本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

長谷川 浩 (はせがわ ひろし) 教授 HASEGAWA Hiroshi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

分析・環境化学 TEL:076-234-4792 FAX:076-234-4792

学歴

【出身大学院】
京都大学 修士課程 理学研究科 化学 1993/03 修了
【出身大学】
京都大学 工学部 合成化学科 1991/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

金沢大学 理工研究域物質化学系 教授(2011/04/01-)
金沢大学 理工研究域物質化学系 准教授(2008/04/01-2011/03/31)
金沢大学 自然科学研究科 物質工学専攻 准教授(2007/04/01-2008/03/31)
金沢大学 自然科学研究科 物質工学専攻 助教授(2004/04/01-2007/03/31)
金沢大学 工学部物質化学工学科 助教授(2002/08/01-2004/03/31)
金沢大学 工学部物質化学工学科 講師(2000/10/01-2002/07/31)
京都大学 化学研究所 助手(1997/04/01-2000/09/30)
高知大学 理学部化学科 助手(1993/04/01-1997/03/31)
京都教育大学 教育学部 非常勤講師(1997/10/01-2000/09/30)
滋賀大学 教育学部 非常勤講師(2000/04/01-2000/09/30)

生年月

1968年01月

所属学会

日本化学会 学会賞等支部選考委員(2011-2012)
日本分析化学会 中部支部 副支部長(2016-2017)
日本分析化学会 支部常任幹事(2015-2016)
日本分析化学会
日本地球化学会
日本陸水学会 英文誌編集委員(2011-2012)

学内委員会委員等

○全学 メコン地域人材育成プログラム実施委員会 委員(2016-2020)
○自然研 環境技術国際コース その他(2015-2017)
○自然研 II-ESD/GS-II-ESDコース 委員長(2015-2017)
○自然研会議代議員会 委員(2016-2017)
○理工系教育研究会議代議員会 委員(2016-2017)
○全学 外国人留学生書学生候補者等選考WG 委員(2016-2017)
○全学 派遣留学生選考WG  委員(2016-2017)
○教務委員会 委員(2016-2017)
○国際・産学連携委員会 委員長(2016-2017)
○キャリア形成・就職支援委員会 委員(2014-2015)
○自然科学研究科 教務学生委員会 委員(2012-2013)
○先端科学・イノベーション推進機構 その他(2013-)
○国際・産学連携委員会 その他(2014-2015)
○RI運営委員会 委員(2005-)
○国際戦略会議 委員(2012-)

受賞学術賞

○住友財団環境助成(1998/12/01)
○(財)鉄鋼業環境保全技術開発基金(2002/11/01)
○(財)鉄鋼業環境保全技術開発基金(2001/11/01)
○笹川科学研究助成(1999/04/01)
○昭和シェル石油環境研究助成(2004/09/03)
○(財)クリタ水・環境科学振興財団研究助成金(2003/08/29)
○河川整備基金助成金(2003/05/29)
○(財)鉄鋼業環境保全技術開発基金環境研究助成(2004/10/01)
○(財)鉄鋼業環境保全技術開発基金(2005/10/01)
○(財)鉄鋼業環境保全技術開発基金(2006/10/01)
○日産科学振興財団理科・環境教育助成(2004/04/01)
○独立行政法人国立青少年教育振興機構子どもゆめ基金(2006/04/01)
○独立行政法人国立青少年教育振興機構子どもゆめ基金体験活動助成(2007/04/01)
○JST地域イノベーション創出総合支援事業重点地域研究開発推進プログラム(2006/04/01)
○JST研究成果活用プラザ石川の実用化検討に係る試験研究(2005/04/01)
○平成20年度クリタ水・環境科学財団研究優秀賞(2008/08/29)
○(財)クリタ水・環境科学振興財団平成20年度優秀研究賞受賞(2008/08/29)

専門分野

水圏化学、分析化学、環境動態解析、環境技術・環境負荷低減、分析化学

専門分野キーワード

水圏、環境修復、自然サイクル

研究課題

水圏における微量元素の挙動に関する研究

生物に対する微量元素の作用はその化学形によって大きく変化することから,水圏における各元素の存在状態を明らかにする化学形態別分析法の開発は環境化学の分野では主要な研究目標の一つとなっている.液-液抽出,原子スペクトル,クロマトグラフィー,クーロメトリー等の手法を用いて,環境水中の微量元素に適用可能な高感度かつ高選択的な分離分析法の開発に取り組んでいる.

自然サイクルを利用した環境改善技術の開発

自然サイクルを利用した低エネルギー低負荷型の環境改善技術の開発を行っている.具体的には,海洋植物プランクトンの光合成を利用して自然界の炭素サイクルの中で大気中二酸化炭素を海洋へ固定化する方法,有害物質に汚染された地域を植物等を用いて環境修復する技術(ファイトレメディエーション)に関する研究開発に取り組んでいる.

水環境における富栄養化と物質循環に関する研究

環境水中におけるフィールド調査及び室内実験における化学的・物理的挙動の研究から,ヒ素やその他の重金属類の物質循環を明らかにするとともに,人為的影響の大きい水域における富栄養化機構についての解明を進め,特に,生物過程との関連,人類活動の影響,地球環境に及ぼす影響などに関して検討を進めている.

