本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年09月05日

濵田 麻希 (はまだ まき) 助教 HAMADA, Maki

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系

教育分野

所属研究室等

鉱物科学研究室 TEL:076-264-6526 FAX:076-264-6545

学歴

【出身大学院】
島根大学大学院 博士課程 総合理工学研究科 マテリアル創成工学専攻 2012/03 修了
島根大学大学院 修士課程 総合理工学研究科 地球資源環境学専攻 2009/03 修了
【出身大学】
島根大学 総合理工学部 地球資源環境学科 2007/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

東北大学 理学研究科 研究支援者(2012/04/01-2013/07/31)

生年月

1984年08月

所属学会

日本結晶学会
アメリカ鉱物学会
日本鉱物科学会
メスバウアー分光研究会 一般会員

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

岩石・鉱物・鉱床学

専門分野キーワード

鉱物学、結晶化学、高圧鉱物学、X線結晶学、メスバウアー分光法

研究課題

著書

論文

  • 島根県浜田市長浜産黄長石かんらん石霞岩中の霞石と黄長石について 赤坂正秀 島根県地学会会誌 2010/12巻 26号 35-37頁 査読無 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Magnetic and spin transitions in wüstite; A synchrotron Mössbauer spectroscopic study Maki Hamada, Seiji Kamada, Eiji Ohtani, Takaya Mitsui, Ryo Masuda, Tatsuya Sakamaki, Nanami Suzuki, Fumiya Maeda, and Masahide Akasaka Physical Review B 93巻 133165頁 2016/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Distribution of cations at two tetrahedral sites in Ca2MgSi2O7-Ca2Fe3+AlSiO7 series synthetic melilite and its relation to incommensurate structure. 赤坂正秀 PHYSICS AND CHEMISTRY OF MINERALS 40号 259-270頁 2013/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sr-Na-bearing åkermanite and nepheline in nephelinite from Nagahama, Hamada, Shimane Prefecture, Southwest Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences 106号 187-194頁 2011/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Crystal chemistry of chromian pumpellyite from Osayama, Okayama Prefecture, Japan. 赤坂正秀,瀬戸志津枝,牧野州明 American Mineralogist 95号 1294-1304頁 2010/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Chromian pumpellyite and associated chromian minerals from Sangun metamorphic rocks, Osayama, southwest Japan. 瀬戸(阪本)志津枝,赤坂正秀,高須晃 Journal of Mineralogical and Petrological Sciences 103号 390-399頁 2008/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 岡山県大佐山三郡変成岩に産する含クロムケイ酸塩鉱物の産状と化学組成 ―特に含クロムパンペリー石について―(会議名:西南日本東南極セミナー)(2007)
  • 岡山県大佐山三郡変成岩に産する含クロム珪酸塩鉱物の産状と化学組成 -特に含クロムパンペリー石について-(会議名:日本鉱物科学会2007年年会)(2007)
  • Crystal chemistry of chromian pumpellyite from Osayama, Okayama Prefecture, Japan(会議名:XXI Congress of the International Union of Crystallography)(2008)
  • 岡山県大佐山産含クロムパンペリー石の結晶化学(会議名:日本鉱物科学会 2008年年会)(2008)
  • 岡山県大佐山産含クロムパンペリー石の結晶化学(会議名:日本鉱物科学会 2009年年会)(2009)

