本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

9名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

医歯薬学

化学系薬学

キーワード 研究者名 研究情報
グリーンケミストリー、環境、資源、有機合成化学 内山 正彦
研究課題
・Cu(I)とGa(III)の協働作用による触媒的Conia-ene反応
・対称Diketone類のパン酵母による不斉還元に関する研究
・光学活性セレン試剤を用いる不斉反応に関する研究
・固相担持型マンガン(・)反応剤を用いる酸化的ラジカル環化反応の開発とその応用
・セリウム(IV)反応剤を用いる酸化的ラジカル反応の触媒化および不斉化に関する研究

科研費採択テーマ
・固相担持型Mn(III)反応剤を用いる酸化的ラジカル環化反応の開発とその応用
・Ce(IV)とフッ素アニオンを用いる有機ケイ素化合物からの新規ラジカル発生法の開発

有機化学、無機化学、錯体化学 北村 正典
生物有機化学、有機反応化学、ケミカルバイオロジー、複素環化学 國嶋 崇隆
研究課題
・生体機能を利用した有機触媒並びに有機合成手法の開発
・生体分子の機能解明を志向した化学修飾法の開発

出願済みの発明名称
・新規アフィニティーラベル化方法及びラベル化方法を用いたスクリーニング方法
・脱水縮合剤
・脱水縮合剤
・トリアジン化合物

科研費採択テーマ
・トリアジンを基盤とする脱水縮合反応場の開拓と新技術の創成
・二本鎖脂質分子の膜内での化学合成によって誘起される膜の形態変化に関する研究
・ホスト化合物を利用した人工アシル基転移酵素モデルの開発とその応用
・胆管側膜輸送体の定量的可視化法の樹立と薬物間相互作用評価系への展開
・カルボカチオンを活性種とする不斉誘起反応の開発
・脱水縮合反応を志向した新規骨格を有する電子欠乏性含窒素芳香環の開発
・脱水縮合反応を基盤とした薬物標的タンパク質の効率的探索法の開発

脳、分子イメージング、放射性同位元素、アルツハイマー病、自閉症 柴 和弘
共同研究希望テーマ
・アルツハイマー病診断薬の開発
・アセチルコリン神経作用薬の探索

研究課題
・脳神経機能診断を目的とした放射性医薬品の開発に関する研究
・内部被曝の高感度評価法の開発研究

出願済みの発明名称
・小胞アセチルコリントランスポーターに対するリガンド
・細胞増殖性疾患の治療用または診断用薬剤

科研費採択テーマ
・アルツハイマー病の早期診断を目的としたコリントランスポーターイメージング剤の開発
・虚血心筋障害、リモデリングにおける心筋間質の病態変化とその画像化に関する研究
・虚血心筋障害、リモデリングにおける心筋間質の病態変化とその画像化に関する研究
・アルツハイマー病の早期診断用シナプス前コリン作動性神経分子イメージング剤の開発
・認知症及びストレス性精神疾患の進行・治療指針予測を可能にするイメージング剤の開発(
・新規トランスポーターマッピング剤による「アルツハイマー病の早期診断」に関する研究
・アルツハイマー病の早期診断を目的とした放射性神経機能診断薬の開発
・アルツハイマー病の客観的診断を目的としたトランスポーターマッピング剤の開発
・アルツハイマー性痴呆の診断を目的とした放射性ヨウ素標識ベサミコールの開発研究

ラジカル反応、触媒、典型元素化学、天然物合成 谷口 剛史
研究課題
・有機合成化学における新しい方法論の開発研究
・多環性アルカロイドの全合成研究

出願済みの発明名称
・反応方法及びそれに用いる新規アゾ化合物
・置換フェナントレン化合物を有効成分とするがんを予防および/または治療するための医薬組成物
・ヘテロ原子置換された光学活性なプロパンニトリル類の合成法
・ステモナミド合成中間体ならびにがんを予防および/または治療するための医薬組成物

科研費採択テーマ
・高反応性活性種の新たな活用法に立脚した化学反応開発
・窒素-窒素結合の特性を利用した新しい分子変換反応の開発
・フタロシアニン鉄と分子状酸素を活用する新規反応の開発研究
・カスケード環化反応を基盤とする抗腫瘍性アルカロイドHaouamine類の合成研究

有機合成化学、典型元素化学、フタロシアニン 古山 渓行
科研費採択テーマ
・典型元素アザポルフィリノイドの合成および機能開発
・典型元素の性質を利用した機能性オリゴヘテロールの開発

有機反応、有機合成 松尾 淳一
研究課題
・新しい有機合成反応の開発
・生理活性物質の全合成

出願済みの発明名称
・アルコール類の新規酸化法
・アルコール類の新規触媒的酸化法
・シス選択的フルオロシクロプロパン誘導体の製造方法
・立体選択的なフルオロシクロプロパン誘導体の製造方法
・光学活性アルコールの製造方法

科研費採択テーマ
・窒素‐硫黄結合を活用する新しい酸化剤による実用的酸化反応の開発
・ヘテロ環を含むスルフィンイミドイルクロリドを用いる新しい有機合成反応の開発
・19-ヒドロキシタキソールのタキソールの不斉全合成研究
・窒素―硫黄結合の特性を活用する実用的合成反応の開発
・1,4-双極性活性種を用いる新しい環化付加反応の開発と生理活性物質合成への応用
・1,4-双極性活性種を用いる新しい環化付加反応の開発と生理活性物質合成への応用
・新しい1,4-双極性活性種を用いる合成反応の開発

三代 憲司
有機金属化合物,有機合成化学,天然物化学 向 智里
研究課題
・有機金属化合物を用いる高立体選択的反応の開発と生物活性化合物合成への応用

科研費採択テーマ
・非プロテイン性シグナル分子を基盤とする新規抗炎症薬の開発
・非プロテイン性シグナル分子を基盤とする新規抗炎症薬の開発
・エンド型閉環を基盤とする高効率的新規ヘテロ環構築法の開発
・アレン化学の新展開
・アレンの特性を活用する新規有用反応の開発と天然物合成への応用
・アレンの特性を活用する新規有用反応の開発とその天然物合成への応用研究
・アレンと不活性結合を反応成分とする触媒的環化付加反応の開発
・集積型二重結合を基軸とする環化反応と天然物合成

このページの先頭へ