著書

  • 昔の海は酸っぱかった 日本教育新聞社 2006/09 原著書 単著 97-98頁
  • 化学種別分析法/ヒ素 京都大学出版会 2005/03 原著書 単著 509-516頁
  • Water Stress in Plants 2016/08/01 原著書 共著 I.M.M. Rahman, Z.A. Begum, H. Hasegawa 978-953-512-621-8
  • Application of Molecular Recognition Technology to Green Chemistry: Analytical Determinations of Metals in Metallurgical, Environmental, Waste, and Radiochemical Samples, In: Metal Sustainability: Global Challenges, Consequences, and Prospects Wiley, Oxford, U.K. 2016/09/01 原著書 共著 Y. Furusho, I.M.M. Rahman, H. Hasegawa, N.E. Izatt 978-1-119-00910-8
  • Ecotoxicology of arsenic in the freshwater environment: Consequences and risk assessment, in Arsenic: Sources, Environmental Impact, Toxicity and Human Health - a Medical Geology Perspective, A. Masotti, Editor. Nova Science Publisher 2013/04/01 共著 M.A. Rahman, C. Hassler, H. Hasegawa, R. Lim

全て表示

  • Management of EDTA-containing aqueous effluent: Environmental concerns and remedies, In: A. Molnar (Ed.). EDTA: Synthesis, Uses and Environmental Concerns Nova Science Publishers 2013/10/01 原著書 共著 Z.A. Begum, I.M.M. Rahman, H. Hasegawa
  • 日中韓英対訳 環境工学用語集 学術図書出版社 2014/03/01 原著書 共著 長谷川 浩, 他15名
  • Environmental Remediation Technologies for Metal -Contaminated Soils Springer 2015/10/01 原著書 共著 H. Hasegawa, I.M.M. Rahman, M.A. Rahman
  • 海洋植物プランクトンを巡る鉄の化学形態別分析 日本分析化学会 ぶんせき 2007/09 原著書 単著 長谷川 浩
  • 宝石珊瑚 全国宝石学協会 ジェモロジー 2011/07 共著 岩崎 望、長谷川 浩 490巻 6-11頁
  • 高選択性樹脂を用いる固相抽出法による元素分析 日本分析化学会 ぶんせき 2011/01 原著書 共著 古庄義明,長谷川 浩 1巻 34-40頁
  • Arsenic in the environment: phytoremediation using aquatic macrophytes Nova Science Publishers Handbook of Phytoremediation 2011/07 原著書 共著 M.A. Rahman, M.M. Rahman, I.M.M. Rahman, H. Hasegawa 573–589頁
  • Eco-environmental consequences associated with chelant-assisted phytoremediation of metal-contaminated soil Nova Science Publishers Handbook of Phytoremediation 2011/07 原著書 共著 I.M.M. Rahman, M.M. Hossain, Z.A. Begum, M.A. Rahman, H. Hasegawa
  • Eutrophication and arsenic speciation in lake waters Nova Science Publishers Eutrophication: Ecological Effects, Sources, Prevention and Reversal 2010/10 原著書 共著 H. Hasegawa, M.A. Rahman, I.M.M. Rahman
  • Cooking: Effects on Dietary Exposure to Arsenic from Rice and Vegetables Elsevier Encyclopedia of Environmental Health 2011/02 原著書 共著 M. A. Rahman, I. M. M. Rahman, H. Hasegawa 1巻 828–833頁
  • 宝石サンゴの炭酸塩骨格中における色の由来について 海洋出版 月刊地球/バイオミネラリゼーションと石灰化 2009/11 原著書 共著 長谷川 浩,岩崎 望 31巻
  • Dietary Intake of Potentially Toxic Elements from Vegetables Nova Science Publishers Fruit and Vegetable Consumption and Health 2009/11 原著書 共著 M. A. Rahman, H. Hasegawa, I. M. M. Rahman, M. M. Rahman
  • 宝石サンゴの炭酸塩骨格の化学分析 東海大学出版会  珊瑚の文化誌 2008/11 原著書 共著 長谷川 浩,山田正敏
  • Chemical analyses of carbonate skeletons in precious corals. in Biohistory of precious corals  Tokai University Press Scientific, cultural and historical perspectives 2010/04 原著書 共著 H. Hasegawa, M. Yamada
  • 宝石サンゴ資源の指標としての微量元素の利用 生物研究社 海洋と生物 2010/02 原著書 単著 長谷川 浩,岩崎 望 32巻 50-55頁