全て表示

  • Crystal chemistry of chromian pumpellyite from Osayama, Okayama Prefecture, Japan(会議名:20th General Meeting of the International Mineralogical Association)(2010)
  • 島根県浜田市長浜産黄長石霞石玄武岩中のネフェリンとメリライト(会議名:日本鉱物科学会 2010年度年会)(2010)
  • メリライトの4配位席におけるFe3+の分布および変調構造の関係(会議名:日本鉱物科学会 2010年度年会)(2010)
  • 合成メリライトの4 配位席におけるFe3+の分布および変調構造の関係(会議名:日本地質学会第118年学術大会・日本鉱物科学会 2011年度年会)(2011)
  • Distribution of cations at two tetrahedral sites in Ca2MgSi2O7-Ca2Fe3+AlSiO7 series synthetic melilite and its relation to incommensurate structure(会議名:G-COE symposium 2012)(2012)
  • Distribution of cations at two tetrahedral sites in Ca2MgSi2O7-Ca2Fe3+AlSiO7 series synthetic melilite and its relation to incommensurate structure(会議名:European Mineralogical Conference 2012)(2012)
  • Distribution of cations at two tetrahedral sites in Ca2MgSi2O7-Ca2Fe3+AlSiO7 series synthetic melilite and its relation(会議名:日本地球惑星科学連合2012年大会)(2012)
  • 島根県浜田市産ネフェリンの4配位席におけるイオン置換と変調構造の関係(会議名:日本鉱物科学会2012年度年会)(2012)
  • Spin transition of ferropericlase under the lower mantle condition(会議名:Approach to the center of the Earth)(2012)
  • Synchrotron XRD and Mossbauer spectroscopic study on Ca2MgSi2O7-Ca2Fe3+AlSiO7 series melilite at high pressures(会議名:日本地球惑星科学連合2013年大会)(2013)
  • 下部マントル条件下におけるフェロペリクレースのスピン転移:放射光X線回折およびメスバウアー分光同時測定システムを用いた研究(会議名:日本鉱物科学会2013年度年会)(2013)
  • Ca2MgSi2O-Ca2Fe3+AlSiO7系メリライトにおける高圧下でのFe3+の結晶内分布と構造変化:放射光X線回折とメスバウアー分光学的研究(会議名:日本鉱物科学会 2013年度年会)(2013)
  • 下部マントル条件下におけるウスタイトおよびフェロペリクレースのスピン転移(会議名:第54回高圧討論会)(2013/11/14)
  • 合成Gaメリライトの4配位席におけるFe3+,Gaの分布および変調構造の関係(会議名:日本鉱物科学会2014年度年会)
  • Merohedral twin and incommensurate structure in nepheline from Hamada, Shimane Prefecture, Japan(会議名:Goldschmidt 2015)(2015/08/16)
  • ラオス南部Bolaven plateauに分布する 霞石かんらん石玄武岩の構成鉱物(会議名:日本鉱物科学会2017年年会)(2017/09/12)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○物理学実験(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○地球学ゼミナール1(1)(2017)
○地球学ゼミナール2(2)(2017)
○生命・地球学概論(2017)
○地球物質分析実験(2017)
○地球学ゼミナール1(2)(2017)
○鉱物・結晶学実験(2017)
○応用地球物質分析実験(2017)
○地球学ゼミナール2(1)(2017)
○地球物質分析実験(2016)
○生命・地球学概論(2016)
○地球学ゼミナール1(1)(2016)
○地球学ゼミナール2(1)(2016)
○地球学ゼミナール2(2)(2016)
○地球学ゼミナール1(2)(2016)
○応用地球物質分析実験(2016)
○鉱物・結晶学実験(2016)
○物理学実験(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)

大学院担当授業科目

○地球環境学特別講義(金属鉱床と資源鉱物)(2015)
○特別講義(金属鉱床と資源鉱物)(2015)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○石川県地質調査業協会・白山手取川ジオパーク推進協議会(20171014-20171014) 道の駅しらやまさんの近くの河原において,小学生とその保護者とともに,石川県に分布する石の標本作りを行う.上流から流れてくる礫は恐竜が生きていた時代にできたものから,火山灰が固まってできたものまで様々ある.参加者が様々な種類の石を集め,標本を作るのを補助し,適宜解説をした.
○(20170603-20170603) 道の駅しらやまさんの近くの河原において,小学生とその保護者とともに,石川県に分布する石の標本作りを行う.上流から流れてくる礫は恐竜が生きていた時代にできたものから,火山灰が固まってできたものまで様々ある.参加者が様々な種類の石を集め,標本を作るのを補助し,適宜解説をした.
○金沢こども科学財団(201708-201801) 児童科学教室(明成教室)において指導助言を年2回行う.

このページの先頭へ