzene-bridged pillar[5]arene dimer Ogoshi, Tomoki;Yoshikoshi, Kumiko;Aoki, Takamichi;Yamagishi, Tada-aki CHEMICAL COMMUNICATIONS 49巻 78号 8785-8787頁 2013 
  • セルロース誘導体を用いたキラル特性をもつネットワークポリマーの合成 塚崎裕希, 本椙憲仁, 山田良幸, 生越友樹, 山岸忠明 ネットワークポリマー 34巻 2号 72-76頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pillararenes: Versatile synthetic receptors for supramolecular chemistry Ogoshi T,Yamagishi T-A Eur. J. Org. Chem. 78巻 2961-2975頁 2013 査読有 総説
  • New Synthetic Hosts Pillararenes: Their Synthesis and Application for Supramolecular Materials Ogoshi T, Yamagishi T-A Bull. Chem. Soc. Jan.  86巻  312-332頁 2013 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Pillar[5]arene-Based Nonionic Polyrotaxanes and a Topological Gel Prepared from Cyclic Host Liquids Ogoshi T, Aoki, T., Ueda, S., Tamura, Y., Yamagishi T-A Chem. Commun.  50巻 6607-6609頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pillar[5]- and Pillar[6]arene-Based Supramolecular Assemblies Built by Using Their Cavity-Size-Dependent Host–Guest Interactions Ogoshi T, Yamagishi T-A Chem. Commun.  50巻  4776-4787頁 2014 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Porous Carbon Fibers Containing Pores with Sizes Controlled at the angstrom Level by the Cavity Size of Pillar[6]arene Ogoshi T., Yoshikoshi, K., Sueto, R., Nishihara, H., Yamagishi T-A. Angew. Chem. In. Ed. 54巻 6466-6469頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular Recognition with Microporous Multi layer Films Prepared by Layer-by-Layer Assembly of Pillar[5]arenes Ogoshi T., Takashima S., Yamagishi T-A. J. Am. Chem. Soc. 137巻 10962-10964頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pillar-Shaped Macrocyclic Hosts Pillar[n]arenes: New Key Players for Supramolecular Chemistry  Ogoshi, T., Yamagishi, T. Chem. Rev.  116巻 7937-8002頁 2016 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Spherical Vesicles Formed by Co-Assembly of Cyclic Pentagonal Pillar[5]quinone with Cyclic Hexagonal Pillar[6]arene Ogoshi, T., Sueto, R., Yoshikoshi, K., Yasuhara, K., Yamagishi, T. J. Am. Chem. Soc. 138巻 8064-8067 頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 有機無機ハイブリッド材料(メタルハイブリッドレジン)の合成と実用評価 北島啓資, 鎌田徹, 雑村史高, 林崇文, 山岸忠明 ネットワークポリマー 37巻 2号 163-167頁 2016 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 両親媒性環状分子を用いた超分子ゲルの形成 備後翔太, 角田貴洋, 生越友樹, 山岸忠明 ネットワークポリマー 38巻 2号 86-92頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

○メタルハイブリッドレジンおよびその製造方法
○会合体、包接体、発光材料
○シリカ系光学活性構造体
○無機材料の表面改質用組成物、表面改質された無機材料、表面改質用組成物を含む複合形成材料、該複合形成材料の成形品、複合形成材料の製造方法、及びカリックスアレーン含有組成物
○潜在性フェノール樹脂及びその製造方法(公開年月:2004/04/01)(特許番号:2004-269753)
○多孔質炭素材料およびその製造方法(公開年月:2016/09/08)
○ポリマー(公開年月:2015/12/10)

共同研究希望テーマ

○高分子材料に関する研究
○分子集合状態の制御に関する研究

科研費

○挑戦的萌芽研究「ロタキサン型フェノール樹脂を基にした環動部位を有する熱硬化性樹脂の創成」(2011-) 分担者
○基盤研究(C)「分子カプセルを利用した超分子構造体の作成と機能開発」(2008-) 代表者
○基盤研究(C)「交互へテロ環状ホスト高分子を基とした特異的反応場の創成」(2008-) 分担者
○萌芽研究(2002-2008)「液晶構造を有する機能性表面の合成と応用」(2006-) 分担者
○基盤研究(C)「高度分岐状高分子の静的および動的分子特性の解明」(2002-) 代表者
○基盤研究(C)「大環状化合物をモノマ-とした有機分子および金属イオン同時捕捉分離材料の開発」(2002-) 分担者
○基盤研究(B)「分子カプセルを利用した3次元規則性超分子構造体の作成と機能開発」(2011-2013) 代表者

学域・学類担当授業科目

○応用化学実験Ⅲ(2017)
○高分子化学Ⅱ(2017)
○応用化学実験Ⅲ(2017)
○情報化学(2017)
○有機材料化学(2017)
○高分子化学Ⅰ(2017)
○有機材料化学(2016)
○情報化学(2016)
○高分子化学Ⅱ(2016)
○応用化学実験Ⅲ(2016)
○応用化学実験Ⅲ(2016)
○高分子化学Ⅱ(2015)
○情報化学(2015)
○応用化学実験Ⅲ(2015)
○応用化学実験Ⅲ(2015)
○有機材料化学(2015)
○教職化学(2015)
○教職化学(2015)
○応用化学実験Ⅲ(2014)
○応用化学実験Ⅲ(2014)
○高分子化学Ⅱ(2014)
○情報化学(2014)
○有機材料化学(2014)
○物質化学序論(2014)

大学院担当授業科目

○マテリアルプログラム序論(2017)
○機能性超分子化学(2017)
○機能性高分子材料化学(2017)
○エネルギー・環境プログラム序論(2017)
○高機能性材料化学(2017)
○高機能性材料化学(2017)
○高機能性材料化学(2017)
○高機能性材料化学(2017)
○高機能性材料化学(2016)
○機能性超分子化学(2016)
○機能性高分子材料化学(2016)
○エネルギー・環境プログラム序論(2016)
○マテリアルプログラム序論(2016)
○機能性超分子化学(2015)
○高機能性材料化学(2015)
○マテリアルプログラム序論(2015)
○機能性高分子材料化学(2015)
○エネルギー・環境プログラム序論(2015)
○高機能性材料化学(2014)
○先端バイオ・化学特論(2014)
○高分子構造論(2014)
○高分子溶液物性論(2014)
○機能性高分子材料化学(2014)
○機能性超分子化学(2014)
○マテリアルプログラム序論(2014)
○エネルギー・環境プログラム序論(2014)

他大学の客員教授

○近畿大学分子工学研究所

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○高分子学会高分子学会北陸支部 支部長(2016/05/27-2018/05/24)
○ 金沢箔技術振興研究所運営委員会運営委員(2016/04/01-)
○高分子学会高分子学会理事(2016/05/27-2018/05/24)
○ 金沢箔技術振興研究所運営委員会運営委員(2013/04/01-)
○ 金沢箔技術振興研究所運営委員会運営委員(2012/04/01-)
○ 金沢箔技術振興研究所運営委員会運営委員(2011/04/01-)

講演可能なテーマ

○高分子材料に関するテ-マ(キーワード:高分子,分子構造,性質)
○優しい化学実験について(キーワード:理科実験,原理,仕組み)

その他公的社会活動

このページの先頭へ