論文

  • 浦ノ内湾における植物プランクトンの分布構造と短期変動について 宗景志浩, 岩崎 望, 長谷川 浩, 大原 聡 海岸工学論文集 45巻 1136-1140頁 1998/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 浦ノ内湾の成層期における栄養塩の生産・消費と循環について 宗景志浩, 大原 聡, 長谷川 浩, 福家英乗 海岸工学論文集 45巻 1066-1070頁 1998/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 差し込みに伴う底層還元物質の巻き上げと水質悪化について 宗景志浩, 長谷川 浩, 福家英乗, 大原 聡 海岸工学論文集 44巻 1056-1060頁 1997/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 微量鉄化学種による植物プランクトンの光合成制御 長谷川 浩, 篠浦美聡, 水本英伸, 上田一正 地球環境シンポジウム講演論文集 9巻 223-228頁 2001/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Behavior of Trivalent and Pentavalent Methylarsenicals in Lake Biwa H. Hasegawa Appl.Organomet. Chem. 11巻 4号 305-311頁 1997/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • A Method for Preconcentrating Zr from Large Volumes of Seawater Using MnO2-impregnated Fibers K. Norisuye, H. Hasegawa, S. Mito, Y. Sohrin, M. Matsui Talanta 53巻 3号 639-644頁 2000/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Arsenic Biogeochemistry Affected by Eutrophication in Lake Biwa, Japan Y. Sohrin, M. Matsui, M. Kawashima, M. Hojo, H. Hasegawa Environ. Sci. Technol. 31巻 10号 2712-2720頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Arsenic Speciation Including `Hidden` Arsenic in Natural Waters H. Hasegawa, M. Matsui, S. Okamura, M. Hojo, N. Iwasaki, Y. Sohrin Appl.Organomet. Chem. 13巻 2号 113-119頁 1999/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Biosynthesis and Release of Methylarsenic Compounds During the Growth of Freshwater Algae H. Hasegawa, Y. Sohrin, K. Seki, M. Sato, K. Norisue, K. Naito, M. Matsui Chemosphere 43巻 3号 265-272頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Determination of Trace Elements in Seawater by Fluorinated Metal Alkoxide Glass-Immobilized 8-Hydroxyquinoline Concentration and High-Resolution Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry Detection Y. Sohrin, K. Ueda, S. Iwamoto, S. Akiyama,H. Hasegawa, M. Matsui,T. Fujita, T. Kugii, S. Goda, H. Obata, E. Nakayama Anal. Chim. Acta 363巻 1号 11-19頁 1998/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dissolved Niobium and Tantalum in the North Pacific Y. Sohrin, Y. Fujishima, K. Ueda, S. Akiyama, K. Mori, H. Hasegawa, M. Matsui Geophys. Res. Lett. 25巻 7号 999-1002頁 1998/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Distribution of Trace Bioelements in the Subarctic North Pacific Ocean and the Bering Sea (the R/V Hakuho-Maru Cruise KH-97-2) Y. Fujishima, K. Ueda, M. Maruo,E. Nakayama, C. Tokutome,H. Hasegawa, M. Matsui, Y. Sohrin J. Oceanogr. 57巻 3号 261-273頁 2001/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Formation of Stable Carbocations or Zwitterions by a Specific Interaction with Alkali Metal or Alkaline-Earth Metal Ions in Acetonitrile M. Hojo, H. Hasegawa, H. Tsurui, K. Kawamura, S. Minami, A. Mizobe Bull. Chem. Soc. Jpn. 71巻 7号 1619-1627頁 1998/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Nutrients of Lake Biwa in Unusual Cool and Hot Summers of 1993 and 1994 Y. Sohrin, T. Tateishi,S. Mito, M. Matsui, H. Maeda, M. Kawashima,H. Hasegawa Lakes & Reservoirs 2巻 1号 77-87頁 1997/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Possibility for Regulating Species Composition of Marine Phytoplankton Using Organically Complexed Iron H. Hasegawa, M. Matsui, M. Suzuki, K. Naito, K. Ueda, Y. Sohrin Anal. Sci. 17巻 1号 209-211頁 2001/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Distribution of dissolved Zr, Hf, Nb and Ta in seawater by ICP mass spectrometry Y. Fujishima, Y. Sohrin, K. Ueda, H. Hasegawa, M. Matsui Proc. of ISK1999 85-91頁 1999/08 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Distribution of trace metals in the Subarctic North Pacific Ocean and the Bering Sea Y. Sohrin, Y. Fujishima, K. Ueda, H. Koyama, H. Hasegawa, M. Matsui Proc. of ISCCNP 2000/02 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Seeking for phytosiderophores from marine algae M. Suzuki, H. Hasegawa, K. Naito, I. Imai, M. Matsui Proc. of ISCCNP 2000/02 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Simultaneous analysis of trace elements in seawater: for elucidation of effects of trace elements on marine ecosystem Y. Sohrin,Y. Fujishima, K. Ueda, H. Hasegawa, M. Matsui Proc. of ISK1999 75-80頁 1999/08 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Determination of Minor and Trace Elements in Biogenic Carbonate Minerals of Coccolithophores by High-Resolution Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry H. Hasegawa, T. Maki, K. Ueda他 BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN 76巻 115-120頁 2003/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Photosynthesis Regulation of Phytoplankton by Organic Complexation of Iron H. Hasegawa, M. Shinoura, K. Ueda他3名 8巻 45-53頁 2002/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chemical Speciation of Inorganic and Methylarsenic(III) Compounds in Aqueous Solutions H. Hasegawa, K. Ueda他3名 APPLIED ORGANOMETALLIC CHEMISTRY 16巻 446-450頁 2002/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Detection of Iron(III)-Binding Ligands Originating from Marine Phytoplankton Using Cathodic Stripping Voltammetry H. Hasegawa, T. Maki, K. Ueda他2名 Anal. Sci. 20巻 89-93頁 2004/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Straighthead disease of rice (Oriza sativa L.) induced by arsenic toxicuty 62巻  54-59頁 2008/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Arsenic accumulation in rice (Oriza sativa L.); Human exposure through food chain 69巻  317-324頁 2008/02 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Accumulation of arsenic in tissues of rice plant (Oryza sativa L.) and its distribution in fractions of rice grain 69巻  942-948頁 2007/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Arsenic accumulation in duckweed (Spirodela polyrhiza L.): A good option for phytoremediation 69巻  493-499頁 2007/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Adsorption of inorganic and organic arsenic from aqueous solutions by polymeric Al/Fe modified montmorillonite 56巻  90-100頁 2007/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Arsenic Accumulation in Rice (Oryza sativa L.) Varieties of Bangladesh: A Glass House Study 185巻  53-61頁 2007/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of arsenic on photosynthesis,growth and yield of five widely cultivated rice (Oryza sativa L.)varieties in Bangladesh 67巻  1072-1079頁 2007/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of cooking method on arsenic retention in cooked rice related to dietary exposure Sci. Total Environ. 