本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2023年01月29日

石野 咲子 (いしの さきこ) 助教 ISHINO, Sakiko

所属組織・役職等

環日本海域環境研究センター

教育分野

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
東京工業大学 博士課程 物質理工学院 応用化学コース 2019/03 修了
東京工業大学大学院 修士課程 化学環境学専攻 2016/03 修了
【出身大学】
東京工業大学  化学工学科 応用化学コース 2014/03 卒業

職歴

生年月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

同位体地球化学,エアロゾル,大気化学,南極

研究課題

南極アイスコア中の硫酸の酸素同位体異常に基づく過去の大気酸化力の復元

大気酸化力の復元に向けた新たなアプローチの確立:過酸化水素の三酸素同位体組成

著書

論文

  • 安定同位体情報を用いた硫酸エアロゾルとその関連物質の動態解析 服部祥平,石野咲子,亀崎和輝,吉田尚弘 エアロゾル研究 31巻 1号 15頁 2016/04 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Determination of the Sulfur Isotope Ratio in Carbonyl Sulfide Using Gas Chromatography/Isotope Ratio Mass Spectrometry on Fragment Ions S-32(+), S-33(+), and S-34(+) ANALYTICAL CHEMISTRY 87巻 1号 477頁 2015/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Homogeneous sulfur isotope signature in East Antarctica and implication for sulfur source shifts through the last glacial-interglacial cycle Scientific Reports 9巻 1号 2019/12/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Automated system measuring triple oxygen and nitrogen isotope ratios in nitrate using the bacterialmethod and N2O decomposition by microwave discharge RAPID COMMUNICATIONS IN MASS SPECTROMETRY 30巻 24号 2635頁 2016/12 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Isotopic constraints on atmospheric sulfate formation pathways in the Mt. Everest region, southern Tibetan Plateau Atmospheric Chemistry and Physics 21巻 10号 8357頁 2021/06/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 

全て表示

  • Isotopic evidence for acidity-driven enhancement of sulfate formation after SO2 emission control Science Advances 7巻 19号 eabd4610頁 2021/05 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Water-soluble organic nitrogen in fine aerosols over the Southern Ocean Atmospheric Environment 287巻 119287頁 2022/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Intercomparison measurements of two 33S-enriched sulfur isotope standards Journal of Analytical Atomic Spectrometry 34巻 6号 1263頁 2019/06 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • A simple and reliable method reducing sulfate to sulfide for multiple sulfur isotope analysis Rapid Communications in Mass Spectrometry 32巻 4号 333頁 2018/02/28 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Seasonal variations of triple oxygen isotopic compositions of atmospheric sulfate, nitrate, and ozone at Dumont d’Urville, coastal Antarctica Sakiko Ishino,Shohei Hattori,Joel Savarino,Bruno Jourdain,Susanne Preunkert,Michel Legrand,Nicolas Caillon,Albane Barbero,Kota Kuribayashi,Naohiro Yoshida Atmospheric Chemistry and Physics 17巻 5号 3713頁 2017/03 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Tracing the sources and formation pathways of atmospheric particulate nitrate over the Pacific Ocean using stable isotopes Atmospheric Environment 209巻 152頁 2019/07/15 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Regional characteristics of atmospheric sulfate formation in East Antarctica imprinted on 17 O‐excess signature Journal of Geophysical Research: Atmospheres 2021/02/19 査読有 研究論文(学術雑誌) 

講演・口頭発表等

  • (2022/03/10)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究「大気酸化力の変遷復元に向けた新たなアプローチの確立:過酸化水素の三酸素同位体組」(2020-2022) 代表者

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○大気化学と地球汚染に関する委員会 (iCACGP)、地球大気化学国際協同研究計画(IGAC)Co-chair, 2018 Early Career Program Organizing Committee(2017/10-2019/09)
○Coupling of ocean-ice-atmosphere processes: from sea-Ice biogeochemistry to aerosols and Clouds (CIce2Clouds)Associate member(2021/10-2024/09)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