370巻  51-60頁 2006/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bacterial degradation of antibiotic residues in a marine fish farm sediment of Uranouchi Bay and phylogenetic analysis of the antibiotic-degrading bacteria using 16S rDNA sequences 72巻  811-820頁 2006/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 自作できる簡易比色計の感度及び精度向上に関する工夫 長谷川 浩, 高橋 真, 牧 輝弥, 上田一正 化学と教育 53(8)巻  458-461頁 2005/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 無機系化学分野の学生実験における創成科目の取り組み 長谷川 浩, 山口孝浩, 太田明雄, 牧 輝弥 53(1)巻  105-108頁 2005/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Large volume preconcentration and purification for determining the 240Pu/239Pu isotopic ratio and 238Pu/239+240Pu alpha-activity ratio in seawater 267巻  183-193頁 2006/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of eutrophication on the distribution of arsenic species in eutrophic and mesotrophic lakes 407巻  1418-1425頁 2009/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Arsenic uptake by aquatic macrophyte Spirodela polyrhiza L.: Interactions with phosphate and iron 160巻  356-361頁 2008/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of chelating ligands on arsenic uptake by hydroponically grown rice seedlings (Oryza sativa L,): A preliminary study 36巻  521-527頁 2008/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of phosphate and iron ions in selective uptake of arsenic species by water fern 145巻  179-184頁 2008/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Atmospheric aerosol deposition influences marine microbial communities in oligotrophic surface waters of the western Pacific Ocean T. Maki, A. Ishikawa, T. Mastunaga, S. B. Pointing, Y. Saito, T. Kasai, K. Watanabe, K. Aoki, A. Horiuchi, K. C. Lee, H. Hasegawa, M. Shinoda Deep-Sea Res. I 11巻 118号 37-45頁 2016/12/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phylogenetic analysis of bacterial species compositions in sand dunes and dust aerosol in an Asian dust source area, the Taklimakan Desert  F. Puspitasari, T. Maki, G. Shi, C. Bin, F. Kobayashi, H. Hasegawa, Y. Iwasaka Air Qual. Atmos. Health 9巻 631-644頁 2016/09/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bacteriological and Physicochemical Characteristics of Kaptai Lake Water in Terms of Public Health Significance R. Barua, S. Barua, F. T. Zohora, R. Mutsuddi, M. S. Uddin, H. Hasegawa, I. M. M. Rahman International Journal of Scientific Research in Environmental Sciences 4巻 31-39頁 2016/04/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • X-ray micro-CT observation of the apical skeleton of Japanese white coral Corallium konojoi Y. Urushihara, H. Hasegawa, N. Iwasaki J. Exp. Mar. Biol. Ecol. 475巻 124–128頁 2016/04/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Decontamination of metal-contaminated waste foundry sands using an EDTA-NaOH-NH3 washing solution H. Sawai, I.M.M. Rahman, M. Fujita, N. Jii, T. Wakabayashi, Z.A. Begum, T. Maki, S. Mizutani, H. Hasegawa Chem. Eng. J. 296巻 199-208頁 2016/05/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • アジア大陸起源の越境エアロゾルが貧栄養海域微生物に及ぼす生態学的影響の解明:太平洋沖合の海水を用いた洋上培養実験 朝日裕也, 牧輝弥, 石川輝, 松永智樹, 渡辺幸一, 青木一真, 堀内周, 長谷川浩, 岩坂泰信 日本海水学会誌 70巻 28-40頁 2016/02/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Vertical distribution of airborne bacterial communities in an Asian-dust downwind area, Noto Peninsula T. Maki, K. Hara, F. Kobayashi, Y. Kurosaki, M. Kakikawa, A. Matsuki, C. Bin, G. Shi, H. Hasegawa, Y. Iwasaka Atmospheric Environment 119巻 282-293頁 2015/08/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Viscosities of the binary mixtures of hexan-1-ol and the isomeric derivatives of dimethylbenzenes: experimental results, correlation and prediction I. M. M. Rahman, K. Iwakabe, M. A. Uddin, M. Habibullah, H. Hasegawa J. Solution Chem. 44巻 1584-1610頁 2015/08/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Selective recovery of indium from lead-smelting dust H. Sawai, I.M.M. Rahman, Y. Tsukagoshi, T. Wakabayashi, T. Maki, S. Mizutani, H. Hasegawa Chem. Eng. J. 277巻 219-228頁 2015/05/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mg coordination in biogenic carbonates constrained by theoretical and experimental XANES T. Yoshimura, Y. Tamenori, O. Takahashi, L.T. Nguyen, H. Hasegawa, N. Iwasaki, A. Kuroyanagi, A. Suzuki, H. Kawahata Earth Planet. Sci. Lett. 421巻 68-74頁 2015/03/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chelant-assisted depollution of metal-contaminated Fe-coated sands and subsequent recovery of the chemicals using solid-phase extraction systems I. M. M. Rahman, Z. A. Begum, H. Sawai, M. Ogino, Y. Furusho, S. Mizutani, H. Hasegawa Water Air Soil Pollut. 226巻 art.no.37頁 2015/02/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Fluorescent-Based HPLC Assay Using 4-Chloro-7-nitrobenzo-2-oxa-1, 3-diazole as Derivatization Agent for the Determination of Iron Bioavailability to Red Tide Phytoplankton Chromatographia 53巻 136-143頁 2015/01/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Evaluation of Moringa oleifera Carbon for the As(III) Removal from Contaminated Groundwater S. Barua, I. M. M. Rahman, M. Nazimuddin, H. Hasegawa International Journal of Innovation and Applied Studies 8巻 1390-1399頁 2014/09/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Variations in the structure of airborne bacterial communities in a downwind area during an Asian dust (Kosa) event T. Maki, F. Puspitasari, K. Hara, M. Yamada, F. Kobayashi, H. Hasegawa, Y. Iwasaka Sci. Total Environ. 488-489巻 75-84頁 2014/08/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Recovery of the rare metals from various waste ashes with the aid of temperature and ultrasound irradiation using chelants H. Hasegawa, I. M. M. Rahman, Y. Egawa, H. Sawai, Z.A. Begum, T. Maki, S. Mizutani Water Air Soil Pollut. 225巻 art.no.2112頁 2014/08/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A new citrate-bicarbonate-ethylenediaminetetraacetate (CBE) method for chemical extraction of hydrous iron oxides from plant root surfaces M. A. Rahman, H. Hasegawa, M. M. Rahman Communications in Soil Science and Plant Analysis 45巻 1760-1771頁 2014/07/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 赤外放射光を用いた宝石サンゴ骨軸の組織構造解析 岩崎 望, 長谷川 浩, 鈴木 淳, 森脇 太郎, 池本 夕佳 分析化学 63巻 593-602頁 2014/07/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of the chemical form of sulfur compounds in the Japanese pink coral (Corallium elatius) skeleton using µ-XRF/XAS speciation mapping Y. Tamenori, T. Yoshimura, N. T. Luan, H. Hasegawa, A. Suzuki, H. Kawahata, N. Iwasaki J. Struct. Biol. 186巻 214–223頁 2014/05/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Distribution of trace element in Japanese red coral (Paracorallium japonicum) by μ-XRF and sulfur speciation by XANES: Linkage between trace element distribution and growth ring formation N.T. Luan, M. A. Rahman, T. Maki, Y. Tamenori, T. Yoshimura, A. Suzuki, N. Iwasaki, H. Hasegawa Geochim. Cosmochim. Acta 127巻 1–9頁 2014/01/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A marine phytoplankton (Prymnesium parvum) up-regulates ABC transporters and several other proteins to acclimatize with Fe-limitation M. M. Rahman, M. A. Rahman, T. Maki, T. Nishiuchi, T. Asano, H. Hasegawa Chemosphere 95巻 213-219頁 2014/01/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Economic efficiency of different light wavelengths and intensities using LEDs for the cultivation of green microalga Botryococcus braunii (NIES-836) for biofuel production Environmental Progress and Sustainable Energy 34巻 1号 269-275頁 2015/01/01 
  • Economic Efficiency of Different Light Wavelengths and Intensities Using LEDs for the Cultivation of Green Microalga Botryococcus braunii (NIES-836) for Biofuel Production ENVIRONMENTAL PROGRESS & SUSTAINABLE ENERGY 34巻 1号 269-275頁 2015/01/01 
  • Temporal variations of accumulated cesium in natural soils after an uncharacteristic external exposure MICROCHEMICAL JOURNAL 118巻 158-165頁 2015/01/01 
  • 大気中を風送される細菌叢の16SrDNA-クローンライブラリー解析 牧 輝弥,福島理英,小林 史尚,山田 丸,長谷川 浩,岩坂 泰信 分析化学 62巻 1095-1104頁 2013/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • バイオエアロゾルの蛍光顕微鏡観察 牧 輝弥,原 和崇,山田 丸,小林 史尚,長谷川 浩,岩坂 泰信 エアロゾル研究 28巻 201-207頁 2013/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Magnesium K-edge XANES spectroscopy of geological standards T. Yoshimura, Y. Tamenori, N. Iwasaki, H. Hasegawa, A. Suzuki, H. Kawahata  J. Synchrotron Rad. 20巻 734-740頁 2013/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • NaCl-amendment assay targeting airborne bacteria in tropospheric bioaerosols transported by westerly wind over Noto Peninsula T. Maki, F. Kobayashi, M. Yamada, H. Hasegawa, Y. Iwasaka Aerobiologia 29巻 341-354頁 2013/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Potential of proteins and their expression level in marine phytoplankton (Prymnesium parvum) as biomarker of N, P and Fe conditions in aquatic systems H. Hasegawa, M. M. Rahman, S. Kato, T. Maki, M. A. Rahman Advances in Biological Chemistry 3巻 338-346頁 2013/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of iron (Fe2+) concentration in soil on arsenic uptake in rice plant (Oryza sativa L.) when grown with arsenate [As(V)] and dimethylarsinate (DMA) M. A. Rahman, H. Hasegawa, M. M. Rahman, T. Maki, R. P. Lim Water Air Soil Pollut. 224巻 art.no.1623頁 2013/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Assessment of composition and origin of airborne bacteria in the free troposphere over Japan T. Maki, M. Kakikawa, F. Kobayashi, M. Yamada, A. Matsui, H. Hasegawa, Y. Iwasaka Atmospheric Environment 74巻 73-82頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Element profile and chemical environment of sulfur in a giant clam shell: insights from μ-XRF and X-ray absorption near-edge structure T. Yoshimura, Y. Tamenori, A. Suzuki, R. Nakashima, N. Iwasaki, H. Hasegawa, H. Kawahata Chemical Geology 352巻 170-175頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ultrasonic inactivation of Microcystis 1 aeruginosa in the presence of TiO2 particles K. Ninomiya, C. Ogino, S. Kawabata, K. Kitamura, T. Maki, H. Hasegawa, N. Shimizu J. Biosci. Bioeng. 116巻 214-218頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Selective recovery of indium from the etching waste solution of the flat-panel display fabrication process H. Hasegawa, I. M. M. Rahman, Y. Umehara, H. Sawai, T. Maki, Y. Furusho, S. Mizutani Microchem. J. 110巻 133-139頁 2013/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Selective separation of elements from complex solution matrix with molecular recognition plus macrocycles attached to a solid-phase: A review I. M. M. Rahman, Z. A. Begum, H. Hasegawa Microchem. J. 110巻 485-493頁 2013/09 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Seasonal dynamics of dimethylarsenic acid degrading bacteria dominated in Lake Kibagata Maki, T., Watarai, H., Kakimoto, T., Takahashi, M., Hasegawa, H., Ueda, K. Geomicrobiol. J. 23巻 311-318頁 2006/07 査読有 原著論文
  • Isolation of monomethylarsonic acid (MMAA)-mineralizing bacteria from arsenic contaminated soils of Island Ohkunoshima Maki, T., Takeda, N., Hasegawa, H., Ueda, K. Maki, T., Takeda, N., Hasegawa, H., Ueda, K. 20巻 538-544頁 2006/09 査読有 原著論文
  • Effects of the substances secreted from Closterium aciculare (Charophyceae, Chlorophyta) on the growth of freshwater phytoplankton under iron-deficient conditions K. Naito, M. Suzuki, S. Mito, H. Hasegawa, M. Matsui, I. Imai Plankton Benthos Res. 1巻 191-199頁 2006/12 査読有 原著論文
  • Nanometer-sized alumina coated with chromotropic acid as solid phase metal extractant from environmental samples and determination by inductively coupled plasma atomic emission spectrometry A. Ramesh, B. A. Devi, H. Hasegawa, T. Maki, K. Ueda Microchemical Journal 86巻 124-130頁 2007/06 査読有 原著論文
  • Adsorption of platinum (IV), palladium (II) and gold (III) from aqueous solutions onto L-lysine modified crosslinked chitosan resin K. Fujiwara, A. Ramesh , T. Maki, H. Hasegawa, K. Ueda J. Hazard. Mater. 146巻 43-50頁 2007/07 査読有 原著論文
  • Adsorption of gold(III), platinum(IV) and palladium(II) onto glycine modified crosslinked chitosan resin A. Ramesh, H. Hasegawa, W. Sugimoto, T. Maki, K. Ueda Bioresource Technology 99巻 3801-3809頁 2008/06 査読有 原著論文
  • Influence of EDTA and chemical species on arsenic accumulation in Spirodela polyrhiza L. (duckweed) M. Azizur Rahman, H. Hasegawa, K. Ueda, T. Maki, M. Mahfuzur Rahman Ecotoxicol Environ. Safety 70巻 311-318頁 2008/06 査読有 原著論文
  • Phylogenetic diversity and vertical distribution of a halobacterial community in the atmosphere of an Asian dust (KOSA) source region, Dunhuang City T. Maki, S. Susuki, F. Kobayashi, M. Kakikawa, M. Yamada, T. Higashi, B. Chen, G. Shi, C. Hong, Y. Tobo, H. Hasegawa, K. Ueda, Y. Iwasaka Air Qual. Atmos. Health 1巻 81-89頁 2008/09 査読有 原著論文
  • Aquatic arsenic: phytoremediation using floating macrophytes M. A. Rahman, H. Hasegawa, K. Kadohashi, T. Maki, K. Ueda Chemosphere 83巻 633-646頁 2011/04 査読有 総説
  • Volumetric behavior of the binary mixtures of methyl ethyl ketone with n-hexane, cyclohexane, and benzene at T = (303.15, 313.15, and 323.15) K. A. B. Adhikhari, I. M. M. Rahman, M. A. Uddin, H. Hasegawa, M. A. Majid J. Chem. Eng. Data  54巻 1138-1141頁 2009/03 査読有 原著論文
  • Seasonal dynamics of biodegradation activities for dimethylarsinic acid (DMA) in Lake Kahokugata T. Maki, W. Hirota, K. Ueda, H. Hasegawa, M. A. Rahman Chemosphere 77巻 36-42頁 2009/09 査読有 原著論文
  • Physicochemical properties of Moringa oleifera Lam. seed oil of the indigenous-cultivar of Bangladesh I. M. M. Rahman, S. Barua, M. Nazimuddin, Z. A. Begum, M. A. Rahman, H. Hasegawa  Journal of Food Lipids 16巻 540-553頁 2009/11 査読有 原著論文
  • Termodynamic properties of the binary mixture of hexane-1-ol with m-xylene at T = (303.15, 313.15, and 323.15) K. K. N. Das, M. Habibullah, I. M. M. Rahman, H. Hasegawa, M. A. Uddin, K. Saifuddin J. Chem. Eng. Data 54巻 3300-3302頁 2009/12 査読有 原著論文
  • 黄砂バイオエアロゾルに含まれる耐塩細菌群の種組成解析 牧輝弥,小林史尚,柿川真紀子,鈴木振二,當房豊,山田丸,松木篤,洪天祥,長谷川浩,岩坂泰信 エアロゾル研究 25巻 35-42頁 2010/03 査読有
  • Phylogenetic analysis of atmospheric halotolerant bacterial communities at high altitude in an Asian dust (KOSA) arrival region, Suzu City . Maki, S. Susuki, F. Kobayashi, M. Kakikawa, Y. Tobo, M. Yamada, T. Higashi, A. Matsui, C. Hong, H. Hasegawa, Y. Iwasaka  Sci. Total Environ. 408巻 4556-4562頁 2010/09 査読有
  • M. Habibullah, K. N. Das, I. M. M. Rahman, H. Hasegawa, M. A. Uddin, K. Saifuddin, Volumetric and viscometric behavior of the binary system: (hexan-1-ol + p-xylene),  J. Chem. Eng. Data 55巻 5311-5313頁 2010/11 査読有
  • Stagnant surface water bodies (SSWBs) as an alternative water resource for the Chittagong metropolitan area of Bangladesh: physicochemical characterization in terms of water quality indices I. M. M. Rahman, M. M. Islam, M. M. Hossain, M. S. Hossain, Z. A. Begum, D. A. Chowdhury, M. K. Chakraborty, M. A. Rahman, M. Nazimuddin, H. Hasegawa Environ. Monit. Assess. 173巻 669-684頁 2011/01 査読有
  • Erratum: Density and viscosity of the binary mixtures of hexan-1-ol with isomeric xylenes at T = (308.15 and 318.15) K and atmospheric pressure M. Habibullah, K. Das, I.M.M. Rahman, M.A. Uddin, K. Saifuddin, K. Iwakabe, H. Hasegawa  J. Chem. Eng. Data 55巻 5370-5374頁 2010/11 査読有
  • Selective Separation of Arsenic Species from Aqueous Solutions with Immobilized Macrocyclic Material Containing Solid Phase Extraction Columns I. M. M. Rahman, Z. A. Begum, M. Nakano, Y. Furusho, T. Maki, H. Hasegawa Chemosphere 82巻 549-556頁 2011/01
  • Separation of dissolved iron from the aqueous system with excess ligand H. Hasegawa, I. M. M. Rahman, S. Kinoshita, T. Maki, Y. Furusho Chemosphere 82巻 549-556頁 2011/02 原著論文
  • 蛍光X線分析法による宝石サンゴの炭酸塩骨格中における微量成分の分布と測定 長谷川 浩, 岩崎 望, 鈴木 淳, 牧 輝弥, 早川慎二郎 分析化学 59巻 521-530頁 2010/06 原著論文
  • Effect of biodegradable chelating ligand on iron bioavailability and radish growth (Raphanus sativus L.) H. Hasegawa, M. A. Rahman, K. Saitou, K. Ueda Journal of Plant Nutrition 33巻 933-942頁 2010/03 原著論文
  • Non-destructive separation of metal ions from wastewater containing excess aminopolycarboxylate chelant in solution with an ion-selective immobilized macrocyclic material H. Hasegawa, I. M. M. Rahman, S. Kinoshita, T. Maki, K. Ueda Chemosphere 79巻 193-198頁 2010/03 原著論文
  • Seasonal changes of arsenic speciation in lake waters in relation to the eutrophication H. Hasegawa, M. A. Rahman, K. Kitahara, M. Mae, H. Tada, T. Maki, K. Ueda Sci. Total Environ 408巻 1684-1690頁 2010/01 原著論文
  • Hydroxyiminodisuccinic acid (HIDS): A novel biodegradable chelating ligand for the increase of iron bioavailability and arsenic phytoextraction M. A. Rahman, H. Hasegawa, K. Kadohashi, T. Maki, K. Ueda Chemosphere 77巻 36-42頁 2009/09 査読有 原著論文
  • 宝石サンゴの炭酸塩骨格中における微量成分 海洋化学研究 22巻 7-12頁 2009/04 原著論文

講演・口頭発表等

  • バングラデシュ・チッタゴン沿岸域の船舶解体地域におけるフィールド観測と金属汚染のリスク評価(会議名:北陸産学交流会)(2017/02/18)
  • 宝石サンゴの色の多様性(会議名:日伊国交150周年記念事業特別シンポジウム「宝石珊瑚 生き物と文化の多様性を探る」)(2017/02/25)
  • 有害金属汚染土壌・廃棄物に対するキレート洗浄技術(会議名:分析化学会第65年会、特別シンポジウム「環境に関わる分析化学」)(2016/09/16)
  • 海水中の鉄の生物・化学的特性について(会議名:海水中のFeの存在形態と生物利用性に関するワークショップ)(2013/12/17)
  • 自然水中におけるヒ素のスペシエーションと植物プランクトンとの相互作用(会議名:日本分析化学会第63年会)(2014/09/17)

全て表示

  • 廃棄物中レアメタルの新しい化学的湿式回収法(会議名:第一回サステナブルテクノロジーセミナー)(2014/12/18)
  • 土壌・廃棄物からの有価金属等回収(会議名:平成26年度環境ビジネス産学連携セミナー)(2015/01/29)
  • 廃棄物中金属に対する新しい化学的湿式回収法(会議名:平成27年度環境ビジネス産学連携セミナー)(2016/01/26)
  • 海水中の鉄の生物・化学的特性について(会議名:海の緑化研究会シンポジウム)(2015/03/04)

芸術・フィールドワーク

特許

○植物プランクトンの増殖を抑制する方法(特許番号:特願2004-145013)
○比色分析装置(特許番号:特願2004-141090)
○抗生物質の分解方法及びこれに用いる微生物(特許番号:特願2004-189575)
○金属含有廃棄物の化学的リサイクル技術(出願国名:日本)(特許番号:特願2009-049287)
○汚染土壌の処理方法
○鋳物廃砂中の有害金属の除去方法
○鋳物廃砂の無害化及び再利用方法
○有害金属汚染物の浄化方法

共同研究希望テーマ

○大気中CO<sub>2</sub>の固定化
○環境中における有害物質のバイオレメディエーション
○有害金属の形態別分析、廃棄物、無害化処理

科研費

○特定領域研究(B)(1998-2001)「ナノバイオミメティックプロセスによる環境中複合汚染物質の同時除去技術の構築」(2007-2009) 分担者
○基盤研究(C)「生分解性キレート剤を用いた植物プランクトンの増殖制御技術の開発」(2006-2008) 代表者
○基盤研究(C)「キトサンを母材としたアミノ酸修飾両性イオン交換樹脂の開発と捕集分離機能の追求」(2006-2008) 分担者
○特別研究員奨励費「有機ヒ素汚染土壌の環境修復技術」(2004-2006)
○基盤研究(B)「宝石珊瑚(花虫綱八放サンゴ類)の持続的利用を目指す保全生態学と文化誌に関する研究」(2005-2008) 分担者
○基盤研究(A)「海洋生態系におけるメタローム-プロテオーム相互作用」(2004-2006) 分担者
○基盤研究(B)「海洋環境における微量生元素の動態と生態系への影響」(2001-2003) 分担者
○特定領域研究「身近な水環境を題材にした化学教育プログラムの開発」(2003-2004)
○若手研究(B)「海洋植物プランクトンを利用した自然サイクル中におけるCO2固定化に関する研究」(2002-2004)
○挑戦的萌芽研究「有機・無機微量成分を利用した宝石サンゴ類の生物種及び生息地同定法の確立」(2009-2010) 代表者
○循環型社会形成推進科学研究費補助金「溶融飛灰及び焼却飛灰の資源化と有用金属回収を可能とする化学的ゼロエミッション技術の開発」(2009-2011) 代表者
○特別研究員奨励費「ヒ素汚染に対するファイトレメディエーションにおける生分解性キレート剤の活用」(2008-2010) 代表者
○挑戦的萌芽研究「有機・無機微量成分を利用した宝石サンゴ類の生物種及び生息地同定法の確立」(2009-2010) 代表者
○挑戦的萌芽研究「宝石サンゴの色彩を担う鍵物質の化学構造と起源の解明」(2015-2016) 代表者
○基盤研究(B)(海外学術調査)「世界の船舶墓場-バングラデシュ・チッタゴン沿岸における水質汚染調査と総合的把握」(2015-2018) 代表者
○基盤研究(B)(一般)「生分解性キレート剤を活用した有害金属汚染土壌に対する高度洗浄技術の開発」(2012-2014)
○基盤研究(B)「生分解性キレート剤を活用した有害金属汚染土壌に対する高度洗浄技術の開発」(2012-2014) 代表者
○特別研究員奨励費「ヒ素汚染に対するファイトレメディエーションにおける生分解性キレート剤の活用」(2008-2010) 代表者

学域・学類担当授業科目

○応用化学実験Ⅵ(2017)
○分析化学基礎(2017)
○工業概論(2017)
○応用化学基礎実験(2017)
○機器分析化学(2017)
○応用化学演習Ⅲ(2017)
○応用化学実験Ⅵ(2017)
○機器分析化学(2016)
○応用化学実験Ⅵ(2016)
○応用化学演習Ⅲ(2016)
○応用化学実験Ⅵ(2016)
○分析化学基礎(2016)
○応用化学基礎実験(2016)
○機器分析化学(2015)
○応用化学実験Ⅵ(2015)
○応用化学演習Ⅲ(2015)
○応用化学基礎実験(2015)
○応用化学実験Ⅵ(2015)
○分析化学基礎(2015)
○物質化学序論(2015)
○環境と技術(2014)
○単位操作基礎(2014)
○移動現象論基礎(2014)
○微分方程式及び演習(2014)
○複素解析及び演習(2014)
○応用力学(2014)
○化学工学量論(2014)
○ベクトル解析及び演習(2014)
○応用化学基礎実験(2014)
○分析化学基礎(2014)
○応用化学演習Ⅲ(2014)
○化学英語(2014)
○量子物理学(2014)
○固体物理学(2014)
○合成無機化学(2014)
○錯体構造論(2014)
○応用分析化学(2014)
○応用化学実験Ⅳ(2014)
○応用化学実験Ⅴ(2014)
○応用化学実験Ⅴ(2014)
○応用化学実験Ⅳ(2014)
○有機構造解析(2014)
○応用化学実験Ⅲ(2014)
○応用化学実験Ⅲ(2014)
○構造無機化学(2014)
○応用物理化学Ⅱ(2014)
○有機反応論(2014)
○電気化学(2014)
○情報化学(2014)
○高分子化学Ⅱ(2014)
○高分子有機化学(2014)
○安全工学(2014)
○応用化学実験Ⅵ(2014)
○有機材料化学(2014)
○機器分析化学(2014)
○応用生物化学(2014)
○専門英語(2014)
○応用化学実験Ⅰ(2014)
○応用化学実験Ⅱ(2014)
○応用化学実験Ⅰ(2014)
○応用化学実験Ⅵ(2014)

大学院担当授業科目

○水圏地球化学(2017)
○長期インターンシップIIESD(2017)
○異分野研究A(GS-II-ESD)(2017)
○キャリアパス形成ゼミ(2017)
○異分野研究IIESD(2017)
○異分野研究B(GS-II-ESD)(2017)
○海外インターンシップ(GS-II-ESD)(2017)
○海外研究留学(2017)
○海外研究留学(GS-II-ESD)(2017)
○水圏地球化学(2017)
○サバイバル日本語演習(2017)
○サバイバル日本語演習(GS-II-ESD)(2017)
○日本文化・地域文化体験(2017)
○国際プレゼンテーション演習IIESD(2017)
○国際プレゼンテーション演習IIESD(2017)
○国際プロジェクト演習(2017)
○企業・大学見学(GS-II-ESD)(2017)
○日本文化・地域文化体験(GS-II-ESD)(2017)
○海外フィールドワーク(GS-II-ESD)(2017)
○国際プロジェクト演習(GS-II-ESD)(2017)
○国際プレゼンテーション演習(GS-II-ESD)(2017)
○環境工学総論A(2017)
○環境工学総論B(2017)
○環境保全化学(2017)
○環境分析化学(2017)
○エネルギー・環境プログラム序論(2017)
○企業・大学見学(2017)
○水圏地球化学(2017)
○水圏地球化学(2017)
○長期インターンシップ(GS-II-ESD)(2017)
○キャリアパス形成ゼミ(GS-II-ESD)(2017)
○環境工学総論/自然科学研究科(2016)
○異分野研究B(GS-II-ESD)(2016)
○海外研究留学(2016)
○キャリアパス形成ゼミ(2016)
○異分野研究A(GS-II-ESD)(2016)
○海外研究留学(GS-II-ESD)(2016)
○国際プレゼンテーション演習(2016)
○水圏地球化学(2016)
○国際プレゼンテーション演習(2016)
○企業・大学見学(2016)
○国際プロジェクト演習(2016)
○異分野研究(2016)
○海外インターンシップ(GS-II-ESD)(2016)
○国際プレゼンテーション演習(GS-II-ESD)(2016)
○環境保全化学(2016)
○エネルギー・環境プログラム序論(2016)
○環境分析化学(2016)
○環境工学総論(2016)
○サバイバル日本語演習(GS-II-ESD)(2016)
○サバイバル日本語演習(2016)
○海外フィールドワーク(GS-II-ESD)(2016)
○キャリアパス形成ゼミ(GS-II-ESD)(2016)
○長期インターンシップ(GS-II-ESD)(2016)
○国際プロジェクト演習(GS-II-ESD)(2016)
○企業・大学見学(GS-II-ESD)(2016)
○長期インターンシップ(2016)
○日本文化・地域文化体験(GS-II-ESD)(2016)
○日本文化・地域文化体験(2016)
○エネルギー・環境プログラム序論(2015)
○環境分析化学(2015)
○環境保全化学(2015)
○水圏地球化学(2015)
○水圏地球化学(2014)
○水圏地球化学(2014)
○微量分析化学(2014)
○先端バイオ・化学特論(2014)
○環境保全化学(2014)
○環境分析化学(2014)
○エネルギー・環境プログラム序論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

○応用化学分野における実験技術素材集の作成(2006)

国際事業協力

留学生参加の社会活動

○(2007)
○(2006)

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○水に関わる環境問題について(キーワード:海、湖沼、河川,地球温暖化,水質)

その他公的社会活動

このページの先頭へ